佐賀県で過払い金請求の対応に強いみどり法務事務所

佐賀県にお住まいで過払い金請求をしようと考えている人は、一体どの事務所に相談すればいいのか迷っているかもしれません。

佐賀県には、たくさんの司法書士事務所や弁護士事務所が営業しています。そのなかで一番信頼できる事務所を選べば、満足できる仕事をしてもらえるでしょう。

それぞれの事務所の実績や信頼度を確かめることが大切です。そこで、過払い金請求を成功させたい人は、みどり法務事務所にご依頼いただければ借金問題を解決いたします。

1.過払い金の返還実績が豊富なみどり法務事務所で無料相談

過払い金請求の相談に対応しているのがみどり法務事務所です。相談料は何度でも無料となっているため、初期費用0円で利用できます。

また、成功報酬のため、最終的に過払い金の請求に成功して初めて報酬を支払います。過払い金の調査の依頼も無料で引き受けており、過払い請求できるかどうかすぐに調べます。

どのくらいの過払い金が発生しているのか、正確な数字を算出し、具体的な提案をします。

みどり法務事務所では、これまでに多数の案件をこなしてきた実績があるのです。そのなかで培ってきた実績とノウハウにより、借金問題をスムーズに解決します。

2.佐賀県で過払い金請求を依頼する事務所選びのポイント

2-1.過払い金請求・債務整理など借金問題を専門としている事務所かどうか

事務所ごとにそれぞれに専門分野があるため、必ずしも過払い金請求の実績が豊富とは限りません。

そこで事務所を選ぶ際には、それぞれ何を専門としているのか調べるようにしましょう。たとえばホームページをチェックすることで、どんな分野を専門的に扱っているのか確認できます。

直接、問い合わせをしてみても、きちんと回答してくれるでしょう。過払い金請求は専門的な分野であり、きちんとしたノウハウや実績がなければ、上手く対応できないかもしれません。

請求できる金額が本来受け取れるものよりも少なくなってしまう可能性もあります。

2-2.過払い金請求の実績は豊富かどうか

これまでに過払い金請求を成功してきた確かな実績のある事務所に依頼しましょう。たとえ、過払い金請求に対応できる事務所でも、これまでの経験が少ないとあまり信頼できません。

たとえば、できたばかりの新しい事務所では、まだまだ実績は少ないことが多いでしょう。

設立されてからある程度の期間が経過しており、どのくらいの実績があるのか正確に公表している事務所を探しましょう。

2-3.過払い金請求の手続きの流れやかかる期間、費用を分かりやすく説明してくれるか

過払い金請求は専門的なことですが、すべてを専門家任せにしない方が良いです。きちんと手続きの流れや期間、費用について説明を受けて、これからどのように請求するのか正しく理解しましょう。

そのためには、素人にも分かりやすく説明してくれるかどうかが重要です。

初歩的な質問であっても、丁寧に答えてくれるならば信頼できます。手続きの詳細を理解していないと、悪徳事務所に騙される危険性もあります。

2-4.相談者の立場にたってメリット・デメリットを正しく説明してくれる(信頼できる事務所かどうか)

