名古屋市で過払い金請求の対応に強いみどり法務事務所

日本でも有数の大都市である愛知県名古屋市には、多くの企業や金融機関が集中しています。もちろん、消費者金融やクレジットカード会社も軒を連ねています。

名古屋市にお住まいの人で過払い金請求をお考えの場合は、どの司法書士や弁護士事務所へ依頼をするかお悩みではないでしょうか。

過払い金請求は、どの司法書士や弁護士事務所に依頼しても同じではありません。 過払い金請求の実績がある、信頼できる事務所を選ぶことが大切です。

この記事では過払い金請求に強いみどり法務事務所についての紹介をはじめ、過払い金請求における事務所選びのポイントなどについて説明します。

1.過払い金の返還実績が豊富なみどり法務事務所で無料相談

過払い金請求を代行してくれる事務所は多いものです。実際、過払い金の請求代行は、司法書士事務所もしくは弁護士事務所のどちらでも対応できます。しかし、相談費用や着手金など、初期費用がかかる事務所もあるので注意が必要です。

みどり法務事務所であれば初期費用は一切かかりません。ご相談は何度でも無料で対応いたします。

過払い金の調査についても無料で実施。過去に消費者金融やクレジットカード会社から借り入れしたことのある人はお気軽にご相談ください。

過払い金請求にかかる費用は、過払い金を取り戻せた場合にのみ発生する成功報酬だけです。過払い金請求の返還実績が豊富なみどり法務事務所が、過払い金がいくら発生しているのかをお調べします。

2.名古屋市で過払い金請求を依頼する事務所選びのポイント

2-1.過払い金請求を専門に扱っている事務所かどうか

司法書士が担当できる業務の範囲は非常に広いものです。

たとえば、財産分与や遺産相続における不動産登記、会社や各種法人の登記、成年後見に関する業務、相続や遺言に関する業務などが挙げられます。もちろん、債務整理や過払い金請求といった、借金問題に関する業務も司法書士の業務の範囲です。

たいていの司法書士事務所では、専門としている業務分野があります。過払い金請求や債務整理に関してのご依頼であれば、借金問題を専門に扱っている事務所を選ぶようにしましょう。

どの司法書士も国家資格を持ったプロであることには変わりありませんが、特定の分野を専門とする司法書士ほど、適切な対応が期待できます。

2-2.過払い金請求における実績が豊富かどうか、具体的な実績を公表しているかどうか

借金問題を扱う事務所のなかでも、過払い金請求における実績が豊富なところを選ぶようにしましょう。具体的な事例や返還額をきちんと公表していれば、高い実力を持った信頼できる事務所であるといえます。

もちろん、借金問題を専門とする事務所であれば、どこへ相談してもそれなりの成果は期待できるでしょう。しかし、事務所を訪れるすべての相談者が、過払い金に関するご自身の状況を理路整然と説明できるわけではありません。

実績の少ない事務所ほど、過払い金の問題に関する知識だけが先行してしまい、相談者の抱えている問題や悩みをくみ取ってくれない可能性があります。

一方、高い実績を誇るベテランの司法書士であれば、過払い金に関するよくある問題点を俯瞰したうえで、相談者の悩みを個別に精査し、的確な対応をおこないます。

2-3.過払い金請求の手続きの流れや期間、費用を明快に説明してくれるかどうか

たとえ司法書士が代行して過払い金の請求手続きをすべておこなうとしても、どんな手続きで進むのか、解決までの期間はどのくらいかかるのか、わからないと不安ですよね。

事務所を選ぶときには、手続きにおける一連のプロセスや期間をわかりやすく丁寧に説明してくれるかどうかに注目しましょう。

もちろん、過払い金の請求にかかる費用の違いも、事務所選びの大切なポイントです。

相談料や着手金のような初期費用だけではなく、取り戻した過払い金に対する成功報酬の割合、その他別途発生する費用など、事務所によってかかる費用は異なります。

費用についてあらかじめきちんと説明してくれる事務所を選ぶことが大切です。

過払い金請求の手続き費用については、事務所の実績とも見比べて確認しましょう。 たとえば、費用の安さにひかれて実力が伴っていない事務所に依頼した結果、本来取り戻せるはずの過払い金の一部しか戻ってこなかった、ということもありえます。

