鹿児島県で借金問題・債務整理の相談ができる司法書士をお探しのかたへ

借金を積み重ねてしまい、返済が困難になると生活にも影響が出てきてしまいます。

食費をきりつめたり、車や家の維持も困難になったりしているなら債務整理を検討してみましょう。

ただし、債務整理はご自分で手続きするのはたいへんです。司法書士や弁護士といった専門家にご相談いただき、確実に借金を減額させてください。

この記事では、鹿児島県で債務整理を考えていらっしゃる方を対象に、事務所の選び方を紹介いたします。

1.鹿児島県で債務整理の相談ができるみどり法務事務所のご案内

1-1.債務整理と過払い金請求に確かな実績

みどり法務事務所は債務整理や過払い金請求を専門に取り扱っている司法書士事務所です。

全国8カ所に拠点を持ち、実績を積み上げてきました。たとえば、過払い金請求の返還額は合計90億円以上にも及びます。

債務整理をご検討される際には、過払い金が発生していないかも併せて調査します。

1-2.相談料と着手金が無料

みどり法務事務所では相談は何度でも無料です。1度では疑問や不安が拭えなかった方は、何度でもお話ください。

また、着手金はいただいておりません。費用面が心配な方もお気軽にご相談ください。

1-3.出張相談会も実施中

みどり法務事務所では事務所から遠い地域に対しても、出張相談会を実施しています。

債務整理についてのご説明をおこない、疑問には丁寧にお答えしています。

2.鹿児島県で借金問題にお悩みなら債務整理がおすすめ

2-1.そもそも債務整理とは?

借金問題に苦しんでいる方が、返済額を減らせる方法が「債務整理」です。債務整理にはさまざまな種類があり、貸金業者と交渉して利息をカットしたり、すべての借金を帳消しにしたりできます。

そのかわり、債務整理にはデメリットもあります。ご自分の借入額や返済能力を見極め、ぴったりの手段をお選びになってください。

なお、債務整理には時間も労力もかかります。そのため、手続きは個人でおこなわず、司法書士や弁護士にご依頼いただくのが一般的です。

2-2.過払い金請求との関係は

債務整理と密接な関係がある手続きが「過払い金請求」です。過払い金請求とは、グレーゾーン金利が適用されていた時期に払いすぎた利息を貸金業者から取り返すことです。

債務整理をおこなう際には、過払い金の有無も同時にお調べします。もしも過払い金が発生していた場合、返還額を残債に充当すれば完済に近づけられます。

高額の過払い金が発生していた場合、借金がなくなって完済できる可能性もあります。

過払い金で完済できれば「ブラックリスト入り」するデメリットを避けられます。

いくら過払い金が発生しているかどうか、正確には計算してみないとわかりません。

みどり法務事務所では無料で過払い金の調査をしています。過払い金を計算すること自体にデメリットはないので、まずはお気軽にご相談ください。

3.鹿児島県で債務整理する事務所の選び方

司法書士や弁護士事務所を選ぶ際は、さまざまなポイントを比較検討しましょう。以下、基準となるポイントを紹介します。

3-1.無料相談を実施している

事務所選びは、まずは、「初回相談」などの機会をご利用ください。司法書士や弁護士が借入状況をおうかがいし、ベストな解決策をご提案します。

説明がわかりやすいかどうか、メリットとデメリットの両方の説明を受けた上で納得できるかどうかが大切です。

解決までの道のりと手続き後の生活が想像できるかどうか、信頼できる事務所かどうかご判断ください。

そのためには、無料相談を設けていて気軽に相談できる事務所を絞り込みましょう。

3-2.実績が豊富

債務整理の成功率と事務所の実績は密接な関係があります。キャリアが豊富な事務所には、それだけの事例とスキルがそなわっています。

依頼者様の状況を問わず、最適なご提案をさせていただけるはずです。何より、実績はその事務所が結果を出し続けてきている証です。

事務所のホームページなどで、必ず実績をご確認ください。また、事務所側の宣伝文句に惑わされないよう、お客様の声や評判・口コミなどを参考にしていただくのもひとつの手段です。

