香川県で借金問題・債務整理の相談ができる司法書士をお探しのかたへ

返済苦に陥った借金問題を解決するには債務整理が効果的です。

債務整理は状況によって選ぶべき方法が異なります。

司法書士や弁護士といった専門家にご依頼のうえ、正しく手続きを進めてください。

信用できる専門家を見つけるためには、押さえるべき重要なポイントがいくつかあります。

この記事では、香川県で債務整理をご検討されている方々を対象に、司法書士を選ぶ際に見ていただきたい基準を解説していきます。

1.香川県で債務整理の相談ができるみどり法務事務所のご案内

1-1.豊富な実績で安心

みどり法務事務所は、全国に事務所を置いて債務整理や借金問題の解決に取り組んでいます。

豊富な実績によって、相談者様ごとの状況に柔軟に対処いたします。貸金業者と交渉し、返済額を減らします。安心してお任せください。

1-2.相談無料で初期費用もかからない

みどり法務事務所では初期費用が一切かかりません。任意整理については、成功報酬のみでご依頼いただけます。

また、相談料は何度でも0円です。債務整理についての疑問点には、納得いただけるまでご説明いたします。なお、出張相談も可能です。

2.債務整理のすすめ

2-1.そもそも債務整理って何?

借金が続き、返済能力を失って完済がむずかしくなったとき、相談者様に認められた手続きが「債務整理」です。

債務整理では、貸金業者と交渉したり、裁判所を通したりなどして借金の減額を目指します。

そして、借金が減額された後で返済計画を立て直し、計画的に支払いを続けていきます。債務整理に成功すれば完済が楽になります。

2-2.過払い金請求は債務整理なの?

借金を減らす手段として「過払い金請求」も有名です。過払い金請求とは、法定外の金利によって貸金業者に返済していた額を取り返すための手続きです。

返還されたお金は残債に充当可能であり、ともすれば過払い金請求によって借金が完済できることもあります。

そして、過払い金請求は債務整理には含まれません。債務整理が「利息や元金を減らす」方法であるのに対し、過払い金請求はあくまでも払いすぎた利息を戻してもらう手続きだからです。

