静岡県で過払い金請求の対応に強いみどり法務事務所

静岡県にお住まいで過払い金請求をしたいとお考えの方へ。 過払い金請求をすることで、過去に払い過ぎた利息を取り戻せる可能性があります。

しかし、普段から司法書士や弁護士などの専門家とお付き合いのない場合、どの事務所に依頼しようか迷ってしまう方も多いですよね。

過払い金請求を専門家に依頼するときは、過去の実績や信頼できる事務所であるかを見極めることが大切です。

ここでは静岡県で過払い金請求をしようとお考えの方のために、事務所選びのポイントや過払い金請求のお役立ち情報をまとめています。 ぜひこれを読んで、過払い金請求の成功に役立ててください。

1.過払い金の返還実績が豊富なみどり法務事務所で無料相談

みどり法務事務所は数多くの相談者様のご要望にお応えして、これまでたくさんの過払い金請求に成功してきました。

相談者様からとくにご好評をいただくのは、当事務所が成功報酬制であるという点です。 ご相談は何度でも無料なうえ、初期費用についても一切いただいておりません。 つまり、過払い金請求が成功しなければ、いただく費用はないということです。

とりあえず過払い金があるかどうかの調査をする場合も料金はかかりません。 過去に借入がある方は、まずは当事務所で過払い金が発生するかどうかをお調べしますのでお気軽にご相談ください。

2.静岡県で過払い金請求を依頼する事務所選びのポイント

2-1.過払い金請求・債務整理など借金問題を専門としている事務所かどうか

司法書士や弁護士などの専門家は、「法律のことならなんでも解決できる」とお思いかもしれません。しかし、司法書士や弁護士があつかう法律問題は多岐にわたります。すべての司法書士や弁護士が過払い金請求を得意なわけではありません。

たとえば、風邪をひいたときに内科ではなく整形外科を受診したら、専門外だといわれて満足な治療は受けられませんよね。過払い金請求においても、これと同様のことがいえます。

弁護士事務所のなかには、刑事事件を専門に扱っているところがありますが、そのような事務所に過払い金請求を依頼しても、専門外ということになります。

また、民事を扱っている弁護士事務所であっても、企業法務を主体に活動しているところでは過払い金請求の依頼を快く引き受けてくれないケースもあります。なぜなら、普段は企業法務を中心に扱っているので、過払い金請求の手続きには慣れていないからです。

司法書士事務所においても同様で、不動産登記や相続といった分野を中心に活動している事務所もあります。 過払い金請求を得意としている事務所へ依頼することが、満足な金額を取り戻すためのポイントです。

2-2.過払い金請求の実績は豊富かどうか

過払い金請求が得意な事務所を見つけるには、過去の実績を参考にする方法が挙げられます。

過払い金請求は多くの場合で、貸金業者の担当者との交渉が必要です。交渉を有利に進めるためには、法律の知識だけでなく過去に担当してきた経験やノウハウが大きくものをいうケースがあります。

実績のない事務所の場合、たとえ法律的な知識があっても過払い金請求の経験やノウハウがないためスムーズな交渉ができず、最終的に返還額が少なくなってしまう場合があるのです。依頼先の事務所を決めるときは、ホームページや電話での問い合わせ時などに、過去の実績を確認してみましょう。

2-3.過払い金請求の手続きの流れやかかる期間、費用をわかりやすく説明してくれるか

過払い金請求にかかる費用は事務所によって異なります。報酬体系によっては費用を後から追加で支払わなければいけないケースもあるので注意しましょう。

過払い金請求を専門家に依頼したときにかかる費用の代表的なものとしては「着手金」や「成功報酬」が挙げられます。着手金とは、仕事を依頼したときにかかる基本報酬のようなものです。基本的には過払い金請求が成功するか否かにかかわらず支払わなければいけません。

一方、成功報酬とは、その名のとおり、依頼者は過払い金請求が成功した場合にのみ報酬を支払う義務が生じます。つまり、過払い金請求が失敗した場合には、支払う必要がない費用です。

支払う費用については、そのほかにも交渉にかかった交通費や通信費などの実費を請求する事務所もあります。

いずれにしても大切なのは、発生する可能性のある費用について事前にしっかりと説明してくれる事務所を選ぶということでしょう。 悪徳事務所のなかには、初期費用を安く抑える代わりに、さまざまな費用を追加で請求してくるところもあるからです。

