熊本県で借金問題・債務整理の相談ができる司法書士をお探しのかたへ

毎月の返済にいっぱいいっぱいだったり、返済が生活を圧迫したりしている場合、債務整理をするのも1つの手段です。

債務整理をすると、借金自体が減額されたり、月々の支払いが楽になったりします。

債務整理には4つの方法があり、借金の状況や生活の状態に合わせて適したものを選ぶ必要があります。

この記事では、債務整理の方法やメリット、デメリットに加え、債務整理をする際の事務所選びについても解説します。

1.熊本県で債務整理の相談ができるみどり法務事務所のご案内

みどり法務事務所は、借金問題を専門としているため、債務整理や過払い金請求に関する実績が豊富です。

そのため、より依頼者様の希望に近い形で手続きをおこなうことができます。

成功報酬制なので、相談料や着手金などは一切必要ありません。債務整理が完了したり、過払い金が戻ってきたりした時点で報酬をいただきます。

債務整理に対して不安や疑問がある場合も、納得していただけるまでとことん相談したうえで手続き開始となるので安心してご利用いただけます。

また、みどり法務事務所では、出張相談も対応可能です。熊本をはじめ、福岡や四国、岡山、広島、大阪、東京などの地域で無料出張相談会をおこなっています。

遠方で事務所に訪れるのがむずかしい方も、気軽に相談していただけます。

2.熊本県で借金問題にお悩みの方へ…債務整理のすすめ

2-1.債務整理のメリット

債務整理の手続きを、司法書士などが代理人になって進めると、借入先からの督促がストップします。

書面や電話などでの連絡もなくなるため、精神的負担も減ります。

また、利息制限法の上限金利以上の利息で借りていた場合は過払い金が発生しているため、借金額が減額されたり、お金が戻ってきたりする可能性があります。

金銭的余裕ができることで、将来への不安が軽減されるのもメリットの1つといえるでしょう。

2-2.債務整理をするタイミング

債務整理をするべきか、地道に返済を続け完済を目指すべきか悩む人もいるかもしれません。次のような基準をもとに判断しましょう。

返済のために新たな借金をしている

返済したいのにできないという場合に多いのが、返済のために新たな借金に手を出すケースです。

Aへ10万円の返済をするためにBから10万円借りると、Aへの借金は返せますが、Bにお金を返さなければならないため、借金自体は減っていません。

さらに、Bからの借入に対する利息が加算されるため、実質借金は増えた状態になっているのです。このような悪循環に陥っている場合は、債務整理をすべきといえるでしょう。

月々の返済額が月収の3分の1を超えている

債務整理のタイミングを数値化するのであれば、月々の返済額が月収の3分の1以上が目安となります。

なぜなら、総量規制という法律で借入残高が年収の3分の1以上の場合、新規の借入ができないよう定められているからです。

この数値は、多重債務者を減らすために定められたものです。そのため、債務整理をするかどうかの1つの基準として考えてもよいでしょう。

仕事を続けられなくなった

病気や事故などで長期的に仕事を続けられなくなった場合、返済の手段がなくなります。失業保険はおりますが、一定期間のみです。

そのため、借金の返済を続けるのはむずかしいと考えられます。仕事を続けられなくなった場合は、債務整理を検討すべきといえるでしょう。

3.熊本県で債務整理を依頼する事務所選びのポイント

3-1.債務整理の実績が豊富

債務整理の実績が豊富かどうかは、事務所選びの大切なポイントです。開業して間もない事務所は、債務整理の実績がほぼないというケースも少なくありません。

また、経営期間が長い事務所でも、不動産登記や商業登記などの登記や相続関連を専門にしている司法書士事務所もあります。

このように、債務整理の実績がない事務所は避けたほうがよいでしょう。なぜなら、債務整理の手続きは複雑で難易度が高いからです。

例えば、貸金業者と交渉し、依頼者様が希望する条件で和解しなければなりません。

実績がなければ、相手の貸金業者から軽く見られてしまったり、希望に添えない結果になったりする可能性があります。

