岐阜県で過払い金請求の対応に強いみどり法務事務所

岐阜県にお住まいの方で過払い金請求をしようとお考えの方はおられませんか?

過払い金請求をするうえで、大切なことは信頼できる事務所へ依頼することです。

信頼できる事務所を見極めるためのポイントには、過去の実績やかかる費用をわかりやすく説明してくれることなどが挙げられます。

みどり法務事務所は過払い金請求や債務整理に強い事務所として、たくさんのお客様からご依頼を受けて数多くの問題を解決してきました。

岐阜県で過払い金請求を成功させたい方は、ぜひご連絡ください。

1.過払い金の返還実績が豊富なみどり法務事務所で無料相談

過払い金請求をご検討しておられる方のなかには、「料金体系がわかりにくい」という理由で専門家への依頼を躊躇している場合もあるのではないでしょうか。

みどり法務事務所は、成功報酬制で過払い金請求のご依頼を受け付けています。

相談料は無料であるうえ、依頼時にいただく初期費用はありません。

また、過払い金の調査も無料で受け付けています。つまり、過払い請求が成功しないかぎり、費用をいただくことはありません。

まずは過払い金が発生しているかどうかを、経験豊富なみどり法務事務所でチェックしましょう。

2.岐阜県で過払い金請求を依頼する事務所選びのポイント

2-1.信頼できる事務所を選ぶポイント

過払い金請求をするときは、信頼できる事務所を見つけなければいけません。

事務所を選ぶときは、相談や打ち合わせに便利だからという理由で自宅から近いところを選んでしまう人もいるでしょう。

しかし、過払い金請求にあたって最も大切なのは、「過払い金を1円でも多く取り戻せる事務所を選ぶこと」です。

それは、必ずしも自宅から近い事務所ではありません。事務所によっては出張無料相談をおこなっていたり、解決までに1度しか会わなくてもよかったりするところもあります。

つまり、自宅から近い事務所を選ぶよりも親身になって、話を聞いてくれる事務所を選ぶほうがよいといえます。

ポイント1:無料相談の対応

多くの事務所では、過払い請求の相談を無料で受け付けています。

どの事務所に依頼するか決めていない場合は、複数の相談窓口を利用して事務所の雰囲気を確かめてみるとよいでしょう。

その際のチェックポイントは、「こちらの心配事をしっかりと聞いてくれるか」です。

対応の悪い事務所では、過払い金請求の依頼を受け付けて報酬を得ようとするあまり、依頼主の心配事にしっかりと向き合ってくれないケースがあります。

そのような事務所に依頼してしまうと交渉途中のコミュニケーションがうまくいかず、トラブルの原因となってしまうでしょう。

上から目線で対応したり、営業トークを中心に話を進めたりする事務所は選択肢から外しておいたほうが無難でしょう。

ポイント2:要望したときにすぐに面談してくれるか

無料相談の対応がとてもよかったので依頼した事務所でも、残念ながら「依頼をしたあとの態度が非常に悪かった」という事例もあります。

たとえば、依頼をしたあとに担当者がまったく会ってくれず、すべての手続きを電話と郵送だけで完結させようとする事務所です。

効率化というと聞こえが良いのですが、そのような事務所は流れ作業のように手続きをしている場合が多く、実際には過払い金の返還率が悪かったりします。

つまり、依頼主よりも事務所の利益を優先されているケースです。

優良事務所のなかには「依頼主に手間をかけさせないために」面談回数を最小限に抑えている事務所はありますが、要望しても面談をしてくれない事務所は要注意だといえます。

ポイント3:面談するのは専門家かどうか

過払い金請求をおこなう事務所には、司法書士や弁護士などの専門家以外にも書類整理や簡単な電話対応をおこなう事務員がいます。

問い合わせ程度の連絡であれば事務員が対応することも多いですが、過払い金請求の交渉で面談しなければいけないようなときも事務員しかでてこない事務所は要注意です。

過払い金請求を解決するための専門的な資格は司法書士や弁護士なので、事務員はいくら経験年数が長くても立場上は素人と変わりません。

優良事務所は、専門家自らが依頼主の疑問に答えてくれるものなので、そのような事務所を選ぶようにしましょう。

2-2.過払い金請求の実績は豊富かどうか

事務所を選ぶときは、過払い金請求を得意としているところに依頼するべきです。/p>

過払い金請求を専門的に扱う資格としては弁護士と司法書士がありますが、すべての専門家が得意としているわけではありません。

たとえば、刑事事件を専門に扱っている弁護士事務所では民事の過払い金請求を依頼しても断られる可能性があります。

また、民事を扱っている弁護士事務所であっても主に企業弁護を担当している場合、企業の利益を侵害する恐れがあるため過払い金請求を受け付けてくれない可能性があるのです。

