愛知県で借金問題・債務整理の相談ができる司法書士をお探しのかたへ

生活が苦しくて借金をする人はたくさんいます。毎月、決められた額を返済していく中で、さまざまな事情から滞納してしまうのです。

返済がむずかしくなり、別のところから新しく借金して、多重債務に苦しむケースもあります。

借金返済を滞納すると、貸金業者から督促されて法的措置も辞さないと警告されることもあるでしょう。

このような借金問題に悩まされているならば、法律の専門家に頼るべきです。

債務整理という方法を用いれば、借金問題を解決できるかもしれません。借金に悩んでいるときに知っておいてもらいたい情報を解説します。

1.愛知県で債務整理の相談ができるみどり法務事務所のご案内

愛知県で借金問題を解決するために債務整理したいならば、みどり法務事務所にご相談ください。

実績豊富な司法書士が在籍しており、どのような状況でも柔軟に対応しています。経験豊富で頼もしいスタッフが揃っているのです。

また、相談料は無料となっているため、自分が納得いくまで何度も相談できます。

出張相談も可能であり、近くに事務所のない人でも利用しやすくなっています。利用者のことを考え、サービスを用意しております。

2.愛知県で借金に苦しんでいる方におすすめの債務整理

借金で苦しんでいる人は、毎月の返済をする余裕がなくなり、滞納してしまいそうな状況に陥っています。

この問題を解決するためには、支払いに猶予をもらうか、借金を減額してもらうことが必要となります。

これらを実現するための方法は債務整理であり、その手続きをしている人はたくさんいるのです。

債務整理は自分で手続きをすることも可能ですが、専門的な知識が必要となるためそれはなかなかむずかしいです。

そこで、法律の専門家である司法書士や弁護士などに債務整理の手続代行を依頼するケースが多いです。

貸金業者の方から債務整理について教えてくれることはないでしょう。そのため、債務整理という方法があることを知っておくのはとても大事なことです。

債務整理にはさまざまなメリットがあり、上手くいけば借金の負担をかなり軽減できます。

たとえば、もっとゆとりのある返済スケジュールにすることも可能であり、毎月の返済額を減らせます。

専門家に依頼すれば、無理のない範囲で借金の返済ができるように交渉いたします。

借金の問題を放置すると、一括請求されるか裁判に訴えられ差押えされるリスクもあります。このようなリスクを回避するためにも有効な方法なのです。

3.愛知県で事務所を選ぶときのポイント

3-1.無料相談を受けているか

債務整理の相談をする際には、何度も事務所を利用することがあるかもしれません。

そんな相談のたびに料金が発生すると費用がかなり高くなってしまいます。

ですが、事務所のなかには、相談料を無料に設定しているところも少なくありません。

もし、相談料が無料であれば、疑問点や不安点などを解決するまで何度でも気軽に話を聞きに行けます。

また、実際に相談してみないと事務所のサービスの質を判断するのがむずかしいことも多いです。

何度も相談する可能性を考えると、相談料が無料のところの方が安心して利用できるでしょう。

無料で相談できれば、その事務所のスタッフと気軽に話ができ、対応や人柄、信頼性などを判断しやすくなります。

3-2.料金や費用を明確にしている

債務整理を事務所に依頼する際には、相談料や着手料、成功報酬などさまざまな名目の料金が発生する可能性があります。

これらの費用について、明確に提示している事務所の方が信頼できるでしょう。

たとえば、ホームページをチェックするだけで、具体的にどのくらいの料金がかかるか分かりやすく説明されているところを選びましょう。

それぞれの料金について、どの程度の金額を請求されるのか、状況ごとの料金の変動まで含めて分かりやすい説明を求めるべきです。

実際に相談をしたときにも、料金のことは必ず質問しましょう。

そこで分かりやすく料金を説明してもらい、最終的にいくら支払うことになるのかきちんと理解できれば、安心して依頼できます。

3-3.債務整理の実績が豊富

司法書士の仕事内容は債務整理だけではなく、他にも多岐にわたる領域が存在しています。

そのため、それぞれの司法書士ごとに専門分野は異なっているのです。

自分の専門外の仕事を引き受けているケースもあるのですが、この場合は仕事の質に不安が生じるでしょう。

