ローンがあっても過払い金請求できる!ローンに影響しない過払い金請求の方法。

過払い金のご相談でよく質問されるのが、ローンについてです。

「過払い金請求は、今組んでいるローンに影響がないですか?」

「過払い金請求しても新たにローンを組めますか?」

不安が大きいと、請求の手続きをするのを敬遠してしまう場合もあると思います。

過払い金請求の手続きは、基本的にローンの利用へ影響を与えません。

また、ローンを返済している最中に過払い金請求の手続きをおこなうケースでも、住宅ローンや自動車ローンを利用できます。

これからローンを組む予定のある人や、現在ローンを返済している人でも安心して手続きを開始できるでしょう。

ただし、過払い金請求の手続きの方法によってはブラッククリストにのってしまう可能性がありますので、そうならにために、いくつかの注意点があります。

この記事では、過払い金請求してもローンに影響を与えないために注意すべきポイントを、借金を完済した場合、返済中の場合など皆様の借入状況ごとにわかりやすく紹介していきます。

ローンに影響を与えずに、過払い金を取り戻しましょう。

過払い金請求をしても住宅ローンや自動車ローンは組める

過払い金請求をしても住宅ローンや自動車ローンは組めるのでしょうか?

はい、過払い金請求をしても、問題なく住宅ローンや自動車ローンを組むことができます。

ローンの審査に影響が出る主な原因として、ブラックリストにのることが考えられますが、過払い金請求自体がブラックリストにのることはありませんので、ご安心ください。

しかし、「過払い金請求をするとブラックリストにのる」と聞いたことがある方もいるかもしれません。

確かに、2010年4月以前は信用情報に「契約見直し」という情報が登録される仕組みなっていて、完済していない状態で過払い金請求をするとブラックリストにのっていました。

このことで過払い金請求をするとブラックリストにのると間違った認識をされている方がいますが、2010年4月以降にこの仕組みは廃止されたので、もはやブラックリストのることもありません。

ブラックリストに関して不安に思われる方もいると思いますので、ブラックリストについても触れておきます。

ブラックリストにのるということは、信用情報機関に事故情報がのることを表しています。

信用情報機関

信用情報機関とは、あなたが貸金業者から貸し付けを受けたり、クレジットやローンなどを契約する時に、あなたに貸付け等をおこなって良いかどうかを判断するために登録されている信用情報を確認するための機関のこと。

金融業者やローン会社、クレジットカード会社が信用情報機関に加盟している。

新しくローンを組む際は、ローン会社に審査のときに皆様の信用情報が照会されて、皆様の借り入れや返済状況に問題がないかどうか確認される。

返済が滞ったり破産などの債務整理をすると事故情報として信用情報機関に登録されてしまいます。

事故情報がのっていると、ローンの審査に落ちる可能性が高いので、ローンの利用を予定している場合は事故情報がのらないように気をつけるのが大切です。

過払い金請求自体が、ブラックリストにのることはありませんので、過払い金請求がローンに影響を与えることはないといえます。

過払い金請求で手元にに戻ってきた過払い金を使うことで、ローンを計画的に利用することも可能でしょう。

ローンの主な種類には、住宅ローンや自動車ローンが挙げられます。

住宅や車は高額であるため、多くの人が利用するローンです。

また、利用目的に応じて、ショッピングローン・教育ローンなどほかにも多くの種類があります。

それらのローンを利用する場合でも、過払い金請求はローンの審査に影響を与えません。

請求手続きによってローンを利用できなくなることはないので、安心して手続きをおこないましょう。

ローン関してブラックリストは、非常に重要な問題ですので、こちらの記事も確認するようにしましょう
ここだけの過払い金請求でブラックリストにのらないコツ

完済した借金を過払い金請求後、新たにローンを組む場合のポイント

すでに完済した借金の過払い金を請求したとしても、問題なく新しいローンを組めます。

過払い金は支払い終わった利息を指すため、今後の返済能力には影響しないと判断されているため、ブラックリストにはのりません。

審査への影響を心配することなく、ローンを組む手続きを進めましょう。

完済後の過払い金請求は、メリットしかありませんので、こちらの記事を読んで過払い金を取り戻しましょう。
完済した借金の過払い金請求をしないことは、最大のデメリット

完済した借金を過払い金請求の注意点

完済した借金を過払い金請求の注意すべきことはありますか?

