ニコスに過払い金請求する前に知っておくべきデメリットと注意点

カードローンなどを利用してニコスから借入をおこなっている場合や、過去にニコスに対する借入金を完済している場合は、過払い金が生じている可能性があります。過払い金がある場合、過払い金請求によって払いすぎた利息の返還を受けることが可能です。ただし、請求するタイミングが返済中か完済後かによってメリット・デメリットが異なるため、請求時期には注意が必要です。また、自分で手続きするか、司法書士などの専門家にご依頼いただくかという選択にも迫られます。そこで、過払い金請求前に知っておきたい注意点などについて解説します。

ニコスに過払い金請求する際のデメリットと注意点

カードは解約処理になり使用不可

ニコスに対して過払い金請求をおこなう場合には、注意すべきポイントがあります。

その1つが、ニコスから発行されているカードの扱いです。

過払い金請求においては、請求先の金融機関との新規取引をおこなわない状態で利息の再計算などをおこなう必要があります。そのため、すでに発行されているカードは解約扱いとなるのです。

解約される時期は、過払い金請求をおこなったタイミングになります。ニコスのカードを普段から利用している人は、ニコスに対して過払い金請求をおこなう前に、別のカードなどを利用できる環境を整えておく必要があるでしょう。

カードが解約となれば、カードに付随している各種付帯機能も使えなくなります。たとえば、ETC(電子料金収受システム)機能を利用していた場合は、過払い金請求後に突然使えなくなる可能性があるため、注意が必要です。

ニコスの関連業者を利用していた方は注意

ニコスに対して過払い金請求をおこなった際には、原則として、ニコス以外のカードやローンに関しては影響はありません。

しかし、注意すべき点があります。それは、ニコスの関連業者を利用しているケースです。

もし、該当してしまう場合は、利用できなくなるなどの悪影響が生じる可能性もあります。

特に、ニコスが設立に関わった関連会社やニコスが吸収合併した会社などから借入をおこなっているときには注意しましょう。これらの関連会社から借入をしている場合は、過払い金請求前に完済しておく必要があります。

また、ニコスとは無関係に見える銀行からの借入であっても、ニコスが保証会社になっている場合は完済してから過払い金請求をおこなうようにします。

中には特例もあります。

過去のケースでニコスの関連業者であっても、ローン契約が別になっていれば影響を受けないケースもあるので、不安な場合は専門家に確認してみましょう。

ニコス以外のカードには影響なし

過払い金請求をおこなうと、自らの金融に関する機能が全体的に影響を受けるのではないかと心配している人もいるでしょう。

しかし、過払い金請求の影響は限定的です。ニコスに過払い金請求をおこなった場合は、ニコス以外のカードなどには影響が生じないことを認識しておく必要があります。

ほかのカードなどへの影響を心配して過払い金請求手続きをおこなうことをあきらめてしまうと、受け取れるべき過払い金を受け取れなくなります。

ニコスへの過払い金請求をおこなっても、ニコス以外のカードはこれまでと変わらず使用できることを知っておけば、過払い金請求をおこなう心理的な障害の1つを取り除けます。

ニコスへの過払い金請求の時効に注意

ニコスに対して過払い金請求をおこなうタイミングを検討する場合は、時効について考慮することが欠かせません。

過払い金請求の時効は、10年です。時効の起算となる時期は、最終取引日とされています。

最終取引日は、借入金の完済日になるのが一般的です。ただし、完済から10年以上が経過していたとしても、完済後にニコスから新たな借入を受けて返済をしている取引と一連の借入であると裁判で認められた場合は、過去の借入の最終取引日は完済日よりもあとにずれていきます。

しかし、裁判で認められない限り時効は成立するため、原則としては10年で時効が成立すると理解しておいたほうがよいでしょう。

返済中の場合は時効によって請求権を失うリスクはほとんどありません。

ですが、完済後に請求をおこなう場合は時効になる前に手続きをおこなう必要があることに注意が必要です。完済している借入に関して過払い金請求をおこなう場合は、できるだけ早く手続きに着手したほうがよいでしょう。

今後の新規借入への影響

将来的にニコスと再契約したい場合

ニコスに過払い金請求をおこなった場合、基本的に再度ニコスカードを持つことはできません。

ただし、過払い金請求をおこなって過払い金の返還を受けたら、必ずしも再契約できないとは言い切れません。貸金業者の対応次第になりますので、優良顧客だった場合は再度契約できる可能性もあります。

