徳島県で過払い金請求の対応に強いみどり法務事務所

過払い金とは、貸金業者からキャッシングなどで借入をした際に、知らないうちに払い過ぎてしまった利息のことをいいます。

2010年以前に借入をしていた場合や最後の借入から10年以内の場合は、過払い金が発生している可能性が高いです。

過払い金は自分で取り戻すか、司法書士などの専門家に相談して取り戻す方法があります。

徳島県で過払い金請求をしたいとお考えの方の中には、どの事務所に依頼すればいいか迷ってしまっている方もいるかもしれません。過払い金を取り戻すための事務所選びは、過去の過払い金請求の実績や事務所の信頼性などで判断することが重要です。徳島県で過払い金請求を成功させるために必要なポイントなどをご紹介します。

1.過払い金の返還実績が豊富な、みどり法務事務所で無料相談

みどり法務事務所は、成功報酬制です。着手金も発生しないため、初期費用は一切かかりません。

また、過払い金の調査も無料でおこなうことが可能です。不安に思っていることや疑問点などがある場合は、何度でも無料で相談することができるので、過払い金請求でお困りの方も安心して相談することができます。

まずは、過払い金請求の実績が豊富で、過払い金などの借金問題に高い専門性のあるみどり法務事務所に無料相談をして、過払い金がどのくらい発生しているのか、確認してみましょう。

2.徳島県で過払い金請求を依頼する事務所選びのポイント

徳島県で過払い金請求をする際には、どのように依頼する事務所を選べばいいのでしょうか。

過払い金請求を取り扱う事務所の中には、料金を水増ししたり、請求できる金額によって対応が遅くなったりするなどの、悪徳事務所もあります。

事務所を選ぶ際には、慎重に判断することが必要です。ここでは、徳島県で過払い金請求を依頼する際の事務所を選ぶポイントについてご紹介します。

2-1.過払い金など借金問題に強いこと

司法書士事務所や弁護士事務所ならどこに過払い金請求を依頼しても同じではありません。

法律相談には借金問題以外にも相続や離婚問題、労働問題、交通事故、刑事事件などさまざまな分野があります。

過払い金請求の相談をするなら過払い金請求の得意な事務所を選ぶことが大切です。

2-2.過去の実績

過払い金請求の手続きには、借入期間や時期、金額などによってケースはさまざまです。

貸金業者によっても多様な対応状況や過払い金請求のポイントなどがあります。そのため、過払い金請求や債務整理など、借金問題に高い専門性がある事務所を選ぶことが重要です。

具体的には、過去にどれくらいの過払い金の返還を取り扱ってきたのか、過払い金請求に関する相談を月にどれくらい扱っているのかなどの実績を参考にすると、その事務所の借金問題に関する専門性がわかり、よい判断材料となります。

過払い金請求の実績が豊富な事務所には、それぞれのケースに対するノウハウが蓄積されているため、多様なケースにも安心して対応を依頼することが可能です。

2-3.説明のわかりやすさ

過払い金請求を依頼する事務所を選ぶ際には、請求手続きの流れや必要になる期間、費用をわかりやすく説明してくれる事務所を選ぶと、安心して依頼することができます。

説明が不親切でわかりづらく、手続き等が理解できないまま依頼してしまうと、悪徳事務所の場合には費用を水増しされてしまったり、返還された過払い金を横領されてしまったりする場合があるため、注意が必要です。

まずは無料相談などを利用して、説明がわかりやすいかなどを判断してみるとよいでしょう。

2-4.事務所の信頼性

過払い金請求はメリットが大きいですが、状況によってはデメリットもあります。

過払い金請求を依頼する事務所を選ぶ際には、メリットだけでなく、デメリットも正しく説明をしてくれる、信頼性の高い事務所を選ぶようにしましょう。

メリットしか語らず、早期に契約を結ぼうとするような事務所は、要注意です。

2-5.過払い金請求の裁判

過払い金請求には、二つの方法があります。一つは、訴訟を起こし裁判をして請求する方法です。もう一つは示談など、交渉によって請求する方法です。

裁判や訴訟と聞くと、時間がかかったり、手続きが難しくなったりといった印象があるかもしれません。ですが実際には、裁判をおこなったほうが、返還される過払い金が多くなる場合があります。

