債務整理後にクレジットカードを使用するための対策法

借金の返済に追われてしまうと、気持ちにも余裕がなくなり、できるだけ早くこの状況から抜け出したいと考えることもあるでしょう。

司法書士にご依頼いただければ債務整理のお手伝いをいたします。しかし、債務整理を開始するとクレジットカードがご利用できない可能性が高いです。

そのため、「クレジットカードを残したままで債務整理ができないか」「クレジットカードが使えないと生活が不便」など、不安な気持ちになるでしょう。

しかし、クレジットカードがなくてもそれほど不便なく生活できる方法は、少なからず存在しています。

ここでは、「債務整理時のクレジットカードの取り扱いはどうなるのか」「どのように工夫すればよいのか」について詳しくご説明いたします。

1.債務整理をしてもクレジットカードは使えるのか

1-1.債務整理の後に新しくクレジットカードを作ることはできるのか

債務整理が完了した後、すぐに新しいクレジットカードは作ることはむずかしいでしょう。

なぜなら、カード会社は信用情報機関に加盟しており、クレジットカードを新規に申し込みされた方の信用情報を確認しているからです。

債務整理をされた方は、その情報が信用情報機関に事故情報として登録されます。いわゆるブラックリストにのった状態として認識され、クレジットカードの審査には通りにくくなるでしょう。

仮に複数のクレジットカード会社に申し込みをされたとしても、信用情報はカード会社各社が情報を共有しているため、ほぼどこのクレジットカード会社も審査は通らず、新たなカードを作成できない可能性が高いです。

債務整理とクレジットカードの関係について、より詳しく知りたい方は司法書士など専門家にご相談いただくとよいでしょう。

1-2.すでに持っているクレジットカードは残すことはできる

しかし、債務整理のなかで任意整理と呼ばれる手続きがあります。任意整理の着手を希望される方は、司法書士にご依頼いただければお手伝いいたします。

任意整理手続きを開始する際、ご利用を続けたいクレジットカードを任意整理の対象から外すことが可能です。

そのため、新たなクレジットカードのお申し込みができなくても、ご利用中のクレジットカードは手元に残すことができるでしょう。

しばらくの間は問題なく使用できる可能性が高いです。しかし、たとえ残しておきたいクレジットカードを任意整理の対象から外したとしても、いずれは使用できなくなる可能性があるので注意しましょう。

いつ使えなくなるのかについては、それぞれのクレジットカード会社の加入状況により異なります。

クレジットカード会社は、途上与信(与信審査)という名目でカード利用者の信用情報をカードの更新時などに確認することがあります。

たとえば、債務整理などをおこなうなどの情報がないか信用情報機関に問い合わせているのです。

そのため、お申し込み時点では信用情報機関の審査に通っていたとしても、クレジットカード発行後に利用者の信用状況に変化があった場合は、カード会社はたとえご利用中のクレジットカードであっても利用を停止します。

さらに、クレジットカードには有効期限が設けられており、数年に1度はカードの更新になるので、新しいカードが送られてくるでしょう。

しかし、任意整理をするとブラックリストにのった状態です。そのため、クレジットカードの更新時にカード会社は信用情報のチェックをして事故状況を確認します。

その結果、クレジットカードを更新するタイミングでご利用が停止になる可能性が高いです。

2.債務整理のメリット

債務整理をおこなうことで、信用情報機関には事故情報として登録されます。

その結果、新たな借入をされたり、新たなクレジットカードをお申し込みしたりすることが困難になります。

さらに、いままでご利用されていたクレジットカードがしばらくの間は使えなくなるため、生活に不便が生じてしまう可能性が高いでしょう。一方で、債務整理をすることで得られるメリットもあります。

債務整理をした後は、月々お支払いする返済金額が減るために、精神的な負担は少なくなることが考えられます。

また、継続的に返済されることで確実に借金は減っていくでしょう。

「いままでは気軽にお金を借りていて、気づいたら返せないほどの額になっていた」という習慣が身についていた場合には、借金の習慣を見直されることで、この機会に脱出できるきっかけになるというメリットが期待できます。

