アコムの過払い金請求で1円でも多く1日でも早く取り戻す方法

アコムの過払い金請求は2007年(平成19年)6月17日以前からアコムのキャッシングを利用している方が対象となります。過払い金請求は、

それぞれの方法によって、取り戻せる過払い金の額が減ってしまったり、戻ってくる期間が長くなってしまいます

また、専門家に依頼するにしてもどの事務所に依頼しても同じ結果にはならないので、依頼する事務所選びも重要です。

みどり法務事務所ではアコムに過払い金があるのか、いくらあるのか無料でお調べします
さらに、あなたの過払い金を1円でも多く、1日でも早く取り戻すために尽力します。

無料相談でアコムの過払い金請求に関する不安や疑問にお答えしていますので、お気軽にフリーダイヤルかメールフォームからご連絡ください。

1)アコムに過払い金請求ができる条件

  1. 2007年(平成19年)6月17日以前にアコムでお金を借りていた人
  2. 2007年(平成19年)6月17日以前からアコムでお金を借りている人

過払い金とは、法律で決められた金利を超えて支払った利息です。現在、利息の上限は借入額が10万円未満で20%、100万円未満で18%、100万円以上で15%と法律で定められていますが、アコムは過去に最高で27.375%という高い金利で貸付けをおこなってきました。

アコムが貸金業法の改正を受けて金利を引き下げたのは、2007年(平成19年)6月18日です。そのため、2007年(平成19年)6月17日以前からアコムのキャッシングを利用している人は過払い金が発生している可能性があります。

アコムのカードで有名なのは「ACカード」と呼ばれる薄いグレーや青いカード。どちらのアコムカードも過払い金が発生するカードとして知られているカードです。

なお、アコムではマスターカードという買い物にも使えるクレジットカードを発行していますが、ショッピングの利用では過払い金は発生しません。キャッシングの利用のみ、過払い金が発生します。

また、アコムにはDCキャッシュワン(現在はじぶん銀行の「じぶんローン」)という商品もありますが、DCキャッシュワン、じぶんローンには過払い金は発生しません。

  • ポイント
    2007年(平成19年)6月以前からアコムのキャッシングを利用している人(していた人)は過払い金があるかどうか、いくらあるか、調査だけでもしてみましょう。

みどり法務事務所では過払い金の調査だけでも無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

1-1)過払い金請求の時効に注意「アコムに完済した日から10年」

過払い金請求は完済した日から10年で時効が成立してしまい、請求できなくなってしまいます

アコムも同じで、いつまでも過払い金請求できるわけではありません。アコムからの借入を完済している人は、完済した日から10年経ってしまうと過払い金がいくら発生していたとしても請求できなくなってしまいます。

ただし、すでに完済している人は、いつ完済したか、記憶がうろ覚えだったり思い違いをしていることも多いものです。

もし時効間近でも時効をストップさせる方法や、10年経っていても過払い金請求できるケースがあります。もう時効だろうとご自身で判断してあきらめず、みどり法務事務所にご相談ください

時効間際でも過払い金請求をあきらめないで

2)アコムの過払い金請求で戻ってくる金額と戻ってくるまでの期間

アコムの過払い金請求で「どのくらいの期間で、いくら戻ってくるのか」は、

  1. 早期解決を重視して話し合いのみの交渉で終わらせる
  2. 金額を重視して裁判に進む

というふたつの方法によって異なります。

話し合いで和解した場合(任意交渉)

返還までの期間

2ヶ月~

返還率

80%~

裁判をした場合

返還までの期間

4ヶ月~

返還率

100%+利息

※返還率…発生した過払い金に対して返ってくる金額の割合
※返還期間…過払い金請求にかかる期間
※過払い利息…過払い金に年5%の遅延損害金を付した場合
※上記の返還率や返還期間はあくまで目安です。借入の返済状況やアコムの経営状況によってかわります。

アコムは三菱UFJ銀行系なので経営状況は安定、過払い金の返還交渉には比較的スムーズな対応ですが、話し合いだけで取り戻せるのは80%程度です。

できる限りはやく取り戻したい、裁判までしなくてもいいとお考えであれば、話し合いのみの交渉で発生している過払い金の約80%程度を約2ヶ月程度で取り戻すことができます

特に急いでいない、過払い金を多く取り戻したいということであれば、裁判をすれば、発生している過払い金額100%を約4ヶ月程度で取り戻すことができます。さらに利息をつけて取り戻す場合、かかる期間の目安としてはご依頼から返還まで約4ヶ月~6ヶ月ほどです。