借金問題というデリケートで重要な問題を扱ってもらう専門家を選ぶならば、これまでの実績や経験を重視するべきです。

債務整理の状況は人それぞれかなり異なっています。したがって、これまでに幅広いパターンの案件を扱ってきた司法書士の方が、臨機応変に対応できる可能性が高いのです。

実績については、ホームページで紹介されていることが多いです。直接会って話をする際にも、これまでに扱ってきた案件について教えてもらいましょう。

3-4.営業時間や支払い方法

毎日、仕事や家事などで忙しい人は、なかなか空き時間を見つけることができず、相談しにくいことが多いです。

そこで、事務所を選ぶ際には、営業時間が長いところや相談者の都合に合わせてくれるところを探しましょう。

場合によっては、朝や夜間などに相談を受けつけていることもあるのです。

また、支払い方法についても、柔軟な対応をしてくれるかどうかを重視しましょう。

そもそも、借金で苦しんでいる人は、お金を出すことが困難なケースが多いです。

料金や報酬の支払いに苦労するケースもあるため、その点に配慮できる事務所であれば、安心して利用できます。

たとえば、分割払いやクレジットカードといった支払い方法を受け付けているか確認してみましょう。

3-5.ホームページの充実度

これから債務整理を相談する事務所を選ぶ際には、インターネットで情報を集める人が多いでしょう。

その際には、当然事務所のサイトもチェックすることになりますが、そこでは分かりやすく情報をまとめているかどうかを確認しましょう。

見やすいレイアウトが工夫され、必要な情報が不足なく掲載されているならば、利用者のことをよく考えている事務所といえます。

ホームページが不親切なつくりになっている場合、実際のサービスも質の低いものであることが多いです。

そこで、サービスの質を判断するためにも、サイトをチェックすることは大切です。

サイト上で問い合わせを受け付けているところや債務整理に関する情報を詳しく解説しているところもあります。

役立つ情報をたくさん得られることもあるため、多くのサイトを確認してみましょう。

3-6.評判や口コミをチェックする

実際にその事務所を利用したことのある人からの意見はとても参考になるため、できるだけ多くの評価をチェックしてみましょう。

インターネットを用いれば、口コミ情報をたくさん集めることができます。

とはいえ、口コミの中には信憑性の薄い情報や主観の強いものも混じっているため、あくまで参考程度に留めておく方が無難でしょう。

それでも、極端に悪い評価を受けているような事務所はあまり信用できないため、避けた方が良いです。

悪徳事務所と呼ばれているところでは依頼者に不利になるような仕事をしているため、気をつけましょう。

3-7.債務整理のデメリットやリスクを説明してくれるかどうか

債務整理は必ずしもメリットばかりの手続きではなく、ときにはリスクが生じることもあります。

そのような点も含めて丁寧に説明してくれる事務所は信頼できるでしょう。

デメリットを隠してメリットばかり強調する事務所は、本当に依頼者のことを大切に考えているとはいえません。

そのような業者は自分達の利益を最優先していると考えられるため、避けた方がよいです。

4.愛知県でみどり法務事務所が選ばれる理由

4-1.相談や初期費用が0円

みどり法務事務所は基本的に初期費用が一切かからないシステムとなっています。

たとえば、相談料はかからないため、何度相談したとしても料金は無料となります。

そのため、債務整理に関する疑問点や不安点はどんどん相談して解消していただけます。

また、実際に依頼をする際に着手料がかかることもありません。

成功報酬制で、最終的に債務整理が成功したときにだけ報酬が発生する仕組みとなっています。

料金体系が明確であり、自分の支払うことになるお金について把握しやすいでしょう。

4-2.資料を準備しなくて良い

実際に債務整理を依頼する際には、借金の状況を詳しく確認するための資料が必要となります。

しかし、手元にカードや明細などを持っていない人もいるでしょう。

このようなケースでも、みどり法務事務所では、問題なく依頼を引き受けられます。

必要な情報は、個人情報と借入先のみであり、これらの情報さえあればあとはすべて事務所がお調べします。

たとえば、事務所の方で貸金業者に対して資料請求をおこないます。

