名古屋市で借金問題・債務整理の相談ができる司法書士をお探しのかたへ

「月々の返済額が多くて返済するのが苦しい」「とても支払える借金の額ではない」といった借金問題で悩む人は少なくありません。

このような借金問題を解決する方法として債務整理という方法があります。債務整理をすることによって、人生の再スタートができるケースも多々あるのです。

債務整理は法律的な手続きや複雑な計算などが必要なため、司法書士や弁護士にお任せいただくのが一般的です。

ここでは、債務整理とは何か、どのようなメリット・デメリットがあるのか、良い事務所の選び方のポイントなどを紹介します。

1.名古屋市で債務整理の相談ができるみどり法務事務所のご案内

みどり法務事務所は、全国に拠点を持つ、債務整理と借金問題の解決に多くの実績のある司法書士法人の事務所です。

主なサービスは、貸金業者に対して支払い過ぎたお金を取り戻す過払い金請求、借金を減らしてご負担を減らすための任意整理、住んでいる家を残しつつ借金を減らすことができる個人再生、借金をゼロにして再スタートをするための自己破産です。

名古屋市においては、中区に愛知県名古屋事務所があるので、ご相談をお待ちしております。相談料無料なうえ、出張相談にも対応しているのでお気軽にご連絡ください。

2.名古屋市で借金を解決するなら債務整理

借金の返済が苦しいときには、債務整理という方法があります。債務整理にはいくつかの種類があるので、特徴を紹介します。

2-1.過払い金請求

過払い金は支払い過ぎたお金なので、当然の権利として貸金業者に請求したいところです。

過払い金が戻ってくれば完済した人にとっては手元に現金が戻ってきますし、返済中の人であっても借金の返済に充てられますが、個人で取引履歴を取り寄せて過払い金を計算して請求するのは手間と時間がかかるものです。

