岐阜県で借金問題・債務整理の相談ができる司法書士をお探しのかたへ

借金問題で悩んで債務整理をしたいとお考えのかたは岐阜県でも少なくありません。

内容が内容だけに親戚・家族にも相談しにくいケースもあり、1人で抱え込んでいることもあるのではないでしょうか。

そんなかたはぜひ、借金問題や債務整理を専門とする司法書士事務所のみどり法務事務所にご相談ください。

初期費用無料の明朗会計で、お客様の秘密を厳守いたします。迅速な解決と豊富な成功例で多くのお客様に高く評価をしていただいている事務所です。

1.岐阜県で債務整理の相談ができるみどり法務事務所のご案内

司法書士法人みどり法務事務所は全国8カ所に事務所を構えており、過払い金請求を始めとする借金問題の解決を専門に活動しています。

岐阜県および近隣エリアに居住するかたに対応を行っているのは名古屋市中区錦にある愛知県名古屋事務所です。

事務所までお越しいただくのがむずかしいお客様については無料で出張相談も行っています。

また、相談料は無料ですので、手続き費用がいくらかかるか心配なさっているお客様も、お気軽にご相談ください。

借金問題や債務整理手続きを多数解決してきたベテランの司法書士が、お客様のお力になります。

2.岐阜県で借金がある方への債務整理のすすめ

法律で定められた手続きをおこなうことによって借金を減らす手続きが債務整理です。

後ほどくわしくご説明しますが債務整理には4つの種類があり、どの債務整理をおすすめするかはお客様の状況によって異なります。

いずれにしても、債務整理は法的に認められた権利であって、一般的にイメージされているほどネガティブなものではありません。

借金の返済負担を減らすことによって人生をやり直し、ご自身とご家族が幸せになるための手段ですから、前向きに債務整理に取り組むことをおすすめしています。

漠然と債務整理をためらっている間にも借金に利息が加算されていきますし、返済が滞れば一括返済を要求されたり裁判を起こされて訴えられたりといったおそれもあるのです。

みどり法務事務所では、多くの過払い金請求の事例を扱っています。

過払い金請求によって借金を完全返済できるケースもありますし、過払い金を返済に充てても完全返済できない場合は債務整理となります。

2-1.過払い金請求とは

2010年6月に貸金業法が完全施行されて以来は、貸金業者が新規の借金について違法に高い利率の利息を徴収することはなくなりました。

しかし、それ以前に借金やキャッシングをしたかたには、高すぎる利率で計算された利息が加算されているケースがあるのです。

そして、2010年6月を過ぎてからも既存の借金については利率が訂正されておらず、依然として違法に高すぎる利息のままで徴収され続けている場合があります。

こうして、払い過ぎた利息=過払い金が発生している場合は、請求手続きをすることによって取り戻せるのです。

3.岐阜県の事務所選びのポイント

債務整理の手続きをスムーズに進めるためには、良い事務所を選ぶことが大切です。

といっても、どのような点を参考にして事務所を選ぶのが正解なのか、よくわからないといったかたも多いでしょう。

そこで、債務整理手続きを依頼する事務所選びのチェックポイントを4つ、ご紹介します。

2-1.トータルコストが少なくて明朗会計の事務所かどうか

弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼をする場合は、まず、相談から始まります。

この相談というものに1時間数千円程度の相談料を取られるケースが多いのです。

確かに、専門的な法律知識と経験を活用してアドバイスをするのですから、相談料がかかるのは当然かもしれません。

しかし、相談に来られるお客様はただでさえ借金で苦しんでいるような、お金に困っているかたです。

そこで、「成功報酬だけでも事務所に利益があるのだから、相談料くらいは無料でサービスしよう」と考える事務所も存在しています。

また、過払い金の調査なども無料サービスでしてくれる場合もあるのです。

それから、法律の専門家に依頼する場合に全額でいくらかかるのかが気になるかたも多いでしょう。

基本料金と歩合報酬に、さまざまな名目でオプション費用が加算されてしまうケースもあります。

良心的な事務所であれば、正式にご依頼を受ける前に、手続きにかかる費用の明細を明瞭に示すものです。

追加でかかる経費にどんなものがあって、いくらくらい加算される見込みなのか、質問してみましょう。

また、さまざまな支払い方法に柔軟に対応してくれるかどうかも、チェックしておいたほうが良い項目です。

借金問題を解決してすぐ、まとまった費用を払うのがむずかしいケースも少なくありません。

手続き費用を分割払いにしてもらえるかどうかなども、確認しておくと安心できます。

2-2.債務整理を解決に導いた実績が豊富な事務所かどうか

世間にはさまざまなトラブルが発生しており、法律専門家の出番となるケースも多種多様です。

どんなトラブルにも対応できる大手事務所もありますが、その場合、さまざまな分野のトラブルを専門とする法律専門家を多数抱えており、ジャンル別に依頼を振り分けています。

