鳥取県で過払い金請求の対応に強いみどり法務事務所

長期間にわたって借金を返済し続けているなら、「過払い金」が発生している可能性があります。

過払い金の返還に成功すれば、借金の完済も現実的になるでしょう。そのためには、過払い金を正確に算出したうえで貸金業者相手に交渉を進めなくてはなりません。

一般的には、司法書士や弁護士にご依頼いただかないと、回収率が低くなってしまいます。

この記事では、鳥取県にお住まいで過払い金請求をお考えの方に向け、事務所選びのコツを解説します。

1.過払い金の返還実績が豊富なみどり法務事務所で無料相談

1-1.成功報酬なので安心して依頼できる

全国に拠点を置いているみどり法務事務所は、多くの相談者様からのご依頼に対し結果を残し続けています。

その大きな強みは「料金のわかりやすさ」でしょう。完全なる成功報酬制度を採用しているので、過払い金請求において着手金や諸経費はかかりません。

また、相談料も0円です。しかも、相談だけなら何回お越しいただいても無料です。経済的に余裕がない方でもご相談することが可能です。

1-2.まずは過払い金の調査から

過払い金請求では、最初にこれまで支払ってきた返済額を調査します。そして、過払い金の有無を見極め、本格的な手続きへと移ります。

みどり法務事務所では過払い金の調査も0円です。しかも、毎日9~19時の間は電話でご対応しますので、お気軽にご相談ください。

2.鳥取県で過払い金請求を依頼する事務所選びのポイント

ここからは、鳥取県で過払い金請求を依頼する事務所選びについて、主なポイントをまとめました。

2-1.過払い金請求・債務整理など借金問題を専門としている事務所かどうか

司法書士や弁護士にはそれぞれの専門分野があります。逆をいえば、専門外の分野に関しては期待したような力を発揮できません。

当然、過払い金請求においても専門にしている事務所を見つけることが必須です。

まずは、ホームページや電話などで専門分野をご確認して、相談を申し込んでください。

2-2.過払い金請求の実績は豊富かどうか

相談者様によって過払い金請求の事情は異なります。そして、すべての案件で臨機応変に手続きを進めていかなくてはなりません。そのためには、司法書士や弁護士の実績が問われます。

実績豊富な専門家ほど過払い金請求のデータも数多く保管しているので、依頼人に近い事例から最適な手続きを見出します。そして、貸金業者とも互角以上に渡り合えるのです。

2-3.過払い金請求の手続きの流れやかかる期間、費用をわかりやすく説明してくれるか

法律事務所では「諸経費」や「着手金」があると、費用が高くなりがちです。

しかも、見積段階では経費が曖昧にされていることもあり、手続きが終わってから多額の請求がくると依頼人は困ってしまうでしょう。

こうした事態を避けるには、相談段階で費用をはっきりさせるのが賢明です。

さらに、過払い金請求の期間、するべき作業などもわかっていると、相談者様はストレスなく交渉を事務所に任せられます。

2-4.相談者の立場にたってメリット・デメリットを正しく説明してくれる(信頼できる事務所かどうか)

