広島県で過払い金請求の対応に強いみどり法務事務所

広島県にお住まいで過払い金請求を考えている方、どこの事務所に依頼しようか迷っていませんか?

司法書士事務所や弁護士事務所を選ぶ際は、過払い金請求の実績はあるか、信頼できる事務所なのかを見極めることが大切です。

広島県で過払い金請求をしたい方は、事務所選びのポイントや過払い金請求で起こりがちなデメリットなどもしっかり理解しておきましょう。

そこで、信頼できる事務所を選ぶ方法や、過払い金請求のメリット・デメリットなどについて説明します。

1.過払い金の返還実績が豊富なみどり法務事務所で無料相談

過払い金について心当たりのある人は、過払い金の返還実績が豊富なみどり法務事務所での無料相談をご利用ください。

みどり法務事務所は成功報酬のため、過払い金に関する相談は何度でも無料です。過払い金の有無や過払い金請求ができるかどうかの確認も無料。

しかも、初期費用も0円なので、まとまった費用を準備できないという人でもご依頼いただけます。

過払い金が発生しているにもかかわらず取り戻さないでいるのはもったいないことです。

ぜひみどり法務事務所の無料相談を利用して、過払い金がいくら発生しているのかチェックください。

2.広島県で過払い金請求を依頼する事務所選びのポイント

過払い金請求に対応していると言っている弁護士事務所や司法書士事務所は多数あります。

ただ、大切な過払い金を確実に取り戻したいなら、実績があり信頼できる事務所を選びたいものです。そこで、広島県で過払い金請求を依頼する事務所を選ぶ場合のポイントを説明します。

2-1.過払い金請求・債務整理など借金問題を専門としている事務所かどうか

弁護士や司法書士であれば過払い金請求を取り扱うことはできます。

しかし、弁護士や司法書士にはそれぞれ得意分野があり、中には過払い金請求についてほとんど取り扱ったことがないような事務所もあります。

また、過払い金請求を取り扱ったことはあってもごくわずかな依頼しか受けたことがない事務所があるのも事実です。

貸金業者は多数の過払い金請求を受けていますので交渉の経験なども多くあります。

このような貸金業者と十分な交渉をするには、過払い金に関する詳細な専門知識と貸金業者との交渉経験が必要です。

したがって、過払い金請求を依頼する場合には、過払い金請求や債務整理などの借金問題を専門にしている事務所を選ぶことが大切です。

2-2.過払い金請求の実績は豊富かどうか

過払い金請求や債務整理などの借金問題を専門にしている事務所であっても、過去にどれくらい過払い金請求で返還を実現した実績があるかまで調べておくようにしましょう。

どんなに専門であると言っていても、まだ取り扱いを始めたばかりで少ししか経験を積んでいない場合もあるからです。

この点、過払い金請求に関するしっかりとした実績を持っている事務所であれば、過去の取扱い件数や返還額の実績を公開しています。このような実績をデータで確認できる事務所であれば安心です。

2-3.過払い金請求の手続きの流れやかかる期間、費用をわかりやすく説明してくれるか

過払い金請求の手続きを進めるには、過払い金や法律に関する専門的な知識が必要です。

しかし、だからといってご本人様にその内容を知らせないまま手続きを進めるのはよくありません。

手続きがご本人様にとってどのような意味を持つのかを理解していただいた上で進めるような事務所を選ぶことが大切です。

専門的な内容であっても、相談者様が理解できるようにわかりやすく丁寧に説明してくれる事務所を選びましょう。

また、過払い金がいつ返ってくるのかの見込みについてもしっかりと説明を受けましょう。

いい加減な事務所は、返還までの期間をあいまいにして、なかなか手続きを進めないということもあるからです。

また、費用に関する説明も非常に大切です。いつ、どういう名目の費用がいくらかかるのかについて、明確な説明をしてもらいましょう。

この費用に関する説明が不十分な事務所は、後日よくわからない名目の費用を追加してくるようなこともあるので注意が必要です。

2-4.相談者の立場にたってメリット・デメリットを正しく説明してくれる(信頼できる事務所かどうか)