一方で、離婚問題、借金問題など、特定のジャンルだけを専門に活動している事務所もあるのです。

いずれにせよ、債務整理の手続きを依頼する際には、債務整理案件の受注経験が豊富な法律専門家を選んだほうが、より良い結果を得られるケースが多いでしょう。

お住まいの近くにも事務所があるかもしれませんが、そこに依頼する前に、何を専門としている事務所なのかチェックしてみてください。

2-3.土日祝日や夜間でも相談ができる事務所かどうか

一般的な事務所の営業時間は平日の日中に限られることが多いです。しかし、相談をしたいかたは仕事があって平日の昼間は自由にならないこともよくあるでしょう。

しかし、中には土日祝日も営業している事務所もありますし、事務所の営業時間外でも電話やメールでの相談に限っては可能な場合もあります。

お客様にとって連絡しやすい時間帯や曜日に連絡できることも、スムーズに債務整理手続きを進めていくためには大切なことです。

営業時間や接客対応をできる時間が柔軟な事務所を探してみましょう。

2-4.債務整理の相談が全国から集まる事務所かどうか

債務整理の相談をしたいかたの中には、現在お住まいの土地以外で生活していたことがあるかたもいるのではないでしょうか。

県外の貸金業者に多額の借金がある場合、債務整理をするにも手続きがむずかしそうだと思って、行動できないまま何年も経過してしまったというかたもいるかもしれません。

しかし、全国の主要都市に事務所があるような事務所なら、事務所間の提携によって物理的距離の問題を解決できる場合があります。

それに、全国で高く評価されていて、多くの相談者が集まるような事務所のほうが、債務整理を成功させるスキルが高くて安心できるといえます。

4.岐阜県でみどり法務事務所が選ばれる理由

債務整理を解決した実績が豊富なみどり法務事務所は全国各地にお住いのお客様から高い評価をいただいています。それは、これからお伝えするような8つのメリットがあるからです。

