過払い金が発生している条件、確認するポイントはたったこれだけ

「自分が過払い金の対象なのかどうか知りたい」と多くの方からご相談があります。

消費者金融で借り入れしたりクレジットカードでキャッシングをしたことがある方は、過払い金が発生している可能性があります。

完済している借金はもちろん、返済中でも過払い金が発生していれば取り戻すことができます。

ここでは過払い金が発生する貸金業者や借り入れ時期、クレジットカードの過払い金の発生条件、過払い金請求できる条件などを詳しく解説しますので、ご自身の状況にあてはめてお読みください。

ご自身に過払い金があるかどうか今すぐ簡単に知りたい方は、みどり法務事務所の無料相談窓口でお伝えできます。

お電話かメールで「どこの貸金業者(またはクレジットカード会社)から・いつ頃・いくらくらい借りていたか・現在も返済中か完済しているか」をおうかがいできれば、過払い金があるかどうか、いくらくらいあるのか、概算をお伝えすることができます。

みどり法務事務所は、過払い金に関するご相談は何度でも無料です。

過払い金がいくらあるかの無料診断だけでもお気軽にお問い合わせください。

1)過払い金が発生する条件

過払い金が発生する条件は2つあります。

  1. 利息制限法の上限金利を超えた金利で利息を払っている
  2. 2010年(平成22年)6月17日以前に消費者金融やクレジットカードのキャッシング利用を開始している

そもそも過払い金とは?

過払い金とは、払いすぎた利息のことです。

お金を借りるときの金利の上限は、利息制限法という法律で決められています。

・10万円未満の借り入れ:金利は20%まで
・10万円以上~100万円未満の借り入れ:金利は18%まで
・100万円以上の借り入れ:金利は15%まで

借り入れ金額に応じた上限金利(15%・18%・20%)を超える金利を支払っていた場合、払いすぎた利息=「過払い金」が発生しています。

なぜ過払い金が発生するのか

実は過去に、金利の上限を定める法律が2つ存在していました。利息制限法とは別に、出資法という法律があり、2010年6月まで29.2%を上限金利としていました。

出資法の上限である29.2%を超える金利でお金を貸すと罰則がありましたが、利息制限法の上限金利を超えても罰則がなかったため、ほとんどの貸金業者は金利の上限を29.2%以内に設定していました。

利息制限法と出資法というふたつの異なる上限金利の差はグレーゾーン金利と呼ばれ、法律改正の動きとともにグレーゾーン金利で払った利息分が過払い金として取り戻せるようになったのです。

2006年に最高裁判所でグレーゾーン金利を認めないと判決がでて、2010年6月18日には出資法の上限金利が改正され、グレーゾーン金利は撤廃されました。

出資法改正の流れを受けて、多くの貸金業者は2007年頃までに新規取引の上限金利を引き下げているので、2007年以前から借り入れをしていた方は過払い金がある可能性が高いです。

貸金業者によって過去の金利や上限金利を引き下げた時期が異なりますが、2010年の法改正以前からお金を借りていた方は利息を払いすぎていた可能性があります。

くわしくはそれぞれの貸金業者のページにて、過払い金の対応状況とともに解説しています。

※掲載がない貸金業者の過払い金回収実績もございますのでお気軽にお問い合わせください。
※貸金業者ごとの対応状況は随時、追加・更新をおこないます。

みどり法務事務所では無料で過払い金があるかどうかお調べしますので、お気軽にメールまたはフリーダイヤルにてご連絡ください。

過払い金が発生しないケース

過払い金が発生するのは消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用していた場合です。

銀行カードローンは銀行法という法律での貸し付けになるので、出資法・利息制限法とは違う基準があります。そのため過払い金は発生しません。

また、もともと利息制限法内で貸し付けをしていた貸金業者やクレジットカード会社は過払い金が発生しません。

過払い金が発生しない貸金業者の例

  • ジャックス
    (1997年から利息制限法内での貸し付け)
  • アットローン
  • モビット
  • バンクイック
  • その他、銀行カードローン