過払い金請求は、ご本人様にとって過払い金を取り戻せるメリットのある手続きですが、デメリットを受ける可能性がまったくないわけではありません。

たとえば過払い金を取り戻すことができても、そのためにブラックリストにのってその後の借入ができなくなるような場合もあります。

また、貸金業者と和解をするかどうかについても、メリットとデメリットを十分に理解した上で判断したいものです。

金額の妥当性、和解を断った後にどうするのか、解決までにどれくらい期間がかかるのかなど、しっかりとした説明を受ければ、良い判断をすることができます。

このようなメリット・デメリットの説明をしっかりしてくれる事務所を選びましょう。

2-5.過払い金請求訴訟(裁判)を提案してくれるかどうか

過払い金請求が貸金業者との話し合いだけで解決するとは限りません。

貸金業者が話し合いで提案してきた返還額に納得がいかない場合には、過払い金請求訴訟を起こして解決を目指すのもひとつの方法です。

話し合いで非常に少ない金額しか提案してこない貸金業者であっても、裁判であれば100%の過払い金を回収できる可能性があります。

したがって、必要であれば裁判までおこなってくれる事務所を選ぶことが大切です。

しかし、裁判には出廷の手間などもあり、一部には裁判をおこないたがらない事務所もあります。

相談者様の利益を優先するのではなく、手間を避けるという事務所の利益を優先する事務所もあるのです。

したがって、必要であればすぐに裁判をおこなってくれることを明確にしている事務所を選ぶようにしてください。

2-6.対応は丁寧で迅速かどうか

良い事務所かどうかを見分けるには、対応が丁寧かどうか、また迅速に行動してくれるかどうかを見きわめること重要です。

相談者様の利益を第一に考えてくれる事務所であれば、相談のときから実際に請求手続きをおこなうときまで、相談者様に対して親切丁寧に対応・説明してくれるはずです。

専門家だからといって、高飛車な態度をとったり、いい加減な説明で終わらせたりするような事務所を選んではいけません。

また、相談者様の利益を重視してくれない事務所はさまざまな手続きの進め方が遅いのが特徴です。

特に、取り戻せる過払い金の額が少ないために報酬があまり多くならない場合や、交渉が難しい貸金業者が相手である場合などに、いつまでも放置するような事務所すらあります。

