知っておきたい借金を返済中の過払い金請求でデメリットを回避する方法

借金を返済中でも、過払い金が発生していることがあります。

返済中に過払い金請求をおこなうと借金を減額できたり完済できる可能性もあるので、借金を返済中の方は1度過払い金があるかどうか調べてみるべきです。

「そうはいっても、返済中に過払い金請求してデメリットはないの?」

と相談者様から質問されることがよくあります。

結論からいうと、借金を返済中の過払い金請求にデメリットはありません。返済中の過払い金請求には落とし穴がありますが、注意すべき落とし穴に気をつけさえすれば、大きなメリットだけを得ることができます。

まずは過払い金があるのかどうか、あるとしたらいくらあるのかを知ることが最優先です。

過払い金を調べるだけならデメリットはひとつもありません。みどり法務事務所なら過払い金の調査が無料でできるので、お気軽にご連絡ください。

1) 返済中の過払い金請求の3つのパターンとそれぞれのデメリット・メリット

返済中に過払い金請求をする場合、発生している過払い金を残りの借金の返済にあてることができますが、過払い金の額によって借金を完済できる場合とできない場合でそれぞれデメリット・メリットが異なります。

返済中で過払い金がある方は、以下の3つのケースに分かれます。

  1. 過払い金で借金がなくなり、完済できる場合
  2. 過払い金で借金が減額になる場合
  3. 完済した借金と返済中の借金、両方ある場合

①過払い金で借金を完済できる場合のデメリット

発生している過払い金で借金を完済できる場合のデメリットはありません。

しいてあげるなら、過払い金請求した貸金業者やクレジットカード会社を利用することがむずかしくなることくらいです。

貸金業者やクレジットカード会社によって対応は異なるので、利用できる場合もありますし、過払い金請求した貸金業者やクレジットカード会社以外の貸金業者であれば利用可能なので、それほど問題にはなりません。

司法書士や弁護士が依頼を受け、貸金業者に通知を送った時点で一度ブラックリストに載る(信用情報にマイナス情報が載る)ことがありますが、過払い金で借金をゼロにできれば登録は削除されます。

①過払い金で借金を完済できる場合のメリット

メリットは、過払い金で借金を完済できたうえ、お金が手元に戻ってくることです。

過払い金の金額は、返済していた期間が長いほど、また借り入れの額が大きいほど高額になる可能性があります。

②過払い金で借金を減額できる場合のデメリット

発生している過払い金で借金が減額できる場合では、ブラックリストに載ります。

ブラックリストに載ると一定期間、新たな借り入れやクレジットカードの利用ができなくなって一時的に現金払いの生活になりますが、借金を繰り返してしまう悪循環を変えられます。収入と収支のバランスを見直して、生活を再建するチャンスです。

また、借金を滞納したことがある場合はすでにブラックリストに載っている可能性が高く、完済してから5年程度は載り続けるので、ブラックリストに載ることを気にして過払い金請求をためらう意味はありません。

すぐにでも過払い金請求して借金を減らして、完済をはやめるべきです。

ブラックリストはこわくない6つの理由

②過払い金で借金を減額できる場合のメリット

借金を減額できる

完済できなかったとしても、過払い金が発生していれば借金そのものを減らせます。

毎月の返済が苦しくて生活費を削っている方、家賃や携帯電話代などを滞納している方、ほかの貸金業者から借りては返しを繰り返している方、終わりが見えなくて常に頭のなかに借金が重くのしかかっていた方も、毎月の返済がラクになって、完済までのめどがたてられます。

一時的に返済がストップして督促もこない

手続き中は一時的に返済がストップするので督促もなくなります。これまで毎月の督促状に頭を悩ませていた方も精神的にラクになります。

これから支払う利息をカットして返済期間をのばして毎月の返済額を減らせる

司法書士や弁護士に依頼すれば、貸金業者に今後支払う利息や遅延損害金をカットしたり、返済期間の延長を交渉できるので、毎月の返済額を減らすことができます。

手続きはすべて司法書士や弁護士がおこなうので、消費者金融やクレジットカード会社から直接連絡がくることはありません。

毎月の返済額を減らせる任意整理についてもっと読む

③完済した借金と返済中の借金、両方ある場合のデメリット

過払い金請求は貸金業者ごとに交渉するので、手続きをおこなう貸金業者を選べます。

複数の貸金業者から借り入れしていて、完済した借金と返済中の借金の両方ある場合、完済した貸金業者だけを過払い金請求をすればブラックリストに載ることはないので、デメリットはありません。

③完済した借金と返済中の借金、両方ある場合のメリット

まずは完済した貸金業者の過払い金請求をおこなえば、戻ってきた過払い金でほかに返済中の借金を減額できたり完済できるメリットがあります。

さらに、返済中だった借金を完済したあとに過払い金があれば、ブラックリストに載ることなく過払い金請求することができます。

2) まずは過払い金の調査をしてみることが重要

借金を返済中の方は、まずは過払い金があるかどうか、過払い金があるならいくら発生しているか調べることが先決です。

貸金業者から取引履歴(利用明細)を取り寄せて、引き直し計算をすることで過払い金がいくら発生しているか正確な金額がわかるので、今ある借金が完済できるかどうか、またはいくら減らせるかを前もって知ることができます。

