過払い金請求のデメリットを状況別に検証、最大限のメリットを得るには

「過払い金は取り戻したいけど、過払い金請求ってデメリットはないの?」

というご質問をたくさんの相談者様からいただきます。 過払い金請求のデメリットは、以下の3つの状況や請求方法によって違います。

  • 借り入れの状況
    (完済後・返済中・完済と返済中の両方)
  • 自分でやる・専門家に依頼する
  • 話し合いで交渉する・裁判する

3つの状況ごとに詳しく説明しますので参考にしてください。

過払い金請求の知識を正しく身に付けることによって、デメリットを回避できるので、過払い金請求の知識をしっかりと身に付けることが大切です。

みどり法務事務所では無料相談でお借り入れの返済状況をおうかがいし、相談者様ごとにデメリットとメリットをきちんとご説明したうえで最善のアドバイスをさせていただいているのでご安心ください。

1.過払い金請求のデメリットとメリット

なぜ過払い金請求ができるのか法的根拠を解説

過払い金とは払いすぎた利息のことです。

過去に、お金を借りる際の金利の上限を定める法律がふたつありました。

「利息制限法」では借り入れ額によって金利の上限を15%~20%、
「出資法」では2010年6月まで金利の上限を29.2%と定めていました。

出資法の上限である29.2%を超える金利でお金を貸すと罰則がありましたが、利息制限法の上限金利を超えても罰則がなかったため、ほとんどの貸金業者は金利の上限を29.2%以内に設定していました。

この出資法と利息制限法の上限金利の差分(グレーゾーン金利)が払いすぎていた利息、過払い金です。

2010年6月に出資法が改正され、金利の上限は利息制限法と同じ20%となりグレーゾーン金利が撤廃されたことで、多く払っていた利息(過払い金)を貸金業者に返還請求できるようになりました。

銀行からの借り入れはもともと金利が低いため、過払い金は発生していませんが、アコム、プロミスなどの消費者金融からの借り入れやクレジットカードのキャッシングを利用していた方は過払い金が発生している可能性があります。

過払い金請求のデメリットは、借金を完済しているか返済中か、完済した借金と返済中の借金両方あるのか、自分でやるか専門家に依頼するか、話し合いで解決するか裁判を起こすかといった状況によって違います。

まずはどんな状況でも共通するデメリットとメリットをお伝えします。

過払い金請求のデメリットとメリット

デメリット
過払い金請求した貸金業者から借りられなくなる
メリット
払い過ぎた利息が戻ってくる

1-1.過払い金請求のデメリット

過払い金請求のデメリットはほとんどありません。

しいてデメリットをあげるとすれば、過払い金請求をした消費者金融やクレジットカード会社が利用できなくなることくらいです。

ただし、貸金業者によって過払い金請求への対応に違いがあるので、すべての貸金業者が過払い金請求すると利用できなくなるわけではありません。

しかも過払い金請求した貸金業者以外の消費者金融やクレジットカード会社の審査に影響することはないので、それほど大きなデメリットにはなりません。

1-2.過払い金請求のメリット

過払い金請求の最大のメリットは、なんといっても払いすぎた利息が戻ってくることです。

ほかの貸金業者の返済にあてることもできますし、新たに借り入れをする必要がなくなるかもしれません。

貸金業者によってちがう過払い金の発生条件

残念ながら貸金業者からの借り入れすべてが、過払い金請求できるわけではありません。

過払い金の発生条件は貸金業者が法律で定められた利息内に金利を引き下げる以前から、お金を借りていたかどうかです。

金利を引き下げた時期は貸金業者によって異なります。

大きな貸金業者を例としてあげると、下記にあてはまる場合は過払い金が発生している可能性が高いです。

〇アコム:2007年6月18日までに借り入れしている場合

〇プロミス:2007年12月19日までに借り入れしている場合

〇アイフル:2007年8月1日までに借り入れしている場合

〇レイク2007年12月2日までに借り入れしている場合

大手貸金業者だけでなく、それ以外の貸金業者にも過払い金が発生しています。

過払い金請求の経験や知識が豊富なみどり法務事務所の司法書士は、各貸金業者別の対応を熟知していますので、お気軽にご相談ください。

貸金業者によってちがう過払い金請求の返還率と返還までの期間

過払い金の発生条件だけでなく、過払い金の返還率、返還されるまでの期間も貸金業者によって違ってきます。

返還率とは、発生した過払い金のうちの返還される割合を示したものです。 例えば返還率が75%の場合、100万円の過払い金があれば75万円が返還されるということになります。

