レイクの過払い金請求で1円でも多く1日でも早く取り戻す方法

レイクの過払い金請求は2007年(平成19年)12月以前から利用している方が対象となります

過払い金請求には4つの方法があります。

過払い金請求の方法によって、取り戻せる過払い金の額が減ってしまったり、戻ってくる期間が長くなってしまいます

また、どの事務所に依頼しても同じ結果にはならないので、依頼する事務所選びも重要です。

みどり法務事務所ではレイクに過払い金があるのか、いくらあるのか無料でお調べします
さらに、あなたの過払い金を1円でも多く、1日でも早く取り戻すために尽力します。

無料相談でレイクの過払い金請求に関する不安や疑問にお答えしていますので、お気軽にフリーダイヤルかメールフォームからご連絡ください。

1)レイクに過払い金請求できる条件

  • 2007年(平成19年)12月以前からレイクで借入れをしていた方

レイクは2007年(平成19年)12月2日以前まで最大29.2%という高い金利で貸付けをしていました。法律で定められた上限金利は20%なので、差分である9.2%が払いすぎた利息、すなわち過払い金です。

当時は罰則がなかったため、ほとんどの消費者金融やクレジットカード会社が違法な金利で貸付けをしていたのです。

レイクは2007年(平成19年)12月2日以降の新規契約から金利を引き下げていますが、それより前からレイクを利用している方は高い金利のまましばらく返済を続けている可能性もあるので、多くの方が過払い金請求の対象となっています

1-1)過払い金請求の時効に注意「レイクとの最後の取引から10年で時効」

過払い金請求には時効があります。時効をむかえる前に請求しないと、いくら過払い金が発生していても取り戻せなくなってしまうのでご注意ください。

レイクに最後に返済した日、もしくはレイクから最後に借入れをした日から10年経つと過払い金請求の時効が成立してしまい、請求できなくなってしまいます

レイクの過払い金請求の時効が迫っている方(レイクと最後に取引した日から10年経ちそうな方)は、迅速に対応させていただきますのでお早めにご相談ください。司法書士にお任せいただければ時効をいったんストップさせることができます

多くの方は完済してから10年経つと時効になるわけですが、「レイクから借りたことがあるけどいつ完済したかはっきり覚えていない」「時効かどうかわからない」という方は過払い金の調査だけでもしてみることをおすすめします。

みどり法務事務所では過払い金の調査を無料でおこなっています。レイクの過払い金に心当たりがある方はお気軽にフリーダイヤルかメールフォームからお問い合わせください。

過払い金請求の時効間際でもあきらめないで

1-2)レイクの過払い金がいくらあるか計算する方法

(1)取引履歴を取り寄せる

レイクの過払い金がいくらあるか調べるには、まずレイクから取引履歴を取り寄せます。取引履歴とは、レイクを利用した記録がすべて記載された書類で、いついくら借りていくらの利率で返済したかがわかります。

いきなり司法書士や弁護士に相談することに抵抗がある方や、記憶が曖昧な方はご自身で取引履歴を取り寄せることもできます。

レイクから取引履歴を取り寄せるには、レイクに電話して「取引履歴(とりひきりれき)が欲しい」と伝えれば郵送で受け取ることができます。

ただし、1993年(平成5年)10月以前の取引履歴は破棄してしまったとして出てきません。未開示部分に関しても請求したい場合、推定計算という特殊な計算方法で算出して請求するケースもあります。みどり法務事務所にご相談ください。

自分でレイクの取引履歴を取り寄せる場合
新生フィナンシャル株式会社
受付電話番号  0120-019-208
受付時間 平日午前9:30 ~ 午後6:00 (土日祝日除く)
※上記の受付電話番号がご利用できない場合は、072-966-6924(通話料有料)へおかけ直しください。
※詳細は新生フィナンシャル株式会社にお問い合わせください。

(2)過払い金の計算(引き直し計算)をする

レイクの取引履歴を手に入れたら、利息の引き直し計算をします。インターネットから無料でダウンロードできる過払い金計算ツールを使うと便利です。無料の過払い金計算ツールを利用するには、MicrosoftのExcelが必要です。

計算ツールには以下のものがあります。使い方は各配布先にて説明があるので参考にしてください。

過払い金の計算方法について詳しくはこちら

ご自身で引き直し計算をする場合は入力ミスにご注意ください。
なお、みどり法務事務所では取引履歴の取り寄せから引き直し計算まで無料でおこなっております。お気軽にお問い合わせください。