専門分野でない可能性があるのは司法書士でも同様で、たとえば不動産登記や相続を専門に扱っている場合、過払い金請求を苦手としている事務所もあります。

過払い金請求をスムーズに進めるためには、過去の実績や交渉のノウハウが重要です。

あまり経験のない事務所へ依頼すると交渉が長期化したり、返還される過払い金が少なくなったりするかもしれません。

依頼先の事務所を探すときは、無料相談を申し込む前にホームページや電話での問い合わせで過去の実績を調べておく必要があります。

費用の説明は明確か

債務整理や過払い金請求などにかかる費用は事務所ごとによって異なります。

報酬体系によって、相談者が支払う金額が思っていたよりも高くなることもあるので、事前の無料相談などでしっかりとした説明を受けるようにしましょう。

わからないことがあれば、積極的に確認するべきです。

万が一、費用の説明についてあいまいだったり、嫌がったりするようであれば、あとからトラブルになる可能性もあるので依頼するのはやめておきましょう。

依頼にかかる費用とは

司法書士や弁護士に依頼した場合にかかる費用は、おおまかにわけると「初期費用」「成功報酬」「実費」の3つです。

初期費用は相談から依頼までにかかる費用で、基本報酬や着手金といった名目となっています。相談料については多くの事務所が無料なので、最初からかからないところで相談するとよいでしょう。

成功報酬とは過払い金を取り戻せたときに支払う費用です。実際には取り戻した過払い金から差し引く形で支払います。

着手金を取らない事務所のなかには成功報酬を高めに設定しているところもあるので、依頼するときは他の事務所と比較するようにしましょう。

また、貸金業者との過払い金交渉には郵送代や通信費など、さまざまな費用がかかります。そうした交渉にかかる実費を依頼主へ請求するケースがあるということは覚えておきましょう。

費用を比較するときの注意点

初期費用や成功報酬などの費用を事前に確認することは大切です。しかし、交渉の進展具合によっては追加費用を請求される可能性があるので、注意しなければいけません。

たとえば、貸金業者との話し合いで折り合いがつかず、裁判になったケースです。裁判になると書類の提出が増えるうえ、話し合いで解決する場合と比べて印紙代などの費用が余計にかかります。

