岡山県で借金問題・債務整理の相談ができる司法書士をお探しのかたへ

岡山県で債務整理を検討していても、手続きの方法や事務所の選び方が分からず、なかなか手続きを始められない人もいるでしょう。

一刻も早く借金を整理し、生活に余裕を取り戻すには、実績と信頼がある事務所に依頼をしなければいけません。

そこで、債務整理や借金問題に悩んでいる人に多く利用されているのが、みどり法務事務所です。

ここでは過払い金請求のメリットやデメリット、事務所選びの際に押さえておきたいポイントなどを紹介します。

1.岡山県で債務整理の相談ができるみどり法務事務所のご案内

みどり法務事務所は関東や九州、中四国など全国規模で展開する、債務整理や借金問題に強い法務事務所です。

豊富な経験と実績を活かして、依頼者1人1人の状況や要望に合わせて、負担が軽くなる方法を提案します。

みどり法務事務所は完全成功報酬制なので、相談料や初期費用は発生しません。無料で何度でも相談が可能です。

出張相談も受け付けているため、遠方に住んでいる人や直接来所するのがむずかしい人でも気軽に相談できます。まずは無料診断ダイヤルやメールからお問い合わせください。

2.岡山県で借金がある方に債務整理のすすめ

債務整理とは、その名の通り債務を整理することで、債務の一部もしくは全額が免除されたり、毎月の返済額を少なくしたりできる手続きのことです。

債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などいくつかの種類があり、手続きの方法や免除される借金の金額がそれぞれ異なります。

たとえば、過払い金請求は借金の返済時に支払い過ぎたお金を返還してもらうための手続きです。

借金がある人なら、取り戻した過払い金を借金の返済にあてることで、残額を減らしたりゼロにしたりできます。

任意再生は貸金業者と直接交渉をおこない、返済額の減額や返済期間の見直しを訴求する手続きです。

利息制限法が見直された2010年よりも前に借金をしたことがある人は、利息を払い過ぎている可能性があるので、過払い金請求や任意再生を検討してみると良いでしょう。

個人再生は裁判所に借金の返済が困難な状況であると認めてもらい、住宅ローン以外の借金を減らすための手続きです。

個人再生は任意再生よりも大幅に借金を減額できるうえ、マイホームを手放す必要がないという特徴があります。

自己破産は所有する財産を賃金業者などの債権者に分配することで、借金を免除してもらう手続きです。

車や持ち家などの資産を手放すことになりますが、すべての債務を返済する義務がなくなります。

就業できる仕事が制限されたり、ローンが組めなくなったりなどのデメリットはありますが、借金をリセットして人生を立て直したいと考えている人は、自己破産をおこなうのも1つの解決策です。

