香川県で過払い金請求の対応に強いみどり法務事務所

過払い金請求をしようと考える際には、依頼する事務所選びが重要です。

香川県には、たくさんの司法書士事務所や弁護士事務所があるため、どの事務所に依頼していいのか難しいと感じている方もいるでしょう。

司法書士事務所や弁護士事務所を選ぶ際には、過払い金請求の実績がどのくらいあるのか、信頼できる事務所であるのかを見極めることが大切です。

1.過払い金の返還実績が豊富なみどり法務事務所で無料相談

過払い金請求を弁護士や司法書士といった専門家に相談する際には、無料相談を利用するのが便利です。

無料相談では、過払い金に対する不安などの相談だけでなく、この事務所が信頼できるかどうかの判断もできます。

みどり法務事務所では、成功報酬を採用していますので、無料相談を実施しています。

相談は何度でも無料ですので、納得がいくまでご相談ください。

また、過払い金の調査だけであっても無料でおこなっています。そのため、実際に過払い金が発生しているのかについても無料でわかります。

その後、過払い金請求を依頼した場合には初期費用もかかりません。

過払い金請求を考えるのであれば、まずは、過払い金がいくら発生しているのかを確認してみましょう。

実績が豊富なみどり法務事務所は、相談者様の過払い金請求を、丁寧で迅速におこないます。

2.香川県で過払い金請求を依頼する事務所選びのポイント

2-1.過払い金請求や債務整理など借金問題を専門としている事務所かどうか

弁護士や司法書士は法律を扱う専門家です。しかしながら、弁護士や司法書士が扱う分野は離婚や相続、債務整理など多岐に渡ります。

離婚や相続などを多く扱ってきた弁護士や司法書士の場合には、過払い金請求や債務整理といった分野において、経験が少ないこともあります。

弁護士や司法書士は、どの分野を多く扱ってきたかによって、得意な分野や不得意な分野が異なります。

もし、過払い金請求を、離婚や相続を得意とする弁護士や司法書士に依頼してしまうと、満足のいく結果が得られないこともあります。

過払い金請求は、過払い金請求や債務整理といった借金問題を専門としている事務所にご依頼ください。

2-2.過払い金請求の実績は豊富かどうか

過払い金請求を多く取り扱っていても、それほどの実績をあげていない事務所もあります。

実際にどのくらいの過払い金請求を解決してきたのかという実績は、その事務所への信頼にもつながります。

そのため、事務所選びの際には、過払い金に関する案件を受任した経験と同時に、多くの解決実績があるかについても注目しましょう。

2-3.過払い金請求の手続きの流れやかかる期間、費用をわかりやすく説明してくれるか

信頼のおける弁護士や司法書士は、依頼を受ける前にきちんとした説明をしています。

事務所選びでは、過払い金請求の手続きの流れやそれにかかる期間、実際の費用などに対してしっかりとした説明があるかをチェックしましょう。

なかでも、かかる費用についてはっきりとした説明を受けないと、後から聞いていなかった追加料金を請求されるといったケースになりかねないので注意しましょう。

直接面談があるか

過払い金請求の相談で、弁護士や司法書士が面談をしない事務所は注意しましょう。

事務所の中には、事務員が相談の対応にあたる場合もありますが、本来ならば資格者が対応するべきです。弁護士や司法書士が面談をしない事務所は、信頼できるのかといった点において疑問です。

2-4.相談者様の立場でメリットやデメリットを正しく説明してくれるか

過払い金請求をすると払いすぎた利息が返ってくるメリットがあります。ただ、状況によってはデメリットもあるので注意が必要です。

信頼できる弁護士や司法書士は、メリットだけでなくデメリットについても正しく説明したうえで、デメリットを最小限に抑えた過払い金請求を可能にします。

2-5.過払い金請求訴訟(裁判)を提案してくれるかどうか

過払い金請求は、話し合いだけの任意交渉でも解決が可能です。ただし、話し合いだけでは、取り戻せる過払い金の額は少なくなります。

一方で、裁判に持ち込むと多くの過払い金が戻ってくる可能性が高くなります。裁判に持ち込むと過払い金がたくさん取り戻せるとはわかっていても、裁判には手間と時間がかかります。

そういった理由から、裁判を起こすことなく解決に持ち込む事務所もあります。

少しでも多く過払い金を取り戻したいのであれば、裁判への持ち込みも辞さないことを示してくれる事務所を選びましょう。

信頼できる事務所であれば、裁判にかかる費用や、期間、どのくらいの過払い金が戻ってくるかの説明もしっかりとおこないます。

2-6.対応は丁寧で迅速かどうか

弁護士事務所や司法書士事務所によっては、少額の過払い金請求の対応を後回しにするところがあります。さらに、報酬が少ないからと、始めから相手にしてくれないケースもあります。