「あえて借金ができない状態にする」ということも債務整理のメリットといえるでしょう。債務整理後の生活再建で不安に感じられたときは、司法書士にご相談いただければ、お手伝いいたします。

債務整理完了後、将来新たにクレジットカードを作ることはできないのか、というとそうではありません。

任意整理をされた場合、信用情報機関に事故情報として登録された情報は、手続き後約5年で抹消されます。

そのため、それ以降にクレジットカードのお申し込みは可能です。ただし、個人再生、自己破産などの場合には10年ほどの間はクレジットカードの審査には通らない可能性もあるので、注意が必要です。

しかし、クレジットカードが長い年月にわたり作らない状況をあえて作ることで、「借金を定期的にしてしまっていた習慣が改善に向かう」というメリットも期待できるでしょう。

任意整理を検討される際、司法書士にご依頼いただければ、どのような方法が適しているのか、また問題の解決に向けてお手伝いいたします。

3.債務整理の後にクレジットカードが使えないと困る人へ3つの対処法

3-1.デビットカードをうまく利用する

インターネット上の買い物は、クレジットカードで支払いをされる方も多いでしょう。その場合、銀行振り込みなどの方法もありますが、時にはカード払いのみ受付ということもあります。

そのようなときは、クレジットカードをお持ちでないときは困ってしまうでしょう。しかし、代替案としてデビットカードを検討されてはいかがでしょうか。

銀行口座に残高があれば、デビットカードを作成されることで、カード払いにも対応可能です。たとえ、債務整理をされたとしても、信用情報機関の審査がないためデビットカードは作れます。

さらに、債務整理後に事故情報や信用情報の記録が消えてしまっていても、問題はありません。

デビットカードは、現金を持ち歩かないで済むのがメリットです。また、盗難など安全面を考えてもメリットがあります。

さらに、急いでいるときに現金がお手元になくて慌ててしまう、ということも避けられるでしょう。

3-2.高速をよく使う人はETCパーソナルカードがおすすめ

お仕事やプライベートで日常的に車を運転される方は、有料道路を利用することもあるのではないでしょうか。

特に高速道路の利用頻度が高い場合には、ETCカードがないととても不便です。

割引が受けられないなど、デメリットも多いでしょう。しかし、信販会社などが発行するクレジット機能がついているETCカードは、債務整理をおこなうと使えなくなってしまいます。

その場合には、代替でETCパーソナルカードを作成されるとよいでしょう。

ETCパーソナルカードは、高速道路会社が発行するETCの専用カードです。

ETCパーソナルカードであれば、信用情報機関に事故情報がのってしまっても、信用情報機関の審査がないために作成することができます。

ETCパーソナルカードは、保証金を事前に納める必要がありますが、使い勝手としては一般的なクレジットカードとほぼ変わりません。利用金額は翌月銀行口座から引き落としされます。

3-3.家族カードを作る

債務整理をされたとしても、ほかの家族の信用には影響を及ぼさないので安心です。

債務整理によって信用情報機関に登録される事故情報は、債務整理をされたご本人様のみが対象となります。

そのため、配偶者は個人で新たに借入をすることもできますし、配偶者名義のクレジットカードがあれば、配偶者のカードが利用停止になることはないでしょう。

仮に、家族の同意を得られることができれば、家族の信用を利用するという方法があります。

たとえば、配偶者名義のクレジットカードがあれば、そのカードを利用させてもらっても問題はありません。

配偶者から同意が得られれば、家族カードを発行してもらうことで、「クレジットカードが使えない」という状況は避けられるでしょう。

配偶者が新たに家族カードを申請されてもよいですし、ご利用中のクレジットカード会社から追加カードを発行してもらうことで、債務整理をされた方であってもクレジットカードの所有が可能です。

