札幌市で借金問題・債務整理の相談ができる司法書士をお探しのかたへ

多額の借金を背負ってしまうと、経済的にも精神的にもどんどん辛くなっていくでしょう。

収入は次々と返済に消えていき、生活に余裕がなくなります。また、借金のことが頭から離れなくなり、心休まる時間も失われます。

こうした生活から抜け出すためには、司法書士・弁護士に依頼をして債務整理をしていただくのがひとつの方法です。

この記事では、北海道札幌市在住で、債務整理を相談できる司法書士をお探しの方に事務所の選び方を解説します。

1.札幌市で債務整理の相談ができるみどり法務事務所のご案内

1-1.実績豊富なみどり法務事務所が安心

全国に展開しているみどり法務事務所は、札幌市にも拠点を置いています。実績十分のみどり法務事務所であれば、債務整理を希望している方の希望に沿った対応が可能です。

長年積み重ねてきた経験で、依頼人の状況に応じた債務整理の方法をご提案しています。事務所の都合を押しつけるのではなく、依頼人のお気持ちを大切にしているのが大きな特徴です。

1-2.相談料が無料なのでコスト面も安心

みどり法務事務所では相談無料が徹底されています。初回のみ相談料がかからない事務所は多いものの、みどり法務事務所では何回でも費用なしで相談を受け付けています。

また、出張相談も可能です。札幌市に限らず、北海道在住の方は気軽にご連絡いただけます。

2.札幌市で借金がある方への債務整理のすすめ

2-1.そもそも債務整理って何?

借金問題が大きくなり、完済が困難になったときにおこなう手段が「債務整理」です。

債務整理をおこなうことで、債務者の方は利息がなくなったり、借金そのものが減額したりします。

そして、可能な範囲で計画的に完済を目指すことができるのです。債務整理には、特に必要な資格がありません。

年齢や職業などにかかわらず、完済がむずかしくなっているすべての債務者に認められている権利です。

そのかわり、債権者側との交渉が発生するなど、手続きは複雑になりがちです。そのため、司法書士や弁護士を代理人に立てていただくのが一般的です。

2-2.債務整理の方法は?

