借金返済中の過払い金請求でもブラックリストにのらずにできる手続き

過払い金請求は、借金を返済中でまだ完済していない場合であってもおこなうことができます。

利息制限法に違反した金利で借金返済を続けていると完済前であっても過払い金は発生するからです。

ただし、借金返済中の過払い金請求はブラックリストにのってしまうリスクがあるので注意しなければなりません。

そこで、借金返済中に過払い金請求をする場合の注意点やブラックリストにのらないようにする方法などについて説明していきます。

借金返済中でも過払い金請求はできる

借金を返済中に過払い金請求するメリット

借金返済中に過払い金請求をすることにはいくつかメリットがあります。

返済中の過払い金請求の場合は発生している過払い金は借金に充当されますので、発生している過払い金の金額が借金の残額よりも多い場合には借金を完済することができます。

借金返済の負担に苦しんでいる状態であれば、過払い金請求によって借金生活を終わらせることができるのです。

また、過払い金が返済中の借金の残額に満たない場合でも、発生した過払い金は借金の残額に充当されるので借金の減額が可能です。

この場合は借金の返済を続けなければなりませんが、借金残額が減少すれば返済負担も減るため、経済的にも心理的にも大きなメリットとなるでしょう。

借金を返済中に過払い金請求するデメリット

借金返済中に過払い金請求をすることは、いくつかデメリットもあります。

まず、過払い金の請求先である貸金業者からは新たな借入ができなくなります。

また、その貸金業者のカード発行も審査が通りづらくなってしまいます。

それ以上に大きなデメリットは、ブラックリストにのってしまうリスクがあるということです。

貸金業者は、信用情報機関が管理している顧客の信用情報(本人の属性、クレジットカードやキャッシングの契約状況、借入・返済などの取引状況など)を利用しています。

借金の延滞を繰り返したりすると、いわゆる「事故情報」がこの信用情報に登録され、信用情報機関に加盟している貸金業者に情報が共有されてしまうのです。

そうなると、どの貸金業者も新たな貸出をしてくれなくなり、この状態を「ブラックリストにのる」といいます。

返還される過払い金によっても借金がゼロにならない場合は、債務整理の一種である「任意整理」として情報が登録されます。

過払い金請求ではなく、借金の減額交渉である任意整理をしたことになるのです。

任意整理は事故情報の一種として取り扱われるため、ブラックリストにのってしまう結果となります。

ただし、借金の返済に苦しんでいる場合には、借金を減額して返済の負担を減らすことを選択した方が良いケースもあります。

ブラックリストにのることが絶対的に悪いものだと考えるのではなく、現在の借金の状況と今後の生活再建のことを優先して考えましょう。

過払い金請求をして借金を減額するのも選択肢のひとつだといえます。

過払い金が発生する条件

ここで、過払い金が発生する条件をおさらいしておきましょう。

過払い金は、利息制限法の上限を超えた高金利で返済をしたことにより支払い過ぎてしまった利息。

本来支払う必要のなかった利息分を取り戻すのが、過払い金請求です。

過払い金が発生する条件としては、利息制限法に違反した高金利での返済をしたかどうかが目安となります。

2006年に上限利率を超えた金利は契約上無効で、払い過ぎた金利が返還請求できるという最高裁判所の判決が出ました。

2006年に最高裁判決が確定したことで、大手の貸金業者は自主的に、上限利率を利息制限法の範囲内に変更していきました。

それを追うようにして、その他の貸金業者も2007年ごろから徐々に適法な金利へシフトしていったのです。

したがって、2007年以前に借入をしていた人は、過払い金が発生している可能性が高いといえるでしょう。

ただし、利息制限法に合わせて金利の見直しをした時期は貸金業者によって異なります。

過払い金が発生しているかどうかは、貸金業者ごとに確認しなければなりません。

貸金業者との取引の内容がよくわからない場合など、自分では過払い金が発生しているのかどうか把握できないこともよくあります。

司法書士や弁護士などの専門家に相談して確認してもらいましょう。

返済中の過払い金請求でブラックリストにのらないために

借金返済中の過払い金請求にはブラックリストにのってしまうリスクがあります。

借金返済中の過払い金請求でブラックリストにのってしまうのは、発生している過払い金額が借金の残額よりも少なく、発生している過払い金を借金に充当しても債務が残る場合です。