配偶者に債務整理の過去がなく、信用があり、配偶者の銀行口座から共通で引き落としをすれば、クレジットカード審査やご利用に影響を与えることはないので安心です。

そのほかにも、債務整理をされた後で気になる点が少しでもあれば、司法書士に遠慮なくご相談いただければご説明いたします。

3-4.5年ほど待つ

債務整理をおこなうと、クレジットカードが一生作れなくなるわけではないのでご心配は無用です。

一般的には任意整理の場合、手続き後5年ほど経過すると新たにクレジットカードのお申し込みが可能になります。

その期間はデビットカードを活用されたり、家族カードを利用されたりすれば、それほど普段の生活に不便を感じることはないでしょう。そのため、5年ほどあえて待ってみるのもひとつの方法です。

一方で、債務整理で自己破産や個人再生の手続きをされたときには、10年ほどクレジットカードのお申し込みがむずかしくなるでしょう。

債務整理の手続き方法によっては、クレジットカードが所有できない期間が長くなります。さらに、クレジットカードの審査には、それぞれのカード会社の審査基準や、個人の状況により異なるのが一般的です。

そのため、債務整理後のクレジットカードのお申し込みや審査基準についてご不明な点がありましたら、司法書士にご依頼いただければ調査をいたします。

4.クレジットカードのショッピング利用やリボ払いも債務整理できる

4-1.クレジットカードのショッピングローンで商品を購入している場合は注意

クレジットカードでたくさん買い物をされ、リボ払いで金額がふくらんでしまい返済が困難になった場合は、債務整理の手続きを検討されるのもひとつの方法です。

債務整理で借金の金額を減らすことができるでしょう。任意整理、個人再生や自己破産、すべての手続きでショッピングローンやリボ払いの債務整理が可能です。

ご自身にはどの債務整理の方法が適しているのか、知りたいときは司法書士にご依頼いただければ、最も適した方法を選択できるでしょう。

クレジットカードには、さまざまな機能があります。たとえば、カードでキャッシングを利用されることもあるでしょう。

キャッシングのご利用で返済がむずかしくなった借金や、過払い金などが発生していれば、あわせて債務整理の対象になります。

そのため、過払い金請求の手続きをすれば、払いすぎた利息が戻ってくる可能性が高いです。

一方で、クレジットカードのショッピング債務については、過払い金が発生しないことも覚えておきましょう。

それぞれのクレジットカードご利用状況に応じて、ショッピングを利用されていたり、されていなかったりすることがあります。

また、ショッピング債務はないものの、キャッシングで大きな金額の借金がある方もいるでしょう。

そのため、ご自身のカード利用状況についてある程度把握されておくことはとても大切です。

たとえば、債務整理の手続きをすすめていきキャッシング利用で過払い金が見つかり、ショッピングにも債務があったとします。

その場合には、キャッシングで発生した過払い金とショッピングの残債とを相殺することが可能です。

仮に、過払い金の金額が、ショッピングの残債よりも大きかった場合には、お金が返ってくるでしょう。

この場合、計算方法が複雑になりがちなので、司法書士にご依頼いただければ、詳しく調査いたします。

債務整理の手続きを開始すると、信用情報機関に事故情報がのってしまうため、クレジットカードのご利用については大きく制限を受けることになります。

クレジットカードはお使いいただけませんが、債務整理手続きを開始すれば、借金自体を減らすことができるため精神的にもよい影響があるでしょう。

債務整理手続きのなかでも、任意整理の手続き期間は長くて半年ほどで完了します。

そのため、クレジットカードの借金が大きくなりすぎて、返済がむずかしくなってきたと感じられたら、早めにご利用状況を把握し、司法書士にご依頼いただければスムーズに解決に向かうでしょう。

また、相談する相手がいるだけでも、気持ちが楽になることがありますので、遠慮なくご相談ください。

5.クレジットカードの任意整理の注意点

5-1.債務整理の手続き前にクレジットカードの引き落としをストップさせる

クレジットカードの借金を解決するために、任意整理を検討されるときには、注意しておきたいポイントがいくつかあります。

任意整理の手続きを司法書士にご依頼いただければ、任意整理の対象になる金融機関や信販会社などの業者から支払い督促されないための手続きをいたします。

そのため、ご自身で支払いを滞納してしまったとしても、任意整理手続きを開始すれば対象の業者から督促されることはないので安心してください。

しかし、クレジットカードの支払いを銀行口座から自動引き落としにされていると、司法書士に任意整理をご依頼いただいた後でも自動的に引き落としされる場合があるので注意しましょう。