これに対して信頼できる事務所は、どのような依頼内容、交渉相手であっても、相談者様の利益を第一に考えて迅速な対応をしてくれるはずです。

2-7.良い評判や良い口コミが多いかどうか

司法書士事務所や弁護士事務所を選ぶ際にも、口コミなどの評判を見ておくと役に立ちます。

過去の利用者の経験は非常に参考になるので、口コミサイトなどで確認してみましょう。

その中から、悪い評判が立っている事務所は候補から外し、良い評判や良い口コミが集まっている事務所に候補を絞っていくのが事務所選びのコツです。

3.広島県で過払い金請求するならみどり法務事務所

広島県の過払い金請求はみどり法務事務所広島事務所が対応します。

過払い金の調査だけでも無料なので、まずは、過払い金がいくら発生しているか実績豊富なみどり法務事務所でチェックしてみましょう。

遠方の方、事情があって外出がむずかしい方は出張相談も承っておりますのでお問い合わせください。

3-1.広島県の過払い金請求でみどり法務事務所が選ばれる理由

広島県の過払い金請求でみどり法務事務所が選ばれる理由はいくつもあります。

1.相談料・着手金無料、成功報酬

みどり法務事務所では、過払い金に関するご相談は何度でも無料でうけたまわっています。

もしかしたら過払い金があるかもしれないという程度の状態でも、無料相談をご利用いただければ過払い金の有無を司法書士が確認させていただきます。

しかも、正式にご依頼いただく場合でも着手金は無料で、初期費用は一切かかりません。

報酬は過払い金返還に成功したときにいただく成功報酬ですので、まとまった費用を準備するのが難しいという方でもご依頼いただけます。

報酬は返還される過払い金の中からいただきますので、費用について心配することなくご依頼ください。

2.過払い金返還額90億円超の実績

みどり法務事務所は、過払い金請求や債務整理などの借金問題を専門にした司法書士事務所です。

そのため、過払い金返還額は累計で90億5000万円、相談数も月500件と、過払い金請求に関する豊富な実績をもっています。

貸金業者との交渉経験も豊富で、貸金業者ごとの特徴も十分に把握しているため、交渉を有利に進めることもできるのです。

また、過払い金返還請求訴訟の経験も豊富ですので、過払い金返還に関する法律上の争点や裁判所の姿勢などについても十分に理解しています。

3.全国8事務所、出張相談にも対応

みどり法務事務所は、北は北海道から南は九州まで全国8事務所を設置していますので、全国のどのような貸金業者に対する過払い金請求でも対応が可能です。

また、過払い金に関する無料相談は、各事務所だけでなく各地方での出張相談会なども実施しています。

日本中どこででも過払い金請求に関してはみどり法務事務所におまかせください。

4.お会いするのは1度だけ

みどり法務事務所では、過払い金請求に関するお客様の負担を可能な限り減らす努力をしています。

過払い金請求をおまかせいただければ、お客様ご本人の手をわずらわせることはまったくありません。

お客様の大切な個人情報をお取り扱いするため、1度はお会いさせていただく必要がありますが、お会いするのはこの1度だけです。

5.資料などの準備は一切不要

古い借入などについては、当時のカードや利用明細などの書類が手元に残っていない方もいらっしゃるでしょう。

そのような場合でも、みどり法務事務所にご依頼いただければ過払い金についてお調べします。

基本的に貸金業者名だけお伝えいただければ、過払い金請求に精通した司法書士が、過払い金の有無や金額などを調査して手続きを進めます。

したがって、お客様にご準備いただかなければいけない資料は一切ありません。

6.親切・丁寧、迅速な対応

みどり法務事務所では、過払い金の無料相談の際はもちろんのこと、正式なご依頼後についても、お客様に安心していただけるように親切・丁寧なご対応、ご説明をおこなっています。

また、ご依頼いただいた件はただちに処理をおこない、どのような貸金業者が相手であっても手続きや交渉の進め方はスピーディです。

必要であれば訴訟手続きにも即座に移行し解決に向かいます。みどり法務事務所は、1円でも多く、また1日も早く過払い金を取り戻すように全力で取り組みます。

7.デメリットも含め正しい情報をお伝えした上で最善のご提案をします

みどり法務事務所では、お客様に正しい情報をご理解いただくことを大切にしています。

過払い金請求にはメリットだけでなくデメリットが生じるリスクもありますが、このリスクについてもお客様にご理解いただくことが重要だと考えているのです。

手続きを進めてしまってから「こんなはずではなかった」ということが起こらないように、お客様にリスク情報を正しくお伝えし、その上でリスク回避のための最適な方法をご提案しています。

8.徹底した秘密厳守

過払い金請求は、お客様の借入に関する情報をお取り扱いしますので、ご家族やお勤め先などにお手続きの情報が伝わらないように細心の注意を払っています。

みどり法務事務所にご依頼いただければ、貸金業者からお客様に直接連絡がいくことはありませんが、司法書士からお客様にご連絡する際も周囲の方にわからないようにさせていただいています。

ご指定の時間帯にのみお電話をすることや、郵送物の対応など、お客様のご要望に合わせます。

4.広島県で過払い金請求するなら悪徳事務所とのトラブルに注意

広島県で過払い金請求をする場合、事務所の選択を誤って悪徳事務所に依頼してしまうとさまざまなトラブルに見舞われることになってしまいます。悪徳事務所とのトラブルには次のようなものがあります。

4-1.戻ってくる過払い金が少ない

悪徳事務所とのトラブルとしてよくあるのが、戻ってくる過払い金が少なくなってしまうということがあります。

1.貸金業者と交渉をせずに和解してしまう

相談者様の利益をまったく重視しない悪徳事務所は、過払い金請求をした後、貸金業者が提案してきた返還額を交渉もせずにそのまま受け入れてしまうことがあります。

貸金業者は返還する過払い金の額を少しでも抑えようと、発生している過払い金から大幅に減額した額を提案してくることがよくありますが、これにそのまま同意してしまうのです。