4-1.初期費用なし、相談料も着手金も無料、成功報酬のみのみどり法務事務所

債務整理の目的は、借金を減額することや負担の少ない返済計画に変更することです。

しかし、事務所の手続き費用が高くつくと借金返済に回せる金額も少なくなってしまい、結果的にはお客様のご負担があまり軽減されないという可能性も出てきます。

そこで、みどり法務事務所では初期費用なし、相談料も着手金をいただいかない方針で営業しているのです。それだけでなく、過払い金の調査も無料でサービスしています。

みどり法務事務所では、債務整理の成果が出た場合のみ、基本報酬と歩合成功報酬・歩合減額報酬をいただくという料金システムです。

過払い金請求と任意請求の場合は金融業者1社あたり4万9800円の基本報酬に加えて、歩合成功報酬20%分と歩合減額報酬10%がかかります。

なお、交渉で決着がつかず過払い金請求訴訟まで行った場合の歩合成功報酬は25%です。また、税と実費費が別でかかります。

それから、個人再生や自己破産の手続きについては書類作成代行手数料として29万8000円、成功報酬の税・実費が別途必要となる料金システムです。

このように、正式なご依頼の前に手続きにかかるコストのすべてを計算して見積もりさせていただきます。

予想を超えるような高い料金を後になって請求するようなことはありません。

4-2.累計90億円を超える過払い金を回収した実績があるみどり法務事務所

みどり法務事務所は、2013年5月の設立以来2019年2月現在まで、累計90億円を超える過払い金請求に成功してきた実績。

複数の貸金業者で発生していた多額の過払い金を迅速に回収できるため、借金返済に困っているかたのお役に立つことができています。

それゆえに、みどり法務事務所に相談を寄せるお客様の数も、月間で500人を超えているのです。

4-3.日本全国の主要都市8カ所に事務所を展開、無料出張相談も可能

みどり法務事務所は、もともとは高知県で起業して中国・四国地方を対象に活動をスタートした司法書士事務所です。

スピーディーで過払い金回収率が高いことや、親切で丁寧なお客様への対応によって評判を高め、いまでは北海道から九州までの主要都市8カ所に事務所ができました。

具体的には東京事務所や札幌駅前事務所、広島事務所や岡山駅前事務所、松山事務所や高知駅前事務所があります。

そして、岐阜県と近隣エリアにお住まいのかたに対応しているのが愛知県名古屋事務所です。

どの事務所も、お客様ができるだけ来所しやすいように主要駅周辺など交通アクセスの良い立地を選んで設立しています。

愛知県名古屋事務所は名古屋市中区錦1丁目にあり、名古屋駅で東山線に乗り換えて伏見駅下車後、500メートル(徒歩で約7分)のところにあります。

または、名古屋駅から国際センター方面に向かって16分ほど歩いてきていただくことも可能です。

また、事務所の近くには駐車場が複数あるため、お車での来所も問題ありません。

お住まいが名古屋から遠いなど、事務所までお越しいただくことがむずかしいお客様については、無料でこちらから相談に出向くこともできます。

4-4.煩わしい面談は1度だけ

多忙なお客様にとって、債務整理手続きのためにお仕事を休んで何度も事務所に行かなければならないのはご負担でしょう。

お客様の便利のため、みどり法務事務所では事務所に来ていただく面談の回数を1度だけとしています。

実際にお会いするのが1度だけでも、ご心配なことがないように説明をしっかりとおこないますのでご安心ください。

万が一、面談の後から心配なことが出てきた場合は、電話やメールでもお話をすることができます。

4-5.借金や返済の明細など、そろえるのが面倒な資料の準備は必要なし

複数の貸金業者への返済が数年間以上に及んでいるかたなどは、借金と返済の明細がお客様自身でもわからなくなっているケースも珍しくはありません。

しかし、過払い金の調査や請求手続きも債務整理も、明細がなくても可能なのです。

「どの貸金業者から借金をしたのか」とお客様のお名前だけわかれば、手続きを進めることができます。

そのため、「明細を探し出して計算するのが大変そう」「資料を集めなければいけないのが面倒くさい」と思っていたかたも、お気軽にご相談ください。

債務整理の経験を積んだ司法書士が、お客様のご負担を引き受けて手続きをいたします。

4-6.親切かつ丁寧でスピーディーな対応

専門家の中には、返済できないほどの借金をしたお客様に対して叱るような口調で話す人もいます。

しかし、お客様はもともと、多額の借金をしてしまったことを自分でも後ろめたく感じているのですから、そこをさらに責めても意味がありません。

むしろ、思い切って債務整理の相談に来ていただいたことを評価し、お客様が前向きに借金問題を解決していけるように励ますことのほうが重要ではないでしょうか。

みどり法務事務所ではそう考えるため、お客様が安心してくださるように、親切で丁寧に対応する方針で営業しているのです。

それだけでなく、返済のご負担から一日も早くお客様を解放するため、スピーディーに過払い金回収をおこなっています。

4-7.債務整理のメリットとデメリットなど、正確な情報を提供

債務整理をすれば毎月の返済計画を負担の少ない程度にできるため、お客様にとってメリットのほうが大きいケースが多いです。

しかし、債務整理をすることによって一定期間はブラックリストに記載されてしまうなど、多少のデメリットやリスクもあります。

このように、債務整理にはメリットとデメリットの両方が存在するのです。

みどり法務事務所ではその点をしっかりと理解していただくことを前提に、債務整理をした方がお客様の利益になると納得していただけるように努めています。

4-8.秘密厳守の徹底

ご家族に心配をかけたくないなどの理由で、事務所に債務整理の相談をしていることを隠しておきたいというお客様も多くいらっしゃいます。

ですから、事務所から連絡をするときには、ご家族にきづかれないように細心の注意を払わなければなりません。

みどり法務事務所では、連絡を差し上げるときの名乗り方や連絡のタイミング、郵送物の体裁などについて、お客様のご要望に応じて対応いたします。

5.岐阜県で多い債務整理について

5-1.債務整理の種類

債務整理は以下の4つに分類されています。

1.任意整理

裁判所を通さずに、貸金業者と弁護士や司法書士が直接に交渉をして債務整理をする手続きが任意整理です。

債務整理の中で最も多いケースが任意整理となります。

任意整理では借金元本を減額することはできませんが、残金の利息負担を免除することや毎月の返済金額を少なくして返済の負担を減らすことを交渉できるのです。

2.個人再生

裁判所を通して借金を減額してもらう手続きの1つです。任意整理よりも借金額を減らせるケースが多い点が個人再生のメリットとされており、目安としては5分の1程度に減額できます。

