三重県で過払い金請求の対応に強いみどり法務事務所

三重県にお住まいの人のなかにも、過払い金請求をしようとお考えの人も多くいることでしょう。ただ、どの事務所に依頼すればいいのか迷っていませんか?

過払い金請求を手助けしてくれる弁護士事務所や司法書士事務所を選ぶ際には、いくつかポイントがあります。

同じ弁護士事務所や司法書士事務所でも、それぞれ得意とする分野を持っていることがあるため、過払い金請求に実績があるかどうかが大切です。

また、なにより信頼できる事務所かどうかを見極めることもポイントになります。

1.過払い金の返還実績が豊富なみどり法務事務所で無料相談

みどり法務事務所は過払い請求や債務整理などを専門としている司法書士事務所で、豊富な実績やノウハウがあります。また、みどり法務事務所は成功報酬であるため、初期費用は0円です。

相談だけなら何度でも無料で、過払い金の調査をするだけの場合も報酬は発生しません。

そのため、自分に過払い金があるかどうかを調べてみたいという人は、一度実績豊富なみどり法務事務所でいくら過払い金が発生しているかをチェックしてみましょう。

2.三重県で過払い金請求を依頼する事務所選びのポイント

2-1.借金問題に強い事務所を選ぶ

過払い金請求を依頼する事務所を選ぶとき、まずは過払い金請求や債務整理をはじめとした借金問題を専門に扱っている事務所かどうかという点をチェックすることが大切です。

弁護士事務所や司法書士事務所が扱う案件の分野は広く、借金問題はそのひとつに過ぎません。

もちろん、法律の専門家として事務所を開いている以上、その資格で扱える仕事はすべて対処することが可能ですが、専門におこなっているかによって経験値が変わっていきます。

みどり法務事務所のように、過払い金請求を得意とする分野を持っている事務所はそれだけノウハウが蓄積され、実績も豊富になります。

専門分野を集中して取り扱い、実績を上げている事務所のほうが、その分野においては強いということも当然です。

ただ、実績といっても、単に扱っている件数が多いというだけではなく、きちんと過払い金請求を成功に導いているかどうかを見極める必要があります。

2-2.相談者の立場に立ってくれるかどうか

専門家ではない依頼者にとって、過払い金請求が実際にどのような手続きで行われるのかわからないということもあります。また、費用がどれくらいかかるのか不安に感じている人もいるはずです。

そんなとき詳しい説明もなく、ただ過払い金を取り戻すことができるという理由だけで手続きを進めると、不安を持ったまま請求してしまうことになるので信頼して任せることはできません。

安心して過払い金請求を依頼するためにも、まずは依頼者と同じ目線で寄り添い、手続きの流れやかかる期間、費用などを説明してくれるかどうかを事務所選びのポイントとしてチェックしてみましょう。

過払い金請求はいいことばかりではありません。ケースによってはデメリットになることもあるため、その点をきちんと説明してくれるかどうかも信頼できる事務所かどうかを見極めるポイントです。

また、過払い金請求訴訟(裁判)を提案してくれるかどうかも事務所選びの判断材料になります。

貸金業者としてはできれば返還には応じたくないため、交渉だけではなかなか返還に応じてくれないことや、応じてくれても額が少ないということも増えているのです。

そのため、すんなり貸金業者が過払い金の返還請求に応じてくれない場合は、訴訟を起こすことで正当に取り戻すことができます。

しかし、実際に訴訟となると貸金業者だけではなく、司法書士事務所や弁護士事務所も手間がかかってしまうため、なかには依頼者の意思を確認せずに貸金業者と和解してしまう事務所もあるのです。

そのため、実際に訴訟を起こすかどうかは別として、選択肢として訴訟という方法もあるということをきちんと説明してくれる事務所を選ぶようにしましょう。

2-3.事務所の対応がいいかどうか

過払い金請求の依頼をしたのはよかったもものの、進捗状況がどうなっているのか、いつになったら戻ってくるのかがよくわからないという事務所では困ります。

そうならないように、事務所が依頼者に対してどんな対応をしてくれるかも事務所を選ぶ際に大切なポイントです。過払い金請求をおこなっている事務所では、ほとんど無料相談に対応しています。