最悪の場合、時効を迎えてしまい過払い金請求ができなくなってしまうことも考えられます。

2-7.いい評判やいい口コミが多いかどうか

弁護士事務所や司法書士事務所を探す際には、評判や、口コミも参考になります。同じ目的でその事務所に依頼した人の意見を知ることで、ホームページにのっている以上の情報を手に入れることもできます。

ただし、ネット上の評判や口コミは信頼度がうすいものもあるので、あくまでも参考程度にとどめ、実際に無料相談を利用してご自身で判断するようにしましょう。

3.香川県の過払い金請求でみどり法務事務所が選ばれる理由

香川県の過払い金請求は、みどり法務事務所松山事務所が対応します。過払い金の調査だけでも無料なので、まずは、過払い金がいくら発生しているか実績豊富なみどり法務事務所でチェックしてみましょう。

遠方の方、事情があって外出がむずかしい方は出張相談も承っておりますのでお問い合わせください。

みどり法務事務所が選ばれる理由は、分かりやすい費用設定にあります。相談をする際の相談料は0円です。相談だけであれば何度でも無料ですので、お気軽にご相談ください。

また、過払い金の調査も無料であり、調査の結果、過払い金が発生していなかった場合には、料金はかかりません。

みどり法務事務所は実績の高さも選ばれている理由です。これまで扱ってきた過払い金の返還額は90億円をこえ、非常に多くの過払い金を取り戻してきました。

そんなみどり法務事務所は、全国に8事務所を設け、全国からの相談者様の過払い金を取り戻しています。

遠方の場合であっても出張相談が可能ですので、お気軽にご相談ください。みどり法務事務所松山事務所は香川県への出張相談もしています。

過払い金請求のために司法書士と何度も面会をするのは忙しくてなかなか時間がとれないと感じる方も多いと思います。みどり法務事務所では、相談者様とお会いするのを原則1度だけとしています。

相談者様の個人情報を扱うため、1度だけお会いする必要がありますが、それ以降はすべてをお任せください。

もし、取引から時間がたち、カードや利用明細などをなくしてしまったという方でも、相談者様の情報と借入先がわかれば、過払い金の調査が可能です。資料などをご準備いただく必要もありません。

過払い金請求はしたいけど、貸金業者ともう関わりたくない、直接やり取りしたくないという相談者様は多いです。

司法書士にご依頼いただければ、相談者様に代わって貸金業者と交渉し、過払い金を取り戻します。

また、借金問題の悩みを抱えてきた相談者様の負担も、過払い金請求によって軽くできます。

過払い金請求には10年という時効もありますので、取り戻せなくなる前に迅速に対応しています。

そのほかにも、過払い金請求のデメリットに関しても、正しい情報を伝えることを心がけ、最善の提案をしています。

過払い金請求によって、家族や職場にこれまでの借金を知られてしまうのではないかと考える方もいるでしょう。

みどり法務事務所では、秘密厳守を徹底しています。連絡時間帯には十分に配慮し、郵便物の対応などもみどり法務事務所でおこないます。

相談者様は待っているだけで、誰にも知られることなく過払い金請求ができますので、安心してお任せください。

4.香川県で過払い金請求するなら悪徳事務所とのトラブルに注意

過払い金請求はどの事務所に依頼しても同じではありません。なかには悪徳事務所もあり、過払い金請求をするとトラブルに発展してしまうこともあります。

依頼者の弱みにつけこみ、過払い金を着服していたというケースもありますので気を付けましょう。

ここでは悪徳事務所に依頼するリスクを紹介します。悪徳な事務所の特徴なども説明しますので、当てはまる点がないかを確認しておくことが大切です。

4-1.戻ってくる過払い金が少ない

悪徳な弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼すると、戻ってくる過払い金が少なくなってしまいます。その大きな理由は2つありますので、それぞれを詳しく紹介していきます。

貸金業者と交渉をせずに和解してしまう

弁護士や司法書士のなかには、貸金業者と手を組んでいるケースがあります。こういったケースでは、貸金業者と交渉せずに和解してしまうことがめずらしくありません。

貸金業者は過払い金を多く払うと支出が増えてしまいます。

過払い金によって経営が圧迫されてしまうことのないよう、弁護士や司法書士とあらかじめ話し合い、過払い金の金額を大幅に減らして請求するように手を回しているのです。

悪徳な弁護士や司法書士は、できるだけ高い報酬の案件を優先したいと考えています。短期間で成立させ、より多くの案件をこなそうと考えていますので、交渉せずに和解できれば都合がいいのです。