3-3.通いやすいアクセスと営業時間

社会人や主婦の方にとって、事務所にお越しいただくのがむずかしい場合もあるでしょう。

仕事や家事を抜けられずやっと一段落した時間帯には事務所が閉まっていることは珍しくありません。

また、駅前から離れているなど、立地条件が悪い事務所も敬遠したくなるでしょう。事務所によっては夜間や土日でも対応可能なところもあります。

アクセスや営業時間で相談しやすく便利な事務所をお選びください。

3-4.人柄が信用できる

実際に無料相談へとお越しいただいたなら、司法書士や弁護士の対応にもご注目ください。

たとえば、いいことばかり話してくる事務所はあまり信用できません。また、相談者様の話を遮って自らの主張を押し付けるようなケースも要注意です。

もしも人間的に合わない専門家に債務整理をご依頼いただくと、その後の方針ですれ違いが起こる可能性があります。

それに、債務整理では専門家に心を開き、正直に事情をお話いただかなくてはなりません。専門家の人柄や相性もまた、重要なポイントといえるでしょう。

3-5.料金がわかりやすい

依頼を受ける際に着手金を設定している事務所もあります。また、「経費」と称してさまざまな料金を見積りに載せている事務所もあります。

債務整理では収入印紙や切手代などの経費がかかるのは事実です。しかし、詳細が不明な項目が多い事務所は、費用を水増ししている可能性も考えられます。

事務所選びでは「料金の明確さ」にもご注意ください。事前にお伝えしていた費用以外はかからないところが優良事務所です。

3-6.支払い方法を相談できる

借金問題で金銭的な余裕がない場合、司法書士や弁護士への報酬が心配ですよね。費用の支払いに関して柔軟に対応できる事務所を選ばれると安心です。

分割払いなどの方法や支払いのタイミングなど、相談の機会にご質問ください。

3-7.全国展開している

拠点が多い事務所は、それだけ債務者の方から支持を得ていることを意味します。また、近隣の地域で事務所を見つけやすいのもメリットです。

3-8.依頼者様の秘密を守れる

借金を周囲に隠している方もたくさんいらっしゃいます。しかし、債務整理をおこなうと、周囲に借金が発覚してしまう可能性も出てきます。

たとえば、事務所にご依頼いただくと貸金業者からの連絡はなくなるものの、今度は司法書士や弁護士事務所からの連絡や郵便物で家族が勘付いてしまいかねません。

その点、債務整理の実績がある司法書士や弁護士であれば、連絡先や連絡時間に気を遣ったり、郵便物も事務所名で送らないなど配慮させていただきます。

依頼者様のご都合に対し、臨機応変に対応できる事務所をお選びください。

4.鹿児島県でみどり法務事務所が選ばれる理由

債務整理のご依頼でみどり法務事務所が選ばれているのには理由があります。

4-1.依頼者様の気持ちに寄り添える対応

みどり法務事務所では、司法書士の能力はもちろん、対応にもご満足いただいております。

司法書士は依頼者様のお気持ちに寄り添うことを第一に考えており、まずはお話をしっかり聞くところから始めさせていただきます。

依頼者様のご希望にそぐわないご提案はいたしませんし、言葉づかいや態度も丁寧さを心がけております。

依頼者様の目線に立って、お悩みの根本的な解決にむけ尽力しています。

4-2.出張相談会で借金問題にアドバイス

全国8カ所の事務所が対応している地域以外でも、みどり法務事務所は出張相談会を実施中です。

高齢者の方や体が不自由な方など、遠方から事務所にお越しいただきにくい方々にもご好評をいただいています。また、債務整理についてよくわからないといった点も解消できます。

