エポスに過払い金請求する前に知っておくべきデメリットと注意点

過払い金とは、貸金業者に払いすぎたお金です。払う必要のなかったお金なので、過払い金が発生していれば貸金業者から取り戻すことができます。しかし、過払い金請求の具体的な方法が分からなかったり、デメリットはないのかと不安になったりしている人もいるでしょう。

今回はエポスを例にとり、過払い金に関するさまざまな情報を紹介します。どれも役にたつ情報ばかりなので、ぜひ参考にして、過払い金に対する悩みを解決しましょう。

エポスに過払い金請求する際のデメリットと注意点

エポスカードは解約処理になり使用不可

エポスに過払い金請求をおこなったときの一番のデメリットは、カードが解約処理されてしまうということです。解約処理になればキャッシングはもちろん、ショッピングでも使用できなくなります。ショッピング枠は過払い金請求と関係ないので残して欲しいと考える人もいるかもしれませんが、そのようなことはできません。

また、注意しなければいけないのが、毎月の公共料金や携帯電話料金支払いをエポスカードでおこなっている場合です。このような状態で過払い金請求すると、毎月の引き落としができなくなり、困ることになります。実際に過払い金請求をおこなってから焦っても遅いので、事前にエポスカードで毎月支払っている料金などはないかを確認しておきましょう。もしあれば、引き落としは他のクレジットカードに変更しておくなどの対策が必要です。

エポスの関連業者を利用していた方は注意

過払い金請求をおこなうとエポスだけではなく、関連業者にも影響がでることがあります。具体的に注意しなければいけないのが、ゼロファーストとスルガ銀行です。借入が残っている場合は、発生した過払い金と相殺という扱いになるからです。このときに、過払い金が借入より少ないと債務整理という手続きになります。債務整理は信用情報に影響します。 信用情報の影響を気にする方は、過払い請求をおこなう前に関連業者の借入を完済しておくことが大切になります。

また、スルガ銀行はエポスが保証会社となってカードの発行もおこなっています。このカードも過払い請求によって、今後利用できなくなる可能性があるので注意が必要です。過払い金請求をするときは、エポスだけではなく、関連業者や保証会社となっている銀行の影響にも注意しましょう。

エポス以外のカードには影響なし

過払い請求をおこなうとエポスや関連業者のカードは解約扱いになりますが、それ以外のカードには基本的に影響はありません。そのため、エポス以外の別の会社のクレジットカードであれば、請求後も問題なく使用することができます。毎月の公共料金などの支払い変更は、このようなエポスと関係性のない会社のカードにしましょう。

ただ、例外もあります。それは、借金を返済中に過払い金請求する場合です。返済中に過払い金請求すると、場合によってはブラックリストに載ってしまい、信用情報に傷をつけてしまうこともあるのです。そうなると、他社のカードまで使えなくなる恐れがあります。

ただし、この情報は永遠に残っているものではありません。ある一定の期間が経てば、また新しくカードを作ることができます。

エポスへの過払い金請求の時効に注意

エポスへの過払い金請求には時効があります。時効になる年数は10年です。この時効を迎えた時点で、過払い金の請求は一切できなくなります。したがって、請求を考えている場合には、早めに行動することが求められます。また、注意点としては、最初にお金を借りたときから10年ではないということです。これは間違いやすいですが、実際は最後に返済したとき、すなわち完済してから10年となります。

さらに、時効の成立前なら時効を止めたり、リセットしたりすることも可能です。これは、訴訟をおこすなどの手続きでできるものになるので個人でおこなうのはむずかしい面もあります。

過払い金に心当たりがあるかたは時効をむかえる前にスムーズに手続きを進めることが大切です。一日でも早くみどり法務事務所にご相談ください。ご相談は無料です。

今後の新規借入への影響

将来的にエポスと再契約したい場合

過払い金請求をおこなうとエポスは解約になってしまいますが、将来的に再契約したいという場合もあるでしょう。結論からいうと、再び審査に通って契約できる可能性は低いです。

もちろん、過去の返済履歴に問題がなく、優良顧客と判断された場合には再契約できることもあります。しかし、少しでも過去に延滞などをおこなっていた場合には、落とされる可能性が高いです。

エポスに固執するのではなく、エポスカード以外のクレジットカードを利用することをおすすめします。

将来的に他社カードへの審査の影響

エポスに過払い金請求をおこなった場合、そのカードは解約となります。これは、社内でブラック登録して、今後の審査に通さないようにするためです。

では、他社のカードへの影響はどうなのでしょうか。エポス以外のクレジットカードは、基本的には影響ありません。つまり、エポス以外の他社のカードなら、使い続けることもできますし、新たに発行することも可能です。あくまでも、影響はエポスの中だけになります。