そのため、過払い金請求をする事務所を選ぶ際には、裁判の提案をしてくれる事務所を選ぶとよいでしょう。

事務所によっては裁判を起こそうとすると強引に示談をさせられたり、対応してくれなくなったりする悪徳事務所もあるので、注意が必要です。

2-6.事務所の対応

事務所の対応も、過払い金請求を依頼する上で重要な判断材料になります。

事務所の対応をみるためには、無料相談などで実際に相談してみると、丁寧に対応してくれるのか、また迅速さや親切な態度で対応してくれるのかなどがわかるため、おすすめです。

対応がよくない事務所の中には悪徳事務所などもあり、過払い金を着服されてしまったり、過払い金が少額の場合には対応を放置されてしまったりする場合があるため、注意が必要です。

こういったトラブルに巻き込まれないためにも、まずは無料相談などを利用して実際の対応を間近でみて判断することが重要になってきます。

2-7.口コミや評判

良い口コミや評判が多いかどうかも、事務所を選ぶ上でポイントになります。

いまはインターネットで調べれば事務所の評判を知ることができます。事務所がどのような対応をするのか、どういったケースを対応してもらったかなど、多くの情報を得ることができます。

ただし、インターネットの情報だけが正しいとは限りません。一つの判断材料として、参考程度にするのがよいでしょう。

やはり一番安心なのは、無料相談を利用して実際の説明や対応を受けて選ぶ方法です。

3.徳島県の過払い金請求でみどり法務事務所が選ばれる理由

徳島県の過払い金請求はみどり法務事務所高知駅前事務所が対応します。

過払い金の調査だけでも無料なので、まずは、過払い金がいくら発生しているか実績豊富なみどり法務事務所でチェックしてみましょう。

遠方の方や事情があって外出が厳しい方は出張相談も承っておりますのでお問い合わせください。

みどり法務事務所は、徳島県での過払い請求で多くの方々に選ばれています。その理由となる、みどり法務事務所の特徴をご紹介します。

3-1.成功報酬のため、相談料・着手金が無料!

みどり法務事務所は成功報酬を採用しています。何度相談をしても相談料は無料で、初期費用がかかりません。

何度でも無料で相談できるため、不安なことを納得いくまで相談したり、雰囲気や対応をみるために気軽に相談したりすることができます。

また、払い金が戻ってこなかった場合は、費用はかかりません。過払い金を取り戻せた場合のみ支払えばよいので、安心して相談することが可能です。

3-2.過払い金返還額が累積90億円超の圧倒的な実績

みどり法務事務所はこれまで、総額90億5000万円もの過払い金を取り戻してきました。無料相談も月に500件もおこなっており、過払い金請求に圧倒的な実績と強みがあります。

調査の結果過払い金が発生していない場合でも、将来利息のカットや月々の返済額を軽減するお手伝いをすることが可能です。

過払い金請求の圧倒的な実績や借金問題の高い専門性が、選ばれている理由です。

3-3.全国に8事務所、遠方でも出張相談が可能

東京、札幌、名古屋、広島、岡山、松山、高知、熊本の全国8カ所に事務所があります。そのため、全国のみなさまのご相談に対応することが可能です。

これらの事務所から遠方にお住まいの方でも、ご安心ください。

みどり法務事務所では、出張相談もおこなっているため、ご希望の場所でご相談をお受けすることが可能です。そのほかにも、フリーダイヤルのお電話やメールでの無料相談もおこなっています。

3-4.お会いするのは1度だけ、負担を軽減

過払い金の請求では、ご相談から利息の調査の説明、訴訟や交渉の準備など、何度も事務所までお越しいただく必要があると、それだけで相談者様の負担は大きなものになってしまいます。

