滋賀県で借金問題・債務整理の相談ができる司法書士をお探しのかたへ

人によって状況はさまざまでしょうが、当初考えていた以上に借金が増え、返済を続けるのがむずかしい状況に陥ってしまうことがあります。

そうなると、日々の生活が苦しくなるのはもちろん、人生そのものにも影響を及ぼしてしまいかねません。

そんなとき、債務整理をおこなえば、新しくやり直すことができる可能性があります。

ただ、債務整理にはいくつかの方法があり、依頼する事務所によって結果に違いがでることもあるのです。

そこで、債務整理についての詳しい情報や事務所選びについて、詳しく解説します。

1.滋賀県で債務整理の相談ができるみどり法務事務所のご案内

滋賀県で債務整理のご依頼を受けているみどり法務事務所は、債務整理や過払い金請求をはじめとした借金問題を専門としている司法書士事務所で、特に債務整理の分野に関して実績が豊富です。

相談料は無料なので、初期費用の負担がありません。事務所は東京と札幌、名古屋のほか、高知県をはじめとした中国・四国地方に複数構えています。

ただし、事務所のあるエリアだけではなく、滋賀県などそれ以外の地域でも出張相談が可能です。

2.滋賀県で借金がある人への債務整理のすすめ

返済がむずかしくなるような借金を抱えていると、もちろん経済的に生活は苦しいはずです。

ただ、それだけではなく、精神的にも追い込まれたり、未来に希望が持てなくなったりしてしまいます。

あまりに負担が大きすぎると、さまざまなところに支障をきたすことにもなりかねないのです。

そんなとき、債務整理という方法をとることで、借金を抱えた生活を少しでも楽にすることができます。

つまり、一度破綻しそうになった人生をリセットして新たに出発しなおすことも可能なのです。

そのため、ほんとうに借金でどうにもならない状況に陥ってしまっているのなら、債務整理をおこなうことも解決方法のひとつになり得ます。

3.滋賀県の事務所選びのポイント

1-1.債務整理の実績がある事務所かどうかを確認する

弁護士事務所や司法書士事務所では、債務整理をはじめ、さまざまな法律にかかわる問題を取り扱っています。

ただ、どんな業務をどれだけ扱っているかということに関して、どこの事務所でも同じということはありません。

人員も多い大規模な事務所では、所属する弁護士や司法書士がそれぞれ得意とする分野を受け持ち、幅広い分野に対処していることもあります。

一方で、なにかひとつの分野に特化して専門としている事務所もあるのです。

もちろん、どんなタイプの事務所に依頼しても、弁護士や司法書士などの専門家がいるため、ご依頼いただければ債務整理であれ、なんであれ、弁護士や司法書士が取り扱える範囲の業務なら対処は可能です。