過払い金請求は、本来支払う必要のないお金が戻ってくることですが、これにはメリットだけではなくデメリットもあります。

依頼者のことを考えるならば、リスクについてもきちんと説明するはずです。

もしデメリットについて説明されず、メリットばかり強調しているならば、あまり信頼できる事務所とはいえないでしょう。

そのような事務所に依頼するのはトラブルに発展する可能性があるため、気をつけましょう。

こちらから質問しないでも、スタッフの方から欠点も含めて説明しているならば、信頼できます。

2-5.過払い金請求訴訟(裁判)を提案してくれるかどうか

過払い金の請求の仕方は2種類あり、直接業者と交渉して請求するか、訴訟をして裁判所を通して請求するかです。

基本的には、まず交渉をして、そこで納得できる条件で和解できなければ裁判をする流れとなります。

そして、過払い金請求できる金額は訴訟をした方が高くなる傾向があります。そのため、依頼者様の利益を考えるのであれば、訴訟も提案する事務所は信頼できるでしょう。

訴訟をするためには手間がかかるため、事務所にとっては負担が大きいです。悪徳事務所の場合は、最初から訴訟をする選択肢を教えないケースもあるでしょう。

そのような事務所は、依頼者様の利益を度外視し自分達の利益だけを重視しているため、信頼できません。

2-6.対応は丁寧で迅速かどうか

法務事務所は、依頼者様がいるからこそ成立する仕事であり、サービス業的な側面が強いです。

そのため、迅速で丁寧な対応を心がけている事務所の方が、仕事の質は高いといえるでしょう。

相談をしても雑な対応をされたならば、その事務所を利用しない方が良いです。そもそも、過払い金請求を検討している人は、借金に苦しんでいる人が多いです。

そのような人の気持ちに配慮できない事務所は、相談者の利益を優先しないでしょう。また、日中にすぐに連絡が取れることも大切であり、そうすれば安心できるでしょう。

たとえば、相談予約をスムーズにできることや問い合わせに迅速に返答してくれることで、連絡のつきやすさを判断できます。

2-7.良い評判や良い口コミが多いかどうか

その事務所を過去に利用した人の意見や評価はとても参考になります。評判や口コミで評価の高い事務所は、信頼できる可能性が高いでしょう。

もちろん、すべての評価を鵜呑みにするべきではないですが、ある程度の参考にはなります。他の要素も含めて、その事務所が信頼できるかどうか検討しましょう。

周りの人に聞きにくい過払い金請求のできる法務事務所の評判についても、インターネットであれば気軽に調べられます。

2-8.和解書の原本をもらえるかどうか

過払い金請求では業者と交渉し和解できたならば、和解書を取り交わします。

この原本を受け取れるかどうかを事務所に確認しておきましょう。悪質事務所と契約してしまうとトラブルになることが多く、この場合原本を渡してくれないケースがよくあります。

きちんと原本を直接確認できれば、どういう条件で過払い金が返還されるのか分かります。原本の取り扱いについて事前に確認しておくことで、トラブルを避けられるでしょう。

2-9.ホームページの充実さ

法務事務所の利用を考えている人は、インターネットで情報を集める人が多いです。

そのため、ホームページ上に情報を充実させて、見やすいレイアウトを工夫することは大切です。

相談者のことを本気で考えている事務所ほど、充実したサイトを持っているでしょう。

もしサイトにアクセスしてみて、見にくいレイアウトや情報の少なさ、更新されていない期間が長いなど気になる点があるならば、注意しましょう。

2-10.専門家が直接面談してくれるか

事務所のなかには事務員に相談の対応をさせているケースがあり、これでは詳しい質問をしても知りたい情報を得られないでしょう。

なかには、電話やメールのみの相談で契約を迫ってくる悪質な事務所もあります。このような対応ではなく、最初から専門家が直接面談する事務所を利用しましょう。

そうすれば、専門家の対応から信頼できる人物であるかどうかを見極めることができます。

2-11.費用について確認する

過払い金請求を事務所に依頼して成功したならば、成功報酬を支払います。これは、返ってきた過払い金のうち何割かを事務所に支払うという取り決めを事前にするのです。

どのくらいの割合で成功報酬が設定されているのか契約の前に確認しましょう。また、もし過払い金が発生していなかったとしても、借金の残金を減額できるケースがあります。

この場合、減額させたことに対して報酬が発生するかどうか確認しておきましょう。

3.佐賀県で過払い金請求するならみどり法務事務所

佐賀県の過払い金請求はみどり法務事務所熊本事務所が対応します。過払い金の調査だけでも無料なので、まずは、過払い金がいくら発生しているか実績豊富なみどり法務事務所でチェックしてみましょう。

遠方の方、事情があって外出が難しい方は出張相談も承っておりますのでお問い合わせください。

3-1.佐賀県の過払い金請求でみどり法務事務所が選ばれる理由

みどり法務事務所は、過払い金請求について多くの人から選ばれています。その理由について、いくつか紹介します。

1.相談料・着手金無料、成功報酬

みどり法務事務所では、初期費用がかからず、相談料や着手金は発生しません。そのため、何度でも無料で相談することが可能であり、じっくりと話し合い、納得してから依頼できます。