貸金業者ごとの過払い金が発生する条件や過払い金の返還率、返還までの期間についてくわしく知りたい方は貸金業者ごとの情報ページをご覧ください。

※掲載がない貸金業者の実績もあります。
※貸金業者ごとの対応状況は随時、追加・更新をおこないます。

もし、過去に借りていた貸金業者を忘れてしまった場合、信用情報機関に問い合わせてご自身の信用情報を取り寄せることで調べることができます。

信用情報機関とは個人の名前や住所もちろん、職業や年収、現在の借り入れ額、過去の返済履歴、クレジットカードの利用状況など、個人の信用にかかわる情報を蓄積している機関のことです。

貸金業者ごとの対応について詳しくチェック

2.借り入れ状況ごとにちがう過払い金請求のデメリットとメリット

過払い金請求するときの借り入れ状況によってデメリットはちがうので、ご自身の状況にあわせてデメリットとメリットをご確認ください。

2-1.完済した借金の過払い金請求をするデメリットとメリット

完済した借金の過払い金請求するデメリット

完済した借金に対して過払い金請求する場合、デメリットはほとんどありません。

しいてあげるとすれば、過払い金請求した消費者金融やクレジットカード会社を利用できなくなることくらいです。

完済後の過払い金請求は時効を迎えてしまったり、貸金業者が倒産してしまうことで過払い金請求ができなくなってしまう可能性があるので、すぐにでもご相談ください。

完済後に過払い金請求する2つの注意点

時効成立で過払い金請求できなくなる

過払い金請求には完済した日から10年という時効があります。

たとえば、2006年頃から借り入れをして、2012年6月1日に完済した場合、時効が成立するのは2012年6月1日から数えて10年目の2022年の6月1日です。

複数の貸金業者を利用していた場合、どこの貸金業者にいつ完済したか記憶が曖昧な方もたくさんいらっしゃいます。

自分では時効だと思っていても思い込みの可能性もありますので、時効が成立していないかどうか専門家に相談して調べてみることをおすすめします。

過払い金請求する貸金業者が倒産

貸金業者が倒産している場合、過払い金請求はできません。

貸金業者が倒産していなくても、もし今後、経営不振に陥った場合、取り戻せる過払い金の額は減ってしまいます。過払い金がある場合は早期に請求することが大切です。

完済した借金の過払い金請求をするメリット

完済した借金の過払い金を請求するメリットは、過払い金が現金として戻ってくることです。

過払い金の金額は、返済していた期間が長いほど、また借り入れの額が大きいほど高額になる可能性があります。

現在、ほかの貸金業者で借り入れしている場合は、過払い金請求によって戻ってきた現金をほかの貸金業者の返済にあてることも可能です。

まずはいくら過払い金がいくら発生しているのか調査してみることをおすすめします。

2-2.借金を返済中に過払い金請求するデメリットとメリット

返済中の過払い金請求の2つの例

返済中に過払い金請求すると、過払い金は残りの借金にあてられます。
過払い金を返済にあてて完済できるケースと、借金が残るケースの2つに分かれ、それぞれデメリットとメリットが違います。