実際に話をしてみることで、言葉遣いや対応が丁寧かどうか、依頼者に対して上から目線で押しつけてくるようなことはないかなど、ある程度は雰囲気を感じ取ることが可能です。

事務所に対する世間の評判や口コミなどに関して、良いものが多いか、悪いものが多数を占めているかでも判断することができます。

もちろん、インターネット上の口コミなどはすべて正しいとは限りません。

しかし、本当に評判の悪いところならば、不満を持つ人が多く、悪い口コミも増えます。そのため、評判や口コミも事務所の善し悪しを判断する材料として、参考にするのも方法のひとつです。

3.三重県で過払い金請求するならみどり法務事務所

三重県の過払い金請求はみどり法務事務所の名古屋事務所が対応します。

過払い金の調査だけでも無料なので、まずは、過払い金がいくら発生しているか実績豊富なみどり法務事務所でチェックしてみましょう。

遠方の方、事情があって外出が難しい方は出張相談も承っておりますのでお問い合わせください。

3-1.三重県の過払い金請求でみどり法務事務所が選ばれる理由

みどり法務事務所には、多くの過払い金を取り戻したいと考えている人に選ばれる理由があります。その理由をいくつか紹介します。

初期費用0円で過払い金請求が可能

みどり法務事務所では相談料と着手金などは無料です。相談だけなら無料で何度でもすることができるため、調べてみた結果、過払い金がなかった場合は費用が発生しません。

あなたご自身納得してから過払い金請求を依頼することができます。

実際に過払い金請求をおこなうことになれば、必要な費用は成功報酬と実費だけです。

みどり法務事務所の成功報酬は、1社あたり4万9800円の基本成功報酬に、取り戻した過払い金に対して20%の歩合成功報酬がプラスされます。

なお、訴訟を行った場合の歩合成功報酬は取り戻した過払い金の25%です。

借金問題解決のプロがしっかり対応してくれる

みどり法務事務所は過払い金請求や債務整理などの借金問題を特に専門としている事務所であるため、過払い金請求に関する実績も豊富です。

実際に過払い金返還額は90億円を超える実績を誇っています。

また、事務所は高知駅前をはじめ全国に8カ所です。

東京や名古屋、北海道、熊本など、北は北海道から南は九州までカバーしています。

さらに、各地で定期的に出張相談もおこなっているため、近くに事務所がないという人でも対応をおこなうことが可能です。

実際に過払い金請求をするとなると、事務所に出向く手間がかかったり、必要書類の準備をしなくてはいけなかったりなど、少し面倒に感じてしまう人もいるかもしれません。

しかし、みどり法務事務所で過払い金請求をするときは、資料などを準備する必要は一切ありません。

借入をしていた時期が何年も前という場合、当時の明細などが残っていない場合もあります。

しかし、貸金業者には必ず取引履歴が残されており、どこで借りていたかさえわかれば開示を求めて取引履歴を手に入れることができるため、資料がなくても大丈夫なのです。

過払い金請求の手続きのなかでは個人情報を取り扱うことになるため、本人確認をしたり詳しい話を聞いたりなど、1度だけは会う必要があります。

それ以後は、よほどのことがない限り会う必要はなく、面談するのは原則1回だけです。

安心して任せることができる

みどり法務事務所では、過去の依頼者からの声をもとにサービス向上に努めており、依頼者に寄り添った親切・丁寧で、迅速な対応を心がけています。

また、メリットだけを話して過払い金請求を勧めることはしません。

デメリットになることもきちんと説明し、偏りのない正しい情報を示したうえで、依頼者にとって最善となるような方法を提案しています。

さらに、みどり法務事務所では秘密厳守も徹底しているのが選ばれる理由のひとつです。

過払い金請求をはじめ、借金に関する問題は家族や知人に知られたくないという人も多いことでしょう。

そもそも、借入していたことを誰にも話していないというケースもあるかもしれません。

そんなとき、弁護士事務所や司法書士事務所から不用意に連絡があると、隠していた事実が知られている可能性もあります。

そんなことにならないよう、みどり法務事務所では連絡を入れる時間帯に気を配ったり、依頼者の希望通りに郵便物を送付したりしているため安心してご依頼いただくことが可能なのです。

