愛媛県で過払い金請求の対応に強いみどり法務事務所

愛媛県で過払い金請求をお考えなら、司法書士や弁護士の事務所に相談いただくのがおすすめです。しかし、どの事務所に過払い金請求を相談・依頼したらいいのか、わからないですよね。

愛媛で過払い金請求の依頼を考えた場合、事務所選びで失敗しないためのポイントをお伝えするので参考にしてください。

1.過払い金の返還実績が豊富なみどり法務事務所で無料相談

1-1.相談料も初期費用も0円

みどり法務事務所は無料相談を実施しています。まずはお気軽に相談ください。

相談は何度でも無料で対応しているので、信用できる事務所か見極めてから判断していただけます。

みどり法務事務所は成功報酬制なので、相談料も初期費用も0円です。過払い金を取り戻せなかった場合、費用は一切いただかないので安心して相談ください。

1-2.まずは過払い金調査だけでも

ご自身に過払い金があるのか、あるとしたらいくらくらいあるのか、気になりますよね。

みどり法務事務所は過払い金調査を無料で引き受けています。まずは過払い金が発生しているかどうかだけでも調べてみましょう。調査は電話でも可能で、毎日9時~19時まで受け付けています。

2.愛媛県で過払い金請求を依頼する事務所選びのポイント

数ある事務所から自分に合ったところをしぼりこむためには、比較検討されるのが得策です。

事務所選びのポイントを知ったうえで司法書士や弁護士と対面すると信頼できるかどうか見極めやすくなるでしょう。

2-1.過払い金請求・債務整理など借金問題を専門としている事務所かどうか

まずは、借金問題を中心に取り扱っている事務所を見つけることが大切です。

なぜなら、司法書士や弁護士にはそれぞれの専門分野があるからです。専門分野については頼もしい事務所も、それ以外の分野では力を発揮できないことは珍しくありません。

ホームページなどをご覧いただき、過払い請求や債務整理が得意な事務所をお選びください。

2-2.過払い金請求の実績は豊富かどうか

過払い金請求の依頼を受けている事務所でも、得意分野であるとは限りません。

過払い金請求を依頼するなら、実績のある事務所を探しましょう。「お任せください」「実力十分」とアピールしているだけでなく、具体的な実績がわかる事務所がおすすめです。