債務整理の実績については、各事務所のホームページを見ればわかります。得意な業務内容については、情報が充実しているはずです。

また、直接電話をして確認してみるのもよいでしょう。ホームページを見て疑問に思ったことや、債務整理について心配なことなどは遠慮なく聞いてください。

3-2.手続きにかかる費用がわかりやすく明瞭会計である

提示されている費用がわかりやすいかどうかをチェックしましょう。

例えば、和解成立後に成功報酬を支払う必要があるにもかかわらず、「着手金2万円」としか記載されていないといったケースがあります。

また、成功報酬が必要なことは記載されていますが、「3万円~」と曖昧な書き方をしているケースもあるため、注意が必要です。

費用トラブルにならないためにも、依頼する前に料金形態を明確に教えてくれる事務所を選びましょう。

その際、提示された金額に消費税や実費が含まれているのかを確認することが大切です。

3-3.無料相談を受けている

無料相談を受け付けている事務所であれば気軽に相談することができます。無料相談に行けば、その事務所の雰囲気や司法書士の人柄を確認することができます。

丁寧で親切な対応をする司法書士がいる事務所であれば、債務整理の相談を気兼ねなくできますし、手続きもスムーズです。

3-4.営業時間が柔軟

多くの場合、直接事務所で相談できるのは事務所の営業時間に準じています。

一般的に、午前9時~午後6時を営業時間としている事務所が多い傾向です。

また、土日祝日が休日になっている事務所も少なくありません。これらは、日中仕事をしている人にとっては、なかなか時間を作るのがむずかしい時間帯といえます。

こうなってくると、債務整理をしたくてもなかなか始められないということになりかねません。

土日や平日の遅い時間にも営業している事務所を選択することが、債務整理への大きな一歩となるはずです。

3-5.支払い方法が柔軟

お金がないから債務整理をしたいのに、一括払いで費用を用意するのは至難の業です。

そのため、分割払いにも対応している事務所を選びましょう。分割払いには、任意整理の着手前に払うタイプと後に払うタイプの2通りがあります。

事務所に債務整理を依頼すると、事務所が受任通知を貸金業者に送付します。

受任通知を受け取ると、貸金業者は督促ができなくなり、返済も一時的にストップされるのです。

そのため、依頼者はこれまで返済に回していた金額分の余裕が生まれます。

着手前に払う場合は、この余裕となった金額から毎月分割で支払っていき、初期費用をすべて払い終わった時点で債務整理がスタートする仕組みです。

一方、着手後に支払う場合は、受任通知を送付後すぐに債務整理が始まり、その後費用を支払っていきます。

なるべく早く債務整理をしたいという人は、後払いが可能な事務所を選ぶとよいでしょう。

4.熊本県の債務整理でみどり法務事務所が選ばれる理由

4-1.相談料や初期費用が無料

借金について専門家に相談したいけれど、なかなか踏み出せない理由の1つに、相談にお金がかかるのではという心配があります。

返済が苦しくてただでさえお金がない状況なのに、司法書士に相談すると、高額な費用がいるのではないかと考える人も少なくないようです。

しかし、みどり法務事務所では、相談料や初期費用がかかりません。

電話やメールでの相談はもちろん、事務所で直接司法書士との相談や、過払い金の有無や金額の調査、着手金や依頼時の初期費用のいずれも必要ないのです。

そのため、費用を心配することなく、借金問題解決に踏み出すことができます。なお、報酬が発生するのは債務整理の手続きが終了してからです。

分割払いにも対応しているため、経済状況に応じて支払うことができます。

また、過払い金請求の場合は、過払い金が取り戻せなかった場合、費用はいただいておりません。

4-2.相談しやすい環境

みどり法務事務所の魅力は、相談しやすい環境が整っているという点もあります。

通話料無料の電話とメール、2つの相談窓口が設けられています。電話で問い合わせた場合、その場で状況を簡単にヒアリングするため、借金に関する情報が手元にあると役立ちます。

