佐賀県で借金問題・債務整理の相談ができる司法書士をお探しのかたへ

借金の返済が順調に進まないと、完済のゴールが見えず気分が重くなりがちです。

それだけでなく、経済状況が悪化することによって生活に支障が表れる場合もあります。

生活ができなくなってしまう前に、悩みや不安が生じたらすぐに解決に向けて手続きを進めるのが大切です。

お金に関係する手続きをおこなうには、専門的な知識が必要になります。そのため、手続きを進めるにあたって尻込みしてしまう人も多いものです。

佐賀県内で、借金の返済について悩みを解決できる方法をお伝えします。

1.佐賀県で債務整理の相談ができるみどり法務事務所のご案内

借金の問題は非常にデリケートであり、個人の状況に合わせて手続きを進める必要があります。

そのため、司法書士のような専門家に依頼するのが一般的です。みどり法務事務所では、全国各地に存在する事務所で借金の相談を受け付けています。

債務整理や過払い金の問題を中心に扱っているので専門性も高い点が特徴です。豊富な実績による信頼性から多くの方に相談をいただき、さまざまな問題を解決へと導いてきました。

相談料が無料である点も、気軽に悩みを打ち明けられるとして喜ばれています。事情があり事務所まで足を運べないときは、司法書士による出張相談も可能です。

2.佐賀県で借金問題を解決する手段として勧められる債務整理

借金を支払うのが困難になってきたときは、「債務整理」で解決するという手段があります。債務整理とは、借金を減らしたり返済期間を延長したりして支払えるように調整する手続きを指します。

