過払い金請求のリスクと回避の方法を司法書士が徹底解説

払いすぎた利息が戻ってくる過払い金請求。みどり法務事務所にはたくさんの過払い金請求に関するご相談が寄せられていますが、なかには、

「過払い金が戻ってくるのはいいけど、リスクはないのかな」
「過払い金請求はしたいけど、家族にバレるのは困る」

など、過払い金請求のリスクが気になるという声を多く耳にします。

しかし、注意すべき過払い金請求のリスクは4つしかありません。ここではリスク回避の方法もあわせてお伝えします。

1.過払い金が戻ってこないリスク

過払い金請求のリスクのひとつめは、過払い金が取り戻せなくなってしまうことです。
原因は2つあります。

  1. 過払い金請求の時効がすぎてしまう
  2. 貸金業者が倒産してしまう

1-1.過払い金請求の時効で取り戻せなくなる

過払い金請求には10年という時効があります。
完済した日から10年経つと時効が成立し、過払い金は請求できません

過去に完済してから時間が経っている方や、複数の貸金業者から借りていた人はどの貸金業者にいつ完済したか記憶が曖昧になりがちです。10年経っていると思い込んでいて請求しそこなうのはもったいないので、専門家を通じて正確に調査することをおすすめします。

また、同じ貸金業者に完済と借入を繰り返していた場合も時効が成立する日を特定するのがむずかしくなるので専門家にご相談ください。

過払い金請求の時効について詳しくチェック

1-2.貸金業者の倒産で過払い金が取り戻せなくなる

貸金業者が倒産してしまうと過払い金は取り戻せなくなってしまいます
大手消費者金融だった武富士は請求された過払い金を支払うことで経営が悪化し、倒産した今は過払い金が取り戻せなくなってしまいました。

また、倒産しなくても、今後、貸金業者の経営状態が傾いた場合、取り戻せる過払い金の額が少なくなってしまうケースもあります。過払い金に心当たりのある方はできる限りはやめにご相談ください。

1-3.まずは過払い金の調査「引き直し計算」が重要

借金をいつ完済したか記憶が曖昧な方は、貸金業者から取引履歴を取り寄せることで過払い金請求の時効がわかります。
また、過払い金がどの貸金業者にいくら発生しているか、正確に知るためには取引履歴をもとに引き直し計算をすればわかります。

完済後に過払い金請求する場合、ブラックリストにのるリスクはないのですぐに過払い金請求するべきですが、返済中の場合は過払い金の額によって異なります。

返済中の過払い金請求は、引き直し計算をして残りの借金よりも過払い金のほうが多ければ完済あつかいとなるので、ブラックリストにのるリスクはありません

返済中の例

  1. アコムに借金が100万円、過払い金が130万円
  2. アコムに借金が100万円、過払い金が50万円

例1の場合、過払い金で借金が完済できるのですぐにでも過払い金請求するべきです。

例2のように、過払い金が残りの借金よりも少ない場合、借金を減額交渉する任意整理という手続きになります。任意整理には大きなメリットがあります。

詳しくは返済中の過払い金請求のメリット・デメリットをチェックしてください。

過払い金で借金を完済できるかどうかは正確な引き直し計算が重要です。
引き直し計算はみどり法務事務所であれば無料でできますし、計算するだけならブラックリストにのることはありません。引き直し計算をしてみてから過払い金請求するかどうか決めることが可能です。

2.過払い金の返還金額が少なくなるリスク

過払い金請求のリスクのふたつめは、取り戻せる過払い金の金額が少なくなってしまうことです。
原因はおおきくわけて2つあります。

  1. 自分で過払い金請求することで取り戻せる過払い金が少なくなってしまう
  2. 過払い金請求を依頼する事務所選びに失敗してしまう

2-1.自分で過払い金請求することで過払い金が少なくなってしまう

自分で過払い金請求をすると以下の2つの問題によって取り戻せる過払い金が減ってしまう危険性があります。

  1. 引き直し計算を間違えたまま少なく請求してしまう
  2. 交渉に失敗し、取り戻せる過払い金が少なくなってしまう

引き直し計算を間違える

過払い金請求をするには、まず貸金業者から取引履歴と呼ばれる利用明細を取り寄せて、払いすぎた利息分(過払い金)を計算する「引き直し計算」をしなければなりません。

貸金業者によっては取引履歴の見かたがわかりにくかったり、複数の貸金業者と取引があった場合、引き直し計算が複雑になり、計算ミスがおこりやすくなります。
過払い金の引き直し計算は専門家に依頼するのが確実です。

交渉に失敗する

過払い金請求を自分でやる場合、貸金業者と直接交渉しなければなりません。
貸金業者はなるべく支出をおさえたいので、交渉になれていない個人を相手にする場合、過払い金の満額返還を渋り、少ない金額を提示してくる傾向があります。

過払い金請求に強い司法書士や弁護士であれば経験やノウハウがありますが、一般の方は交渉の場において不利な立場におかれてしまいがちです。

2-2.事務所選びに失敗することで過払い金が少なくなってしまう

過払い金請求は実績が豊富な専門の事務所に依頼するのがおすすめですが、依頼する事務所選びに失敗してしまうと取り戻せる過払い金が少なくなってしまうことがあります。以下のような事務所を選ぶと失敗してしまうので注意してください。

