借金を知られたくない人ための「誰にもバレずに過払い金請求する方法」

「誰にも知られずに、過払い金請求できますか?」

「借金をしていたことは隠したい」

家族や職場、友人に借金がバレたくないというのは、当然だと思います。

もし完済している借金の過払い金でしたら、なおさらでしょう。

過払い金請求を誰にもバレずにおこなうことはできます。

ただし、必ずバレないかというと注意点がいくつかあります。

過払い金請求は、ポイントを抑えることで誰にもバレずにおこなえるようになるのです。

過払い金請求には、大きく分けて、専門家に依頼する方法と自分でおこなう方法の2種類がありますが、どちらが適しているのかしっかりとお答えします。

完済した借金の過払い金請求と返済中の過払い請求の場合ごとの注意点もくわしく解説していきます。

誰かに借金を知られることをおそれて「いつかやろう」と先延ばしにしてしまうと、消滅時効によって過払い金請求ができなくなるおそれがあるので注意が必要です。

この記事を読むことで、バレずに過払い金請求する方法がわかりますので、ぜひ1度読んでみてください。

バレず過払い金請求する

対策をすれば周囲にバレるリスクを最小限に抑えて、過払い金請求をおこなえる方法があります。

バレる確率が少なく過払いできる方法は、ズバリ司法書士や弁護士などの専門家に依頼することです。

司法書士に依頼する場合でも、注意点がありますので、しっかり理解しておきましょう。

司法書士や弁護士などの専門家に依頼する

家族に過払い金請求することで、バレてしまう理由は、貸金業者との郵便物のやり取りで、不審に思った家族にバレてしまうケースが多いです。

主な郵便物としては、貸金業者から送られてくる取引履歴や貸金業者から遅れてくる和解書、裁判する場合は裁判所から送られてくる書類などがあります。

郵便物については、司法書士や弁護士が借主と貸金業者の間に入ることで、解決できます。

司法書士や弁護士が依頼されお客様と契約を結ぶと、その後の貸金業者と郵便物等は、司法書士や弁護士の事務所に届くようになりますので、やり取りや交渉をお任せできます。

また、家族に秘密で借金をしている人のなかには、家族に業者からの督促がいくのではないかと不安に感じている人も多くいるでしょう。

この問題も、司法書士や弁護士に依頼することで、貸金業者に受任通知を送り、催促や連絡はストップさせることができます。

このため、借金が催促によって、家族にバレるリスクは低くなるはずです。

さらに司法書士事務所などからの連絡では、電話を掛ける時間帯の配慮や郵便物の差出人名についても配慮してくれます。

たとえば、差出人欄に「法務事務所」と書かずに個人名で送ってくれるなど臨機応変に対応できます。

専門家へ依頼する際の注意点

専門家に依頼するには、依頼する時点で、あらかじめ家族にバレたくないことを伝えておかなければなりません。

専門家に依頼する人のなかには、すでに家族に借金を打ち明けている人も少なくないので、依頼者が自ら「秘密にしてほしい」と伝えなければ、専門家には判断がつきません。

また、経験値の少ない事務所や対応力のない事務所に依頼すると、配慮がなくバレてしまうかもしれないので事務所選びは慎重にしましょう。

自分で請求するとリスクが高い

過払い金請求は、専門家に依頼せずに自分でおこなうこともできます。

過払い金請求を自分でおこなうことで、専門家に払う費用が減らせるなどのメリットがありますが、家族や周囲の人にバレてしまうリスクは高まります。

司法書士事務所と違い、貸金業者は借主の味方ではないので、家族にバレないための配慮も期待できないからです。

まず過払い金請求にはどのような手順があるか見ていきましょう。

過払い金請求の手順

  • STEP 01 取引履歴を取り寄せる

  • STEP 02 引き直し計算をする

  • STEP 03 過払い金返還請求書を送付

  • STEP 04 貸金業者と過払い金請求において交渉する

  • STEP 03 過払い金請求の裁判をする(必要な場合)

