鹿児島県で過払い金請求の対応に強いみどり法務事務所

鹿児島県で過払い金請求をしようとお考えの人のなかには、どの事務所に依頼しようか迷っている人がいるかもしれません。

司法書士事務所や弁護士事務所は鹿児島県にたくさんあります。そのなかから事務所を選ぶ際には、過払い金請求の実績や信頼性に注目することが大切です。

そこで、みどり法務事務所熊本事務所はお役に立てます。過払い金請求を成功させたい人のために親身になって働くからです。みどり法務事務所や過払い金請求のことについてご紹介します。

1.過払い金の返還実績が豊富なみどり法務事務所で無料相談

みどり法務事務所へのご依頼は、料金は成功報酬でのみ請求され、相談は何度でも無料となっています。

したがって、初期費用は0円であり、実際に依頼をして過払い金請求に成功したときにのみ料金が発生します。

また、過払い金の調査のみでも無料となっており、過払い金請求が可能かどうかを確認してから、依頼するかどうか決められるのです。

みどり法務事務所であれば、これまでにいくつもの過払い金返還の実績があります。たとえ、難しい状況であっても、正確な判断やアドバイスができます。

もし、過払い金について悩みや不安、疑問点などを抱えているならば、まずはみどり法務事務所にご相談ください。

2.鹿児島県で過払い金請求を依頼する事務所選びのポイント

2-1.事務所の専門性や実績をチェック

借金問題を専門としているか確認する

弁護士や司法書士など法律の専門家には、それぞれ得意とする分野があります。

すべての領域を専門としているケースは稀であり、特定の分野を専門領域としていることが多いです。

もちろん、相談をすれば専門外の分野の依頼も受け付けるケースがあるのですが、この場合は満足できる結果が得られないかもしれません。

もし、過払い金請求や債務整理をしたいならば、借金問題を専門としている事務所に相談しましょう。

事務所のサイトをチェックすれば、どの分野を専門としているのか分かりやすく表記されているため、確認しましょう。

過払い金請求の実績を確認する

たとえ借金問題を専門分野としていたとしても、まだ経験が浅い専門家やできたばかりの事務所では、実績が少ないかもしれません。

過払い金請求のような専門性の高い分野については、きちんとした実績があることが重要です。

実績のない事務所に依頼しても、難しいケースに対応できずに失敗するかもしれません。これまでにさまざまな状況に対応してきた豊富な実績があることを事前に確認しましょう。

過払い金請求や借金問題を専門としているだけでは信頼性として不十分であり、実績があることが専門性の高さの裏付けとなります。

具体的な数字として、何件の過払い金請求をおこない、どのくらいの件数成功したのか公表しているならば信頼できると言えます。

2-2.スタッフの対応をチェック

分かりやすい説明をするかどうか

いくら借金問題に詳しかったとしても、それを分かりやすく相談者に説明できないようであれば、信頼できる専門家とはいえません。

専門家に相談する人は、借金問題について法律的な知識をほとんど持っていない人が多いでしょう。

だからこそ、専門家を頼り分かりやすく説明することを期待しています。

難しい専門的なことをそのまま説明したのでは、相談者は何も理解できず、不安を感じてしまい、依頼をやめてしまうケースもあるでしょう。

過払い金請求に必要な手続きの流れや期間、費用などについて最初に分かりやすく説明してくれる専門家は信頼できます。

利用者目線で考えているからこそ、説明の分かりやすさにこだわっているのです。このような事務所であれば、相談者のために全力を尽くします。

メリットだけではなくデメリットも説明してくれる

どのような手続きにもメリットもあればデメリットも存在しています。過払い金請求をすることの良い面だけではなく、リスクについても正しく説明する事務所は信頼できるでしょう。