このような場合、確かに費用は安く済みますが、結果として依頼者様に戻ってくる過払い金も少なくなってしまいます。

2-4.相談者の立場やメリット、デメリットを第一に考えてくれるかどうか

相談者のなかには、とにかく早期に過払い金を取り戻したいという人もいます。逆に、多少時間がかかっても過払い金を全額取り戻したいという人もいます。

前者の場合、ケースによっては全額を取り戻すための交渉を提案するほうが良いこともあるでしょう。後者の場合は、過払い金の請求には時効があることを考慮しなくてはなりません。このように、相談者の立場によって、優先すべき順位は異なります。

画一的な提案をするのではなく、臨機応変に最適な提案ができる事務所は、それだけで信頼できるといえます。

なお、相談者の状況によっては、過払い金の請求が思わぬデメリットを生むこともあります。また、過払い金請求の仕組みをご自身で調べられた相談者であれば、弁護士に相談する場合と自身で過払い金請求をおこなう場合のメリットやデメリットが気になることもあるでしょう。こうした内容についてもしっかりと説明してくれる事務所を選びましょう。

2-5.過払い金請求の手続きにおいて、和解ではなく訴訟(裁判)を提案してくれるかどうか

過払い金の請求手続きは貸金業者との和解交渉か、もしくは訴訟(裁判)による交渉かのどちらかになります。一般的に、和解交渉は短時間で過払い金が戻ってきますが、本来戻ってくるはずのお金を全額取り戻せるとは限りません。

一方、訴訟(裁判)は多少時間がかかるものの、過払い金が全額戻ってくることが期待できます。相談者の事情によっては訴訟(裁判)を提案してくれるかどうかという点も、事務所の選択基準となります。なお、過払い金請求の成功報酬の上限は、和解交渉の場合は戻ってきた過払い金の20%、訴訟の場合は25%です。訴訟の場合のほうが多く戻ってくる分、費用は高くなるので、手元に残る金額がいくらになるか、費用対効果についても説明してくれる事務所なら安心です。

2-6.相談者に対する対応は丁寧で迅速か、家族に秘密で手続きできるかどうか

過払い金の問題は、相談者にとって少なからずデリケートな問題をはらんでいるといえます。たとえ家族であったとしても、消費者金融やクレジットカード会社からお金を借りていたという事実を知られたくないという人はたくさんいらっしゃいます。

個人情報がきちんと守られるのかどうかはもちろん、家族にバレないかどうか不安ですよね。相談者のこうしたパーソナルな不安についても配慮し、対応してくれる事務所なら安心です。

2-7.実際に過払い金請求をした人からの良い評判や口コミが多いかどうか

インターネットが普及した時代においては、あらゆる評判や口コミが一気に拡散します。もちろん、サクラによる書き込みもあるかもしれませんが、実績のある事務所ほど、評判や口コミ、利用者の声の数が多く、また良いコメントが寄せられています。

参考になりそうな情報を取捨選択しながら、実際に無料相談を利用して最終判断するなど、ご自身に合っていると思う事務所を選ぶようにしてください。

3.名古屋市の過払い金請求でみどり法務事務所が選ばれる理由

愛知県名古屋市の過払い金請求はみどり法務事務所名古屋事務所が対応します。

過払い金の調査だけでも無料なので、まずは、過払い金がいくら発生しているか実績豊富なみどり法務事務所でチェックしてみましょう。遠方の人や、事情があって外出が難しい人は出張相談も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

3-1.相談料・着手金0円、完全成功報酬

過払い金請求を担当する事務所によっては、実際に過払い金が戻ってくるかどうかに関係なく、一定の相談料や着手金を請求してくる場合があります。

しかし、みどり法務事務所では、過払い金請求に関する相談料や着手金は無料であり、初期費用は一切かかりません。

過払い金があるかどうか、ある場合はいくらになるのかも無料で調べることが可能です。

そのため、経済的に不安がある場合でも、遠慮なく相談いただけます。実際に発生する費用は成功報酬のみです。なお、過払い金の請求ができなかった場合には、費用は発生しません。

