高知県で過払い金請求の対応に強いみどり法務事務所

高知県にお住まいで過払い金請求をしようとお考えの方、どの事務所に依頼しようか迷っているのではないでしょうか。

司法書士事務所や弁護士事務所を選ぶ際は、「過払い金請求の実績はあるか」や「信頼できる事務所なのか」など、いくつかのポイントを見極めてから依頼する先を決めることが大切です。

ここでは、高知県で過払い金請求を依頼するときの事務所選びのポイントや注意点について解説していきます。高知県で過払い金請求を成功させたい方は参考にしてください。

1.過払い金の返還実績が豊富なみどり法務事務所で無料相談

過払い金請求をどこに相談しようかと悩んでいる場合は、返還実績がきちんとあるかどうかで依頼先を決めることが欠かせません。

みどり法務事務所は、過払い金返還実績が豊富です。また、完全成功報酬制でご相談は何度でも無料です。まずは過払い金の調査だけでも気軽にご相談ください。

過払い金請求には時効があるため、まずは実績が豊富なみどり法務事務所で、過払い金がいくら発生しているのかをチェックしてみましょう。

2.高知県で過払い金請求を依頼する事務所選びのポイント

過払い金請求にスムーズに対応してもらいたいなら、事務所選びのポイントをいくつか押さえておく必要があります。実際に事務所に依頼する前に、事務所の得意分野や実績などを調べておきましょう。

2-1.事務所によって得意分野がある?過払い金請求・債務整理など借金問題を専門としている事務所かどうかをチェックしよう

高知県には、司法書士事務所・弁護士事務所など多くの事務所が存在します。しかし、それぞれ専門分野や得意分野が異なります。

特に、法律事務所はほとんどの問題に対してオールマイティーに対応できるというイメージが持たれがちです。

しかし、取り扱う分野が違ってくれば、弁護士や司法書士の能力が発揮できない恐れもあるのです。

たとえば、刑事事件を専門としている事務所に過払い金請求の依頼をしても、依頼を引き受けてくれることはほぼないといって良いでしょう。

このように、事務所選びでは借金問題を専門としているかどうかをしっかりとチェックしておくことが大切です。

また、各事務所の専門分野・得意分野に関しては、事務所のホームページなどを見るとわかります。

ホームページを見てもわからなければ、事務所に問い合わせてみるなどして、実際に依頼する前に事務所の専門分野を正しく把握しておきましょう。

2-2.過払い金請求の実績は豊富か

過払い金請求を考えている人のなかには、「事務所選びでは費用面を最も重視する」という意見の人も見られます。しかし、費用面を優先しすぎてしまうと、スムーズに対応してくれない可能性もあります。

事務所選びをする際には、過払い金請求の実績があるかどうかは必ずチェックしておきたいポイントのひとつです。

過払い金請求を得意分野としない事務所に依頼してしまうと、手続きなどがスムーズに進まない恐れもあります。それぞれの事務所の実績に関しても、ホームページを見るなどして確認しておきましょう。

2-3.丁寧な説明はあるか?過払い金請求の手続きの流れやかかる期間、費用をわかりやすく教えてくれるか確認しよう

過払い金請求をする際、「何から手をつけたら良いのかがわからない」という人も多いでしょう。

事務所に相談してから過払い金が返還されるまでの具体的な流れについて押さえておくと、安心して手続きを進めることができるようになります。

候補となる事務所が見つかったら、過払い金請求をする際の疑問点などにきちんと答えてくれるかどうかもチェックしておきましょう。

また、過払い金請求にかかる費用は、事務所によって異なります。そのため、成功報酬の率や追加費用などについて、依頼する前にしっかりと説明してくれる事務所を選ぶことが大切です。