ただし例外もあり、エポスに返済中に過払い金請求して借金がのこった場合は、ブラックリスト入りしてしまいます。このような状態になると、どの会社でも審査が厳しくなるため、カードの新規発行がむずかしくなります。

住宅ローンへの影響

過払い金請求したときの住宅ローンへの影響というのも、多くの人が気にする部分です。こちらも結論からいえば、影響はないですし、住宅ローンを組むこともできます。影響を気にする人の多くは、請求することによってブラックリストに載ることを恐れています。しかし、現在の仕組みでは、過払い金請求をするだけでブラックリストに載ることはありません。したがって、必要以上に恐れることはないのです。

ただ、過払い金請求をしたときにエポスやそのグループ会社は、その人を社内ブラックに載せることがあります。社内ブラックとは全ての企業が閲覧できるブラックリストとは別に、企業内だけで管理する顧客情報です。そこに、マイナスの情報が載ってしまうということになります。したがって、同じ会社や関連企業ではローンを組むことが難しくなります。このようなときは、他の会社を利用してローンを組むようにしましょう。

また、返還された過払い金が借金より少なかったケースでは、任意整理扱いになり、ブラックリストに載ってしまう恐れがあります。この状態になると、他社でもローンを組めなくなるので注意が必要です。

エポスに完済後に過払い金請求するか返済中に手続きするか

信用情報(ブラックリスト)のしくみ

ブラックリストいう言葉は有名ですが、しっかりと意味を理解している人は少ないのではないでしょうか。ブラックリストとは、信用情報に関することを指します。信用情報とは、その言葉のとおり、その人に対して信用があるかどうかを判断する情報です。クレジットカードなどはその人に対する、さまざまな社会的な信用性で成り立っているので、この情報は非常に重要になります。

その情報を参照できる場所が、信用情報機関です。これは各ローン会社やクレジットカード会社が加盟している組織です。そして、各社はクレジットカード発行やローンを新しく組むときに、その人の信用を確認しています。このときに返済が滞っていたり、破産などを経験したりすると、事故情報としてブラックリストに載ってしまうのです。当然ブラックリストに載ってしまうと、新規クレジットカード発行やローン審査に通すことが難しくなります。この情報はある程度の期間が経つと削除されるため、永遠に記録が残るわけではありません。しかし、その情報が載っている間は審査が厳しくなるでしょう。なお、過払い金請求だけでブラックリストに載ることはありません。

完済後に過払い金請求するデメリット・メリット

完済した借金についてエポスに過払い金請求をするときの、メリットとデメリットを見ていきましょう。

まず、大きなメリットとしては、払いすぎた利息が戻ってくるということです。これは過去の法律違反によって払いすぎてしまった分なので、そのお金を取り戻せるということには大きな意味があります。もちろん、そのときの返済期間が長ければ長いほど、過払い金の金額も多いといえます。

反対にデメリットとしては、過払い金請求したエポスを利用できなくなることと、時効がすぎると、請求ができなくなることが挙げられます。

エポスを利用できなくなるというのは、カードが解約扱いになってしまい、使えなくなってしまうからです。ただし、エポス以外の業者なら普段通り使えますし、新規発行にも問題はないので、それほど気にする必要はないでしょう。

過払い金請求は完済から10年が時効で、それ以上経つとお金は戻ってきません。エポスのほうから過払い金を返してくれることはないので、自分からアクションを起こす必要があります。

返済中に過払い金請求するデメリット

借金返済中に請求をおこなうデメリットとしては、エポスから新たな借入ができなくなることです。また、エポスの新規カード発行も審査が通りにくくなるでしょう。これは例外もあって、優良な顧客と判断されている場合には、まれに審査が通ることもあります。しかし通常、その可能性は低いです。それでも、他社のカードなどは作成可能なので、そのことを深刻にとらえる必要はありません。

返済中の過払い金請求で、一番大きなデメリットが、ブラックリストに載ってしまうリスクがあるということです。

過払い金の額が残りの借金の額より多かった場合は問題ありませんが、過払い金が少なくて借金が残ってしまった場合、債務整理という手続きになるので、信用情報機関に事故情報が掲載されてしまいます。そうなると各クレジット会社やローン会社に情報を共有されてしまうのです。