過払い金請求にもデメリットがあるのは事実です。そして、デメリットを依頼人に伏せたがる事務所もあります。

しかし、依頼人からすれば、後からデメリットを知るよりもあらかじめ教えてもらったほうが心の準備を整えやすいでしょう。

事務所選びでは、デメリットもしっかり伝えてくるところにしぼりこんでください。正直な事務所ほど、信頼関係が築きやすくなります。

2-5.過払い金請求訴訟(裁判)を提案してくれるかどうか

原則として、過払い金請求は貸金業者と司法書士・弁護士の話し合いによっておこなわれます。

しかし、妥協案が見つからないときは裁判に持ち込み、法的な判断を下してもらうのもひとつの方法です。

ただし、時間をとられたくない事務所は裁判を執拗に避けようとします。逆に、裁判すらも厭わない事務所は依頼人と同じ目線で闘っているといえるでしょう。

2-6.対応は丁寧で迅速かどうか

過払い金請求では、司法書士や弁護士と良好な関係を築かなくてはいけません。

心を許せない相手に正確な個人情報を包み隠さず話せはしないからです。そして、態度の悪い相手に心を許すのは無理でしょう。

また、事務所の対応が遅いと、返済苦も長引いてしまいます。事務所選びでは相手の態度が丁寧だと感じられ、なおかつ迅速に動けるところをお探しください。

2-7.良い評判や良い口コミが多いかどうか

どんなに相談での態度が良くても、油断は禁物です。最初だけ愛想がよくて、実力がともなっていない可能性もゼロではありません。

気になった事務所については、口コミまで調べてみましょう。インターネットやSNSを利用すれば、評判はいくらでも出てきます。

そのうえで、どんな媒体でも肯定的なレビューが多いならようやく、依頼するだけの価値があるといえます。

2-8.プライバシーを守ってくれるか

「守秘義務」は法律事務所における基本中の基本です。特に、借金問題は非常に繊細な案件なので家族にさえ口外したくない依頼人もいるでしょう。

それでも、事務所がうっかりご自宅や職場に電話をしてしまうと、高確率で周囲に借金の事実が知れ渡ってしまいます。依頼人の生活を考慮し、秘密を守り通せる事務所にご依頼ください。

2-9.支払い方法を相談できるか

過払い金請求をなさる方の多くは、金銭的な不安を抱えていらっしゃいます。

そして、事務所にご依頼いただく費用すら難しい場合もあるでしょう。そんなとき、「着手金不要」「分割払い」などのシステムを設けている事務所なら、契約のハードルは低くなります。

そのほか、費用の支払いが遅れても待ってくれるか、早い段階で確認してみてもいいでしょう。

3.鳥取県で過払い金請求するならみどり法務事務所

鳥取県の過払い金請求はみどり法務事務所岡山事務所が対応します。

過払い金の調査だけでも無料なので、まずは、過払い金がいくら発生しているか実績豊富なみどり法務事務所でチェックしてみましょう。

遠方の方、事情があって外出がむずかしい方は出張相談も承っておりますのでお問い合わせください。

3-1.鳥取県の過払い金請求でみどり法務事務所が選ばれる理由

さまざまな司法書士事務所がある中、みどり法務事務所が選ばれるのは理由があります。以下、まとめてみました。

1.相談料・着手金無料のうえ成功報酬

みどり法務事務所は相談料が一切かかりません。何回ご相談にお越しいただいても0円です。

過払い請求について疑問が消えないときは、繰り返しご相談を予約して説明を受けてください。しかも、着手金無料なので、貯蓄が心もとない方でもご依頼可能です。

費用は成功報酬として、過払い金請求が完了してから精算いたします。

2.実績豊富!過払い金返還額90億円超

みどり法務事務所は、すでに過払い金請求において充実した実績を残しています。

これまで取り返した過払い金は総額90億円以上です。しかも、1万人以上の依頼人にご対応させてもらい、さまざまな事例を記録しています。

相談者様ごとの事情に合わせて、最適となるご提案をいたします。

3.全国8事務所に拠点があり出張相談も実施

岡山県、広島県といった中国地方も含め、みどり法務事務所は全国に8カ所もの拠点を置いています。

事務所が拡大しているのは、それだけ依頼人に結果を出している証です。そして、事務所からは遠方にお住まいの方に対しても「出張相談会」を行っています。

出張相談会とは、公民館などをお借りして過払い金請求に興味のある方々の質問に答えていくイベントです。ホームページから申し込み可能で、全国各地にて頻繁に行っています。

4.面談1度で引き継ぎ完了

法律事務所に過払い金請求をご依頼いただくと、各種手続きで何度も面談をしなければいけないことがあります。

しかし、みどり法務事務所では1度の面談で十分です。個人情報などを記入してもらうので1度は絶対に司法書士と会わなくてはならないものの、後はすべての業務を事務所が引き継ぎます。

ふだんの生活を送っているうちに、過払い金が返ってくるでしょう。

5.資料は一切不要!

過払い金請求では、明細書やカードから払いすぎた額を調査します。しかし、こうした資料をしっかりと残していない相談者様は少なくありません。

みどり法務事務所なら、お手元に資料がなくても過払い金を算出いたします。貸金業者に連絡して取引履歴をスムーズに送ってもらうので、依頼人が自身で用意するべき書類はございません。