4-3.料金体系がはっきりしている

みどり法務事務所はホームページにて、料金体系を一切隠さずに公表しております。たとえば、任意整理をご依頼いただいた場合、成功報酬は1社あたり49,800円です。

それに加え、減額された金額の10%をいただいております。費用がはっきりしていれば「後から高額を請求されるのではないか」という不安は解消されるでしょう。

なお、お支払い方法についても柔軟に対応しております。

4-4.徹底した秘密厳守

みどり法務事務所は依頼者様のプライバシーに配慮しております。まず、取引履歴などの資料はすべて、事務所が代行して受け取ります。

依頼者様のご自宅に資料が届いて、ご家族の目に入るような事態はございません。さらに、みどり法務事務所にはご連絡可能な時間帯、連絡先もご指定いただけます。

万が一、お仕事中などにお電話してしまい、依頼者様が周囲から不審に思われないようにするためです。

そのほか、秘密厳守のためにご希望される点がございましたら、相談の段階でお気兼ねなくおっしゃってください。

4-5.過払い金請求にも実績あり

債務整理のほか、みどり法務事務所は過払い金請求についても実績があります。過払い金請求については、利用明細などの資料をご用意いただく必要はございません。

みどり法務事務所がお調べさせていただき準備いたします。依頼者様が1円でも多く借金を減らせるよう、みどり法務事務所はそのときどきで最適のご提案をいたします。

5.鹿児島県で多い債務整理について

5-1.債務整理は4種類

一般的に債務整理と呼ばれている手続きは3種類です。これらに過払い金請求を加えた4種類が借金を減額させるための方法となります。以下、それぞれを簡単に解説します。

利息をカットできる任意整理

債務整理のなかで一番選ばれることが多いのが任意整理です。任意整理では、貸金業者側と交渉をおこなって利息をカットしてもらいます。

そして、返済が楽になった借金を計画的に完済させます。債務整理の中でも比較的簡単な手続きでデメリットが少なく、決着までの期間も早いのが特徴です。

借金の元金を減らせる個人再生

返済能力が失われつつあり、完済の目処が立っていない債務者は個人再生をおこなう必要があります。

裁判所の仲介によって元金を減額できる個人再生では、返済額を5分の1ほどに減らせます。そのかわり、ブラックリストにのる期間は長くなるのでご注意ください。

借金がすべてなくなる自己破産

返済能力がまったく残っておらず、完済が不可能な場合におこなうのが自己破産です。自己破産に成功すれば、すべての返済の義務がなくなります。

そのかわり、車や家などの財産を差押えられる可能性があり、今後の影響が大きい方法です。

まずは過払い金請求を

債務整理のほか、過払い金によっても借金は減額可能です。グレーゾーン金利によって返済していた期間があるなら、払いすぎた過払い金を借金に充当し減額できます。

過払い金だけでは完済できなかった場合、債務整理の手続きになります。すでに完済している借金についても、過払い金が返ってくることがあります。

5-2.債務整理の費用相場

司法書士や弁護士に債務整理をご依頼いただいた場合、事務所によって費用を設定しています。費用の相場を知っておけば悪徳事務所に依頼してしまうことを避けられます。

目安として、以下の金額をご参照ください。

任意整理の費用相場は

大きな経費がかからない任意整理では、着手金と成功報酬が費用となります。着手金は無料の事務所もあります。成功報酬は1社あたり5万円前後に加え、減額報酬として減額した金額の10%が相場です。