そのため、過払い金請求は債務整理と比べると、その後の信用情報への影響がありません。

また、任意整理などの債務整理をおこなう際には、過払い金の有無を調査してから本格的な手続きに移っていきます。

3.事務所選びのポイント

司法書士や弁護士を選ぶ際には、さまざまなポイントを比較検討していただくのが賢明です。ここでは、重要なポイントをまとめました。

3-1.無料相談が可能

事務所によっては、初回相談をするだけでも料金がかかるところもあります。しかし、相談をしたからといって必ずしもためになる話を聞けるとは限りません。

また、時間が短すぎて十分な話をできない事務所もあるでしょう。

そこで、無料相談を実施している事務所にしぼって足を運ばれると、余計な費用をお支払いいただかなくて済みます。

さらに、何回相談しても無料の事務所だと金銭的な負担は少なくなるでしょう。

3-2.対応が好印象

司法書士や弁護士に債務整理をお任せいただくには、信頼関係がとても大切です。

専門家は依頼者様から正確な話をお聞きしなければ、債務整理をスムーズに進められません。

一方、依頼者様からすると、信用できない相手に借金の状況を教えるのは気が引けるものです。

事務所選びでは、司法書士や弁護士の態度にもご注目ください。

対応が親切かつ迅速で、依頼者様への敬意も欠かしていない相手なら債務整理を気持ちよく任せられます。

さらに、優良事務所は債務整理のメリットだけでなくデメリットもご説明いたします。

逆に、「債務整理にはいいことしかない」などとうたっている事務所は避けたほうが無難です。

3-3.料金がはっきりとわかる

事務所によっては「着手金」というシステムを設けている場合もあります。これは司法書士や弁護士にご依頼いただき、仕事を進めさせるために必要な金額です。

しかし、成功報酬や経費はまた別なので、着手金のある事務所では料金が高くなります。

また、見積段階では「諸経費」などの項目を作って料金を曖昧にしておき、仕事が終わってから高額を請求してくるケースがあります。

事務所選びでは、料金体系がはっきりしているところをお選びください。

3-4.営業時間や交通が便利

ご相談やご依頼の手続きをおこなうには、「通いやすさ」も大切なポイントです。

営業時間が短く、しかも土日には休業している事務所ではお気軽に足を運べません。

それに、交通の便が悪い事務所も通うのが大変です。遅い時間まで営業していると、仕事や家事をお休みできない日でも夜間にお越しいただけるので便利です。

なおかつ駅前の事務所をお選びいただくとよいでしょう。

3-5.支払いの融通がきく

借金問題にお悩みの方の多くは、経済状況に余裕がありません。そのため、司法書士や弁護士に債務整理を任せたくても、費用が不安でためらわれるケースもあるでしょう。

しかし、事務所によってはお支払いを待つことも、分割払いでご利用いただくことも可能です。そのほか、ご希望があれば相談の段階でご確認されるのが大切です。

3-6.口コミの評価が高い

すでに事務所を利用していただいた方々による「口コミ」も大きなポイントです。

事務所のホームページのお客様の声や、口コミ、評判などを参考にしてみるという手もあります。

3-7.依頼者様の秘密を守ってくれる

相談者様の中には借金問題を周囲に隠したい方もいらっしゃるでしょう。そして、債務整理をこっそりと終えるには司法書士や弁護士の協力が不可欠です。

うっかり相談者様のご自宅に電話をしたり、書類を郵送したりする事態がないようにしなければいけません。

そのため、電話番号や連絡可能な時間帯があれば、早い段階で事務所にお伝えください。そのうえで、プライバシーの保護に力を尽くせる事務所に正式にご依頼されるのが得策です。