3.岡山県の事務所選びのポイント

債務整理の手続きは時間や手間がかかるうえ、専門的な知識も必要になるため、弁護士や司法書士などのプロに任せたほうが無難です。

信頼できる事務所を選ぶために、押さえておきたいポイントを紹介します。

3-1.無料相談を受けている

債務整理を依頼する事務所を選ぶにあたり、まずはいくつかの事務所に相談をして、対応や料金を比較しましょう。

しかし、相談料が発生する事務所を選ぶと、比較するだけでお金がかかってしまいます。

特に、債務整理の相談をしたい人は、お金の問題で困っている場合が多いでしょう。

できるだけ費用を節約するためにも、無料で相談ができる事務所を選んだ方が無難です。

なお、相談をしたからといって必ずしも依頼をする必要はありません。しかし、料金が発生することで断りにくくなってしまう場合もあります。

相談した後は一旦事務所を離れ、比較検討してから改めて依頼をしても遅くはありません。その場の雰囲気に流されないよう冷静に判断しましょう。

3-2.手続きにかかる費用がわかりやすく明瞭会計である

ホームページを設けている事務所であれば、対応できる案件の内容や料金の相場を記載している場合もあります。

気になる事務所が見つかったら、まずはホームページで費用を確認してみると良いでしょう。

ただし、依頼者の状況や手続きの内容によっては価格が変動する可能性もあります。

直接事務所に問い合わせれば、きちんとした見積もりを出してもらえるでしょう。

万が一、問い合わせてもはっきりとした料金を教えてもらえない事務所であれば、候補から外すべきです。

詳細を知らされないまま依頼をした結果、追加料金が発生したという名目で、最初の見積もりよりも高額な費用を請求されたという例もあります。

また、詳しい話をしたいので事務所に来て欲しいと言われても、その前に電話かメールで大まかな見積もりを出してもらったほうが安心です。

依頼者を来所させ、断りにくい状況にしたうえで契約を迫るというケースもあるので、十分に注意しましょう。

3-3.債務整理の実績が豊富

事務所を探すうえで、実績も見逃せないポイントです。事務所のホームページを見るときは、代表者のプロフィールや、これまでに解決した事例集にも目を通しましょう。

ただし、「お客様の声」のように、ホームページで公開されている口コミは、良い内容のものだけを紹介している可能性もあります。

良い内容も悪い内容も含め、できるだけ多くの口コミや具体例をチェックしましょう。

3-4.営業時間や支払い方法が柔軟

支払い方法や営業時間も、自分に合った事務所を選ぶための判断材料になります。

弁護士事務所や司法書士事務所もサービス業です。上から目線で自分の都合に従わせようとする事務所よりは、依頼人に合わせて柔軟に対応してくれる事務所のほうが好感を持てるでしょう。