貸金業者と交渉や裁判になってしまったら、さらに負担は増えるでしょう。

しかし、司法書士・弁護士にお任せしていただければ、このようなすべての手続きを代行します。

みどり法務事務所では、通常、過払い金請求においては本人確認のために事務所に1回訪問していただくだけです。

2-2.任意整理

任意整理とは、金利をカットする、元本のみを3年程度の期間で分割して返済するなど、裁判所を通さず貸金業者と交渉することで無理のない返済プランに変更する方法です。

貸金業者と交渉すると聞くとむずかしく感じる方も多いでしょうが、実際は司法書士や弁護士が交渉いたします。

自己破産や個人再生のように裁判で争うこともなくデメリットも少ないため、負担を減らして返済を続ける場合にメリットが大きい手続きといえます。

2-3.個人再生

個人再生とは、借金を返済するのがむずかしいことを裁判所に認めてもらうことによって、大幅に借金を減額できる手続きです。

借金の額が5000万円以下ならば最大10分の1まで減額が可能であり、通常3年間で残りの借金を返済していきます。

住宅などの財産を取られることなく借金の返済が可能なため、大きく生活を変えることがないのがメリットです。

2-4.自己破産

自己破産とは、借金を返済することが不可能ということを裁判所に認めてもらうことによって、借金の支払い義務を免除してもらう方法です。

財産がないことが条件なので、住宅や車など高価な財産は没収されてしまいます。

しかし、自己破産したことは戸籍に残りませんし、官報公告を見られない限り職場の人たちに知られることもありません。

借金返済の重圧から解放され、人生の再スタートを切れるのは大きなメリットといえます。

3.名古屋市で事務所を選ぶときのポイント

債務整理や借金問題の相談は、司法書士や弁護士の事務所に依頼していただくのがおすすめです。

しかし、事務所といってもいろいろな種類がありますし、料金システムもさまざまです。

なかには悪質な事務所も存在していますので、こうした会社に依頼しないように気を付けましょう。

そこで、ここでは事務所を選ぶポイントを紹介します。

3-1.無料相談を受けている

電話や電子メールによって初めの連絡を取った後、通常、事務所などで1回から数回、司法書士や弁護士と直接面談していただく流れになります。

これは初回相談などともいわれることがあり、料金を取っている事務所も多くあります。

しかし、事務所を選ぶときは、できれば無料相談を受けているところを選んだほうがよいでしょう。

というのも、初回相談の段階では、信頼できる事務所なのか、債務整理に詳しい司法書士や弁護士なのかなどを見分けることはむずかしいからです。

また、直接話せば、親身になって相談に乗ってくれそうか、安心して任せられそうかなどもある程度わかるものです。

また、悪質な事務所となると、司法書士や弁護士の資格を持たないスタッフにほとんどの仕事を代行させているケースもあるようです。

このような事務所では、初回相談においても、資格のないスタッフが応対することが多いといわれます。

初回相談で専門家が直接対応しないような事務所には注意したほうがよいでしょう。

やはり、司法書士や弁護士に直接会ってみるというのは大切なことです。

無料相談を受け付けているのは、良い印象を受けてもらえる、提示するプランに満足してもらえるという自信の表れでもあります。

そういったところであれば、高い確率で良心的な事務所といえます。

3-2.手続きにかかる費用がわかりやすく明瞭会計である

事務所を選ぶときには、発生する費用が明確でわかりやすいかを確認しましょう。

過払い金請求や任意整理、個人再生では貸金業者との交渉や裁判によって額が変わることがありますが、成功報酬の割合がしっかり書いてあるかもチェックしましょう。

よくある悪いケースは、手数料や経費という名目で次々に追加料金が発生したり、後から高額の成功報酬を請求されたりするなどです。

こうしたことのないよう、表などで明瞭会計を提示している事務所を選ぶと良いといえます。

また、費用の相場についても知っておきましょう。債務整理にかかる主な費用は4種類です。1つめは初回相談をした時点で発生する「相談料」と呼ばれる費用です。

無料の事務所もありますが、費用を設けている事務所では5000円~2万円程度の費用がかかります。

2つめは「着手金」で、正式に債務整理を依頼した時点で発生します。任意整理の場合は、着手金の費用を取る事務所が多く、1社に対して3~5万円ほどがかかります。

もし任意整理が順調に進まず、途中で契約を破棄した場合でもこの費用は戻ってきません。慎重に決断して支払いましょう。

3つめは「成功報酬」です。過払い金請求の場合、貸金業者との交渉による場合は過払い金の20%、裁判で争った場合は25%が相場です。

任意整理の場合は利息を止めることで浮いたお金の10%が相場です。

また、個人再生の場合は30~60万円、自己破産の場合は20~40万円程度が相場といえます。

3-3.債務整理の実績が豊富

司法書士や弁護士には得意分野というものがあります。弁護士事務所には離婚裁判を専門にするところや、交通事故を主に扱うところが存在します。

司法書士事務所においては、不動産登記や商業法人登記が主な業務であったり、一般的な民事事件を主に受け付けたりするところもあります。

こうした事務所に債務整理を依頼しても満足できる結果は期待できないでしょう。

債務整理を依頼するなら、債務整理の実績が豊富な事務所を選ぶべきです。

このような事務所をみつけるには、ホームページなどの広告の目立つ箇所を読んでみるのが最も簡単です。

そこに得意としている分野が必ず書かれているからです。そこに実績が書いていれば、さらに信頼ができます。

債務整理においては、過払い金や借金の減額などの累計がわかるはずなので、実績のある事務所はスペースを割いてアピールしていることが多いのです。