2)レイクの過払い金の返還率と返還期間

レイクから「どのくらいの期間でいくら戻ってくるか」は以下の過払い金の方法によって異なります。

  1. 早期解決を重視して話し合いのみの交渉で終わらせる
  2. 金額を重視して裁判に進む

話し合いで和解した場合(任意交渉)

返還までの期間

2ヶ月~

返還率

80%~

裁判をした場合

返還までの期間

4ヶ月~

返還率

100%

レイクは現在、新生銀行があつかうカードローンの商品名となっています。
過去にレイクで発生している過払い金は新生銀行グループの新生フィナンシャル株式会社に請求します。

銀行系列であるため、経営状況は安定していますが、2014年に元オーナーの日本GEによる過払い金の損失補償が打ち切られたことによって、今後の過払い金請求の状況が悪くなる可能性があります

2008年に新生銀行がレイクを買収、レイクのオーナーが日本GEから新生銀行になりました。その際の契約で「今後レイクで発生した過払い金の損失はしばらく元オーナーのGEが負担する」こととなっていました。

過払い金の返還について前の会社が負担してくれることもあって、以前のレイクの過払い金請求の対応はよかったのですが、2014年、日本GEと新生銀行は契約打ち切りの条件として、過払い金返還の予算を「1,750億円を一括で支払う」ことで合意しました。当時の過払い金返還損失水準では、この予算が枯渇するまで5.2年分と試算されました。

このような経緯があるため、2016年頃から2019年現在、レイクの過払い金を話し合いだけで満額を取り戻すことはむずかしい状況です。裁判をおこしてじっくり交渉することで取り戻せる過払い金の額は増えます。

みどり法務事務所では、お一人お一人の状況をおうかがいして、最善の方法をご提案させていただきます。

今後、レイクの過払い金返還の予算は減少するため、過払い金請求の交渉もむずかしくなることが予想されます
レイクの過払い金請求の成功の秘訣は早めの行動がカギとなります。お早めにご相談ください。

3)過払い金が戻ってくるまでの流れ

レイクの過払い金が戻ってくるまでのおおまかな流れを知っておくと安心です。

  • 【1】お問い合せ・無料相談

  • 【2】過払い金の無料調査 開始(受任通知の発送・取引履歴の取り寄せ)

  • 【3】過払い金調査結果の報告(引き直し計算)

  • 【4】レイクに過払い金請求 開始(過払い金返還請求書・引き直し計算書送付)

  • 【5】話し合いで交渉・または裁判で解決

  • 【6】過払い金の返還(入金)

1)お問合せ・無料相談

まずは当サイトのフリーダイヤルかメールフォームからみどり法務事務所にお問い合わせください。簡単に状況をおうかがいし、過払い金があるかどうか診断します。

レイクでいつ頃からどのくらい借りていたか、記憶が曖昧でも覚えている限りで結構ですカードや明細などの資料がなくても大丈夫です。

過払い金が発生している可能性があれば、過払い金がいくらあるか調査をおこないます。仮に過払い金がなかった場合でも、過払い金の調査は無料なのでご安心ください。

2)過払い金の無料調査 開始(レイクに受任通知を発送・取引履歴の取り寄せ)

レイクにいくら過払い金が発生しているか調査します。過払い金の調査をすすめていくには委任状や身分証明書(運転免許証や保険証など)のコピーをいただきます。

事前調査希望の方の場合はレイクに調査通知(過払い金を調査したい旨の通知)を送ります。
正式に過払い金請求の手続きをご依頼いただいた方の場合は受任通知(正式に手続きを受任した通知)を送ります。レイクに返済中で延滞している方は、督促が一時的にストップします

同時にレイクから取引履歴を取り寄せます。
ただし、レイクは1993年以前の取引履歴が出てきません。レイク側の説明によると履歴を破棄してしまったとのこと。最近は1990年~1993年に関して参考情報を開示してくるようになりました。

3)過払い金調査結果の報告(引き直し計算)

取引履歴が届いたら速やかに引き直し計算をします。引き直し計算をすることで正確な過払い金の金額を知ることができます。 調査の結果、過払い金がなかった場合、費用は一切いただいておりませんのでご安心ください

4)レイクに過払い金請求 開始(過払い金返還請求書・引き直し計算書送付)

調査の結果、過払い金額を確認したのち、そのまま過払い金の返還請求手続きを進めることができます。
過払い金請求の方法については依頼者様のご希望をおうかがいしながら最善の方法をご提案させていただきます