さらに、交通費などの実費を請求することもあります。

個人再生の費用相場は

申立書や債権者一覧など、個人再生や自己破産では膨大な数の書類を作成しなくてはなりません。

書類作成を司法書士や弁護士にご依頼いただくと、30万円前後の費用が発生します。なお、着手金に書類作成費用が含まれている事務所もあります。

さらに、成功報酬が1社あたり5~10万円と減額の10%です。そして、個人再生では個人再生委員に15万円程度の報酬をお支払いいただきます。

自己破産の費用相場は

個人再生と同じく、自己破産でも30万円前後の書類作成費用がかかります。そして、成功報酬が1社につき5~10万円と減額の10%が目安です。

なお、自己破産には「同時廃止事件」と「管財事件」の2種類があります。同時廃止事件とは、債務者に処分すべき財産がないケースを指します。

このとき、裁判所にお支払いいただく費用は10,584円です。一方、債務者の財産を没収したうえで、債権者に分配するためには管財人に動いてもらわなければいけません。

それが管財事件であり、20万円前後の費用が発生します。

過払い金請求の費用相場は

比較的、費用を安価に抑えられるのが過払い金請求のメリットです。着手金は0~10万円が相場で、1社あたり5万円前後と返還額の20%前後が成功報酬となります。

5-3.債務整理のメリットとデメリット

メリットとデメリットを両方ともご理解いただいたうえで、債務整理をおこなってください。以下、メリットとデメリットを紹介します。

デメリット

債務整理のデメリットは、「ブラックリストにのる」ことが挙げられます。ブラックリストにのると新たな借入ができません。

ローンが組めなくなり、クレジットカードも持てなくなります。ただし、これ以上借金を増やさなくて済むと考えればメリットです。

メリット

借金を減額できることは債務整理の最大のメリットです。たとえば、多重債務に陥っている方は、借金を返すために借金を繰り返すという悪循環を断ち切っていただけます。

月々の返済額が減り、生活が楽になります。完済へのめどが立つので経済的にも精神的にも負担が軽くなります。

まだ多重債務になっていない方もはやめに手続きをすることで、それ以上状況が悪化する前に完済できます。

5-4.債務整理とブラックリストの関係

「ブラックリスト」というリストが実際にあるわけではありません。信用情報機関の個人データベースにマイナスの履歴が残る状態を「ブラックリストにのる」と表現します。

債務整理をする以外にも、支払いが遅れると延滞というマイナス情報がつきます。

クレジットカードをつくったりローンを組んだり貸金業者と契約された時点で、利用者の情報が自動的に信用情報機関へと登録されます。

そして、取引に関するすべての行動が逐次、信用情報機関で更新されていくのです。

ブラックリストにのると新たな借入をしようとした際やクレジットカードをつくるとき、ローンを組むときの審査に通りづらくなります。

ブラックリストにのっている期間は任意整理で5年ほど、個人再生と自己破産で10年ほどです。

5-5.債務整理は周囲にバレてしまうのか

家庭や職場に債務整理をおこなわれた通知がいくわけではありません。しかし、さまざまなご報告や関連書類などで気づかれてしまう可能性はあります。

たとえば、個人で任意整理をおこなわれると貸金業者から直接、債務者の方に連絡がきます。

ご自宅に電話がかかってきてご家族が受けてしまわれると、秘密にするのはむずかしいでしょう。

また、お仕事中に貸金業者から連絡が来るケースでも、周囲から不審に思われるかもしれません。過払い金請求のために取引履歴を取り寄せたとしても、やはりご家族に見つかる恐れがあります。