  1. プロミスの借金が残り100万円
    返ってきた過払い金が150万円
  2. プロミスの借金が残り100万円
    返ってきた過払い金が50万円

例1の場合、過払い金を借金の100万円の返済にあてると、完済できるうえに残った過払い金が手元に戻ってきます。

完済後の過払い金請求と同じ状況になるのでデメリットはありません。

例2の借金が残った場合は1つのデメリットと2つのメリットがあります。

デメリット
ブラックリスト載る
メリット
返済中の借金を減らせる
借金の利息をカット・月々の返済額を減らす交渉ができる

返済中の借金の過払い金請求をするデメリット

ブラックリストに載る

返ってきた過払い金が借金の額より少ない場合、つまり過払い金によって残りの借金を完済できない場合はブラックリストに載ります。

ブラックリストに載ると一定期間、新たな借り入れやクレジットカードの利用ができなくなり、一時的に現金払いの生活になりますが、借金を繰り返してしまう悪循環を変えられます。

収入と収支のバランスを見直し、生活を再建するチャンスです。

また、借金を滞納したことがある場合は、すでにブラックリストに載っている可能性が高いので、「ブラックリストに載る・載らない」を気にして過払い金請求をためらう必要はありません。すぐにでも過払い金請求することをおすすめします。

過払い金が借金額よりも多いか少ないかは、引き直し計算をすることでわかります。

借金を返済中の方は、まずは過払い金がいくら発生しているのか調査してみることをおすすめします。
引き直し計算の結果によって、過払い金請求をするかどうか判断しましょう。

ブラックリストと引き直し計算について詳しくチェック

返済中の借金の過払い金請求をするメリット

返済中の借金を減らせる

返済中に過払い金請求するメリットは、過払い金によって借金の元金そのものを減額できることです。

今後発生する利息をカット・月々の返済額を減らす交渉ができる

貸金業者に今後発生する利息をカットしてもらい、月々の返済額や返済期間を見直す交渉ができるので、毎月の返済額が減って生活がラクになります。

2-3.完済した分と返済中の過払い金請求するデメリットとメリット

複数の貸金業者に過払い金があった場合、過払い金請求は貸金業者ごとにおこないます。
完済している貸金業者と返済中の貸金業者があった場合、以下の2つの例で解説します。

  1. プロミス完済:過払い金100万円
    レイク返済中:借金が100万円、過払い金が50万円
  2. プロミス完済:過払い金100万円
    レイク返済中:借金が150万円、過払い金が25万円

例の1と2どちらもプロミスは完済後の過払い金請求なのでデメリットはありません。
すぐにでも過払い金請求するべきです。

レイクに過払い金請求する場合、どちらも返済中の過払い金請求で、過払い金よりも借金のほうが多いケースです。

例1の場合、プロミスの過払い金をレイクの返済にあて、あとからレイクも過払い金請求すればブラックリストに載るデメリットは避けられます。

例2の場合、借金は残るのでブラックリストにのりますが、レイクへの返済を滞納しているならすぐに過払い金請求をするべきです。

なぜなら返済を滞納している人は、すでにブラックリストに載っている可能性が高いので、「ブラックリストに載る・載らない」を気にして過払い金請求をためらう必要はないからです。

また、滞納していなかったとしても、毎月の返済がきびしい場合は、ブラックリストに載るデメリットよりも毎月の返済を減らして生活をラクにするメリットの方が大きいので、すぐにでも手続きすることをおすすめします。

2-4)クレジットカードの過払い金請求に関する注意点

クレジットカードの利用でも過払い金が発生している可能性があります。

クレジットカードはショッピングの利用のほかにキャッシングのサービスがありますが、過払い金が発生している可能性があるのはキャッシングのみです。

クレジットカードの過払い金請求の注意点は、キャッシングの返済が終わっていてもショッピングの支払いが残っていた場合、完済あつかいにはならないことです。

発生した過払い金はショッピングの支払いにあてられます。過払い金が少なく、残りの支払いが完済しない場合は、ブラックリストに載るのでご注意ください。

同じ信販会社の別ブランドのカード、合併した会社のクレジットカードにもショッピングの支払いが残っていなかったかどうか注意が必要です。

まずは過払い金がいくら発生しているのか調査しましょう。ショッピングの支払いがいくら残っているのか照らし合わせたうえで過払い金請求するかどうか判断することができます。