しかし、3~5年以内に残金をすべて支払うことが条件です。

だとしても、任意整理に比べれば返済の負担を大きく減らせる場合がほとんどなので、「月々の返済額が今よりも減れば返済できる」というかたは検討する価値があります。

個人再生のデメリットは、任意整理や過払い金請求と比べると、事務所に支払う手数料がかさむ場合があることです。

裁判所に提出する書類の作成代行手数料が数10万円かかります。

3.自己破産

返済できないほど多額の借金がある状態(破産状態)を裁判所に確認してもらい、法的に支払いを免除してもらう手続きが自己破産です。

自己破産には「同時廃止事件」と「破産管財事件」の2種類があります。

「同時廃止事件」は借金の理由に本人の責任がなく、破産申立てをする時点で99万円以下しか財産を持たない個人が対象の自己破産です。

一方、「破産管財事件」は申立て者が法人や事業者である場合と、個人が免責を許可されない理由の借金をした場合の自己破産となります。

たとえば、ギャンブルや海外旅行などにお金をつぎ込んだ場合や、収入に見合わないほど冠婚葬祭にお金をかけた場合などは免責が許可されません。

その他、先物取引や虚偽申告によって契約した借金、まじめに返済する意思がなかったと判断される場合も免責不許可となります。

「破産管財事件」では、手続きを依頼した法律専門家とは別の弁護士が破産管財人に任命され、破産者の財産を処分して債権者に配当します。

この場合、申立て手続きを依頼した法律専門家にかかる費用に加えて、10万円を超える管財費用がかかるケースが多いです。

自己破産手続きをとって免責が決定したら、借金の全額を自分で返済する義務がなくなります。

申立てから免責決定までの期間は最短3カ月程度とスピーディーに解決できる点も自己破産のメリットです。

しかし、自己破産をする場合には定められた基準を超える財産を手放さなければならず、不動産や自動車、保険や株式などの財産を失うことになります。

生活を維持するために必要と認められる範囲で財産を保持できますが、どのくらいの財産を残せるかの基準は裁判所によって違うのです。

その他の自己破産のデメリットとしては、信用情報機関や官報に記載されるため、新規の借金がむずかしくなります。

ちなみに、税金や不動産抵当権は免除の対象外です。そして、管財事件中は郵便物が管財人の管理下に入るため自分で直接受け取れなくなります。

さらに、自己破産をすると借金をした人に代わって、連帯保証人に返済の義務が課せられるのです。

連帯保証人が肉親である場合などは、家族全体に対しての借金負担が必ずしも軽減するとは限りません。

4.過払い金請求

過去の返済分で高すぎる利率の利息を払っていた場合は、過払い金請求手続きをすることによって、過払い金を返済に充当することが可能です。

過払い金だけで借金を完済できれば債務整理にならないため、信用情報機関のブラックリストにのりません。

一方、過払い金を返済に充当しても借金が残る場合には債務整理となり、ブラックリストにも記載されて、新しく借金やローンの契約ができなかったり新規でクレジットカードを発行してもらえなかったりします。