それでも可能性は低いので、どうしてもクレジットカードを持ちたいならニコス以外の信販会社でクレジットカードを作ったほうが確実と思っておきましょう。

将来的に他社カードへの審査の影響

ニコスに対して過払い金請求をおこなったことによって、他社カードの審査に悪影響が出るとなれば、過払い金請求に対して消極的になりますよね。

完済後の過払い金請求であれば、他社カードの審査に影響はありません。

過払い金請求をおこなった結果、完済できずに返済を継続することになる場合は、信用情報に債務整理をおこなったという事故情報が登録されます。その結果、将来における他社カードの審査に通らなくなる可能性は否定できません。

ただし、過払い金が残りの借金よりも多く、完済になるケースについては、事故情報は登録されないので、審査への影響はありません。

住宅ローンへの影響

住宅取得予定がある人は、過払い金請求をおこなうことによる住宅ローンへの影響も気になるでしょう。

ニコスに対して過払い金請求をおこなうことで、住宅ローンを組めなくなるのであれば、手続きはしたくないと考えるケースも多いと思います。

過払い金請求後に住宅ローンを組めるかどうかのポイントは、他社カードの審査に対する場合と同様に、事故情報が登録されるかどうかです。完済後の過払い金請求であれば債務整理扱いにはならず、悪影響は生じないでしょう。

また、過払い金請求をおこなった結果、借入金を完済できた場合も、債務整理扱いにはなりません。これらの場合は、住宅ローンへの影響はないといえます。

他に借金がある状態で新たに住宅ローンを組もうとしても、過払い金請求する・しないに関わらず審査に通る可能性は低いといえます。借金を返済中なのであれば、まずははやく借金を完済することが先決です。

ニコスに完済後に過払い金請求するか返済中に手続きするか

過払い金請求は、借入金の返済を完了したあとで請求することも返済中に請求することも可能です。ただし、選択する方法によってメリット・デメリットが異なります。そのため、もう少しで完済だという場合は、完済後に過払い金請求するか、完済前に手続きをおこなうか迷ってしまうでしょう。どちらかを選択する際は、完済前・完済後の手続きに関するそれぞれのメリット・デメリットを理解しておくことが欠かせません。

完済後に過払い金請求するデメリット・メリット

完済後に過払い金請求するデメリット

完済後に過払い金請求をおこなう場合、考慮すべき主なデメリットが2つあります。

1つは、請求先が存在していない可能性があることです。完済からしばらく時が経過すると、借入を受けた金融機関が倒産などで存在しなくなっている可能性もゼロではありません。

請求先が存在しなければ過払い金請求はできず、過払い金の返還を受けることができなくなってしまいます。完済後手続き特有のリスクだといえるでしょう。

もう1つのデメリットは、時効の存在です。完済すると時効のカウントがスタートします。原則として取引最終日から10年経過してしまうと、時効が成立して過払い金請求はできなくなってしまうのです。

完済後に過払い金請求するメリット

完済後に請求するメリットの1つは、過払い金請求によって返還される資金は、自由に使える資金になることです。

返済中の請求によって得る過払い金は、元本の返済に充当されます。しかし、完済している状態で過払い金を受け取る場合は、その使途は制限されません。臨時収入が得られるメリットがあります。

もう1つのメリットは、個人の信用情報に事故情報として登録されないことです。完済後に過払い金請求をおこなっても、信用情報上は「債務整理」という事故情報登録はおこなわれず、「完済」の状態を維持できます。そのため、信用悪化という事態を避けられることがメリットです。

返済中に過払い金請求するデメリット

返済中に過払い金請求をおこなう場合、2つのデメリットがあります。

1つは、受け取る過払い金で完済できず借金残高が残る場合、事故情報として記録されることです。

借入金残高を減らせたとしても、返済が継続する場合は債務整理をおこなったことになります。そのため、信用情報には事故情報として記録されるのです。

もう1つのデメリットは、過払い金請求先が発行した各種カードが使用できなくなることです。

請求をおこなった時点でカードは使えなくなることを想定したうえで、手続きをおこなうようにしましょう。

返済中に過払い金請求するメリットは多い

返済中に過払い請求をおこなう主なメリットは、3つです。

1つ目は、過払い金請求をおこなうことによって借入金全額を返済でき、返済を継続する必要がなくなる可能性があることです。このケースでは、信用情報上、任意整理ではなく完済扱いになり、事故情報として登録されません。

2つ目は、完済にならなかったとしても返済負担が軽くなることです。生活維持のために返済負担を減らしたいケースには有効でしょう。

3つ目は、時効に抵触するリスクがないことです。返済中であれば、請求すべき会社が存在しないという心配をする必要はありません。

信用情報(ブラックリスト)のしくみ

ニコスへの過払い請求について、返済中に手続きをおこなう場合と完済後に請求する場合のメリット・デメリットを把握するためには、まず、信用情報のしくみを知っておくことが大切です。