4.三重県で過払い金請求するなら悪徳事務所とのトラブルに注意

残念ながら、過払い金請求をおこなっている事務所のなかにも悪徳事務所と呼ばれるようなところもあるため、実際に依頼するときは注意が必要です。

4-1.戻ってくる過払い金が少ない業者

たとえば、ろくに貸金業者と交渉もせず、和解してしまう事務所もあります。本来なら依頼者の利益を優先し、訴訟も視野に入れて最善の策を模索するべきです。

しかし、訴訟することになると時間も手間もかかるため、簡単に和解して終わらせようとする事務所もあります。そんな場合は、戻ってくる過払い金が少なくなってしまうこともあるのです。

貸金業者にとってはできるだけ返還する金額が少ない方が損をせずに済むかもしれません。しかし、本来支払わなくてもよかった利息なら返還してもらうのは当然でしょう。

そのため、妥協せずに交渉したり、訴訟を起こしたりすればしっかり戻ってくるはずなのです。それなのに、本人のわからないところで返還する金額が少ない条件を飲み、勝手に和解されても困ります。

考えたくはないですが、中には返還された過払い金を着服してしまう事務所もあるのが現実です。

4-2.悪徳事務所にとって都合のいい貸金業者しか手続きしてくれない

弁護士事務所や司法書士事務所もボランティアではありませんから、もちろん利益が出ないと仕事は成り立ちません。

しかし、利益が少ないからといって仕事をしなくてもいいというわけではなく、依頼された業務をきちんと遂行するのが仕事のはずです。

それなのに、報酬がでない貸金業者や過払い金が少額の貸金業者に対しての交渉や訴訟は放置するなど、利益の上がらない仕事を後まわしにしてしまう事務所もあります。

また、複数の貸金業者から借入した履歴がある場合、もちろん依頼者はすべての業者と交渉をしてくれていると思っているでしょう。

しかし、各業者の取引履歴をもとにそれぞれ利息を計算し直してみると、過払い金が多く発生している業者があれば、あまり過払い金のない業者もあります。

そんなとき、過払い金の発生が少ない業者とは、返還交渉したところで戻ってくる金額は多くありません。

その分、事務所が手にできる報酬も少なくなるので、力を入れて交渉してくれないのです。

過払い金が発生している貸金業者は多く、過払い金返還請求によって経営が悪化して倒産してしまう業者もあります。

もし、弁護士事務所や司法書士事務所が過払い金請求を放置している間に業者が倒産してしまったら、取り戻すことができなくなってしまうかもしれません。

弁護士事務所や司法書士事務所にとってはわずかな金額であっても、依頼者にとっては大切なお金だということもあります。

そのため、過払い金が多い少ないにかかわらず、依頼者の立場になって考え、依頼者の利益を優先してくれる事務所を選ぶことが大切です。

5.三重県で多い過払い金請求について

5-1.そもそも過払い金とは?

お金を借りると発生する利息に関しては「利息制限法」という法律があり、金額に応じて金利の上限が定められています。

たとえば借りた元本が10万円未満の場合は最高年20%まで、10万円以上100万円未満ならば18%まで、100万円以上ならば15%までです。

つまり、10万円未満しか借りていないとき、20%以上の利息を取られたとしたら、利息制限法には違反していることになります。

ただ、お金を貸すことに関する法律としては、利息制限法とは別に「出資法」という法律もあるのです。

この利息制限法と出資法は同じようにお金を貸す際の利息のことを定めているのにもかかわらず、2010年までは上限の金利が異なっていました。

また、利息制限法はたとえ上限を超えて貸し付けたとしても、刑事罰を科されることがなかったのです。

一方、出資法は29.9%以上の金利で貸し付けると罰則の対象になっています。

そこで、貸金業者は利息制限法の上限を超え、出資法で罰則を受けることがないギリギリの金利で貸し付けをおこなっているところがあったのです。

この利息制限法での上限金利と出資法の上限金利の間はグレーゾーン金利と呼ばれ、あいまいにされてきたところでした。

しかし、2006年の最高裁判所の判決でこのグレーゾーン金利は無効であるとされたため、利息制限法の金利を超えて支払った利息は過払い金であると認識されるようになったのです。