なぜなら、対象の業者に任意整理手続きを開始した旨の通知が届いたとしても、業者の社内手続きなどの関係で時間差が生じてしまうことがあるからです。

そのため、支払いの督促が止まったと安心されている間に、なぜかクレジットカードの支払い分が銀行口座から引き落としされてしまうケースがあることも覚えておきましょう。

しかし、いったん引き落としがされてしまった後も、任意整理手続きが進行していれば、遡って返金される可能性が高いです。ただし、即時返金されることはほぼありません。

1カ月以上かかる場合もあるので注意が必要です。司法書士にご依頼いただければ、返金にかかわる手続きもすべてお任せできます。

5-2.口座残高をゼロにする

任意整理の手続きを検討されている場合で、クレジットカードの支払いを銀行口座から自動引き落としにしている方は、時間差で引き落としがされないように対策を考えておく必要があります。

一般的に、任意整理手続き開始の通知を送ったとしても、通知を受け取った業者が引き落としの対応に間に合わないことが多いです。

そのため、引き落としされる銀行口座の残高を事前にゼロにしておきましょう。銀行口座に残高がなければ、引き落としはされません。

銀行口座から引き出された現金は、すぐに別の口座に入金しておきましょう。また、債務整理の手続きによっては、差押え対策を考えておく必要があります。

クレジットカードのお支払いに利用されていた自動引き落としの銀行口座は、債権者や業者などに知られている可能性が高いです。

そのため、債務整理を開始される前に新しい銀行口座を開設し、自動引き落としで登録している銀行口座から出金した現金や、生活に必要な現金を移しておかれるなどの対策をしなければならないこともあります。

債務整理をおこなうと、予定通りに物事が進まないときもあるでしょう。

そのため、「こんなはずでは」とならないための対策として、司法書士にご依頼いただければ不安やトラブルを回避するためのお手伝いをいたします。

6.任意整理後にクレジットカードを作る方法

任意整理の手続きを開始し、借金が減額されると完済までの道のりはより近づいてきます。

そして、無事完済すると再度クレジットカードのお申し込みを検討することもあるでしょう。

一般的に任意整理の場合、完済後5年ほど経過しなければクレジットカードが作れないといわれていますが、申し込み先の信販会社によって審査内容は異なります。

そのため、必ずしも5年待たなくても大丈夫な場合もあるでしょう。

しかし、より確実にクレジットカード審査を通すためには、信用調査機関で任意整理の事故情報が解除されたことを確認してから、お申し込みされたほうが審査に通る可能性が高いです。

事故情報の解除確認については、司法書士にご相談いただければお調べいたします。

任意整理をされた方が、新たにクレジットカードを申し込まれるとき、気をつけておきたいポイントがあるので注意が必要です。

たとえば、任意整理前に保有されていたクレジットカード会社は、信用情報機関のブラック情報が消えても自社で保管している「ブラック」情報に事故情報が保管されています。

そのため、もしこのクレジットカード会社を任意整理の対象にされていた場合には、新たにクレジットカードを発行される確率がとても低いです。

可能であれば、ほかのクレジットカード会社へのお申し込みを検討されるとよいでしょう。

さらに、クレジットカードのお申し込み方法も工夫する必要があります。

任意整理をされると、審査基準が高いクレジットカード会社の審査がすぐには通らない可能性が高いでしょう。

なぜなら、クレジットヒストリーと呼ばれるカードの返済履歴が信用情報機関から消えてしまうため、個人の信用力の判断ができないからです。

そのため、最初は審査がそれほど厳しくないクレジットカードを作成されるとよいでしょう。

少しずつクレジットヒストリーを蓄積しながら、将来の信用力を高めていく方法があります。

信用力がついていくことで、いろいろなクレジットカードの審査に通りやすくなるでしょう。

任意整理後のクレジットカードお申し込みが不安な場合、司法書士にご相談いただければ、お手伝いいたします。

page top