宮崎県で過払い金請求の対応に強いみどり法務事務所

過払い金請求をするなら、司法書士や弁護士の事務所にご依頼いただくのが一般的です。

専門的な知識と経験を駆使して力になれるからです。しかし、事務所の数が多すぎてどの事務所に相談するべきか迷っている方は多いでしょう。

過払い金請求に強い事務所を見抜くには、いくつかのポイントがあります。この記事では、宮崎県内で過払い金請求をしたいとお考えの方を対象に、事務所を選ぶ際の基準について解説していきます。

1.過払い金の返還実績が豊富なみどり法務事務所で無料相談

1-1.成功報酬制と相談無料でお得

みどり法務事務所は、全国に拠点を置いて過払い金請求や債務整理に対応している司法書士です。

費用は完全に成功報酬制なので、最初に資金を用意していただく必要はありません。着手金は一切かかりません。

また、相談料も一貫して0円です。初回相談だけでなく、何度来られても無料なので、過払い金請求の疑問点をとことん解消可能です。

1-2.まずは過払い金の調査から

過払い金請求に不安やためらいがある方も、まずは無料調査から始めることができます。

みどり法務事務所は電話で過払い金の有無をご回答可能です。過払い金請求の仕組みや流れをご説明して、相談者様の不安を取り除いています。

電話は毎日9~19時まで受けつけております。過払い金をご確認されてから、請求手続きに進むかをご判断ください。

宮崎県で過払い金請求を依頼する事務所選びのポイント

過払い金請求を相談できる事務所はたくさんありますが、経験や能力は事務所によって異なります。

また、依頼主との人間的な相性も大切でしょう。以下、事務所選びのポイントをまとめました。

2-1.過払い金請求・債務整理など借金問題を専門としている事務所かどうか

大前提として、過払い金請求は専門の司法書士、弁護士にご依頼ください。弁護士事務所や司法書士事務所には得意な分野とあまり扱っていない分野があります。

専門外の相談に対応したとしても、良い結果が出る可能性が低くなってしまいます。まずは、事務所のホームページなどを確認して得意分野を見極めてから相談の連絡をしましょう。

2-1.過払い金請求の実績は豊富かどうか

過払い金の回収率を左右する要素が、事務所の経験値です。経験が豊富な事務所はさまざまな貸金業者に対して交渉のノウハウを持っています。

たとえ相手が強気に出たとしても、過去の事例を参照しながら交渉を有利に運べます。逆に、実績の少ない事務所は不測の事態に上手く対処できなくなるケースも発生します。

十分な実績を残している事務所に依頼しましょう。

2-3.過払い金請求の手続きの流れやかかる期間、費用をわかりやすく説明してくれるか

いつ、どれだけの過払い金が返ってくるのかわからない状態が続くと、依頼者様のストレスは募っていきます。

また、事務所への費用も心配になるところでしょう。優良な事務所は初期段階で請求の流れや期間、費用までしっかりと説明します。実際に手続きが終わってから内容が変わることもありません。

2-4.相談者の立場にたってメリット・デメリットを正しく説明してくれる

過払い金請求には状況によってデメリットがある場合もあります。過払い金請求は「いいことしかない」と説明したがる事務所は、相談者様との契約を取ることが先にたっているのです。

本当に相談者様の事情を気づかっている事務所は、メリットもデメリットも包み隠さず説明するはずです。

2-5.過払い金請求訴訟(裁判)を提案してくれるかどうか

いざ過払い金請求が始まると、貸金業者と事務所間の交渉によって回収率が決まります。

回収率が高くなるほど貸金業者の損害は大きくなるため、交渉が長引くことも少なくありません。

依頼者様が納得できる条件がまとまらないのであれば、裁判所に訴えるのもひとつの方法です。

回収率にこだわらず、はやく解決したいなら裁判をしなくてもいいですが、できる限り満額を取り戻したいとお考えなら、粘り強く交渉をすすめ、裁判を起こすことも提案してくれる事務所を選ばれるといいでしょう。