過払い金請求をするとき、完済してからどのくらいの期間が経っているのかがポイントになります。

完済した借金は、貸金業者との取引から10年が経過すると時効が成立して、請求手続きができなくなってしまいます。

司法書士や弁護士でも、時効が経過してしまった過払い金を取り戻すことはできないのです。

そのため、過払い金を取り戻したい場合は早急に手続きすべきです。

貸金業者から借金の借入と完済を繰り返している場合は、複数回の借入と完済の取引を一連のものとみるか、分断されたものとしてみるのかによって時効の開始日が変わります。

それによって、時効の機関が変わるので、非常に判断が難しいのです。

みどり法務事務所に相談いただければ、時効をお調べできますので、1度お気軽にご連絡下さい。

過払い金請求で、時効を迎えていないかが最も大事ですので、こちらの記事も合わせてお読みください。
過払い金の時効を止められる!?時効について知られてない本当の話

返済中の借金を過払い金請求後、新たにローンを組む場合のポイント

現在返済している借金について過払い金請求をしながら、新たにローンを組むこともできます。

戻ってきた過払い金で借金を完済できるのが条件です。

ただし、過払い金で完済できる状態であったとしても、貸金業者によっては企業内の社内ブラックリストにのせられてしまう恐れがあります。

社内ブラックリストにのってしまうと、ローンの審査に影響が出ないとも限らないのです。

社内ブラック

信用情報機関に事故情報が登録されるブラックリストの他に「社内ブラック」と呼ばれるものがある。

信用情報機関には事故情報として登録されないものの、貸金業者社内の顧客情報に信用がないものとして情報が登録されてしまう場合のこと。

過払い金請求をすると、請求を受けた貸金業者社内の顧客情報には過払い金請求の情報が残る。

社内の顧客情報に過払い金請求の情報が登録されてしまうと、その貸金業者からは新たな借り入れができにくくなり、クレジットカードの審査も通過しにくくなります。

信用情報機関に登録されるのと異なり、他の貸金業者にこの情報が知られることはないので、他の貸金業者からは借入をすることができ、クレジットカードの作成もできますので、基本的には何の問題もないと言えるでしょう。

社内ブラックになってしまうとブラックリストにのるのとは異なり、半永久的に残ってしまう可能性があります。

そのため、社内ブラックのトラブルを避けるためには、請求手続きをするタイミングをずらし、ローン審査と過払い金請求は同時におこなわないようにしましょう。

社内ブラックについても知っておく必要がありますので、こちらの記事も確認するようにしましょう
ブラックリストとは別に存在する「社内ブラック」

過払い金請求がローンに与えない注意点

過払い金請求をした後に借金が残る場合

発生した過払い金で借金が完済できないと、過払い金請求が借金を減額する任意整理扱いになってしまいます。

任意整理をおこなうとブラックリストにのってしまうため、ローンの審査が通りにくくなってしまうので注意が必要です。

ブラックリストにのると、約5年間は信用情報機関に事故情報がのってしまうので、その間貸金業者の借り入れの審査やクレジットカード、住宅ローンや自転車ローンの審査が通りにくくなります。

このようにブラックリストにのるとデメリットが大きいのです。

そのため、過払い金で借金を完済できるか確認してから過払い金請求する必要があります。

クレジットカードのショッピング枠に残高がある場合

注意が必要なのは、クレジットカードの過払い金請求をおこなう時です。

クレジットカードの利用枠は「ショッピング」と「キャッシング」の2種類あります。

このうち過払い金請求できるのは、キャッシング枠のみです。

キャッシングは直接現金を借りることなので借金扱いとなり、過払い金を請求できます。

ショッピング枠を買い物や食事の会計時に利用した場合、カード会社に借金をしたのではなく、代金を立て替えてもらったという扱いになります。

ショッピング枠を利用していて支払いが残っている場合に過払い金請求すると、過払い金がショッピング枠の借金を相殺されます。

過払い金の金額がショッピング枠の残高より少ないと完済できずに、ブラックリストにのってしまいます。

過払い金請求をするときは、ショッピング枠の残高をゼロにするか、あらかじめ過払い金の引き直し計算をおこなって、過払い金でショッピング枠の残高を完済できるようにしておきましょう。