3-2.過払い金返還額90億円超の実績

みどり法務事務所では、月間500件以上のご相談をいただいています。また、過払い金の返還額は事務所開設から累計で90億円を突破しました。

こうした数字はみどり法務事務所におけるこれまでの実績と、その結果として多くの相談者からお寄せいただいている信頼の裏付けになっています。

3-3.全国8事務所、出張相談にも対応

みどり法務事務所は全国に8カ所の事務所を展開しています。また、周辺の都道府県にも出張相談が可能です。なお、名古屋での過払い金請求を担当する名古屋事務所はJR名古屋駅から徒歩16分、名古屋市営地下鉄国際センター駅および伏見駅から徒歩数分でお越しいただけます。

3-4.お会いするのは1度だけ

交渉が長丁場となる可能性のある過払い金請求ですが、相談者にご負担はかけません。 実際に過払い金に関してお会いして話を伺うのはたった1度だけ。ご依頼いただいたあとは、依頼者様は何もする必要はありません。忙しい方や家族に相談していることを知られたくないという方にとっても、1回の面談で済むという点はメリットになります。

3-5.資料などの準備は一切不要

過払い金の請求について相談される場合には、借り入れの履歴や証拠を示す資料を一切合切集めなければならない、と思われる人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、過払い金の調査で必要なのは相談者様のお名前と、貸金業者の名前だけ。必要な資料はすべてみどり法務事務所でお調べできます。そのため、前もって資料を準備いただく必要はありません。

3-6.親切・丁寧、迅速な対応

借金問題で一番不安を抱えており、なおかつ自身を責めているのは相談者様ご自身かもしれません。相談者の不安に寄り添い、それを解消するために、親切かつ丁寧な対応を常に心がけています。

主な消費者金融およびクレジットカード会社についての過払い金請求に関する情報は、事務所のホームページ上で整理しています。

パターン化できる部分は迅速におこないながらも、個々のご事情をしっかりと鑑みた対応が可能です。

3-7.デメリットも含め正しい情報をお伝えしたうえで最善のご提案をします

場合によっては、過払い金の請求が相談者にとってデメリットになることがあります。そのため、どのような請求方法が最善であるかというのは、相談者の個々の事情によって異なるといえるでしょう。デメリットも含めて正しくお伝えし、多角的な視点で最善のご提案をおこなうことがみどり法務事務所の責務です。

3-8.徹底した秘密厳守

もちろん、ご希望があればたとえご家族に対してであっても秘密は厳守します。借り入れしていたことが知られたくない人でも安心してご相談ください。

4.名古屋市で過払い金請求するなら悪徳事務所とのトラブルに注意

残念ながら、過払い金請求を利用した悪徳事務所というのが存在します。こうした事務所に相談した結果、思いもよらぬトラブルに巻き込まれてしまったというケースも過去にはニュースとなりました。悪徳事務所の具体的な手口を確認して、トラブルとの遭遇を未然に防ぎましょう。

4-1.戻ってくる過払い金が少ない

貸金業者と交渉をせずに和解してしまう

過払い金請求を話し合い(任意交渉)で進める場合、過払い金が全額戻ってこないことも多いものです。

しかし、相談者としては全額返還を希望しているにもかかわらず、事務所が相談者へ確認することなく、勝手に和解を進めてしまうことがあります。これは相談者の意向を無視した対応です。相談者の希望に応じて、訴訟(裁判)を提案してくれる事務所を選びましょう。

訴訟(裁判)と聞くと、手続きが面倒になるのではないかと不安に思われる人もいるでしょう。しかし、訴訟とは絡み合った問題点を平和的に解決するための手段であり、決して相手と泥沼の交渉をするものではありません。何よりも、過払い金があるという事実をもとに正当な要求を持ちかける交渉であるため、裁判所は味方であると理解しておくのがいいです。

任意交渉より多少時間がかかるものの、代理人となった司法書士が担当するため、依頼者様は何もする必要はありません。なお、裁判にかかる費用が別途かかることもあるので、その点は事前に確認しておくようにしましょう。

過払い金を着服されてしまう

実際には過払い金の返還があったにも関わらず、返還できなかった、もしくは一部しか取り返せなかったと偽って、過払い金を着服する悪質な事務所も残念ながら存在します。

もちろん、このような行為は業務上横領罪や詐欺罪にあたるので、公におこなっているような事務所はありません。しかし、相談者は貸金業者と直接交渉することがないため、司法書士を全面的に信頼いただくしかないという面もあります。