信用情報は、俗にブラックリストと呼ばれることもあります。信用情報とは、個人の返済や融資申し込みなどの状況や返済事故に関する情報のことです。

融資などをおこなう金融機関は、信用情報を把握することで申込者が問題がある債務者かどうかを確認して審査をおこなっています。

金融機関が利用する主な信用情報機関は、3つです。

1つ目は、株式会社日本情報機構で、JOICと略します。

もともとは消費者金融系の全国的な組織だった機関で、加盟しているのは主に消費者金融と信販会社です。

2つ目は、株式会社シーアイシーです。CICと略されます。

CICに加盟しているのは、信販会社や銀行系消費者金融機関、消費者金融です。幅広い金融機関が加盟しているとう特徴があります。

3つ目は、全国銀行個人信用情報センターで、略称はKSCです。

銀行や農協、信用組合、信用金庫などが加盟しています。また、銀行系のクレジットカード会社や信用保証協会なども加盟対象です。

信用情報機関で管理している個人の信用情報には、融資申込の時期や申込先、申込後の融資可否、返済状況、そして事故情報などが含まれます。

事故情報とは、滞納や債務整理などの発生により個人の返済能力に問題が生じた場合に記録される情報です。主な事故情報としては、4つあげられます。

1つ目は、延滞です。

一定期間以上にわたって返済が滞っていると、延滞として事故情報登録がおこなわれます。

2つ目は、債務整理です。

任意整理や個人再生、自己破産などのケースには債務整理として記録されます。

3つ目は、代位弁済です。

借主が返済を継続できなくなり、保証会社から返済がおこなわれることを代位弁済といいます。

4つ目は、ローン会社などからの強制解約の実施です。

事故情報が登録されると、ローン審査に通りにくくなるといった影響があります。

ニコスへの過払い金請求を自分でやるデメリットとメリット

ニコスに過払い金請求をおこなうにあたっては、すべての手続きを自らおこなう方法と司法書士や弁護士などの専門家にご依頼いただく方法の2つがあります。どちらの方法でも、過払い金を取り戻せる可能性はありますが、2つの方法にはそれぞれメリットとデメリットがあります。メリットとデメリットを踏まえて、自分に適した方法を選択することが大切です。まず、自ら手続きをおこなう場合のメリットとデメリットについて解説します。

ニコスへの過払い金請求を自分でやるメリット

自分で手続きをおこなう方法のメリットは、費用が少なくて済むことです。司法書士などの専門家にご依頼いただく場合、報酬の支払いが必要になります。

ご依頼いただく専門家によって報酬は異なりますが、いずれの場合でも無料というわけにはいかないでしょう。

初回相談は無料というケースもありますが、請求行為をご依頼いただく場合には、報酬が発生することは避けられません。返還された過払い金は、報酬分が減額されることになります。自らすべての手続きをおこなう場合は、過払い金はすべて自分のものにできることがメリットです。

ニコスへの過払い金請求を自分でやるデメリット

自らすべての過払い金請求手続きをおこなう場合、主に4つのデメリットがあることを知っておく必要があります。

手間と時間がかかる

1つ目のデメリットは、時間がかかることです。過払い金請求に慣れていない人は、手続きの全体像を把握するだけでかなりの時間がかかってしまうでしょう。

必要な書類を揃えることも手間がかかる作業になります。さらに、ニコスとの連絡を取り合ったり交渉したりするにあたっても貴重な時間を使って対応するため、かなり時間をとられてしまうことは避けられません。

専門家にご依頼いただいた場合は、手間と時間を省けますが、自ら手続きをおこなう場合は手間と時間がかかることが大きなデメリットとなるでしょう。仕事や家事で忙しいという場合は、自ら手続きをおこなう方法を選択することは難しいといえます。

戻ってくる過払い金が少なくなる

2つ目のデメリットは、返還される過払い金が少額になる可能性があることです。

専門家にご依頼いただければ、プロの交渉術によって返還される過払い金を最大化できます。法律に基づく計算上の満額を勝ち取れる可能性も高くなるでしょう。

しかし、自分ですべて対応する場合は、法律上の過払い金計算を間違いなく行い、交渉を有利に進めることは難しいのが現実です。

過払い金交渉に慣れていない個人が、百戦錬磨のニコスの担当者などとわたりあって満額の過払い金を勝ち取るのは、かなりハードルが高いといえます。

同居している家族にバレる可能性

3つ目のデメリットは、ニコスに対して借入金があったことや過払い金請求をおこなっている事実を家族などに知られてしまう可能性があることです。

秘密にしておきたくても、手続きを開始すれば、ニコスから連絡がきたり郵送物が届いたりします。

その結果、家族が知ってしまうリスクは高くなるでしょう。専門家にご依頼いただいた場合は、連絡先や交渉場所は事務所などにすることができます。

そのため、家族などに知られるリスクを抑えることが可能です。自ら手続きをおこなう場合は、同居している家族などに知られることを覚悟しておく必要があります。

ニコスに返済中の場合、督促がストップしない

専門家にご依頼いただければ、ニコスから連絡から解放されますが、自ら手続きをおこなった場合、ニコスとは連絡を取り合うことは避けられません。ニコスに返済中で過払い金請求した場合でも、督促は止まりません。