クレジットカードの過払い金請求をチェック

3.過払い金請求を自分でやるか専門家に依頼するか

過払い金請求は自分でやるか専門家に依頼するか、2つの方法があります。
どちらにしても過払い金請求する手続きの流れは一緒です。

過払い金請求の手続きの流れ

1.貸金業者から取引履歴を取り寄せる

過払い金請求の対象となる貸金業者から、過去の借り入れに関する取引履歴を取り寄せます。

自分で取り寄せることもできますが、貸金業者によっては司法書士や弁護士が取り寄せる場合よりも後回しにされるケースがあります。

2.引き直し計算

取引履歴が届いたら、利息制限法の上限金利にのっとって利息の引き直し計算をします。引き直し計算をすることでどれくらい過払い金があるのかわかります。

3.過払い金返還請求書を送る

引き直し計算で、返ってくる過払い金の正しい金額がわかったら「過払い金返還請求書」を作成し貸金業者に送ります。

4.任意交渉(話し合い)か裁判か、どちらかで解決

過払い金返還請求書を送ったあとは、貸金業者側の担当者と任意交渉(話し合いで交渉)を進めます。双方の希望が折り合わない場合、過払い金請求訴訟(裁判)になります。

過払い金請求を自分でやるなら、1~4の手順をすべて自分でやらなければなりません。
司法書士や弁護士に依頼した場合、すべての手順を専門家が代行します。

過払い金請求を自分でやるか専門家に依頼するかでデメリットとメリットは異なるので以下の詳細をご確認ください。

3-1)過払い金請求を自分でやるデメリットとメリット

デメリット
取り戻せる過払い金の額が少なくなる
時間と労力がかかる
家族にバレやすい
メリット
専門家に依頼する費用がかからない

自分で過払い金請求するデメリット

取り戻せる過払い金の額が少なくなる

過払い金請求は貸金業者との交渉になります。

貸金業者は交渉相手が司法書士や弁護士ではなく個人だと、過払い金の返還額を少なく提示し、返還日を先延ばしにする傾向があります。

過払い金の知識や法律の専門知識がなく、貸金業者との交渉に不慣れな一般の方だと不利な立場になってしまいます。

時間と労力がかかる

過払い金請求を自分でおこなう場合、専門的な知識が必要になり、想像以上に手間と時間がかかります。

返ってくる過払い金の正しい金額を調べるために取引履歴を取り寄せ、引き直し計算をし、貸金業者と直接交渉をしなければなりません。

過払い金を計算するためには、インターネット上に過払い金の引き直し計算ができる計算ソフトが出回っているものの、取引履歴の見方や算出方法がわからなければ計算ミスをしてしまいます。

計算ミスをした場合、返ってくる過払い金の正しい金額が把握できていないので、返ってくるはずの金額が少なくなってしまったり、貸金業者に過払い金の返還請求を断られたりする可能性があります。

貸金業者は過払い金に関して司法書士や弁護士と渡り合ってきたプロであるため、個人が提示した金額には簡単に応じてはくれません。

専門知識を独力で習得するのは時間がかかります。

ましてや、仕事をしながら書類を揃え、身に付けたばかりの専門知識で交渉し、満足できる結果を出すのはとてもむずかしいことです。

家族にバレやすい

過払い金請求に関する書類は自宅へ郵送されてくることになります。 自宅への連絡や書類を家族の誰かが受けた場合、借金をしていたという事実が知られてしまうことになります。