もっと簡単に探すなら、全国に拠点があるような事務所に絞るのもよいでしょう。

全国展開しているということは、評判がよいため顧客が集まり、事業を拡大させてきたという証明でもあるからです。

3-4.営業時間が柔軟

債務整理を司法書士や弁護士にお任せしていただくにしても、普段の仕事をしながら相談や進捗の確認をしていただくのが一般的です。

そのため、土日も営業している事務所のほうが、時間の都合がつきやすいといえるでしょう。

また、多くの会社の終業時間である夕方以降も営業していれば訪問や連絡がしやすくなります。

また、現在では電子メールで連絡を取る方が都合のよい場合もあります。

メールでの連絡を受け付けていれば、いつでも問い合わせや相談ができ、返答が受け取れるので便利です。

また、周囲の人や家族に債務整理を知られたくない方もいるでしょう。

事務所によっては、連絡先や連絡時間帯を指定できるところもあります。

顧客の要望に合わせて対応してくれる事務所ならばストレスなく債務整理を進められます。

3-5.支払い方法が柔軟

任意整理などの場合、返済が続くことになります。そのため、費用の支払いを一括で支払うのがむずかしい場合もあるでしょう。

こうしたときに分割の支払いに対応しているなど、支払方法が柔軟かどうかもチェックしておきたいところです。

また、たとえば任意整理の場合、貸金業者と和解が成立した時点で返済が再開します。

この貸金業者への返済と債務整理を依頼した事務所への費用の支払いは、できれば重ならないほうがよいといえます。

タイミングを調整してくれる事務所なら、負担が集中することを防げます。

借金問題で困っている場合、すべての手続きをした後に成功報酬として支払いたいと考える人も多いでしょう。

そうすれば費用の支払いを気にする必要がありませんし、仮に債務整理が上手く進まなくても、その事以外の影響が少ないからです。

この意味では、初回相談と初期費用が無料と明示している事務所は利用しやすいといえるのです。

3-6.全国から債務整理の相談を受けている

全国展開をしている事務所を選ぶメリットの1つめは経験が豊富ということです。

全国各地のノウハウを共有して蓄積しているので、個人事務所とは比較できないほど効率的な業務がおこなわれています。

また、貸金業者の対応方針が変化することもしばしばですが、数多くの案件を扱う事務所ならいちはやく情報をキャッチして対策を取ることも可能です。

2つめは営業時間が長く、土日も営業していることが多いことです。全国展開している事務所はスタッフの数が多く、シフトを組むことでこうした営業が可能なのです。

また、専門の電話のオペレーターを用意しているなど、気軽に相談できる体制が整っていることも多くあります。

一方、地域密着型の事務所のように、地元の裁判所の対応や傾向に熟知していないこともあるので注意が必要です。

全国展開の事務所を選ぶなら、名古屋市に拠点を持つところを選びましょう。

4.名古屋市でみどり法務事務所が選ばれる理由

みどり法務事務所は、債務整理と借金問題解決を主に扱っている、全国各地に拠点を持つ司法書士法人事務所です。

本拠地が高知にあるため四国・中国地方を中心に活動していましたが、現在では熊本県、愛知県、東京都、北海道など拠点を増やしていきました。

すべての事務所を合わせると月に約500件の相談を受け付けており、過払い金・債務整理の実績は90億5000万円以上です。

これほど多くの方にご利用いただいた理由の1つは、相談料と初期費用が0円であることです。

何度でも無料で相談できるので、十分納得してからご依頼していただけます。

2つめは、費用が成功報酬のみというシンプルでわかりやすい料金プランです。

成功報酬のみならば、特に過払い金請求にではメリットが大きくデメリットはほとんどありません。

3つめは、債務整理に関する依頼者の負担を極力少なくしていることです。

過去の明細や取引履歴などを集めるのは大変なことです。紛失して失くしている場合もあるでしょう。

こうした場合でも、貸金業者の名前さえわかれば、みどり法務事務所が調査して必要な書類を集めます。

その後の手続きも基本的にすべてみどり法務事務所が代行いたします。

4つめは、プライバシー管理が徹底していることです。債務整理に関して周囲の人や家族の目が気になるという方もいるでしょう。

みどり法務事務所は個人情報や債務整理に関する情報の管理が万全なので、安心してお任せしていただけます。

また、郵便物を郵便局留めにしたり、ご指定の連絡先、時間帯にだけ連絡させていただいたりするなど、依頼者の仕事やプライベートに配慮した対応をしております。

過払い金・任意整理・個人再生・自己破産のことなら、みどり法務事務所にお任せください。

5.名古屋市で多い債務整理について

他の都道府県と同じように、名古屋市における債務整理のなかで最も多い手続きは任意整理です。

そこで、任意整理の手続きの流れとメリット・デメリットについて紹介します。

5-1.任意整理の手続きの流れ

任意整理が最も選ばれる理由は、比較的短時間で済むことと、リスクが少ないからです。

任意整理の流れは「司法書士・弁護士との相談」「任意整理の委任」「取引履歴の開示請求」「借金の再計算」「貸金業者との交渉」「新たな返済のスタート」の6ステップに分けられます。

司法書士・弁護士との相談

任意整理の委任を受ける前には、司法書士か弁護士の資格を持つ専門家と面談して直接ご相談をしていただくのが基本です。

もし、面談を省略する事務所があれば注意しましょう。

このご相談のなかで、月々の返済額や債務総額などの情報を教えていただき、個人再生や自己破産ではなく任意整理が最も適切な選択なのか、任意整理により解決の見込みがあるのかなどの判断材料にいたします。