本来、貸金業者との交渉こそが専門家の腕の見せどころなのですが、悪徳事務所はこのもっとも大切な部分をおこなわず、和解を成立させてしまいます。

これではまったく働いていないのと同じですが、報酬だけはしっかりと請求してくるのです。

2.過払い金を着服されてしまう

悪徳事務所の中でもひどいのは、返還された過払い金を着服してしまう事務所です。

過払い金の返還を受けておきながら、相談者様には過払い金は取り戻せなかったことにしたり、実際の額よりも少ない額を伝えたりするなどして、過払い金を着服してしまうのです。

これは明らかな犯罪行為なのですが、依頼者様が気づかずに発覚しない場合もあります。

悪徳事務所にとって都合のいい貸金業者しか手続きしない

悪徳事務所は過払い金請求の依頼を受けておきながら手続を進めないということがあります。

1.報酬がでない貸金業者は放置されてしまう

過払い請求の依頼を受けた事務所の報酬は、一般的に着手金などの初期費用、減額報酬や成功報酬などです。

悪徳事務所は初期費用などを受け取っておきながら、減額報酬や成功報酬などの見込めない貸金業者については放置し手続を進めません。

つまり相談者様が望む解決に向けた努力をせず、受け取れる報酬だけ受け取って放っておくわけです。相談者様にとってはたまったものではありません。

2.過払い金が少額の貸金業者は放置されてしまう

悪徳事務所は過払い金が少額の場合も放置することがあります。減額報酬や成功報酬は減額・回収した額に対する比率で決まるため、元の過払い金が少ないとやる気が出ないというわけです。

しかし、額が多いか少ないかにかかわらず、相談者様にとっては大切な過払い金であり、いつまでも解決しないと時効によって請求できなくなる可能性があります。

5.広島県で多い過払い金請求について

ここでは広島県で多い過払い金請求について説明します。

過払い金が発生する条件や過払い金請求によってブラックリストにのってしまう場合、過払い金請求のメリット・デメリットについて解説していきます。

5-1.過払い金請求とは

過払い金とは、利息制限法によって定められた上限金利を超える高い金利で借入をしていた場合に、返済し過ぎになってしまった利息のことです。

2006年に最高裁判所が利息制限法の上限を超える金利を違法無効と判断するまでは、ほとんどの貸金業者が違法な高金利での貸し出しをおこなっていました。

しかし、最高裁の判決以降は、債務者に過払い金を返還しなければならなくなりました。この債務者から貸金業者に対して過払い金の返還を請求することを過払い金請求と呼びます。

5-2.過払い金が発生する条件

過払い金請求ができる相手は、利息制限法の違反する高金利での貸し出しをおこなっていた貸金業者です。

利息制限法の上限を超える金利を違法無効と判断した2006年の最高裁判決を受けて、多くの貸金業者は2007年頃に利息制限法に合わせた金利に改定をおこいました。

したがって、過払い金が発生する条件は、2007年以前に貸金業者から借入をしていた場合ということになります。

ただし、貸金業者によって金利改定の時期は異なり、中には2007年よりもずいぶん前に利息制限法を守った金利に改めていた貸金業者もあります。

また、金利改定前の金利が貸金業者によって異なることにも注意が必要です。

多くの貸金業者は、25%から29%程度の金利を設定していましたが、過払い金請求をする際には実際の適用金利を調査する必要があります。

5-3.過払い金請求の手続きの流れ

過払い金請求をするには、まず借入と返済の記録を確認する必要があります。

手元に利用明細などが残っていればある程度確認できますが、正確に記録を確認するためには貸金業者から取引履歴の開示を受けることが必要です。

取引履歴は、借入日や借入額、設定金利、返済日や返済額などの詳細が記録されたもので、貸金業者には保管と顧客からの請求に応じた開示の義務が課せられています。

各貸金業者は取引履歴の開示請求窓口を設けているので、ご本人様自身で開示請求をすることも可能です。ただ、過払い金請求を司法書士にご依頼いただければ開示請求も司法書士がおこないます。