2-6.対応は丁寧で迅速かどうか

味方であるはずの事務所が、依頼者様を不愉快にさせることもあります。司法書士や弁護士のすべてが相談者様の立場に立って気持ちをくめるとは限りません。

中には高慢な態度をとる専門家もいます。また、事務所が案件に優劣をつけている場合、額の安い請求は後回しにされてしまいます。態度が丁寧で、迅速に動いてくれる事務所をお探しください。

2-7.良い評判や良い口コミが多いかどうか

単なるセールストークを鵜呑みにしすぎるのは危険です。事務所選びでは、なるべく多くの情報を参考にしましょう。

お客様の声や口コミや評判なども参考になります。実際に事務所を利用したことのある方々の意見は貴重です。ただし、ネット上の口コミや評判をすべて信用してはいけません。

やはり最終的には実際に無料相談を利用してご自身の目で確かめることが大切です。

2-8.周囲に過払い金請求を秘密にしてくれるか

過払い金請求を周囲に隠したい方はたくさんいらっしゃいます。家族に借金を秘密にしてきた方は、過払い金請求の手続きが発覚してしまうと困りますよね。

過払い金請求を秘密のままおこなうには、司法書士や弁護士の協力が不可欠です。連絡先を指定するなど、臨機応変に対応できる事務所を見つけてください。

3.宮崎県で過払い金請求するならみどり法務事務所

宮崎県の過払い金請求はみどり法務事務所熊本事務所が対応します。過払い金の調査だけでも無料なので、まずは、過払い金がいくら発生しているか、実績豊富なみどり法務事務所でチェックしてみましょう。