両者にとって都合がよくなりますが、依頼者様にとっては戻ってくるはずの過払い金が少なくなってしまいます。

過払い金請求は、貸金業者としっかりと交渉し、より多くの過払い金が取り戻せる事務所を選びましょう。

過払い金を着服されてしまう

悪徳な弁護士や司法書士は、実際に戻ってきた過払い金を依頼者様に少なく伝え、差額を着服することがあります。

ひどい場合には、過払い金はなかったと伝え、全額を着服するケースもみられます。さらに、存在しない返済をねつ造するケースには注意が必要です。

返済中に過払い金請求をすると、借入残高を過払い金で完済します。しかし、債務が残っているように装い、過払い金の中から債務を返済する必要があると伝えてきます。

そして、ねつ造した返済分は、悪徳な弁護士や司法書士が着服してしまうのです。こういったトラブルに発展しないためにも、信頼のおける弁護士や司法書士にご依頼ください。

4-2.悪徳事務所にとって都合のいい貸金業者しか手続きしない

過払い金請求が解決するまでにかかる時間は、貸金業者によっても異なります。貸金業者の中には、過払い金請求になかなか応じず、過払い金の返還までに時間がかかるところもあるのです。

一方で、過払い金請求に迅速に対応してくる貸金業者もみられます。弁護士や司法書士といった専門家は、依頼された過払い金請求には誠実に応じるべきであるといえるでしょう。

しかし、事務所によっては過払い金請求に素早く対応する貸金業者にしか過払い金請求をしないところがあります。なぜなら、より多くの案件をこなすと得られる報酬が増えるからです。

また、少額の過払い金が発生する貸金業者には対応せず、高額な報酬が見込める案件を優先することもあります。

誠実な弁護士や司法書士は、相談者様の立場で過払い金を取り戻しています。

一方で、悪徳な弁護士や司法書士は、利益を優先するのです。このような対応をしてくる事務所は悪徳だと考えましょう。

5.香川県で多い過払い金請求について

5-1.過払い金請求とは

過払い請求は、貸金業者から払いすぎた利息を請求し取り戻すことです。利息制限法で定められた金利よりも多く払っていたときに発生しますので、正しく請求すると取り戻せます。

過払い金が発生しているかを確認するには、貸金業者から取引履歴を取り寄せましょう。

取り寄せた取引履歴をもとに、利息制限法に基づいた引き直し計算をすると過払い金が発生しているかどうかの確認が可能です。

引き直し計算は自分でもできます。しかし、弁護士や司法書士といった専門家は正しく迅速に計算をしています。

間違えた計算で過払い金請求をしてしまい、戻ってくるはずの過払い金が少なくなったケースがありました。

また、過払い金請求を断られるといったケースもみられています。引き直し計算は信頼のおける専門家に依頼しましょう。

5-2.過払い金請求とブラックリスト(信用情報)の関係

完済している借金の過払い金を請求してもブラックリストにはのりません。また、返済中に過払い金を請求し、返ってきた過払い金で借金が完済できた場合もブラックリストにのらないといえます。

しかし、返ってきた過払い金で相殺しても借金が残った場合には、ブラックリストにのってしまいますので注意しましょう。ブラックリストにのってしまうかどうかは過払い金の計算でわかります。

ただ、自分で計算をして借金が完済できると思っていても、計算が間違っているケースはめずらしくありません。

借入件数が多い場合には計算も複雑になります。過払い金の計算は弁護士や司法書士といった専門家にお任せください。

5-3.過払い金が発生する条件

過払い金は、過去に利息制限法の上限金利をこえる金利でお金を借りていた方に発生します。

かつて消費者金融などの貸金業者は、利息制限法の上限金利ではなく、貸金業法第43条のみなし弁済をもとに出資法の上限金利内で貸付をしていたからです。

利息制限法の上限を上回る金利で出資法の上限金利までの金利はグレーゾーン金利と呼ばれ、これが過払い金にあたります。

2010年にグレーゾーン金利は廃止されていますので、2010年までに消費者金融などから借入をしていた方が過払い金請求の対象です。

香川県では、グレーゾーン金利での借入をしていた人が多く、これまでたくさんの過払い金が返還されています。過払い金請求は最後の取引から10年で時効が成立してしまいます。

