過払い金請求の費用相場|報酬が安いだけで事務所を選ぶのは危険

「過払い金請求の費用は高いですか?」
「司法書士や弁護士は手数料が高そう」

とみどり法務事務所に多くの質問をいただきます。

このような心配から、司法書士や弁護士に過払い金請求の依頼をためらう方もいらっしゃいます。だいたいの費用相場や費用の内訳を知らないまま手続きを依頼するのは不安ですよね。

お金がかかるのであれば「費用は安くおさえたい」「報酬の安い事務所に頼みたい」とお考えになるのは当然ですが、費用が安ければ安いほど、手元に戻ってくる過払い金が多くなるとは限りません。

また、司法書士や弁護士に依頼すると費用がかかるので、自分で過払い金請求をする方もいらっしゃいますが、自分で過払い金請求するのと司法書士や弁護士に依頼した場合とでも手元に戻ってくる過払い金の額には差が出ます。

過払い金請求をできるだけ安く、1円でも多く取り戻すためには過払い金請求を依頼する専門家の選び方や、過払い金請求の費用相場について理解する必要があります。

自分で過払い金請求するのと専門家に依頼した場合、手元に戻ってくるお金がどのくらい違うのか、また、費用が安い事務所に依頼した場合と対応力のある事務所に依頼した場合とではどう違うのか、比較シミュレーションを用意しましたので参考にしてください。

もし、過払い金の費用相場がどれくらいか知りたい、どれくらい安くできるのか知りたい方は、みどり法務事務所は過払い金についてのご相談や調査はすべて無料で承っていますので、まずはご相談ください。

お電話かメールで「どこの貸金業者(またはクレジットカード会社)から・いつ頃・いくら借りていたか・現在も返済中か完済しているか」に関してもおうかがいできれば、過払い金があるかどうか、あるとしたらいくらあるのか、過払い金請求で費用がどれくらいかかるのか無料でお伝えしますので、お気軽にお問い合わせください。

1) 過払い金請求の費用相場

過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼した場合、一般的に「成功報酬」と呼ばれる費用がかかります。成功報酬は「取り戻した過払い金の額の○%」を報酬としていただくもので、各事務所がそれぞれ決めています。

過払い金請求の成功報酬は、日本司法書士会連合会と日本弁護士連合会で上限が定められていて、貸金業者との話し合いだけで解決した場合は20%、裁判をした場合は25%が上限です。

だいたいの相場も、話し合いだけで解決した場合は20%、裁判をした場合は25%です。 成功報酬のほかに着手金や基本報酬などの設定がある事務所もあります。

過払い金請求を依頼した場合にかかる費用(報酬)の項目

司法書士や弁護士事務所のホームページで費用のページをみると「着手金」や「基本報酬」「成功報酬」など、耳慣れない言葉がたくさん出てきますよね。

過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼した場合にかかる費用の項目を確認しておきましょう。

相談料 相談した時にかかる費用(無料の事務所も多い、報酬に含まれている場合もある)
着手金 成功するかどうかにかかわらず依頼した時にかかる費用
基本報酬 過払い金の調査や計算、貸金業者との交渉など過払い金請求の続きにかかる費用(過払い金請求する貸金業者の数によって変わる)
成功報酬 回収できた過払い金の金額に応じて発生
減額報酬 「任意整理」という手続きで貸金業者と借金を減らす交渉をした場合に、減額できた金額に応じて発生
実費 報酬以外の費用(郵便切手代、交通費、収入印紙代、裁判をする際の手数料など)
その他 通信費、事務手数料、振込代行手数料など (着手金や基本報酬に含まれている事務所が多い)
解決報酬 基本報酬をとらずに解決報酬という名目でとる事務所もある

借金を完済したあとの過払い金請求の場合、減額報酬をとられることはありません。返済中に過払い金が発生していた場合は、任意整理といって残りの借金を減額する手続きになるので、減額できた金額に応じて発生するものです。