裁判をしたとしても交渉期間が長くなるだけでそのほかに特にデメリットはありません。手続きはすべてアコムの対応を熟知しているみどり法務事務所がおこないますので、依頼者様はお待ちいただくだけなのでご安心ください。

これらの返還率と返還期間は過払い金請求の実績豊富みどり法務事務所でおこなった場合の目安です。過払い金請求の経験が浅かったり交渉力がない事務所に依頼してしまった場合、取り戻せる過払い金の額が少なかったり戻ってくるまでに時間がかかったりするケースもあります。

過払い金請求はどの事務所に依頼しても同じ結果ではありません。実績が豊富で交渉力があり信頼できる事務所に依頼することが重要です。

3)アコムから過払い金が戻ってくるまでの流れ

アコムから過払い金が戻ってくるまでのおおまかな手続きの流れをご説明します。

  • 【1】お問い合せ・無料相談

  • 【2】過払い金の無料調査を開始(受任通知の発送・取引履歴の取り寄せ)

  • 【3】過払い金調査結果のご報告(引き直し計算)

  • 【4】アコムに過払い金請求を開始(過払い金返還請求書・引き直し計算書送付)

  • 【5】話し合いで交渉・または裁判で解決

  • 【6】過払い金の返還(入金)

1)お問合せ・無料相談

まずはフリーダイヤルかメールフォームからご相談ください。みどり法務事務所は過払い金請求の相談は何度でも無料です。全国に8事務所をかまえ、出張相談にも対応しています。

2)過払い金の無料調査を開始(アコムに受任通知の発送・取引履歴の取り寄せ)

正式にご依頼いただいたあとはアコムに対し速やかに受任通知を発送します。アコムに返済中の方は、司法書士から受任通知を送ることでアコムの返済を一時的にストップさせることができます

受任通知とは、司法書士が依頼者様の代理人になったことをアコムに伝える書類です。司法書士が代理人になったあとは、アコムは依頼者様に直接連絡をとることができなくなります。

また、同時にアコムから取引履歴を取り寄せます。取引履歴とは、アコムにいつ、いくらの金利で、いくら返済しているかという取引の内容がすべて記録されている書類です。取引履歴をもとに過払い金の計算をおこないます。

3)過払い金調査結果のご報告(引き直し計算)

取引履歴が届いたら、アコムにいくら過払い金があるか正確に計算します。これを引き直し計算といいます。
アコムに過払い金がなかった場合、費用は一切いただいておりませんのでご安心ください。

ちなみにご自身で取引履歴を取り寄せて引き直し計算をすることも可能ですが、計算ミスをしてしまったり、書類のやり取りで同居のご家族に借金していたことがバレてしまう可能性があるなど、デメリットもあるのでご注意ください。

過払い金がいくらあるか計算するには

4)アコムに過払い金請求を開始(過払い金返還請求書・引き直し計算書送付)

正確な過払い金の金額がわかったら過払い金返還請求書を作成し、引き直し計算書とともにアコムに送付します。

5)話し合いで交渉・または裁判で解決

過払い金返還請求書を送付したのち、まずはアコムの担当者と話し合いで交渉します。これを任意交渉といいます。アコム側からいくらの返還率でいつ返金するという和解案が出されるので、それに同意できれば和解成立、同意できなければ裁判を起こすこともできます。

早期解決を重視して話し合いで解決するか、金額を重視して裁判で解決するか、依頼者様の希望に沿うようにアコムとの交渉を進めます。

6)過払い金の返還(入金)

任意交渉か裁判で返還金額と返還日が決まったら、過払い金は一度みどり法務事務所に返金されます。そこから成功報酬を差し引いて、依頼者様の口座に返金させていただきます。

アコムの過払い金請求では、裁判なしのスピード解決の場合、依頼から返金まではおよそ2~3ヶ月裁判ありで満額回収を希望される場合、依頼から返金まではおよそ4~6ヶ月です。

4)アコムに過払い金請求する注意点

アコムの過払い金請求にはいくつか注意点があります。
みどり法務事務所にご相談いただければ、状況を詳しくおうかがいし、他のカードローンやクレジットカードに影響やデメリットがないかどうか確認できます。アコムの過払い金請求で失敗しないために無料相談をご利用ください。