費用に関することをうやむやにせずに丁寧に説明してくれると、事務所に対する信頼にもつながるといえるでしょう。

2-4.信頼できる事務所かどうか見極めよう!相談者の立場に立ってメリット・デメリットを正しく説明してくれるか

信頼できる事務所かどうかを判断する場合、「相談者の立場に立って説明してくれるかどうか」という点がポイントになります。

過払い金請求には、メリットとデメリットがあります。これらをきちんと説明してくれる事務所は信頼できる可能性が高いといえるでしょう。

2-5.過払い金請求訴訟(裁判)を提案してくれるかどうか

過払い金請求には、「任意での交渉」と「訴訟による交渉」の2種類があります。任意での交渉とは、いわゆる「話し合い」によって過払い金を取り戻すことをいいます。

ただし、話し合いで取り戻せる過払い金の額は、年を追うごとに少なくなってきているのです。少しでも多くの過払い金を取り戻すためには、訴訟による交渉が不可欠になってくるケースも多くあります。

したがって、事務所を選ぶときは、はじめから裁判を提案してくれるところに依頼することがポイントです。

2-6.過払い金請求の対応は丁寧で迅速かどうかが鍵となる

過払い金の請求には時効があります。そのため、何十年も前に不当な利子で借金をしていた場合でも、時効をすぎてしまうと請求することはできません。

過払い金に関しては、10年で消滅時効にかかります。そのため、スピーディーな対応が求められるケースも多くあるといえるでしょう。

2-7.気になる!事務所の良い評判や良い口コミが多いかどうかも確認しよう

過払い金請求を事務所に依頼した人の話を耳にする機会は、そう多くはありません。インターネットなどで情報を収集すると、事務所の良い評判や口コミがわかる場合もあります。

3.高知県の過払い金請求でみどり法務事務所が選ばれる理由

高知県の過払い金請求については、みどり法務事務所の高知駅前事務所が対応します。

過払い金が気になっている場合、調査だけでも無料であるため、まずは過払い金がいくら発生しているのかをチェックしてみましょう。遠方の方や外出が難しい方の場合は、出張相談も承っています。

3-1.相談料・着手金無料、成功報酬

過払い金請求を事務所に依頼する場合、ある程度の費用が必要となります。

みどり法務事務所に依頼すると、相談料・着手金は無料です。過払い金の請求では、適切で迅速な対応が欠かせません。

相談料と着手金が無料であれば、誰でも気軽に相談できるというメリットにもつながるでしょう。また、みどり法務事務所は、成功報酬となっています。

過払い金を取り戻した場合、みどり法務事務所ではそのなかから報酬をいただくというシステムとなっています。

3-2.過払い金返還額90億円超の実績

過払い金請求を依頼する事務所選びをするときには、実績がある事務所を選ぶことが欠かせません。みどり法務事務所の場合、過払い金の返還額が累積90億円を超えるという実績があります。

3-3.全国8事務所、出張相談にも対応

みどり法務事務所は東京、名古屋、高知、札幌、愛媛、岡山、広島、熊本と、全国に8事務所があります。

事務所がない都道府県からの依頼でも、出張相談をおこなうなどして柔軟に対応しています。

お住いの地域にみどり法務事務所がない場合でも、「遠方だから相談に行けない」と諦めてしまわずに、まずはお気軽にお問い合せください。

3-4.お会いするのは1度だけ

みどり法務事務所の場合、相談者様にお会いするのは1度だけとなっています。

過払い金の請求を司法書士や弁護士などの専門家に依頼すると、「返還率が良い」や「返還されるまでの期間が短くて済む」などのメリットがあります。

さまざまなメリットがあるとわかっていても、実際に会って話をする回数が多くなると、それは相談者様の負担となってしまうでしょう。

ただし、過払い金請求の依頼ができる事務所のなかには、相談者様に1度も会うことなく、電話と書類の作成だけで手続きを完了させようとする事務所も実際には見られます。

これは、事務所側の利益を優先していることの表れといえるでしょう。

みどり法務事務所の場合は、相談者様の個人情報を取り扱うという観点から、直接お会いするのは原則1度だけとしています。

相談していただけると、専門家の立場から、相談者様一人ひとりに合った提案をすることが可能です。まずは気軽にご相談ください。

3-5.資料などの準備は一切不要

過払い金請求は自分でおこなうことも可能です。しかし、自分でおこなう場合には、資料などの準備にそれなりの時間と労力を費やさなければならないという大きなデメリットがあります。