司法書士・弁護士の過払い金請求費用に定められたガイドライン

過払い金請求の費用は、司法書士は日本司法書士会連合会、弁護士は日本弁護士連合会で上限が決められています。

過去に高額な費用をとる事務所や、料金表があいまいで料金体系がわかりづらい事務所などがあって問題になったため、日本司法書士会連合会と日本弁護士連合会が一定のガイドラインを定めたのです。

日本司法書士会連合会と日本弁護士連合会のガイドラインにそってそれぞれの事務所ごとに費用が決められていますが、なかにはガイドラインを守らない悪徳な司法書士や弁護士もいる可能性があるので注意してください。

過払い金請求の費用相場【司法書士・弁護士の比較】

過払い金請求にかかる費用は日本司法書士会連合会と日本弁護士連合会のガイドラインに大きな差があるわけではないので、司法書士と弁護士では一概にどちらが安い・高いとはいえません。

司法書士 弁護士
相談料 無料の事務所が多い 無料の事務所が多い
5,000円/30~60分
報酬の中に含まれることもある
着手金 1万~2万円程度/1社 無料の事務所が多い (着手金・基本報酬・解決報酬を含めて最大5万円までと決められている) 1万~2万円程度/1社
弁護士の着手金には上限の定めなし
基本報酬 2万~3万円程度/1社 着手金を取らない代わりに基本報酬を設定している事務所もある 着手金と基本報酬の両方がかからない場合もある (着手金・基本報酬・解決報酬を含めて最大5万円までと決められている) 適切かつ妥当な金額とされているだけで上限は決められていない 着手金を取る代わりに基本報酬がかからないことが多い 着手金と基本報酬の両方を設定している事務所もある
解決報酬 2万円程度 かからない事務所もある (着手金・基本報酬・解決報酬を含めて最大5万円までと決められている) 2万円以下/1社
成功報酬 話し合いで解決した場合は20%、裁判した場合は25%が上限 話し合いと裁判とで報酬に差がない事務所もある 話し合いで解決した場合は20%、裁判の場合は25%が上限 話し合いと裁判とで報酬に差がない事務所もある
減額報酬 減額分の10%以下 減額分の10%以下
実費 実際にかかった費用 実際にかかった費用
その他 貸金業者1社につき通信費1,000円、事務手数料1,000円、振込代行手数料1万円など 近所や自宅に出張するたびに出張面談料として数万円を請求する事務所もある 貸金業者1社につき通信費1,000円、事務手数料1,000円、振込代行手数料1万円など 近所や自宅に出張するたびに出張面談料として数万円を請求する事務所もある

みどり法務事務所では、相談料・着手金が無料なうえ、過払い金があるかどうか、あるとしたらいくらあるかを調べる調査までが無料です。

成功報酬ですので過払い金を取り戻せなかった場合には費用は一切かかりません。過払い金の調査だけでもお気軽にご連絡ください。

過払い金が発生する条件をもっとくわしく

2) 司法書士・弁護士を選ぶポイント

費用の安さだけで決めない

過払い金請求を依頼する事務所を選ぶ際に、費用の安さだけで決めてしまうのはやめましょう。過払い金請求は司法書士や弁護士の手腕によって取り戻せる過払い金の額に差が出るからです。

費用が安くても過払い金請求の実績がない事務所に依頼してしまった場合、実績ある事務所に依頼するよりも取り戻せる金額が少なくて結果的に手元に戻ってくる金額が少なくなってしまうケースもあります。

また、実績のない事務所の場合、過払い金を取り戻すまでの期間が長くかかる場合もあります。

過払い金請求の実績が豊富な事務所

過払い金請求を依頼する事務所を選ぶ際には、過払い金請求の実績が豊富にあるかどうかが重要なポイントです。過払い金請求を専門としてやっていない司法書士事務所や弁護士事務所もたくさんあります。

貸金業者によって過払い金請求に対する対応はバラバラなので、貸金業者の経営状況や対応の傾向などの情報を熟知しているかどうか、経験のなかで培ってきた交渉力があるかどうかが結果につながります。

費用体系が明確で金額が妥当かどうか

過払い金請求の実績をうたっていても、費用がわかりづらい事務所に依頼するべきではありません。きちんと説明を受けていない費用項目をあとから加算されたりするトラブルがおこる可能性があります。