司法書士などに過払い金請求をご依頼いただいた場合、ニコスから債務者への督促などの連絡は禁じられます。

返済中の場合、過払い金請求をおこなうことで、督促を受ける精神的な負担から解放されるでしょう。

ニコスへの過払い金請求を弁護士・司法書士に依頼するデメリットとメリット

ニコスへの過払い金請求をおこなう場合、専門家にご依頼いただければ多くのメリットが得られます。ただし、デメリットがあることも事実です。司法書士や弁護士などの専門家にご依頼いただく場合のメリット・デメリットについて解説します。

過払い金請求を弁護士・司法書士に依頼するデメリット

司法書士や弁護士などの専門家にご依頼いただくデメリットは、費用がかかることです。

ただし、この費用については、プロのノウハウを活用することによって返還を受ける過払い金を最大化できるメリットで相殺できると考えることもできます。

注意すべき点は、悪徳業者に引っ掛からないことです。しっかりと専門家を選択しないと、悪徳弁護士・司法書士に頼んでしまう可能性もあります。そうなると、法外な報酬を請求されて、せっかく返還された過払い金がほとんど自分のものにならないという結果になりかねません。

専門家を選ぶ場合は、過払い金請求の実績が豊富で、適切な報酬を提示する人を選ぶようにしましょう。

過払い金請求を弁護士・司法書士に依頼するメリット

専門家にご依頼いただく場合の主なメリットは、4つあります。

ニコスへの過払い金請求のための面倒な手続きを全てプロが代わりにやってくれる

1つ目は、手間をかけずに過払い金請求の手続きを進められることです。

自らすべての手続きをおこなう場合は、面倒な手続きを自分の時間を使って対応するしかありません。

専門家にご依頼いただければ、そういった手間のかかる手続きを代わりに行います。

忙しくて過払い金請求の手続きができない人などは、専門家にご依頼いただければ無理なく手続きを進めることが可能です。

自分でニコスに過払い金請求するよりも金額が多く戻ってくる可能性が高い

2つ目のメリットは、返還される過払い金を最大化できる可能性が高いことです。

専門家をご活用いただければ、ニコスとの交渉を有利に進めることができます。ニコスに過払い金請求をおこなうと、すぐに裁判になることは少なく、多くの場合、示談の条件提示がニコスからおこなわれます。示談交渉を有利に進めるためには、プロのノウハウが欠かせません。

専門家にご依頼いただくことによって、プロの交渉術で過払い金をできるだけ多く返還できる可能性を高められることは大きなメリットです。

同居している家族などに一切知られることなく、過払い金請求できる

3つ目のメリットは、家族などに一切知られることなく、過払い金請求手続きを進められることです。

過払い金請求をおこなっていることが家族に知られることを避けたいと考えている人もいるでしょう。自ら手続きをおこなう場合は、家族に知られてしまう可能性を否定できません。

専門家にご依頼いただければ、ニコスとのやりとりをすべて専門家の事務所などを通じておこなうことになります。

ニコスに返済中の場合、督促がストップする

ニコスへの返済中の場合、司法書士にご依頼いただくとニコスからの督促が一旦とまります。

督促を受ける精神的な負担は大きいものです。しかし、専門家にご依頼いただければ、そういった連絡をシャットアウトできます。

過払い金請求をおこなった時点で、ニコスから債務者への連絡は禁じられることになっているため、ご依頼いただいた直後から、ニコスからの連絡を受けなくなることもメリットです。

過払い金請求の裁判、デメリットはあるか

裁判をすれば過払い金は利息付きで取り戻せる可能性もある

過払い金請求をおこなう場合は、できるだけ多くの過払い金の返還を受けたいと考えるでしょう。

過払い金請求は、示談で済ませることもめずらしくありません。しかし、示談の条件に納得できない場合は、裁判をするという選択肢もあります。

裁判で争うことに負担を感じる人も多いでしょう。実際には、裁判をおこなうデメリットはそれほど大きくはありません。

裁判をしたほうが時間はかかりますが、法律に沿って計算した過払い金全額の返還を実現できる可能性が高くなることがメリットです。

手間がかかるデメリットについては、専門家にご依頼いただくことによって解決できます。

示談条件に納得できない場合は、専門家を上手くご活用いただいて裁判をおこなうという選択肢があることも認識しておきましょう。

page top