時効を過ぎると過払い金が取り戻せなくなってしまいますので、過払い金請求は弁護士や司法書士といった専門家に早急にご相談ください。

5-4.過払い金請求のメリット・デメリット

過払い金請求にはメリットとデメリットがあります。これらは、借金を完済している場合と、借金が残っている場合で異なりますのでそれぞれのケースに分けて解説します。

借金を完済している場合のメリット・デメリット

借金を完済後の過払い金請求する最大のメリットには、払いすぎた利息としてお金が戻ってくることです。

完済後の過払い金請求のデメリットはほとんどありません。

しいてあげるなら、過払い金請求をした貸金業者から新規借入ができなくなることです。

クレジットカード会社に過払い金請求をすると、これまで使っていたクレジットカードは使えなくなります。

しかし、過払い金請求をした消費者金融やクレジットカード会社以外であれば、新たな借入や新規でクレジットカードを作ることには影響ありません。

返済中の場合のメリット・デメリット

借金の返済中に過払い金請求をするデメリットは、ブラックリストにのるケースがあることです。

戻ってきた過払い金よりも借金の残額が多い場合にはブラックリストにのります。

ブラックリストにのってしまうと、過払い金請求をした貸金業者だけでなく、すべての貸金業者から新たな借入ができなくなります。

住宅ローンや車のローンも組むのが難しくなり、新たなクレジットカードの発行もできません。

返済中に過払い金請求するメリットは、借金を減らせることです。

戻ってきた過払い金で借金が完済できる可能性もあります。この場合はブラックリストにはのりません。さらに、借金の残債より過払い金が多い場合には、手元にもお金が戻ってくるのです。

返済中の方は、まず過払い金がいくら発生しているのか調べてみることをおすすめします。

6.過払い金請求が多い香川県について

6-1.香川県の紹介

過払い金請求が多い香川県は、令制国の時代には讃岐国として知られていました。高松市を県庁所在地とし、丸亀城で知られる丸亀市などを含む8市5郡9町で構成されています。

また、瀬戸大橋によって道路と鉄道で本州の岡山県とつながっている県です。高松自動車道から松山自動車道を通ると隣接している愛媛県へもスムーズな移動ができます。

そのため、みどり法務事務所松山事務所にもアクセスしやすいといえるでしょう。香川県は日本一面積の小さい県でもあります。

しかし、香川県の県土のほぼ半分は平野ですので、人が住める面積の割合は他府県と比べても大きく、人口密度の高い県です。

そんな香川県は、讃岐うどんの発祥の地でもあります。うどん屋を営む方も多く、全国各地から讃岐うどんを目当てに香川県を訪れる観光客も多いといえるでしょう。

ただ、香川労働局が2018年10月10日まで有効としている香川県の最低賃金は792円と安く、生活が苦しいと感じる人も多くみられます。

そういった背景から、過去に消費者金融などからの借入をした人もみられ、過払い金の対象となる人が多いのが特徴です。

香川県では、みどり法務事務所が親切で丁寧な過払い金請求をしています。過払い金が発生しているかもしれないと考えるのであれば、私たちにお気軽にご相談ください。

高齢化が進む香川県では、私たちの出張相談を利用する方も多くみられています。

6-2.香川県の弁護士、司法書士事務所の数

2015年の日本弁護士連合会の発表では、香川県には101もの弁護士事務所があります。また、2016年の香川司法書士会の発表では香川司法書士会に登録している司法書士は168人です。

司法書士事務所の数は明らかにされていませんが、たくさんの司法書士が香川司法書士会に所属し、活動しています。

弁護士事務所の数や、司法書士の人数から考えても、過払い金請求がしやすい県であるといえるでしょう。ただし、香川県のすべての弁護士や司法書士が過払い金請求を得意としているわけではありません。

過払い金請求を成功させるには、過払い金請求の経験が多く、豊富な実績を持つ事務所に相談することが大切です。

みどり法務事務所は、これまでの実績をもとに香川県の過払い金請求を成功に導いています。

6-3.香川県の借金事情・過払い金請求事情

香川県は、讃岐うどん店を営んでいる方や、金刀比羅宮の側で土産物店を営んでいる人など、個人事業主が多くみられます。

個人事業主は、事業の失敗によって多額の借金を背負ってしまう人が少なくありません。借金の返済のため、金利が高いとは知っていても消費者金融からお金を借りていたという方もみられます。

そういった方の中には過払い金が発生している場合があります。

借金が残っている人でも、過払い金の返還によって借金がゼロになり、それでも残った過払い金が手元に戻ってきたという例もめずらしくありません。

また、香川県は冠婚葬祭にたくさんのお金をかける人が多いことでも知られています。普段は堅実な香川県民ですが、冠婚葬祭にはかける費用を惜しまず、盛大におこなうのです。

なかには、消費者金融から借金をしてまで結婚式の費用を捻出したという人も見られます。このケースでは消費者金融からの借入を10年以上もの間返済をしていました。

しかし、借入が膨らんだことで、みどり法務事務所にいただいたのです。

そこで、みどり法務事務所では、グレーゾーン金利で借入をしていたことを明らかにし、多くの過払い金を取り戻すことに成功しています。

戻ってきた過払い金によって借金は完済され、手元にもお金が残りました。

みどり法務事務所では、相談者様が依頼しやすいように心がけていますので、安心して依頼できたという声も聞かれています。

香川県内であれば出張相談もしていますので、遠方の場合でも安心してお任せください。

時効を迎えてしまっては、弁護士や司法書士であっても過払い金請求ができません。時効になってしまう前にみどり法務事務所にお気軽にご相談ください。

page top