4.みどり法務事務所が選ばれる理由

数ある司法書士事務所の中でも、みどり法務事務所は多くの相談者様から選ばれ続けています。具体的に、その理由を紹介いたします。

4-1.全国8カ所に事務所をかまえて出張相談会も

みどり法務事務所は高知県に本事務所をかまえ、北は北海道、南は九州まで全国8カ所に事務所をかまえています。

また、「出張相談会」により、近隣以外の相談者様ともコミュニケーションできる機会を設けています。

借金問題にお悩みの方は事前にお申し込みをいただき、当日の会場で司法書士がお悩みにお答えいたします。

年齢などの理由で、なかなか事務所まで足を運べない方からも支持をいただいています。

4-2.依頼者様の気持ちに寄り添い裁判もいとわない

みどり法務事務所は依頼者様の気持ちに寄り添えます。みどり法務事務所は担当した依頼者様に対し、全力で尽くさせていただくのが特徴です。

依頼者様が不愉快にならないよう、対応は迅速で無駄にお待たせするようなことがないよう、配慮しています。

みどり法務事務所は依頼者様が納得いただける条件を勝ち取るため、尽力します。

4-3.秘密厳守を徹底している

依頼者様が債務整理を通して周囲に借金の事実を知られないよう、みどり法務事務所は秘密厳守を徹底しています。

依頼者様からご指定いただいた電話番号や時間帯以外でご連絡をいたしません。また、取引履歴などもご本人にかわって受け取り可能です。

4-4.過払い金請求にも長けている

みどり法務事務所は過払い金請求にも実績を残してきています。これまで貸金業者から取り返した額は90億円以上にものぼります。

また、過払い金算出に必要な明細書などの資料がお手元になくても問題ございません。

みどり法務事務所から貸金業者へとコンタクトを取り、必要な情報を入手いたします。

みどり法務事務所では過払い金の有無の調査を無料で受け付けています。毎日、電話でお調べできるのでまずはご連絡ください。

4-5.料金が良心的でわかりやすい

着手金なしでお仕事をさせていただくのがみどり法務事務所の強みです。

料金は成功報酬制であり、債務整理に成功してから減額分の一部をお支払いいただきます。お支払い方法も臨機応変に対応させていただきます。

5.香川県で多い債務整理について

5-1.債務整理を依頼するタイミング

借金問題を抱えていらっしゃるなら、債務整理のタイミングに気をつけましょう。

いつまでも借金苦を放置されると、取り返しがつかなくなる危険があるからです。以下、債務整理のタイミングを紹介します。

返済を滞納し続けていると大変なことに

月々の返済がつらくなってくると滞納が起こりがちです。しかし、滞納を放置していると貸金業者は状況を問題視し、「一括請求」をしてきます。

つまり、滞納している返済額をすべてまとめて支払うよう要求してくるのです。

このとき、直ちに返済をするのが理想です。ただし、貯えがないのなら貸金業者に連絡をして「いつまでに支払う」と交渉しなくてはいけません。

それでも、交渉が決裂すれば貸金業者は強引に滞納額を回収しようとしてきます。

あるいは、貸金業者と話をするのが嫌でさらに無視を重ねてしまう方もいらっしゃるでしょう。

そうなると、口座の差押えをされて預金がすべて失われる危険も出てきます。

遅延が起きたら黄色信号

差押えをされないためには、ご自身の返済能力をしっかり見極めてください。たとえば、返済を「つらい」と感じている時点で要注意です。

生活費を切り詰めてまで返済をしているのであれば、返済能力がともなっていないといえるでしょう。

そのうえ、返済日を守れなくなってくると、完全なる悪循環に陥っています。

そのまま放置していると返済のために新たな借入を重ねる「多重債務」を招きかねません。一人で悩まず、お早めにご相談ください。

5-2.債務整理の種類

借入状況によってお選びいただくべき債務整理は異なります。

また、過払い金請求によって借金を完済できるケースも珍しくありません。ここからは、債務整理の種類を説明いたします。

1.任意整理

債務整理の中でも決着が早く、多くの相談者様が選択されるのが「任意整理」です。

任意整理では、貸金業者との交渉を重ねて利息をカットしてもらいます。

そして、利息が減った借金を計画的に返済していきます。返済能力がまだ残されており、借入額も比較的少ない方にはおすすめの方法です。

2.個人再生

返済能力が失われつつあり、借入額も大きいなら「個人再生」をする必要があります。

個人再生は裁判所の仲介で、貸金業者に元金の収縮をお願いする方法です。個人再生に成功すれば、元金を減らすことが可能です。

3.自己破産

返済能力が完全になく、完済も不可能なら「自己破産」に踏み切るしかありません。

自己破産とは、返済の義務を一切免除してもらうための手続きです。

そのかわり、車や家といった財産が差押えられる確率は大です。また、保証人がいる場合、支払いの義務がその人に移ってしまいます。

自己破産は債務整理における「最後の手段」なので、司法書士や弁護士にご相談のうえ、慎重に進めてください。

4.過払い金請求

厳密には債務整理に含まれないものの、関連性の高い手続きが「過払い金請求」です。

任意整理をする場合、過払い金もお調べいたします。過払い金請求が多く発生していた場合、借金を完済できるケースもあります。

5-3.任意整理の手続きの流れ

債務整理の中でも、もっとも多くの相談者様に選ばれている手段が任意整理です。任意整理の主な流れを解説します。

1.相談

任意整理は個人で行われることも不可能ではありません。しかし、確実性を考慮されるのであれば、専門家にご相談ください。無料相談をご利用ください。

2.督促の停止

契約後、司法書士や弁護士は貸金業者に対し「受任通知」を送ります。

これは、依頼者様から正式に任意整理を委任され、代理人として交渉をおこなうという報告です。

そして、受任通知を受け取った貸金業者は、取引中であっても相談者様への督促を止めなければいけません。

以後、任意整理の手続きが終わるまで相談者様は返済の義務を一時的に免れます。

3.交渉

電話やメールなどで、代理人は貸金業者と利息カットや月々の返済額の見直しの交渉をおこないます。交渉の進捗は依頼者様にもご報告いたします。

4.和解

双方が条件に納得したら「和解合意書」にサインします。こうして、和解成立です。

以後、相談者様には返済計画を立て直していただき、減額された借金の完済を目指します。

5-4.任意整理のメリット・デメリット

多くの相談者様から任意整理が選ばれるのは、それだけメリットが多い手段だからです。

一方で、デメリットもゼロではないので注意してください。以下、メリットとデメリットの紹介です。

メリット

利息がカットできる以外にも、任意整理にはメリットがあります。まず、裁判所を通さないため決着までの時期が早い点が挙げられます。

スムーズに交渉がまとまれば、2~3カ月ほどで借金を減額させることも可能です。そのかわり、話し合いで和解にいたらず、裁判に持ち込むなら1年以上かかる可能性も出てきます。

次に、手続きが簡単なのもメリットでしょう。裁判を行わない限りは用意する資料もなく、司法書士や弁護士に交渉を任せているだけでかまいません。

デメリット

任意整理に限らず、債務整理ではブラックリストに名前が載ります。5年前後は消費活動に影響が及ぶのでご注意ください。

また、任意整理は個人再生や自己破産ほどの減額が期待できない債務整理です。そのため、収入が少ないといった理由で返済能力に不安がある方は、別の方法をご検討いただくのが賢明です。

また、任意整理の成功は貸金業者との交渉にかかっています。

貸金業者が頑なに任意整理を受け入れないような態度をとるようなら、交渉は長引いてしまいます。

どんなときでも早期決着できるわけではないとご了承ください。

5-5.債務整理とブラックリストの関係・対処法

ブラックリストは債務整理と密接な関係があります。そこで、ブラックリストの意味や対処法を紹介します。

ブラックリストとは信用情報に傷が入った状態

正式に「ブラックリスト」と呼ばれる資料があるわけではありません。

信用情報機関が管理している個人データに悪い評価が残ることを「ブラックリストに入る」と表現するのです。

そして、債務整理によって信用情報が傷つけられると、ブラックリスト入りは避けられません。

ブラックリストに入ると5~10年にわたって消費活動が大きく制限されてしまいます。クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりできません。