また、裁判になると専門家の負担も増えるので成功報酬がより高くなるケースが多いです。

無料相談を受けるときは、あとから追加で発生する可能性のある費用の有無についてもしっかり確認するようにしましょう。

そのほかの注意点としては、減額報酬が挙げられます。

減額報酬とは、実際に支払った金額と債務整理をしたことによって再計算された金額の差額に対してかかる報酬です。

つまり、借金を減額した金額に応じて支払わなければいけない費用だといえます。成功報酬と混同してしまう人もいるので、気を付けるようにしましょう。

3.岐阜県で過払い金請求するならみどり法務事務所

岐阜県の過払い金請求はみどり法務事務所名古屋事務所が対応します。

過払い金の調査だけでも無料なので、まずは、過払い金がいくら発生しているか実績豊富なみどり法務事務所でチェックしてみましょう。

遠方の方、事情があって外出がむずかしい方は出張相談も承っておりますのでお問い合わせください。

3-1.岐阜県の過払い金請求でみどり法務事務所が選ばれる理由

いただく費用は基本的に成功報酬のみ!相談料や着手金は0円

過払い金請求をする事務所の料金体系は、一般消費者からするとわかりにくい場合があります。

そのため、過払い金請求したくても二の足を踏んでしまう方もおられるのではないでしょうか。

そこで、みどり法務事務所では料金体系を成功報酬制とすることで、お客様にわかりやすくなるようにいたしました。

お客様からいただく費用は、基本的に成功報酬のみとなりますので、相談時にいただく相談料や依頼した時点で発生する着手金はかかりません。

つまり、過払い金請求に成功しないと費用は発生しないのです。徹底したお客様目線でご依頼を受けるよう心掛けています。

過払い金返還額90億円超の実績

過払い金請求を依頼する事務所を選ぶポイントの1つに、過去の実績が豊富な事務所を選ぶというものがあります。

なぜなら、過払い金請求にあたっては貸金業者との交渉を有利に進めなくては、満足な過払い金が返還されないからです。

そのためには、法律に関する知識が十分なだけではうまくいきません。

実際の交渉はケースバイケースの部分が大きいので、過去の経験と照らし合わせて最善の方法を選択しなければいけないからです。

その点、みどり法務事務所では過去の過払い金返還額の総額は90億円を超えているので実績も十分です。安心してご依頼ください。

名古屋事務所からの出張にも対応!まずはお電話やメールでご連絡ください

過払い金請求をおこなう事務所を探すときに、ついつい自宅に近いエリアで探しがちです。

しかし、司法書士や弁護士にもそれぞれに専門分野があるので、自宅に近い事務所が必ずしも過払い金請求が得意だとは限りません。

少しでも多くの過払い金を取り戻すためには、過去の実績が豊富な過払い金請求を専門に扱っている事務所に依頼するべきです。

みどり法務事務所は全国に8事務所を構えており、岐阜県にお住いの方には名古屋事務所から出張して伺います。

無料のフリーダイヤルや24時間受付が可能なメールでのご相談も受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

お会いするのは1度だけで過払い金請求を解決します

過払い金請求を事務所へ依頼するメリットとして、お客様の手間を少なくすることが挙げられます。

せっかくご依頼していただいたにもかかわらず、何度も面談をおこなうと司法書士が代理で手続きをする意味がありません。

みどり法務事務所では特段の事情がなければ、たった一度の面談で過払い金請求を解決することが可能です。

ご依頼時には個人情報を取り扱う関係上、お会いしていただく必要がありますが、その後はご希望がなければ面談のためにお客様の貴重なお時間をいただくことはありません。

もちろん、交渉途中で疑問点や気になることがありましたら、別途ご相談ください。

資料などの準備はなくても調査いたします

過去の過払い金請求では、取引明細などの資料を紛失してしまっているケースもあります。

しかし、手元に資料がなかったとしても諦めてはいけません。

みどり法務事務所では、お客様情報とお借入先さえわかれば、過払い金調査をおこなっています。

相談料や過払い金の調査に関する費用は無料なので、安心してお申込みください。

ご家族にも秘密厳守します

過去の借金を家族には内緒にしておきたいと考えている方もおられるのではないでしょうか。

過払い請求を司法書士などの専門家に依頼するメリットとしては、貸金業者とのやりとりは事務所を通してすることになるので、ご家族にバレにくいことが挙げられます。

しかし、事務所によっては郵便物や電話連絡などの対応を配慮せずにおこなうところもあるのが事実です。

みどり法務事務所では、郵送物の送付やご連絡する時間帯などをお客様のご要望に合わせておこなっています。

たとえご家族の方であっても秘密厳守を心がけているので、誰にも知られずに過払い請求したい方は、ぜひご検討ください。

4.岐阜県で過払い金請求するなら悪徳事務所とのトラブルに注意

過払い金請求は個人でおこなうこともできますが、貸金業者との交渉を考えると知識のない素人がするのは実際には難しいです。

また、交渉するにあたっては書類の準備などで時間や労力がかかります。

個人でおこなうのが難しいと感じる人は、専門家の事務所へ依頼するとよいでしょう。

しかし、事務所によっては依頼主をだまそうとする悪徳事務所があるので注意しなければいけません。そこで、この段落では悪徳事務所の事例を4つほど紹介します。

4-1.戻ってくる過払い金が少ない

事例その1.貸金業者と交渉をせずに和解してしまう

過払い金請求を依頼する専門家は、本来依頼主の利益のために業務を遂行しなくてはいけません。

しかし、悪徳事務所と呼ばれる事務所のなかには、司法書士や弁護士といった専門家が貸金業者と裏で手を組んでいるケースがあります。

具体的には返還する金額を大幅に減額するかわりに、短期間で和解するといった約束を内緒で取り付けている場合です。

貸金業者は返還する金額が少なくなり、悪徳事務所は手間をかけることなく短期間で案件を解決できます。

それに対して、依頼主には大きなメリットはありません。

早期の解決につながることはメリットですが、返還される金額が少なくなることはそれ以上のデメリットだといえるでしょう。

事例その2.過払い金を着服されてしまう

悪徳事務所のなかには、返還された過払い金を着服する事務所も存在します。

過払い金請求を専門家へ依頼する場合、すべての手続きは事務所を通して行います。

それは、過払い金の返還にあたっても同様です。一般的には事務所の口座へ過払い金が振込まれたあと、報酬などを差し引いて依頼主の口座へ返還される流れとなります。

悪徳事務所はこの流れを利用して、当初の契約以上の報酬をこっそり差し引いたり、和解や裁判で解決した内容よりも低い返還額を依頼主に教えたりすることで、着服するのです。