債務整理は大きく分けて4種類あります。まず、貸金業者と直接交渉して利息をカットしてもらう「任意整理」です。

比較的少額の借金であれば、任意整理で完済に近づけます。次に、「特定調停」では簡易裁判所が交渉を仲介します。

それでも返済がむずかしい場合には「個人再生」をおこなっていただかなくてはいけません。

個人再生に成功すれば、借金は大幅に減額されます。そして、個人再生をしても返済がむずかしい場合には「自己破産」に踏み切ります。

自己破産をすると借金が全額免除される仕組みです。いずれの方法を選ぶのが適切かは借金の額、債務者の返済能力によって変わります。

ただし、返済が楽になるのは共通しているので、まずは専門家にご相談ください。

3.札幌市で事務所選びのポイント

債務整理を成功させるには、司法書士や弁護士の事務所にご依頼いただくのが得策です。

しかし、札幌市内には数多くの事務所があるため、どこに依頼するべきか迷いがちでしょう。以下、事務所選びの決め手になるポイントをまとめました。

3-1.無料相談制度がある

事務所を選ぶ際には、いくつか回って比較検討したいところです。そのためには「初回相談」をご利用されるのが効率的です。

初回相談ではおよそ30~60分ほどの間で司法書士・弁護士がご対応させていただきます。

指定時間内で依頼人は事情を話し、借金問題の解決方法を聞くことが可能です。

ただし、事務所によっては初回相談から料金が発生します。できれば無料相談制度のある事務所を優先的にお回りください。

3-2.料金体系が明確になっている

事務所が設定している債務整理の費用は「成功報酬」が基本です。債務整理に成功した際に、減額された金額の一部を報酬としていただくシステムです。

ただし、事務所の中には「着手金」「経費」といった別料金を設けているところもあります。

こうした料金体系が不明瞭になっていると、手続きが終わった後に予想外の金額を請求されかねません。

最悪の場合、事務所に依頼したことでかえって損をしてしまうケースもありえるのです。依頼人は料金体系が明確な事務所を見極めてください。

3-3.債務整理の実績が信用できる

司法書士・弁護士にはそれぞれの得意分野があります。逆をいえば、苦手分野に関しては実力を発揮しきれません。

そのため、ほとんどの事務所がホームページなどで専門分野や実績を掲げています。依頼人はご相談の予約を入れる前に実績をチェックしていただくのが賢明でしょう。

また、相談中にも実績を聞き出していただくことは可能です。具体的な実績が豊富な事務所とご契約されることが肝心です。

3-4.通いやすい営業時間

事務所にお越しいただく際、支障になりがちなポイントが「営業時間」です。社会人の方であれば、仕事終わりに足を運べるのが楽でしょう。

しかし、事務所によっては夕方にはすでに営業が終わってしまうため、スケジュールを合わせるのがたいへんです。

本格的に依頼をすれば事務所に繰り返し訪れなければいけない可能性も出てきます。

なるべく、遅い時間まで開いている事務所をお選びください。また、土日祝日にも営業している事務所も社会人には通いやすいでしょう。

3-5.支払い方法を相談できる

債務整理を考える時点で、多くの債務者の方は経済的に余裕がない状態だといえます。

そのため、事務所が設定している料金をすぐには払えると限りません。もしも債務整理に成功したとしても、自己破産以外では返済の義務が残っています。

返済を続けながら、事務所に報酬を払うのがむずかしいと思われる債務者もいらっしゃるでしょう。

そこで、事務所を正式に決める前に、支払い方法を確認されるのが賢明です。

分割払いが可能であったり、支払いを待ってくれたりする事務所をお選びになると、債務整理後の不安が減ります。

3-6.全国で債務整理を代行している

事務所が全国展開しているかどうかも重要なポイントです。まず、全国展開しているということは、それだけ実績があって能力が高い事務所という証明です。

さらに拠点が多い分、たくさんの事例を把握しているはずなので、さまざまな案件に柔軟な対応を見せられるでしょう。

次に、全国展開をしている事務所は都市圏以外の地域でも相談を受け付けています。依頼人からすると拠点を見つけやすくなります。

さらに、ご希望されるなら出張相談も実施しているところに絞り込みます。債務整理に興味を持ったら、すぐ話のできる事務所を見つけてください。

4.札幌市でみどり法務事務所が選ばれる理由

札幌市の債務整理・借金問題については、みどり法務事務所が支持を集めています。以下、みどり法務事務所の魅力をまとめました。

4-1.任意整理の費用は成功報酬のみ

みどり法務事務所に任意整理をご相談される場合、かかる費用は原則的に成功報酬のみとなります。

着手金は一切発生せず、万が一任意整理ができなかった場合には費用をお支払いいただく必要がございません。

なお、個人再生と自己破産については書類作成代行についての費用がかかります。

ただし、それ以外の部分では任意整理と同じく成功報酬制です。なお、いずれの債務整理を選ばれても相談料は一貫して0円です。

4-2.依頼人のお気持ちに沿った提案

債務整理で往々にして起こるトラブルに「依頼人のお気持ちが無視されてしまう」という状況が挙げられます。

事務所側が早期解決を意識しすぎるあまり、依頼人の希望にそぐわない提案がなされてしまうのです。

一方、みどり法務事務所は依頼人のお気持ちを優先して債務整理を進めていきます。

依頼人が納得されない条件での和解はおこなわず、少しでも依頼人の借金苦が軽減されるように全力を尽くしています。

4-3.貸金業者からの督促をすぐ停止

司法書士・弁護士に債務整理をご依頼いただいた時点で、借金の督促は停止するはずです。しかし、事務所の中には動きが遅く、なかなか督促が止まらないこともあります。

みどり法務事務所は迅速な対応を信条としているため、すぐに受任通知を貸金業者に送り督促を止めさせます。依頼人の返済にまつわるストレスはほどなくして消えるでしょう。

4-4.ストレスのない丁寧な対応

事務所に相談におこなった際、不快にさせられてしまうケースも珍しくありません。

なぜなら、借金問題について司法書士や弁護士がアドバイスではなく、単なる「説教」をしてくる場合があるからです。

借金について依頼人は十分悩んでいらっしゃるにもかかわらず、心ない言葉をかけられるのは我慢ならないでしょう。

その点、みどり法務事務所では司法書士の教育が行き届いています。依頼人のお気持ちを配慮し、終始丁寧なご対応をさせていただきます。

4-5.秘密は絶対厳守

家族や職場に内緒で借金をされてきた依頼人もいらっしゃるでしょう。そんな状態で債務整理をおこなおうとすると、司法書士からの連絡で周囲に発覚してしまう恐れがあります。