これによって必要な情報を集めることができて、債務整理を問題なく進められるのです。

4-3.秘密厳守

自分が借金をしていることを家族や勤め先に秘密にしている人はたくさんいるでしょう。

万が一、借金に苦しんでいることが知られるとトラブルになるかもしれません。

そこで、みどり法務事務所は依頼者に関する一切の情報を漏らさないように努めています。

また、事務所の方から連絡する際にも、最大限の配慮が可能です。

たとえば、連絡を受ける都合の悪い時間を事前にお伝えいただければ、それに対応した時間にご連絡します。

郵送物を送る場合でも、家族に借金問題が知られてしまわないように工夫しています。

4-4.会うのは1度のみ

債務整理を依頼するのに何度も事務所を訪れてスタッフと会わなければいけないのは面倒なものです。

仕事が忙しくて時間を捻出できない人も多いでしょう。みどり法務事務所ではそのような事情にも対応し、基本的に直接お会いするのは1度のみとなっています。

個人情報を扱う関係からどうしても最

降は電話やメールによるやり取りのみでも大丈夫です。

そのため、忙しい人でも相談しやすく、債務整理を頼んだからといって普段の生活に影響は出ません。

4-5.親切・丁寧、迅速

まず、みどり法務事務所はどのような人に対しても親切な対応を心がけており、利用して不快になることはないようにしています。

そのため、安心してご相談いただき、信頼の上で債務整理を任せていただけます。丁寧な説明を心がけて、債務整理に関する初歩的な質問にも分かりやすくお答えいたします。

また、迅速な対応を重視しており、連絡をいただければすみやかにご返信します。債務整理の手続きはできるだけ素早くおこなうため、借金問題の早期解決を期待いただけます。

4-6.実績が豊富

これまでの歴史のなかでみどり法務事務所はたくさんの債務整理を手がけてきた実績があります。

借金に困っている人の状況は個々に大きく違っているのですが、それぞれに適した提案をしてきたのです。

経験豊富なスタッフがそろっており、質の高い仕事を提供します。最後まで責任を持って対応し、依頼者の利益になるように努めております。

5.愛知県で多い債務整理について

5-1.そもそも債務整理とは

債務整理とは法的な手続きによって借金問題を解決するための方法の総称のことです。

したがって、債務整理は何か特定の手続きを指しているわけではありません。司法書士や弁護士に相談をすれば、それぞれの状況に合った債務整理の方法を提案いたします。

債務整理をすると、現在の経済状況で支払えるように借金の条件を見直すことになります。借金の支払いを免除できるような方法もあります。

5-2.債務整理の種類

債務整理の手続きは大きく分けると任意整理と個人再生、自己破産、過払い金請求の4種類あります。

任意整理とは

任意整理とは貸金業者と交渉をすることで、借金の返済方法や条件を決め直すことです。

将来利息をすべてカットしてもらえると、借金の総返済額を多少減額できます。

返済期間を延ばしてもらえると、月々の支払額を減らし、返済は楽になるでしょう。どのような条件で返済条件を決め直せるのかは、交渉しだいです。

個人再生

個人再生は裁判所に申立てをすることで借金を減額してもらう方法のことです。

こちらの方法では、借金の元本を減額できるケースがあります。大幅に借金を減額できれば借金の返済はかなり楽になり、完済も現実的となります。

また、こちらの手続きをしたとしても、職業や資格について法的に制限がかかることはなく、デメリットが少ないです。

たとえ、浪費やギャンブルが原因の借金であっても、対応してもらえます。

自己破産

こちらは裁判所に申立てをして免責許可を受けることですべての債務を0にするという手続きのことです。

ただし、自己破産が認められる条件として、支払い不能の状態になければいけません。

支払い不能とは、借金を完済することが不可能であると総合的に判断される状態のことです。

これは本人の資産や今後の収入、負債の額などから判断され、借入の理由についても考慮されます。

ギャンブルが原因となって借金をしている場合などに自己破産を許可されない可能性もあります。

過払い金請求

借金を長期にわたって返済していると利息を支払いすぎていることがあります。法律によって利息の上限が定められているのですが、これを超えている分の利息に支払い義務はありません。