5-2.過払い金請求と信用情報

過払い金請求をすると信用情報に影響するのではないかと気にする人もいるかもしれませんが、完済している借金の場合、信用情報機関には情報が登録されることはありません。

返済途中に過払い金請求をした場合、過払い金が残債を上回れば返還される金額で残債を完済することができます。

しかし、過払い金が考えていたよりも少なく残債が残ってしまえば、信用情報機関に事故情報として掲載されてしまう可能性があるため、実際に過払い金請求をするときには注意が必要です。

5-3.過払い金請求をするメリットとデメリット

もし、払いすぎている利息があるならば、返還請求すればお金が戻ってくるというのが大きなメリットです。

すでに完済した借入はもちろん、返済中の借入でも過払い金があれば戻ってきます。

特に、完済している借金の場合は信用情報にも関係ないため、デメリットは少ないといえるでしょう。

ただし、返済中の場合は残債と戻ってくる過払い金の金額次第で信用情報に影響することもあるため、デメリットになる可能性があります。

5-4.過払い金請求の流れ

過払い金請求をすることが決まれば、まず結ぶのが事務所との過払い金請求の委任契約です。

その後、借入をした当時の書類などが残っていれば提出し、なければどの貸金業者と取引があったかを知らせます。

事務所は過払い金請求を依頼され、手続きに介入することを貸金業者に知らせるとともに、取引履歴を入手して実際の手続きがスタートです。

その後、取り寄せた取引履歴をもとに、利息制限法に基づいて借入た金額の利息を計算し直す「引き直し計算」をします。

過払い金が発生していることがわかったら、相手業者との直接交渉が開始です。

交渉で依頼者と貸金業者の双方が納得できる返還額で折り合いが付けられれば、和解することになります。

しかし、和解の提案に応じられない場合、次は訴訟手続きの段階です。

和解もしくは判決が出て過払い金が返還されれば、成功報酬など必要経費を差し引いて、依頼者のもとに過払い金が返還されます。

5-5.過払い金請求の費用はどのくらい必要?

司法書士事務所や弁護士事務所に依頼をすると、通常は成功報酬のほかに着手金が費用として発生します。

ただ、過払い金請求に関しては着手金無料で引き受けているところが多いです。

また、正式に依頼をするまでにおこなう事前の相談に関しては無料で対応している事務所が多く、初期費用0円というのは珍しくありません。

ただし、過払い金請求でも着手金が無料ではない事務所ならば、通常代理人として司法書士や弁護士に依頼すると1~2万円程度かかります。

実際に過払い金請求の依頼をするときは、この着手金が無料かどうかチェックしておかないと、たとえ1~2万円のことでも費用の金額に差が出てしまうことになるため注意が必要です。

支払いが必要な費用として大きな割合を占めるのは成功報酬です。成功報酬の金額をどのくらいにするかは各事務所によるため、多少の幅があります。

成功報酬は過払い金請求を成功に導いたことに対する報酬で、貸金業者1社に対していくらという基本成功報酬と、取り戻した金額の何%という歩合成功報酬が設定されていることが多いです。