もしも秘密のまま債務整理を成功させたいなら、みどり法務事務所にご相談ください。

みどり法務事務所では債務整理に関して送られてくる書類を、すべて代理で受理することが可能です。

また、依頼人からご指定いただいた以外の連絡先にはコンタクトをとりません。

突然、ご自宅やお勤め先に電話をするような事態を防げるので、安心して手続きを任せていただけます。

4-6.過払い金請求の実力も高い

みどり法務事務所では過払い金請求のご依頼も受け付けています。過払い金請求とは、グレーゾーン金利によって払いすぎていた返済額を貸金業者から取り返すための方法です。

そして、みどり法務事務所がこれまで返還に成功した金額は合わせて90億円を超えます。債務整理を考えている方は、まずは過払い金が発生していないか調べられてもいいでしょう。

5.札幌市で多い債務整理について

5-1.債務整理はどのタイミングでおこなうべき?

大前提として、債務整理をおこなうタイミングに絶対的な正解はありません。当人が生活苦を感じられ、このままでは完済もできないと思われているなら債務整理をするのが理想です。

しかし、主観任せではタイミングを逃す恐れもあるので、以下、目安を解説します。

滞納は根本的な問題解決にならない

借金問題では、返済を先送りにすることで一時的な安堵感は得られます。ただし、滞納は根本的な解決策といえません。

むしろ、後々の返済をつらくしていくことが大半です。しかも、滞納があまりにも続くと貸金業者は「一括請求」をおこなってくることがあります。

その場合、滞納分を分割ではなくまとめて払わなければいけなくなります。

また、裁判所に訴えられてしまうと高確率で負けるので、財産を差押さえられる危険すら出てくるのです。

滞納が頻繁に起こるようであれば、債務整理を考えるタイミングです。

滞納以外にも債務整理のサインはある

しっかり返済できていると思われる場合でも、危険信号が灯っている可能性はあります。

まず、返済が続くことによって「経済的なゆとりがなくなっている」のは深刻なサインです。

生活費を削ったり、遊びや付き合いに使えるお金がなくなったりしているのは返済額が大きすぎる証拠です。

その状態が続くようなら、やがて生活が破綻することもありえるでしょう。

また、滞納こそしていなくても「延滞が起きている」のも危険です。滞納をしてしまう前に、債務整理で借金を減らしてください。

5-2.債務整理にはいくらかかるの?

借金問題に苦しまれている方でも、債務整理をおこなうことを決められない理由のひとつに「費用がわからない」という点が挙げられます。

以下、専門家に依頼された場合の債務整理や過払い請求の費用相場をまとめました。あくまでも目安ではあるものの、債務整理を考えるうえでの参考にしてください。

1.任意整理の費用相場は?

着手金がない場合、任意整理では成功報酬のみが費用となります。成功報酬は1社につき3~5万円程度、そして減額のうち20%前後が相場です。

2.個人再生の費用相場は?

まず、裁判所への諸経費がかかります。収入印紙や官報掲載費、切手代に再生委員への報酬をまとめると30万円近くになることも珍しくありません。

この経費に加えて、成功報酬が発生します。ただし、経費を報酬に含んでいる事務所もあります。

3.自己破産の費用相場は?

個人再生と同じく、自己破産でも諸経費が大きくなるでしょう。収入印紙、切手代、予納金を合わせて50万円以上になることもあります。

ただし、自己破産手続きをとりおこなう管財人がいない案件では、経費は大幅に下がり2~5万円ほどです。これらの経費に加え、事務所への成功報酬が発生します。

4.過払い金請求の費用相場は?