ブラックリストにのると、エポスだけではなく、他社でもカード作成や新規借入が難しくなります。ただ、そのような場合でも過払い金請求を優先した方が良いこともあるので、どうしようか迷っている方は遠慮なくご相談ください。

返済中に過払い金請求するメリットは多い

借金返済中に過払い金請求をすることには、多くのメリットもあります。最大のメリットといえるのが、発生した過払い金を借金の返済や完済に当てられるということです。例えば、発生している過払い金の金額が借金の残高よりも多ければ、借金を完済することができます。さらに、残った過払い金は現金として所有することができるでしょう。

これは、現在借金で苦しんでいる状態の人には特に有効で効率的な方法といえます。例え過払い金だけでは借金を完済できない場合においても、借金が減額できます。このように考えると、経済的な負担軽減はもちろん、心理的にも大きなプラスとなるのは間違いありません。

エポスへの過払い金請求を自分でやるデメリットとメリット

過払い金請求を自分でやるメリット

エポスへの過払い金請求を自分でおこなう場合の最大のメリットは、司法書士や弁護士などの専門家に依頼する費用がかからないことです。自分で全てをおこなうので、費用という面では一番安く済みます。

ただし、そのためには法律などに精通している必要もあります。自分で調べながらおこなうという方法もありますが、複雑な法律面を考えると、肉体的にも精神的にも負担は大きいといえるでしょう。もちろん、そのような専門知識があるのなら良いです。しかし、費用面だけのメリットを考えておこなうのは得策とはいえません。後から後悔することのないように、費用面だけではなく、総合的な観点から判断するようにしましょう。

過払い金請求を自分でやるデメリット

手間と時間がかかる

自分で過払い金請求をおこなおうと考えれば、当然ながら手間と時間がかかります。結果的には専門家に頼むよりも、多くの時間を浪費することになるでしょう。具体的な目安の時間としては、話し合いの任意交渉で4~6カ月、裁判だと8カ月以上かかります。

さらに、必要な書類も全部自分で用意しなければいけませんし、エポス側との交渉も自分で行わなければいけないのです。また、エポス側も専門家かどうかで、態度が変わってきます。専門家ではないと分かると、少しでも支払い金額を少なくしようとしてきます。そのようなときでも、毅然とした態度をとって交渉していく必要があるのです。

戻ってくる過払い金が少なくなる

エポスは多くの過払い金請求に対応しており、その交渉にも慣れています。そのため、エポスはこちらが法律などの知識がないとわかると、強気の交渉をしてくる可能性があります。 例えば、50~60%などの、通常より低い過払い金の返還率で話をまとめようとするのです。もし、このような場合になっても、司法書士のような専門家なら対応ができます。しかし、知識や経験のない人だと、相手の言いなりになってしまうパターンがあります。

そのため、自分で交渉すると、結果的には戻ってくる過払い金が少なるのです。もし、自分で過払い金請求をおこなおうとするなら、交渉力が大切になります。

同居している家族にバレる可能性

過払い金請求を自分でおこなった場合、その関連の郵便物や連絡も自宅にくることになります。そのとき、家族と一緒に住んでいる人は、過払い金請求をしているという事実がバレてしまう可能性があります。もちろん、家族にも情報をオープンにしている場合には問題ありませんが、秘密にしておきたいという人も多いものです。そのような人は、家族にバレることで気まずい思いをするかもしれません。一人暮らしの場合はどちらでも変わりませんが、家族がいる人はこのような面でも注意が必要です。

エポスに返済中の場合、過払い金請求しても督促が止まらない

借金を返済しながら自分で過払い金請求をおこなう場合ですが、このときも督促が止まることはありません。したがって、自分でエポスに過払い金請求をおこなう場合、返済をしながらおこなうことになります。このパターンは、過払い金請求をおこなっている本人にとっても、非常にストレスのたまることでしょう。また、最悪の場合はエポスから返済の遅延などを主張され、ブラックリストに載ってしまう恐れがあることも認識しておく必要があります。

エポスへの過払い金請求を弁護士・司法書士に依頼するデメリットとメリット

弁護士・司法書士に依頼するデメリット

主なデメリットは、費用が掛かってしまうということです。これは専門家に依頼するので当然のことですが、人によっては抵抗のある方もいるでしょう。また、世の中には一言で行政書士や弁護士といってもさまざまな人たちがおり、しっかりしたところでないと法外な費用を請求されたりもします。このようなところは最初から不当な金銭目的で運営されているので、しっかりと信頼できるところに依頼するようにしましょう。