遠方の方、事情があって外出がむずかしい方は出張相談も承っておりますのでお問い合わせください。

3-1.宮崎県の過払い金請求でみどり法務事務所が選ばれる理由

たくさんの司法書士事務所がある中で、みどり法務事務所が実績を残しているのは理由があります。以下、みどり法務事務所の強みをまとめました。

1.相談料・着手金無料で成功報酬制度

みどり法務事務所は相談料が0円です。何度事務所にお越しいただいても、費用はかかりません。

また、成功報酬制度を採用しているので事前にご用意していただくお金も0円です。過払い金を取り返した後で、返還金の一部を費用として払うシステムです。

2.過払い金返還額90億円以上の実力

みどり法務事務所がこれまで貸金業者から回収してきた過払い金は90億円以上にものぼります。

さらに、ご相談いただいた方は1万人を超えています。それだけの実績と経験があるので、相談者様の事情に合わせた最適なご提案が可能です。

3.全国8事務所を展開して出張相談も

熊本県だけでなく、みどり法務事務所は東京都や北海道など全国で8カ所に拠点を置いています。

事務所から遠方にお住まいの方々向けに、「出張相談会」も実施しています。相談者様の抱えるお悩み、疑問点に丁寧にお答えします。

4.1度だけの面談でOK

過払い金請求のために、何度も事務所にお越しいただくのは依頼者様のストレスとなるでしょう。

また、ご家庭やお仕事にも支障をきたします。みどり法務事務所では、ご依頼にあたって1度だけ依頼者様に事務所までお越しいただいています。

そして、個人情報を書面に記入いただくなど、代理人を委任する手続きをおこないます。この1度が終われば、過払い金請求に関するすべての業務は事務所が引き継ぎます。

5.資料の準備を代行

明細書、カードなどの資料を残さず管理されている方は少数派でしょう。

みどり法務事務所では、依頼者様が資料をご準備いただく必要はありません。事務所が貸金業者から取引履歴を取り寄せ、過払い金の計算をします。

6.お気持ちに寄り添う丁寧でスムーズな対応

みどり法務事務所は依頼者様のお気持ちに寄り添うことを第一優先としています。

手続きを進めていくにあたり、依頼者様のご希望に沿って最善の提案をさせていただきます。

7.デメリットももれなく伝えて信頼関係を構築

過払い金請求には状況によってデメリットもあります。場合によってデメリットやおこりうるリスクがあればきちんとお伝えしています。

「過払い金請求にはメリットしかない」といいことばかり言って契約をすすめる事務所は要注意です。

8.秘密厳守を徹底

みどり法務事務所は貸金業者と依頼者様の間を仲介します。そのため、貸金業者からの連絡や郵送物が依頼者様に直接届くようなことはありません。

また、事務所から依頼者様への連絡も、ご指定の電話番号や時間帯を厳守します。ご家族や周囲に知られないよう、過払い金請求を進めることも可能です。

4.宮崎県で過払い金請求するなら悪徳事務所とのトラブルに注意

司法書士や弁護士には少数ながら「悪徳事務所」もあります。悪徳事務所は自信の利益だけを考えており、ときには不正も厭いません。

こうした事務所と関わりを持ってしまうと、依頼者様の時間もお金も無駄になってしまいます。ここでは、悪徳事務所の特徴を紹介します。

4-1.戻ってくる過払い金が少ない

悪徳事務所は「依頼者を助ける」という考えが希薄です。そのため、過払い金の回収率は往々にして低くなります。

1.貸金業者との交渉よりも和解を優先する

なぜ回収率が低いのかというと、悪徳事務所は貸金業者との和解を第一に考えているからです。

もしも貸金業者と交渉をおこなえば、報酬を得るまでの期間は長くなるでしょう。最悪の場合、報酬を受け取れない恐れも出てきます。

優良事務所であれば依頼者様が望んでいる限り交渉を続けるものの、悪徳事務所は最初からハードルの低い和解案を提案します。そして、交渉もないまま案件を終わらせようとするのです。

2.返還されたお金を着服することも

絶対にあってはならない行為ですが、悪徳事務所は依頼者様に渡るべき過払い金を着服もします。

やり口としては、まず依頼者様に嘘の回収率を教えます。

そして、過払い金が返ってきたときに差額を自分がこっそり受け取るのです。こうした不正は依頼者様自身で気づきにくいので厄介です。

4-2.悪徳事務所にとって都合のいい貸金業者しか手続きしない

どの貸金業者を相手にするかで態度を変える司法書士や弁護士も悪徳事務所といえるでしょう。

1.報酬を得にくい貸金業者は避けたがる

過払い金請求では、返還を望みにくい貸金業者もあります。しかし、依頼者様の気持ちを考えるのであれば、事務所はできる限りの手をつくすべきです。

手強い貸金業者になると交渉を断るような事務所に、貴重な時間を割かないようにしましょう。

2.過払い金の大小で優先順位を決める

悪徳事務所は過払い金の額によって案件の優先順位を決めがちです。なぜなら、過払い金が高額になるほど歩合報酬も多くもらえるからです。

しかし、どんな報酬の仕事でも平等に扱うべきです。無料相談の時点で少しでも違和感を覚えたなら、別の事務所をあたられるのが得策です。

5.宮崎県で多い過払い金請求について

5-1.過払い金請求とは

そもそも過払い金請求とは、グレーゾーン金利によって払いすぎた利息を回収するための方法です。

かつての日本では、貸金業者がグレーゾーン金利と呼ばれる法定外の金利によって取引を行っていました。

そのため、相談者様は債権者に対して不利な立場での取引を余儀なくされていたのです。グレーゾーン金利は借金苦を生み出す原因となっていました。

2010年に改正出資法が完全施行されてからはグレーゾーン金利は廃止されました。さらに、これまでグレーゾーン金利で支払ってきた利息は貸金業者に請求可能となりました。

つまり、2010年以前に借入をおこなった方は、とりあえず過払い金を調査されるのがおすすめです。

ただし、過払い金を算出したり、請求したりするには専門的な知識が必要です。過払い金請求は司法書士や弁護士に依頼するのが一般的です。

5-2.過払い金請求とブラックリスト(信用情報)の関係

借金問題と密接な関係がある現象として「ブラックリスト」が挙げられます。ブラックリストとは、信用情報機関の個人データにマイナス履歴が残ることを指す言葉です。

相談者様が貸金業者と契約した時点で、自動的に信用情報機関へと登録されます。そして、もしも相談者様が契約違反を犯すと、ブラックリスト入りしてしまいます。

ブラックリストにのっている間は、ローンを組んだり新たに借入したりできません。また、クレジットカードも作れなくなります。ブラックリストの期間はおよそ5~10年ほどです。