ただし、これらのリスクは司法書士や弁護士に手続きを委任していただくことで回避できます。

取引履歴などの書類は事務所に送られるようになりますし、交渉はすべて専門家がお引き受けできるからです。

また、司法書士や弁護士から依頼者様に進捗を報告する際にも、時間や方法を考慮いたします。

自己破産など、手続き終了後の影響が大きい債務整理ではご家族に隠し通すことはむずかしいものの、過払い金請求や任意整理は内緒ですすめることができます。

5-6.債務整理は自力でもできるのか

結論からいえば、個人で債務整理をおこなわれるのは不可能ではありません。しかし、お仕事や家庭がある方が、債務整理をするのは困難です。

特に、裁判所を介する手続きでは平日に出廷する必要があります。何度も仕事を休んで裁判所に足を運べる方は少ないと思います。

しかも、個人再生や自己破産では膨大な資料を作成しなくてはなりません。

法律の知識が不足している一般の方が、正確に不足なく資料を作成するのは至難の業です。内容に不備があった場合、債務整理はどんどん先送りにされていきます。

また、相談相手がいないのも個人でおこなわれるデメリットといえるでしょう。債務整理では貸金業者を相手に立ち回らなくてはいけません。

味方がいないまま交渉に挑まれても、立場は不利になります。司法書士や弁護士にご依頼いただければ、貸金業者と対等に交渉できるのでご希望を通すことは十分可能です。

依頼者様の負担を抑え、借金を減額させるために全力を注がせていただきます。

6.鹿児島県の債務整理・借金問題について

6-1.鹿児島県の特徴

2018年の国勢調査によると、鹿児島県の人口は161万2800人でした。これは九州地方で3位の数字です。

鹿児島県は日本の中でも1年間の平均気温が高い都道府県であり、一部、亜熱帯性の気候になっている地域もあります。

産業としては酪農業が発展しており、特に黒豚はブランド肉として全国的な人気を誇っています。

そのほか、焼酎などの酒どころとしても有名です。中小企業を中心として酒造メーカーの本社も少なくありません。

なお、鹿児島県は観光地としても注目されています。特に、幕末から明治にかけて活躍した西郷隆盛の出身地としても知られており、ドラマや小説などの影響で所縁の地がにぎわっています。

また、屋久島や奄美大島など太古からの自然を残した島も鹿児島県です。そして、巨大な火山である桜島は絶景として知られており、九州地方を代表する観光スポットです。

6-2.鹿児島県の債務整理や過払い金請求

他県と比べると、鹿児島県はそれほど激しい経済活動が見られないものの、借金問題と無縁とはいいきれません。

理由としては、大手消費者金融の全国展開とキャッシングの便利さが挙げられます。貸金業法などの法律が整備されることで、ヤミ金などの悪徳業者の数こそ減りました。

しかし、そのかわり大手消費者金融は全国的に拠点を置くようになり、誰でも簡単にお金が借りられる状況が生まれたのです。

また、店舗に足を運ばなくてもWebで取引できるキャッシングも増えてきました。学生や主婦層でも、借金問題に悩まれている方は珍しくありません。

それでも、鹿児島県内には一定数の法律事務所があります。お困りの方はまず、司法書士や弁護士にご相談ください。

債務整理や過払い金請求など、債務者ごとの事情に合わせて最適の方法をご提案させていただきます。

6-3.鹿児島県の司法書士数

2019年2月時点で鹿児島県司法書士会には330人の司法書士が登録しています。これは、九州地方では3位の数字です。

ちなみに、九州地方2位の司法書士数を誇る熊本県とは隣接しており、債務者の方にとっては選択肢の多い都道府県だといえるでしょう。

6-4.鹿児島県の弁護士数

2017年3月時点での日本弁護士連合会資料によると、鹿児島県の弁護士数は206人でした。

つまり、鹿児島県は弁護士よりも司法書士の数が多い地域です。債務整理に興味のある方は、司法書士の事務所をお探しいただくと比較的、ご相談先が見つかりやすいでしょう。

6-5.鹿児島県で債務整理をご検討されている方々へ

みどり法務事務所は鹿児島県に隣接する熊本県にも事務所を置いている司法書士事務所です。これまで全国的に債務整理や過払い金請求において確かな実績を残してきました。

経験とノウハウによって、鹿児島県の方々のお力にもなれます。また、みどり法務事務所が開催している出張相談会にもぜひお越しください。

事務所での通常の相談も無料で受け付けておりますので、まずは借入状況をお話いただくのがおすすめです。

そして、みどり法務事務所は依頼者様のご希望を大切にできるのが強みです。1円でも多く借金を減額できるよう、みどり法務事務所は貸金業者との交渉をおこなっていきます。理不尽な妥協案をのむことはなく、依頼者様がご希望されるのなら裁判もいといません。依頼者様の生活が少しでも楽になるために動きます。さらに、みどり法務事務所は債務整理後のお手伝いもさせていただきます。依頼者様の借入状況と減額を整理させていただき、スムーズに完済できる返済計画をご提案可能です。債務整理をするなら、みどり法務事務所にご連絡ください。

page top