債務者である借り手と債権者である貸金業者の間に司法書士や弁護士が介入して交渉や手続きをおこないます。

どんな手続きをするかは借金の額や返済状況などによって個人で異なるので、司法書士や弁護士などの専門家にご相談ください。

債務整理を専門家に依頼すると、まず貸金業者からの督促が止まります。司法書士や弁護士は債務整理の依頼を受けると、貸金業者へ受任通知という通知を送ります。

貸金業者は通知を受け取ると、債務者に対して直接やり取りができなくなります。借金の督促がとまり、返済はいったんストップします。

今まで悩まされてきた督促が止むだけでも、心の負担はかなり軽減されるでしょう。

返済状況を確認し、過払い金が発生している場合は借金を減額できます。

将来にかかる利息をカットしてもらったり返済期間を延長する交渉をし、残りの借金を無理のないペースで返済できるように返済計画を立てます。

債務整理の種類によっては大幅に借金を減らしたり、なくしたりすることができます。債務整理にはさまざまな種類があるため、自分に合った方法を選ぶことが重要です。

3.佐賀県で事務所を選ぶポイント

佐賀県内でもたくさんの事務所が存在するため、どこに相談しに行けばよいのか迷ってしまいがちです。

通いやすいから・偶然目にしたからといた理由で安易に事務所を決めてしまうと、後々トラブルが発生する大きな原因になるので気をつけなければなりません。

債務整理が得意な事務所を見分けるには、いくつかのポイントがあります。簡単にまとめると、気軽に相談できる環境が整えられ、対応が丁寧な事務所が理想的です。

たとえば、事務所で受け付けている無料相談がよい例に挙げられます。悩みを打ち明けやすい無料相談をきっかけに、債務整理を決断する人も多いでしょう。

債務整理の実績が豊富である点も、事務所を選ぶ際に外せないチェック項目のひとつです。

同じような借金の問題を多く解決しているほど手続きに慣れているため、スムーズに解決しやすくなります。

もし債務整理に慣れていない事務所に依頼してしまった場合、借金の調整がうまくいかなかったり解決までに時間がかかってしまったりするおそれがあるので注意が必要です。

また、事務所を選ぶ際は、手続きにかかる費用がわかりやすく明瞭会計であるかもしっかりとチェックしておきましょう。

会計が明瞭に示されていないと、後で予想外に高い料金や別料金などが提示されるなどのトラブルの元となりかねません。

債務整理を始める前に、料金の見積もりなどをしっかりと教えてくれることが信頼への第一歩です。

手続きにかける費用はできるだけ安くしたいからといって、料金だけで事務所を選ぶのもよくありません。

きちんと手続きをしてくれるか、自分に合った債務整理をおこなってくれるかを見極め、慎重に選ぶことが大切です。

営業時間や料金の支払い方法も柔軟に対応している事務所かどうかもポイントです。仕事が終わってから相談に立ち寄りたいときは、夜にも営業している事務所が適しています。

休みの日にじっくりと悩みを聞いてほしいときは、土曜日や日曜日も営業しているところがよいでしょう。

営業時間が短い事務所で債務整理を進めた場合、なかなかスケジュールが合わず手続きが順調に進まなくなってしまうおそれがあります。

スムーズに手続きが進められないと不安も解消されず、焦ってしまいます。余裕をもって債務整理を進めるためにも、事務所の営業時間もしっかりと確認しましょう。

また、費用の支払い方法も確認しましょう。後払いや分割支払いといった支払方法に対応しているのか、支払いのタイミングはいつなのかも重要です。

さらに、全国から債務整理の相談を受けている事務所であれば、今までに関わってきた借金問題の件数は非常に豊富です。

シンプルなケースから複雑なケースまで、さまざまな問題を解決してきた実績を持っています。

債務整理を専門に扱っている事務所は特に、借金問題のスペシャリストといっても過言ではありません。

事務所によってはホームページや広告などに、扱ってきた借金問題の件数を表示している場合もあります。

どの程度の規模で営業をおこなっているのかという点と合わせ、総合的に判断するのがおすすめです。

当たり前のことですが、相談した内容や個人情報などの秘密をしっかりと守ってくれる事務所を選ぶのも大切です。

借金を家族に内緒にしている人もたくさんいます。債務整理を検討している人の中からは、借金問題のことを周囲の人に知られたくない、という声もよく聞かれるものです。

相談者の気持ちや状況に合わせて、適切な対応を取れる事務所を選ぶとよいでしょう。

4.佐賀県でみどり法務事務所が選ばれる理由

みどり法務事務所は全国に8事務所、北海道・愛媛県・高知県・岡山県・香川県・広島県・熊本県にございます。佐賀県の債務整理のご相談は熊本事務所が対応します。

遠方の方のために出張相談にも対応していますのでお気軽にお問い合わせください。

みどり法務事務所が多くの方に選ばれている理由は大きく分けて、実績・対応力・手軽さ・秘密厳守の4点です。

借金の悩みを気軽な気持ちで相談に来られるような環境を整え、丁寧な対応を心がけています。

一般的に、事務所へ相談に行き債務整理の手続きを始めると、相談料や初期費用が発生します。

どのくらいの費用がかかるかは事務所によって異なるため、料金を提示されてからびっくりすることも多いものです。

しかし、みどり法務事務所では相談料や初期費用はいただきません。契約が成立してから報酬をいただく、成功報酬の仕組みを採用しているためです。

相談料や初期費用が無料になるのは、最初の1回だけではありません。いつでも、何度相談していただいた場合でも相談料や初期費用は無料です。

また、債務整理をおこなうときは、借金の金額や返済状況を正確に確認しなければなりませんが、利用明細や資料を用意する必要はありません。

1人で書類をそろえるのは、非常に大変です。相談の際にカードや明細などの書類を持っていなくても問題ありません。

お名前と借入先の貸金業者名とだいたいの借入額を教えてください。資料が手元にない状況でも、お気軽にご相談ください。

借金の問題はプライバシーの観点も含め、個人で細かく異なります。できるだけ早く債務整理を進めたい方、周囲に知られないように手続きを進めたい方などさまざまです。

みどり法務事務所では、個人の置かれた状況に合わせ、柔軟な対応をおこなっています。

事務所にご依頼いただいた多くのお客様の声をもとにして、常にサービスが向上できるように心がけています。

相談に行くのが不安なときでも、電話やメールで手軽に問い合わせが可能です。事情があって事務所まで足を運べないときは、出張相談も承っています。

また、みどり法務事務所は秘密厳守はもちろんのこと、相談者様の状況を第一に考えています。

家族や勤め先などに借金の問題を抱えていることが漏れないよう、連絡の時間帯や郵送物にもしっかりと気を配っています。

心配なく手続きが進められるように、ご状況に合わせて適切な対応を取っています。

個人情報を扱うため面談をおこないますが基本1度だけなので、何度も事務所へ足を運んでいただく必要はありません。負担が最低限に抑えられる点も、みどり法務事務所が持つ魅力です。