みどり法務事務所では、相談者様とお会いするのは、原則として初回の面談1度のみです。何度も事務所までお越しいただくなどして、ご負担をかけることはありません。

お忙しい方や遠隔地にお住まいの方でも、普段の生活の中で負担を増やすことなく、相談から過払い金請求までをおこなうことができます。

3-5.面倒な資料などの準備は一切不要

借入した際の明細がなかったり、当時のカードがなかったりなどで、過払い金請求をためらっている方も多いです。

ですが、みどり法務事務所では、相談者様の情報や借入先貸金業者が分かっていれば、過払い金の調査を開始することが可能です。

貸金業者名が不確かな場合や、合併により名前がわからなくなった場合でも、入念に調査するため、安心してご依頼いただけます。

まずは無料相談などを利用して、調査可能かどうかを事前に確認することもおすすめです。

3-6.信頼性のある親切・丁寧、迅速な対応

みどり法務事務所では、過去の過払い金返還額累積90億円超の圧倒的な実績から、たくさんの相談者様のご意見を反映し、常にサービスの向上を心がけています。

相談者様から「対応がとてもよかった」「とても親切で気持ちがよかった」「丁寧に対応してもらった」などといった声をいただいています。

最初は不安だったけれど、思い切って電話相談をしたら、親切な対応で安心して依頼することができたといった声が多いです。

過払い金請求を検討する相談者様の多くは、不安な気持ちもあわせ持っている場合がほとんどです。みどり法律事務所は、そんな相談者様のお気持ちに寄り添った丁寧な対応をおこなっています。

3-7.メリットだけでなく、デメリットもきちんとご説明

過払い金請求には、メリットだけではなくデメリットもあります。メリットはいうまでもなく、払い過ぎた利息が戻ってくることです。

デメリットは借入た貸金業者から借入ができなくなる、その貸金業者のクレジットカードが利用できなくなるといった点です。

事務所によっては、こうしたデメリットをきちんと説明しないで手続きを開始してしまう事務所もあります。

みどり法務事務所では、こうした相談者様にとってデメリットとなる情報も含めた、正しい情報をきちんとご説明した上で、最善の解決策をご提案しています。

3-8.徹底した秘密厳守で、ご家族と同居の方も安心

過払い金請求を検討している相談者様の中には、家族に知られないで手続きをしたい、と考えている方もいらっしゃいます。

過払い金請求について相談してみたいけれど、家族に知られるのが不安で相談できない方もいるかもしれません。

みどり法務事務所では、このようにご家族や勤務先などにお手続きを知られたくない相談者様のために、郵送物の配送時間やご連絡する時間帯などを、個々の相談者様に合わせて対応させていただいています。

そのため、ご家族に知られることもなく、安心してお手続きを進めていくことが可能です。

4.徳島県で過払い金請求するなら、悪徳事務所とのトラブルに注意

過払い金の請求は、利息制限法に基づいておこなわれる、消費者としての当然の権利です。

利息制限法の上限金利と出資法の上限金利が同じに設定された2010年以降、過払い金請求の認知度が上昇しました。テレビCMなどでも過払い金請求の情報が放映されています。

こうした流れの一方で、お金が戻ってくるという心理を利用して、依頼者からお金を騙し取る悪徳事務所とのトラブルも増えてきています。

ここでは、どのようなトラブルが多いのかについて、ご紹介します。

4-1.取り戻せるはずの過払い金金額が、大幅に減額されてしまう

悪徳事務所の中には、貸金業者と交渉をせずに、相談者様が納得できないような低い返還金額でも、強引に和解させようとしてくる事務所があります。

こういった事務所は、過払い金返還が成功した際の手数料で手っ取り早く儲けようとしています。

そのため、相談者様が返還金額に納得しておらず交渉を望んだとしても対応してくれなかったり、裁判を起こそうとしても強引に和解で済ませようとしてきたりする場合もあります。

また、事務所は通常返還に成功すると、成功報酬額や過払い金の回収率などが明記された書類を相談者様に渡すことになります。

しかし、悪徳事務所の中にはこうした書類を発行せず、返還金額を着服する事務所もあります。

相談者様にとってはこうした書類が発行されない場合、返還された金額自体を知ることができないため、着服されていることに気づけない場合もあります。

そのほかには、返済するべき借金が残っていたといって過払い金を着服するケースもあります。

借金を返済中に過払い金請求をした場合、借金と同額の過払い金が返還されたと報告し、実際には借金を上回る返還額があったとしてもそれを着服するといったケースもあります。