2-3.過払い金請求の手続きの流れやかかる期間、費用をわかりやすく説明してくれるか

相談者様にとって、過払い金請求は不安がいっぱいです。何もわからないまま、お金が返ってくるまで待たされるのはたいへんなストレスとなるでしょう。

さらに、費用が曖昧だと「高額を払わなくてはいけないのではないか」と安心できないですよね。

早い段階で過払い金請求の詳しい流れの説明を受け、料金も明確な事務所を選ぶようにしましょう。

2-4.相談者の立場にたってメリット・デメリットを正しく説明してくれる

信頼できる事務所の条件として、「デメリットも説明してくれる」という点が挙げられます。

事務所の利益だけを考えて話す事務所とは信頼関係を築けないでしょう。

メリットとデメリット、両方を説明したうえで過払い金請求するかどうかを相談者様の判断に任せる事務所なら依頼する価値があります。

2-5.過払い金請求訴訟(裁判)を提案してくれるかどうか

過払い金請求は貸金業者と依頼主の代理人(司法書士や弁護士)との話し合いによって交渉が進んでいきます。

しかし、条件が折り合わないなら、裁判に持ち込むことも可能です。ところが、事務所の利益効率だけを考えて交渉の長期化を嫌う事務所は裁判を避けたがる傾向にあります。

事務所の効率よりも依頼者様の意向を最優先に考えている事務所、裁判も提案してくれる事務所を選びましょう。

2-6.対応は丁寧で迅速かどうか

有能な司法書士、弁護士であっても人間同士なので相性が合わないことは出てきます。

相性以前に相談者に対して傲慢な態度をとる事務所に過払い金請求を任せるのはおすすめできません。優良な事務所は、借金問題に悩む相談者の心に寄り添うものです。

また、はやく過払い金を取り戻すためには対応が迅速な事務所を選びましょう。

2-7.良い評判や良い口コミが多いかどうか

同じ相談者の意見に耳を傾けるのもひとつの方法です。

事務所側の宣伝文句を聞いているだけでは、実状を把握しきれないからです。

口コミサイトをのぞいて、事務所についてどんな意見が飛び交っているか確認してみましょう。

事務所の宣伝文句と異なる意見が多く見られる場合、慎重になったほうがいいかもしれません。

ただし、ネット上の口コミや評判は信憑性に欠けるものが多く存在します。

あくまでも参考程度にとどめ、実際に無料相談などを活用してご自身で判断することが大切です。

2-8.依頼者様の秘密を守ってくれるか

過払い金請求や債務整理は非常にデリケートな問題です。周囲に知られたくない人もいます。

しかし、事務所からの連絡でご家族や職場に知れ渡ってしまう危険もゼロではありません。

こうした事態を防ぐには、司法書士や弁護士の協力が不可欠です。プライバシー保護のため努力してくれる事務所を選びましょう。

3.愛媛県の過払い金請求でみどり法務事務所が選ばれる理由

愛媛県の過払い金請求はみどり法務事務所松山事務所が対応します。過払い金の調査だけでも無料なので、まずは、過払い金がいくら発生しているかみどり法務事務所でチェックしてみましょう。

遠方で、事情があって外出がむずかしい方は出張相談も承っておりますのでお問い合わせください。

みどり法務事務所はさまざまな面で、相談者様の力になってきました。実力はもちろん、報酬面や対応面においても信用いただける事務所です。

3-1.相談料・着手金0円で成功報酬制

みどり法務事務所は相談料を0円にしているほか、着手金も受け取っていません。

過払い金請求の報酬は完全に成功報酬制です。過払い金が返還されてから報酬を受け取るシステムなので、経済的に苦しい相談者様の方もご依頼が可能です。

3-2.過払い金返還額90億円以上の実力

みどり法務事務所はこれまで、90億円以上の過払い金を貸金業者から取り返してきました。

また、対応してきた相談者の数は1万人を超えます。ノウハウと経験に裏打ちされた実績は、安心して手続きを任せられる理由です。

3-3.全国8事務所に拠点があり出張相談も

愛媛県を含め、みどり法務事務所は全国8カ所に拠点を置いています。北海道から九州まで、さまざまな地域に展開できているのもこれまで成果を挙げてきたからこそです。

また、全国における過払い金請求の事例を分析し、依頼者様のケースにあてはめて交渉を有利に運ぶことも可能です。

さらに、出張相談会も実施しており、県外の相談者様のお悩みも聞く機会を設けています。

3-4.1度の面談でOK

みどり法務事務所は原則として、面談は最初の1回だけです。

個人情報を書類にご記入いただかなくてはならないので1度は事務所に来てもらわなければいけないものの、何度も事務所に足を運んでいただく必要はありません。ご依頼後は司法書士がすべての手続きを進めていきます。

