レイクに過払い金請求する前に知っておくべきデメリットと注意点

長い間借金を返済している、もしくは完済した借金がある場合に気になるのが、過払い金があるのかどうかということです。グレーゾーン金利が適用されていた期間に借金をしたのなら、過払い金請求ができる可能性が高いでしょう。しかし、過払い金請求をする場合には注意すべき点があるのです。今回は、レイクに過払い金請求を考えている人のために、請求する前に知っておくべきことやデメリット、注意してほしい点などについて詳しく解説していきます。

レイクに過払い金請求する際のデメリットと注意点

カードは解約処理になり使用不可

レイクに過払い金請求をする際のデメリットとしては、カードが解約処理になることがあげられます。

過払い金請求をした時点で、レイクとの契約は解除されます。

そのため、請求したあとにローンカードの返却を求められることが一般的です。

その後、社内ブラックとして登録されることが多いので、新たにレイクと契約することも難しくなります。

社内ブラックは、信用情報機関のブラックリストとは違い5年や10年で解除されるものではないので、半永久的に利用できない可能性もあるのです。

ただし、ほかの業者からお金を借りることはできます。

レイクの関連業者を利用していた方は注意

レイクの関連業者を利用していた方も注意が必要です。

貸金業者の中には、過払い金請求ができるようになったことで経営不振になり、他社と吸収合併をしている業者も少なくありません。

その場合には、関連業者や合併した業者の借金も返済しておく必要があるのです。

吸収合併している場合には、どちらかの業者だけに過払い金請求することはできません。

たとえば、A社とB社から借金をしており、B社がA社に吸収合併されたとします。

その場合に、A社の借金が完済できたから過払い金請求をしようと思う人もいるでしょう。

しかし、吸収合併されている場合には、A社とB社で分けて過払い金請求することはできません。

B社の借金が完済できていない場合には、ブラックリストに載ってしまう可能性もあるので注意しましょう。

また、レイクが保証会社になっている銀行からの借り入れも返済しておく必要があります。

レイク以外のカードには影響なし

過払い金請求をすると、ほかのカードローンに影響があるのではないかと心配している人も多いでしょう。

しかし、過払い金請求をするカード以外に影響はありません。

レイクへの過払い金請求は、レイクのみにしか影響を及ぼしません。

ほかのカードローンで借入をしている、新しく他社のカードローンを契約したいといった場合にも、とくに問題はありません。

レイクへの過払い金請求の時効に注意

レイクへの過払い金請求を考えている場合に注意してほしいのが、時効です。

過払い金請求は、いつまででも行えるわけではありません。

過払い金請求をできる期限が決められているのです。

過払い金請求の時効は、最後の取引から10年となっています。

10年を過ぎてしまえば、過払い金請求をする権利がなくなってしまうので、何年経っているのかしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

最後の取引とは、完済している場合は完済した日、返済中であれば最後に取引した日になります。

返済中の場合、通常であれば返済が続いている、つまり取引が続いているため時効になることはありません。

ただ、もしも返済が滞っているにもかかわらず督促がない場合は過払い金が発生している可能性があります。

その場合は過払い金の有無を調査することをおすすめします。

今後の新規借入への影響

将来的にレイクと再契約したい場合

過払い金請求をする場合には、今後の借入への影響が考えられます。

まず、将来的にレイクと再契約したい場合です。

基本的には、社内ブラックに登録されるため、再契約するのは難しくなります。

ただし、状況によっては再契約できる場合もあるでしょう。

たとえば、返済期間中に滞納や延滞などの問題がなかった場合には、再契約できる可能性があるようです。

しっかりと返済していた場合には優良顧客とみなされますので、過払い金請求をしていても再契約できるケースがあります。

長期にわたって借入をしていてしっかり返済していた人は、レイク側にとっても良い顧客なので再契約するメリットが大きいのです。逆に、滞納などを繰り返していた人は再契約することは難しいでしょう。

将来的に他社カードへの審査の影響

他社のローンカードの審査を受ける際に、影響が出る場合もあります。

基本的に、過払い金請求は請求する業者にしか影響しません。

しかし、ケースによっては新たに他社カードを作る際に影響が出てしまうのです。

影響が出るケースとしては、返済中に過払い金請求をした場合になります。

返済中に過払い金請求をして、借金と過払い金が相殺できる、もしくは借金よりも過払い金のほうが多いケースではとくに影響はありません。

しかし、過払い金よりも借金が多かった場合には注意が必要です。

過払い金で借金が相殺できない場合には、過払い金請求ではなく債務整理として扱われ、事故情報として記録されてしまいます。

事故情報とはいわゆるブラックリストになります。

ブラックリストに入ってしまうと、カードローンやクレジットカードの審査に通ることが難しくなってしまうのです。

そのため、新たに審査を受けても落ちてしまう確率が高いでしょう。

事故情報は信用情報機関にもよりますが、最低でも5年、長ければ10年程度記録されるので、その期間が過ぎるまでは、新規でカードを契約することは厳しいといえるでしょう。