次に、取り寄せた取引履歴のデータを使用して過払い金の金額を算出します。

これは、利息制限法を守っていた場合の返済額がいくらで、実際の返済額はいくらだったのかを計算し、その差額を計算するもので、引き直し計算と呼ばれます。

この引き直し計算結果を受けて過払い金返還請求書を作成し、貸金業者に送付することで返還請求の意思表示を正式におこないます。

過払い金請求書を受け取っても貸金業者がただちに過払い金を返還してくれることはほとんどありません。

通常は、返還する過払い金の金額について話し合いで交渉をおこなうことになります。

貸金業者が提案する金額に納得いくようであれば和解を成立させて解決ですが、納得いかない場合は裁判をするしかありません。

過払い金返還訴訟を起こすと、発生している過払い金の全額を返還するように貸金業者に命じる判決が出ることも珍しくありません。

さらに、返還までの利息をつけることが命じられることもあります。また、判決にいたらなくても、裁判を起こしただけで貸金業者の態度が軟化し、高い返還額を提案してくる場合もあります。

和解が成立した場合、また勝訴判決を得た場合には、過払い金が戻ってきます。

ご本人様自身で過払い金請求をしている場合には、貸金業者から直接過払い金が返還されます。

一方、司法書士などに依頼している場合には、過払い金は事務所の口座に一旦振り込まれ、そこから報酬額を差し引いてからご本人様に返還されるというのが一般的な流れです。

5-4.過払い金請求とブラックリスト(信用情報)の関係

返済中の借金について過払い金請求をする場合には、信用情報への影響には注意しなければなりません。貸金業者は顧客の信用情報を信用情報機関のデータベースを利用して取得しています。

借金を返済しなかったり滞納を繰り返したりしていないかどうかをデータベースで確認しているのです。

過払い金請求をして取り戻した過払い金を借金に充当した結果、借金が完済になるのであれば何の問題もありません。

しかし、過払い金を充当しても借金が残ってしまう場合には、過払い金請求は債務整理として扱われ、信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。

信用情報機関に事故情報が登録されてしまうと、貸金業者は新たな貸し出しをしなくなり、クレジットカードの審査や各種ローンの審査を通過させなくなります。

これがいわゆる「ブラックリストにのる」と呼ばれている状態で、新たな借入をしたい人にとっては非常に不便な事態に陥ってしまうのです。

ブラックリストにのってしまうことを避けるためには、現在の借金の残額を正確に把握するとともに、返還される過払い金の額を正しく見積り、過払い金請求後に借金が残らないようにしなければなりません。

ブラックリストにのることを避けるために過払い金請求をあきらめたり、別途お金を用意して借金がなくなるまで返済を済ませたりするなどの対応が必要です。

ただ、ブラックリストにのることを避けるのが常に最善の方法とは限りません。

ブラックリストにのることを承知の上で過払い金請求をしてでも、借金の額を減らして生活再建に向かう方が良い場合もあります。

6.過払い金請求が多い広島県について

6-1.広島県の紹介

広島県には古くから人が住んでおり、また、残されている前方後円墳などから古墳時代にはすでに強い勢力を持った権力者が存在していたこともわかっています。

平安時代には、平清盛がその巨大な権勢を誇り、現在の世界文化遺産にも登録されている厳島神社を築造しました。

その後、戦国時代には毛利元就が現在の中国地方全体を支配するに至ります。関ケ原の戦いで福島氏が毛利氏にとって代わり、広島市の基礎となった広島城の城下町を発展させました。