その見分け方は色々ありますが、基本的には実績が豊富で、しっかりと料金体系も説明してくれるようなところがおすすめです。ホームページはもちろん、信頼できそうなら実際に合ってみて、依頼するかどうかを決めると良いでしょう。

弁護士・司法書士に依頼するメリット

エポスへの過払い金請求のための面倒な手続きを全てプロが代わりにやってくれる

自分で過払い金請求をおこなうことに比べて、専門家に頼めば大幅に負担を減らすことができます。必要な書類の準備はもちろん、エポス側との交渉も専門家自らがおこなってくれます。この交渉においても、豊富な経験と知識がありますので、相手側の言いなりになったりはしません。したがって、実際に過払い金が返還されるまでの期間も短く有利にすることができます。心理面においても、その分野の専門家に任せておけるというのは、自分でやるよりも楽な気持ちになるものです。このように肉体的も精神的にも、プロに頼むことは大きな意味があるのです。

自分でエポスに過払い金請求するよりも金額が多く戻ってくる可能性が高い

メリットの中でも一番大きいのが、専門的な知識と経験を武器に、エポスと対等に交渉できるということです。知識のない個人がこのようなことをおこなおうとすると、相手側に言いくるめられてしまうことが多いですが、専門家ならその心配もありません。さらに、司法書士などは過払い金の相場にも詳しく、通常よりも低い相場での和解はしないようにしています。このような特徴があるので、自分自身で過払い金請求をおこなうよりも、多くの金額が返ってくることを期待できるのです。

同居している家族などに一切知られることなく、過払い金請求できる

家族と一緒に住んでいるときに、自分で過払い金請求をおこなってしまうと、その関連の郵便物や連絡も自宅に届くことになります。そのような状況になると、例え秘密にしていたとしても、過払い金請求の事実がバレてしまうことになるのです。家族の同意の上ならまだ良いですが、知られたくないときは困るでしょう。そんなときも、司法書士などに過払い金請求の依頼をしておけば、その事務所が請求の窓口となってくれます。つまり、必要な郵便物なども事務所に直接届くので、自分の家族にバレることはなくなります。家族に知られることを恐れながら自分で請求対応するより、かなり気が楽になるでしょう。

エポスに返済中の場合、督促がストップする

借金返済中に自分で過払い金請求をおこなった場合は、督促が止まることはありません。したがって、請求中もエポスに返済をおこなう必要が出てきます。これに対して、司法書士などの専門家に対応を頼んだ場合は、エポスの督促がストップします。さらに、請求中の返済の中止もおこなうことができるのです。心理的にも、返済が中止されたことによる安心感が広がるはずです。これは司法書士や弁護士などがエポス側に、受任通知を送るためにできる対応になります。受任通知とは過払い金返還請求を開始することを伝えると同時に、エポスに督促を止めるように伝える役割もあるのです。このような対応を素人の個人がおこなうことは不可能となっています。

過払い金請求の裁判、デメリットはあるか

実際に過払い金請求の裁判をおこなった場合、デメリットはあるのでしょうか。結論からいうと、大きなデメリットはありません。もちろん、過払い金返還までに多少の時間が掛かることや、裁判費用が掛かるといった事情はあります。しかし、裁判をおこなった方が満額に近い金額を取り戻せる可能性も高いのです。

裁判をすれば過払い金は利息付きで取り戻せる可能性もある

過払い請求の裁判を行えば、過払い金を利息付きで受け取れる可能性もあります。これは、話し合いでおこなう和解交渉よりも、多くの過払い金が戻ってくることを意味しています。さらに、判決が出ると強制執行になる場合も多いです。そのような判決になれば、例えエポスが支払いを渋ったとしても、過払い金を取り戻すことができるのです。裁判になると多少の時間や費用は掛かりますが、それ以上のメリットもあるといえるでしょう。

また、株式会社エポスカードはマルイグループの子会社です。マルイは首都圏を中心に大規模なデパートを経営していることでも有名であり、大手企業といえます。そのため、過払い金請求に対する対応も司法書士などの専門家が対応すれば、良心的なことが多いのです。このようなことを考えても、エポスに対する過払い金請求は司法書士などの専門家に頼むことが得策といえます。そして、裁判まで行えば、高い確率でエポスから過払い金を取り戻すことができるでしょう。過払い金の悩みがある方は、早めにご相談することをおすすめします。

page top