住宅ローンへの影響

住宅ローンへの影響も考えられます。

住宅ローンを組む場合には、必ず審査が行われます。

この場合にも、新しくカードローンを契約するときと同様に、信用情報機関の情報を利用して審査が行われるのです。

そのため、完済後の過払い金請求と借金を相殺できた場合の過払い金請求は、住宅ローンに影響を及ぼしません。

返済中で相殺できなかった場合には、ブラックリストに載ってしまうので住宅ローンを組むことは難しいでしょう。

レイクへ完済後に過払い金請求するか返済中に手続きするか

レイクに過払い金請求する場合に悩むのが、完済後にするかそれとも返済中に手続きをするかということでしょう。

それぞれのメリットとデメリットを確認していきます。

完済後に過払い金請求するデメリット・メリット

完済後の過払い金請求にはメリットしかありません。

完済後の過払い金請求なら信用情報に登録されることがなく、発生している過払い金が確実に手元に戻ります。

また、他業者で借金がる場合は、戻ってきた過払い金で借金を減らすことができます。

あえて完済後の過払い金請求でデメリットをあげるとすれば、過払い金を請求した業者で新たに借入ができなくなることです。

しかし他業者からお金を借りることはできますので大きな問題にはならないでしょう。

なお、過払い金請求の時効は完済してから10年です。

完済後、過払い金請求の手続きを放置し続けると過払い金は戻りません。早めの手続きが重要です。

返済中に過払い金請求するデメリット

借金返済中に過払い金請求をするデメリットとしてもっとも大きなものは、ケースによっては事故情報に登録されてしまうことです。

返済中であっても借金の残りより過払い金の額が大きい場合は事故情報に登録されませんが、借金のほうが多かった場合には債務整理になるので注意が必要です。

事故情報として登録されると、新しくクレジットカードを作るのが難しくなる、ローンの審査に通らない場合が多いなど、日常生活に影響が出てきます。

クレジットカードは作らない、ローンは組まないから関係ないと思っている人もいるかもしれませんが、携帯を契約する場合にも影響がある可能性があります。

機種変更をしたり新たに携帯を契約したりするとき、分割払いを選択する方が多いかと思われますが、事故情報が登録されていると分割払いの審査に通りません。

支払いは一括払いになります。

信用情報(ブラックリスト)のしくみ

信用情報とは、その名の通り個人の信用を測るための情報になります。

氏名や生年月日、性別や住所、電話番号といった基本的な情報に加えて、ローンの借入・返済状況、クレジットカードなどの借入状況、最終返済日といった金融系の契約情報と返済情報が記載されているのです。

信用情報は、CIC・全国銀行個人信用情報センター・JICCという3つの機関が管理しています。

この信用情報に事故情報が登録されることを、ブラックリストに載ると表現されます。

ブラックリストに載るしくみとしては、3つの要因が考えられます。

まずは、ローンやクレジットカード料金の支払い遅延です。一般的には3カ月以上の支払い遅延がある、もしくは1~2カ月程度の遅延を何度も繰り返している場合に、事故情報が登録されます。