4-2.悪徳事務所にとって都合のいい貸金業者しか手続きしない

複数の貸金業者に対する過払い金請求をした場合、多額の過払い金が発生する貸金業者の案件だけを進め、他の案件は放置されてしまうといったケースもあります。

本来であれば依頼があった順番で案件を処理していくべきですが、悪徳事務所の場合には、高額報酬が見込めない案件は対応を後回しにされてしまうのです。

放置されている間に貸金業者の営業が悪化して倒産したりすると、過払い金請求ができなくなってしまったり、請求できる金額が少なくなってしまったりする場合もあります。

また、過払い金請求は最後の取引から10年以内でなければ行えないため、放置されている間に、時効が成立してしまう可能性もあります。

最悪の場合には、請求できたはずの過払い金が、請求ができなくなってしまう可能性も。

過払い金請求をする際には、事務所に任せきりにするのではなく、自分で手続きの進捗状況を確認することが重要になってきます。

対応があまりにも遅い場合には、悪徳事務所である可能性が高いため、早急に信頼できる他の事務所に相談するほうがよいでしょう。

5.徳島県で多い過払い金請求について

5-1.過払い金請求とブラックリストの関係

「ブラックリストにのる」とは、信用情報機関に借金の返済の遅れや借金が返せなくなり債務整理をしたといった情報が登録され、新規借入ができなくなったり、クレジットカードの利用ができなくなったりすることをいいます。

また新しいローンを組むことができなくなります。以前は過払い請求をおこなうと、このようなブラックリストにのった状態となってしまっていました。

しかし、2010年より過払い請求を行ったことが信用情報に登録されることはなくなり、現在では過払い金請求をしても、ブラックリストにのることはなくなっています。

借金を返済中に過払い金請求をした場合は、過払い金請求をして返還された金額によって借金残高がゼロになれば、ブラックリストにのることはありません。

しかし、過払い請求をおこなう貸金業者によっては、一時的にブラックリストに乗った状態になってしまう場合があります。

過払い金請求によって返還される金額が借金の金額を上回っていたとしても、過払い金請求の手続きが完了するまでの間は、一時的にブラックリストにのった状態になってしまうということです。

過払い金請求の手続きが完了した際にはブラックリストからはずされ、信用情報の登録が消えるため、ご安心ください。

5-2.誰でも請求できるわけではない!過払い金発生の条件とは?

過払い金は、カードローンやキャッシングなどで、貸金業者に支払い過ぎていた利息のことをいいます。

そのため、誰でも請求できるものではなく、過払い金が発生する条件があります。

具体的には、利息制限法の上限金利15%~20%と、出資法の上限金利29.2%の間であるグレーゾーン金利と呼ばれる金利で借入をしていた場合が当てはまります。

ただし、借入をおこなっていた貸金業者が倒産してしまった場合や、最後の取引から過払い請求ができる10年を過ぎている場合は請求ができません。そのため、過払い金請求は早急におこなうことが重要です。

5-3.過払い金請求の手続きの流れはどうなっているの?

