神奈川県で借金問題・債務整理の相談ができる司法書士をお探しのかたへ

借金に苦しむ人のなかには、返済日のことが頭から離れず疲弊していることも多いのではないでしょうか。

そのような日々を過ごしていると正常な判断ができなくなり、借金を借金で返すというスパイラルに陥った結果、さらに悲惨な状況を招いてしまう恐れがあります。

そんな状況から脱出する方法の一つが債務整理です。債務整理は、借金した本人でも手続きができますが、司法書士などの法律の専門家に依頼したほうがスムーズに解決できます。

そこで、借金問題を解決するために知っておくべき内容や対処法、相談すべき法律事務所の選び方も含めて紹介していきます。

神奈川県で債務整理の相談ができるみどり法務事務所のご案内

神奈川県で債務整理を検討する場合、気になるのは、「どこに相談したら良いのか」、「相談料はどのくらい必要なのか」ではないでしょうか。

多くの司法書士や弁護士事務所のなかから債務整理に強い事務所を探すのは、そう簡単なものではありません。

そのようなお悩みをもつ方に選んでほしい事務所が、債務整理の実績豊富な「みどり法務事務所」です。

みどり法務事務所では、相談料が何度でも無料となっているため、金銭的な余裕がなく初期費用が払えない場合でも諦める必要はありません。また、遠方の方でも出張相談会があるので安心して利用できます。