一方、発生している過払い金の金額が借金の残額よりも多くて借金がゼロになる場合はブラックリストにのることはありません。

したがって、過払い金によって借金がゼロになる金額まで借金の残額を減らしておけば、ブラックリストにのることは回避できます。

そのためには、返還される過払い金を正確に計算しておく必要があります。

貸金業者との取引履歴を確認し、過払い金を算出する引き直し計算をおこなって金額を把握しましょう。

過払い金の調査をするだけであれば、ブラックリストにのることはありません。

過払い金が発生している可能性がある場合は、すぐにでも引き直し計算をしてみることをおすすめします。

クレジットカードの過払い金請求をする場合

クレジットカードで過払い金が発生するのは、キャッシング枠を利用した場合のみ。

過払い金は利息制限法の違反によって生じるものなので、ショッピング枠は利息制限法の適用を受けてないので過払い金は発生しません。

ただし、過払い金請求をする場合には、ショッピング枠での利用についてもきちんと把握しておく必要があります。

なぜなら、返還される過払い金はショッピング枠の支払い残高とも相殺されるからです。

したがって、キャッシング枠の残高が過払い金によってゼロになったとしても、ショッピング枠の残高をゼロにできなければ任意整理扱いになってしまいます。

クレジットカードに関する過払い金請求は、キャッシング枠だけでなくショッピング枠についても把握しておかないと、ブラックリストにのるリスクがあるのです。

クレジットカードの利用がキャッシング枠に該当するのか、ショッピング枠に該当するのかわからない場合は、専門家に相談するようにしましょう。

過払い金請求の注意点

カードローンの保証会社となっている貸金業者への請求

貸金業者がカードローンの保証会社になっている場合、その貸金業者への過払い金請求は注意しておこなわなければなりません。

カードローンの支払いができなくなると、保証会社となっている貸金業者は借主の代わりにカードローン会社に債務の支払いをおこないます。

これを代位弁済といいますが、代位弁済をした分は結局保証会社である貸金業者から借主に請求されます。

したがって、保証会社である貸金業者に対して過払い金請求をしても、返還される過払い金と代位弁済分の請求金額が相殺されることになります。

この相殺によって保証会社である貸金業者への借金がゼロにならない場合は、残額を返済し続けなければなりません。

貸金業者が他のカードローンの保証会社になっている場合はよくあることです。

専門家に過払い金請求を依頼する場合は、過払い金請求する貸金業者だけでなく、借金がある会社すべてについて伝えておく必要があります。

借金返済中のゼロ和解

借金返済中に取引履歴を取り寄せようとすると、貸金業者から「ゼロ和解」を提案されることがあります。

ゼロ和解とは、「借金をゼロにするので過払い金請求はやめないか」といった和解の提案です。

貸金業者は、過払い金請求にあたって少しでも自社の負担を減らすように動きます。

貸金業者がゼロ和解を提案してくるということは、借金をゼロにする以上に過払い金が発生している可能性が高いということです。

過払い金請求に慣れていない方だと借金をゼロにできるならと考えがちですが、安易に応じてしまうとほとんどの場合大きな損をしてしまいます。

したがって、ゼロ和解に安易に応じてはいけません。

取引履歴を取り寄せて引き直し計算をおこない、過払い金の金額を正確に把握することが大切です。

多額の過払い金が発生している場合は、きちんと過払い金請求をして取り戻しましょう。

過払い金は遅くなると取り戻せない可能性が高くなる

過払い金の可能性がある人は、少しでも早く過払い金請求をすることが大切です。

過払い金請求には時効があるからです。

借金を完済してから10年間過払い金請求をおこなわないでいると、過払い金請求権は時効消滅してしまうのです。

権利が時効で消滅してしまうと、司法書士や弁護士などの専門家の力を借りても請求は一切できなくなります。

したがって、時効成立前に過払い金請求をしなければなりません。

貸金業者が倒産したら、過払い金を取り戻すことはできなくなります。

貸金業者の中には多くの過払い金請求の影響で財務状況が悪化し、倒産してしまう業者も少なくありません。

他の貸金業者と合併するなどしている場合は、合併後の業者に請求できますが、なかには完全に廃業してしまう会社もあります。

過払い金請求をしようかどうか迷っているうちに、過払い金請求権が時効消滅してしまう可能性や、貸金業者が倒産してしまうリスクには十分注意しなければなりません。

過払い金が発生している可能性のある人は、一刻も早く過払い金請求の手続きに取りかかりましょう。

返済中の借金の過払い金請求はみどり法務事務所へ

返済中の過払い金請求により、借金がなくなるまたは少なくなる可能性があります。

長期的に返済を続けている場合は、過払い金が発生している可能性が高いといえます。

それでも、過払い金請求をしようか迷っているという場合は、一度ご相談ください。

過払い金が発生しているのかをお調べいたします。

その他、ご自身の場合における、過払い金請求をした場合のデメリットなどもわかりやすく説明いたします。

不安な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

みどり法務事務所へのご相談は、何度でも無料です。

また、過払い金請求の費用についても完全成功報酬型のため、ご安心ください。

借金問題でお悩みの方は、司法書士法人みどり法務事務所へ。

相談者さまに最善の方法で借金問題を解決いたします。

page top