ご自身が利用していた貸金業者は過払い金が発生している可能性が高いのか、過払い金が発生していない貸金業者なのか知りたい方は、みどり法務事務所の無料相談をご利用ください。

クレジットカードの過払い金請求できる条件・できない条件

クレジットカードで過払い金が発生するのはキャッシングの利用のみです。ショッピングの利用には過払い金は発生しません。

ショッピングでクレジットカードを使う場合、お店で商品を購入するために「お金を借りる」のではなく、カード会社に「お金を立て替えてもらう(立替金)」という扱いになるので、分割手数料は発生しても利息は発生しません。

過払い金とは払いすぎた利息のことです。
利息が発生しない以上、過払い金も発生しません。

2)過払い金請求ができない条件

過払い金が発生していた場合、貸金業者に請求して取り戻すことができます。

ただし、過払い金が発生していても取り戻すことができないケースがあります。

過払い金請求の時効が成立してしまう

過払い金請求はいつまでもできるわけではなく、時効期限があります。完済した日、もしくは最後に取引した日から10年で時効により過払い金請求ができなくなってしまいます。

「過去に借り入れをしたことは覚えているけど、いつ返し終わったかハッキリ覚えていない」という方もたくさんいらっしゃいます。

また、ご自身では時効だろうと思っても、思い込みや覚え間違いもあります。

みどり法務事務所では過払い金の調査を無料でおこなっています。もしかしたら…と思ったらお早めにご連絡ください。

過払い金請求する貸金業者が倒産してしまう

貸金業者が倒産してしまった場合、過払い金を取り戻せなくなってしまいます。

2006年の最高裁判決以降、過払い金請求する人が増加したこともあって、経営不振になり廃業せざるをえなくなった貸金業者が存在します。

有名な武富士が倒産してしまった例もありますので、利用していた貸金業者が大手だからといって倒産する可能性が低いとみるのは危険です。

倒産をまぬがれている貸金業者でも、経営不振を理由に過払い金の返還率を下げられる可能性もあります。

過払い金の返還率とは、発生している過払い金に対して返ってくる金額の割合です。

過払い金請求を先延ばしにしているとデメリットが増えるばかりです。
過払い金に心あたりのある方は早めにご相談ください。

契約当時とは社名が変わっていたり、合併している貸金業者もあり、どこに過払い金請求すればいいかわからない場合もあると思いますが、過払い金請求と貸金業者の事情に精通しているみどり法務事務所になら安心してご相談いただけます。

3)過払い金がいくら発生しているか─過払い金の計算方法

ここまで読んで自分にも過払い金がありそうだとお思いの方は、いったいいくら過払い金があるのか気になりますよね。

ご自身でも過払い金がいくらあるか調べる方法があります。

  1. 貸金業者から「取引履歴」を取り寄せる
  2. インターネット上にある過払い金計算ソフトをダウンロード
  3. 取引履歴をもとに日付、金利、金額を過払い金計算ソフトに入力

1)貸金業者から「取引履歴」を取り寄せる

まず、貸金業者から取引履歴を取り寄せます。

取引履歴とは過去の利用明細のようなもので、借り入れをした金額・金利・日付、返済した金額・日付など、貸金業者を利用した際のすべてのデータが記載されている書類です。

貸金業者のお客様サポートに電話やネットなどで「利用状況を見直したいので取引履歴がほしい」などと伝えれば、郵送や窓口などで受け取ることができます。

2)過払い金計算ソフトをダウンロード

インターネット上に無料で公開されている過払い金計算ソフトをダウンロードすれば、引き直し計算(過払い金の計算)ができます。無料の過払い金計算ソフトはExcelの使えるパソコンが必須です。

