アコムに過払い金請求する前に知っておくべきデメリットと注意点

アコムの過払い金請求は、一度しかできません。過払い金は請求して当然のお金ですが、場合によっては損をしてしまうリスクもあります。過払い金請求で失敗しないために、また、できるだけ多くの過払い金を取り戻すためには、過払い金請求の仕組みをよく知っておくことが大切です。どんなタイミングで、どのように過払い金請求を進めたらよいのでしょうか。ここでは、アコムに過払い金を請求する前に知っておくべきデメリットや注意点を、対処方法とともにご紹介します。

アコムに過払い金請求する際のデメリットと注意点

カードは解約処理になり使用不可

アコムに過払い金請求をすると、アコムカードやACマスターカードなど、アコム関連のカード類がすべて解約処理され、使用できなくなります。つまり、アコムから新たに借金はできません。

買い物などにアコムのACマスターカードを使っている場合は、過払い金請求によって利用できなくなります。過払い金請求を始める前に、他社のクレジットカードをつくったりするなど、準備をしておきましょう。

クレジットカードで過払い金請求が行えるのはキャッシング枠のみですが、ショッピング枠がリボ払いや分割払いに設定してあり残高がある場合も注意が必要です。

アコムの関連業者を利用していた方は注意

過払い金請求をする前に、関連業者や吸収合併した会社からの借入も完済しておく必要があります。その会社が保証会社になっている銀行からの借入も、完済しておきましょう。例えばアコムは、三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の保証会社です。

また、じぶん銀行の「じぶんローン」やセブン銀行カードローン、他にもさまざまな地方銀行の保証会社になっています。それらのローンで返済の延滞が発生しアコムが代位弁済を行ったり、過払い金請求でローンを完済できず任意整理扱いになったりすると、アコムの過払い金請求や信用情報に影響を与える場合があるかもしれません。

前もってローンを組んでいる銀行の保証会社や、普段使っているクレジットカードの会社を確認しておきましょう。過払い金請求は、ローンの残高や返済状況など、状況によって及ぼす影響が異なります。後で困らないためには、自分の状況に適した対応をすることが必要です。

アコムに過払い金請求をすることでどのような影響が出るか心配な場合は、みどり法務事務所にご相談ください。ご相談は無料です。

アコム以外のカードには影響なし

アコムに過払い金を請求しても、アコム以外のカードに影響はありません。クレジットカードは今まで通り使用できますし、ローンも使えます。

ただし、アコムへの借金を返済中で過払い金請求した場合で、借金が残ってしまった場合は信用情報に影響が出るので、新たなクレジットカードをつくるのが難しくなります。

アコムへの過払い金請求の時効に注意

過払い金があったことがわかっても、必ず請求できるわけではありません。例えば、アコムが倒産してしまった場合です。請求する相手が存在しなければ、過払い金が発覚してもお金は戻ってきません。また、倒産するほどではないものの、経営が悪化して会社の資金が乏しくなれば、返還金額が少なくなってしまうリスクもあります。現在経営状況がよくみえても、いつ変化するかはわかりません。過払い金に気付いたら、早めに請求について考えるとよいでしょう。

さらに、過払い金請求には時効があり、時効が成立した後は、過払い金の額にかかわらず請求できません。アコムと最後の取引から10年経過すると、時効が成立します。借入と返済の取引が繰り返し行われていたなど、時効の判断に迷うケースがあるかもしれません。以前に、債権債務に関してアコム側と何らかの合意に達しており、過払い金の請求はできないと思い込んでいる場合もあります。しかし、合意内容や方法によっては、まだ交渉の余地があり、過払い金が戻ってくるかもしれません。時効の判断が難しい場合や、過去に何らかの合意に至っている場合は、専門家に相談するとよいでしょう。

今後の新規借入への影響

将来的にアコムと再契約したい場合

アコムへの過払い金請求をすると、将来アコムと再契約することは可能なのでしょうか。アコムカードやACマスターカードを新たにつくろうとすると、審査の際にアコムを利用していた期間の返済状況が確認されます。過去に延滞などの問題がなく、優良顧客として評価されていたなら、再契約できる可能性もあるでしょう。