ただ、債務整理を専門としている事務所の方が、素早く的確に対応することができます。

そのため、債務整理を依頼するときは、実際に債務整理の案件を数多く扱っているか、実績が豊富かどうかを確認しておくのは大切なポイントです。

3-1.費用や会計がどうか

費用負担が少ないかどうか

弁護士事務所や司法書士事務所にご依頼いただいて債務整理をおこなう場合、ある程度の費用はかかります。

通常成功報酬などのほかに必要となるのが、時間当たりの相談料や着手金などです。

ただし、依頼者からどれだけ報酬を受け取るかは、ある程度事務所の裁量に任されています。

そのため、相談料などを無料にして初期費用は0円で、成功報酬だけを受け取るという事務所もあるのです。

実際に債務整理をしようと考えている人の場合、経済的に苦しい状況のことも多いことでしょう。

そのため、事務所選びをするとき、少しでも費用負担が減る無料相談を受けているかどうかをチェックすることが大切です。

明瞭会計で支払い方法を選べるかどうか

万一、追加費用などを請求されると、後々困ってしまうことにもなりかねません。

そうならないためにも、明瞭会計で手続きにかかる費用がわかりやすいかどうかも大切なチェックポイントだといえるでしょう。

また、費用の支払いは借金に苦しんでいる人にとって、負担になり得ます。

債務整理の手続きが上手くいったとしても、その後の生活を考えると一度に支払いをするのは大変なこともあるはずです。

そのため、分割払いができるなど、支払い方法を柔軟に対処してくれるかどうかも事務所選びのポイントになります。

3-2.柔軟な対応をしてくれる事務所かどうか

債務整理を弁護士や司法書士などの専門家にご依頼いただければ、あとは債権者とのやり取りなどを任せていただくことが可能です。

ただ、どうしても事務所と依頼者の間で連絡を取ることが必要なこともあります。

平日の昼間は仕事で忙しい人の場合、なかなか弁護士事務所や司法書士事務所が営業している間に連絡を取るのがむずかしいというケースもあるのではないでしょうか。

そのような懸念がある場合、平日の夜や土日祝日なども対応している事務所を選ぶようにすると、仕事に差し支える心配がありません。

3-3.全国から債務整理の相談を受け付けている

地元の小さい事務所でも債務整理の力になってくれるところはありますが、地方には債務整理だけを専門としている大きな事務所があまりないということも珍しくありません。

一方で、債務整理とはじめとした借金問題の解決を得意としている大きな事務所が、そのノウハウを活かして地元以外で出張相談を展開している場合も多いです。

専門的な知識や手腕がある事務所に依頼したいという場合は、全国から相談を受け付けているような債務整理に特化した事務所に相談してみるといいでしょう。

4.滋賀県でみどり法務事務所が選ばれる理由

4-1.相談無料で初期費用の負担をかけずに済む

みどり法務事務所が選ばれている理由のひとつに初期費用が0円だということがあります。

弁護士や司法書士に依頼するとなると、なにかと費用がかかって大変だと、二の足を踏んでしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、みどり法務事務所は依頼者が負担する費用は成功報酬だけで、相談は何度しても無料というところがメリットなのです。

そのため、実際に自分の借金の状態ではどんな債務整理が適しているのかわからない、債務整理をすればどのくらい返済の負担を減らせるのか知りたい、という人も相談しやすい環境を整えています。

4-2.秘密厳守で周囲に知られずに手続きできる

借金問題は周囲に知られると困るという人も多いはずです。

たとえば、弁護士事務所や司法書士事務所から電話がかかってきたことが周囲の人にわかってしまうと、なにかトラブルを抱えているのかと訝しがられることにもなりかねません。

また、家族に借金を内緒にしているのなら、家に郵便物が送られてくると知られてしまう可能性もあります。

そうならないように、依頼者の事情を考慮し、連絡を取る時間帯や郵便物の配送先なども、希望に添うように対処しているのも選ばれる理由のひとつです。

秘密厳守を徹底しているため、安心してご依頼いただけます。

4-3.親切・丁寧で迅速に行動する

さらに、親切・丁寧で迅速に行動するというのも選ばれるポイントです。実際に債務整理をおこなう際には、依頼者に納得してもらうまで十分説明します。

不十分な説明でデメリットなどをしっかり把握せずに債務整理をおこなってしまうと、後々思っていた状況は違う結果にもなりかねません。

そんな行き違いがないようにするためにも、依頼人がわかりにくいことや疑問に感じていることに対しては、納得いくまで説明しています。

実際に債務整理をおこなう契約を交わす段階でも、どのくらい費用がかかるか、手続きはどんな流れでどのくらい時間がかかるかという目安も説明し、納得してご依頼いただくことが可能です。

また、借金の返済に苦しんでいる人にとっては、その状態が長引けば長引くほど、それだけ負担のかかる時間も続きます。

そのため、できるだけ早く借金問題を解決することが依頼者の負担を減らすことにつながるのです。

つまり、債務整理を取り扱う弁護士や司法書士にとって、迅速に対応することが大切になります。

みどり法務事務所では、親切・丁寧な対応を心がけながらも、迅速に行動することも忘れていません。

4-4.借金問題に対応する全国展開の専門家

司法書士が取り扱うことができる法律問題は多岐にわたっています。そのなかでも、みどり法務事務所は特に借金問題に特化し、多くの実績を積み重ねている事務所なのです。

その豊富な実績から得たノウハウを生かし、事務所を構える地元だけではなく、全国の借金問題で悩んでいる人の助けになれるよう力を尽くしています。

なかなか近くに債務整理を依頼できる事務所がない地域に住む人でも、借金問題解決の専門家として力になることができるという点も選ばれる理由のひとつです。

5.滋賀県で多い債務整理について

5-1.債務整理を依頼するタイミングは?