任意整理の委任

任意整理によって発生するメリット、デメリットを説明させていただき、依頼者がご納得されたうえで、任意整理を正式に依頼していただきます。

依頼を受けた時点で、事務所は貸金業者に対して直ちに「受任通知」という書類を送付します。

これにより、法律上、一時的に貸金業者は債務者に直接返済を請求できなくなり、督促がストップします。

取引履歴の開示請求

受任通知に続いて、貸金業者に対して取引履歴の開示請求をします。通常、1週間~1カ月ほどすると、取引履歴が事務所宛てに届きます。

借金の再計算

取引履歴を元に、利息制限法に基づいた金利で利息の再計算をおこないます。この過程で過払い金が発生していることがわかった場合には、過払い金請求もおこないます。

過払い金の額によっては、借金がなくなる、あるいは余った分を受け取ることが可能です。また、借金がなくならない場合も、返済に充てられるため、借金の残額が減ります。

再計算をした結果、借金が残る場合、元金分割払いと利息カットで返済するためのプランを依頼者にご説明いたします。

多くの場合「任意整理後の利息が発生しなくなる」「遅延損害金を免除してもらえる」という成果が期待できます。

また、経験豊富な司法書士や弁護士なら返済計画についても適切なアドバイスができることも多いため、気になることを相談していただけます。

貸金業者との交渉

現在の依頼者の収入と月々の返済額などを考慮して、新たな返済プランを作成します。

そして、これを和解案として貸金業者に提出します。貸金業者との交渉は司法書士や弁護士が代わりにおこなうため、依頼者は同席しなくてもかまいません。

細かな返済方法も含めて、できるだけ依頼者のご希望に沿うように協議いたします。

新たな返済のスタート

貸金業者が和解案に合意すると、和解内容を確認するための合意書を取り交わします。

この時点で任意整理の手続きは完了です。その後、新たな返済プランにおいて返済が再開されます。

ここまで手順を説明してきましたが、司法書士や弁護士にお任せいただければ、ほぼすべての手続きを代行させていただきます。

借金問題でお悩みなら、比較的スピーディで現在の生活に影響を与えない任意整理を検討する価値は大きいといえるでしょう。

5-2.任意整理のメリット・デメリット

メリット

任意整理の主なメリットは4つです。1つめは多くの場合、任意整理の完了後に利息が発生しなくなり、遅延損害金が免除されることです。

2つめは自己破産や個人再生に比べて手続きが簡単であることです。収入や資産を証明する書類の作成も必要ありません。

任意整理は裁判なしの手続きです。裁判の場合、本人が出向くことが求められるため、手間だけでなく時間も拘束されることがしばしばです。

任意整理ならこうした負担がありません。3つめは貸金業者を選んで任意整理ができることです。整理したくない業者がある場合はそのままにしておけます。

4つめは、任意整理を依頼した時点で督促がストップすることです。

任意整理を依頼するということは、当然ながら、借金の返済に困っている状態のため、督促が止まることは経済的にも精神的にもメリットがあるといえます。

ただし、司法書士や弁護士に依頼せずに個人で任意整理をする場合、督促はストップできません。

そもそも、貸金業者に和解案を持っていっても、法律家に頼むようにいわれて断られてしまうケースが多いのです。

自分でしようとする人は少ないでしょうが、任意整理は司法書士や弁護士に任せていただくのがよいといえます。

デメリット

主なデメリットは3つです。1つめは、いわゆるブラックリストにのってしまうことです。

信用情報期間に「事故情報」として記載されるため、5年ほど新規借入がむずかしくなったり、クレジットカードをつくれなくなったりします。

ただし、ブラックリストにのったことは、家族や職場の人などに知られることもないため、考えようによってはそれほど大きなデメリットとはいえないでしょう。

2つめのデメリットは、借金のすべてまたは一部が減る自己破産や個人再生に比べて減額が少ないことです。

ただし、過払い金が発生している場合には、大幅に借金の残額が減る、もしくはなくなるというメリットもあります。

実際、任意整理がきっかけで借金問題が解決したというケースもあるため、過度の期待は禁物ですが過払い金についても調べてもらいましょう。

3つめは、任意整理に対して厳しい対応を取る貸金業者が増えていることです。

この傾向が今後どうなるかは不明ですが、特定の業者は和解に時間がかかるケースがあります。

また、返済が何度も遅れた場合や、借入期間が短い場合などは交渉がむずかしくなる場合が多いといえます。