相談者の立場にたって考えている事務所であれば、その手続きによって生じるリスクもきちんと説明するはずです。

事務所にとっては不利となるデメリットやリスクまで丁寧に説明する事務所は、相談者のことを大切に考えているといえます。

過払い金請求訴訟を提案してくれるかどうか

過払い金は司法書士や弁護士が債権者に交渉して回収するものですが、債権者が応じないケースもあります。

この場合は、裁判をすることで過払い金を請求するのですが、場合によっては裁判を通した方が取り戻せる過払い金の額が大きい場合があります。

訴訟をすることで過払い金の回収額が大きくなるのに、裁判により過払い金を請求できることを提案しない事務所は怠慢といえるでしょう。

そのような事務所は相談者のことを大事に考えていないため、信頼できません。

迅速で丁寧な対応をしてくれるか

過払い金請求をしたい人は、現在借金に苦しんでいて、追い込まれている人が多いでしょう。

このような人は、一日でも早く借金の負担を減らすことを願っており、迅速な対応を望んでいます。

依頼者の気持ちをきちんと考える事務所であれば、迅速な対応を心がけてくれるでしょう。

また、依頼者のなかには、生まれて初めて事務所を利用する人も少なくありません。そのため、最初に相談するときには少なからず緊張しているものです。

こんな依頼者の気持ちに配慮して丁寧な対応をしているかどうかも、事務所選びで重要なポイントといえます。

2-3.過去の依頼者の評価を確認する

口コミや評判を調べる

インターネット上の評判や口コミによって、事務所の信頼性を調べるという方法があります。

もちろん、口コミや評判が必ずしも妥当なものであるとは限りません。しかし、極端に悪い評価をされている場合は、そのような事務所に相談しない方が良いです。

口コミや評判だけで事務所を選ぶべきではありませんが、他の要素と組み合わせるのであれば、参考材料の1つとして有用です。

相談したときのスタッフの態度や説明の分かりやすさ、仕事の迅速さなどを調べてみましょう。

3.鹿児島県で過払い金請求するならみどり法務事務所

鹿児島県の過払い金請求はみどり法務事務所熊本事務所が対応します。

過払い金の調査だけでも無料なので、まずは、過払い金がいくら発生しているか実績豊富なみどり法務事務所でチェックしてみましょう。

遠方の方、事情があって外出が厳しい方は出張相談も承っておりますのでお問い合わせください。

3-1.鹿児島県の過払い金請求でみどり法務事務所が選ばれる理由とは

1.相談料や着手金が無料で成功報酬のため安心

過払い金請求を依頼する前にまずは相談をすることになります。みどり法務事務所であれば、何度相談しても相談料はかかりません。

過払い金請求について初歩的なところからきちんと説明させていただくため、提案について納得していただけるでしょう。

また、実際に依頼に着手する際の着手金も無料となっています。基本的に成功報酬であり、実際に過払い金を回収することに成功したときにのみ、報酬を支払うことになるのです。

仮に依頼に失敗した場合には、一切報酬は発生しないため、依頼者にとってはリスクの少ない形式となっています。

2.これまでの過払い金返還額90億円超の実績がある

これまでにみどり法務事務所では、90億円超もの過払い金の返還に成功した実績があります。

実際に返還される過払い金の額はそれぞれ異なるのですが、数多くの依頼者の期待に応えてきたからこそ、これほど多くの実績をあげることができたのです。

3.全国に8事務所展開、出張相談にも対応可能

みどり法務事務所は東京や高知、札幌など全国に8事務所あり、出張相談も受け付けています。

全国展開できるほど豊富な実績とノウハウがあり、多くの人たちの依頼を成功に導いてきたことを証明しています。

4.お会いするのは1回のみ

過払い金請求のために何度も事務所を訪れて専門家に会わなければいけないのは、負担が大きいでしょう。

みどり法務事務所では、基本的に直接お会いするのは最初の1回のみです。

個人情報を取り扱うことから、どうしても1度は直接お会いする必要があるのですが、それ以降、依頼者様は何もする必要がありません。

最終的な結果の連絡を待つだけで良いため、お忙しい人も相談しやすいです。戻ってきた過払い金については銀行振込に対応しているため、すぐに受け取れます。

もちろん、何か困ったことや悩み、不安があるならば、いつでも事務所へお越しいただき、相談を受け付けることができます。

電話やメールなどによる相談も随時受け付けており、迅速丁寧な対応を実施します。

5.資料などの準備は不要

過払い金請求のためには、細かな資料が必要だと思われる人がいるかもしれません。

しかし、実際に過払い金請求をするためには、依頼者の個人情報と借入先さえ分かれば対応できます。

たとえば、カードや明細などが手元になかったとしても安心しましょう。そういった資料を一切準備することなく、気軽な気持ちで相談できます。

必要な資料は貸金業者に請求して得られるため、借金の状況を本人がきちんと把握していなくても問題ないのです。

6.親切で丁寧、さらに迅速な対応を心がける

どうしても法律の専門家に会うのは緊張するかもしれないです。

そのような人への十分な配慮をしているのがみどり法務事務所であり、親切で丁寧、なおかつ迅速に対応します。できる限り依頼者に負担のならないような対応を心がけているのです。