専門的な知識を持っていなければ、慣れない資料の準備をするだけでひと苦労です。

特に、過払い金の計算をするときには「引き直し算」という方法を使っておこないます。

この計算をすることによって、正確な過払い金の額が把握できるようになるのです。

インターネット上には過払い金の計算ツールが数多く見られます。

専門家への依頼を躊躇する理由のひとつとして、「ウェブ上のツールで計算すれば費用もかからない」という相談者様の意見も実際には多くあります。

しかし、簡易的な計算ツールで過払い金の算出をして過払い請求を行ったとしても、貸金業者に相手にされないケースもたくさんあるのです。

過払い金が発生する仕組みを知ったうえで引き直し計算をおこない、必要な書類を作成して貸金業者との交渉をするためには、司法書士や弁護士などの専門家に依頼するほうがよりスムーズといわざるをえないでしょう。

3-6.親切・丁寧、迅速な対応

みどり法務事務所は実績はもちろんのこと、豊富な知識を持った専門家が過払い金請求に対応します。

親切で丁寧な対応を心がけているため、借金問題でお悩みの相談者様も、「過払い金請求で不安なこと」や「手続きに関する疑問点」などを気軽にご相談ください。

また、過払い金の請求は迅速な対応が欠かせません。過払い金は、貸金業者に対していつまでも請求できるものではありません。取引終了後から10年間が、過払い金の消滅時効となっています。

ただし、貸金業者も経済的に余裕があるわけではなく、万が一経営が破綻してしまった場合には過払い金の回収そのものが難しくなってきます。

「時効までまだ時間がある」と安易に考えるのではなく、スピーディーに過払い金の返還請求をすることが重要です。

3-7.デメリットも含め正しい情報をお伝えした上で最善のご提案をします

過払い金の請求を専門としている事務所のなかには、相談者様に対してメリットばかりを伝える事務所も実際にはあります。

しかし、みどり法務事務所では、デメリットもしっかりと相談者様にお伝えし、そのうえで適切なご提案をおこないます。

そのため、みどり法務事務所なら、法律の知識がまったくない人でも、安心して依頼することが可能です。

3-8.徹底した秘密厳守

「家族や友人に借金があることを知られたくない」というのは当然の心理です。

そのため、みどり法務事務所では、秘密厳守を徹底しています。

たとえば、家族に借金があることを知られたくないという理由で、専門家に相談せずに自分で貸金業者とやり取りをしてしまうと、自宅に届く郵便物などから家族に借金があることを気づかれてしまうケースがあります。

司法書士や弁護士などの専門家に依頼すると、郵便物は事務所に届くようになるのです。

また、事務所から相談者様に郵便物を送る場合にも、差出人名などには十分配慮することで、相談者様の秘密を厳守しています。

4.高知県で過払い金請求するなら悪徳事務所とのトラブルに注意

過払い金請求をしようと考えているなら、悪徳事務所とのトラブルに注意する必要があります。いくつかのポイントを押さえておき、スムーズに過払い金を回収しましょう。

4-1.戻って来る過払い金が少ない

過払い金を取り戻そうと思って専門家に依頼したにもかかわらず、「戻ってくるはずの過払い金が少ない」ということは実際にあります。

貸金業者と交渉せずに和解してしまう

貸金業者と適切な交渉をおこなっていなければ、借金問題が解決したとはいえません。悪徳事務所のなかには、貸金業者となれ合いのような状況になっている事務所も見られます。

債務整理をするにあたっては、貸金業者との交渉で将来利息がかからないように交渉してくれるかどうかも重要なポイントといえるでしょう。

また、過払い金請求では、和解交渉での判断は難しいと判断したときに、できるだけ多くの過払い金を回収するために裁判に持ち込む必要があります。

ただ、裁判をするとなると、多くの手間がかかることから、悪徳事務所の場合は裁判をすること自体を嫌う傾向があります。

この点をしっかりと見極めてから依頼先を決めることが大切です。

過払い金を着服されてしまう

過払い金の請求問題は、事務所にとっても収益源となりやすい事案のひとつといえるでしょう。そのため、職権を乱用して、事務所側が過払い金を着服していたケースが実際にあります。