6.親切・丁寧、迅速な司法書士

みどり法務事務所は依頼人に失礼のない対応を心がけています。まずは依頼人の気持ちを理解することから始め、同じ目線で対話を重ねさせていただきます。

また、依頼人からご要請があるときには迅速に応えられる事務所です。依頼された後、司法書士の態度にストレスを感じることはまずないでしょう。

7.メリットだけでなくデメリットもお伝えします

悪徳事務所なら、メリットだけを強調してデメリットを隠すことも少なくありません。一方、みどり法務事務所は依頼人がもっとも利益になる方法を一緒に考えます。

メリットもデメリットも両方示した後で、最終的には依頼人が望む方針に従います。

8.秘密厳守の徹底

もしも依頼人がご家族や職場に過払い金請求を知られたくない場合、みどり法務事務所にご相談ください。

取引履歴などの資料はすべて代理で受け取ります。貸金業者や裁判所とのやりとりもすべて引き受けるので、依頼人が対応することはなくなります。

事務所から依頼人に連絡を入れるときも、メールアドレスや電話番号、可能な時間帯を伝えてもらえば厳守いたします。

4.鳥取県で過払い金請求するなら悪徳事務所とのトラブルに注意

過払い金請求をご依頼いただくなら「悪徳事務所」にご注意ください。

少数派ではあるものの、事務所の利益だけを考えて依頼人をないがしろにする司法書士、弁護士もいます。以下、参考までに悪徳事務所の傾向を紹介します。

4-1.戻ってくる過払い金が少ない

回収率の少なさは悪徳事務所の大きな特徴です。なぜなら、依頼人の利益よりも自分の利益を考えて行動しているからです。

1.貸金業者とすぐ和解したがる

悪徳事務所はそもそも、貸金業者と交渉をしたがりません。彼らにとって大切なのは、確実に利益を得ることです。

交渉がこじれて1円たりとも報酬を得られないのが最悪のシナリオとなります。そこで、貸金業者が納得してくれるような妥協案で、早期決着を試みます。

しかし、こういったケースでは事務所の立場が業者寄りとなっており、本末転倒といえるでしょう。

2.過払い金をごまかす

あってはならいなこととはいえ、過払い金を着服する事務所もあります。やり口としては、過払い金交渉において偽の和解案を依頼人に伝えます。

このとき、返還額はわざと少なく報告するのです。そして、実際に返還されてから差額を懐に収めます。

こうした悪徳事務所の手口に気づいても、一般人が告発をするのは困難です。つまり、最初から関わらないようにするのが賢い方法です。

悪徳事務所にとって都合のいい貸金業者しか手続きしない

案件に優劣をつけたがるのも、悪徳事務所ならではの特徴です。以下、悪徳事務所が放置したがるケースを挙げます。

1.報酬を得にくい貸金業者は放置

司法書士や弁護士が手にしているデータを見れば、交渉しても過払い金を取り返しにくい貸金業者があることはわかっています。

しかし、本来なら依頼人がいる限り、全力をつくすのが事務所の仕事です。

それでも、悪徳事務所は時間が無駄になることを恐れて一部の貸金業者と交渉をしたがりません。そして、依頼人の要請は放置されてしまいます。

2.過払い金が少ない貸金業者は放置

法律事務所の報酬は、過払い金の額によって左右されます。仮に過払い金が少ないと、事務所の歩合も少なくなるでしょう。

そのため、悪徳事務所は高額の過払い金ほど先に交渉しようとします。そして、少額の案件は後回しにされます。

当然ながら、後回しにされている間にも相談者様は借金の返済を続けなくてはいけません。相談の段階で事務所の態度に違和感を覚えたら、契約を避けるのが無難でしょう。

5.鳥取県で多い過払い金請求について

5-1.過払い金請求とは

過払い金とは、払いすぎた利息であり、過払い金請求とは、その過払い金を取り戻すことです。

金利の上限を定めた法律には2つあり、一方の利息制限法では金利の上限を15~20%と定めています。他方の出資法は刑事罰の金利の上限を29.2%と定めていました。

そのため、利息制限法の上限を超えていても、出資法の上限を超えなければ刑事罰は科せられませんでした。これが「グレーゾーン金利」です。

長年、貸金業者は、この「グレーゾーン金利」による金利を設定し、違法な金利を取っていました。

しかし、貸金業法が改正されて利息制限がきびしくなるとグレーゾーン金利は撤廃されました。

そして、グレーゾーン金利で返済していた頃の、支払いすぎた利息を請求可能になったのです。これが「過払い金請求」です。

過払い金を取り戻すには、金額の「算出」、貸金業者への「請求」と「交渉」が必要です。貸金業者も請求には抵抗するので、交渉によっては回収率が低くなります。

特に、個人での請求だと回収率が50%を切るケースすら珍しくありません。できる限り回収率100%に近づけるには、司法書士や弁護士の力が不可欠です。

5-2.過払い金請求とブラックリスト(信用情報)の関係

貸金業者と契約すると自動的に信用情報機関へと登録されます。そして、以降の返済や借入の記録が更新されていきます。

債務整理や契約不履行などがあると、信用情報機関に事故情報がのってしまいます。これがブラックリストにのるということです。

信用情報機関に事故情報がのっている期間は5~10年です。この間、クレジットカードやローンの契約ができなくなるなどの制約を受けてしまいます。

ただし、過払い金請求でブラックリストにのる可能性があるのは、返済中に過払い金請求する場合です。

ただし、返済中に過払い金請求した場合であっても、過払い金を借金にあてて借金が完済できれば、ブラックリストにのることはありません。

過払い金を算出する計算を間違えてしまうと予想外にブラックリストのってしまう可能性があるのです。そのため、過払い金の計算や請求は専門家にお任せいただき、慎重におこなうのが得策です。

5-3.過払い金請求ができない貸金業者

すべてのケースにおいて、過払い金請求は認められるわけではありません。たとえば、「時効が成立している」ときは請求が却下されます。

過払い金請求の時効は「最後の取引から10年後」と決められています。そして、時効の連絡が貸金業者からくることもないので、過払い金に気づかないままチャンスを逃す方も珍しくありません。