その後広島の支配者は徳川家の親戚である浅野氏に変わり、全国でも有数の大きな藩として栄えました。

明治維新を迎えると広島は工業地として発展します。

特に日清戦争をきっかけに広島市の宇品港は日本有数の港湾として発展し、呉市は軍港として発展したため、広島は製造業の地としての基礎を固めていったのです。

特に呉市には海軍工廠が設けられ、戦艦大和をはじめとする数々の戦艦を作りました。

しかし、太平洋戦争が終結する直前の1945年8月6日には、アメリカ軍によって広島市に原子爆弾が投下され、多くの市民が犠牲になり、市は焦土と化しました。

原爆の被害は非常に大きなものでしたが、市民の不屈の努力によってその後急速に復興を遂げていきました。

戦後も広島は製造業の地として発展し、呉海軍工廠の歴史を引き継いだ造船業は広島県を代表する産業のひとつとなっています。

また、自動車メーカーであるマツダを中心に自動車関連産業も大きく発展し、企業城下町ともいえる工業地域を形成しています。

また、これら造船業や自動車製造業と関連して鉄鋼業も主要産業のひとつとなっています。

また、瀬戸内の温暖な気候や海を利用し、第1次産業も特徴的な生産をおこなっています。

たとえば、広島湾を中心に養殖されている牡蠣は全国でも有名な広島の特産品です。また、広島みかんや瀬戸内レモンなど、瀬戸内海沿岸や島で栽培されている柑橘類も主要な特産品となっています。

さらに広島県は観光業も盛んです。世界文化遺産の厳島神社、本州と四国を結び瀬戸内海の美しい島々を眺めることのできる瀬戸内しまなみ海道などは有名な観光地となっています。

また、映画の撮影地としても有名な尾道、大和ミュージアムのある呉市など、数々の有名な観光地があり、宿泊施設の建設なども盛んにおこなわれてきました。

また、戦争の惨禍を後世に伝えるモニュメントとして広島市の原爆ドームや広島平和記念資料館には世界中から多くの来訪者があります。

また、近時は「カープ女子」という言葉で知られるように地元のプロ野球球団広島カープも注目を集めており、遠方から野球観戦に訪れる人も多くなっています。

6-2.広島県の借金事情・過払い金請求事情

広島県の経済は、製造業を中心に、観光業や農業・漁業などがけん引していますが、2008年のリーマンショックでは大きな打撃を受けました。

1人あたりの県民所得は2007年をピークに2009年まで急激に落ち込みました。

2010年以降は回復を見せていますが、急激な収入減によって貸金業者からの借入を増やした人が多いことも考えられます。

広島県の貸金業者の数は、財務局への登録者数でみると2018年12月末現在で31となっています。

2008年12月末現在の数が104ですので、貸金業者の数はこの10年間で大幅に減少しているということです。

これらの31の貸金業者の中には、県内では知られた地銀関係のクレジットカードなども入っているため、広島県内の貸金業者はある程度知名度のある会社で占められている状況です。

一方、アコムやアイフル、プロミスやレイクといった全国展開している大手消費者金融会社のシェアは広島県内でも強いです。

広島市や福山市などの人口の多い都市だけでなく、他の市部の商店街の中にも、無人店舗などがよく見られるようになっています。

6-3.広島県の弁護士、司法書士事務所の数

広島県で過払い金請求をするならやはり広島県内で活動している事務所から選ぶのが得策です。

県外の事務所に依頼すると、スケジュールの調整が難しいためすぐには相談できなかったり、出張費用を請求されたりする可能性もあります。

広島県内で活動している司法書士や弁護士から、過払い金請求に強い事務所を選択するようにしましょう。

2019年2月現在、広島県内に登録している司法書士の数は531名で、そのうち140万円までの訴訟代理をすることができる認定司法書士は443名です。

一方、広島県内で登録している弁護士の数は593名となっています。これらの司法書士・弁護士の事務所が集中しているのは広島市内です。

広島県内には多くの司法書士・弁護士がいますが、すべての司法書士・弁護士が過払い金請求に詳しいわけではありません。

司法書士や弁護士にはそれぞれ得意な分野があるからです。過払い金請求を依頼するなら、過払い金や債務整理に関する知識や経験、実績のある事務所に依頼しましょう。

みどり法務事務所広島事務所は、過払い金請求や債務整理など借金問題を専門にしています。

過払い金に関するご相談は何度でも無料で、ご依頼いただく場合の初期費用も一切かかりません。

みどり法務事務所広島事務所では、過払い金請求に関するデメリットなどのリスク情報なども合わせて相談者に親切丁寧にご説明しています。

お会いするのは1度だけで済みますので、過払い金請求に関して負担を感じていただくことはありません。

みどり法務事務所の司法書士が、相談者様の過払い金を1円でも多く取り戻すために全力で取り組みます。ぜひお問い合わせください。

page top