みどり法務事務所で債務整理の手続きをおこなう際の流れを紹介します。まず、電話やメールでお問合せいただき、どんな状況であるのかを確認します。

状況が把握できたら、情報をもとにしてどんな解決方法があるのか、最善策のご提案をします。

内容に納得できるまで無料で相談可能なので、このときに不安や疑問をなくしておけるのでご安心ください。

ご依頼いただいたあとは、正確な返済状況や過払い金を知るために調査し、借金の負担を減らす交渉に入ります。

債務整理をご依頼いただいた方からは、「最初はどうなるのか不安だったけれど具体的に説明してくれたのでわかりやすかった」「毎月の返済額が減ってラクになった」「先が見えなかったけれど完済のめどが立ってホッとした」「もっとはやく相談していればよかった」など、たくさんの声をいただいています。

相談者様の悩みが一日でもはやく解決できるよう努めています。

5.佐賀県で多い債務整理について

債務整理を依頼するタイミング

債務整理は書類をそろえて手続きを進める必要があるため、なかなか行動に移せないという人も多いでしょう。

しかし、支払いが困難な状況が続いて滞納に慣れてしまっている場合は、非常に危険です。

滞納を続けたまま放置しておくと、一括で請求されたり裁判に訴えらえて給与が差押えられたりするおそれがあるためです。

毎月の返済を負担に感じてきびしいと思ったら、そのときが債務整理を依頼するタイミングといえます。

借金の問題を先延ばしにしていて、良いことはありません。とくに、返済が遅れがちになっている場合は危険信号です。

債務整理の種類

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産と種類があります。どれでも好きな種類を選べるというわけではなく、手続きをおこなうためには条件があるので注意が必要です。

任意整理は、貸金業者と直接やり取りをして、将来に発生する利息をカットし返済期間を延長してもらう手続きをします。

個人再生は、裁判所に申立てをし、借金を大きく減額する債務整理の方法です。元本を含めた5分の1~10分の1まで借金を減らせます。

自己破産は、裁判所に申立てをおこない、借金をすべてなくす方法です。支払いの負担を完全になくせるため、借金の金額が大きく返済が困難な人に合っています。

債務整理をおこなっているときに同時にすることも多いのが、過払い金請求です。

今まで余分に支払いすぎた利息を取り戻すための手続きを指します。

ここでは、最も利用されやすい任意整理について詳しく見ていきましょう。

任意整理の手続きの流れ

任意整理の大きな特徴は貸金業者と合意が成立した場合、合意後の支払い利息をカットしてもらえる点です。

返済の合計金額が大きく減り、負担が軽減されます。必要な書類も少なくシンプルで比較的簡単な手続きなので、多くの人が利用している方法です。

利息がかからない状態のまま返済期間が延長される可能性もあるので、月々の支払い額が少なくなります。

任意整理は専門家である司法書士や弁護士に依頼するのが一般的です。司法書士や弁護士が貸金業者に対して受任通知を送り、手続きが開始されたことを伝えます。

次に貸金業者から取引履歴を取り寄せ、過払い金があれば引き直し計算をおこなって過払い金を算出します。

正しい借金の残額が計算できたら貸金業者に今後の返済計画を提案し、交渉を進めます。

貸金業者が合意したら交渉は成立となって合意書が作成され、あとは、その計画で返済を続けていくという流れです。任意整理が終わった後に適用される支払期間は、一般的に3~5年です。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理の一番のメリットは、将来利息をカットできることです。

返済期間の延長できる可能性もあり、月々の返済額を減らして無理なく完済することができます。

そのほかに、督促がストップする・過払い金が発生していたら借金を減らせる・完済のめどが立って不安が軽減されるなどが挙げられます。

任意整理は司法書士や弁護士が間に入るため、貸金業者は債務者に直接連絡ができなくなるのです。

借金の金額や状態を詳しく調べていくうち、高い利息で支払いを続けていた場合は過払い金の発生を確認できるケースもあります。

支払い続けていた余分な利息を取り戻すため、手続きによって過払い金を請求することも可能です。

しっかりと借金を整理することで、将来への不安もなくせます。日々の生活にかけられていた大きな負担も減り、新たなスタートを切った気持ちで生活できるのです。

デメリットは、信用情報に事故情報がのる(いわゆるブラックリスト)・借金はなくならないので返済を続ける必要があるという点です。

任意整理をおこなうと、借金を整理したという情報が信用情報機関に5年ほど登録されます。貸金業者はその情報を参考に貸付するか判断しているため、情報が登録されている間は新たな借入が難しくなるのです。