5-2.債務整理にかかる費用

債務整理手続きの費用は債務金額や事務所によって差が出てくる要素です。

ここでは、債務整理ごとにかかる費用の相場とみどり法務事務所の料金システムをご紹介します。

1.任意整理の費用

任意整理手続きを法律専門家に依頼する場合、着手金・報酬金・減額報酬がかかるのが一般的です。

着手金として貸金業者1社あたり2万~5万円に加えて、報酬金も1社あたり2万~5万円、さらに、借金を減額できた金額の10~20%が加算されます。

つまり、任意整理の相場は4万~10万円×貸金業者数+減額報酬です。みどり法務事務所では、着手金や相談料、過払い金調査などの初期費用がかかりません。

過払い金を回収できた場合、回収した金額の20%にあたる成功報酬と、過払い金を返済に充当して減額できた金額の10%にあたる減額成功報酬が発生します。

さらに基本報酬として貸金業者1社あたり4万9800円がかかりますが、分割払いが可能です。

2.個人再生の費用

個人再生を自分でおこなう場合の費用相場としては27万くらいでしょう。

内訳は収入印紙代1万円と官報掲載費用1万2000円、郵便切手代1600円に加えて、再生委員への報酬が25万円程度です。

みどり法務事務所では個人再生の手続き費用として29万8000円を申し受けますが、分割払いにも対応しています。

専門的な書類作成などを個人でするのはむずかしいことを考えると、みどり法務事務所におまかせいただいたほうが良いのではないでしょうか。

3.自己破産の費用

自己破産手続き費用は借入先の数・自己破産の種類によって異なります。

その内訳は申立て料(1500円)、郵便切手代(3000~1万5000円程度・借入先の数によって変動)・予納金です。

予納金は同時廃止事件の場合は1~3万円、少額管財事件の場合は20万円、管財事件の場合は50万円となっています。

このように予納金が手続き費用の大小を左右しますが、みどり法務事務所では一律料金です。

相談料などの初期費用は0円で、手続き費用(書類作成代行手数料)として29万8000円がかかります。分割払いも可能です。

4.過払い金請求の費用

過払い金請求費用として一般的なものは相談料・着手金・基本報酬・解決報酬・成功報酬・減額報酬・実費や各手数料などがあります。

すべての項目を請求する事務所もあれば、相談料や着手金が無料の事務所もあるのです。

解決報酬に関しては、司法書士事務所では複数の貸金業者分を合計して5万円まで、弁護士事務所では貸し金業者1社あたり2万円以下で合計額の上限なしと規制されています。

みどり法務事務所では相談料・着手金・解決報酬はかかりません。

過払い金の回収に成功した場合のみ、基本報酬として貸金業者1社あたり4万9800円と、成功報酬として返還額の20%(裁判を行った場合は25%)をいただきます。

6.岐阜県の債務整理・借金問題について

6-1.岐阜県・愛知県の事務所数と弁護士・司法書士の人数

弁護士や司法書士はそれぞれ、活動する地域の弁護士会や司法書士会への会員登録が義務付けられています。

各エリアの事務所数や法律専門家の人数は、日本弁護士連合会や日本司法書士連合会のホームページ内で会員名簿を検索すれば知ることが可能です。

岐阜県は弁護士事務所数が14法人、弁護士数が205人となっています。愛知県にある弁護士事務所数は103法人、弁護士数は2008人です。

岐阜県・愛知県を合わせたエリアでは事務所や法律専門家が愛知県に集中していることがわかります。

しかも、このデータはすべての専門分野を合わせた数ですから、借金問題や債務整理を専門に扱う事務所や法律専門家の数はさらに少数なのです。

選択肢の多さからいっても、愛知県在住のかたはもちろん、岐阜県にお住いのかたも愛知県にある事務所を検討したほうが良いでしょう。

6-2.岐阜県の紹介

岐阜県の概要

岐阜県は中部地方の内陸部に位置しており、推定人口は199万8495人(2019年1月1日)となっています。

県全体としては内陸性気候ですが、標高差が大きいため県内各エリアで異なる気候になりやすいことが特徴です。

たとえば、美濃地方は低山に囲まれているために夏は暑く冬は寒くなります。

一方、標高の高い飛騨地方の気温は低めで、冬の積雪量が多く、豪雪地帯や特別豪雪地帯に指定されているエリアも多いです。

岐阜県の名所・名物・食文化

ユネスコ世界遺産にも登録されている白川郷合掌造り集落は岐阜県を代表する観光地です。

ライトアップなどのイベントによって大変な人気スポットとなっており、ピークシーズンなどは入場規制が行われています。

また、ユネスコの無形文化財に指定されているものとしては本美濃紙や高山祭の屋台行事、古川祭の起し太鼓や屋台行事、大垣祭の軕(やま)行事などが有名です。

伝統的な食文化も岐阜県の魅力です。観光客にも人気の朝市では、昭和20年以前から栽培されて飛騨・美濃に密着している伝統野菜などを買い求めることができます。

また、清流が多いためアユを使った料理や、香りが高い朴葉を活用した料理が多いことも岐阜県グルメの特徴です。

また、飛騨牛や高山ラーメンなどもよく知られています。

6-3.債務整理・借金問題で専門家をお探しの岐阜県・愛知県在住のかたへ

岐阜県や愛知県に居住されていて借金返済にお悩みのかたは、みどり法務事務所愛知県名古屋事務所に、お気軽にご相談ください。

ご相談は何度でも無料で可能です。対応エリアは岐阜県と愛知県全域で、出張相談も行っております。

司法書士が法律を武器に貸金業者と交渉をおこなうことによって、無理のない返済計画にしたり、借金の金額を減らしたりできます。

page top