過払い金請求をすすめるにあたってはまず過払い金返還請求書を作成し、引き直し計算書と一緒にレイクに送付します。

5)話し合いで交渉・または裁判で解決

過払い金返還請求書を送ったのち、レイクの担当者と話し合いによる交渉(任意交渉)をします。この時にレイクから提示された返還額と返還期日で合意すればあとは入金を待つだけです。

レイクに満額返還を求める場合は裁判をおこします。裁判をおこすと返還までにかかる期間はのびますが、司法書士が代理人としてすべて対応するため、依頼者様は何もする必要はないのでご安心ください。

6)過払い金の返還(入金)

任意交渉か裁判で合意したらレイクからの入金を待ちます。レイクの過払い金は一度みどり法務事務所に返還されるので、そこから成功報酬を差し引いたのち、依頼者様のご指定口座にお振り込みにて返還となります。

4)レイクに過払い金請求する注意点

4-1)完済したあとの過払い金請求であればブラックリストに載らない

レイクに完済したあとの過払い金請求であれば信用情報に影響する(いわゆるブラックリストに載る)ことはありません。完済後の過払い金請求にはデメリットはないので、時効が成立して取り戻せなくなってしまう前に、すぐにでも過払い金請求をするべきです。

現在、借金を返済中で延滞している場合、すでにブラックリストに載っている可能性が高いので、信用情報を気にして手続きをためらっている時間はありません。返済がむずかしい方はお一人で悩まず、お早めにご相談ください。

レイクに返済中でも過払い金が発生していれば借金を減らすことができます。残りの借金よりも過払い金のほうが多ければ、借金がゼロになったうえ、手元にお金が戻ってきます。

レイクと交渉し、将来利息をカットして分割回数を見直すことで、月々の返済をラクにすることも可能です。返済中の方が過払い金を取り戻すメリットは大きいので、返済中でお悩みの方もご相談ください。

「レイクに過払い金請求したいけど、ブラックリストに載るのは困る…」

そんな方はまず、レイクから取引履歴を取寄せ、過払い金を計算してから過払い金請求するかどうか判断することができます。取引履歴を取り寄せるだけならブラックリストに載ることはないので、ひとまず過払い金がいくらあるか調べてみることをおすすめします。

みどり法務事務所では過払い金の無料調査をおこなっておりますので、お気軽にご連絡ください。

返済中の過払い金請求について詳しくはこちら

4-2)1998年11月以前の取引で生じた過払い金は戻ってこない(新旧レイクの主張)

1998年11月の前後で、同じ株式会社レイクでも全く違う会社に切り替わったことを理由に、新生フィナンシャルは、それ以前の取引で生じた過払い金については返還請求に応じません

この「新旧レイクの主張」をめぐって多くの裁判が起きていますが、残念ながら新生フィナンシャルの主張を認める判決が圧倒的多数です。

旧コーエークレジット(レイクと合併)の契約がある場合、旧コーエークレジット過払い金はレイクに請求することができます。

4-3)「取引の分断」を主張してくる

「取引の分断」とは、一度レイクで借入れをして完済した後、次の借り入れまでに1年以上の空白期間がある場合を指します。

この場合、レイクは1回目と2回目の借入れを2つの取引と分けて(=取引の分断)主張してきます。

たとえば、1回目の取引の完済時点から10年以上経過している場合、既に「時効」が成立しているとして過払い金の返還に応じてくれません。

5)レイクの過払い金請求で選ばれる事務所

レイクの過払い金請求は一度しかできません。また、過払い金請求はどの事務所に依頼しても同じ結果というわけではありません

前述のように、前のオーナーである日本GEによる損失補償が打ち切られ、一括で支払われた残りの過払い金請求に対する資金も2019年で底をついてしまいます。今後、レイクの過払い金返還の予算は減少するため、過払い金請求の交渉もむずかしくなることが予想されます

レイクからより多くの過払い金を取り戻すには、交渉力とノウハウと実績が必要です。

みどり法務事務所は毎月500件を超える過払い金に関する相談があり、レイクへの過払い金請求も数多く解決してきました。過払い金の回収額は累計90億5000万を超えています。

みどり法務事務所では、ご家族に内緒で過払い金請求をすすめることが可能です。過払い金請求に対する疑問や不安にはどんな小さなことでもお答えしています。

お一人お一人の状況をおうかがいしてベストなご提案をさせていただき、ご納得いただいたうえで正式にご依頼いただけます。

まずは過払い金がいくら発生しているか、調査だけでも無料でできますのでお気軽にご連絡ください。

page top