名古屋消費者信用問題研究会

アドリテム司法書士法人

くわしい使い方については各サイトの説明を参考にしてください。

3)取引履歴をもとに日付、金利、金額を過払い金計算ソフトに入力

取引履歴が手元に届き、過払い金計算ソフトをダウンロードしたらいよいよ過払い金の計算です。

取引履歴にのっている金利、借り入れした日、返済した日、金額を入力します。入力すると自動で過払い金が算出されます。

このとき入力ミスがあると正しい過払い金の額がでません。

また、取引履歴の見かたがわかりづらい貸金業者もあるので注意してください。

たとえばクレジットカードの過払い金はキャッシングしか発生しませんが、クレジットカード会社によってはキャッシングとショッピングが混ざっていて見づらいものもあります。

過払い金の計算は自分でもできますが、みどり法務事務所では無料でお調べできます。

面倒な手間を省きたい方はフリーダイヤルかメールにてお問い合わせください。

4)過払い金の額が多くなる条件

借り入れの額が大きい

利息の金額は、借り入れ元本に対して何%という利率で定められています。

借り入れの額が多ければ多いほど、払い過ぎた利息の額も大きくなり、返還される過払い金の額も多くなる可能性が高くなります。

返済期間が長い

長期にわたって返済を続けている場合、利息を支払う回数も多くなり、支払った利息総額も多くなります。

その結果、払いすぎた利息である過払い金の額も大きくなる傾向があります。

借り入れ時期が古い

多くの貸金業者は段階的に金利を引き下げています。そのため、同じ貸金業者から同じ金額を借りたとしても借りた時期が違えば発生する過払い金の額は変わります。一般的に、借り入れしていた時期が古ければ古いほど金利が高いので過払い金が多く発生します。

リボ払いで返済していた

リボ払いとは、毎月一定額を払い続ける支払い方法です。

毎月の返済額が低く抑えられ、借入額が増えても毎月の返済額が増えないため、負担が少ないというメリットがありますが、いつまで経っても返済が終わらないというデメリットがあります。

リボ払いで返済していた場合、完済までの期間が長期化しているケースが非常に多いため、より高額の過払い金が発生している可能性が高いです。

同じ貸金業者に完済と借り入れを繰り返していて空白期間が短い

借金を一度完済して、同じ貸金業者から次に借り入れをするまでの期間を空白期間をいいます。空白期間がない場合、または空白期間が短い場合には過払い金が多く発生する傾向にあります。

完済してから10年が経つと過払い金は時効で請求できなくなってしまいますが、次の借り入れまでの空白期間が1年未満など短い場合には、次の借り入れを完済した日から10年が時効になるので、さかのぼって請求できるため、過払い金の額が増えるというわけです。

利息しか返済していない

借金の返済には約定返済額という毎月の最低返済額が決まっていますが、約定返済額しか返済していない場合には利息分しか返済できず借金そのものがなかなか減らないので、返済期間が長期化します。借金の返済が長期化すると返済回数が増えて利息も増えるので、過払い金も多く発生する傾向にあります。

自転車操業をしていた

借金を返済するために他の貸金業者からお金を借りてやりくりすることを自転車操業といいますが、返済する借金の利息分まで借金をすることになるので、結果的に借金は雪だるま式に増えていくことになり、利息を多く支払うのでそのぶん過払い金も多く発生する傾向があります。