過払い金の引き直し計算についてもっとくわしく

3) ブラックリストはこわくない6つの理由

「ブラックリスト」または「ブラックリストに載る」とは、信用情報にマイナスの情報が記載されてクレジットカードやローンの審査に通りにくい状態のことを指す俗称です。

信用情報とは、本人を識別するための基本情報のほか、クレジットカードやローンの申し込み内容や契約内容、支払い状況、残高など客観的な取引の事実を登録した個人情報です。

信用情報は、貸金業者が顧客の「信用」を判断するための参考資料として利用されます。

ブラックリストについてもっと詳しく知りたい方は

返済中に過払い金請求した場合、発生した過払い金で借金を完済できない場合はブラックリストに載りますが、必要以上に怖がる必要はありません。

ブラックリストに載ることでおこる一番の不便はクレジットカードが使えなくなることですが、代用のサービスを利用するなどしてうまく乗り切っていらっしゃる方がほとんどです。

【1】クレジットカードはデビットカードで代用できる

現金ではなくカードで支払いたい場合、デビットカードなら利用できます。

デビットカードは利用したその場で口座から引き落とされるので実質的には現金払いと同じですが、クレジットカードと同じように現金を持ち歩く必要がありません。

【2】クレジットカードは家族カードなら利用可能

どうしてもクレジットカードが必要な場面では、ご家族名義のクレジットカードである「家族カード」を発行してもらうという手段もあります。

家族カードの場合はクレジットカードの審査対象が親カードを所有している人のみのため、ご自身がブラックリストにのっていても家族カードを作ることができます。

【3】ETCカードはETCパーソナルカードで代用できる

ブラックリストに載るとクレジットカードに紐づいたETCカードも使えなくなりますが、ETCパーソナルカードであればブラックリストにのっていても作成できて、ETCカード同様に高速道路の料金所で利用可能です。

ETCパーソナルカードは、保証金(デポジット)を預託して、その預託金の範囲内の金額で高速料金を支払う仕組みです。

【4】いま返済中の家のローンや車のローンに影響はない

ブラックリストに載っている間は新規のローン契約はむずかしくなりますが、いま返済中の住宅ローンや車のローンに影響をあたえることはありません。一括返済を迫られたり、家や車を引き上げられることはありませんのでご安心ください。

【5】ブラックリストに載っても一定期間で削除される

ブラックリストに載ったとしても完済から5年程度で登録は削除されます。

登録が削除された後であれば、住宅ローンや車のローンの審査、クレジットカードの審査に影響はありません。

【6】ブラックリストに載っても家族にバレない

通知が家に届いたりどこかに掲載されるわけではないので、自分からいわない限りブラックリストに載ったことが家族や周囲にバレることはありません。

ただし、新規のローンを組めなくなったり今まで使っていたクレジットカードが使えなくなるので、隠し通したい場合は早めにクレジットカードを解約して現金生活にしておくなど、対策を考える必要があります。

4) 返済中で過払い金請求ができる条件

  1. 2010年(平成22年)以前に貸金業者を利用
  2. 利息制限法の上限金利を超えた利息

お金を貸し付けするには法律で金利の上限が定められていますが、以前は利息制限法の上限金利が20%なのに対して、出資法は29.2%で、多くの貸金業者は出資法の上限金利である29.2%で貸し付けしていました。

2010年6月17日に貸金業法と出資法が改正されて、上限金利は出資法で定められていた29.2%から、利息制限法で定めている20%へ引き下げられました。

法律が改正される前から借り入れをしていれば、利息制限法(20%)と出資法(29.2%)の上限金利の差(グレーゾーン金利)が払い過ぎていた利息、つまり過払い金となるので、貸金業者に返還請求できます。

利息制限法で定められている上限金利は借り入れ金額によって変わります。10万円未満であれば20%、10万円以上100万円未満であれば18%、100万円以上であれば15%です。

貸金業者によって過去の金利や上限金利を引き下げた時期が異なりますが、2010年(平成22年) 6月17日の法改正以前からお金を借りていた方は過払い金が発生している可能性があります。

過払い金はアコム、アイフル、プロミス、レイクなど、消費者金融からの借り入れをした人しか関係ないと思っている方もいらっしゃいますが、クレディセゾンやエポスカード(旧マルイカード)、イオンカードなどのクレジットカードのキャッシングでも過払い金が発生している可能性があります。

過払い金が発生する条件をもっとくわしく

5) 返済中の過払い金請求で注意すべきポイント

クレジットカードの過払い金請求をする場合、ショッピングの支払いが残っていないか確認

クレジットカードの過払い金請求をする際にはショッピングの支払いが残っていないかどうかを確認してください。

ショッピングの支払いが残っていた場合、キャッシングで発生している過払い金がショッピングの返済にあてられます。発生している過払い金がショッピングの支払い残高よりも少ないとブラックリストに載ります。