7.デメリットも含めて正しい情報をお伝えします

過払い金請求をすることには、いくつかデメリットもあるのですが、その点も含めて正しい情報をきちんとお伝えしているのがみどり法務事務所です。

依頼するかどうか検討するために必要な情報を提供し、最善のご提案をします。

8.秘密厳守を徹底

借金の問題はとてもデリケートであり、自分が借金していることを誰にも知られたくない人がほとんどでしょう。

たとえば、家族や恋人、会社に知られるとまずいという人はたくさんいます。そのような人が安心して依頼できるように、みどり法務事務所では秘密厳守を徹底しています。

けっして、依頼者の個人情報が漏れないようにし、信頼される事務所であることを目指しているのです。

4.鹿児島県で過払い金請求するなら悪徳事務所とのトラブルに注意

過払い金請求を扱う事務所のなかには悪徳事務所も存在します。悪徳事務所に依頼するとさまざまなトラブルが発生する可能性が高いです。

それでは、悪徳事務所に相談するとどのようなトラブルや不都合があるのか具体的に紹介します。

4-1.戻ってくる過払い金が少ないケース

1.貸金業者と交渉をせずに和解する

過払い金請求をする際にはできるだけ多くの金額を請求するために交渉をします。

しかし、悪徳事務所は早く依頼を終わらせるために交渉せずに業者の提示した条件ですぐに和解するケースがあります。

これでは、業者に都合の良い金額で和解することになり、本来受け取れるはずの金額よりも少ない過払い金しか返ってきません。

2.過払い金を着服される

過払い金を多く請求できたとしても、それをきちんと依頼者に渡さずに着服するケースがあります。

依頼者にどのような条件で和解が成立したのかきちんと説明しない場合にこのようなケースが発生します。

依頼者はまさか着服されているとは思わず、気がつかないケースも少なくありません。

4-1.悪徳事務所にとって都合のいい貸金業者としか手続きしないケース

1.報酬がでない貸金業者が放置される

依頼者の中には多数の業者からお金を借りているケースが少なくありません。

しかし、悪徳事務所の場合は、報酬の発生しない業者は放置するケースもあります。余計な仕事を増やしたくないと自分勝手な考えで行動するのです。

2.過払い金が少額の貸金業者が放置される

過払い金請求の報酬は、返還された過払い金のなかから事前に取り決めた割合だけ事務所に支払われるのが一般的です。

したがって、過払い金の額が少ないならば、事務所にとっては利益の少ない仕事といえます。そのような業者を故意に放置してしまう事務所があるのです。

5.鹿児島県で多い過払い金請求について

5-1.過払い金請求とは何か

過払い金は払いすぎたお金

過払い金請求とは、簡単にいえば貸金業者に払い過ぎたお金を返してもらうための手続きです。

貸金業者には金額に応じて金利が定められており、借りた金額に利息を足した額を返すことになります。

金利は貸金業者が自由に決められるわけではなく、利息制限法という法律により、上限金利が定められているのです。

元本額が10万円未満なら、上限金利は年間20%までとなります。元本額が10万円以上100万円未満なら年間18%まで、100万円以上なら年間15%までです。

金利に関係する法律は利息制限法の他に、出資法という法律もあります。出資法は29.2%で、多くの貸金業者は出資法の上限金利である29.2%で貸付していました。

利息制限法と出資法の間の金利を「グレーゾーン金利」と呼び、多くの貸金業者が金利をグレーゾーン金利の値に定めていました。

なぜなら、出資法の上限金利を超えると罰則が適用されますが、利息制限法の上限金利を超えても罰則には当たらなかったからです。

しかし、最高裁判所にてグレーゾーン金利を否定する判決がおこなわれ、グレーゾーン金利は撤廃されました。

グレーゾーン金利で返済していた頃の、支払いすぎた利息を請求可能になったのです。これが「過払い金請求」です。

利息制限法が定める金利で計算し直すことを引き直し計算と呼びます。引き直し計算をおこなった結果、借金の元本以上に払い過ぎていたと分かれば、超過分の返還を請求できるようになったのです。