過払い金請求した貸金業者が銀行ローンの保証会社になっている場合

貸金業者によっては、銀行ローンの保証会社となっている場合があります。

ローンの返済に延滞・滞納があったり、過払い金請求とローンの返済を同時におこなう場合、過払い金請求がスムーズにできない恐れがあります。

この場合、貸金業者は過払い金の返還義務を負っており、銀行ローンの事前求償権を持っています。

銀行ローンの延滞・遅延があった場合、貸金業者が、事前求償権を主張し、過払い金の返還義務との相殺を主張してくる可能性があります。

本来あってはならないのですが、過払い金の請求によって、銀行債務が一方的に決済されてしまうのです。

過払い金を請求する金融会社が、現在利用中の銀行ローンの保証会社になっていないかの事前確認が重要です。

過払い金請求したグループ会社からの借入がある場合

過払い金の請求先である貸金業者のグループ会社から借入がある場合でも、融資情報は重大な個人情報なので、グループ会社であっても別法人であれば延滞などが生じない限り第三者へ提供されないことが多いです。

ただし、銀行のカードローンを延滞している場合は保証会社へ代位弁済され、発生している過払い金でカードローンの残金を相殺されることになります。

その時に発生している過払い金が借金の残額よりも少ない場合は、任意整理になるので注意しなければなりません。

また、カード発行時は別会社であったが知らないうちに合併していた場合や同一会社の別ブランドのカードを複数枚利用している場合も、同一会社のカードとなりますので利用ができなくなって借金の残金が過払い金と相殺されます。

近年多くの貸金業者が合併をしていますので貸金業者の情報を調べなけれななりません。

過払い金請求をした場合、グループ会社の借入に影響があるか詳しく知りたい方は、専門家である司法書士や弁護士に相談すると良いでしょう。

自動車ローンは会社によっては注意が必要

アプラスなどの貸金業者で自動車ローンを組んでいる方は、注意してください。

それは、貸金業者のカードローンは完済しているが、自動車ローンを返済中の場合です。

この場合、過払い金が発生した場合、自動車ローンの残金と相殺になります。

もし貸金業者で自動車ローンを組んでいる場合、きちんと完済されてから、過払い金請求おこなうことをおすすめします。

任意整理になるとブラックリストにのるためローンの審査が通らない

任意整理は、借金を整理する債務整理のなかでも特に利用されやすい方法です。

発生した過払い金で借金をゼロにできないと、貸金業者と交渉して借金を減額する任意整理の手続きがおこなわれます。

しかし、任意整理をおこなうと事故情報がブラックリストにのってしまい、ローンの審査が通りにくくなってしまうので注意しましょう。

ブラックリストにのってしまったら

借金を完済できず、ブラックリストにのってしまった場合はどうなるのでしょうか。

ブラックリストにのるのは、返済をたびたび延滞・滞納したときや債務整理をおこなったときです。

それらの情報は国が指定する信用情報機関に登録され保管されます。

信用情報は、登録されている本人と加盟している貸金業者が情報の閲覧が可能です。

ブラックリストに事故情報が登録されていると新しくローンを組めなくなるだけでなく、クレジットカードも利用できなくなります。

ブラックリストにのる3つのデメリット

  1. 他の貸金業者の借り入れの審査が通らなくなる
  2. 新たなクレジットカードの審査が通らなくなる
  3. 住宅ローンや自動車ローンの審査が通らなくなる

「ここだけの過払い金請求でブラックリストにのらないコツ」記事の1章「ブラックリストにのるとは」引用

過払い金請求がブラックリストに関係するのは完済できない借金が残るときです。

ブラックリストに登録されるかされないかは過払い金の引き直し計算をしてみないとわかりません。

引き直し計算することで過払い金の額を導き出して、借金と相殺することで、過払い金で借金を完済できるかがわかります。

過払い金の調査や計算をしただけでブラックリストにのることはないですが、過払い金の引き直し計算を間違えてしまうとブラックリストにのってしまうので注意が必要です。

引き直し計算はご自分でおこなうことも出来ますが、正確に出来るか不安な方は、一度専門家にご相談ください。

引き直し計算は間違えてしまうと、過払い金請求出来なくなる可能性もありますので、引き直し計算についての記事も読んでおきましょう。
このままだと過払い金で損する!?知っておくべき引き直し計算について