また、本人が書類を受け取っていたとしても、貸金業者や裁判所と直接連絡を取らないといけません。

その過程で、長年一緒にいる家族が「最近なんかおかしい...」と違和感を感じとり、疑われた場合もっと隠し通すのがむずかしくなります。

このように誰にも知られずに自分だけで過払い金を請求することはむずかしく、借金をしていたことを家族に知られなくないという人にとっては大きなデメリットになります。

自分で過払い金請求するメリット

費用がかからない

過払い金請求を自分でおこなうことのメリットは、司法書士や弁護士へ支払う費用がかからないことです。

ただし、裁判を起こした場合の裁判費用や書類の郵送料などの実費は自分で払うことになります。

自分で過払い金請求するデメリットとメリットを詳しく

3-2)過払い金請求を専門家へ依頼するメリットとデメリット

デメリット
費用がかかる
メリット
取り戻せる過払い金が増える
時間や労力がかからない
家族にバレにくい
返済中の場合、督促がストップする

過払い金請求を専門家へ依頼するデメリット

費用がかかる

過払い金請求を専門家へ依頼すると、相談料や着手金などの初期費用、基本報酬、成功報酬、その他に事務手数料、郵送料などの費用がかかります

司法書士や弁護士事務所によって費用の設定はバラバラです。正式に依頼する前にしっかり確認しておくことが大切です。

過払い金請求の依頼をする前にチェック

過払い金請求を専門家へ依頼するメリット

取り戻せる過払い金が増える

専門家を通じて過払い金請求をするほうが、自分で交渉するよりも多くの過払い金を回収できる点が大きなメリットです。

司法書士や弁護士は過払い金請求に関する知識が豊富であり、貸金業者それぞれにおける返還率や返還期間の相場も十分に把握しています。
貸金業者が低い金額で和解を求めてきても、言いくるめられるようなことはありません。

時間や労力がかからない

専門家へ過払い金請求を依頼すると自分でやる手間がかからないこともメリットです。

自分で請求する場合には、取引履歴の照会や過払い金の計算、貸金業者との交渉などすべてを自分でやらなければなりません。

その点、専門家へ依頼すれば過払い金請求に関する一切の手続きを代行するので、書類の準備に時間をかけたり交渉に労力をかける必要がありません。

また、専門家は過払い金請求に関する専門知識をもっているので、貸金業者に対して対等に交渉ができます。

家族にバレにくい

専門家へ過払い金請求を依頼すると、すべての手続きを専門家へ委任することになります。

司法書士や弁護士事務所が過払い金請求の窓口となり、裁判所からの郵便物や貸金業者からの連絡などもすべて事務所が対応することになるので、依頼者が自分で対応する必要はありません。

自分の身の回りに借金をにおわせる情報や通知が届くことがなくなるので、借金をしていることが家族に知られにくいというメリットが生まれます。

返済中の場合、督促がストップする

借金を返済中の場合、過払い金請求を専門家に依頼すれば督促が一旦ストップします。

司法書士や弁護士は、依頼者様から正式に依頼を受けると、過払い金請求を開始する前に貸金業者へ受任通知を送ります。

受任通知を受け取った貸金業者は、本人に直接連絡をすることができなくなります。

返済がきびしい方にとって、督促に追われるストレスを軽減できるのは大きなメリットです。

返済がいったん止まっている間に、無理なく返済できるように月々の返還額と返済期間の見直しをし、生活を立て直すことができます。

過払い金請求を依頼する司法書士や弁護士事務所を選ぶポイント

過払い金請求はどの司法書士や弁護士事務所に依頼しても同じではありません。

過払い金請求は専門家の交渉力で結果に差が出るからです。

たとえば、依頼する事務所を費用だけで選ぶと思わぬデメリットをこうむることがあります。
いくら費用が安く済むといっても、取り戻せる過払い金が少ないようでは意味がありません。

司法書士や弁護士事務所の業務内容は多岐にわたります。
事務所によっては不動産登記が専門であったり、相続問題を主に取り扱っていたりと、専門とする分野をある程度定めています。

過払い金請求を得意とし、経験や交渉力の高さを実績としてきちんと提示している事務所であれば、より多くの返還額が期待できます。

費用の安さだけを見るのではなく、実績とのバランスがとれている事務所を選ぶことが大切です。

また、過払い金について調べると、「○○相談所」や「○○センター」、「非営利団体NPO法人」などの過払い金相談窓口が出てきますが、過払い金や債務整理の業務をおこなえるのは、「司法書士」や「弁護士」だけです。

正式に依頼する前に自分の依頼するところは、弁護士や司法書士の代表名が明記されているか、連絡先、事務所所在地が正しく明記されているか、しっかり確認しておくことが大切です。