3-5.資料をご用意していただかなくても過払い金の計算が可能

過払い金の計算は、請求の根幹をなす重要な作業です。

過払い金の正確な額がわからないと、貸金業者に請求書を送れません。

過払い金の計算には取引明細やカードなどの資料がなくても大丈夫です。

貸金業者と直接コンタクトをとり、取引履歴を取り寄せて返済データを調べるからです。依頼者様のお手元に資料が残っていなくても安心です。

3-6.依頼者様の心に寄り添う対応

みどり法務事務所は依頼者様の気持ちを大切にしています。借金問題に悩む相談者様の心情を理解しており、不安や疑問を取り除くために努めています。

むずかしい法律用語も簡単に嚙み砕いてわかりやすくご説明します。依頼者様からの要請があればできる限り迅速にお応えします。

3-7.デメリットまできちんと伝える姿勢

過払い金請求にまつわるメリットだけでなく、デメリットも包み隠さずお伝えします。

デメリットがあった場合でも、リスクを抑えるための方法を考えていく方針です。

数ある選択肢の中から最適のご提案をし、依頼者様の状況が改善されるよう働きかけます。

3-8.秘密を守るために協力

借金問題を解決したくても周囲には絶対に知られたくない方は、みどり法務事務所に相談ください。

代理人に委任された後は貸金業者から送られてくる書面はすべて事務所が受け取ります。

電話やメールでの交渉もすべて司法書士がおこないますので、依頼者様のご自宅に交渉の連絡がくることはありません。そのほか、依頼者様のご希望があれば、ご指定の連絡先、時間帯を守って報告をおこないます。

4.愛媛県で過払い金請求するなら悪徳事務所とのトラブルに注意

過払い金請求を、悪徳事務所に依頼してしまわないよう注意しましょう。悪徳事務所は、依頼者様の利益よりも自分たちの都合を重視しています。こうしたところに依頼をすると損をしてしまうケースも珍しくないのです。

4-1.戻ってくる過払い金が少ない

悪徳事務所の大きな特徴は「過払い金回収率の低さ」です。

どうしてそんな傾向が現れるのかというと、依頼者様のために動くという考えがないからです。

貸金業者と低い金額ではやく和解してしまう

自分の利益だけを考えている事務所は、あまり労力をかけずにはやく解決して数多くの案件をこなしたがります。

交渉が長引くほど、事務所に報酬が払われるまでの間も空いてしまいます。

もしも交渉がこじれて過払い金を取り返せないと、成功報酬ももらえません。まともな交渉をおこなわないまま低い金額で和解してしまい、依頼者を納得させようと画策します。

取り返した過払い金をごまかす

完全なる不正行為であるものの、過払い金の回収金額で嘘をつく悪徳事務所もいます。

彼らは実際に返ってきた額より低い数字を依頼者へ報告します。そして、差額を着服します。

こうした行為は見破るのがむずかしいですが、無料相談で違和感を覚えた事務所とは、連絡を断つようにしましょう。

4-2.悪徳事務所にとって都合のいい貸金業者しか手続きしない

交渉先を選びたがるのも、悪徳事務所のやり方です。彼らは自分たちにとって好都合な相手としか交渉をしたがりません。

こうした仕事の進め方により、依頼者様の状況は好転しにくくなるでしょう。

報酬を得にくい案件は無視

過払い金請求には「取り返しにくいケース」もあります。たとえば、貸金業者が別の会社に吸収合併された場合、請求先が複雑になってしまいます。

それでも、依頼を受けた法律事務所ならば請求先を調べたうえで、交渉をおこなうのが義務です。

しかし、悪徳事務所は勝算の低い案件に時間を使いません。依頼者様を放置し、簡単な案件ばかり進めようとします。

過払い金の額で案件の優劣を決める

案件の「大小」を決めたがるのも悪徳事務所ならではです。過払い金の額で依頼者の優先順位を定めるということです。

つまり、過払い金が少ない依頼者様は事務所から後回しにされます。その間にも、依頼者様の借金問題は消えません。

5.愛媛県で多い過払い金請求について

法律事務所を選ぶ際には、過払い金請求についてご自分でも知識をたくわえておくと冷静な判断が下せるようになります。

ここからは、過払い金請求にまつわる基本的な情報を解説します。

5-1.過払い金請求とは

消費者金融が増加し始めた頃、「グレーゾーン金利」と呼ばれる取引が横行していました。

グレーゾーン金利では、利息制限法で定められた金利の上限が無視されていました。

2010年6月には改正出資法が本格的に施行され、以後、グレーゾーン金利は撤廃されています。

これまでグレーゾーン金利で返済を続けていた時期がある方は、払いすぎた利息を貸金業者に請求できるようになりました。これが「過払い金請求」です。

しかし、グレーゾーン金利が採用されていた時期は貸金業者によって異なるうえ、専門的な知識が必要です。

個人で正確に過払い金を算出し、請求するのは困難なので、司法書士や弁護士に依頼して手続きをするのが一般的です。

5-2.過払い金請求とブラックリスト(信用情報)の関係

借金問題で度々登場するデメリットが「ブラックリスト」です。しかし実際にブラックリストという名前のリストがあるわけではありません。

信用情報機関の個人データにネガティブな記録が残ることを「ブラックリストにのる」と表現しているだけです。

金を借りたりローンを組んだりクレジットカードをつくる際に自動的に信用情報機関へと登録されます。そして、返済や借入の記録は「信用情報」として常に更新されていきます。