ただし、以前アコムに過払い請求をしたという履歴は社内に残る可能性が高いため、新たな借入を希望しているなら、アコム以外の貸金業者を利用したほうが確実です。

将来的に他社カードへの審査の影響

アコムへの過払い金請求自体は、他社カードの審査に影響しません。

他社カードの審査の際には、通常通り、個人情報や、家族や収入に関する情報などをもとに、返済能力があるかが判断されます。ただし、信用情報機関への問い合わせは行うため、信用情報に問題がある(ブラックリストにのっている)場合には審査に通らないかもしれません。カードショッピングを含め、返済が遅れたり、債務整理(任意整理)をしたりした経験がある場合にはブラックリストにのってしまっている可能性があります。複数社のカード審査を同時に行う場合も注意が必要です。他社カードの審査に悪い影響を与えないために、過払い金請求をする前に、信用情報を傷つけるリスクはないかをしっかり確認しておきましょう。

住宅ローンへの影響

通常、アコムに過払い金請求をしても、他社で返済している住宅ローンへの影響はありません。他のローン返済も同様です。審査が不利になるなど、他社の提供する新たな住宅ローンへの影響もありません。住宅ローンの審査では、年齢や年収、他の貸金業者からの借入状況などが考慮されます。

ただし、他社のクレジットカード審査と同様、審査の際に信用情報機関に信用情報を確認するため、過払い金請求をした結果、任意整理扱いになっていると、新たな住宅ローンの審査には通りにくくなるでしょう。

アコムに完済後に過払い金請求するか返済中に手続きするか

信用情報(ブラックリスト)のしくみ

貸金業者は、信用情報機関を通じて顧客の信用情報を共有しています。携帯電話端末の支払いやカードショッピングを含め、延滞などのトラブルがおきると事故情報として登録され、信用情報機関を利用するすべての貸金業者や金融機関が知ることができるようになっているのです。そして、貸金業者は新たなクレジットカードやローンの審査に際しこの情報を参考にするため、審査に通りにくくなってしまいます。この信用情報機関に事故情報が登録されている状態が、「ブラックリストにのっている」状態です。

延滞の他にも、債務整理や代位弁済、強制解約などが事故情報として登録されます。ただし、一定期間が経過すると、事故情報は自動的に削除されるため、信用は回復できるでしょう。事故情報が削除される時期は、信用情報機関によって異なります。例えば、延滞の記録が残るのは、日本信用情報機構(JICC)なら延滞を解消してから1年間、シー・アイ・シー(CIC)や全国銀行個人信用情報センター(KSC)では5年間です。債務整理や代位弁済、強制解約は5年間記録が残ります。KSCによる自己破産と個人再生の登録期間は10年間です。

信用情報機関に事故情報が登録されると、すでに契約しているクレジットカードは、更新時期などに合わせて解約される場合があります。しかし、通常、事故情報がすでに契約しているローンに影響を与えることはないでしょう。また、基本的に、信用情報機関の情報を確認するのは金融機関のみです。就職活動や選挙権など、生活の他の分野に影響を与えることはないため、安心してください。

完済後に過払い金請求するデメリット・メリット

アコムに完済後に過払い金請求をするデメリットは、アコムカードやACマスターカードが自動解約され使えなくなること。そして、アコムから新たな借入ができなくなります。ただし、アコム以外のクレジットカードやローンは利用できるため、さほど問題にはならないでしょう。

アコムに完済後に過払い金請求をするメリットは、過払い金がキャッシュで手元に戻ってくることです。戻ってきた過払い金は、アコム以外の借入への返済に回すなど、自由に使用することが可能です。

返済中に過払い金請求するデメリット

アコムに返済中に過払い金を請求する場合にも、アコムカードやACマスターカードが解約され、使用できなくなってしまいます。もちろん、新たにアコム関連のクレジットカードを作ることも、新たにアコムから借入をすることもできません。

また、返済中に過払い金請求をすると、ブラックリストにのってしまうケースがあります。

返済が終わっていない場合には、過払い金は残高の返済にあてられます。その結果、残っている借金を完済できれば、問題はありません。

しかし、借金が残ってしまうと、任意整理扱いになります。任意整理とは、月々の返済額を減らしたり利息をカットしたりして、支払いの負担を軽減できるよう貸金業者と交渉をすることです。任意整理をすれば借金の負担は減りますが、信用情報に記録がのこります。 これがいわゆる「ブラックリストにのる」という状態です。 ブラックリストにのってしまうと、少なくとも5年以上、アコムに限らず、新たにクレジットカードをつくったりローンを組んだりするのが難しくなるでしょう。そのため、ローンを返済中に過払い金の請求を行うなら、まず、過払い金がいくら発生しているか、過払い金を借入の返済にあてて、ローンを全額返済できるかを調査する必要があります。