債権者側からすると、貸したお金を返してもらうのは当然のことであり、貸した分が戻ってこなければ損をしてしまいます。

そのため、債務の返済が滞れば、債権者から督促状などが届くようになるでしょう。

債務者は払えないからといってそのまま滞納し続けていると、借りたお金を毎月これだけ支払うという約束を破ったことになってしまうため注意が必要です。

支払いが滞っている状態を放置しておけば、当然債務者の返済に関する信用は失われます。

そこで、債権者は少しでも貸した分を取り戻すために一括請求してくる可能性があります。

また、確実に取り戻すために裁判に訴え、給与を差押えるという手段を取ることも考えられるのです。

もちろん、そんな状況に陥ってからでも、なんらかの方法で対処することは可能ですが、あまりに状況が悪化していると取れる方法も限られてしまいます。

そのため、できれば毎月の返済が厳しいと感じたり、返済が遅れがちになってきたりした場合は危険信号と考えるべきでしょう。

デメリットを最小限に抑えて債務整理するためにも、早いうちに一度司法書士などの専門家にご相談していただくと、適切な方法を探れる可能性がひろがります。

5-2.債務整理の種類

自己破産

自己破産は毎月返済していくことがむずかしくなった場合、裁判所を通して債務整理をする方法のひとつです。

その際、もし、自宅や自動車など現金化できる財産を所有していれば、債権者への返済に充てられます。

それでも債務が残る場合や、そもそも返済に充てる財産がないという場合、裁判所に申立てをおこない、債務の返済を免除してもらう免責手続きをおこなうことになります。

免責が認められれば残った借金は免除され、返済する必要はありません。

ただし、自己破産の手続きをするためには、支払いが不能の状態であることが認められなければならないうえ、過去7年間に免責許可を受けていないなどの条件を満たしている必要があります。

自己破産が認められれば債務の返済をしなくてよくなるというのが大きなメリットです。

しかし、もちろんメリットばかりではありません。信用情報機関に事故情報が登録されるため、一定期間は新しい借入をしたり、クレジットカードを作ったりすることがむずかしくなります。

日常的にチェックしている人が少ないとはいえ、官報に自己破産したことが掲載されるため、周囲に知られるリスクが全くないとはいえません。

さらに、家や車など財産といえるものがあれば手放さなければいけないほか、資格制限で一時的に仕事ができなくなる場合があるなど、生活に影響が及ぶことがあるのもデメリットです。

個人再生

個人再生も裁判所を通して債務整理する方法のひとつです。

支払い不能な債務を免責する自己破産とは異なり、住宅ローン以外の借金を見直して減額することで、支払い可能な返済計画を立て直します。

認められれば住む家を残したままで大幅に借金を減らし、3年程度で返済できるようにするという方法です。

自己破産のように債務が免責されるわけではないため、支払いを続けられる安定した収入のあることが手続きをする条件になります。

資格制限を受けるようなことがないため、仕事に影響がでることはありません。

ただ、自己破産と同様に、官報で公告されたり、信用情報機関に個人再生の手続きをおこなったことが登録されたりするという点がデメリットです。

個人再生には給与所得者等再生と小規模個人再生の2種類の方法があり、最低限返済しなければならない金額の決め方や、債権者の反対が関係してくるかどうかという違いがあります。

サラリーマンなど給与所得者は、どちらかの方法を選ぶことが可能です。しかし、自営業の人の場合は小規模個人再生しか選べません。

任意整理

任意整理は自己破産や個人再生とは違い、手続きに裁判所を通しません。

弁護士や司法書士などが直接債権者と交渉することで、借金を減額したり、利息をカットしたり、月々の返済額を減らしたりすることができる方法です。

利息をカットできれば早く完済できるようになるほか、調査の途中で過払い金のあることがわかった場合は、相殺して借金そのものを減らせる可能性もあります。

任意整理は裁判所を通さないため、手続きにもある程度自由度があり、債権者が複数ある場合は任意整理をする業者としない業者を選ぶことも可能です。

官報に公告されるようなことはなく、周囲に債務整理をしたことを知られるリスクは少ない方法だといえるでしょう。

また、資格制限を受けることもないため、仕事に影響が及ぶこともありません。

ただし、裁判所を通さない方法だとはいえ、債務整理をおこなったことで信用情報機関に情報がのることは避けられず、その点はデメリットになります。

また、個人再生と同様に、交渉で決まった返済方法を3年程度で実行できる収入のあることが条件です。

過払い金請求

長年貸金業者から借入を続けている場合は、過払い金が発生している可能性があります。

2010年6月に改正貸金業法が完全施行される以前は、多くの貸金業者で利息制限法の上限である15%~20%を超える金利で貸付が行われていました。

この15%~20%を超えて出資法の上限金利である29.2%までの部分はグレーゾーン金利と呼ばれ、本来は支払う必要のない利息です。

そのため、この分は過払い金という扱いになり、返還請求をおこなうと戻ってくる可能性があります。

過払い金が多く発生している状態ならば、取り戻した分で今ある借金を全額返済できるというケースもあり得るのです。

戻ってきた過払い金で借金を相殺しても残債が残ってしまうと信用情報に影響してしまいますが、すでに完済している借金の過払い金を取り戻すだけの場合や、取り戻した過払い金で借金を全額相殺できれば信用情報にも影響しません。