専門家に相談したにもかかわらず、過払い金を着服されてしまっては意味がありません。

過払い金を着服するのは、間違いなく悪徳事務所です。依頼をする前に、口コミを見るなどして事務所の評判を確認しておきましょう。

4-2.悪徳事務所にとって都合のいい貸金業者しか手続きしない

悪徳事務所のなかには、報酬が出ない貸金業者や、過払い金が少額の貸金業者などを放置してしまう事務所もあります。そのため、確かな実績のある事務所を選ぶことが欠かせません。

5.高知県で多い過払い金請求について

5-1.そもそも過払い金請求とは

過払い金とは、利息制限法の上限を超えて貸金業者に支払いすぎていた利息のことをいいます。いわゆる「グレーゾーン金利」と呼ばれるものです。

長年にわたって借金の返済を続けている方のなかには、過払い金が発生している可能性があります。過払い金は、適切な手続きをおこなうことによって取り戻せるお金です。

5-2.気になる過払い金請求とブラックリストの関係

「ブラックリスト」という言葉は、誰でも一度くらいは耳にしたことがあるでしょう。ブラックリストとは、信用情報のことをいいます。

過払い金請求をしようかどうしようかと悩んでいる相談者様のなかには、「過払い金請求すると、ブラックリストにのるのではないか」と考えている人もいるのではないでしょうか。