ACマスターカードのショッピング枠の残高や、グループ会社のローンも忘れずに計算しましょう。

返済中に過払い金請求するメリットは多い

ローン返済中に過払い金請求をするメリットは、戻ってくる過払い金を借入の返済にあてることで、借金の残金を減らせること。残金よりも過払い金の方が多ければ、借金がなくなり、さらに残った現金が戻ってきます。たとえ過払い金が残金よりも少なかったとしても、確実に借金の残高を減らすことが可能です。

任意整理扱いとなりブラックリストにのったとしても、借金を減らせるという点では、メリットを上手にいかしたほうがよいケースもあります。借金を減らすどころか、借入を繰り返してさらに借金が増えれば、やがて借金を返済できなくなるリスクもあるからです。

さらに、民法705条で、過払い金の発生を知りながら返済を続けていた場合には、その過払い金は返還されないことが認められています。過払い金がある可能性に気付いたら、すぐに専門家に相談してください。過払い金やローン残高を正確に知るためにも、専門家の無料相談を利用すると安心です。

アコムへの過払い金請求を自分でやるデメリットとメリット

メリット

アコムへの過払い金請求を自分ですれば、司法書士や弁護士などの専門家に依頼する費用がかかりません。しかし、経験や知識がないと、過払い金請求では不利です。一般的に、自分で手続きをするよりも、専門家が手続きをしたほうが過払い金をより多く取り戻せます。メリットとデメリットをトータルで考えるとどちらがプラスになるか、よく考えることが大切です。まずは、無料相談などを利用してみるのもよいでしょう。

デメリット

手間と時間がかかる

アコムへの過払い金請求を自分ですると、過払い金が返金されるまでに時間がかかる傾向があります。相手が専門家ではないとわかると、貸金業者は過払い金の返済期間を先延ばしにしようとすることがあるからです。また、取引履歴の請求や過払い金計算、必要な書類の準備などにも時間がとられ、交渉までの時間も延びてしまうでしょう。過払い金請求に手間取っている間に時効が成立してしまうと、専門家でも過払い金を取り戻せなくなるため、注意してください。交渉がうまくいかず裁判になると、過払い金の知識に加えて、法律の知識も必要です。

戻ってくる過払い金が少なくなる

一般的に、アコムなどの貸金業者は、過払い金請求の対応にも交渉にも慣れています。相手に過払い金請求の知識がないと、低い返還率で和解しようとしたり、自分側に都合の良い結果になるように強気に交渉したりしてきます。過払い金交渉に慣れていないと、低い過払い金の額で和解してしまうケースが多いです。

例えば、借金をなしにするかわりに過払い金請求をやめてほしいという「ゼロ和解」の申し入れがあるかもしれません。借金の残高よりも戻ってくる過払い金の方が多い場合が多いため、安易に応じてしまっては損です。また、債務がないことを知りながらローンを返済していたのだから返済義務はないという「非債弁済」を主張されてしまう場合もあります。

同居している家族にバレる可能性

過払い金請求を自分で行う場合、過払い金に関する郵送物や連絡は自宅にきます。借金していたことを隠している場合など、同居している家族に過払い金請求の手続きをしていることを知られては困る場合は注意しましょう。

アコムへの返済と催促はとまらない

ローンを返済中に過払い金請求をする場合、司法書士や弁護士に依頼して受任通知を送れば、借金返済の督促をとめられます。しかし、個人ではとめられないため、返済の催促は手続き期間中も続くでしょう。

アコムへの過払い金請求を弁護士・司法書士に依頼するデメリットとメリット

デメリット

専門家に依頼する費用がかかる

アコムへの過払い金請求を弁護士や司法書士などの専門家に依頼すると、手続きなどにかかる基本報酬や成功報酬などの費用がかかります。しかし、自分で手続きをして少しの過払い金が戻ってくるより、報酬額を差し引いてでも、専門家に依頼したほうが過払い金の返金額が高く、得になる場合があるでしょう。ただし、過払い金請求の結果は、依頼する司法書士や弁護士の能力によっても異なるため、過払い金請求の知識や実績が豊富な専門家に依頼することが大切です。

悪徳業者に依頼してしまうリスクがある

専門家と名乗る人の中には、高額な報酬を求めたり、過払い金を正確に報告せずに着服したりする悪徳業者もいます。手間がかかるからと、裁判をせず依頼人の承諾も得ずに和解してしまったり、過払い金請求の手続きを後回しにしたりする業者は信用できません。手続きが長引くだけでなく、放置されたまま過払い金の時効を迎えたり、貸金業者が倒産してしまったりして過払い金請求ができなくなってしまう可能性もあります。