たとえば、完済後の過払い金請求で架空の残債が存在したと説明するケースが挙げられます。

仮に、返還すべき過払い金が100万円あった場合、交渉の過程で架空の残債50万円が見つかったと嘘をついて、差額の50万円部分しか依頼主の口座に振り込まないという方法です。

また、借金の返済期間中に過払い金請求する場合は、完済したので返還される金額は発生しないという嘘をつくケースもあります。

実際には借金の残額を上回る過払い金が返還されていたにもかかわらず、すべて悪徳事務所が着服するというパターンです。

4-2.悪徳事務所にとって都合のいい貸金業者しか手続きしない

事例その3.報酬がでない貸金業者は放置されてしまう

悪徳事務所のなかには、依頼された貸金業者の名前を見て積極的に行動しないパターンもあります。

過払い金請求の対応は貸金業者ごとに若干違うのが現実です。

交渉にかかる時間や経費がもったいないので、早めに解決を目指す貸金業者がいれば、1円でも返還する金額を減らすために徹底的に争う姿勢を見せる会社もあります。

そのため、依頼された会社のなかから報酬をとりやすい業者を優先的に解決してしまう事務所もあるのです。

このケースでは、報酬がとりにくいと判断された依頼は後回しになってしまい、なかなか解決しません。

最悪の場合は完全に放置されてしまっているパターンもあります。

過払い金請求には「完済してから10年未満」という時効があるので、注意しなくてはいけません。

事例その4.過払い金が少額の貸金業者は放置されてしまう

事務所が過払い金請求の報酬として受け取る費用には成功報酬があります。

成功報酬は、過払い金で返還された金額に対してかかるものなので、基本的に返還額が多ければ多いほど増えます。

そのため、自分たちの利益しか考えない悪徳事務所のなかには、引き直し計算をした時点で過払い金が多いと判断された案件から優先的に解決するケースがあるのです。

専門家に依頼したからといって、すべてお任せにするのではなく、進捗状況については逐一確認するようにしましょう。

5.岐阜県で多い過払い金請求について

5-1.過払い金請求を専門家に依頼するメリット

帰ってくる過払い金請求が増える可能性が高くなる

過払い金請求を個人でやるよりも、専門家に依頼したほうが返ってくる金額は大きくなる可能性が高いです。

なぜなら、法律の専門家である司法書士などが対応すると、貸金業者側は適当な対応ができなくなるからです。

個人であれば言いくるめられているような相手の主張であっても、専門家であれば法律に則っているものであるかどうかを判断できます。

貸金業者にもよりますが、一般的な返還率は個人で請求した場合で40~80%だといわれています。

それに対して、専門家に依頼すると60~100%+利息の返還が期待できるのです。

専門家に依頼すると報酬を支払わなくてはいけなくなりますが、より多くの過払い金を取り戻せるケースも多いので、まずは相談してみましょう。

解決するまでの時間が短くなる

専門家に依頼すると個人で解決しようとするより、短期間で交渉が終わる場合が多いです。

交渉にかかる期間は、裁判までもつれるかどうかにもよりますが、一般的には個人請求で6~12カ月、専門家に依頼した場合は3~10カ月が目安といわれています。

専門家に依頼したほうが早く解決しやすい理由としては、貸金業者に対してプレッシャーがかかることが挙げられます。

個人での請求では回答までに時間のかかる質問も、専門家が行えば素早く処理してくれるケースが多いです。

実際に解決するまでの期間は、貸金業者の対応などによっても変わりますが、最大で数カ月も早く解決できる可能性があります。

少しでも早く過払い金請求を解決したい場合は、専門家に依頼することをご検討ください。

交渉するための手間や時間がかからない

過払い金請求にあたっては、さまざまな事務処理を行わなくてはいけません。

専門家の事務所へ依頼すると、基本的にすべての手続きを代行してくれるので、依頼主にかかる負担は大幅に軽減されます。

過払い金請求をおこなうためには、まず過去の取引履歴を取り寄せてから、引き直し計算をして実際に過払い金があるかどうかを判断します。

その後、貸金業者へ返還請求書を送付し、話し合いをおこなって解決しない場合は裁判をおこすのが一般的です。

知識のない個人がおこなう場合は、それぞれの手続きでゼロから勉強しなければいけません。

また、慣れない作業をおこなうと、いつも以上に疲れるものです。

専門家に依頼すれば、普段どおりの日常生活を送りつつ、過払い金問題を解決できます。

5-2.過払い金請求の注意点