グレーゾーン金利が横行していた時代に借入を行っていたなら、とりあえず過払い金を調べてください。

また、「貸金業者が倒産・吸収合併」していたケースでも、過払い金を請求できる相手がなくなってしまいます。

ただし、債権がほかの企業に譲渡されているなどの事情があれば、過払い金請求も受け付けてもらえます。こうした情報は司法書士や弁護士にご相談ください。

5-4.過払い金請求のメリット・デメリット

メリットだけでなく、過払い金請求にはデメリットもあります。以下、相談者様の条件ごとにメリットとデメリットを紹介します。

1.借金を完済している場合のメリット・デメリット

もしも借金を完済されているのであれば、お金が返ってくるのがメリットです。一方、デメリットは「司法書士や弁護士に依頼する費用がかかる」という点です。

ただし、費用は事務所によって異なるので、依頼先によっては安く済ませることもできるでしょう。

また、分割払いなどの仕組みを設けていないか、事前に調べておくのもおすすめです。

2.返済中の場合のメリット・デメリット

まだ借金を返済中なら「完済に近づける」のがメリットです。ただし、過払い金請求をされても完済できない場合、自動的に任意整理扱いとなります。

任意整理とは債務整理の一種なので、ブラックリスト入りは避けられません。過払い金の額を正しく算出されたうえで請求するためにも、司法書士や弁護士にご相談ください。

5-5.過払い金請求の手続きの流れ

スムーズに過払い金請求をすれば、返還までの時間は短くなります。以下、過払い金請求の流れです。

1.事務所を選ぶ

無料相談を利用して、複数の司法書士事務所や法律事務所を回りましょう。そして、条件、能力、人格のすべてが納得できる相手を見つけたら、その事務所とご契約ください。

そうすると、事務所から貸金業者に「受任通知」が送られます。そして、貸金業者からの返済の督促は一時的に停止します。

2.過払い金を計算する

次に、取引履歴をもとに、過払い金を計算します。この作業も法律事務所が代行いたします。

作業としては、取引履歴でグレーゾーン金利が発生している期間を確認し現行の金利をあてはめ直します。

そして、「グレーゾーン金利による返済額」から「正しい返済額」を引き直すと、過払い金の額が算出可能です。

3.請求と交渉

算出された過払い金を請求書に記載し、貸金業者に送ります。ここから、貸金業者との交渉に入ります。

もしも依頼人が納得できる条件を引き出せないのであれば、話し合いを終えて裁判になることも珍しくありません。最終的には双方が了承した内容で和解をします。

4.和解と返還

合意書を結んで、正式に和解が成立します。合意書には過払い金が返還されるまでの期限まで記されており、司法書士や弁護士はそれを貸金業者に守らせるのも仕事のうちです。

ただし、和解にいたらなかった場合は、裁判所の判決に委ねられます。

5-6.過払い金請求の注意点

大きな注意点として、「請求先の関連業者に借金をしていないか」を確認しましょう。また、キャッシングでなくクレジットカードのショッピング枠があるのも要注意です。

こうした借入枠、ショッピング枠が別にあると過払い金が返還されても依頼人の意図とは違う枠に充当されてしまうことがあります。

そして、過払い金返還後にも残債が残っていると、ブラックリスト入りとなるのです。

ブラックリスト入りを防ぐためには、ご自身の借入状況を整理することが重要です。

そして、多重債務をしているなら、どの業者で過払い金が発生しており、請求後に完済できるのかシミュレーションをしましょう。

過払い金で完済できる業者にだけ請求をすれば、ブラックリスト入りを免れます。

しかし、こうした調査を一般人の方がミスなく終えるのは困難です。専門家にお任せいただくのが安全といえるでしょう。

5-7.過払い金請求を法律事務所に依頼するメリットとデメリット