5)過払い金の額が減ってしまうケース

取り戻せる過払い金の額が減ってしまう原因は大きく2つあります。

  1. 自分で過払い金請求することで取り戻せる過払い金が少なくなってしまう
  2. 過払い金請求を依頼する事務所選びに失敗してしまう

自分で過払い金請求をする場合

引き直し計算を間違えて過払い金が減ってしまう

過払い金請求をするには、貸金業者から取引履歴(過去の利用明細のようなもの)を取り寄せて過払い金の計算をしなければならなりません。

これを引き直し計算といいます。

貸金業者によっては取引履歴が見づらいものもあり、複数の貸金業者から借りたり返したりを繰り返していると計算ミスが生じやすくなります。

計算ミスがあると戻ってくる過払い金の額が少なくなってしまう可能性があります。

貸金業者との交渉に失敗して過払い金が減ってしまう

過払い金請求を自分でやる場合、貸金業者と直接交渉しなければなりません。

貸金業者は過払い金をなるべく払いたくないので、過払い金の満額返還を渋り、減額を交渉してきます。

過払い金請求に強い司法書士や弁護士であれば法律に強く、貸金業者ごとの対応も熟知しているので貸金業者に言いくるめられることはありません。

しかし、一般の方は交渉の場において不利な立場におかれてしまい、取り戻せる過払い金が少なくなってしまう可能性があります。

専門家に過払い金請求を依頼するメリット

過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼するには費用がかかりますが、個人でやるよりも専門家に任せたほうが余計な労力を一切かけることなく、多くの過払い金が戻ってくる可能性が高くなります。

また、自分でやると貸金業者から直接連絡や書類が届くので、同居の家族にバレやすいですが、司法書士や弁護士に任せてしまえばご家族に内緒で手続きが可能です。

6)過払い金請求でブラックリストにのる条件

完済後の過払い金請求の場合、ブラックリストには載らないのでご安心ください。

返済中で過払い金請求をした場合、以下2つのケースがあります。

  1. 過払い金で借金が完済するケース
  2. 過払い金で借金は減るが返済が残るケース

1のケースでは、ブラックリストに載りません。

過払い金で借金がなくなれば完済後の過払い金請求と同じ扱いになります。

残りの借金額よりも過払い金のほうが多かった場合、余った過払い金は手元に戻ってきます。

2の返済が残るケースではブラックリストに載ります。

ブラックリストに載ると一定期間、新たな借り入れやクレジットカードが利用できなくなるというデメリットがあります。

ただし、借金の返済にお困りの方は過払い金で借金を減額できるので、毎月の返済をラクにできる・完済までのめどが立つという大きなメリットがあります。

また、返済を滞納している方はすでにブラックリストに載っている可能性が高いです。

「ブラックリストに載る・載らない」を気にして過払い金請求をためらう必要はありません。

はやめに過払い金請求することをおすすめします。

特に督促状が届いている方は放っておくと一括請求、給与差し押さえなどに発展してしまうので、すぐにでもみどり法務事務所の無料相談をご利用ください。

完済後に過払い金請求するデメリット・メリット

デメリット
なし
メリット
払い過ぎた利息が戻ってくる

完済後の過払い金請求のデメリットはほとんどありません

しいてデメリットをあげるとすれば、過払い金請求をした消費者金融やクレジットカード会社が利用できなくなることくらいです。

ただし、貸金業者によって過払い金請求への対応に違いがあるので、すべての貸金業者が過払い金請求すると利用できなくなるわけではありません。

しかも過払い金請求した貸金業者以外の消費者金融やクレジットカード会社の審査に影響することはないので、それほど大きなデメリットにはなりません。

過払い金請求の最大のメリットは、なんといっても払いすぎた利息が戻ってくることです。 過払い金の金額は、返済していた期間が長いほど、また借り入れの額が大きいほど高額になる可能性があります。

返済中の過払い金請求で借金が残った場合のデメリット・メリット

デメリット
ブラックリスト載る
メリット
返済中の借金を減らせる
今後発生する利息をカット・月々の返済額を減らす交渉ができる

返済中の過払い金請求で、発生している過払い金よりも借金のほうが多かった場合、ブラックリストに載りますが、今ある借金を減らして毎月の支払いがラクになるという大きなメリットがあります。ブラックリストは正しい知識さえもっていれば恐れる必要はありません。

ブラックリストはこわくない

過払い金請求のデメリット・メリットは、自分でやるか専門家に依頼するか、裁判をするかしないかなどでも違いがあります。くわしくは過払い金請求のデメリットを状況別に検証、最大限のメリットを得るにはをあわせてお読みください。