  1. 過払い金請求の実績が乏しい事務所に依頼してしまう
  2. 報酬が高い弁護士・司法書士事務所に依頼してしまう
  3. 事務所の利益や効率を重視する弁護士・司法書士に依頼してしまう
  4. 悪徳弁護士・司法書士に依頼してしまう

発生している過払い金を満額近く取り戻せるかどうかは、貸金業者の対応にもよりますが、司法書士や弁護士の交渉力次第で変わります。

過払い金請求の実績が少ない事務所に依頼してしまうと、経験不足から貸金業者との交渉に失敗し、少ない金額で和解してしまう可能性があります。

また、司法書士や弁護士の報酬が高くて結果的に手元に戻ってくる過払い金の額が少なくなってしまうケースもあります。

過払い金請求の費用は事務所ごとに決められているため、事務所によって異なります。
弁護士であれば日本弁護士連合会が「債務整理事件処理の規律を定める規程」、司法書士であれば日本司法書士連合会が「債務整理事件における報酬に関する指針」で成功報酬の上限を定めています。

成功報酬が安くても着手金や基本報酬が高かったり、その他の名目で手数料をとっているケースもあるのでよく確かめてください。

事務所の利益や効率を重視する弁護士・司法書士に依頼してしまうと、件数をこなすことを優先するので、交渉に時間をかけることなく、少ない金額で勝手に和解してしまうケースがあります。

もっとひどい場合には、過払い金を着服してしまうような悪徳事務所も存在します。
過払い金請求のトラブルに巻き込まれるのを防ぐには、過払い金の発生額と和解の条件を書面で確認してください。

過払い金請求のトラブルが気になる方はこちら

3.借金をしていたことが家族にバレるリスク

借金を家族や友人に内緒にしている方は過払い金請求の手続きも内密に進めたいですよね。
過払い金請求の手続きが家族にバレてしまう原因は2つあります。

  1. 自分で過払い金請求することで自宅に届く書類などでバレる
  2. 過払い金請求に不慣れな事務所に依頼してしまってバレる

ひとつめは自分で過払い金請求をした場合です。
自分で過払い金請求をするとなると、貸金業者と直接やり取りをすることになります。電話やメールなどの連絡のほか、貸金業者からの郵便物や裁判所からの書類が自宅に届くことで同居のご家族に知られてしまうリスクが高まります。

ふたつめは、過払い金請求に不慣れな司法書士や弁護士事務所に依頼してしまった場合に、事務所からの連絡でバレてしまう可能性です。

過払い金請求を専門とするみどり法務事務所にお任せいただければ、必ず依頼者様の都合のいい連絡先や連絡時間帯をおうかがいし、郵便物の差出人に事務所名をいれないなどの配慮をします。また、自宅に郵便物が届くのを避けたい方には郵便局留めでお送りすることも可能です。

4.過払い金請求した貸金業者が今後利用できなくなるリスク

原則として過払い金請求した消費者金融やクレジットカード会社は、再び利用することがむずかしくなります。これは俗に社内ブラックと呼ばれるもので、貸金業者側で独自に過払い金請求した人を記録していて、審査をきびしくしているものと考えられます。

ただし、貸金業者によって対応が異なるので、絶対利用できなくなるとは限りません。

また、過払い金請求した貸金業者以外であれば新たな借入れやクレジットカード作成、ローンの審査に影響はないので、このリスクは回避できます。

過払い金請求は当然の権利であり、請求したからといって貸金業者から嫌がらせを受けることはないのでご安心ください。

5,過払い金請求のリスクを回避する方法

過払い金請求のリスクはおおきくわけて4つありました。

  1. 過払い金が戻ってこないリスク
  2. 過払い金の返還金額が少なくなるリスク
  3. 借金をしていたことが周囲にばれるリスク
  4. 過払い金請求した貸金業者が今後利用できなくなるリスク

これらの過払い金請求のリスクは、過払い金請求の実績が豊富で信頼できる事務所に相談、依頼することで回避できます

過払い金請求は時効や倒産により取り戻せなくなるリスクがあるので、まずはなるべく早くご相談ください。

過払い金請求の経験や実績が豊富な事務所なら貸金業者の対応を熟知していて交渉力があるので、より多くの過払い金をよりスムーズに取り戻すことができます。
また、過払い金請求をご家族に内緒ですすめたい方に配慮し、秘密厳守を徹底します。

過払い金請求をした貸金業者が今後利用できなくなることも、きちんと説明を受け納得したうえで過払い金請求をおこなうことができるので安心です。

6.過払い金請求は実績あるみどり法務事務所に無料相談

司法書士法人みどり法務事務所は、相談者様の状況を詳しくおうかがいし、状況に応じておこりうるリスクをきちんとご説明しています。

みどり法務事務所は、過払い金請求に特化した司法書士事務所として全国に8事務所をかまえ、相談実績は年間約6,000件、過払い金の返還額は累計で90億円にのぼります。

相談は何度でも無料、過払い金の調査も無料です。まずは過払い金がいくらあるか調べてみるだけでも、お気軽にフリーダイヤルまたはメールフォームからご相談ください。

page top