費用について無料相談の時点できちんとわかるまで説明を受けて、金額も妥当と判断したうえで依頼するようにしましょう。

信頼できるかどうか

不明点があった場合に気軽に電話かメールで質問ができるか、わかりやすく丁寧に教えてくれるかどうかも大切です。

過払い金請求の方法に関しても、話し合いで解決するか裁判するかで費用が変わりますが、話し合いと裁判とでは取り戻せる過払い金の額も変わってくるので、メリット・デメリットを含めて違いをわかりやすく説明してくれるかどうか、相談者の希望にそってくれるかどうかも判断基準となります。

みどり法務事務所では、メリットだけでなく、デメリットも両方提示して相談者様の意思を尊重しながら最善の方法で過払い金請求をおこないます。

事務所選びのポイントについてくわしく

費用の安さを重視した事務所と対応力のある事務所の比較シミュレーション

費用の安さを重視した事務所と、対応力があり実績のある事務所に依頼した場合の「かかる費用と手元に戻ってくる金額の違い」をわかりやすく比較してシミュレーションしてみます。

事例:

  • 数年前に借金を完済していて、過払い金が100万円発生していた場合
  • 安さ重視の事務所の費用項目は、相談料や着手金、その他の費用は0、成功報酬が20%
  • 実績のある事務所の費用項目は、相談料や着手金、その他の費用は0、成功報酬が25%
安さ重視の事務所 実績のある事務所
返還額 80万円(返還率80%) 100万円(返還率100%)
相談料・着手金 0円 0円
成功報酬 16万円(返還額の20%) 25万円(返還額の25%)
手元に残るお金 80万円-16万円=64万円 100万円-25万円=75万円

※あくまでもシミュレーションですので実際の手続き内容はケースによって異なります。

あくまでもシミュレーションではありますが、費用の安さだけにとらわれて事務所を選ぶと手元に戻ってくるお金が少なくなってしまうことがあります。実績があって交渉力のある事務所のほうが手元に戻ってくる金額が多いことがわかります。費用面だけでなく、事務所の実績や対応力などを考慮して事務所を選ぶことが大切です。

3) 費用を支払うタイミング

「過払い金請求するための費用が用意できない」という心配は無用です。相談料・着手金が無料の事務所に依頼すれば、最初に費用を払う必要はありません

みどり法務事務所では過払い金がいくら発生しているかの調査も無料です。過払い金請求の手続きをしたあと、戻ってきた過払い金のなかから費用を精算させていただいています。

返済中の過払い金請求で、手続きのあとに貸金業者への返済が残っている場合でもご安心ください。

手続きを開始すると貸金業者への返済はいったんストップするので督促状がくることもありません。返済をストップさせているあいだ、司法書士や弁護士が、貸金業者に対して月々の返済額を減らす交渉をします。

その後、貸金業者と和解した内容で毎月の返済が再スタートしますが、司法書士や弁護士への費用は貸金業者への返済がスタートする前に、無理なく分割でお支払いいただくかたちになります。

4) 自分で過払い金請求すると費用は安いがデメリットも多い

司法書士や弁護士に依頼する費用をかけたくない場合は自分で過払い金請求することもできますが、デメリットもあるのでご注意ください。

  • 過払い金の計算を間違ってしまうと正しく過払い金請求ができない
  • 交渉がうまくいかなくて取り戻せる過払い金の額が少なくなってしまう
  • 過払い金を取り戻すのに時間がかかる
  • 同居の家族にバレてしまう可能性が高い
  • 裁判をする場合、平日に裁判所に出廷する必要がある

自分で過払い金請求するデメリットについてくわしく

5) 司法書士・弁護士に依頼するメリット

司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼した場合、費用はかかりますが、自分の時間や労力を使わなくてすむうえ、家族に内緒で過払い金請求ができるなどメリットが大きいので、司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。