一部の相談者様が過払い金請求をためらわれる理由のひとつがブラックリストです。しかし、過払い金請求が原因でブラックリストに載る可能性はまずありません。

自己破産などの債務整理であればブラックリストに載るものの、過払い金請求は正当な権利を行使しているだけなので問題にはならないのです。

より安全に手続きを進めるなら、最初に司法書士や弁護士に過払い金の調査をお申しつけください。

5-3.過払い金請求のメリット・デメリット

過払い金請求のメリットとデメリットは状況によって異なります。以下、シチュエーションごとに双方を紹介します。

1.借金を完済している方のメリット・デメリット

すでに完済しているのであれば、デメリットはほとんどありません。お金が返ってくるのが一番のメリットです。

しいてデメリットをあげるとすれば、過払い金請求した貸金業者を利用できなくなるくらいです。

2.返済中の方のメリット・デメリット

借金を返済中に過払い金請求するデメリットは、場合によってはブラックリストにのるケースがあることです。

過払い金が残りの借金よりも少なくて借金が残ってしまった場合、ブラックリストにのります。

返済中の過払い金請求のメリットは借金が減ることです。

場合によっては完済できる可能性もあります。過払い金で完済できればブラックリストにのりません。

返済中の場合、過払い金請求する前に、過払い金がいくら発生しているのか調べてみることをおすすめします。

5-4.過払い金の引き直し計算

過払い金請求の手続きは最初に取引履歴を貸金業者から取り寄せるところから始まります。

取引履歴にはこれまでの返済額、返済期間、金利などが記載されています。そして、現行の金利よりも高い条件で返済していた時期があれば、グレーゾーン金利だといえます。

今度はグレーゾーン金利を法定内の金利に置き換え、返済額を計算しましょう。そして、「グレーゾーン金利による返済額」から「法定内金利による返済額」を引いた差額が過払い金です。

しかし、過払い金の計算は一般人がおこなうには複雑です。

ソフトを使えば計算ミスこそなくなるものの、取引履歴の見方を間違って入力する数字を間違えてしまう可能性もあります。計算の段階で、専門家にお任せいただくのが得策です。

5-5.過払い金請求の費用相場

司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼する場合、費用がかかります。以下、「任意交渉(話し合い)」と「裁判」、それぞれの費用の目安です。

任意交渉の場合

過払い金請求の費用には「相談料」「着手金」「基本報酬」「歩合報酬」「経費」といった内訳があります。

まず着手金は事務所が仕事を始めるために必要な契約金です。過払い金請求では2万円前後が相場ですが、設けていないところも少なくありません。

次に、基本報酬は1社に成功するにつき2~4万円です。歩合報酬は、返還額の最大20%です。

そのほか、交通費などの経費を請求してくる事務所もあります。一方で、多くの事務所が経費も基本報酬に含めています。

裁判の場合

もしも交渉がこじれて裁判にもつれこんだ場合、裁判費用として収入印紙や切手代といった経費がかかります。

事務所によっては「訴訟手数料」も請求してきます。手数料は5万円前後であるものの、設定していない事務所もあります。裁判になった場合の歩合報酬は、返還額の最大25%です。