過払い金の請求手続きは、お問い合わせ、ご相談、ご契約、調査、交渉・訴訟、過払い金返還・返済交渉終了、といった流れになります。

まず、フリーダイヤルのお電話もしくはメールにてお問い合わせをします。最初のお問い合わせでは、簡単な状況をお伺いいたします。

次に、事務所にご来所いただいて、お伺いした状況をもとに、相談者様一人ひとりに合った過払い金請求手続きや債務整理の手続きについて、ご説明をします。

ここまでのお問い合わせやご相談は、無料でおこなっているため、料金が発生することはありません。

わかりにくい点や不安に思っていることがある場合には、何度でも無料で相談をすることも可能です。そのため、お気軽にご相談いただくことができます。

次に、ご説明させていただいたお手続きの内容や費用、要する期間などにご納得いただいたうえで、相談者様と司法書士との間でご契約書をとりかわします。

悪徳事務所のように、気がついたら契約していたといったことがないよう、納得いくまで相談をした上で、きちんと明文化した契約書をとりかわします。

ご契約後に、払い過ぎた利息の金額や取引履歴などを確認し、調査をおこなっていきます。

その次に、相談者様ときちんとご相談しながら、相談者様のご希望にそって、過払い金請求のための貸金業者との交渉や、訴訟をおこなっていきます。

そして最後に、過払い金の返還時期や返還される金額など、結果を相談者様にご報告いたします。

5-4.過払い金請求で重要となる、引き直し計算

過払い金の請求において、どのくらいの金額の過払い金があるのかを正確に計算することは、とても重要です。

計算が間違っていたり、実際の過払い金額と異なっていたりすると、過払い金請求ができなくなってしまう場合もあります。

その正しい過払い金額を求める方法が、引き直し計算です。引き直し計算とは、本来よりも高い金利で返済した借金を、本来の正しい金利で返済した金額に計算し直す方法です。

引き直し計算をすれば、支払い過ぎた利息と本来払うべき利息の差額を算出することができ、過払い金を算出することができます。

2010年までは、出資法の上限金利は、29.2%でした。一方の利息制限法の上限金利は、10万円未満は20%、10万〜100万円未満は18%、100万円以上は15%です。

こ利息制限法上限金利を上回った金利で借金を返済していた場合は、過払い金が発生している可能性が高いため、この上限金利を用いて、引き直し計算をします。

引き直し計算は、自分で計算することもできます。その場合はまず、貸金業者より取引履歴を取得します。

取引履歴を入手したら、過払い金計算ソフトを使って、引き直し計算を行います。

過払い金計算ソフトは無料のものもインターネット上で公開されているため、そういったものを利用することも可能です。

引き直し計算は自分でもできますが、貸金業者の中には個人からの取引履歴の請求は後回しにして、司法書士や弁護士からの依頼を優先させる業者もあるため、時間がかかる場合があります。

また万が一計算が間違っていた場合には、貸金業者から過払い金請求を断られる場合があります。そのため、自分でおこなう際には、十分な時間や慎重に対応することが必要です。

過払い金請求に高い専門性がある事務所に依頼をすると、難しい計算も正確におこなうことができ、時間も早いです。取引履歴を取り寄せるなどの手間もかかりません。

6.過払い金請求が多い徳島県について

徳島県の弁護士事務所の数は、2018年3月31日現在、52事務所、94人の弁護士が活躍しています。

そのため、過払い金の請求を依頼するのに不便はないでしょう。また司法書士は、2019年2月5日現在、142人の司法書士が活躍しています。

徳島県には弁護士よりも多くの司法書士が活躍しているため、弁護士よりも過払い金の請求依頼がしやすいです。人口は2018年10月1日現在73万6475人で、その35%は県庁所在地である徳島市に集中しています。

そのため、過払い金請求をおこなう事務所も、徳島市に集中しています。依頼する事務所を探す際には、徳島市市内で探すと、選択肢が最も多くあります。

遠隔地にお住まいの場合は、事務所がおこなっている無料の出張相談やフリーダイヤルの電話やメールでの相談が便利です。

四国地方に位置する徳島県は、鳴門の渦潮や阿波踊りなどが有名です。特に阿波踊りは400年ほどの伝統があります。

吉野川や勝浦川といった多くの自然が残っており、観光資源が豊富な土地です。県内でもっとも長い川は那賀川で、延長125kmもの距離があります。

農産物ではすだちが有名で、全国のほとんどの生産シェアを徳島県が占めています。そのほかには、養鶏も盛んです。徳島県は山地の多い地形で、土地の大部分を山岳地帯が占めています。

川などの水資源が豊富ですが、一方で長い間、治水が問題となっています。県全体が温暖な気候で、北部は瀬戸内海式気候、南部は太平洋側気候に属しています。

吉野川周辺では野菜の生産が盛んです。鳴門金時をはじめ、すだち、カリフラワー、レタス、にんじんといった多様な野菜が生産され、主に京阪神方面へと出荷されています。

観光地としては、大麻比古神社やとくしま動物園、奥祖谷二重かずら橋などが有名です。奥祖谷二重かずら橋は清流と森の緑に囲まれた場所で、徳島の自然を満喫できる場所です。

大麻比古神社はお正月には20万人以上もの人が訪れる、古くから親しまれている神社です。桜の名所としても有名です。

その他にも琵琶の滝や大菩薩峠、蒲生田岬、ドイツ村公園・ドイツ館、上勝町の棚田、灌頂ヶ滝、大塚国際美術館といった多くの見所がある場所です。

page top