このような悪徳事務所を見極めるためにも、委任契約書の作成や貸金業者から取り寄せた取引履歴の開示をしっかりとおこなってもらうことが大切です。

4-2.悪徳事務所にとって都合のいい貸金業者しか手続きしない

報酬がでない貸金業者は放置されてしまう

たいていの事務所では、過払い金が戻ってきたときにその一部を成功報酬としてもらうスタイルをとっています。貸金業者から取り寄せた取引履歴をもとに計算をおこなえば、過払い金の存在は一目瞭然です。

そのため、過払い金があるかどうかわからないといったことは本来ありえません。しかし、調査していく過程でこうした過払い金がないとわかった瞬間に、それ以上詳しく調査することを面倒に感じて放置する事務所もあります。

このようなケースで相談料や着手金を前払いしていた場合、お金を払っているのに報告がもらえないという事態になりかねません。請求にかかるプロセスをあらかじめ明示してもらい、どのプロセスにどのくらいの期間がかかるのかをしっかりと確認するようにしましょう。

過払い金が少額の貸金業者は放置されてしまう

成功報酬は、取り戻せた過払い金の一部から一定の割合でもらうことになるため、過払い金が少なければ少ないほど、事務所が受け取る報酬も小さくなります。もし、ある案件が事務所にとってコストパフォーマンスが悪いと思われた場合、それ以上の追求をせずに放置されてしまう可能性も否定できません。取引履歴はきちんと明示してもらったうえで、最後まで請求手続きをおこなってくれる事務所を選びましょう。

5.名古屋市で多い過払い金請求について

5-1.過払い金が発生する条件や貸金業者

過払い金とは、出資法、そして利息制限法という、それぞれ別の法律が定めていた利息の上限の違いによって生じたものです。かつては出資法における利息の上限が29.2%、利息制限法による利息の上限が15~20%でした。以前はこのふたつの利息の差分のことを指して、グレーゾーン金利と呼んでいたことがあります。

一方、貸金業法では一定の条件を満たすことで出資法の上限金利の範囲内での貸し付けを認めるという、みなし弁済と呼ばれる仕組みがありました。そのため、利息制限法の上限を超えてグレーゾーン金利内での貸し付けをおこなっても、罰則はなかったのです。

2006年に最高裁判所では、みなし弁済を盾としたグレーゾーン金利での貸し付けは認められないという、債務者に寄り添った判決を出しました。その後、貸金業法の改正に伴い、2008年頃には多くの貸金業者が利息制限法で定める範囲内での利息を上限とするようになったのです。

過払い金とはこのグレーゾーン金利による、本来ならば払う必要のなかった利息分のことです。そのため、2008年以前にあった借り入れがグレーゾーン金利を適用していたのであれば、その分は過払い金として戻ってくる可能性があります。

過払い金請求の時効は最後に取引をおこなった日から10年です。たとえば、2007年以前から借り入れをおこなっていて、2011年に完済した場合、時効は2011年から計算することになります。したがって、少しでも借り入れの履歴に思い当たる部分がある場合は、一日でもはやくご相談ください。

なお、2008年以前であっても、銀行や一部の消費者金融では利息制限法の範囲内で貸し付けをおこなっており、このようなところからの借り入れに対しては過払い金が発生することはありません。

5-2.過払い金請求のメリット・デメリット

借金を完済している場合のメリット・デメリット

すでに借金を完済している人が過払い金請求をおこなう場合、大きなデメリットというのは存在しません。強いていえば、同じ消費者金融やクレジットカード会社を今後利用するのが難しくなることが挙げられます。

完済後の過払い金請求のメリットは、払いすぎた利息分が現金として手元に戻ってくることです。

借金完済後の請求であれば信用情報機関に事故情報がのる(ブラックリストにのる)こともないので、ローンの取扱いやクレジットカードの作成も可能です。

なお、過払い金請求そのものが遅れてしまうと、時効が適用されてそもそも請求できなくなるというデメリットも存在します。その意味では状況を放置することがデメリットであるといえるので、過払い金の有無については早めに調査しましょう。

返済中の場合のメリット・デメリット

借金の返済中に過払い金請求をおこなう場合は、少し注意が必要です。過払い金請求をおこなったのちに、もし借金を完済できなかった場合は、信用情報機関のブラックリストに登録されます。その結果、他の貸金業者から借り入れができなくなるだけではなく、新たにクレジットカードを作成する場合の審査や、ローンの審査に通らないというデメリットが生じるのです。