神奈川県で借金問題を解決する手段として勧められる債務整理

債務整理とは、借金を減額してもらったり、返済期間や方法を調整してもらったりすることにより、借金を整理する手続きのことです。

その方法には、過払い金請求や任意整理、個人再生、自己破産などがあり、どの債務整理をおこなうかは、債務者の借入残高や収入、財産などの状況によって異なります。

そのため、債務整理を検討したい場合は、司法書士などの法律の専門家に相談することが大切です。

そうすることで専門家からは適切なアドバイスを受けることができ、貸金業者からの督促や取り立てを止めることができます。

たとえば、借入当初50万円だった借金が失業などで返済ができなくなった場合、陥ってしまいがちなのが新たな借金で返済をしてしまうことです。

その結果、借金はすぐに倍以上の100万円ほどにも膨れ上がり、いずれ督促や取り立てを受けることになります。

そうなる前に、債務整理をしておけば借金が増えることもなく計画的な返済ができていたかもしれません。

また、取り立てを受けるようになった後でも、債務整理をすることで厳しい取り立てから逃れられ、返済額の負担が減少する可能性があります。

ただし、状況によっては自己破産となる場合もあるため、滞納しそうになったら早めの債務整理がおすすめです。

神奈川で事務所を選ぶポイント

相談料が無料

債務整理を依頼する際の法律事務所選びには、いくつかのポイントがあります。

その一つが、債務整理の無料相談を受け付けているかどうかです。

相談料が有料の場合、債務整理を検討するほど借金の返済に苦しんでいる状態では、費用の捻出だけでも大変な苦労が伴います。

そして、仮に相談料を用意できなければ、相談するチャンスを逃してしまいかねません。

そのような状態を避けるためにも、まずは、気軽に相談できる無料相談が必要なのです。

費用がわかりやすく明瞭会計

債務整理は、法律事務所に依頼せず自分で手続きをすることも可能ですが、できるだけ早く正確に解決したい場合は、司法書士などの法律事務所に依頼するほうが安心です。

しかし、その場合、債務整理の方法や借金の状態に応じた費用の負担は避けられません。

そこで、気になるのが、自身の借金額に対してどのくらいの費用が必要かではないでしょうか。

それが明示されないままでは、安心して債務整理の依頼をすることはできません。

というのも、せっかく債務整理に踏み切るのに想定外の費用がかかると、今度はその支払いに苦しむ結果を招きかねないからです。

しかも、債務整理は、条件や方法によってかかるコストは異なります。

だからこそ、手続き後の請求で驚くことがないよう、さまざまな手続きにかかる費用がわかりやすいかどうか、また、明瞭会計であるかどうかを確認しておく必要があるのです。

債務整理の実績が豊富

費用と同じくらい重要なポイントが、債務整理の実績が豊富かどうかです。

というのも、司法書士の業務は多岐にわたり、すべての法律事務所が債務整理の手続きに精通しているわけではありません。

そのため、もし経験やノウハウの少ない法律事務所に依頼してしまうと期待通りの成果が得られない可能性もでてきます。

そこで、重要になってくるのが、債務整理の実績豊富な事務所を見極める方法です。

多くの事務所では、力を入れている分野の実績や事例、その分野についての詳しい説明をホームページなどに掲載しているので、事前のチェックをおすすめします。

柔軟な営業時間

事務所選びの4つ目のポイントが、営業時間が柔軟かどうかです。

平日の9時から17時までしか営業していない法律事務所に相談する場合、仕事を休むか早退、もしくは遅刻しなくてはなりません。

少しでも収入を減らしたくない債務者にとって、仕事を休むことは極力避けたいことではないでしょうか。

そのようなときは、17時以降や休日も営業している法律事務所が大いに役立ってくれます。

加えて、会社に休みや早退などの理由を説明する必要がなくなる点でも大きなメリットです。

柔軟な支払方法

債務整理を司法書士に依頼すると、成功報酬の支払いは避けられません。

しかし、返済もままならないほど金銭的な余裕がないときに手続きの費用を負担することは至難の業です。

そんなとき、たとえば、過払い金請求などで戻ってきた金額から費用を差し引くなど、柔軟な対応をとっているところなら無理なく債務整理の相談や依頼ができるのではないでしょうか。

一方、最初に着手金や初期費用を払わなければならない場合は、債務整理のためにさらに借金が増えてしまう場合もあります。

そのような状態に陥らないためにも、支払い方法が柔軟であるかどうかを確認することも事務所選びには重要なポイントなのです。

全国から債務整理の相談を受けている

そして、6点目の事務所選びのポイントが、全国から債務整理の相談を受けているかどうかです。

法律事務所が多い都市部と異なり、地域によっては借金問題を専門とする事務所が近くになかったり、経験が浅い事務所しかなかったりといった可能性があります。

そのような場合、全国対応の事務所なら、さまざまな地域からの相談に慣れている点においても頼りになる存在です。

加えて、支店をもっている全国対応の事務所は、在籍している司法書士の数や支店の数だけバリエーションに富んだ経験値の高さが期待できるメリットもあります。

神奈川でみどり法務事務所が選ばれる理由

みどり法務事務所が選ばれる理由として、まず、支払う費用が成功報酬のみで相談料や初期費用が無料となっている点が挙げられます。

法律の専門家への通常の相談料や初期費用が払えるほどの余裕があれば、債務者は債務整理を検討するほどではないと考えるでしょう。

それほど、債務整理を決心するのは、ハードルが高いと思われているからです。

だからこそ、債務整理に関しては、相談料や初期費用を無料にしておくのがベストであり、みどり法務事務所が選ばれる理由の一つとなっています。

加えて、契約書や利用明細書などの資料が一切不要という点も選ばれる理由です。

過払い金は、借金をしている期間が長いほど発生する確率や金額が高くなる傾向にありますが、該当する期間が長くなると資料を紛失している可能性が高くなります。

そのような場合でも、みどり法務事務所なら諦める必要はありません。

借入先と借金をした方の情報があれば、過払い金調査が可能なのです。

任意整理は法律の専門家でなくても手続きできますが、それでも、経験豊富な専門家なら有利に交渉できるという点がメリットとなります。

そして、多くの「お客様の声」に耳を傾け、親切で丁寧、かつ迅速な対応をする点もみどり法務事務所が喜ばれている理由です。

返済に苦しんでいる人が債務整理を検討するときは、貸金業者からの督促などで追い詰められた状態になっている場合が多いといえます。

そのようなときは、親切で迅速な対応が何よりも助けになるはずです。また、過払い金請求のように消滅時効のあるものなら、より一層、迅速な対応が救いとなるはずです。

そのようなとき、経験不足だったり、司法書士がいなかったりといった事務所で必要以上に時間がかかってしまうと債務者はさらに追い詰められてしまいます。

反対に、迅速で丁寧な対応が望めれば希望がもてるため、より大きな安心感を得られるのです。

続いて、徹底した秘密厳守も相談や依頼をする方にとって譲ることのできない条件となります。

そのため、勤め先や知り合い以外に家族にも債務整理の手続きを知られたくない方には、連絡をする時間や郵送物などそれぞれの方に合わせた対応をしているのです。

また、同様に個人情報についても、万全な体制で管理しています。

このような「かゆい所に手が届く」、徹底した秘密厳守の対応は、信頼できる法律事務所かどうかという意味でも重要なことです。

債務整理では、手続きにかかる負担は金銭的なものだけではありません。

なかでも、面談にかかる負担は、仕事を休まなければならない場合、時間的も金銭的にも大きく感じられるはずです。

そのような心配をする方にもみどり法務事務所が選ばれる理由は、直接会う面談が原則として、個人情報を取り扱うための1回だけという点になります。

そのため、多少距離のある場所であっても、負担を抑えることができるのです。ただし、過払い金の調査結果や返済計画、交渉や訴訟については、お客様にうかがいながら進めるので心配はありません。