新たなローンを組む先は過払い金請求した会社の関連会社を避ける

新しくローンを組むときは、過払い金請求した貸金業者の関連会社・グループ会社は避けましょう。

完済・返済中にかかわらず、お金を借りたりローンを組んだりできなくなる可能性があるからです。

貸金業者は信用情報機関とは別に、企業内で顧客についての情報を管理しています。

国が保管するブラックリストに登録されなくても、過去に過払い金請求をした事実が企業内の情報として残ってしまうのです。

この状態も「社内ブラック」の状態です。

その情報は、関連会社にも共有されるので、ローンの審査が通りにくくなる影響が出ます。

ローンを組む際は、貸金業者・金融機関同士につながりがあるのかよく調べることが重要です。

自分がかかわった貸金業者・金融機関がどんな関係なのか調べて確認しておきましょう。

金融機関の関連状況を確認

貸金業者と金融機関の関係を知れば、避けるべき申込先がわかってきます。

三菱UFJ銀行が関係ある会社
・アコム
・三菱UFJニコス
三井住友銀行が関係ある会社
・プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)
・ポケットバンク(三洋信販)
・ポケットカード
・セディナ(セントラルファイナンス)
みずほ銀行が関係ある会社
・オリエントコーポレーション(オリコ)
新生銀行が関係ある会社
・新生フィナンシャル
・レイク
・ノーローン(シンキ)
・アプラス
ソニー銀行が関係ある会社
・アコム
りそな銀行が関係ある会社
・オリックス・クレジット

また、実店舗を設けていないネット銀行も貸金業者と関連しているため気をつける必要があります。

イオン銀行が関係があるのは、イオンクレジットサービスとオリックス・クレジット。

セブン銀行とスルガ銀行は、アコムとそれぞれ情報を共有しています。

楽天銀行が関係しているのは、楽天カード・セディナです。

住信SBIネット銀行は、プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)と関連。

このほかにも、多くの金融機関と貸金業者が関連して情報を共有しています。

詳しく知りたい場合は、弁護士や司法書士などの専門家に問い合わせるとよいでしょう。

住宅ローンを組む審査の重要ポイント

過払い金請求をしているときに、住宅ローンを組む必要が出てくる場合もあるでしょう。

住宅ローンの審査で重要視されるポイントを知っておけば、不安をかかえることなくローンを申し込めます。

審査の際に重要視されるポイントは、年齢・年収・勤務状況・債務状況です。

健康状態も審査の際にチェックされます。

住宅ローンを申し込むときの年齢と完済時の年齢は、順調に返済を続けられるかという判断材料です。

申し込むときの年齢が高いと、審査が通りにくくなる可能性も高くなります。

年収は、返済負担率に直接関係する要素。

収入に見合わない金額のローンを希望したり負担が大きかったりすると、融資を受けられないケースもあります。

住宅ローンを利用する場合、自分の年収をベースに考えて借入額を決めていきましょう。

勤続年数や雇用形態は、毎月順調に返済が続けられるかという判断材料になります。

ローンを利用するときは、安定した収入があるかという点がもっとも重要な要素です。

頻繁に職を変えて収入が安定していないと、審査に通らなくなる場合があります。

また、ローンを申し込んだときに借金があると、返済の負担が大きくなってしまうため審査で不利になる要素となります。

延滞・滞納の記録があれば、さらに審査を通過する可能性も低くなってしまうでしょう。

順調に返済を続けていくには、健康であることが非常に大切です。

そのため、審査の際は健康状態もしっかりとチェックされます。

過払い金請求をしても今組んでいるローンには影響はない

過払い金請求をしたときにローンを組んでいたとしても、ローンの一括返済を求められることはありません。

過払い金請求は、基本的にローンの返済とは別におこなわれるためです。

したがって、現在の契約条件を不当に見直されることもありません。

カードローンを利用しているケースで、過払い金が返済にあてられる場合もあるので気をつけましょう。

ローンを組むことを考えての過払い金請求は司法書士みどり法務事務所に相談してください

基本的には、過払い金請求をしても新たに組む住宅ローンや自動車ローンの審査には影響ありません。

しかし、請求先の貸金業者が新たなにローンを組むことを考えている会社と関連会社であった場合は注意が必要です。

近年、貸金業者は業績不振を理由に合併するところが多くなっています。

関連会社かどうかの確認もふくめて、過払い金請求は司法書士みどり法務事務所へご相談ください。

司法書士みどり法務事務所は貸金業者の事情にも詳しく、過払い金請求・債務整理の実績とノウハウが豊富です。

ご相談はフリーダイヤルやメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

page top