ただし、個人信用情報は家族には影響しません。債務整理した本人はローンが組めなくなったりクレジットカードを持てなくなったりしますが、家族や配偶者が家や車を購入するためにローンを組む際には審査に影響しません。

また、任意整理は返済を続けられると判断された人に向いている債務整理です。借金の負担が完全に消えるわけではありません。

すべての借金返済が免除される自己破産とは異なります。また、個人再生に比べて借金の減額幅が少ないこともデメリットといえます。

利息分の支払いはなくなりますが、期待していたよりも減額されず、毎月の返済額もあまり変わらないケースでは任意整理をする意味がないので、自分にあった債務整理の手続きを進める必要があります。

債務整理とブラックリストの関係・対処法

任意整理に限らず、債務整理をおこなうとその情報が信用情報機関に記録されます。

一般的に「ブラックリストにのる」と呼ばれるものですが、実際にブラックリストという名称の名簿やリストが存在するわけではありません。

債務整理をおこない信用情報に事故情報が登録されると新規の借入がむずかしくなるので「ブラックリストにのった」と表現されているのです。

信用情報とは、ローンやクレジットカードなどの契約や支払い状況に関する情報を指します。記録されるのは、債務整理のようにネガティブな情報だけではありません。

記録される情報には、契約者の氏名・住所・生年月日・電話番号など基本的な個人情報はもちろん、貸金業者・取引の契約日・取引形態や残高・支払い状況・最終入金日などが細かく記録されています。

これらの情報は信用情報機関で情報漏えいがないように管理されているので、ネガティブな情報が記録されたとしても周囲に知られてしまうことはありません。

信用情報を記録する信用情報機関には、日本信用情報機構(JICC)やシー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センターが挙げられます。

信用情報機関とは、信用情報の収集や管理をおこない、業者に提供している機関のことを指します。貸金業者は信用情報機関の会員になっており、既存の情報に変更が出たら報告する仕組みです。

つまり、契約者の情報や返済状況に変更が出た場合、貸金業者が信用情報機関に情報を提供しているということになります。

信用情報機関は3つありますが、お互いに情報を確認し合えるCRIN(Credit Information Network)というネットワークを持っており、延滞情報の照合が可能です。

信用情報機関の情報をつなぐCRINによって延滞情報も共有されます。3回分の支払いがないか、61日以上の延滞があると情報が共有されます。

もともと、日本信用情報機構は消費者金融、シー・アイ・シーは信販会社、全国銀行個人信用情報センターは銀行や信用金庫が会員となって、それぞれ情報の収集・管理がおこなわれていました。

しかし、時代の変化とともに日本信用情報機構とシー・アイ・シーは業種を問わず加入を許すようになったため、さまざまな貸金業者が複数の信用情報機関の会員になっています。

信用情報機関に事故情報が記録されると、新たな借入がむずかしくなり、ローンが組めなくなります。

新しくクレジットカードが作れなくなったり、既に持っているクレジットカードも使えなくなるので気をつけなければなりません。

もし過払い金が多く発生していて、借金に充当して完済できた場合は事故情報として記録されません。

長い期間ずっと返済を続けている方は過払い金があるかもしれません。まずは専門家に相談してください。

みどり法務事務所では無料で過払い金の調査をすることが可能です。

6.佐賀県の債務整理・借金問題について

債務整理をおこないたい場合、借金問題の専門家である司法書士や弁護士に依頼します。

佐賀県内で法テラスに登録している弁護士の数は、佐賀地区で31名、鳥栖地区で5名です。唐津地区では6名、武雄地区では14名が該当します。

司法書士の場合、佐賀地区は18名、鳥栖地区では5名です。唐津地区では4名、武雄地区では6名が該当しており、駅やバス停などの近くに位置している事務所が多く見られます。