そして、北は北海道から南は九州まで8箇所の拠点をもつみどり法務事務所は、全国からの相談を受け付けられる点でも多くの方から喜ばれています。

また、出張相談会もおこなっているため、遠方で事務所を訪問するのがむずかしい場合でも安心して相談できるのも大きなメリットです。

これは、都市部と異なり借金問題に高い専門性をもつ司法書士が見つけにくい地域において、事務所選びに欠かせないポイントになります。

そして、全国対応でありながら、地域密着型のメリットも併せ持つことも選ばれる理由です。

それが実現できるのは、東京をはじめ、高知、札幌、愛媛、岡山、広島、熊本、愛知にある支店すべてに司法書士が在籍しているからだといえます。

神奈川県で多い債務整理について

横浜市などの大都市をもつ神奈川県は、収入や貯蓄額が高いものの住居費をはじめとする物価も高いため、負債額の高さも目立つ地域です。

そのため、神奈川県では債務整理も多くおこなわれています。

そこで、いくつかある債務整理の方法のなかでどの方法が多く選ばれるのか、債務整理をするならどのタイミングが望ましいのかなど、債務整理の流れも含めて紹介していきます。

債務整理を依頼するタイミング

何らかの事情で収入が減少し返済が滞ってしまうことは、借金がある人なら誰にでも起こりうることです。

ただし、滞納し続けたまま放っておくと、残高すべてを一括請求されたり、裁判を起こされて給与が差押えられたりといった可能性も発生します。

そうなると、否応なしに破産を選択せざるを得ない状況に陥ったり、最低限の生活さえ困難になったりすることは否めません。

だからこそ、最悪の状態になる前に債務整理を検討し、依頼するタイミングを外さないことが大切なのです。

では、どのような状況が債務整理を依頼すべきタイミングになるのでしょうか。その答えとして、毎月の収入では返済が困難だと感じたときや返済が遅れがちになったときなどが挙げられます。

ただし、実際に毎月の返済が困難だと感じたときに冷静な判断ができるケースは、それほど多くはありません。

なぜなら、債務整理を避けるため、不足する金額をさらに借金で払ってしまう場合が多いからです。

また、返済が遅れがちになり危険信号が出ている状態でも、債務整理などの結論を先延ばしにするケースも多くみられます。

しかし、結論を先延ばしにするほど、事態は悪化する可能性が高いため、できるだけ早めに判断することが大切です。

債務整理の種類

債務整理には、いくつかの種類があります。その一つが、貸金業者と交渉することで利息のカットや借金の減額に応じてもらい、毎月の返済の負担を軽減させる任意整理です。

任意整理では、過払い金がある場合は引き直し計算をおこなって元本を減額することができます。

また、過払い金がない場合は、任意整理後の利息のカットや支払回数を増やせば負担の軽減が可能です。

しかし、任意整理をおこなっても返済できないほどの借金が残ることがあります。

その場合の債務整理の一つが、住宅ローン以外の借金を減額し、残った借金を原則3年間、または最長5年間で返済する個人再生です。

この方法は、自己破産を避けたい人や住宅ローンがあり、その住宅を手放したくない人が選択することが多い方法になります。

そして、仮に、個人再生でもなお返済が滞る可能性が高い場合に選択せざるを得なくなるのが自己破産です。

その場合、裁判所に自己破産の申し立てをおこない、認められれば借金は免除されますが、所有する財産は債権者に分配しなくてはなりません。

その自己破産の手続きは、2つに分かれています。まず、所有する財産を現金化して貸金業者に分配する破産手続きをおこない、その後、残った借入額を免除してもらうよう裁判所に申し立てをしなくてはなりません。