4-1)アコムマスターカードでショッピングの支払いが残っていないか確認

アコムはマスターカードというショッピングにも使えるカードを発行しています。ショッピングの利用には過払い金は発生しませんが、キャッシング分の過払い金請求をする前に、マスターカードでショッピングの支払いが残っていないかどうか確認してください。

マスターカードでショッピングの支払いが残っていた場合、キャッシングで発生している過払い金はショッピングの返済に充てられます。

過払い金を充当できれば問題ありませんが、過払い金よりもショッピングの支払い残高のほうが多かった場合、信用情報に影響する(いわゆるブラックリストにのる)可能性があるので注意が必要です。

まずは過払い金がいくら発生しているかどうか調べてみてから検討することができるのでみどり法務事務所に一度ご相談ください。

4-2)DCキャッシュワンからの借入で支払いが残っていないか確認

アコムは2009年(平成21年)5月1日に株式会社DCキャッシュワンを吸収合併しました(2012年には「じぶん銀行」に事業をゆずり渡し、現在はじぶん銀行の「じぶんローン」)が、DCキャッシュワン、じぶんローンには過払い金は発生しません。

ただし、アコムに過払い金請求する前にDCキャッシュワンの借入で支払いが残っていないかどうか確認してください。

DCキャッシュワンの支払いが残っている場合、アコムの過払い金が返済に充てられるので手元に戻ってくる過払い金が減ってしまいます。

アコムの過払い金よりもDCキャッシュワンの支払いのほうが多かった場合、信用情報に影響する(ブラックリストにのる)可能性があるので、慎重に進める必要があります。

4-3)じぶんローンに返済中の場合は延滞・滞納に注意

また、アコムはじぶんローンの保証会社になっていて、じぶんローンの借入を延滞した場合は、アコムが借主の代わりに返済(代位弁済)をおこなう仕組みとなっています。

基本的に、アコムに完済したあとに過払い金請求する場合は返済中のじぶんローンの借入に影響はありません

ただし、じぶんローンへの返済を延滞して、アコムが代位弁済をおこなった場合はアコムの過払い金請求に影響を及ぼす可能性があり、アコムと和解して過払い金が戻ってくるのを待っている状態だったとしても、再度話し合いになるケースがあるので滞納や延滞はしないようにご注意ください。

4-4)三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」に返済中の場合は延滞・滞納に注意

アコムは三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の保証会社となっています。バンクイックの返済を延滞した場合はアコムが借主の代わりに返済(代位弁済)する仕組みです。

基本的に、アコムに完済したあとの過払い金請求であれば返済中のバンクイックの借入に影響はありません

ただし、バンクイックの返済を延滞してアコムが代位弁済をおこなった場合、アコムの過払い金請求に影響を及ぼす可能性があります。

アコムと和解して過払い金が戻ってくるのを待っている状態だったとしても再度話し合いになるケースがあるので滞納や延滞はしないようにしてください。

4-5)アコムのカードは解約になり使えなくなる

アコムに過払い金請求するとアコムのカードは解約となり使えなくなります

再度アコムを利用したい場合は過払い金請求の手続きが終わってから再審査となりますが、再度契約できるかどうかは過去の返済状況によるところが大きいです。

アコムへの返済を遅れることなく毎月きちんと返済していた方は優良顧客と判断され再契約ができる可能性もあります。

完済後の過払い金請求であれば、アコム以外の消費者金融やクレジットカード会社の審査には影響ありませんのでご安心ください。

5)アコムの過払い金請求で選ばれるみどり法務事務所

アコムの過払い金請求は誰がおこなっても同じ結果になるわけではありません。アコムからより多く・スムーズに取り戻せるかどうかは、経験や知識などの情報量、落としどころを踏まえた交渉力に左右されます

アコムの過払い金請求は1度しかできず、やり直しはきかないのです。
みどり法務事務所では、毎月500件の過払い金請求の相談をいただいており、過払い金の返還額は累計90億円アコムの過払い金請求の返還実績も多数ございます。これまでのノウハウを活かして粘り強く交渉します。

アコムの過払い金にお心当たりのある方は、まずは過払い金の調査だけでもお気軽にご相談ください。ご家族に内緒で調査することが可能です。もちろんそのまま内緒で返還手続きをすることもできます。

ご相談は何度でも無料、全国に8事務所をかまえ、出張相談にも対応しています。まずはフリーダイヤルかメールフォームからお問い合わせください。

page top