次に、債務整理を行った場合です。

債務整理とは、自己破産や任意整理、個人再生などの手続きをして借金を減額、またはゼロにすることをいいます。

最後は携帯の分割払いが未払いだった場合です。

携帯の分割払いも信用情報に記録されるので、未払いが続いた場合にはブラックリスト入りしてしまいます。

ブラックリストには、永久的に載るわけではありません。

各信用情報機関によりますが、事故情報として登録される期間は決まっているため、その期間が過ぎれば事故情報は消えることになります。

事故情報がなくなればブラックリストからも外れるので、クレジットカードやローンなどへの影響がなくなるのです。

ただし、ブラックリストに入っている期間にまた支払いの延滞をした、債務整理をした場合には、延長されるので事故情報が消えませんから注意が必要でしょう。

返済中に過払い金請求する場合もメリットは多い

返済中の過払い金請求はデメリットもありますが、メリットも多くあります。

まず、借金を相殺できる可能性があることです。

過払い金は昔から借金をしている、長く返済を続けている人なら、多くの金額になっている可能性があります。

そのため、長期の借入であるのなら借金を相殺できる可能性も高いのです。

借金を相殺することができれば、返済する必要がなくなります。

場合によっては、過払い金のほうが借金よりも多いこともあります。

その場合には、借金がなくなっただけでなく手元に現金が入ってくるのです。

相殺できない場合でも、メリットはあります。

借金の額が減るので、返済が楽になることがあげられます。

過払い金が発生していた場合には、今ある借金の返済に充てられます。

そのため、借金の残金が大幅に減って返済期間が短くなる、月々の返済が楽になることが考えられるのです。

事故情報には登録されてしまいますが、借金の返済に苦しんでいる、借金があるため毎月厳しい生活をしているといった場合には、ブラックリスト入りのデメリットよりも、借金が減るメリットのほうが大きいでしょう。

また、返済を滞納や延滞している人の場合にはすでのブラックリスト入りしているので、過払い金請求をして新たなデメリットが生じることがありません。

メリットしかありませんので、ためらわずに請求をしてみるといいでしょう。

レイクへの過払い金請求を自分でやるデメリットとメリット

レイクへの過払い金請求は自分でおこなうことも可能です。

自分で請求する場合には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

レイクへの過払い金請求を自分でやるメリット

自分で過払い金請求をするメリットは、費用面の負担が軽く済むことです。

司法書士や弁護士に依頼をする場合には、費用がかかります。

過払い金が発生していない場合には無料というところもありますが、過払い金が実際に発生していて業者に請求する場合には料金がかかるのです。

成功報酬として過払い金の20%程度の金額が相場となっており、そのほかに実費や基本報酬などがかかるケースもあります。

レイクへの過払い金請求を自分でやるデメリット

自分で請求すると費用が安くなりますが、さまざまなデメリットがあるので注意が必要です。

手間と時間がかかる

1つ目のデメリットは、手間と時間がかかることです。

過払い金請求をするためには、さまざまな手続きが必要になります。

それらをすべて自分で行わなければいけないため、手間も時間も多くかかるのです。

過払い金を計算するためには、金融業者へ取引履歴の請求をする必要があります。

取引履歴を送ってほしいといえば、送ってもらえるのでそう手間はかかりません。

しかし、過払い金の計算には手間がかかります。

引き直し計算というのですが、ここで間違ってしまうと返還される金額が少なくなったり、金額が違うため応じられないといわれたりしてしまいます。

そのため、神経を使って慎重に計算しなければいけません。

計算するソフトもありますが、パソコンに慣れていない場合には難しいでしょう。

業者への過払い金請求や和解交渉なども自分自身で行わなければいけません。

仕事をしていて忙しい場合などには、なかなか時間が取れないこともあるでしょう。

戻ってくる過払い金が少なくなる

戻ってくる過払い金が少なくなることもあります。

過払い金請求で交渉するためには、専門的な知識が必要になる場面もあるのです。

しかし、素人だと知識がなく交渉がうまくいかない、業者の話に丸め込まれてしまうことも考えられます。

とくに、ゼロ和解に持ち込まれてしまう可能性が高いのもデメリットです。

ゼロ和解とは、取引履歴の開示を求めた際に「借金はもうありません」と和解を提案してくることをいいます。

これは、過払い金請求をされる前に和解して、過払い金を支払わないようにという業者の手口です。

自分で過払い金請求をすると、過払い金が発生していることがわからずにゼロ和解に同意してしまって、戻ってくるはずだったお金を取り戻せないことが多いのです。

同居している家族にバレる可能性

自分自身で過払い金請求をすると、すべての連絡は自分で受けなければいけません。

取引履歴や必要な書類などは自宅に送られてくることになりますし、電話連絡がくることもあるでしょう。

そのため、同居している家族にバレてしまう可能性が高いのです。

交渉でうまくいけばいいのですが、うまくいかなかった場合には裁判ということも考えられるでしょう。

その場合には、さらにバレる可能性は高くなります。

家族に内緒で過払い金請求をしたい場合にはデメリットになります。

レイクに返済中の場合、レイクからの督促がとまるわけではない

自分で請求した場合には、督促がストップすることはありません。

自分で過払い金請求の手続きをした場合でも、返済や督促が止まると思われている方もいるかもわかりませんが、とまるのは、司法書士や弁護士に依頼した場合のみです。

レイクへの過払い金請求を弁護士・司法書士に依頼するデメリットとメリット

レイクへの過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼する場合にも、メリットやデメリットがあります。どのようなことが考えられるのか、紹介していきます。

