債務整理を依頼する事務所選びのポイント

債務整理をおこなうときは、手続きを依頼する司法書士や弁護士の事務所選びが重要なポイントとなります。

どの事務所に依頼しても、結果が同じになるわけではないからです。

事務所によって主に扱う業務や得意分野はさまざまです。

依頼するからには、自分が抱えている悩みの解決に強い事務所を選んだほうが満足いく結果を得られます。

事務所選びで失敗しないためには、あらかじめチェックすべき項目を知り、判断基準をもっておくと事務所選びに失敗しなくてすみます。

ここでは、債務整理を依頼する事務所選びのコツを紹介しています。

これから債務整理を依頼しようとしている人は、事務所選びの参考にしてください。

1.債務整理の専門家を選ぶポイント

1-1.債務整理の実績・経験がある

債務整理は、司法書士や弁護士事務所に依頼するのが一般的です。

お住まいの地域や職場の近くに絞ってもたくさんの事務所があると思いますが、債務整理に向いている事務所は限られています。

まず、チェックすべきポイントは得意分野です。

債務整理を得意とする事務所に依頼したほうが、手続きがスムーズです。

開業して日が浅かったり、別の業務に特化していたりする事務所では、債務整理の経験がない場合が考えられます。

経験がないと事務所にとっても初めての業務となるので、安心して手続きを任せられません。

依頼する前にホームページを見てみましょう。債務整理に関する情報が豊富かどうかも判断のポイントです。

1-2.債務整理における最新の貸金業者の対応状況を知っている

債務整理には、お金の貸主である貸金業者が大きくかかわってきます。

貸金業者と借金を減額するための交渉をおこなうのは、自分が依頼した事務所の司法書士や弁護士です。

そのため、負担の軽減具合は、司法書士や弁護士の交渉力にかかっています。

借金をどれだけ減額できるか、どれだけ分割回数を増やして月々の負担を軽くできるかは交渉力によって決まります。

貸金業者の対応状況を最新のデータでつかんでいないと、効果的な交渉ができません。

そのため、業界の最新情報を把握している事務所に依頼するのが適切です。

1-3.債務整理の費用項目がわかりやすい

司法書士、弁護士事務所に債務整理を依頼するときは、報酬を支払わなければなりません。

報酬には用途によってさまざまな費用が含まれますが、チェックすべきなのは費用項目です。

依頼を検討しているときは、事務所から見積もりをもらい、どんな費用が発生するのか明確に記載されている事務所を選びましょう。

費用項目が記載されていない場合は信頼性が低く、報酬も相場より高い可能性があります。

また、分割払いができるのか、支払いのタイミングなども確認し、安心して任せられる事務所であるか判断しましょう。

1-4.費用が相場と比べて高くないか

報酬の相場も知っておくべき情報です。

相場を事前に知っておけば、悪質な事務所から法外な費用を取られるトラブルを避けられます。

司法書士や弁護士事務所は事務所ごとに費用体系を決めています。そのため、報酬の金額は事務所ごとに差があります。

業務内容に見合った適切な報酬を提示している事務所に依頼するほうが安心です。

債務整理にもさまざまな種類があるので、種類ごとの費用相場を把握しておくとよいでしょう。

たとえば、任意整理の相場は貸金業者1社当たりの着手金が4万円程度、成功報酬が2万円程度です。

個人再生の相場なら、着手金・成功報酬は約40万円、その他の費用は約20万円かかります。

自己破産の場合なら、着手金・成功報酬の相場は40~50万円程度です。

1-5.債務整理のデメリットやリスクも説明する

債務整理の手続きを開始する前に、しっかりと把握しておかなければならないのが付随するデメリットやリスクです。

デメリットやリスクを説明せずに手続きを進めるような事務所に依頼してしまうと、トラブルが起こる原因です。

デメリットやリスクを知れば、自分のケースに合った債務整理を選ぶことができます。

無料相談などを活用して、細かく説明をしてくれる事務所かどうか確認しましょう。

1-6.手続きの流れやスケジュールについて説明がある

債務整理を事務所に依頼する場合は、手続きのほとんどを司法書士や弁護士に任せることになります。

基本的に、手続きや交渉が完了するのを待つスタイルですが、流れやスケジュールが把握できていないと不安になってしまいますよね。

手続きや交渉が順調に進んでいるのかもわかりません。

債務整理の流れやスケジュールをしっかりと伝えてくれる事務所であれば、責任を持って対応してくれる可能性が高いです。

スケジュールについて疑問点があれば事務所に質問して、詳しい流れを確認しましょう。

1-7.きちんと契約書を作る

契約書は、実際に依頼したことを証明する重要な書類です。

また、債務整理に関連する情報も記載されています。

事務所と依頼主のどちらも、トラブルが発生した場合は契約書に基づいて行動します。

そのため、契約書を作らない場合は約束をうやむやにされる恐れがあるので大変危険です。

事務所がしっかりと責任を持って対応しているのかもわかりません。

知りたい情報を開示してくれ、きちんと契約書を作ってくれる事務所を選びましょう。

1-8.過去に問題を起こしていないか

過去に、弁護士会や司法書士会から懲戒を受けたことがある事務所への依頼は避けましょう。

懲戒された過去があると、事務所の信頼性はとても低くなってしまうからです。

交渉を主とする債務整理では、事務所への信頼感が非常に重要な要素となります。

弁護士の場合、弁護士懲戒処分検索センター(http://shyster.sakura.ne.jp/)を利用すれば懲戒処分の情報を知ることができます。

2.自分で探す以外で債務整理の専門家を探す方法【メリット・デメリット】

2-1.知り合いの紹介や知人の事務所

メリット