  • 貸金業者と対等に交渉ができる
  • 手間や時間がかからない
  • 返済中の場合、貸金業者からの督促が止まる
  • 家族にバレずに過払い金請求ができる

貸金業者と対等に交渉ができる

過払い金請求は貸金業者との交渉によっていくら取り戻せるかが決まります。貸金業者は少しでも支出を抑えたいので、過払い金の返還額を少なく提示してきますが、過払い金や法律に詳しくない一般の方は交渉において不利な立場におかれがちです。

過払い金請求の実績があって貸金業者の対応を熟知した司法書士や弁護士であれば、貸金業者にいいくるめられることなく、粘り強く交渉するので、結果的に自分で過払い金請求するよりも手元に戻ってくる金額が増えます。

手間や時間がかからない

過払い金請求にはたくさんの手間と時間がかかります。

おおまかな手続きの流れ

  1. 貸金業者から取引履歴を取り寄せる
  2. 過払い金を正しく計算する
  3. 過払い金請求書をつくって貸金業者に送る
  4. 貸金業者の担当者と電話で交渉
  5. より多くの過払い金の返還を求めるなら裁判をおこなう
  6. 貸金業者から過払い金の返還を受ける

自分でやるとなった場合、書類を準備したり面倒な過払い金の計算があり時間がかかります。

あまり時間をかけすぎると過払い金請求の時効をむかえてしまって過払い金が取り戻せなくなるなどのリスクがありますが、司法書士や弁護士に依頼すれば苦労することもなく過払い金が戻ってくるのを待つだけです。

返済中の場合、貸金業者からの督促が止まる

借金を返済中でも過払い金が発生している可能性があります。返済中に司法書士や弁護士に手続きを依頼すると、一時的に返済をストップさせることができます。貸金業者から本人に直接連絡をとることはできなくなるので督促もストップします。

毎月の返済が遅れがちで督促状や電話での督促に悩まされている方は、精神的にもラクになります。

返済をいったんストップしている間に過払い金の計算をして貸金業者と交渉し、借金を減額したり毎月の返済額を減らすことができるので、返済中の借金にお悩みの方は司法書士や弁護士にご相談ください。

家族にバレずに過払い金請求ができる

過払い金請求を自分でやる場合、貸金業者と直接やり取りをしなければならないので、自宅に貸金業者からの書類が届いたり直接電話がかかってきます。同居している家族に借金を内緒にしている方は、バレてしまう可能性があるのでご注意ください。

司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼した場合は、貸金業者との連絡・交渉などやり取りはすべて司法書士や弁護士がおこなうので、ご家族に内緒で手続きをすすめることができます。

過払い金請求を自分でした場合と司法書士に依頼した場合の比較シミュレーション

過払い金請求を自分でやった場合と、司法書士や弁護士に依頼した場合の「かかる費用と手元に戻ってくる金額の違い」をわかりやすく比較してシミュレーションしてみます。

事例:数年前に完済していて、過払い金が100万円発生していた場合
自分で貸金業者と話し合って交渉した場合と、司法書士・弁護士が交渉した場合

自分で過払い金請求した場合 依頼した場合
返還額 40万円(返還率40%) 80万円(返還率80%)
相談料・着手金 0円 0円
成功報酬 0万円 16万円(返還額の20%)
手元に残るお金 40万円 80万円-16万円=64万円

※あくまでもシミュレーションですので実際の手続き内容はケースによって異なります。

自分で過払い金請求した場合は費用がかかりませんが、司法書士や弁護士に依頼したほうが手元に残るお金が多いことがわかります。費用にとらわれずに結果を見据えたうえで、司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼することをおすすめします。

6) 過払い金請求の裁判にかかる費用

過払い金請求の方法は2つあります。貸金業者と話し合いで交渉する方法と、裁判で解決する方法です。裁判を起こすには裁判所に払うお金がかかりますが、裁判をしたほうがより多くの過払い金を取り戻すことができます。