多くの事務所が過払い金請求でも成功報酬制度を採用しています。

1社につき2万円前後と減額されたお金の20%前後が目安となるでしょう。これらに加え、収入印紙や切手代が経費として請求されます。

5-3.任意整理の手続きを進めるには

債務整理の中でも、もっとも依頼人が多いのが任意整理です。任意整理は成功率が高いだけでなく、手続きが早く終わるメリットもあります。

また、その後のリスクも軽くなる可能性があるので、返済能力が完全に失われていない限り選択される傾向が見られます。任意整理の基本的な手順を見てみましょう。

まずは無料相談

任意整理を決意したら、代理人になってくれる事務所を探します。

無料相談のシステムを利用し、複数の事務所を比較検討されるのが得策です。直接対面して、能力や人柄が信用できる司法書士・弁護士と契約します。

委任してから貸金業者に通知がいく

適任の司法書士・弁護士を見つけたら委任契約を結びます。それからすぐに専門家から貸金業者へと「受任通知」が送られるのが一般的です。

受任通知が届いた貸金業者は、ただちに返済の督促を停止しなくてはいけません。

取引履歴の開示請求

司法書士・弁護士は貸金業者に取引履歴の開示請求もおこないます。債務者自ら開示請求をされるより、スムーズに取引状況を確認可能です。

司法書士・弁護士は取引履歴を調べ、過払い金などの不審点がないかを洗い出します。

弁済金資金の積立

交渉中で取引が停止している間の返済額も、後日、貸金業者に支払う必要があります。

この額が「弁済金」です。司法書士・弁護士は弁済金を依頼人から積立させていただき、将来の弁済金の頭金とします。

交渉開始

司法書士・弁護士は貸金業者と交渉を重ね、依頼人がお支払い可能な額にまで利息をカットします。このとき、過払い金がある場合は同時に請求可能です。

和解契約

司法書士・弁護士が提示した和解案を貸金業者が受け入れるなら和解が成立です。和解契約の書面を作成し、正式に利息が減額されます。

なお、この時点で和解がなされないなら特定調停など、ほかの債務整理にも切り替えさせていただきます。

返済

和解内容に基づく返済も、司法書士・弁護士にご相談ください。貸金業者との間に立ち、代理で返済させていただくこともできます。

5-4.債務整理に関するメリットとデメリットは

以下、債務整理で起こるメリットとデメリットをまとめました。

メリット

なんといっても「借金が減る」ことでしょう。債務整理により、借金は完済可能な額になります。

自己破産をお選びいただいた場合には、借金そのものがなくなります。これ以上、返済のために収入をやりくりされる必要がありませんし、新たに借金を重ねる必要も消えるでしょう。