6.名古屋市の債務整理・借金問題について

名古屋市は1871年の廃藩置県を経て、1889年に市制が施行されました。

当時の面積は13.34平方キロメートルで人口は15万7496人でしたが。現在では面積326.45平方キロメートル、人口約230万人の市へ発展しています。

ひつまぶし、きしめん、天むすなどの独特な料理は全国で愛されており、また「名古屋婚」と呼ばれる派手な結婚イベントが注目されることもあります。

6-1.名古屋市の弁護士・司法書士事務所の数

名古屋市において債務整理の案件を主に扱っている弁護士事務所の数は14、司法書士事務所の数は34です。

ただし、この事務所以外にも債務整理を受け付けている事務所はあると予想されるため、数は多少前後するでしょう。

日本弁護士会の愛知県弁護士会の公表によると、弁護士会に所属する愛知県全体における弁護士の数は1964名で、外国特別会員数は4名です。

愛知県弁護士会では一宮・半田・西三河・東三河の4支部に分割しているため、名古屋市における弁護士の正確な数は不明です。

なお、名古屋市内には愛知県弁護士会があるため、弁護士に関して不明な点があれば問い合わせてみましょう。

また、愛知県司法書士会によると、司法書士会に所属する愛知県全体の司法書士の数は1301名です。

うち、名古屋市を含む名古屋中央支部は374名、名古屋東支部は245名、熱田・海部支部は110名の司法書士がいますが、他の市・町・群も含まれるため正確な数は不明です。

この愛知県司法書士会も名古屋市内にあるため、司法書士に関する疑問があれば問い合わせができます。

6-2.名古屋市の借金事情・過払い金請求事情

「名古屋婚」に代表されるように、名古屋市は財力がなければ結婚ができない、家族を守れないといった考え方が強いといわれています。

そのためなのか、貯蓄率において愛知県は全国第3位と上位にランクインしています。

一方、名古屋市の負債をおおまかに見ると増加傾向があります。

昭和54年における1世帯あたりの負債は約200万円であったのが、平成元年には約350万円、平成11年には約700万円と推移しました。

現在はやや少なくなって約600万円です。負債の理由としては住宅と土地のためが最も多く、全体の7割を占めています。

名古屋市における自己破産の申立てと個人再生の申立ての件数は、2014年度において1254件です。

当時の人口から計算すると、1万人に対して約5.6人が債務整理という法的な手続きをしたことになります。

任意整理の数は正確に把握できませんが、自己破産の数十倍となるのが通常です。

また、現在は過払い金請求の数も多く、完済している場合や過払い金によって借金がなくなる場合は債務整理の扱いにはなりません。

したがって、もっと多くの人が法的な手続きを取ったと推測できます。

6-3.債務整理・借金問題で専門家をお探しの名古屋市在住の方へ

司法書士や弁護士に債務整理を依頼したり、借金問題を相談したりすることに抵抗を感じる方がいらっしゃいます。

たしかに、法律関係の仕事は堅いイメージがありますし、かつては業界全体で現在よりはるかに高い相談料を設定していたため、気軽に利用できない面もありました。

しかし、現在は司法書士や弁護士の事務所が自由に料金を設定できるようになっています。

また、司法書士・弁護士の数自体が増えてきたことにより、業界全体がリーズナブルな料金になったのです。

こうしたなかで、もっとも平均して費用が安いといえるのが全国に拠点を持つ司法書士事務所です。

債務整理・借金問題をご依頼するなら、この分野を得意としている実績ある事務所を選ぶとさらにご満足いただけるでしょう。

みどり法務事務所は全国に拠点を持つ司法書士法人事務所です。相談は何度でも無料、初期費用もかかりません。

成功報酬が基本なので、お気軽にご相談いただけます。

名古屋市においては、中区に愛知県名古屋事務所があり、名古屋市営地下鉄東山線・名古屋市営地下鉄鶴舞線「伏見」駅から徒歩7分、名古屋市営地下鉄桜通線「国際センター」駅から徒歩7分、名古屋市営地下鉄鶴舞線・名古屋市営地下鉄桜通線「丸の内」駅から徒歩9分とアクセスが良好です。

過払い金の無料相談会を実施することもあり、詳しい開催日時はみどり法務事務所のホームページでご確認いただけます。

また、無料の出張相談も受け付けていますので、事務所が遠方に感じる方はご利用ください。借金問題が解決した、過払い金が戻ってきたなど多くの人からご満足の声を頂戴しております。

債務整理、借金問題に強い司法書士が在籍する、みどり法務事務所へのご連絡をお待ちしております。

page top