基本成功報酬は1社2~3万という事務所が多く、高いところで5万円程度、歩合成功報酬は和解の場合が20%、訴訟の場合は25%が相場になっています。

また、ほかにも事務所が貸金業者に取引履歴の開示を内容証明郵便でおこなうときや、過払い金返還の請求書を送付するときの郵送料は実費として必要です。

さらに、訴訟をおこなう際の印紙代をはじめとする手数料も費用としてかかってきます。

6.過払い金請求が多い三重県について

6-1.三重県の紹介

三重県は東海3県のひとつで、県の北部を愛知県や岐阜県と接しています。

また、紀伊半島の東側を占めており、滋賀県や京都府、奈良県、和歌山県など近畿の府県とも境を接するロケーションです。

ただ、三重県は南北に長い地形で、エリアによって特徴も風土も異なります。

北勢エリア

三重県のなかでも北部に位置する10市町は北勢と呼ばれています。

木曽岬町は愛知県と境を接しているほか、その隣にある桑名市も愛知県にアクセスがよく、名古屋のベッドタウンとして通勤者も多いです。

一方で、桑名市はかつて東海道の宿場町として栄えたこともあり、七里の渡しをはじめとする歴史を感じるスポットも残されています。

桑名市のすぐ南に位置する四日市市は、国内でも屈指の工業地帯として有名です。

また、鈴鹿市にも自動車関連などの工場が多く立地しているほか、F1をはじめ数々のモータースポーツが開催される鈴鹿サーキットがあることで知られています。

それでいて、伊勢湾に面していることから海沿いにはマリーナや海水浴場があり、内陸に入ると鈴鹿山脈の緑豊かな環境もある市です。

ほかにも、北勢エリアには内陸にいなべ市や東員町、亀山市が位置しているほか、桑名市と四日市市の間には朝日町と川越町があります。

伊賀エリア

三重県は伊勢湾や熊野灘など海に面している地域が多いですが、中心から西側の伊賀エリアは海に接することがなく、山に囲まれた伊賀盆地にあります。

名張市は山間に多数の滝が流れる赤目四十八滝、ブドウ狩りのできる農園など、自然の恵みを堪能できるスポットに恵まれている市です。

また、伊賀エリアは伊賀忍者の里として知られ、伊賀市には忍者屋敷など忍者に関連した観光施設があります。

中勢エリア

三重県の中でも真ん中の中勢と呼ばれるエリアにある津市は県庁所在地です。津市の南には松阪牛の産地として全国的にも有名な松阪市や明和町、内陸に入ると多気町や大台町などがあります。

津市や松阪市の東側は伊勢湾に面している一方、西側は豊かな山林が広がる地形で、海はもちろん山の環境にも恵まれた地域です。

伊勢志摩および南勢エリア

三重県の中でも東の志摩半島周辺から少し南にかけての地域です。伊勢市には古来参拝者が全国から訪れる伊勢神宮があります。

伊勢市の西側の内陸部に位置しているのが玉城町と度会町です。

また、伊勢市から東側の志摩半島の突き出た部分には真珠の養殖が盛んな鳥羽市、その南にはリアス式海岸の複雑な地形が美しい景色を見せる志摩市があります。

さらに、志摩市から西側に続くリアス式海岸沿いに広がっているのが南伊勢町です。そして、南伊勢町に接して大紀町があります。

伊勢志摩から南勢にかけてのエリアは伊勢志摩国立公園に含まれる地域が多く、海と山両方の自然に恵まれていることが特徴です。

東紀州エリア

三重県の中でも南部の地域は東紀州と呼ばれています。このエリアは熊野灘に面して海の幸に恵まれていますが、すぐ後ろには山々が迫り、柑橘類の栽培が盛んです。

東紀州エリアの中でも南勢エリアに近い場所には紀北町があります。そして、紀北町に隣接する尾鷲市は熊野灘に面しているため漁業が盛んな一方、ヒノキをはじめとした林業も盛んな市です。

また、本州の中では降水量が多いことでも知られています。尾鷲市から南の熊野市や御浜町、紀宝町にかけては、砂礫の穏やかな海岸線が22km続く七里御浜が有名です。

日本の渚百選にも選ばれており、ウミガメが上陸して産卵することもあります。

東紀州エリアは、吉野熊野国立公園に含まれる場所も多く、自然が豊富です。また、ユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されているスポットもこの地域に多くあります。

6-2.三重県内の弁護士と司法書士、貸金業者について

三重県内の弁護士数と司法書士数および過払い金請求事情

2019年2月時点で三重弁護士会に登録されている弁護士の数は189人です。

また、三重県司法書士会に登録されている司法書士は263人います。ただし、過払い金をはじめとした借金問題を専門として全国展開している事務所は県内にあまり立地していません。

そのため、三重県内で過払い金請求をする場合は、地元の弁護士や司法書士のなかで過払い金請求を得意としている事務所を探すか、県外に事務所を持つ大手事務所に出張相談と電話、メールなどで対応してもらうことが多いです。

三重県内にある貸金業者

三重県内で貸金業者として登録され、日本貸金業協会に加入している会社は、2019年2月には全部で19社です。

そのうち、東海財務局長の登録を受けた銀行系の貸金業者は3社あります。

四日市市にある株式会社三重銀カードは三重銀行の系列、津市にある株式会社百五カードは百五銀行系列、松阪市にある第三カードサービス株式会社は第三銀行の系列です。

ほかにも法人として運営されている会社が6社、個人として運営している会社が10社あります。さらに、県内各地にアコムやアイフル、プロミスなど大手貸金業者の店舗が点在しています。

page top