過払い金の問題を主に扱っている事務所もあるため、不安がある場合はすぐに相談できる環境です。

佐賀県の人が抱えている借金は一人当たり約500万円といわれており、全国では17番目に多い数字となっています。

年収に対し負債の割合である負債年収比は76.1%で、全国で20位です。全国平均の割合は83.4%なので少し低めの数字に思えます。しかし、佐賀県は九州地方の中では最も借金が多い県です。

負債額が少ない九州地方の中でも、なぜ佐賀県が1番負債額が大きいのでしょうか。

その理由は、負債の内訳をチェックしてみるとわかります。負債の中でも36.5%と多くの割合を占めているものが、住宅ローンです。

しかし、その金額は1138万円と全国で40位であり、決して高い数字ではありません。

負債に占める住宅ローンの割合で見た場合は全国で5位以内に入っているので、住宅ローンの負担が非常に大きいのです。

住宅を建てる際、大きな負担となりがちなのが土地代です。土地代の平均を知るには、住宅地の標準価格を調べます。

佐賀県の住宅地の標準価格は、1平方メートルあたり約23,000円で九州地方では最も安い額となっています。そのため、負債の根本的な原因は土地代以外にあるということがわかります。

佐賀県に住む家族の構成を調べると、1世帯あたりの人数が全国で3位に入るほど多いのが特徴です。

単身世帯の数は44位、高齢の夫婦だけの場合は45位、核家族の世帯数は44位と極端に偏っています。1世帯あたりの人数が多い家族が家を購入するのであれば、部屋数の多い大きな家を選びがちです。

また、共働き世帯の数は全国の中でも43位と低いため、住宅ローンを利用した際に世帯主に大きな負担がかかっているといわれています。

佐賀県に住む人の負債額が多い理由は、1世帯あたりの人数が多いためという可能性が考えられます。

住宅ローンの負担を抱えていたとしても、佐賀県は住みやすい県といえるのでしょうか。住みやすさを把握するには、普段生活を送るうえで深く関係してくる物価に注目して考えます。

佐賀県の物価地域差指数は、全国の中で低めの32位です。九州地方の中で最も物価が高い県は長崎県で、次いで福岡県、大分県と続きます。

もっと具体的に物価を見た場合、卵などの食料品の小売価格は全国で46位、キャベツやみそは42位、大根が41位と低めです。

しかし、水道料は全国の中でも2位と非常に高く、家計の負担になっています。

土地代や食費は低いため一見住みやすいように思えますが、家族が多く共働きでない場合は、他県に住むよりも負担が大きくなってしまうでしょう。

また、1カ月あたりの教育費を全国的に見た場合は8位、教養娯楽費は39位と極端に差があります。

これらのことから、佐賀県に住む人は教育や住宅にお金をかけていることがわかります。

債務整理・借金問題で専門家をお探しの佐賀県在住の方へ

佐賀県には多くの弁護士・司法書士事務所が存在します。しかし、自分の状況に合った方法で手続きを進めてくれる事務所が、必ず県内で見つかるとは限りません。

佐賀県にお住まいで借金にお悩みの方は、対象エリアに事務所を構えており債務整理に強いみどり法務事務所にご相談ください。

相談は何度でも無料なので、疑問や不安が解消できるまでご相談ください。みどり法務事務所は全国8か所に事務所を構えています。

佐賀県の債務整理のご相談はみどり法務事務所の熊本事務所が対応します。出張相談も承っていますのでフリーダイヤルやメールでお問い合わせください。

借金の問題を解決するには、債務整理は非常に重要な手続きです。借金を減額したり無理のない支払い計画に交渉したりできるので、返済の負担を大きく減らすことができます。

債務整理の種類には任意整理や特定調停、個人再生や自己破産がありますが、スムーズに手続きを進めるためには返済状況に合った方法を選ぶのがとても大切です。

借金に関係する問題を専門的に扱っているみどり法務事務所では、豊富な実績と専門的な知識をもとに、個人に合わせた細かな対応をおこなっています。

借金問題で悩みを抱えている方は一人で悩まず、みどり法務事務所へご相談ください。

page top