過払い金請求をおこなうときは、完済後と返済期間中でそれぞれ注意点があります。

注意点に気を付けながら、実際に過払い金請求するかどうかを検討しましょう。

完済した借金に対して過払い金請求する場合

完済している借金に対して過払い金請求する場合の注意点は「過払い金請求する貸金業者にほかに借金がないかどうか」です。

たとえば、クレジットカード会社と交渉する場合、過払い金の対象となるキャッシング枠だけでなくショッピング枠の借金がないかを確認する必要があります。

なぜなら、過払い金請求で返還される金額は、ショッピング枠の借金とも相殺されるからです。

つまり、返還額よりもショッピング枠の残額のほうが大きければ、手元に返ってくるお金は発生しないことになります。

とくに吸収合併しているような企業相手に過払い金請求するようなケースでは注意が必要です。

たとえば、過去にAとBという業者相手に借入をしていたとします。

その後、BがAに吸収されたことを知らずに過払い金請求をしてしまうと、仮にAの借金は返せたとしてもBの借金を相殺したときに完済できない恐れがあります。

基本的に吸収合併した企業では、たとえ契約時点で別の会社であっても依頼主へ返金するよりも先に借金と相殺するのが一般的だからです。

返済期間中に過払い金請求する場合

返済期間中に過払い金請求する場合の注意点は「ブラックリストにのらないようにすること」です。

ブラックリストに登録されてしまうと、新規の借入やクレジットカードの作成が非常に難しくなります。

ブラックリストにのるリスクと取り戻せる過払い金の金額を考慮したうえで請求するかどうかを検討しましょう。

ブラックリストにのる可能性があるのは、「過払い金請求をしたにもかかわらず、完済できない場合」です。

つまり、過払い金請求で返還されるお金を借入残額に充当するだけなので、借金の減額とみなされて「債務整理」という扱いになってしまうからです。

どれぐらい過払い金が返還されるかは、請求する予定の貸金業者の過去の支払い状況や、引き直し計算をしてみた金額によってある程度推測できます。

返済期間中の人は、とりあえず返還されそうな金額を概算で算出してみてから、実際に請求するかどうかを検討したほうが無難です。

間違っていたら大変なので、貸金業者の過去の支払い状況や正確な引き直し計算の仕方については、専門家に相談してみるほうがよいでしょう。

6.過払い金請求が多い岐阜県について

岐阜県について

岐阜県は愛知県や静岡県と共に東海地方に属しており、隣接する長野県や滋賀県と同様に海に面していない内陸県です。

岐阜県は県の南部に位置する美濃地方と北部の飛騨地方から成り立っています。

南部の美濃地方は濃尾平野の一部が広がり、低地部分が多いのが特徴です。

県の南西部は岐阜圏域エリアとも呼ばれており、県庁所在地の岐阜市を中心として数多くの公的機関や商業施設が集まっていて賑やかな地域となっています。

また、JR東海道本線や名古屋鉄道といった鉄道や名神高速道路などで、東海地方の中心都市である名古屋市へのアクセスも良いです。

そのため、名古屋市方面へ出勤や通学をしている人も多く、名古屋市のベッドタウンとしての側面も持っています。

一方、県の北部にある飛騨地方は、標高3000mを超える山々が連なる飛騨山脈を中心とする山岳地帯です。

高山盆地のような平地では一部市街化しているエリアもありますが、ほとんどの地域が自然豊かな環境を残しています。

また、飛騨地方は豪雪地帯として全国でも有名な場所です。

世界遺産に認定されたことで有名な白川郷の合掌造りは飛騨地方にあります。

昔ながらの街並みと豊かな自然を感じられる、観光地としても人気のあるエリアです。

岐阜県の専門家・貸金業者事情

岐阜県には2017年11月時点で、354人の司法書士が司法書士連合会に登録されていて、弁護士も197人が岐阜県弁護士会に所属しています。

一方、日本貸金業協会が公表している名簿によると、岐阜県内にある貸金業者は全部で9つです。

貸金業者の所在地としては、比較的人口の多い岐阜県南部が多くなっています。

岐阜県南部に該当する岐阜市や大垣市、羽島市で合計8社あるのに対して、北部の飛騨市では1社しかありません。

とはいうものの、全国展開しているような貸金業者の看板は、中規模程度の都市であってもそれなりに多くみかけます。

たとえ貸金業者の少ない地域であっても、過払い金が発生している可能性はゼロではありません。

岐阜市にお住いの方であれば、みどり法務事務所の名古屋事務所が対応いたします。

相談料や初期費用は一切いただいておりませんので、お気軽にご相談ください。

page top