その分は返還してもらうことができ、そうすれば借金を減額することになります。

ただし、絶対に過払い金が発生しているとは限らないため、きちんと計算をする必要があります。

そのためには専門家に依頼し、業者に資料を請求して、引き直し計算をして判断することがおすすめです。

5-3.債務整理を依頼するタイミング

債務整理はいつやらなければいけないという決まりがあるわけではなく、いつでもおこなえます。

そのため、借金を返済できそうにないと感じたら、すぐ債務整理について検討しましょう。

返済計画が崩れてしまい、毎月の返済が苦しくなってきたならば、早めに行動しましょう。

たとえば、現在の借金返済がむずかしくなり、別の借金をしてしまったという状態は、とても危険です。

そのまま多重債務に陥ってしまい、取り返しがつかないケースは珍しくありません。

また、減給やリストラといった事態が生じたときにも、すぐに債務整理を検討してみましょう。収入が減ってしまえば借金返済どころではなくなります。

5-4.任意整理の手続きの流れ

任意整理は債務整理のなかでもっとも利用する人が多い手続きです。

任意整理は自分ですることもできるのですが、それでは良い結果が得られないかもしれません。

業者と直接交渉することになり、専門知識がないと太刀打ちできないでしょう。そのため、基本的には司法書士や弁護士などの専門家に依頼するものです。

まずは相談をして任意整理を依頼することになったならば、受任となります。

司法書士や弁護士は受任通知を業者に出し、これによって取引や返済をストップできるのです。

そして、取引履歴を開示させ、そこから引き直し計算をします。これは、過払い金が発生していないかチェックするためです。

法律によって定められた上限金利に基づいて計算し直し、借金の正確な金額を計算してから、和解案を作成して業者に提示します。

もし和解が確定したならば合意書を作成します。そして、依頼者は和解書の内容に基づいて借金の返済を改めておこなうのです。

5-5.任意整理のメリットとデメリット

任意整理をして利息カットすることで、より早く完済できるようになり、借金返済の負担を軽減できるのです。

また、手続きは比較的容易であり、自分の資産や収入を証明する資料を準備する必要もありません。

複数の業者から借金していたとしても、一部の業者は除外することもできます。これによって、希望の業者の債権のみ整理できるのです。

任意整理のデメリットは、信用情報機関に情報が登録されてしまうことであり、いわゆるブラックリスト入りの状態となります。

その結果、その後5年間で新しい借入ができなくなるなどがあります。また、自己破産や個人再生といった方法と比べると、あまり借金減額の効果は大きくありません。

和解交渉の際には条件が上手くまとまらないこともあり、場合によっては業者が厳しい条件を希望してくる場合もあります。だからこそ、任意整理には専門家の手腕が必要になってきます。

5-6.債務整理とブラックリストの関係

基本的に債務整理のどの手続きをしたとしても、信用情報機関への登録(ブラックリスト入り)はおこなわれます。

その結果として、今後の金融機関の利用に影響してしまうでしょう。

金融機関は自由に信用情報機関の情報を照会できるため、問題のある人に貸し付けやカードの利用をさせないことが多いのです。

たとえば、新しくクレジットカードを作る際の審査でもブラックリスト入りしているかどうかが重要視されます。

債務整理をすることで、その後は新しい借金が困難になるため、その点は十分理解しましょう。

ただし、信用情報機関に登録される情報には一定の期間があるため、永久に情報が残るわけではありません。任意整理でしたら、5年後には何の問題もなくなります。

5-7.債務整理ができる条件とは

債務整理のそれぞれの手続きをするためには条件を満たしている必要があります。たとえば、任意整理の場合は向こう3~5年にわたって返済するため、この間継続した収入を得る見込みがあることが必要です。