たとえば、アコムでもアコムマスターカードはショッピングにも利用できるので、ショッピングの支払いが残っていないかどうかご注意ください。

貸金業者が合併している場合は注意

過払い金請求した貸金業者は基本的に解約となり、そのあと利用できなくなりますが、過払い金請求する貸金業者が合併していた場合は、合併先のカードも解約扱いとなり、借り入れができなくなる可能性があります。

たとえば、エポスカードとゼロファーストのカードを持っていた場合、エポスカードに過払い金請求をすると、エポスカードだけでなく合併しているゼロファーストも使えなくなる可能性があります。

過払い金請求をする貸金業者が保証会社となるカードローンを利用していないか確認

貸金業者が銀行カードローンの保証会社になっている場合があります。過払い金請求しようとしている貸金業者が、現在利用している銀行カードローンの保証会社だった場合、カードローンの支払いを延滞・滞納していると過払い金請求に影響がでる可能性があります。

たとえば、アコムはバンクイックの保証会社となっているので、現在もバンクイックの借り入れを延滞・滞納している場合、アコムがバンクイックへ代わりに返済してくれますが、そのあとアコムから請求されることになります。

アコムに過払い金があっても、バンクイックに延滞・滞納があった場合、戻ってくる過払い金が返済にあてられてしまいます。

司法書士や弁護士に相談する際は、過払い金請求したい貸金業者だけでなく、ほかに借り入れしている貸金業者をすべて伝えて、過払い金請求に影響がでないかどうか確認してください。

引き直し計算のために自分で取引履歴を取り寄せる時の注意点

過払い金がいくらあるか引き直し計算をするために、貸金業者から取引履歴(利用明細)を自分で取り寄せる場合、貸金業者から使用目的を聞かれても「これまでの借り入れを確認するため」とだけ答えてください。

「過払い金請求をするため」と答えてしまうと、過払い金と認識しながら返済を続けていたと貸金業者から非債弁済(※)を主張されて、過払い金請求ができなくなるおそれがあります。

※非債弁済とは、借金がないのに返済することです。民法第705条に「債務の弁済として給付をした者は、その時において債務の存在しないことを知っていたときは、その給付したものの返還を請求することができない」と明記されています。

つまり、借金が残っている状態で取引履歴を取り寄せて引き直し計算をして借金が0になると知ったのに返済を続けた場合は、支払ったものについて返還請求ができないということです。

非債弁済の主張が認められると、取り戻せる過払い金の金額が少なくなったり、過払い金をまったく取り戻せなくなるおそれもあります。

また、貸金業者から「返済中の借金を0円にするので過払い金請求をするのはやめませんか」といった「ゼロ和解」の提案をされることがあっても決して応じないでください。

実際は過払い金で残りの借金を完済できたうえ、さらに手元にお金が戻ってくる可能性が高いので損をしてしまいます。

6) 完済後の過払い金請求で注意すべきポイント

完済したあとでも過払い金請求することができます。完済した借金と返済中の借金、両方ある方は、まず完済している貸金業者から過払い金請求すればデメリットはありませんが、いつくか注意点があります。

過払い金請求の時効や倒産で過払い金が取り戻せなくなるので注意

過払い金請求には期限があります。貸金業者と最後に取引した日から10年で時効をむかえて過払い金請求できなくなってしまうのでご注意ください。

10年の時効期限をむかえていなくても、貸金業者が倒産してしまった場合、過払い金は取り戻せなくなってしまいます。また、倒産しなくても経営状況が悪化してしまうと取り戻せる過払い金は減ってしまいます。

時効や倒産によって過払い金請求できなくなってしまう前に、はやめにご相談ください。

完済したと思っていても完済扱いにならない場合があるので注意

ご自身で完済したと思い込んでいても、実は完済していない場合があります。クレジットカードのキャッシングが完済していてもショッピングの支払いが残っていた場合、完済扱いになりません。

また、貸金業者同士が合併している場合も片方に返済が残っていると完済扱いにならない可能性があるので注意してください。

完済後の過払い金請求についてもっとくわしく

7) まずはみどり法務事務所で過払い金の無料調査

借金を返済中に過払い金請求をおこなうと、借金を減らすことができたり完済できる可能性もあるので、いずれにしてもメリットの大きい手続きです。

まずは過払い金があるのかどうか、あるとしたらいくらあるのか調べてみることが大切です。過払い金の額によって完済できるかどうか、いくら借金を減らせるのかをお伝えすることができるので、過払い金の調査をしたうえで、手続きするかどうかご検討ください。

みどり法務事務所では過払い金の調査が無料です。過払い金がなかった場合や取り戻せなかった場合の費用は一切かかりません。お気軽にフリーダイヤルかメールフォームからお問い合わせください。

page top