  • STEP 04 過払い金が貸金業者より振り込まれる

過払い金請求をするには、まず過払い金がいくらあるのか知るために、引き直し計算をしなくてはなりません。

引き直し計算自体は、インターネットにUPされている引き直し計算用の計算機を使えば、おこなうことができます。

引き直し計算用の計算機は、エクセルが必要なものもありますので、事前に確認しておきましょう。

ただし引き直し計算自体おこなうことには、いつどの貸金業者からいくら借りて、いくら返したのかがわからないといけません。

そのためには、貸金業者から取引履歴を開示してもらうことで、知ることができます。

貸金業者から取引履歴は、郵送の場合自宅に届いてしまいますので、家族にバレてしまいます。

貸金業者との交渉においても、書類が自宅に届いてしまう可能性もなくはないです。

もし裁判をする場合には、月に1回のペースで平日に裁判所に出頭しなければならず、裁判所から書類も届くので家族にバレるリスクがさらに高まります。

過払い金請求後に返還額が銀行口座に振り込まれるので、その点も注意が必要です。

突然お金が振り込まれているので、怪しまれて、バレてしまう可能性があります。

具体的には、家族共有の口座には振り込まれないようにして、別口座に振り込んでもらい、返還後すぐに大金を使用しないことが大切でしょう。

見落としがちな過払い金請求がバレる理由

過払い金請求で注意が必要なのが、ブラックリストにのってしまった場合です。

過払い金請求すると必ずブラックリストにのるわけではありません。

借金返済中に過払い金請求をおこなって、発生した過払い金と借金を相殺して、借金がゼロにならない場合にブラックリストにのってしまうのです。

ブラックリストのるというのは通称で、正確には、信用情報期間に事故情報がのることを表しています。

信用情報機関は、貸金業者が加盟していますので、ここに事故情報がのってしまうと、クレジットカード会社やローン会社に情報が共有されてしまうのです。

借金から過払い金を引いて、借金がゼロにならない場合は、「任意整理」とみなされて、事故情報がのってしまうことになります。

任意整理

任意整理は、残っている借金の利息をゼロにして、借金の残金を原則3年~最長5年の分割払いで返済をおこなっていくこと。

過払い金請求は、任意整理の中の借金を減額する手段の1つとしておこなわれる。

ブラックリストにのってしまうと、大きく分けて3つのデメリットがあります。

他の貸金業者の借り入れの審査や新たなクレジットカードの審査、ローンの審査が通らなくなるのです。

また、家族名義のものを含め、使用中のクレジットカードを使用できなくなる可能性が生じます。

それまで特に不都合なく使えていたカードが突然使えなくなると、不審に思われて、それをきっかけに過払い金請求がバレてしまうかもしれません。

また、新たなクレジットカードを作成することはできなくなりますので、それによってバレてしまう可能性もなくはないです。

ブラックリストに1度のってしまうと、5年間は信用情報に事故情報がのってしまいますので、5年経たないと削除されません。

借金を完済した業者への過払い金請求であれば、ブラックリストには載ることはありませんが、過払い金請求をする業者のクレジットカードは使えなくなってしまうので、リスクはあります。

しかし、過払い金請求する業者のクレジットカードが使えなくなるだけですので、それ以外のクレジットカードは契約できます。

過払い金請求する以前に、別のカード会社に変更しておけば問題ないといえます。

クレジットカードは、過払い金請求の時は注意が必要ですのでこちらの記事も合わせて読みましょう。
クレジットカードでも過払い金請求できる!クレジットカードの過払い金請求で損しないため方法

請求を急いだほうがいい理由

過払い金請求は、貸金業者と最後に取引した日から10年間で時効にかかるため請求できなくなります。

バレることをおそれ、迷っているうちに時効で消滅してしまっては非常にもったいないことです。

また、請求先の貸金業者が、倒産してしまうと過払い金請求をすることができません。

自分の貸金業者は、平気だと思っていても、武富士のように大手が倒産した例もありますので、過払い金は放置しないようにしましょう。

しっかりとバレないように対策をしたうえで、早急に過払い金請求を司法書士に依頼したほうが得策といえます。

過払い金請求において時効は、忘れてはならない重要なものですので、こちらの記事も合わせて読みましょう。
過払い金の時効を止められる!?時効について知られてない本当の話

過払い金請求をバレずにするなら司法書士みどり法務事務所に相談

過払い金請求は自分ですることもできますが、自分で手続きをするとバレるリスクがあります。

司法書士や弁護士に依頼することで、家族や友人にバレずに過払い金請求することができます。

専門家に依頼するといってもどこでも良いわけではありません。

事務所選びは重要なポイントです。

事務所選びで失敗してしまうとトラブルになってしまう可能性がありますので、こちらの記事も合わせてお読みください。
過払い金請求でトラブルになりたくない、トラブル対処法も紹介

司法書士みどり法務事務所には、過払い金請求のなどの借金に関する相談実績があります。

丁寧な対応力とノウハウの豊富さには自信があります。

相談・着手金は無料でとなっており気軽に相談できる環境を整えております。

「過払い金があるかわからないので調べてほしい」といったお問い合わせも受け付けております。

ぜひ一度フリーダイヤルやメールフォームからお問い合わせください。

page top