7)忘れてしまった借り入れ先を調べる方法

「昔どこかで借り入れをしていたけれど、どこに借りていたか忘れてしまった」という方も、過払い金請求をあきらめる必要はありません。

信用情報機関にご自身の信用情報を問い合わせることで利用した貸金業者を調べることができます。

信用情報とは、名前や住所はもちろん、勤務先、クレジットカードの利用状況、借り入れと返済状況など個人の信用に関わる情報を記録したもので、貸金業者間で共有し、借り入れやクレジットカードの審査に使われるものです。

本人から情報開示請求すれば登録情報を開示してくれるので、利用した貸金業者を割り出すことができます。

信用情報機関の登録期間は契約終了から5年ですので、完済して5年以内の方でしたら、利用履歴から貸金業者を特定できます。

日本の信用情報機関は、
株式会社日本信用情報機構(JICC)
株式会社シー・アイ・シー(CIC)
全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つです。

貸金業者の中には、どこか1つの信用情報機関に加盟している業者もあれば、複数の信用情報機関に加盟している貸金業者もあります。

全ての信用情報を確認するには3つの信用情報機関に、情報開示の申し込みをする必要があります。

借りていた貸金業者を忘れた場合の調べ方

8)過払い金がいくらあるか無料診断

過払い金があるかどうか、あるとすればどれくらい あるのか、みどり法務事務所では無料で診断 することができます。

相談者様の状況をおうかがいしたうえで概算をお伝えすることができますので、お気軽にフリーダイヤルやメールでご連絡ください。

おうかがいすること

  • 現在の借り入れの状況
    (返済中か完済しているか)
  • いつごろ借り入れしたか
  • 完済している場合、いつごろ完済したか
  • どこの貸金業者からいくら借りていたか

おおよその回答で判断できますので記憶があいまいでも大丈夫です。

診断後の過払い金請求の流れ

過払い金の無料診断で過払い金があることがわかったら、より正確な調査をすすめることができます。

1過払い金の無料調査

正確な過払い金の額を調査するには個人情報が必要になりますので身分証明書のコピーが必要です。

貸金業者から取引履歴(利用明細)を取り寄せ、過払い金の計算(引き直し計算)をして正確な過払い金の額を算出します。

過払い金の調査は無料なうえ調査の結果、過払い金が発生していなかった場合、費用は発生しません。

2過払い金の調査結果のご報告

調査の結果が出たらこちらから過払い金の発生金額をお伝えします。

交渉で取り戻すか、裁判でより多くの金額を取り戻すか、方針と費用をご説明しますので、ご納得いただければそのまま過払い金請求をすすめることが可能です。

過払い金が発生していなかった場合、ここで終了です。

3貸金業者と交渉または裁判で過払い金請求

過払い金請求は、話し合いで取り戻すか裁判で取り戻すかという2つの方法があります。

話し合いによる交渉で取り戻す場合、戻ってくる過払い金の額は少なくなりますが比較的はやく取り戻すことができます。

裁判で取り戻す場合、時間はかかりますが取り戻せる過払い金の額は増える傾向にあります。相談者様のご希望をうかがいながら最適なプランをご提案します。

4過払い金の返還

話し合いか裁判で決着がつくと貸金業者から過払い金の入金を待つ待機期間になります。

まず貸金業者からみどり法務事務所に入金があるので、司法書士報酬を差し引いた金額をご希望の口座にお振込みいたします。

過払い金請求に強いみどり法務事務所

みどり法務事務所は過払い金請求をはじめ、借金問題の解決に関して数多くの実績をもつ司法書士事務所です。

過払い金の返還実績は累計90億5000万円を超え、月約500件のご相談をお受けしています。

過去の明細やカードなど、資料がなくても過払い金の調査は可能です。ご家族にも内緒で手続きが可能ですので、安心してご相談ください。

page top