また、成功報酬となっており、最終的に過払い金を請求できるまでは料金が発生しません。

もし、過払い金を請求できない場合には、報酬を支払わなくても良い契約となっています。万が一失敗したときに料金が無駄になってしまうことがないのです。

2.過払い金返還額90億円超の実績

これまでにみどり法務事務所では、90億円超もの過払い金返還の実績があります。豊富な実績により、質の高い仕事ができることが裏付けられています。

そのため、どのような難しいケースであっても、これまでの経験とノウハウを活かしてできる限りの対応に努めます。

3.全国8事務所、出張相談にも対応

みどり法務事務所は全国に8つの事務所を展開しており、それぞれの地域で多くの依頼を引き受けています。

また、出張相談にも対応しており、幅広いエリアで活動してきた実績があります。

たとえば、出張相談会をおこなっているため、遠方で事務所へ行けない人でも、近場で開催される相談会に参加すれば、過払い金請求について相談を受けられます。

4.お会いするのは1度だけ

過払い金請求について、何度も事務所に足を運び相談するのは手間がかかります。みどり法務事務所では、最初の1度だけ直接会い、それ以降はメールや電話などの連絡のみで対応します。

個人情報を取り扱う関係から、どうしても1度は会う必要があるのですが、その後は事務所に出向く必要がなく、忙しい人にも安心です。返還された過払い金は銀行振込で受け取ることが可能です。

5.資料などの準備は一切不要

過払い金請求のためには、借入先や相談者の個人情報が必要となり、これらさえ分かっていればその他に資料などを準備する必要はありません。

みどり法務事務所が金融業者から資料請求できるため、詳細な情報を確認するための資料がなくても構わないのです。

資料請求は、すべて事務所が代理でおこなうため、相談者の手を煩わせることはありません。

6.親切・丁寧、迅速な対応

みどり法務事務所はすべての相談者に対して、親切で丁寧で迅速な対応を心がけています。

そのため、事務所のスタッフの対応を不快に感じることはほとんどないでしょう。分かりやすい説明をおこない、相談者の要望に素早くこたえます。

忙しくて相談の時間を長く確保できない場合でも、柔軟な対応をします。

7.デメリットも含め正しい情報をお伝えした上で最善のご提案をします

過払い金請求にはデメリットもあるのですが、みどり法務事務所はデメリットも含めて正しい情報を相談者に伝えます。

メリットばかりを強調して、無理やり契約させることはありません。正確な情報を得た上で、相談者がじっくりと事務所の提案について検討できるようにします。

少しでも疑問点や不明点があれば、質問をして知りたい情報を聞き出すことができます。

8.徹底した秘密厳守

過払い金請求をしたい人は、多くの借金を抱えているケースが多いです。そのことを家族や友人、会社などに知られては困ると考える人はたくさんいるでしょう。

そのため、みどり法務事務所では、秘密厳守を徹底しており、相談者の依頼内容が外部に漏れないように注意します。

相談者の周囲の人に過払い金請求や借金の件について知られないようにさまざまな配慮を心がけます。細心の注意を払いながらサービスを提供することにこだわっています。

4.佐賀県で過払い金請求するなら悪徳事務所とのトラブルに注意

4-1.戻ってくる過払い金が少なくなる

悪徳事務所に過払い金請求の相談をすると、依頼者の利益を優先せずに解決を図ろうとします。

たとえば、貸金業者と交渉をする際には、良い条件を引き出す努力をせずに、簡単に和解してしまうケースがあります。

これでは、本来取り戻すことができた金額よりも少ないお金しか受け取れないです。貸金業者としては、できるだけ過払い金を支払いたくないため、最初は低い金額しか提示してきません。

そこで、交渉をして、金額を上げていくことが専門家の役目となるはずです。しかし、悪徳事務所は自分の役割や責任を無視した仕事をするため、過払い金を多くするための努力をしないのです。

また、たとえ多くの過払い金を請求できたとしても、悪徳事務所が着服するケースがあります。

これは、依頼者が素人であり、交渉に直接関わらないために起きます。交渉の内容を正確に伝えず、少ないお金だけ依頼者に渡して納得させようとするのです。

依頼者は騙されたことに気がつかず、悪徳事務所が不当に利益を得るケースがあります。

4-2.都合のいい貸金業者としか手続きしない

もし、依頼者が複数の貸金業者から借金していたとして、そのなかには交渉をしても法務事務所には利益が発生しないケースがあります。

そのような業者とも交渉をすることは依頼者にとっては大切です。しかし、悪徳事務所は自分達に利益のならないことはしないため、一部の貸金業者を放置してしまうケースがあります。