この免除してもらう申し立てを免責手続きといいます。

そして、最後が、金利などを含めて払いすぎたお金を貸金業者に請求する過払い金請求です。

なぜ利息や借金を減らすことができるのかというと、平成22年6月に改正される前の利息制限法と出資法の矛盾に原因があります。

改正前は、民法の利息制限法で、10万円未満の借入額には年率20%、10~100万円未満は年率18%、100万円以上は年率15%と上限金利が決められていました。

一方、刑法の出資法では、仮金業者と個人間では年率29.2%が上限金利と定められていたのです。その結果、生じた金利の差をグレーゾーン金利と呼びます。

本来なら利息制限法を適用すべきところ、ほとんどの貸金業者が罰則のある出資法の上限を適用していました。

しかし、最高裁でグレーゾーン金利を認めない判決が下されたため、払いすぎた金利分が交渉により請求できるようになったのです。

また、過払い金は、すでに完済している場合は、交渉により勝ち取った金額が戻りますが、完済していない場合、借金の元本に充当されます。

そして、充当された結果、返済の負担を軽くすることができるのです。

任意整理の手続きの流れ

任意整理は、債務整理のなかでも短期間で解決が望める方法でありデメリットも少ないため、もっとも多く選択される方法となります。

まず司法書士や弁護士事務所へメールや電話で相談することが最初のステップです。

そして、相談後は、債務状況などの詳細や個人情報を司法書士が確認するために面談をおこないます。

そして、3つ目のステップが契約です。この段階では、面談の結果、任意整理で自身の借金問題が解決可能だと判断できれば、司法書士に手続きを依頼し契約を交わすことになります。

そして、次におこなうのが、貸金業者などの債権者から開示された取引履歴をもとにした引き直し計算です。

その際、元本より過払い額が上回っていたら返還対象となり、過払い額を差し引いても元本が残った場合は、その金額が借金総額の確定額となります。

一方、過払いがない場合は、将来の利息をカットするなど他の方法で借金額を減らす交渉が必要です。

そして、次のステップが返済計画を立てたうえで、交渉か訴訟かを決定する段階になります。

その後、過払い金がある場合は返還された段階で手続き終了です。返済すべき残高が残ったときは、無理せず返済できる金額に計算しなおした分割払いなどが開始されます。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理は、債務整理のなかでもっともデメリットが少ないといわれていますが、具体的にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

最初に挙げられるのが、貸金業者からの督促が止まることです。これは、貸金業者からの督促や取り立てに苦しんでいる債務者にとって大きなメリットといえます。

それと同じくらい返済に苦しむ債務者にとって助けになるのが、借金が減ることです。

任意整理で紹介したように、過払いがあれば借金総額を減らすことができますが、ない場合でも将来利息をカットできる場合があります。

さらに、月々の返済の負担を軽減するため、支払い能力に応じて3~5年で完了するよう分割回数を増やすこともメリットの一つです。

また、任意整理は、他の個人再生や自己破産などと異なり、裁判所を通さず司法書士が貸金業者と交渉をして和解まで進めることができます。

その柔軟性により、任意整理の手続きをする債権者を選ぶことも可能です。

そのほか、家や価値のある財産を差押えられず債務整理ができることも、大切な資産を守りたい債務者にとって利点となります。

一方、少なからず存在するデメリットの一つが、減額幅が他の方法と比べて小さいことです。

過払い金がない場合、減額される可能性があるのは将来利息のみになるため、借金額や資産額などに応じて大幅に減額できる個人再生ほど借金を減らすことができません。

加えて、信用情報機関への登録により、手続き完了後の約5年間は、新規の借入やクレジットカードを作ることができなくなるのも大きなデメリットといえます。

債務整理とブラックリストの関係・対処法

任意整理のデメリットでもふれましたが、債務整理をする際に心配されることの一つがブラックリストではないでしょうか。

実は、一般的にいわれているブラックリストというものは存在しません。

しかし、前述したように任意整理をした際、支払いが残った場合は信用情報機関に登録されるため、5年間は消費者金融から借入がむずかしくなります。

多くの場合、そのことをブラックリストにのると表現しているので、任意整理で借金が残った場合はブラックリストにのることになるのです。

しかし、過払い金により借金がゼロになった場合は、制限される対象にはなりません。

ブラックリストにのり制限を受けることは、安易に借金をしない生活へ切り替えるきっかけにもなります。

任意整理で5年、個人再生と自己破産であると10年後に登録された情報が消滅するため、それまでの期間をどう過ごすかも大切です。

神奈川県の債務整理・借金問題について

神奈川県の借金事情と過払い金請求情報

神奈川県には、2017年3月31日現在770以上の弁護士事務所が登録されています。

一方、司法書士事務所数は230以上です。東京の次に人口の多い神奈川県は、全国消費実態調査によると、1世帯あたりの貯蓄額でも東京に次いで2位ですが、一方で負債の多さでも全国2位となっています。