ブラックリストの登録期間は5年ほどです。期間中のデメリットをわかった上で過払い金請求をおこなうのもひとつの選択肢です。

返済中の過払い金請求のメリットは借金が減らせることです。 残りの借金よりも過払い金のほうが多かった場合、完済できる可能性もあります。

したがって、現在の借金を少しでも楽にしたい場合や、戻ってきたお金で残りの借金を相殺できる場合は、返済中の請求そのものが大きなメリットにもなります。

借金の返済中に過払い金請求をおこなう場合は、メリットとデメリットを天秤にかけてよく考えることが大切です。

5-3.過払い金請求の手続きの流れ

過払い金があるかもしれないと思った場合、まずは事務所へ相談に行く必要があります。事前に電話かメールで事務所へ連絡をとり、相談の日時を決定しましょう。

相談では司法書士との面談があります。面談でおこなわれるのは、現在の相談者様の状況をおうかがいし、過払い金がどのくらいあるか診断します。相談者様のご希望にそって最善のご提案をさせていただきます。

その後、過払い金請求の方法や、具体的な手続きの流れについての説明をさせていただきます。

面談の結果、事務所を通じて過払い金請求をおこなうことを決めた場合は、相談者と事務所との間で過払い金請求に関する委任契約を締結します。この委任契約とは、相談者の代理として司法書士が請求を担当し、貸金業者と連絡をとるために必要なものです。

委任契約をもとに、司法書士はこれまでの借入金に関する取引履歴を貸金業者から取得します。取引履歴はグレーゾーン金利による借り入れがあったかどうかを確認し、過払い額を確定するために必要となる書類です。

過払い額の確定後、司法書士は相談者へ確認し、貸金業者との交渉方法を決定して請求をおこないます。そうして請求をおこなった結果、手元に過払い金が戻ってくることになるのです。

5-4.過払い金の引き直し計算

過払い金の引き直し計算とは、取引履歴に基づいて、現在の利息制限を超えた借り入れの状況を確認し、利息制限法の範囲内の利息に計算し直すことです。引き直し計算をおこなうことによって、正しい過払い金がいくらになるのかを確認することができます。

グレーゾーン金利で借り入れをおこなっていた場合や、2008年頃よりも前に借り入れをおこなっていた場合は、引き直し計算によって過払い金が生じる可能性が高いといえるでしょう。また、借入期間が長かったり、複数の貸金業者から借り入れをおこなっていたりした場合は、過払い金が多くなることもあります。

司法書士に依頼せずに相談者自身が引き直し計算をおこなう場合は、いくつもの注意点があります。まず、引き直し計算に必要となる取引履歴の照会は、相談者自身でおこなわなければなりません。このとき、取引履歴の照会理由として、過払い金請求をおこなうためと答えるのは厳禁です。このように答えると、相談者が過払い金があることを理解したうえで支払い続けていたと貸金業者に理解されてしまい、過払い金請求が滞る危険性が出てきます。

また、過払い金の引き直し計算については、算出方法についての基本的な知識も必要になります。もし計算結果が誤っていた場合、貸金業者から過払い金請求を拒否される可能性もあるのです。このように、専門的な知識を持っていないと過払い金の引き直し計算を含めた請求手続きについては、プロに任せたほうが正確でスムーズです。

6.過払い金請求が多い名古屋市について

名古屋市は愛知県の中心であり、東京や大阪、横浜に並ぶ大都市のひとつです。2018年時点での人口は名古屋市だけで200万人を超えており、日本でも屈指の人口数となっています。

愛知県弁護士会によれば、愛知県において2018年4月1日時点で同会に登録している弁護士の会員数は1964名、外国特別会員数が4名、弁護士事務所のような法人の会員数は98法人です。

また、愛知県司法書士会によれば、同県における2019年2月5日時点で同会に登録している司法書士の会員数は1302名、司法書士事務所のような法人の会員数は46法人でした。

もちろん、これだけ大規模な都市であることから、多くの消費者金融やクレジットカード会社が名古屋市にも拠点を有しています。したがって、それだけ過去に借り入れをおこなっており、過払い金請求に関心のある人も多いといえるでしょう。

実際、愛知県弁護士会名古屋法律センターではサラ金クレジットの被害相談ページを個別に作成し、過払い金請求を含めた相談がしやすい体制を整えています。

page top