メールで問い合わせされると、電話もしくはメールで連絡を差し上げ、状況をお伺いすることになります。

メールは24時間いつでも利用でき、お電話は、土日を含む午前9~午後7時が受付となっています。

また、事務所から遠方にお住まいの方は、出張相談を利用いただくこともできます。

地元ならではの信販会社への債務整理や過払い金請求など、ローカルな交渉実績も豊富なので、具体的にお力になれるはずです。

事務所のあるエリアだけでなく、全国を対象に出張相談をおこなっているので、希望される場合はお問い合わせください。

4-3.徹底した個人情報管理

秘密厳守を徹底しているため、家族や職場の人に債務整理をすることがバレてしまう心配がありません。

連絡する場合は、都合のいい時間帯を伺いますし、郵送物を送る場合も差出人名に事務所名を書かない、希望があれば郵便局留めで送るなど柔軟に対応します。

4-4.丁寧で迅速な対応

みどり法務事務所では、「親切・丁寧そして、迅速な対応」を大切にしています。

債務整理の内容や手続き方法は複雑な部分もあり、不安も多いものです。依頼者様が少しでも安心して手続きが進められるよう、丁寧な対応を大切にしています。

実際、みどり法務事務所で債務整理をした方からは、「電話で経過報告をこまめにしてくれた」「手続きがスムーズで対応も親切だった」「丁寧に説明してくれてわかりやすかったので安心した」といった感想が寄せられています。

依頼者様に寄り添い、親身になって相談に乗りますので、まずはご相談ください。

5.熊本県で多い債務整理について

5-1.債務整理の種類

債務整理には、4つの手続きがあります。

1.任意整理

任意整理は、貸金業者と利用者の間に司法書士や弁護士などが介入して話し合いをし、借金の返済方法を決めなおす手続きです。

将来利息をすべてカットしてもらう交渉をするため、借金の支払い総額が減額されます。また、返済期間を延ばす交渉をします。

その結果、月々の返済額が減って支払いが楽になるのです。手続きが比較的シンプルで、リスクも少なく、短期間ですむため、債務整理の中でも利用者が多い手続きです。

2.個人再生

個人再生は、裁判所に申立てをし、借金を大幅に減らしてもらう手続きです。

任意整理は利息のみを減らしますが、個人再生は、元金を減額することができます。

基本的に、元金の10分の1~5分の1程度に減額できます。住宅ローンがある場合は、「住宅ローン特則」によって、家を手放すことなく借金だけを減らしてもらうことが可能です。

住宅ローンの滞納があっても借金の減額ができるため、家を守りたい人の利用率が高い手続きです。

3.自己破産

自己破産は、裁判所に申立てをして返済額を0にする手続きです。借入額が何円であっても返済する必要がなくなるという点は、自己破産の大きなメリットといえるでしょう。

そのため、収入が少ない人や無収入の人などが利用する傾向です。しかし、自己破産の場合には財産を処分しなくてはなりません。

処分の対象となるのは、99万円を超える現金や20万円以上の価値があるものです。

家や車、解約返戻金が高額な生命保険など20万円以上だと判断されれば、すべて処分されてしまいます。

4.過払い金請求

債務整理をしているときに、過払い金が発生していることがわかれば、請求することができます。

過払い金は、かつて高金利で借入れをしていた期間に払い過ぎた利息を、返してもらうための手続きです。

過払い金を借金に充当することができるため、過払い金の発見によって債務整理をしなくても借金が完済できる場合があります。

また、借入額よりも過払い金のほうが多ければ、現金が手元に戻ってきます。

5-2.任意整理のメリット・デメリット

債務整理のなかでもっとも利用する人が多い手続きである任意整理には、次のようなメリットやデメリットがあります。

メリット

任意整理の大きなメリットは、返済の負担が減ることです。任意整理をすると、それ以降の利息がカットされます。

例えば、借入残高が100万円で金利が15%だとします。すると、月々に支払う利息は1万2500円です。

月々の返済額を3万円とすると、完済するまでに発生する利息は30万円近くにもなります。

この分がカットされるのは大きなメリットといえるでしょう。また、司法書士に任意整理を依頼することで、督促をストップできます。

さらに、ほかの債務整理とは異なり、対象とする貸金業者を選べるというメリットがあります。

借金をしている場合、車のローンを含め保証人がついている借金があるケースが多いです。

この場合、個人再生や自己破産を選択すると、保証人に督促されてしまうのです。また、車のローンだと、車を回収されるかもしれません。

任意整理であれば、対象の貸金業者を選択できるため、保証人がついている借金ははずすことができます。

デメリット

任意整理をすると、ブラックリストに5年ほど登録されてしまいます。ブラックリストにのっている間は、新規で借入れをしたり、クレジットカードを使ったり、ローンを組んだりできなくなるのです。