5-6.債務整理したあとはどうなる?周囲への影響

たとえ債務整理をしても、一部の例外を除いて周囲への影響はありません。

ご家族や職場に債務整理の連絡がいくわけではなく、秘密にしておくことも十分可能です。

ただし、ブラックリスト入りするとクレジットカードが使えなくなるので、ご家族から不審に思われるケースはありえます。

その場合も、ご家族のクレジットカードは問題なく使い続けられるので、ご本人のカードさえ渡さなければブラックリスト入りを隠し通せます。

問題なのは、保証人がいる状態で個人再生や自己破産を行われたときです。相談者様本人から回収できなかった額は、保証人に一括請求されます。

こうした事態を防ぐには、任意整理や過払い金請求をお選びください。

どうしても個人再生や自己破産をするしかなく、保証人にも返済能力がないなら、保証人も債務整理をしていただく必要があります。

5-7.個人でも債務整理はできるのか

相談者様ご本人で債務整理の手続きを行われることは不可能ではありません。

ただし、専門家に任せていただくよりもはるかに時間と労力がかかるので、よくお考えください。

たとえば、仕事や家事の時間が大幅に割かれます。裁判所にいく際には、有給を取られるなどして債務整理の時間を確保いただかなくてはなりません。

しかも、債務整理では貸金業者と渡り合う必要があります。相手は借金問題に長けているだけに、互角以上にやりとりするのは難しいでしょう。

また、たとえ受け入れられたとしても、減額が少なくなるなど不利な決定が下されがちです。

こうしたデメリットを考慮いただくと、多少の費用はかかっても専門家にお任せいただくほうが効率的といえるでしょう。

6.香川県の債務整理・借金問題について

6-1.香川県の特徴

四国地方に位置する香川県は、豊かな自然と穏やかな気候が特徴的な都道府県です。面積では全都道府県中の最下位ではあるものの、特産品が多く、観光地としても人気です。

たとえば、讃岐国分寺や善通寺といった寺社は毎日、参拝客でにぎわっています。

平家物語に登場する屋島は那須与一の弓のエピソードとともに愛されており、四国を代表する歴史スポットです。

さらに、名物としてはなんといっても「讃岐うどん」が挙げられます。

製麺所がそのまま食堂にもなっており、うどんの食べ比べは観光客の定番コースとなりました。

そのほか、こんにゃくやそうめん、オリーブなどが特産品に数えられています。

産業面では、農業地帯が目立ちます。香川県は平野が多いため米づくりに適しており、ヒノヒカリやコシヒカリの生産地です。

さらに、水産業や養殖もさかんであり、ハマチなどの魚が全国に出荷されています。

製造業においては、番の州臨海工業団地が中心的な地域で、造船や石油関連の企業が集中しています。

香川県は四国でもっとも経済活動がさかんな都道府県でもあり、特にサービス業や通信業の発展が顕著です。

6-2.香川県の借金・債務整理事情

ほかの都市圏と比べると、香川県の経済状況は穏やかだといえます。それでも、借金問題に苦しんでいる方々は少なくありません。

理由としてはまず、四国有数の都市の高松市があるため、地方内の娯楽産業が集中しているからです。

実際、高松市には競輪場などの娯楽施設のほか、パチンコをはじめとするレジャースポットの営業も目立っています。

また、大手消費者金融が無人の契約サービスを開始して以来、全国的に支店を置くようになった状況も借金問題を誘発しています。

ただし、香川県内には高松市をはじめとして、法律事務所のある地域が少なくありません。

借金問題に悩んでいる方々がご相談いただける環境は確立されています。

それに、法律事務所の数が多い兵庫県にも近いため、債務整理をご検討しやすい地域といえます。

6-3.香川県の司法書士と弁護士の数

2018年の時点で香川県の司法書士の数は168人でした。これは、愛媛県に次いで四国地方2位の数字です。

一方、日本弁護士連合会のデータによれば、2018年4月の時点で香川県には172人の弁護士がいます。

これは、四国で1位の数字です。四国の中で、香川県は司法書士や弁護士が多い都道府県であり、同地方の相談者様からすれば相談先をお探しいただきやすいでしょう。

6-4.債務整理・借金問題で専門家をお探しの香川県在住の方へ

みどり法務事務所は高知県と愛媛県に拠点を置いています。香川県の債務整理のご相談は松山事務所がお受けします。

遠方でご来所がむずかしい方は出張相談もおこなっていますのでお気軽にご相談ください。

みどり法務事務所は、相談者様の事情をくわしくおうかがいし、最善の解決策をご提案をさせていただきます。

債務整理における手続き、交渉などすべての作業を安心してお任せください。また、債務整理後の返済計画についてもご一緒に考えていきます。

債務整理は、借金が減額して終わりではありません。計画的に返済を続け、完済できてこそ意味があります。

みどり法務事務所は相談者様が人生を変えるためのお手伝いをさせていただきます。まずは、相談会などを通して債務整理の疑問点を解消するところから始めましょう。

page top