これが、過払い金請求ができるようになった経緯です。2006年以前に借入をしていた場合は、一度専門家にご相談ください。

過払い金は請求できる

もし過払い金が発生しているならば、請求をして取り戻すことができます。ただし、過払い金が発生する条件は複雑であり、条件によっては請求できないこともあります。

そのため、専門家に依頼して、自分の状況では過払い金を取り戻すことができるかどうか相談することになるのです。

時効がある

過払い金請求はいつでも請求できるわけではなく、その業者と最後に取引をしてから10年で時効となるルールです。

時効は法律によって決められており、たとえ過払い金が発生していても期限を過ぎると請求できなくなってしまいます。

時効については、取引の分断の有無が問題になるケースもあります。

ある業者からお金を借りて完済し、再び同じ業者からお金を借入れた場合に、これを一連の取引として含めるか、分断した取引として扱うかが問題となります。

時効を中断する方法

過払い金請求の時効は、実際に業者に対して請求した段階で中断されます。

たとえば、内容証明郵便によって請求書を送付した場合には、半年間は時効が延長されます。

ただし、これ以上の期間延長することはできないため注意しましょう。また、裁判上の請求をした場合には、時効を一度リセットすることができます。

もし、時効がもうすぐ切れそうになっているならば、すぐに訴訟をすることもあります。

5-2.過払い金を請求できる条件

過払い金が発生する条件とは

利息制限法という法律があり、これにより上限金利が設定されており、それを上回る分の利率によって生じる利息を支払う必要はありません。

金利の上限は、10万円未満の借金では20%、10万円以上100万円未満の場合は18%、100万円以上の場合は15%となっています。

また、利率はお金を借りたときからどこかのタイミングで下がっているケースもあります。過去の取引をきちんと把握して、どの時期に過払い金が発生しているのか詳しく調べることが大切です。

過払い金請求できる貸金業者とは

すべての業者に対して過払い金を請求できるわけではありません。たとえば、すでに業者が倒産している場合は、過払い金は取り戻せないでしょう。

しかし、社名の変更や合併といったケースでは、請求できることもあります。また、銀行や信用金庫からの借入は、過払い金請求の対象外です。

また、自動車ローンや住宅ローン、ショッピングリボといったものについては、過払い金請求できません。

5-3.過払い金請求のメリットとデメリット

メリットとは

過払い金請求をすることで返還されたお金と借金の残高を相殺することで借金がなくなるケースがあります。

場合によっては、借金がなくなるばかりか、お金が戻ってくることもあります。また、すでに借金を完済しているのであれば、基本的にデメリットなく過払い金を取り戻せるでしょう。