ブラックリスト入りするのは、個人の信用情報が損なわれたときです。

ブラックリストにのると、クレジットカードを作ったり新たに借入をおこなったりすることができません。ブラックリストにのる期間は5~10年間が目安です。

過払い金請求は基本的に貸金業者との契約に背く行為ではないのでブラックリストにはのりません。

しかし、例外もあります。返済中に過払い金請求して、過払い金が残りの借金額よりも少なかった場合、ブラックリストにのります。

ただし、返済が遅れている場合、すでにブラックリストにのっている可能性があります。毎月の返済が苦しい状況であれば、すぐにでも過払い金請求するべきです。

5-3.過払い金が発生する条件

すべての借金に対して過払い金が発生しているわけではありません。条件としてはまず「2010年6月以前」から借入している取引だということです。

改正出資法が施行される数年前から貸金業者はグレーゾーン金利を取り止めています。厳密には貸金業者ごとに過払い金が発生する時期が異なります。

過払い金請求には時効があります。「最後の取引から10年」です。

完済した日から10年経つと時効が成立し、過払い金請求はできません。

自分では10年経っているという思い込みもあるので念のため過払い金を調べてみるのが得策です。

完済した後で過払い金が見つかっても、請求をすれば返還されます。

しかし、時間が経過した過払い金調査は自力だと至難の業です。専門家に依頼して、確実に損失を取り返しましょう。

5-4.過払い金請求の手続きの流れ

司法書士や弁護士に過払い金請求をお任せいただければ、以下の手続きの流れはすべて専門家が代行します。

(1)事務所で相談をする

まずは、依頼先の司法書士、弁護士を決めなくてはなりません。

費用や実績、立地条件、対応時間、相談しやすさなどさまざまな基準を比べて、自分に合う事務所を選びましょう。

無料相談を活用して比較検討することもできます。

(2)依頼

事務所を決めたら、手続きを依頼しましょう。委任契約書を取り交わし、正式に事務所に過払い金請求を依頼します。

借金を返済中の手続きの場合、事務所は即刻、貸金業者に委任された旨を報告します。

そうすると、貸金業者は依頼者様に対する借金の督促を停止しなければいけません。手続きが終わるまで、依頼者様は督促や返済の悩みから解放されます。

(3)過払い金計算・請求

貸金業者から取引履歴を取り寄せ、過払い金の計算をおこないます。

そして、算出された金額をもとに過払い金返還請求書を作成し、貸金業者に送ります。

(4)交渉

請求書を基にして、貸金業者と事務所で交渉をおこなうのが通常の流れです。

貸金業者は回収率を下げようとし、事務所がそれを食い止めます。

交渉は事務所が電話やFAXやメールで請け負い、進捗は依頼者様に報告します。

依頼者様が条件に納得した時点で、和解合意書が取り交わされ、過払い金の返還が決定します。

(5)裁判

もしも話し合いで納得できる条件が導き出せなかった場合、裁判に持ち込むことも可能です。

ここでも、司法書士や弁護士が手続きをおこなうので依頼者様の時間は割かれずに済みます。

(6)返還

和解合意書の内容に基づき、過払い金が依頼者様のもとに返ってきます。

そして、過払い金を残債に充当し、完済を目指しましょう。この計算も事務所にお任せください。

5-5.過払い金の引き直し計算

取引履歴を参照して、過払い金の計算をおこないます。取引履歴は情報が細かく、慣れていないと読みにくい資料ですので、作業は司法書士や弁護士にご依頼いただくのが無難です。