この負債の大きさの一因となっているのが、他の地域と比べて高い物価と住宅価格です。

そのため、住宅購入時のローンも高額になり、家計を圧迫する原因となっています。

そのような状況では、病気やケガ、リストラなどの何らかのアクシデントがあれば、住宅ローンの返済がむずかしくなり、ついキャッシングなどに頼ってしまいがちです。

その結果、住宅ローン以外の借金も重なり、その状態を放置しておくと、さらに悪化の一途をたどってしまいます。

そういった状況を避けるため、法律事務所に債務整理の相談をする人は少なくありません。

加えて、神奈川県内の場合、交通網の発達により東京の法律事務所を選択するケースも多くなります。

神奈川県について

神奈川県は、人口約918万人、3つの政令指定都市をもつ県です。東京湾に面した地域と緑豊かな山、広い平野部といったバラエティに富んだ土地でもあります。

そして、県庁所在地であり、全国の市町村でもっとも人口が多い横浜市は、幕末に外国人居留地として開かれ、出島を除いて日本で最初に海外文化の影響を受けた都市です。

そのため、アイスクリームやビール、鉄筋コンクリートビル、ホテルとバーなどきりがないほど多くのものの日本での発祥の地となっています。

そして、明治維新以降、横浜から日本中に広がっていったもののなかには、銀行や鉄道、警察署、電話などの今では生活に欠かせないものもあるのです。

また、神奈川県は観光都市でもあり、横浜市だけでも、中華街、赤レンガ倉庫、異国情緒漂う元町や山手など数えきれないほどのスポットがあります。

そして、鎌倉大仏や鶴岡八幡宮のある鎌倉もまた、神奈川県を代表する観光地です。

さらに、温泉地として有名な箱根や湯河原も、日本人だけでなく外国人観光客からも愛される観光地となっています。

そのほか、湘南や江の島、丹沢大山国定公園、相模湖などアウトドアレジャーやアクティビティが楽しめるスポットなど自然に親しめる場所が多いのも神奈川県の特徴です。

産業は、都市化と工業化が進んでいる都市部がある反面、農林水産業も大消費地の近くで重要な役割を担っています。

特に、足柄茶はブランド化されたお茶として有名です。また、マグロ遠洋漁業の基地として稼働している三崎港では、マグロの水揚げが盛んにおこなわれ人気を呼んでいます。

とはいえ、神奈川県の主要な産業は商工業です。神奈川県に本社を置く企業は数多くあり、世界的に有名な大企業や老舗企業なども多く存在します。

また、神奈川には日本での生産量1位のものもあり、その一つがチーズです。

もちろん、神奈川県ではチーズの生産量が日本一になるほど生乳を生産しているわけではありません。

では、なぜ1位なのかというと、横浜港にプロセスチーズの原料となるナチュラルチーズが輸入され、神奈川県内の工場で加工されるからです。

また、ワインにも同じことがいえます。海外から輸入された原料を使用して、藤沢市にある大手ワインメーカーの工場で製造して出荷するため、神奈川県がワインの生産量日本一となるのです。

以上のことから、神奈川県は、さまざまな産業と魅力あふれる多様性のある地域だといえます。

債務整理・借金問題で専門家をお探しの神奈川県在住の方へ

神奈川県にお住まいで借金にお悩みの方は、首都圏に事務所を構え、借金問題や債務整理に強い「みどり法務事務所」にご相談ください。

相談なら何度でも無料です。また、東京をはじめ、高知、札幌、愛媛、岡山、広島、熊本、愛知に司法書士がいる支店があり、迅速かつ丁寧な対応を心がけています。

さらに、支店がある地域以外でも、北海道から九州まで出張相談会も実施しているので遠方の方でも安心です。

加えて、お気軽に相談できるよう、お電話は全国どこからでも通話料無料でかけられ、メールは24時間受け付けています。

借金問題は、過払い金の消滅時効やデメリットの少ない方法での債務整理をするためにも早めの決断が大切です。

また、ご依頼いただくことで借金の減額や無理のない支払い計画を交渉し、再スタートすることも可能になります。

この機会に、借金の返済でつらい日々を送っている方は、解決へ向けてスタートしてはいかがでしょう。

page top