過払い金請求は一部の例外を除いてブラックリストにのりません。

ブラックリストにのるケースは、借金を返済中の人が過払い金請求をおこなって、返還された過払い金を借金の返済に充当しても借金がゼロにならなかった場合です。

このケースでは、貸金業者との間で借金の減額を交渉する「任意整理」という手続きになります。

一方で、返還された過払い金を借金の返済に充当し、借金がゼロになった場合、ブラックリストにのることはありません。

返済中の方は、過払い金がいくらあるか事前に調べてみることをおすすめします。

返済中の方でブラックリストについての不安を感じている場合には、一度みどり法務事務所へご相談ください。

5-3.過払い金請求のメリット・デメリット

過払い金請求をおこなうと、過払い金が戻ってくるという点は大きなメリットです。しかし、過払い金請求には、メリットとデメリットがあります。

メリット・デメリットについて正しく知っておき、借金問題の解決を目指しましょう。

借金を完済している場合のメリット・デメリット

借金を完済している場合、完済した日から10年以上経過してしまうと時効となってしまうため、過払い金を取り戻すことはできません。

この点は、借金を完済している場合のデメリットといえるでしょう。

しかし、借金を完済している状態で過払い金請求をすれば、払いすぎている利息が過払い金として回収できます。

この点は、過払い金請求をする大きなメリットです。借金の完済日から10年経過していないのであれば、早急に手続きをスタートさせる必要があります。

返済中の場合のメリット・デメリット

借金を返済中に過払い金請求をおこなうデメリットは、過払い金が残りの借金よりも少なくて借金が残った場合、ブラックリストにのることです。

過払い金が残りの借金よりも多く、過払い金で完済できればブラックリストにのりません。

返済中に過払い金請求するメリットは、借金が減ることです。

また、将来利息をカットしてもらったり、月々の返済額を減らしたりする交渉ができるので、借金の返済がラクになり、はやく完済することができます。

過払い金請求の手続きの流れ

過払い金請求を司法書士や弁護士などの専門家がいる事務所に依頼しようと思ったら、まずは事務所に電話・メールなどで相談して、面談の日程を決めます。

相談者様自身が信頼できる事務所と判断したら、過払い金返還請求の委任契約をおこないます。

契約をした後は、担当する司法書士や弁護士が代理人となり、貸金業者と連絡を取りあっていきます。

次に、過払い金請求に必要となるすべての取引履歴の開示を請求します。

返済中の場合、司法書士や弁護士から貸金業者に受任通知を送ります。

受任通知が届いた時点で取り立ては止まるので、精神的にも安心して生活ができるようになります。

取引履歴書が貸金業者から届いたら、取引履歴をもとにして借入状況の計算をしていきます。

そして、過払い金があった場合には、返還してもらえるように請求の手続きをおこなっていきます。

事務所に依頼した場合、司法書士や弁護士が貸金業者と直接交渉をするため、相談者様個人が貸金業者とやり取りをすることはありません。

一般的に、話し合いで解決する場合には、返還される金額は少ないものの、比較的短期間で過払い金を回収することができます。

話し合いで解決ができない場合には、裁判をすることになります。

裁判をすると、返還される金額は大きくなりますが、解決までに時間がかかる点が特徴です。

相談者様のメリットがより大きくなるように、専門家と一緒に考えていくことが大切です。

6.過払い金請求が多い高知県について

高知県にお住まいの相談者様が過払い金請求をおこなう際、「どの事務所に依頼すれば良いのか」という点が悩みどころとなるでしょう。

そもそも、普段弁護士や司法書士事務所に足を運ぶ機会自体があまりないという人がほとんどです。

そのため、高知県で過払い金請求をするときの基本的な知識として、高知県の弁護士の数や、司法書士事務所の特徴などを押さえておきましょう。

6-1.高知県の弁護士の数

高知弁護士会に所属する弁護士の数は90名前後で推移しています。高知県では、弁護士会に所属する弁護士の多くが高知市内に集中している点が特徴です。

高知市のほかにも、四万十市や安芸市などのエリアにも、弁護士は数名ずつ点在しています。

6-2.司法書士にも依頼できる

一般的に、「悩み事を解決したいけど、法律に詳しくないから困っている」という人が相談先として最初に思い浮かべるのは弁護士ではないでしょうか。

しかし、生活にまつわるさまざまな悩みやトラブルなどが発生した場合は、司法書士にも相談できます。

弁護士や司法書士に過払い金請求の依頼をする際、気になることのひとつとして報酬に関することが挙げられます。

日本司法書士連合会と日本弁護士連合会では、過払い金請求の報酬の上限が決められているのです。

したがって、弁護士と司法書士のどちらに依頼した場合でも、報酬に大きな違いが出るわけではありません。

具体的に、任意交渉の場合は返還額の20%、裁判で解決した場合は返還額の25%が報酬の目安といわれています。

もし、報酬に関することが不安な場合には、実際に司法書士や弁護士に依頼をする前に、しっかりと確認しておくと良いでしょう。

報酬に関することを質問して、明確な答えが得られないような事務所は悪徳事務所である可能性があります。

契約前に悪徳事務所であることがわかった場合は、依頼を控えることでトラブルを回避することができます。

高知県で司法書士に相談したいと考えているなら、無料相談などを利用してみると良いでしょう。

また、高知県には高知県司法書士会があり、無料で悩み相談をおこなっているため、このようなサービスも活用してみることがポイントです。

もし、お住まいの近くに司法書士がいる場合には、相談や対応の仕方について問い合わせてみましょう。

6-3.高知県の借金事情・過払い金請求事情

高知県は温暖な気候であることが有名な県です。加えて、山や川などの自然にも恵まれています。

そのため、高知県では、この温暖な気候を活かして、ビニールハウスでピーマンやトマト、ナスなどの野菜を育てる農業が盛んに行われている点が特徴です。

また、高知県は太平洋に面していることから、土佐のカツオやゴマサバ、マグロ漁業なども有名です。

ただ、高知では、急速に人口が減少しており、過疎化が深刻な問題となっています。そのため、サービス業などを中心として、債務整理をおこなうケースが増えています。

6-4.高知県の紹介

四国地方のなかで高知県は面積が最も広く、7104平方キロメートルにも及びます。加えて、高知県の人口は約70万人で、人口の多くが高知市に密集しているとう点が特徴です。

また、高知地方裁判所の本庁は、高知市に置かれています。ほかに、須崎、安芸、中村(四万十市)に地家裁支部および簡易裁判所が設置されています。

過払い金請求で裁判をすることになったら、お住まいの近くに裁判所があるかどうかも確認しておきましょう。

page top