また、たとえ過払い金を請求できたとしても、その金額が少額の場合には、その貸金業者を放置するケースがあります。

詳細な情報を依頼者に伝えないことで、悪徳事務所は自分達の判断に正当性があると主張するでしょう。そのため、依頼者は事務所の行動が悪質なものであると気がつかないケースが多いのです。

5.佐賀県で多い過払い金請求について

5-1.過払い金請求とは

過払い金とは、払いすぎた利息であり、過払い金請求とは、その過払い金を取り戻すことです。

金利の上限を定めた法律には2つあり、一方の利息制限法では金利の上限を15~20%と定めています。

他方の出資法は刑事罰の金利の上限を29.2%と定められていました。利息制限法の上限を超えていても、出資法の上限を超えなければ刑事罰は科せれなかったのです。

そのため長年、貸金業者は出資法を超えない「グレーゾーン金利」による金利を設定していました。

しかし、貸金業法が改正されて利息制限がきびしくなるとグレーゾーン金利は撤廃されました。そして、グレーゾーン金利で返済していた頃の、支払いすぎた利息を請求可能になったのです。

これが「過払い金請求」です。しかし、貸金業者の方から債務者に過払い金が発生していると教えてくれるわけではありません。

債務者は自ら過払い金を算出し、返還のために動いていただく必要が出てきました。

5-2.過払い金請求とブラックリスト(信用情報)の関係

過払い金請求をするデメリットとして、ブラックリストに登録される可能性があると説明されることがあります。

ブラックリストは信用情報機関に登録される事故情報のことであり、ここに過払い金請求をした事実が登録されることがありました。

ただし、現在ではそのようなことはなくなっており、この点は気にする必要がありません。

ただし、過払い金請求をしても債務が残る場合があり、このような手続きを債務整理というのですが、この手続きをした事実が事故情報として信用情報機関に登録されます。

信用情報に事故情報として記録されるため、その記録が残っている間は金融機関との取引で審査の際に不利になるでしょう。

5-3.過払い金請求ができる貸金業者

すべての貸金業者から過払い請求ができるわけではなく、場合によってはお金を取り戻せないことがあります。

たとえば、貸金業者がすでに倒産している場合は、請求する対象がいないため、お金は返ってきません。

ただ、常に法律を守ってお金を貸していた業者もあり、このような業者からお金を借りていても過払い金は発生しないでしょう。

注意点として、利息に関する法律が改正されてから金利を変えた業者もあるため、現在は法律を守っている業者でも、過去に過払い金が生じていることがあります。

5-4.過払い金が発生する条件

過払い金は違法な金利でお金を借りていたときに、利息を支払いすぎたために発生します。

過払い金があるかどうかは、専門家に計算してもらえばすぐに判明します。ただし、過払い金の請求には時効があり、完済してから10年以内に請求しなければいけません。

また、完済してから10年のうちに業者が倒産してしまうと、たとえ時効になっていなくてもお金を請求できなくなります。

5-5.過払い金請求のメリット・デメリット

過払い金請求にはメリットとデメリットがあるため、それぞれについて説明します。

1.借金を完済している場合のメリット・デメリット

過払い金を請求することで支払いすぎたお金を取り戻すことができるのがメリットです。

この場合は、ブラックリストに掲載されてしまう心配もありません。別のところから借金をしているならば、取り戻したお金を別の業者の借金に充当できます。

完済している状態であれば、過払い金請求のデメリットは特にありません。

2.返済中の場合のメリット・デメリット

借金返済中に過払い金を請求できれば、現在の借金の額を減らすことができ、返済の負担が軽減するでしょう。

また、過払い金が発生していない場合や過払い金があっても債務が残る場合、返済計画の組み直しのための交渉ができます。

これにより、借金返済が楽になるのですが、債務整理をした事実が事故情報としてブラックリストに登録されるデメリットがあります。

5-6.過払い金請求の手続きの流れ

まずは法務事務所に相談をし、状況を説明して過払い金が発生しているかどうか調べてもらいます。

請求ができそうであれば、正式に契約をし、専門家が過払い金の調査を始めます。まずは業者に対して受任通知を発送し、取引履歴の開示を求めるのです。

取引履歴をチェックすれば、法律と照らし合わせて過払い金が発生しているかどうか確認できます。