ご相談に訪れた際、事務所ごとの費用をご確認ください。

5-6.過払い金請求は秘密にできるか

借金問題を周囲に隠している方は、過払い金請求が秘密でおこなえるか気になりますよね。

個人で過払い金請求をおこなうと周囲にバレてしまう確率が高まります。理由としては第一に「貸金業者から連絡が来るようになる」からです。

ご自宅や職場に交渉の電話がかかってきたら、ごまかし続けるのは難しくなっていきます。第二に「交渉に時間をとられるようになる」のも理由のひとつです。

裁判になれば特に、仕事を休んでまで出廷しなくてはいけないこともあるでしょう。そんなスケジュールが続くと、さすがに周囲も違和感を抱き始めます。

そして、第三に「郵送物が送られてくる」点が挙げられます。過払い金請求で不可欠な取引履歴をはじめとして、ご自宅に郵送されてきます。

すべての郵送物をご家族の目から隠すことはほとんど無理です。どうしても秘密を貫きたいのであれば、司法書士や弁護士にご相談ください。

5-7.過払い金請求を事務所に依頼する意味

司法書士や弁護士に過払い金請求をお任せいただいた場合、確かに費用は増えます。

しかし、過払い金請求に失敗するリスクを考慮すれば、結果的に得をすることのほうが多いのです。

また、過払い金の回収率においても専門家に代行させたほうが格段に高まります。

ご自分で請求すると回収率が50%を切ることすらありますが、専門家なら100%の金額を返還させるのも不可能ではないのです。

さらに、事務所は手続きを委任されたらすぐ、貸金業者に対して「受任通知」を送ります。

これは、「今後は依頼者様に代わって自分たちが過払い金請求の交渉をおこなう」という通達です。

そして、通知を受けた貸金業者は即座に返済の督促を停止しなくてはなりません。今も借金を返済中の相談者様には利益のある制度です。

そのほか、司法書士や弁護士に依頼すると「手間が省ける」「請求のミスがなくなる」といったメリットが生まれます。

中でも、「相談相手ができる」のは非常に大きいメリットといえるでしょう。自力で過払い金請求をするのは、孤独な作業です。

頼れる相手がいない状態で、貸金業者と争わなくてはいけません。しかも、先方は借金問題のプロフェッショナルです。

当然、過払い金請求についても十分な対策を練っています。司法書士や弁護士がいれば、過払い金請求で生まれる不安がその都度解消されます。

精神的に余裕が生まれ、交渉中も穏やかに日常を過ごせるでしょう。

過払い金請求が多い宮崎県について

6-1.宮崎県の特徴

九州地方に宮崎県は属しています。全都道府県の中でも、宮崎県は平均気温、日照時間がトップクラスです。

夏場は猛暑に見舞われる年が多く、冬場も雪が積もることは稀です。こうした気候を活かし、宮崎県はマンゴーの生産地として注目されています。

また、チキン南蛮発祥の地でもあります。宮崎県には独自の食文化があり、やわらかく歯応えのないうどんなど、他県では珍しいメニューが一般家庭でも親しまれているのが特徴です。

2018年の国勢調査では、宮崎県の人口は全都道府県中36位でした。これは佐賀県に次いで、九州では2番目に低い数字です。1世帯あたりの収入もそれほど高くありません。

ただし、物価も全国の基準と比べて低いので、決して住みにくい県ではないといえます。産業としては農業がさかんで、大根、ピーマン、キュウリなどが経済を支えています。

さらに、東九州地域医療産業拠点構想の一部なので、化学工業などの第二次産業が伸びています。

一方、観光産業については「県内に国宝がない」というハンディキャップを抱えています。

しかし、プロ野球やサッカーのチームが宮崎県をたびたびキャンプ地として利用しており、スポーツファンからの認知度は低くありません。

さらに、サーフィンなどのマリンスポーツ愛好家から親しまれてもいます。

6-2.宮崎県の借金と過払い金請求事情

経済的には動向が穏やかな地域ではあるものの、宮崎県でも借金問題は増えてきています。

原因としては、消費者金融やパチンコ店などが全国展開している事情が挙げられるでしょう。

宮崎市をはじめとして、県内にも数多くの娯楽施設が建てられるようになりました。また、ショッピングモールの進出なども人々の消費活動を後押ししています。

一方で、司法書士や弁護士もある程度の事務所をかまえており、相談者様が相談できる環境は整っています。

また、九州の中でも比較的事務所の多い熊本県、鹿児島県と隣接しているので、借金問題に悩む方は専門家にご連絡ください。

6-3.宮崎県の司法書士・弁護士の数

2019年2月現在で、宮崎県司法書士会には174人が登録されています。また、同時期の宮崎県弁護士会には137人が登録しています。

いずれも全国的には決して多い数ではないので宮崎県で事務所を探すなら県外も調べましょう。

選択肢を多くすると、理想的な事務所にめぐり会える確率も高まります。たとえば、隣の熊本県にはみどり法務事務所の拠点があります。

みどり法務事務所は出張相談会も行っているため、その機会にお話をされるのもおすすめです。実際に司法書士とご対面されたうえで、信頼できる相手かを見極めてください。

page top