4.過払い金請求を任意交渉で解決するか裁判するか

過払い金請求には、まず貸金業者と直接話し合って交渉する「任意交渉」があり、返還金額や返還期日に納得できない場合には「裁判(過払い金返還請求訴訟)」をするという2つの方法があります。

4-1.過払い金請求を任意交渉で和解するデメリットとメリット

デメリット
取り戻せる過払い金が少ない
メリット
短期間で取り戻せる
費用が安くすむ

任意交渉で和解するデメリット

取り戻せる過払い金が少ない

任意交渉で和解した場合、一般的に裁判で過払い金を請求するよりも返還率が低くなってしまうことがデメリットになります。

返還率が高いといわれている貸金業者であっても、任意交渉による和解での返還率は過払い金の80%が限界であり、100%の返還はなかなか望めないのが実情です。

ただし、過払い金請求の裁判をした場合、早くて3か月長くなると1年以上かかることもあります。

任意交渉で和解した方が裁判をおこなわない分、早く過払い金の請求手続きができ、その分過払い金が返ってくるのも早いです。

任意交渉で和解するメリット

短期間で取り戻せる

任意交渉で和解することのメリットは、裁判で請求するよりも早期に過払い金が返還されることです。
特に専門家を通じて交渉した場合は、早ければ2カ月後には返還される貸金業者もあります。

すぐに過払い金を取り戻したい人やおおごとにしたくない人は、裁判をせず任意交渉で和解することを選択肢に含めるとよいでしょう。

費用が安く済む

裁判費用がかからないので費用が安く済みます

相談者様が「はやく取り戻したい」のか「たくさん取り戻したい」のかによって、任意交渉で和解したほうがいいのか、裁判したほうがいいのか決まります。

4-2.過払い金請求で裁判するデメリットとメリット

デメリット
期間が長くなる
裁判費用がかかる
メリット
取り戻せる過払い金が多くなる

過払い金請求で裁判するデメリット

過払い金が返ってくるまでの期間が長くなる

裁判の場合、過払い金が返還されるまでの期間が長くなる点がデメリットです。

裁判を起こして過払い金が返還されるまでの期間は、専門家へ依頼した場合で約4カ月~1年程度であり、任意交渉による和解よりも時間がかかります。

裁判費用がかかる

収入印紙代や代表者事項証明書代、訴訟手数料といった、裁判にかかる諸費用がかかります
また、専門家へ支払う成功報酬が5%ほど高くなります。

過払い金請求で裁判するメリット

取り戻せる過払い金の額が多くなる

過払い金請求で裁判をすることのメリットは、取り戻せる過払い金の額が多くなることです。

本来、貸金業者は過払い金を返したくありません。

話し合いで交渉を進めた場合、過払い金の減額交渉をしてきます。
減額交渉されて、過払い金が60%しか返還されないこともあります。

しかし過払い金請求を裁判でおこない「過払い金を全額返還しなさい」と判決が出た場合、過払い金を返還しないと、貸金業者の銀行口座を差し押さえますよという「強制執行」も可能になります。

貸金業者としては過払い金を返還するよりも「強制執行」のほうが困るので、過払い金が満額返還されやすくなります。

また「多く利息をとっていた分、過払い金に利息をつけて返還しないといけない」という法律があるため、過払い金にプラス5%の利息付きで請求できる可能性も高くなります。

5)みどり法務事務所なら相談者様の状況に応じた最善の方法で解決

みどり法務事務所は、ご相談者様のお話をくわしくおうかがいし、状況にあわせてデメリットとメリットをご説明しています。

過払い金に関する ご相談、調査は何度でも無料、もちろん過払い金が取り戻せなかった場合、費用はかかりません。

みどり法務事務所では、ご主人様の借金や奥様の借金など、ご家族の過払い金請求の問題でお悩みの方からのご相談もたくさんいただいています。
また、亡くなった方の借金・相続した借金を過払い金請求できるケースもあります。
通話料無料のフリーダイヤル、またはメールフォームからお気軽にご相談ください。

page top