また、手続きを進める間に思わぬトラブルが起こったり、依頼者の生活状況が変わったりする可能性もあります。

いざというときのためにも、気兼ねなく相談できる事務所を選ぶべきでしょう。

3-5.全国から債務整理の相談を受けている

事務所を選ぶにあたり、全国規模で展開している大手事務所と個人事務所のどちらに相談するべきか迷っている人もいるでしょう。

債務整理の手続きには個人情報が必要になるため、打ち合わせや相談のために事務所へ来所する必要があります。

そのため、通いやすい場所にある事務所を選ぶに越したことはありません。

全国に拠点をもつ大手事務所は、駅前などアクセスしやすい場所にあることが多いです。

また、出張相談を受け付けているところもあるので、自宅から通える距離に事務所がないという人は利用してみるのも良いでしょう。

4.岡山県でみどり法務事務所が選ばれる理由

債務整理や借金問題を得意とする事務所は全国に数多く存在しますが、多くの人がみどり法務事務所を選ぶのは理由があります。

4-1.相談料や初期費用は無料!安心の完全成功報酬制

みどり法務事務所では相談料や着手金などの初期費用は必要ありません。

完全成功報酬制なので、今すぐ資金を用意するのがむずかしい人でも気軽に相談できます。

直接来所する前に確認したい事や、気になる事がある場合は、まずは電話かホームページの問い合わせフォームからご質問ください。相談は何度でも無料です。

4-2.債務整理の実績豊富

みどり法務事務所は90億円以上もの過払い金の返還実績をもつなど、債務整理や借金整理の実績が豊富な事務所です。

具体的な事例を知りたい人は、ホームページの「お客様事例集」をご覧ください。

自分のケースで対応してもらえるか不安な人も、まずは無料相談を利用して、プロの提案を聞いてみると安心していただけるでしょう。

4-3.事務所は全国8カ所!出張相談にも対応します

みどり法務事務所は東京都や札幌市、名古屋市、熊本市など全国8カ所に事務所を構える大手事務所です。

隣県への出張相談もおこなっているので、県内に事務所がない人も気軽に相談できます。

出張相談会は定期的におこなっているので、ホームページの問い合わせフォームからお申し込みください。参加費や相談料は無料です。

4-4.直接面談するのは1度だけでOK

みどり法務事務所では直接来所いただくのは原則として1度だけです。

何度も打ち合わせや面談をする必要がないので、多忙な人や遠方に住んでいる人でも利用できます。

4-5.資料などの準備は必要ありません

債務整理の手続きにあたり、依頼者自身が書類やカード類を用意する必要がありません。

明細書や契約書を紛失してしまったとしても、依頼者の名前と利用した貸金業者さえわかれば手続きができます。

万が一、業者の名前がうろ覚えだったり、合併などで業者名が不明だったりする場合も、みどり法務事務所の司法書士が調査するので問題はありません。

4-6.初めて利用する人にも親切丁寧!迅速に対応します

初めて債務整理をおこなう人も安心して依頼ができるよう、みどり法務事務所では手続きの流れや見積もりについて丁寧かつわかりやすく説明をおこないます。

事務所によっては債務整理のメリットだけを依頼者に伝え、契約を迫ろうとするところもあるでしょう。

しかし、債務整理にはデメリットもリスクも存在します。しかも、依頼者の状況によって予測できるデメリットはそれぞれ異なるものです。

みどり法務事務所はメリットもデメリットも詳しく説明したうえで、依頼者の状況に合わせて最適な提案をおこないます。

また、依頼者の状況次第では緊急性を求められることもあり、迅速な対応が必要です。

たとえば、みどり法務事務所の無料診断ダイヤルでは、約5分で過払い金がいくらあるのかを診断できます。

過払い金請求を検討している人は、一度診断を受けていただくと良いでしょう。

4-7.徹底した秘密厳守で誰にも知られず手続きが可能

家族や勤務先に知られずに債務整理をしたいという人のために、みどり法務事務所は依頼者の希望に合わせて、連絡する時間帯や郵送物の宛先など、柔軟に対応します。

どのような対応が可能なのか、詳細が気になる場合は電話またはメールで直接お問い合わせください。

5.岡山県で多い債務整理について

債務整理には過払い金や任意整理のように、債務者と債権者の和解を目的としたものもあれば、個人再生や自己破産のように裁判所を介するものもあります。

どのような方法をとるかは、依頼者の生活状況や借入額により異なるため、一概にどれが最適とは言えません。

ここでは債務整理をおこなうことで生じるメリットやデメリット、手続きの流れなどの基礎知識を紹介します。

5-1.債務整理を依頼するタイミング

基本的に、債務整理は早めに手続きを始めるほど良いといえます。

次に紹介する5つのポイントのうち、1つでも当てはまる項目があれば、一刻も早く債務整理をおこないましょう。

返済が遅れてしまったとき

生活は苦しいものの、全く返済ができないほどではない場合、債務整理をおこなうべきか迷う人もいるでしょう。

しかし、いざ返済が滞ってしまったとき、他の賃金業者から借入をして借金の返済へあてるようでは、ますます状況が悪くなってしまいます。

このように、複数の賃金業者から借入をしている状態が多重債務です。

1つの業者から借入をしている人よりも、多重債務者のほうが債務整理に時間がかかります。

多重債務をする前なら数カ月で終わったはずの手続きが、1年以上かかってしまう可能性もあるのです。

また、返済する余裕がないからといって滞納したままにしておくと、給与を差し押さえられたり、一括請求をされたりする場合もあります。

生活が厳しく、返済が遅れてしまいそうになった時点で、専門家に相談するべきでしょう。

借金の金額が月収の3分の1を上回ったとき

日本ではいくらでも借金ができるわけではなく、借りられる額は年収の3分の1までと法律で定められています。

これは、借入額に上限を設けることで、借金をしすぎないようにするための措置です。

規定を超える借金をすると、その時点で新規の借入ができなくなってしまいます。

すると、借金を返すどころか生活も困難になる可能性が高くなるので、借金の金額が月収の3分の1まで達したら早めに債務整理を始めましょう。

リストラやケガ、病気などで仕事が続けられなくなったとき

借金を抱えている状態で収入を絶たれてしまっては、生活が厳しくなるのは目に見えています。

収入があっても仕事を長く続けられない理由がある場合や、退職の目途が立っている場合は、在職中に債務整理をしておくと安心です。

借入をしてから1年が経過したとき

長期間返済を続けているのに借金が減らない、生活が苦しいまま改善する見込みがないという場合は、債務整理をすることで負担が軽くなる可能性があります。

目安として1年が経っても返済が終わらないのであれば、債務整理がおすすめになります。

婚約や結婚がきまったとき

婚約をしている人や、結婚を控えている人も、早めに専門家に相談したほうが良いでしょう。

結婚後の家計は自分一人で管理するものではなく、パートナーと共有するものになります。

収入や支出、資産を管理する方法も変わるでしょう。同時に、自分が作った借金も、二人の借金となるのです。

結婚する前に債務整理を行えば、パートナーにかける負担を軽減できます。

ただし、債務整理をおこなうと、パートナーやその家族にも借金があるとわかってしまうでしょう。

周りからの信頼を失ったり、婚約を解消されたりするのを恐れて、債務整理をせず借金を隠そうとする人もいます。

しかし、結婚した後まで借金を隠し通すのはむずかしく、結局ばれてしまう可能性が高いです。

自分から知らせるより、隠していたことがわかったときの方が、信頼を大きく損ねてしまいます。

誰にも相談しないまま一人で債務整理を進めるのではなく、家族やパートナーとよく話し合ったうえで決めましょう。

5-2.任意整理の手続きの流れ

任意整理は債務整理のなかでもっとも利用する人が多い手続きです。

債務者が無理なく借金を返せるよう、月々の返済額や返済期間について債務者と話し合います。

個人再生や自己破産よりも費用や時間がかからず、リスクが少ないのが特徴です。債務整理の手続きは、以下のような流れでおこないます。

弁護士や司法書士と面談する

まずは弁護士や司法書士などの専門家と面談し、状況を説明しましょう。

事務所によっては直接来所しなくても、電話やメールから相談ができることもあります。

任意整理委任契約を結ぶ

正式に依頼をすると決まったら、「任意整理委任契約」を締結します。契約後は事務所から債権者に対して受任通知を送るため、債務者が自ら債権者へ連絡する必要はありません。