個人で過払い金請求をするのは不可能ではありません。しかし、デメリットが多いので、慎重にご検討ください。

メリット

専門家にご依頼いただくメリットは、なんといっても「回収率」です。司法書士や弁護士が過払い金を計算ミスすることはありません。

また、貸金業者とも対等以上に渡り合えます。個人で請求するより、事務所に代理を頼まれるほうが回収率は格段に上がるのです。

さらに、代理人がいるとご自身の時間を奪われることがありません。

仕事や家族への影響が少ないまま、手続きを進められます。同時に、周囲に借金が知れ渡るリスクも抑えられるでしょう。

そのほか、「味方ができる」のもメリットです。借金問題を周囲に隠している状況では、過払い金請求も孤独な作業になりがちです。

不安があっても相談相手がいないのは、とても心細いでしょう。司法書士や弁護士は常に依頼人の味方です。依頼人の気持ちに寄り添って、少しでも過払い金が返ってくるよう力を尽くします。

デメリット

あえて挙げるなら「費用」の問題です。司法書士や弁護士にご依頼いただくと、それだけ費用がかかります。

しかし、悪徳事務所にあたりでもしない限り、法外な費用を請求してくるところは稀です。

成功報酬制度であれば、事前にお金がなくてもご依頼可能です。また、分割払いなどにも対応している事務所は多いため事前に聞いてみるのがいいでしょう。

6.過払い金請求が多い鳥取県について

6-1.鳥取県の特徴

中国地方に位置する鳥取県は、穏やかな気候が特徴の県です。ただし、夏は涼しく、冬にはきびしい寒さが襲ってくる傾向があります。

人口は全都道府県中の最下位で、過疎化が進んでいる地域の代表です。特に、村の少子化問題は顕著であり、若い働き手が失われている地域も少なくありません。

一方で、伝統工芸においては日本中から注目を集めています。

牛ノ戸焼、因久山焼といった陶器をはじめとして、古くから伝わる技術が受け継がれています。なお、ラッキョウの生産地としても有名です。

観光スポットでは、三仏寺の奥院に全国から観光客が訪れています。そして、なんといっても鳥取砂丘の知名度が飛びぬけています。

「日本3大砂丘」のひとつであるものの、ほかの2つが変動的なのに対して鳥取砂丘だけは不動です。さらに、温泉も多く、岩井温泉や浜村温泉などが人気です。

6-2.鳥取県の借金・過払い金請求事情

国民総生産の値が全都道府県中最下位の鳥取県は、経済活動が非常に緩やかです。しかし、その点が逆に借金問題とつながっている面もあります。

鳥取県在住で、高額の借金に対し十分な返済能力を持ち合わせていない方もいて生活苦が生まれていきます。

また、ショッピングモールなどの商業施設が全国展開するようになった背景も、地域住民の消費活動に拍車をかけました。

それに、鳥取市などには消費者金融の支部も増えており、借金の誘惑も小さくありません。

一方で、鳥取県にも司法書士や弁護士は事務所をかまえているので、借金問題を相談できる環境は整っています。

また、他県の法律事務所による出張相談を利用するのもひとつの方法です。過払い金請求や債務整理によって、借金問題を解決することは現実的な選択肢といえます。

6-3.鳥取県の司法書士・弁護士の数

2019年2月の時点で、鳥取県司法書士会の名簿には99人が載っています。また、同時期の鳥取県弁護士会名簿には66人の名前がありました。

つまり、鳥取県は弁護士よりも司法書士を探しやすい県です。ただし、司法書士数も弁護士数も全都道府県中最下位なので、県内の事務所にこだわる必要はないでしょう。

中国地方では比較的都市部にあたる広島県や岡山県にまで出向くのもおすすめです。また、みどり法務事務所のような出張相談会もご利用ください。

出張相談会は、体の不自由な方、高齢者の方でもお気軽にお越しいただけます。直接司法書士と対面できるからこそ、過払い金請求の疑問点をじっくり聞き出せます。

page top