過払い金請求の裁判で必要な費用

  • 収入印紙代
  • 郵券代(予納郵券)
  • 代表者事項証明書
  • 訴訟手数料・日当交通費等

収入印紙

過払い金請求の裁判をするには、裁判所に支払う手数料を収入印紙で納付します。収入印紙代は、請求する過払い金の額によって変わります。

請求する過払い金が100万円以下の場合

請求する過払い金額 印紙代
~10万円 1,000円
10万1円~20万円 2,000円
20万円1円~30万円 3,000円
30万円1円~40万円 4,000円
40万円1円~50万円 5,000円
50万円1円~60万円 6,000円
60万円1円~70万円 7,000円
70万円1円~80万円 8,000円
80万円1円~90万円 9,000円
90万円1円~100万円 10,000円

請求する過払い金が100万1円~500万円場合の場合

請求する過払い金額 印紙代
100万1円~120万円 11,000円
120万1円~140万円 12,000円
140万1円~160万円 13,000円
160万1円~180万円 14,000円
180万1円~200万円 15,000円
200万1円~220万円 16,000円
220万1円~240万円 17,000円
240万1円~260万円 18,000円
260万1円~280万円 19,000円
280万1円~300万円 20,000円
300万1円~320万円 21,000円
320万1円~340万円 22,000円
340万1円~360万円 23,000円
360万1円~380万円 24,000円
380万1円~400万円 25,000円
400万1円~420万円 26,000円
420万1円~440万円 27,000円
440万1円~460万円 28,000円
460万1円~480万円 29,000円
480万1円~500万円 30,000円

※500万1円~1,000万円までは、50万円ごとに2,000円アップします。

郵券代(予納郵券)

郵券代とは、訴状の副本を裁判所から貸金業者へ郵送するための郵送費用のことで、余れば返還され、裁判に勝つことで貸金業者に請求することが可能です。

金額は裁判所によって異なりますが、貸金業者1社に対して過払い金請求の裁判をする場合は約6,000円かかります。

各裁判所の郵券代の一例
東京地方裁判所 通常訴訟第一審…6,400円
横浜地方裁判所 通常訴訟…6,000円
札幌簡易裁判所 通常訴訟…5,758円

代表者事項証明書

過払い金請求の裁判をするには、貸金業者の代表者事項証明書を裁判所に提出する必要があります。代表者事項証明書には貸金業者の商号や本店住所、代表者氏名などが記載されています。

代表者事項証明書は近くの法務局で取得できますが、1通につき600円程度の費用がかかります。

訴訟手数料・日当交通費等

事務所によっては過払い金請求の裁判をおこなうにあたって、裁判所に行くごとに日当などの手当や、貸金業者1社につき手数料をもうけている事務所もあります。最初に確認しておきましょう。

7) みどり法務事務所の過払い金請求の費用

みどり法務事務所では過払い金の相談は何度でも無料です。過払い金があるかどうか、あるとしたらいくらあるかの調査も無料です。調べた結果、過払い金がなかった場合や、取り戻せなかった場合は費用は一切かかりません。まずは過払い金の調査だけでもお気軽にお問い合わせください。

                   
着手金 成功報酬
相談料
0円

成功報酬

20%
初期費用

※基本報酬(一社あたり)49,800円
※裁判で取り戻した場合は成功報酬25%

着手金などの初期費用はかかりません。過払い金を取りもどした場合、その中から成功報酬をいただきます。もし、過払い金が少額だった場合、費用を払ったらマイナスになってしまうのではないかという心配もありません。過払い金の額が少なかった場合でも、依頼者様が赤字にならないように配慮させていただきますのでご安心ください。

8) 過払い金請求は返還実績累計90億5,000万円のみどり法務事務所へ

みどり法務事務所では年間に約6,000件以上の過払い金請求のご相談をいただいております。これまでの過払い金の返還実績は累計90億5,000万円を超えました。全国8ヶ所に事務所をかまえ、出張相談もおこなっています。

みどり法務事務所では、さまざまな貸金業者と過払い金請求の交渉をしてきた司法書士が、これまでの経験や知識を活かして、一円でも多く一日でも早く過払い金を取り戻すよう尽力しております。過払い金について気になっている方は、まずはお気軽にフリーダイヤルかメールフォームから無料相談をご利用ください。

page top