受任通知には、債務者に依頼を受けたという旨のほか、取引履歴の開示要求、債務者本人に連絡しないことを要求する旨などが記載されています。

また、債権者が受任通知を受け取った時点で請求は止まるので、和解が成立するまでは返済をする必要はありません。

引き直し計算をする

債権者から取引履歴所が届いたら、利息制限法により定められた上限利息をもとに、引き直し計算をおこないます。

なお、取引履歴所が届くまでは平均で1~2週間、長いと1カ月ほどの期間が必要です。

引き直し計算をした結果、債務が残る場合は、再計算後の債務総額と月々に返済できる金額を考慮したうえで和解案を作成し、債権者へ送付します。

和解契約書を作成する

交渉の結果、債務者と債権者の間で合意ができれば、和解契約書を作成します。

調印は債権者と弁護士あるいは司法書士の間で行われるので、債務者が調印をするために債権者と面会をしたり、事務所に赴いたりする必要はありません。

和解契約書を作成する返済を始める

調印後は借金の残額と今後の返済計画について説明が行われるので、債務者は和解契約書の内容にもとづいて返済をおこないます。返済が完了した時点で、任意整理は完了です。

5-3.任意整理のメリット・デメリット

任意整理は比較的リスクが少ない方法とはいえ、全くデメリットが発生しないわけではありません。

手続きを始める前に、メリットとデメリットをしっかりと把握しておきましょう。

任意整理のメリット

任意整理をおこなうと、債務者が受任通知を受け取ってから和解が成立するまでの間、借金を返済する必要がなくなります。

最短なら受任通知を送付したその日のうちに取り立てが止まる場合もあるので、債務者の金銭的な負担が減るでしょう。

また、返済を迫られることによる精神的な負担も軽減します。仕事を続けながら手続きができるのも大きなメリットです。

自己破産をした場合は就業制限がかかり、税理士や旅行業者、警備会社など、一部の仕事ができなくなってしまいます。

該当する職業についている人は仕事をやめるか、自己破産を諦めなければいけません。任意整理なら就業制限はないので、働きながら債務整理ができます。

さらに、個人再生や自己破産は、借金を減額するかわりに資産を清算しなければいけません。

債務整理はしたいけれど、持ち家や車などの財産も手放したくないという場合は、任意整理を選択すると良いでしょう。

任意整理は過払い金請求のように、過去に払い過ぎた利息を取り戻すこともできます。

取り戻したお金は借金の返済にあてることで、残額を減らすことも可能です。

特に、長期にわたって返済を続けている人ほど、利息を払い過ぎている場合が多く、過払い金を取り戻せる可能性があります。

なお、任意整理では対象となる債権者を選べます。複数の貸金業者から借入をしている状態で個人再生や自己破産をおこなうと、すべての債権者を平等に扱わなければいけません。

任意整理なら、たとえば住宅ローンや車のローンを対象から外すことで、マイホームや車をそのまま維持できます。

保証人をつけている場合は、その借金を任意整理の対象外とすることで、保証人に迷惑をかけてしまうリスクを避けられます。

任意整理のデメリット

任意整理の大きなデメリットは、信用情報機関に金融事故情報が登録されてしまうことです。

いわゆるブラックリストに入れられるということで、新規で借入をしたり、クレジットカードを作ったりできなくなります。

事故情報は5年程度の間残るため、任意整理をしてから最低でも5年間は、ローンを組むこともクレジットカードを作ることもできません。

場合によっては、既に所有しているクレジットカードの使用を止められることもあります。

なお、任意整理は自己破産のように、借金の残額をゼロにするほどの効果は望めません。

和解が成立した後は返済が再開するので注意しましょう。なお、過払い金請求が浸透してきた影響もあり、返還金の支払いに追われて倒産する業者や、経営が厳しくなっている業者が増えています。