次に、業者に対して過払い金返還の請求をし、和解案が提示されたならば、その内容を検討するのです。

もし納得できないならば、訴訟の手続きをして、裁判所に判断してもらいます。裁判で和解にいたらなければ、判決が下されます。

その判決には法的拘束力があり、業者が従わなければ強制執行されるでしょう。実際に過払い金が支払われるまでにかかる期間は業者や状況によって異なるでしょう。

お金はまず事務所の方に振り込まれ、そこから成功報酬を差し引いて依頼者に残りのお金が支払われます。

5-7.過払い金請求の費用相場

専門家に過払い金請求を依頼するならば、料金を支払わなければいけません。相談や依頼に着手する際の着手金などは無料となっているところが多いです。

相談料が発生する事務所だと、相談するたびにお金を支払う必要があるため注意しましょう。

基本的に過払い金請求は成功報酬となっていることが多く、業者からお金を取り戻せたら、その金額のうち何割かが報酬となります。

その割合は事前に契約の際に決めるのですが、15~25%程度となっていることが多いでしょう。

したがって、どんなに過払い金の金額が少なかったとしても、報酬を差し引いたお金は確実に受け取れます。

5-8.専門家に相談するメリット

過払い金の請求は個人がおこなうことも不可能ではないのですが、デメリットが多いです。

まず、手続きに時間と手間がかかってしまい、しかも失敗してしまう可能性が高いです。

専門分野の知識が関わってきて、業者と交渉する必要もあるため、事前に必要な知識を得るだけでも苦労するでしょう。

業者は交渉に慣れており、専門知識も有しているため、上手く丸め込まれてしまう可能性もあります。

複数の業者からお金を借りているならば、それぞれの業者と交渉する必要があり、作業量は膨大になるでしょう。

専門家に依頼いただければ、時間と手間がかからず、有利な条件で交渉を進めるため、メリットがたくさんあるでしょう。

5-9.過払い金の計算方法について

法律によって金利の上限は、借りた金額によって15~20%までとされています。

10万円未満であれば金利は20%、10万円から100万円未満は18%、100万円以上の場合には15%となっています。

これを超える金利で利息を支払っていた場合には、正しい金利で計算をし直し、このことを引き直し計算というのです。

これまでのすべての借金に対して過払い金計算をおこなうとなると、かなり手間がかかり、計算も煩雑になるでしょう。

そこで、専門家に依頼いただければきちんと引き直し計算をし、正確な過払い金を確認できます。

6.過払い金請求が多い佐賀県について

6-1.佐賀県の弁護士や司法書士の数

過払い金請求の依頼に対応できるのは弁護士と司法書士であり、佐賀県にはたくさんいます。

佐賀県の弁護士の数は約100名であり、司法書士の数も100名ほどとなっています。

これらの人達がそれぞれ事務所に所属しており、さまざまな依頼に対応しているのです。

もちろん、すべての弁護士や司法書士が過払い金請求を専門としているわけではないです。

それでも、佐賀県では過払い金請求の需要が高いため、この分野に専門的に対応できる人の数は少なくないでしょう。

また、みどり法務事務所であれば、佐賀県にまでスタッフを派遣し、出張による相談に対応しています。

佐賀県のどこにお住まいでも、遠出をすることなく専門家に過払い金請求について相談できるのです。

6-2.佐賀県の借金や過払い金請求事情

佐賀県だけではなく、全国的に借金問題で苦しんでいる人はたくさんいます。

リストラされてしまったり、減給されてしまったりすることで、生活が苦しくなり、借金をするケースがたくさんあるのです。

なかなか借金を返すことができず、長期的にお金を借りている人も多いです。

このようなケースでは、過払い金が発生してしまうことが多く、専門家に依頼する人がたくさんいます。

6-3.佐賀県の紹介

佐賀県は九州の北西部に位置しており、福岡県と長崎県に接しています。玄海灘と有明海に面しており、海を隔てて大陸と近いため、昔から大陸との交流が盛んです。

日本の歴史や文化の発展において、佐賀県の果たしてきた役割は大きいのです。県を代表するものとしては、吉野ケ里遺跡や嬉野温泉、焼き物といったものがあります。

吉野ケ里遺跡は弥生時代の遺跡であり、教科書に掲載されているほど有名です。

特産物として海苔があり、日本で一番生産量が多いことで知られています。また、稲作が盛んにおこなわれており、そのおかげで日本酒の生産も活発です。

page top