また、過去にきちんと借金を返済したという履歴も重視されます。

さらに、本人が借金を返済するという強い意志を持っていることも確認されるのです。

これらの条件を満たしていないと、債務整理の手続きができないこともあります。

また、個人再生の場合は借金が5000万円以下でないと手続きができない決まりがあります。

また、原則として3年間継続して返済していくことになり、その間安定した収入が得られることを認められなければいけません。

個人再生は裁判所が判断するため、条件はとても厳格な判断のもとに決められます。

5-8.債務整理の費用相場

債務整理のどの手続きにしても、専門家に依頼するならば報酬が発生します。

基本的に成功報酬となっていることが多く、借金の総額や減額できた金額によって報酬は変わります。

任意整理については1社につき数万円程度の報酬であることが多いです。

減額できた金額のうち1~2割が成功報酬として設定されていることはよくあります。

また、実費や日当、着手金といった費用が請求されることもあります。

個人再生や自己破産の場合は着手金がかなり高額に設定されていることが多いです。

5-9.債務整理の費用が支払えない場合

そもそも借金に困っている人は、手元に自由にできるお金がほとんどない人が多いため、債務整理の費用の支払いにも困ることが多いです。

この場合、分割払いや後払いに対応している事務所を探すとよいです。

また、初期費用ができるだけ安いところを利用すれば負担を減らせます。

依頼者に配慮して費用の支払いには柔軟な対応をしてくれる事務所も少なくありません。

5-10.債務整理した後の生活について

もし債務整理をすると、無理のない返済スケジュールで借金を返していけるようになります。

ただし、クレジットカードを新しく作れなくなったり、既存のカードが利用できなくなったりします。

自動車ローンについては、債務整理の対象にしていなければ特に問題ありません。

住宅ローンは、任意整理や個人再生であれば、住宅を残す形で手続きを進めることができます。

しかし、自己破産の場合には住宅を残すことができないため気をつけましょう。

また、債務整理をしたからといって、引越しに影響は出ません。

信用情報機関は金融機関のみが照会でき、不動産業者が照会することはないからです。

携帯電話や生命保険に関しても、債務整理の影響はほとんどありません。ただし、新しく携帯電話をローンで購入する場合、審査に通らない可能性があります。

5-11.債務整理しても返済がむずかしい場合は

たとえ債務整理で楽な返済計画にしてもらったとしても、借金の返済が滞ってしまうことはあります。

任意整理の場合は、再び和解交渉をできる場合もあれば、和解がむずかしいケースもあります。

万一、もし返済が再び厳しくなったならば、すみやかに専門家に相談しましょう。

6-1.愛知県の債務整理・借金問題について

6-2.愛知県の弁護士や司法書士事務所の数

愛知県は約700万の人口を有する県であり、法律の専門家はたくさんいます。

たとえば、愛知県の弁護士会に登録している会員数は約2千名となっています。

また、司法書士の会員数も1千以上いるため、多くの専門家の中から債務整理を依頼する人を選べるのです。

これらの弁護士や司法書士の所属する事務所も愛知県内には多いです。

その中には債務整理を専門としている人も大勢いますので、借金問題について頼れるでしょう。

6-2.愛知県はどんなところ

愛知県は日本三大都市圏の中京圏の中心的なエリアとなっており、名古屋市を中心にして発展しています。

中京工業地帯を有し、日本の産業面における中心的な地域として貢献しています。

特に自動車産業が有名ですが、農業も盛んなのも特徴です。東京や大阪とは異なる独自の文化が発展しており、方言も特徴的です。

6-3.愛知県の借金事情

愛知県は日本では4番目に人口の多いエリアであり、仕事も多く県民の収入は国内でもトップクラスに位置しています。

そのような愛知県であっても、借金に苦しんでいる人は少なくなく、なかには自己破産や個人再生の申立てをする人もたくさんいるのです。

たとえば、年間を通して自己破産をする人は愛知県には数千人いて、債務整理全体の件数も少なくありません。

このような借金問題を解決する債務整理に対応できる法律事務所や法務事務所が愛知県内で営業しているため、実績豊富な専門家を見つけやすいでしょう。

6-4.債務整理・借金問題で専門家をお探しの愛知県在住の方へ

愛知県にお住まいで借金にお悩みの方は、債務整理に強いみどり法務事務所にご相談ください。

相談料は無料のため、何度でも気軽にご利用いただけます。

事情をご説明いただければ、借金の減額や無理のない返済計画への見直しなどを貸金業者へ交渉いたします。

page top