また、支払いの調整を目的とした手続きであるため、借金自体を大幅減額できるわけではありません。

貸金業者によっては、任意整理に対応してくれないケースもあります。

特に、返済の滞納を繰り返していたり、借入期間が短かったりする場合は、任意整理に応じてくれないことがあります。

5-3.債務整理とブラックリストの関係・対処法

ブラックリストにのる債務整理と掲載期間

任意整理、個人再生、自己破産をおこなうとブラックリストに掲載されてしまいます。

任意整理は約5年、個人再生と自己破産は約5~10年です。過払い金請求の結果、過払い金が借入残高より多い場合は、借金を相殺できるのでブラックリストにはのりません。

しかし、過払い金が借入残高を下回っていれば、任意整理として扱われるため、ブラックリストに掲載されてしまいます。

ブラックリストにのるとどうなる?

ブラックリストにのると、ローンを組んだり、新しくキャッシングをしたり、クレジットカードを作ったりできなくなります。

それだけでなく、分割払いも不可能になるのです。分割払いを希望する場合、信販会社の審査に通る必要があります。

しかし、ブラックリストをもとに信販会社は審査をするため、審査は通らないのです。

そのため、欲しいものや受けたいサービスがあれば、現金一括払いしか方法はありません。

携帯電話やスマートフォンの機種変更時も対象です。月々の電話料金に端末代を分割払いで組みこむことが多いですが、これもできなくなるので、契約時に端末代を一括払いしなければなりません。