そのため、和解の条件も厳しくなりつつあり、債務者の負担はそれほど軽くならないケースが多いです。

個人再生や自己破産なら、条件に納得できなければ裁判に持ち込むことで、大幅に減額できます。

しかし、任意再生の場合は裁判所を介さないため、減額できる金額にも限りがあるのです。

6.岡山県の債務整理・借金問題について

岡山県は中国地方の南東部に位置する地域です。県域の南側は瀬戸内海に面しており、北側には中国山地が連なっています。

豊かな水源と温暖な気候を生かし、果樹の生産が盛んにおこなわれている地域です。

特に、桃やマスカット、ピオーネなどのブドウは日本一の生産量を誇り、国内はもちろん、国外でも高値で取引されています。

さらに、降水量の少なさと快晴日数の多さも特徴的な地域です。

「晴れの国 おかやま」というキャッチフレーズの通り、天候に恵まれている一方で、夏季は猛暑に見舞われることも少なくありません。

面積は約7100平方キロメートル、総人口は2018年10月時点で約189万9000人です。

岡山県は全国的に見ても弁護士、司法書士の数が多い地域で、2015年に日本弁護士連合会が行った調査によると、弁護士の総数は368人、人口10万人あたりの弁護士数は約19人と、47都道府県中第7位の多さです。

一方、司法書士数は2015年の時点で366人、人口10万人あたりの司法書士数は約19人と、弁護士とほぼ変わらない結果です。人数の多さは47都道府県中第5位でした。

岡山県では県内全域に法律相談センターを設置、公設事務所や岡山仲裁センターを開設したりなど、県民が気軽に法律相談ができる環境を積極的に整えています。

法律相談センターは2019年2月時点で11カ所が設置されており、岡山市では週5日、倉敷市では週3日、それ以外の地域は週1日の法律相談を実施している状況です。

土日法律相談も行われており、いきなり弁護士事務所や司法書士事務所に行くのは勇気が要るという人からも利用されています。

2004年8月には岡山市北区春日町に「弁護士法人岡山パブリック法律事務所」が設立されました。

さらに、2007年4月には岡山大学ロースクールと連携し「岡山パブリック法律事務所岡山大学内支所」を開設しています。

その後、津山支所や玉野支所が開設し、より優れたリーガルサービスを提供するための支援および人材養成の拠点としているのです。

その他、岡山仲裁センターは訴訟や調停など、裁判所を介さない仲裁事件を取り扱う施設です。

弁護士だけではなく、税理士や建築士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、カウンセラーなど、各方面の専門家を招集し、双方が納得できる形での紛争解決を目指します。

2007年3月に岡山県民と地方自治体の紛争を扱う「行政仲裁センター岡山」、2009年9月には医療紛争を専門とする「医療仲裁センター岡山」が設立されました。

岡山県では全日信販が発行するAJカードや山陰信販が発行するSCカード、天満屋カードサービス株式会社が発行する天満屋カード、株式会社天満屋ストアが発行するハピーカードを利用している人が多く見られます。

全日信販は岡山県岡山市に本社を構えるクレジットカード会社です。

2006年までは利息制限法が定める利息よりも高い利息を設定していたため、2006年以前からAJカードでキャッシングを利用していた人は、過払い金請求をおこなうことで返還金が発生する可能性があります。

山陰信販は鳥取県米子氏に本社をもつクレジットカード会社です。こちらも全日信販と同じく、2006年まで利息制限法を上回る利息を設定していました。

そのため、キャッシングを利用していた場合は、過払い金請求を検討する必要があります。

天満屋カードサービス株式会社は、株式会社天満屋が展開するクレジットカード事業です。

1984年に株式会社モアとして創業され、後に天満屋カードサービス株式会社に名称を改め、天満屋カードやタスカ、ニューモアカードなどを発行しています。

天満屋ストアも、株式会社天満屋が展開するスーパーマーケットチェーンです。

天満屋ストアが発行するハピーカードは、現金とクレジット、電子マネーの3種類から支払方法を選べます。

いずれの支払方法を選択しても、税抜200円ごとに1ポイントが付与されるのが特徴です。

天満屋カードサービス株式会社、天満屋ストアともに2006年以前は利息制限法を超える利息を設定していました。

岡山県内でよく利用されているカード会社は、過払い金請求への対応が良心的な会社が多く、平均で3カ月、裁判に持ち込んでも5~7カ月程度で過払い金を取り戻せます。

したがって、過払い金請求を希望する人が多く、債務整理に強い弁護士や司法書士が必要とされているのです。

6-1.債務整理・借金問題で専門家をお探しの岡山県在住の方へ

みどり法務事務所は岡山県岡山市北区に事務所を構えています。岡山県で借金問題や債務整理で悩んでいる人は、一度ご相談ください。

相談は無料なので、納得できるまで何度でもご相談いただけます。来所しての相談はもちろん、出張相談も無料です。

岡山県内はもちろん、広島県、鳥取県、島根県、山口県にも出張をおこなっているため、隣県にお住まいの方も気軽にお問い合せください。

page top