・探す手間が省ける

・事前に人柄がわかる

・自分の知り合いの場合、以前から知っている


知り合いから紹介してもらったり、知人が事務所を構えていたりする場合は、自分で事務所を探す必要がありません。

債務整理では個人の資産問題を扱うため、相手を信頼して手続きや交渉を任せられるかが重要です。

以前から知っている事務所であれば、仕事への姿勢もわかっているので安心して依頼することができます。

人柄を信頼して任せられる点が大きなメリットです。

デメリット

・債務整理の実績、専門的な知識があるかわからない

・知人からの紹介の場合、借金の悩みを知人に知られてしまう

・紹介のため、自分に合わなくても途中で弁護士を変更しづらい


司法書士や弁護士として事務所を開業していても、債務整理を扱っているとは限りません。

実績や専門的な知識がなければ、人柄が信頼できたとしても不安が残ります。

また、債務整理をすることを紹介者である知人に知られてしまう点もデメリットです。

万が一、トラブルや意見の食い違いが発生した場合は、途中で事務所を変更することが可能です。

しかし、紹介された事務所の場合は変更をためらってしまう可能性もあります。

そのまま手続きや交渉を進めてしまっては、さらにトラブルを招いてしまうでしょう。

人柄も大切な要素ですが、債務整理に適した事務所を選ぶのがもっとも大切な要素です。

2-2.市民相談会

メリット

・役所が実施している安心感がある

・無料で相談できる場合が多い


役所が実施している市民相談会では、借金の問題を弁護士に相談できます。

役所が依頼している弁護士に相談できるので、安心して話ができる点がメリットです。

また、相談会は無料で参加できる場合が多いので、気軽に足を運べます。

自分で事務所を探してから相談しに行くとなると、非常に手間がかかってしまいます。

相談会の場合は日時や場所が指定されているのでわかりやすく、初めてでも不安なく臨めるのが特徴です。

デメリット

・相談可能な日時が限られている

・相談時間が限定されているケースが多い

・対応してくれる弁護士が誰なのかわからない

・相談できる分野が幅広いため、必ずしも債務整理の実績があるかわからない

・役所で偶然知人に会う可能性を考えると相談に行きにくい


市民相談会では、相談できる日時があらかじめ決められています。

希望の日時に変更できないので、予定が合わないと参加できない点がデメリットです。

また、必ずしも債務整理に特化している弁護士が対応してくれるとは限りません。

相談できる内容は幅広く、債務整理に限定されていないためです。

実績がなく、専門的な知識や最新の状況を知らない弁護士が対応する場合もあります。

また、相談会は誰でも参加できるので、役所で知人に会う可能性も考えられる点がデメリットです。

2-3.弁護士会・司法書士会の相談会

メリット

・弁護士会、司法書士会が実施している安心感がある


役所だけでなく、弁護士会や司法書士会が実施している相談会も自由に参加できるのが特徴です。

事務所が独自におこなう相談会よりもオープンにおこなわれるので、安心して参加できます。

また、弁護士と司法書士のどちらに依頼したいか決まっている場合にも適している相談会です。

デメリット

・相談できる日時、相談料が地域によって異なる

・対応してくれる弁護士

・司法書士が誰かわからない


相談会の日時はあらかじめ決められているため、参加を希望する場合は予定を空けておく必要があります。

また、地域によって相談料の有無も異なるのが特徴です。

無料で相談できる場合もあれば、相談料がかかる場合もあります。

参加する際は、相談料の有無を事前に確認しておきましょう。

さらに、実際に対応してくれる弁護士・司法書士はこちらで選ぶことができません。

自分に合った弁護士・司法書士に対応してもらえるかがわからない点がデメリットです。

2-4.法テラス

メリット

・国が実施している安心感がある

・弁護士費用の立替を受けられる場合がある(返還が必要)


法テラスは、借金の問題を無料で弁護士・司法書士に相談できる仕組みです。

国によって設立され、全国各地に存在します。

国が支えている仕組みのため安心感が強く、気軽に相談できるのが特徴です。

また、毎月無利息で返済する必要はありますが、弁護士に支払う費用の立替を受けられる場合もあります。

金銭的な負担を抑えて相談できるのがメリットです。

デメリット

・あくまでも相談の窓口であり、相談する弁護士を紹介されるだけである

・紹介される弁護士の詳細がわからない


法テラスでは、相談内容を受けて適切な専門家を紹介するのが主な業務です。

実際に債務整理の手続きや交渉までおこなってくれるわけではありません。

また、紹介される弁護士の詳細がわからない点も法テラスのデメリットです。

債務整理を専門的におこなっていたとしても、人柄が合わない可能性もあります。

時間をかけて自分に合う事務所をじっくりと選べないのが難点です。

3.過払い金請求を依頼する事務所は自分で選んでリスク回避

債務整理を依頼する事務所の選び方は、知り合いの紹介・市民相談会や弁護士会または司法書士会の相談会への参加・法テラスの利用などさまざまです。

人柄を知っている、最初のハードルが低いなど、それぞれにメリットがあります。

しかし、忘れていけないのは債務整理の実績が豊富な事務所を選べないというデメリットです。

特に、相談会ではどんな弁護士や司法書士が対応してくれるのかわかりません。

債務整理の経験がない弁護士が対応する可能性もあります。

事務所の詳細を把握せず、安易に決めて依頼する行為はトラブルの原因です。

相談会などのサービスに頼りきらず、自分で事務所をしっかりと選ぶことでトラブルは防げます。

信頼できる事務所に依頼して、不安なく債務整理を進めていきましょう。

page top