ブラックリストに掲載されると、保証人になることもできません。

配偶者が住宅ローンを組む場合や、子どもの奨学金を利用する場合も、連帯保証人になることができません。

基本的に、信販会社が介在するシーンでは、すべてひっかかってしまうため、日常生活のさまざまな場面で影響があります。

ブラックリストにのった場合の対処法

ブラックリストにのると、カードやローンが使えなくなります。そのため、借金に頼らない生活をすることが1番の対処法といえるでしょう。

また、デビットカードを使ったり、ローンを家族の名義にしたりするのも1つの方法です。

カードが使えず分割払いはできないため、現金払いの習慣をつけましょう。

5-4.債務整理したあとはどうなる?周囲への影響

債務整理をしたからといって、家族や親族に影響が及ぶ心配はいりません。

保証人になっていなければ、返済義務がないため、返済を迫られることはないです。

また、子どもの就職や進学にも影響しません。債務整理をしたという情報は、自分から言わない限り周囲に知られることはありません。

就職先に債務整理をしたことがバレることはほぼないといえます。

ただし、家族や親族が保証人になっている場合は、返済の責任を負うことになるため、保証人も同時に債務整理の手続きを検討しなくてはなりません。

6.熊本県の債務整理・借金問題について

6-1.熊本県の借金事情や過払い金請求事情

熊本県でも、過払い金請求をおこなっている人は数多くいます。

例えば、熊本市に本社を構える「日専連ファイナンス」では、2007まで利息制限法の上限金利を超えた利息をとっていたため、過払い金請求が可能です。

取引履歴開示までは2カ月ほどで、返還割合は和解だと80%、訴訟だと満額近くが目安となっています。

返還されるまでの期間は、和解で平均2カ月、訴訟で平均4カ月です。

同じく熊本市に本社のある「株式会社エヌシーくまもと」でも、過払い金請求の事例があります。

取引履歴開示までは約3カ月、返還割合は和解で95%、訴訟で満額近く、返還までの期間は平均3カ月が目安です。

訴訟の場合、返還までの期間が長引く傾向となっています。

熊本県在住者のみを対象とした貸金業者「有限会社勘和」も、過払い金請求の事例があります。

ただし、取引履歴開示までには相当時間がかかり、過払い金の返還率も平均10%ほどとなっています。

そのため、過払い金を取り戻すのは、かなりむずかしい相手といえるでしょう。

北海道札幌市に本社のある「株式会社キャネット」は、熊本県内に熊本店や健軍店の支店を構えている貸金業者です。

2007年まで利息制限法を超えた利息を設定していたため、過払い金請求の対象となっています。

取引履歴開示までは、1カ月以内と早く、返還割合は和解で元金の約7割です。

過払い金が戻ってくるまでには、平均4カ月がかかります。

熊本銀行や肥後銀行、熊本信用金庫などの銀行ローンを利用している場合、過払い金の対象となるか悩むかもしれません。

銀行のカードローンは、利息制限法の範囲内に利息を制限していたため、過払い金の対象外です。

ただし、任意整理をすることは可能です。過払い金請求以外の債務整理も、熊本県内にはさまざまな事例があります。

例えば、借金の返済ができず半年間延滞した結果、自己破産を選択し、1200万円の借金が0円になりました。

また、2500万円の借金を抱え、個人再生を選択した人は、借入額が300万円に減額されています。

ショッピングとキャッシングを合わせて300万円、5社から借入していた人は、今後かかる利息を5社ともすべてカットでき、結果として将来支払うべき利息が200万円減額しました。

6-2.熊本県の弁護士や司法書士の現状

熊本県司法書士会に所属する会員は、328名で、法人会員は9法人です。

また、熊本県にある弁護士会は、熊本県弁護士会のみです。

そのため、熊本県内に法律事務所を構えている弁護士や弁護士法人は、すべて熊本県弁護士会に所属しており、会員数は281名となっています。

また、法律事務所の数は、2015年現在で145件です。

熊本県弁護士会では、県内7カ所に設置された「法律相談センター」や、各弁護士事務所での相談をおこなっています。

6-3.熊本県の特徴

九州地方のほぼ真ん中に位置する熊本県は、人口約179万人で、東京から直線距離で約900km離れており、約7405平方キロメートルの面積です。

この面積は、全国で15位となっており、福岡県と鹿児島県、大分県、宮崎県4県と接しています。

県の西側には八代海と有明海が広がり、北西部には平野が広がっています。

菊池水源と轟水源、池山水源、白川水源の4カ所は、名水百選に選出されており、熊本市の水道水は100%地下水です。

このことから、熊本県は水に恵まれたエリアだといえるでしょう。

県内には、熊本、新玉名、新水俣、新八代と4つの新幹線駅があり、九州新幹線の鹿児島ルートが通っています。

また、天草上島と天草下島へは、宇土半島から松島有料道路と天草パールラインでつながっています。

熊本県のシンボルともいえる阿蘇山は、県の北東部にあり、標高は1592メートルです。

世界有数の規模を誇るカルデラがあり、南阿蘇鉄道とJR肥後本線が敷かれています。

さらに、県の北東部には、標高1700メートル前後の峰が連なる九重連山が広がっています。

8月下旬から9月上旬にかけて海上にみられる不知火は、観光源の1つとして熊本県を盛り上げています。

熊本県にある国立公園は、「阿蘇くじゅう国立公園」と「雲仙天草国立公園」の2カ所です。

阿蘇くじゅう国立公園は、最も面積が大きく、九重山群と阿蘇山で構成されています。

広々とした草原地帯と、あざやかなミヤマキリシマが広がる開放的で美しい空間です。

「雲仙天草国立公園」は、多島美など海洋景観と火山で構成されており、長崎県の雲仙岳も含んでいます。

また、県立自然公園も7カ所あり、四季折々の豊かな自然を楽しめるスポットとなっています。

6-4.債務整理・借金問題で専門家をお探しの熊本県在住の方へ

熊本県にお住まいで、借金にお悩みの方は、熊本市に事務所を構え、債務整理に強いみどり法務事務所にご相談ください。

相談は何度でも無料です。出張相談会もおこなっており、対象エリアは矢代、阿蘇、人吉、天草となっています。

借金の減額や、無理のない支払い計画を交渉いたします。

page top