しかも、過払い金が発生していた場合には返還請求ができ、残債に充当した後で手元にお金が残る可能性まで出てきます。

そのほか、任意整理や過払い金請求ではブラックリスト入りしないこともあるので、今後の経済活動への影響も抑えられます。

デメリット

債務整理のデメリットは「ブラックリストにのる」ことです。ブラックリストにのると新たに借入をおこなったり、ローンを組んだりすることができなくなります。

また、「家族に知られる可能性」もデメリットでしょう。借金を秘密にしている方は、債務整理に関する書類が自宅に送られてくるなどして家族に発覚するリスクがあります。

ただし、司法書士や弁護士との打ち合わせ次第で、連絡が来ないようにすることも可能です。

5-5.債務整理をするとブラックリストにのってしまう

債務整理とブラックリストの関係を解説します。

ブラックリストとは何か

正式に「ブラックリスト」というデータがあるわけではありません。信用情報機関に事故情報がのることを「ブラックリストにのる」と表現します。

1度ブラックリストにのると事故情報によっては10年程度のっていることもあります。

5-6.債務整理は周りにも影響があるか

個人再生や自己破産においては、保有財産が差押さえられてしまうケースもありえます。

ただし、任意整理や特定調停を選んでしっかりと返済を続けるなら家や車への影響はまずないでしょう。

また、保証人がいた場合には債務整理による影響が起こります。個人再生や自己破産をされると、保証人に貸金業者からの請求がいくのです。

しかし、保証人でないのなら家族や親族ですら請求はいきません。

万が一、貸金業者から「家族なのだから払え」と脅されても強制できる権限はないので、司法書士や弁護士を通じて取立てを止めさせることが許されています。

6.札幌市の債務整理・借金問題について

6-1.札幌市の特徴

北海道の県庁所在地である札幌市は、道内有数の都市でもあります。2015年度の総務省による国勢調査では、札幌市の人口は全国の市町村中4位でした。

これは、道内ではトップの結果です。そして、食品産業がさかんな北海道において、札幌市に本社を置く大企業も少なくありません。

製菓や酒造、農園などが札幌市の本社で精力的な活動をおこなっています。ただし、全体としては中小企業の数が圧倒的に多く、札幌市の経済を支えています。

そのほか、札幌市では第3次産業の発展が顕著です。いわゆる製造業の割合はさほど伸びておらず、そのかわりサービス業や販売業、飲食店のシェア率が高まっています。

札幌市の重要な収入源となっているのが観光産業です。アイヌや屯田兵など、歴史に所縁のある施設が保存されており、観光客に人気です。

2月には毎年「さっぽろ雪まつり」が開催され、大勢の参加者でにぎわいます。さらに、ウインタースポーツの会場も多く、スキーやスケートに訪れる人も少なくありません。

札幌市は北海道だけでなく、東日本でも有数の観光都市だといえるでしょう。

6-2.札幌市の借金事情・債務整理事情

経済的に栄えている札幌市内には繁華街も多く、人々の消費活動をあおっています。

中でも、すすきのは、北海道随一の歓楽街であり、大金を費やす人も珍しくありません。

そのほか、札幌では競馬場などのギャンブル施設の需要もあります。借金の原因となる要素は少なくないといえるでしょう。

さらに、都市としての性質も借金問題を誘発しています。

人口が多い札幌市内には、消費者金融をはじめとした貸金業者が数々の拠点を置いています。そのため、誘惑に負けて契約してしまう債務者は後を絶たないのです。

ただし、拠点が多いのは司法書士・弁護士の事務所も同じです。借金問題に悩む債務者もすぐに相談できる事務所が見つけやすいのが特徴といえます。

札幌市内には債務問題に強い事務所もたくさんあるので、1人で悩まずにまずは気軽にご相談ください。

6-3.札幌市の司法書士と弁護士の数は

2019年2月時点では、札幌司法書士会の会員名簿には498人の司法書士が名前を連ねています。これは北海道内のほかの司法書士会と比べてもトップの人数であり、なおも増員傾向にあります。

そして、同時期の札幌弁護士会には、808人が登録されています。これも、道内の弁護士会では1位の人数です。

つまり、札幌市で債務整理をお考えの際、ご相談できる司法書士・弁護士には困りにくいといえるでしょう。

6-4.債務整理・借金問題でお悩みの札幌市在住の方へ

札幌市内、もしくはその周辺で債務整理をお考えなら、みどり法務事務所にご相談ください。札幌におけるみどり法務事務所の情報を紹介します。

みどり法務事務所は札幌駅前にある

札幌市内には「みどり法務事務所札幌駅前事務所」があります。駅前で通いやすい立地にあるだけでなく、過払い金問題についての「無料診断ダイヤル」も備わっています。

電話口から5分で過払い金の有無を聞いていただけるので、相談についてのお手間がなくなるでしょう。なお、ご訪問いただいたうえでのご相談は何回でも無料です。

札幌市外も対応エリアに含まれる

みどり法務事務所は、札幌市外のご相談についてもご対応させていただいております。

土日を中心に「出張相談会」を開催し、市民センターの会議室などでお悩みの方を対象に債務整理や過払い金請求の仕組みをご説明しています。

遠方からのご訪問がむずかしい高齢者の方、お忙しい社会人の方から相談会は好評です。みどり法務事務所にご興味をお持ちいただきましたら、ぜひ一度、足をお運びください。

依頼人の事情に合わせた提案を

債務整理では、債務者の事情に合わせた手続きが求められます。たとえば、少額の借金で自己破産をおこなってしまわれるとデメリットが大きくなるでしょう。

一方、すでに返済能力がなくなっているにもかかわらず、任意整理だけで終らせようとしても結局はまた債務整理を繰り返してしまいがちです。

みどり法務事務所では、依頼人の事情をしっかりヒアリングしたうえで最適な方法をご提案させていただきます。

そして、借金を減額させるだけでなく、完済に近づけるための返済計画までをもご一緒に考えていきます。

page top