デメリットとは

まだ借金返済中に過払い金請求をした際は、戻ってきた過払い金で借金を完済できなければ、債務整理扱いとなります。

この場合、債務整理の手続きをしたことが一時的に信用情報に登録されます。

信用情報はいわゆるブラックリストのことであり、金融機関はデータを照会することができるのです。

もし、金融機関の審査を受けることになると、信用情報をチェックされてしまい、債務整理をした事実が確認されるとマイナスの評価を受けてしまうのです。

その結果、クレジットカードや携帯電話のローン、車のローンなどの審査に落ちてしまう可能性があります。

5-4.過払い金請求の流れ

専門家と委任契約をする

過払い金請求は、自分で手続きを進めて請求することも可能ですが、現実的にはとても困難です。

法律の専門知識が必要であり、債権者と交渉する場面もあるため、失敗する可能性が高いです。そこで、専門家にすべての手続きを委任することになります。

その際には、まず事務所に相談をし、過払い金を請求できるかどうか判断してもらい、条件について話し合ってから、委任契約を締結します。

委任契約をすれば、依頼者が直接債権者とやり取りする必要はなく、すべて専門家に依頼できるためとても楽です。

実際の手続き

まずはお金を借りている業者に対して受任通知を発送します。これは、委任契約を受けた専門家が送るものであり、委任契約が締結されたことを伝えるものです。

そして、専門家は必要な資料を業者にすべて請求します。次に、資料をチェックしながら引き直し計算をおこない、過払い金が本当に発生しているかどうかを確認します。

もし、過払い金が発生しているならば、実際に専門家が業者と直接交渉するのです。話し合いをして、お互いが合意した上で条件をまとめて和解をし、過払い金が戻ってきます。

過払い金請求訴訟について

もし直接業者と交渉しても話し合いがまとまらなかった場合には、訴訟をするケースがあります。

この場合は、裁判所に仲介してもらい、公正な判断を下してもらいます。基本的に裁判を通した方がより高額な過払い金を請求できるケースが多いです。

ただし、最終的な解決までに時間がかかってしまいます。取り戻せる金額と返還までの期間のどちらを重視するかによって、訴訟をするかどうか判断します。

5-5.過払い請求の成功報酬の相場とは

相談料や着手金

最初の相談の際にお金がかかる事務所とそうでない事務所があります。また、実際に依頼に着手してもらう際に着手金がかかるケースと請求されないケースがあります。

これはそれぞれの事務所ごとに独自に決められるものであり、よく調べておきましょう。

成功報酬について

成功報酬は最終的に取り戻した過払い金のうち何割を事務所が受け取るのかあらかじめ決められています。

だいたい15~25%程度となっており、それぞれの事務所によって差があります。

和解と裁判とで成功報酬が異なっている事務所もあるため注意しましょう。さらに実費や通信費、事務手数料といった費用が請求されることもあります。

5-6.過払い金は早めに請求した方がいい

業者はいつ倒産するか分からない

近年、金融業者が倒産するケースは珍しくなく、それは大手であっても例外ではないです。

その理由の1つが過払い金請求であり、一斉に請求されてその返済に追われた結果、業績が悪化して倒産するケースがあります。

請求先の業者がなくなればお金を取り戻せなくなります。金融業者の倒産は突然起きてしまうことがあり、予測することは難しいです。

過払い金が発生していると分かったならば、すぐに専門家に相談しましょう。

業者が破産すると取り戻せるお金が減る

倒産は厳密には法律用語ではなく、会社が破産手続きをすることを倒産と呼んでいるのが一般的です。

もし貸金業者が破産手続きをすると、会社に残された財産はすべての債権者に平等に配当されます。

これでは、1人あたり取り戻せる金額は減ってしまうでしょう。もし、お金を借りていた業者が倒産したならば、すぐに債権者届出書を提出しましょう。

これにより、破産手続きの後に配当手続きがされる際に、お金を受け取れるようになります。まったくお金を受け取れないという状況は避けられます。

6.過払い金請求が多い鹿児島県について

鹿児島県では、過払い金請求がたくさんおこなわれており、そのため弁護士や司法書士事務所の数もたくさんあります。

たとえば、鹿児島県には、弁護士会に登録している会員が約200名いて、司法書士会には約300名の会員がいます。

このすべての会員が過払い金請求をしているわけではありませんが、借金問題で法律の専門家を頼る人はたくさんいるでしょう。

そのため、鹿児島では多くの弁護士や司法書士が、過払い金請求の仕事に関わっているといえます。

鹿児島県で実際にどのくらいの人が過払い金請求をしているのか、正確なデータはありません。

ただし、借金に苦しんでいる人は鹿児島県に限らず全国的に増えており、自己破産を申立する件数も増加傾向にあります。

このような人が現状を改善させるための方法として過払い金請求が注目されているのです。

そんな鹿児島県は、とても魅力的な地域としてよく知られています。

九州の南端に位置しており、本州最南端の県でもあるのです。薩摩半島と大隈半島、さらに屋久島や種子島、奄美大島といった離島によって構成されています。

日本有数の火山地帯であり、活火山である桜島は特に有名でしょう。そもそも、薩摩半島と大隈半島は火山の噴火によって形成された場所です。

火山だけではなく、豊富な自然が残されている屋久島も世界遺産として世界的に知られています。

南北600キロメートルに広がる鹿児島県は、豊かな自然に恵まれており、農林水産業は優れた基盤となっているのです。

特産品としては、芋焼酎やサツマイモ、黒豚などが有名であり、工芸品としては薩摩切子や薩摩焼などがあります。

アジアに近接していることから国際的な拠点としても機能しています。

ソウルや上海、台湾といった都市と航空路線が結ばれており、中国や韓国、シンガポールといった国との豊富な交流実績があるのです。

鹿児島は長い歴史があり、独自の文化が形成されてきました。縄文時代の遺跡が見つかっており、古くから人が生活してきたことが分かっています。

アジアの国々とは昔から交流があり、さまざまな文化が伝来してきました。

たとえば、16世紀には種子島に鉄砲が伝来し、ザビエルによってキリスト教が布教されました。

19世紀になると西洋文化を積極的に取り入れ、日本をリードする存在となっていたのです。

大久保利通や西郷隆盛といった日本が近代国家となるための発展に大きく寄与してきた人物を輩出しています。

そんな鹿児島県は今でも日本のなかで独自の文化が根付く地域として発展しており、注目されています。

page top