5-3.債務整理の費用相場

1社の債務が140万円以下の場合は、司法書士にご依頼いただくことが可能です。

かかる費用の内訳は、相談料と着手金、成功報酬などがあります。

ただし、事務所によっては相談料が0円というところがあるほか、着手金は0~20万円程度まで、事務所によってさまざまです。

ほかには、少額ですが、書類の作成や郵送代、交通費など実費が発生することもあります。

自己破産にかかる成功報酬の相場

自己破産の場合は、処分する財産がほとんど残っていない同時廃止という手続きをする場合と、破産管財人を選任して手続きをおこなう少額管財事件や管財事件で多少費用に違いが出ます。

成功報酬は同時廃止の場合が20~30万円程度、少額管財事件や管財事件の場合は40~50万円程度です。

個人再生にかかる成功報酬の相場

個人再生を司法書士にご依頼してもらう場合、住宅ローン条項があるかないかで違いがあります。

住宅ローン条項がない場合の成功報酬は30万円程度、あれば30~40万円が相場です。

任意整理にかかる成功報酬の相場

任意整理の場合は、債権者ごとに司法書士が直接交渉をおこなうため、1社あたりの基本成功報酬が2~5万円程度かかることがあります。

そして、引き直し計算の結果、過払い金を取り戻すことができれば20%の歩合成功報酬、借金が減額できた場合は10%の減額報酬を支払うのが相場です。

過払い金請求にかかる成功報酬の相場

過払い金請求に関しては相談料や着手金などにかかる初期費用は無料、成功報酬のみという事務所が多いです。

成功報酬は1社2~5万円程度の基本成功報酬と、取り戻した過払い金の20%程度の歩合成功報酬がかかる費用の相場になります。

なお、訴訟をおこなった場合の歩合成功報酬は25%程度、調査の結果過払い金の発生がなかった場合は、支払う報酬が0円というところも多いです。

5-4.任意整理の手続きの流れ

任意整理は裁判所を通さない手続きであるため、比較的短期間で済みます。デメリットやリスクも少なく、債務整理のなかでもっとも利用する人が多い手続きです。

任意整理をすることが決まれば、まずは司法書士などが債権者から取引履歴を取り寄せて、利息制限法の金利に基づいて引き直し計算をおこない、正当な債務の金額を決定します。