もしも数字を間違えて計算すると、不正確な過払い金が算出されてしまいます。

過払い金請求の手続きをスムーズにするには、専門家のスキルにお任せください。

手順としてはまず、グレーゾーン金利を探すところから始まります。

現行の上限金利よりも高い時期があればグレーゾーン金利です。そして、グレーゾーン金利によってどれだけの額が返済されているのかを算出します。

次に、グレーゾーン金利を現行の利率に置き換え、再び返済額を求めます。

最後に、「グレーゾーン金利での返済額」から「正しい返済額」を引けば、その差が請求可能な過払い金の額です。

5-6.過払い金請求を事務所に依頼するメリットとデメリット

過払い金請求には基本的にはデメリットはなく、メリットが大きいものです。ただし、状況によってデメリットが発生することもあります。

過払い金請求は自分でやることも可能ですが、司法書士や弁護士に依頼することもできます。ここでは過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼するデメリットとメリットを解説します。

デメリット

事務所に依頼するデメリットは「費用面」です。着手金を設けていたり、成功報酬が高額だったりする事務所だとせっかく返ってきた過払い金から多くを支払わなくてはいけません。

ただ、自力で請求をすると回収率が低くなること、手間と時間を割かなければならないことをご一考していただくと、「事務所に頼むと損をする」とは言い切れません。

着手金0円の事務所をお探しになるなどの対策で、費用は抑えられます。

次に、「悪徳事務所にだまされるリスク」もデメリットのひとつです。

こうしたデメリットを抑えるには、事務所選びを慎重になされることが得策です。実績やお客様の声に注目して、信頼度が高く良心的な事務所を選びましょう。

メリット

「過払い金の回収額が高い」ことが事務所にお任せいただく最大のメリットです。

相談者様ご自身で過払い金請求をおこなうと半分しか戻ってこないケースも珍しくありません。しかし、専門家なら100%回収できる可能性が高まります。

さらに、事務所はすべての手続きを代行するので、依頼者様の時間が煩わされなくなります。

また「周囲にバレずに過払い金請求ができる」のもメリットです。貸金業者と直接やり取りしなくて済みます。

6.過払い金請求が多い愛媛県について

6-1.愛媛県の特徴

2018年の国勢調査の結果では、愛媛県は四国で1番の人口を誇っています。県庁所在地である松山市など、都会も多く製造業や農業なども栄えています。

そのほか、林業や漁業の割合も高く、バランスの取れた経済が回っている県だといえるでしょう。

特産品としては、みかん、いよかん、ポンジュースが有名です。また、鯛めしやうどんも住民から愛されている郷土料理です。

名所では、松山城や今治城といった古城に人気が集中しています。さらに、太山寺や大宝寺の本堂は国宝にも認定されており、歴史建造物が豊富な地域です。

数々の映画、小説、コミックの舞台にもなっており、いわゆる「聖地めぐり」は貴重な収入源です。

6-2.愛媛県の借金事情

四国の経済の中心であり、最大都市となる松山市を擁する愛媛県では消費活動も活性化しています。

都市部にはサービス業、娯楽施設が集中し、人々の購買意欲を煽っています。また、大手消費者金融が全国に支店を展開するようになったことから、借金問題も増加してきました。

法律事務所の数も多くあるので、過払い金請求や借金問題を相談できる環境があります。

6-3.愛媛県の司法書士・弁護士の数

2016年の日本司法書士連合会データによると、愛媛県には254人の司法書士が登録されていました。

また、2015年の日本弁護士連合会のデータでは、162人の弁護士が名前を連ねています。

いずれも四国地方では上位の数字であり、特に司法書士を探すには便利な地域です。

しかも、松山市には、過払い金請求で実績を残しているみどり法務事務所が拠点を置いています。

何回でも無料相談ができるみどり法務事務所は、相談者様の心に寄り添える貴重な場所です。

過払い金請求から債務整理にいたるまで依頼者様に最善となるご提案をいたします。県内で借金問題を抱えていらっしゃるなら一人で悩まずお気軽に相談ください。

page top