レイクへの過払い金請求を弁護士・司法書士に依頼するデメリット

デメリットは、お金がかかることです。

弁護士や司法書士などの専門家に依頼する場合には、どうしても料金がかかってしまいます。

また、安さだけであまり調べずに選んでしまうと、悪徳弁護士や司法書士にあたってしまう可能性もあるのです。

悪徳弁護士などに依頼してしまうと、法外な成功報酬、基本報酬を請求されることもあるので気を付けましょう。

また、過払い金を着服するような悪徳弁護士・司法書士も存在しています。

依頼する前に、ホームページで料金設定や口コミ、評判などをしっかりとチェックすることが大切です。

レイクへの過払い金請求を弁護士・司法書士に依頼するメリット

専門家に依頼するメリットは大きく分けて4つあります。

レイクへの過払い金請求のための面倒な手続きを全て専門家が代わりにやってくれる

弁護士や司法書士に依頼するメリットは、面倒な手続きをすべて任せられることです。

専門家に依頼すれば、取引履歴の請求や引き直し計算、業者との交渉などは代わりに行ってくれます。

過払い金請求にはさまざまな、書類が必要になり集めるのも一苦労なのです。

しかし、依頼しておけば、必要な書類の準備なども自分でおこなう必要はありません。

依頼さえしてしまえば、あとは普段通りの生活をしていればいいので、時間や手間をかけずに過払い金請求ができるのです。

自分でレイクに過払い金請求するよりも金額が多く戻ってくる可能性が高い

専門家に頼むことで、自分で請求するよりも多くの金額が戻ってくる可能性が高いこともメリットでしょう。

レイクは過払い金請求の対応に慣れていますので、素人が交渉してもうまくいかないケースが多いのです。

その点、弁護士や司法書士はさまざまな知識や交渉技術を持っています。

法的措置も辞さないというような強い対応をしてくれるので、業者側としても専門家相手の場合にはスムーズな解決を優先させます。

そのため、自分で交渉するよりも良い結果が出ることが多いでしょう。

同居している家族などに一切知られることなく、過払い金請求できる

家族に内緒で過払い金請求したい場合にも便利です。

弁護士などに依頼すれば、自分が窓口になる必要がありません。

すべての連絡は弁護士や司法書士を通して行われるため、電話や書類などが自宅にきてしまって家族にバレる心配がないのです。

弁護士などからの連絡は避けることができませんが、あらかじめ家族にはバレないようにと伝えておけば、事務所名などではなく個人名で連絡するなど配慮してもらえます。

どうしても知られたくない場合には、専門家に依頼するといいでしょう。

レイクに返済中の場合、督促がストップする

レイクへ返済中の場合、司法書士や弁護士に依頼すると督促を止めることができるのも大きなメリットです。

手続きが長引いてしまった場合でも、交渉中は返済する必要がないので手持ちの資金に余裕が出るのもメリットでしょう。

過払い金請求の裁判、デメリットはあるか

過払い金請求で交渉しても、うまくいかないこともあります。

その場合には、裁判に持ち込むこともできますが、デメリットはあるのでしょうか。

過払い金請求で裁判に持ち込む場合、デメリットといえるデメリットは存在していません。

裁判をするには交渉で解決するよりも費用がかかりますが、かけた費用以上に回収できる過払い金が増えることが多いのです。

そのため、結果的には裁判をして得をしたというケースも少なくありません。

過払い金請求をして交渉で満額返してくれる業者はほとんどありません。

多くは、5~7割程度になってしまうのですが、裁判をすることで満額近い金額が返ってくることもあります。

レイクへの過払い金請求を弁護士・司法書士に依頼するメリット

裁判をすれば過払い金は利息付きで取り戻せる可能性もある。

裁判をすることで、過払い金を利息付きで取り戻せる可能性もあるのです。

民法703条の「不当利益返還請求権」が法的根拠となっており、不当利益を得た場合には、その損失を受けた人に利益を返還しなければいけないとなっています。

過払い金は不当利益にあたるため、裁判をすれば利息付きで返ってくる場合があります。

過払い金の利息は年5%で請求するのが一般的であるため、裁判をすれば過払い金と年5%の利息を取り戻せることが多いでしょう。

ただし、裁判をしたからといって必ず利息が付いてくるとも限りません。

金融機関の経営状況によっては請求できない可能性もあるので、注意しましょう。

page top