そして、結果をもとに現実的に可能な返済ができるよう、司法書士が債権者と和解交渉をおこなうのです。

お互いの条件が一致すれば合意書を取り交わし、その後は合意書に基づいた返済方法で債権者に返済をしていくことになります。

6.滋賀県の債務整理・借金問題について

6-1.滋賀県の紹介

滋賀県は近畿地方にあり、西は京都府、北は福井県、東は岐阜県、南東から南にかけては三重県に接する位置にある県です。

また、国内で最も大きい湖である琵琶湖が県の中心に位置し、県全体のおよそ6分の1の面積を占めています。2019年1月1日時点での人口は141万3155人です。

大津地域

琵琶湖の西側、県全体では南西部を占める大津市は、2009年4月に中核市になりました。

県庁所在地として特に市の南部に県庁をはじめとした公共施設が多く集まっています。

一方で、市の東側には琵琶湖の風景が続き、西側の京都府との県境には比叡山や比良山系に連なる山々が広がり、自然にも恵まれている市です。

また、瀬田の唐橋や近江神社、三井寺など歴史を感じさせるスポットも点在しています。

市内をJR湖西線や東海道本線、京阪京津線など複数の鉄道路線が通っています。

京都市の中心部にもアクセスが良好であるため、京都に通勤している人も多いエリアです。

また、名神高速道路や国道1号線など主要道路も大津市内を通っているので、自家用車を所有している人にとっても利便性があります。

南部地域

琵琶湖の湖東側でも南の地域を占め、草津市や守山市、栗東市、野洲市があるエリアです。

栗東市は琵琶湖に面していませんが、他の3市は琵琶湖沿いに広がっています。

JR東海道線が通っており、草津駅からは草津線が分岐しています。

また、名神高速道と新名神高速道路が通っているため、県内はもちろん県外へのアクセスも便利な地域です。

甲賀地域

県の南部を占める甲賀市と湖南市を含むエリアで、琵琶湖には直接接していません。

湖南市は野洲川沿いに広がる市で、かつては東海道五十三次51番目の宿場町として栄えた石部宿があり、古くから交通の要衝でした。

現代でも近くを東海道本線や名神高速道路などが通っているため、工場の立地が多いことが特徴のひとつです。

また、京都へのアクセスもいいため、ベッドタウンとしての役割も担っています。

甲賀市は甲賀忍者の里として知られる甲賀町や信楽焼で有名な信楽町、甲南町、土山町、水口町が合併し、2004年に誕生した市です。

土山町と水口町にはそれぞれ東海道五十三次の土山宿と水口宿が置かれていました。

東近江地域

琵琶湖の湖東側の中央部分を占める地域です。そのうち、竜王町と日野町は内陸に位置しています。

竜王町は町の30%を水田が占め、農業が盛んです。一方、日野町は竜王町よりももう少し内陸に位置し、かつては蒲生氏の城下町として発展してきました。

また、楽市楽座が開かれたこともあり、近江日野商人の町としても知られています。

近江八幡市は琵琶湖に面して平野が広がっていることから農業が盛んであるほか、日野町と同様に、早くから近江商人が活躍しました。

東近江市は西を琵琶湖に接している一方、東は三重県との県境まで広がり、田園風景が広がる地域や山間部まで多彩な自然を見ることができます。

湖東地域

湖東地域に位置する彦根市は、かつて井伊家の城下町として発展し、現在でも湖東地域の中核都市として、2019年1月時点で人口11万人を超えている市です。

琵琶湖に面して平野が広がり、北東部にわずかに山間部が広がっています。

彦根市の西側の内陸部には、ほかに鈴鹿山脈の西側に広がる多賀町や甲良町、愛荘町、豊郷町などがあります。

湖北地域

湖東地域のすぐ北にある米原市は、古くから交通の要衝としての役割を担ってきたエリアに位置する市です。

現代でもJR東海道本線のほか東海道新幹線も通っています。また、東西に名神高速道路が通り、米原JCTからは北に北陸自動車道も伸びているため、車でも多方面にアクセスしやすいロケーションです。

日本百名山のひとつである伊吹山を東に臨み、宗谷川の清水を利用した滋賀県醒井養鱒場があるなど、豊かな自然にも恵まれています。

米原市からさらに北に広がる長浜市にも、琵琶湖の豊かな水環境や、福井県との県境にかけて広がる山の環境が豊富です。

また、羽柴秀吉が築城した長浜城や、賤ケ岳の戦いが行われた賤ケ岳など、歴史を感じられるスポットも点在しています。

さらに、長浜市の特に内陸部は、冬になると豪雪地帯として有名です。

高島地域

琵琶湖の湖西側でも、北部に広がっているのが高島市です。市の東側は琵琶湖に面して平野がある一方、西側は京都府や福井県との県境に山間部が広がっています。

湖北地域と同様に冬になると積雪が多い気候が特徴的です。古くから鯖街道など北陸と京都を結ぶルート上にあり、交通の要衝として発展しました。

6-2.滋賀県内にある弁護士事務所と司法書士事務所および貸金業者の数

滋賀県内には2019年2月時点で滋賀弁護士会に登録されている弁護士は150人です。また、滋賀県司法書士会に登録されている司法書士は全部で232人います。

その地域ごとの内訳は、大津支部が70人、高島支部に7人、草津支部に55人、甲賀支部に15人、東近江支部に29人、彦根支部が26人、長浜支部が30人です。

一方、滋賀県内で日本貸金業協会協会員として登録を受けている貸金業者は7社あります。

大津市にある株式会社滋賀ディーシーカードは三菱UFJニコスの系列会社、同じく大津市にある株式会社しがぎんジェーシービーは滋賀銀行の系列会社です。

また、大津市内にはほかにもダイコウという貸金業者があるほか、長浜市内に光ファイナンスとまるけい金融、山栄商事の3社、東近江市に大協産業株式会社という1社があります。

さらに、県内各地にアコムやレイクをはじめとした大手消費者金融の店舗が点在しています。

6-3.債務整理・借金問題で専門家をお探しの滋賀県在住の方へ

滋賀県にお住まいで借金にお悩みの方、債務整理に強いみどり法務事務所にご相談ください。

滋賀県は名古屋事務所が対応エリアとしており、相談は何度でも無料で出張も可能です。

それぞれの債務に応じて適切な方法を模索し、借金の減額や無理のない支払い計画に交渉することができます。

page top