専門家に相談する際は、ブラックリストにのってしまう、クレジットカードが解約されてしまうなどのリスクについてもしっかり説明してくれるかに注目しましょう。わらない点や不安な点はその都度確認し、しっかり理解したうえで契約してください。進捗状況を定期的に連絡してもらうようにしましょう。料金システムにあいまいな点はないかを前もって確認しておくことも大切です。専門家に相談する前に、過払い金請求の相場を調べておくのもよいでしょう。

メリット

過払い金請求のための面倒な手続きはすべてプロにまかせられる

過払い金請求をするには、まず、アコムに開示請求をし、取引履歴を取り寄せなければなりません。そして、過払い金の引き直し計算をします。過払い金の額が確定したら、過払い金返還請求書を作成し、アコムに送付。その後、アコムと和解交渉を行い、合意に至らなければ裁判です。司法書士にご依頼いただければ、これらの面倒な手続きはすべてかわりに行います。過払い金の引き直し計算が間違っていると返済を拒否されてしまう可能性もあるため、専門家に計算してもらえると安心です。裁判になってもご安心ください。

自分で過払い金請求をするよりも多くの金額が戻ってくる可能性が高い

アコムなどの貸金業者は、過払い金請求の相手をみて対応をかえます。素人が対応するとアコム側に有利に交渉を進められてしまうでしょう。一般的に、自分で対応した場合の返還率は、和解で50%、裁判でも70%程度です。しかし、交渉力と知識がある専門家が交渉すれば返還率が高くなり、返還期間も短縮できる可能性が高くなります。専門家が交渉した場合の返還率は和解で平均80%以上、裁判では100%以上です。

同居している家族などに一切知られることなく、過払い金請求できる

過払い金請求を専門家に頼めば、過払い請求関連の電話や郵便物が自宅に届くことはありません。専門家の事務所が窓口になるからです。連絡方法や時間を決めておくなど、家族に知られないような配慮もできます。

アコムに返済中の場合、アコムからあなたへの連絡ができなくなるので、依頼した当日から督促がストップする

司法書士や弁護士は、過払い金請求の依頼を受けると、アコムに過払い金返還請求手続きを受任した旨を知らせる「受任通知」を送付。ローンを返済中の場合は、この通知を送ることでアコムからの督促とアコムへの返済をとめられます。

過払い金請求の裁判、デメリットはあるか

裁判をすれば過払い金は利息付きで取り戻せる可能性もある

過払い金請求の裁判は、交渉だけですませるよりも時間がかかります。交渉だけなら過払い金返還期間は最低2カ月ほどです。裁判をすると、返済までに4カ月~1年ほどかかる場合があります。しかし、裁判によって得られる大きなメリットを考えれば、それほど問題ではないかもしれません。裁判をおこすと、過払い金の返還率をさらに上げられる可能性があります。

そもそも過払い金の請求は、民法で定められた「不当利得返還請求」です。民法では、「悪意の受益者の返還義務」として、過払い金の発生を知りながら利息を得ていた貸金業者には、利息をつけて過払い金を返金するよう請求できると定められています。そのため、和解交渉では過払い金の満額返還は難しくても、裁判をすれば利息付きで過払い金を取り戻せる可能性があり、返還率が高くなるのです。裁判をすれば、返還率100%以上の回収が見込めるでしょう。

過払い金は、5%の利息を付けて請求することが可能です。過払い金が高額である場合は特に、最終的な返金額が大きく変わります。過払い金の利息がつくのは、過払い金が発生した時点です。つまり、借入と返済の期間が長ければ長いほど、過払い金への利息も大きくなります。裁判をしなければ、利息分の回収はできません。また、裁判の判決が出れば、貸金業者には判決内容に従う義務が課されます。多少時間はかかっても、過払い金請求の裁判には大きなメリットもあるのです。過払い金の返還率は低くても早い回収を重視するか、時間はかかっても過払い金の額を重視したほうがよいのか、専門家に相談してみるとよいでしょう。

自分で過払い金請求の裁判をするのはリスクが高い

過払い金請求の裁判には大きなメリットがありますが、高度な法律知識が求められます。また、月に1回ほど、平日に出廷しなければなりません。個人で行う場合は、かなりの負担となる場合があるでしょう。さらに、ローンの返済が滞っていた場合などは、貸金業者から期限の利益喪失を主張されたり、遅延損害金利率で計算すべきだと主張されたりする可能性もあります。過払い金を取り戻せないどころか、借金の一括返済を求められてしまう場合もあるため、まずは、ぜひ専門家に相談してみてください。

みどり法務事務所にご相談いただければ、あなたの状況にあった過払い金請求の方法をご提案、サポートします。

page top