無料相談を受けるときは、費用面の説明までしっかりと聞くことを忘れないようにしましょう。

2-4.過払い金請求訴訟(裁判)を提案してくれるかどうか

テレビCMなどの影響もあって、実際にたくさんの過払い金請求がおこなわれています。過払い金請求で返還された金額が多くなった貸金業者の経営状況は悪くなって、破綻した貸金業者もあるぐらいです。

資金難になってしまった貸金業者は、過払い金の返還額を渋る傾向にあるので、話し合いによる和解交渉で返還される金額は徐々に少なくなってきています。

一般的に、話し合いによる交渉(任意交渉)よりも裁判までおこしたほうが返還額は多くなるのですが、時間や労力がかかるのも事実です。

そのため、弁護士事務所や司法書士事務所のなかには手間がかかる裁判をせず、依頼者の意向ではなく勝手に話し合いで和解してしまう事務所もあります。

本来であれば依頼主の意向にそって、過払い金を少しでも多く取り戻すことが、依頼を受けた専門家の責任です。そのためには、時間や労力を惜しむことは本来あってはならないことです。

真剣に依頼主のことを考えてくれる事務所に依頼することが、過払い金を少しでも多く取り戻すための大切なポイントです。

3.静岡県の過払い金請求でみどり法務事務所が選ばれる理由

静岡県の過払い金請求はみどり法務事務所名古屋事務所が対応します。過払い金の調査だけでも無料なので、まずは、過払い金がいくら発生しているか実績豊富なみどり法務事務所でチェックしてみましょう。

遠方の方、事情があって外出がむずかしい方は出張相談も承っておりますのでお問い合わせください。

この章ではみどり法務事務所が選ばれる8つの理由について紹介します。

3-1.相談料・着手金無料、成功報酬

みどり法務事務所の料金体系はわかりやすいことが最大のメリットで、多くの相談者様からご好評をいただいております。

相談料は無料なうえ、着手金もいただいておりません。つまり、依頼にあたって必要な費用は0円です。過払い金を取り戻した場合にのみ、報酬をいただくシステムとなっています。

また、報酬をいただく際は取り戻した過払い金から差し引く仕組みとなっておりますので、最初に費用を用意していただく必要はありません。

3-2.過払い金返還額90億円超の実績

みどり法務事務所はこれまでに多くの過払い金の返還を実現してきました。これまでの過払い金返還額は総額で90億円を超えています。過払い金請求において法律に関する知識はもちろん大切ですが、それと同じぐらい交渉力が大切です。

貸金業者の担当者を説得するためのノウハウは、主に過去の実績から築かれます。 その点、みどり法務事務所は過払い金請求や借金問題に強い事務所として、数多くの実績を積み上げてきているのでご安心ください。

3-3.全国8事務所、出張相談にも対応

みどり法務事務所の強みは、全国どこでも対応することも挙げられます。北は北海道から南は熊本まで全国で8カ所の事務所を構えており、さまざまな地域の皆様のご依頼に応えられるよう努力しております。

また、事務所のない地域では出張相談会の開催や、各地域の事務所から出張することで対応しています。

静岡県の過払い金請求は名古屋事務所が対応しています。 全国どこからでも通話無料のフリーダイヤルか24時間受付可能なメールでのご相談も受け付けていますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

3-4.お会いするのは1度だけ

みどり法務事務所では、ご依頼人様にできるかぎり手間をとらせないよう解決に向けて努力しています。そのため、依頼人様とお会いする回数もできるだけ少なくしているのが特徴です。

個人情報を取り扱う関係上、最低でも1回はお会いさせていただかなければいけませんが、ご要望がなければ原則その1回だけですべての手続きを進めてまいります。もちろん、別途ご相談があればお受けいたしますので、お気軽にご連絡ください。

3-5.資料などの準備は一切不要

ご依頼人様のなかには「依頼しようと思ったけど、過去の明細がないからあきらめようと思った」という方もいらっしゃいます。

みどり法務事務所では、そのような場合でも依頼人様のお名前とお借入先の貸金業者さえわかれば過払い金の調査が可能です。

当事務所は成功報酬制となっていますので、過払い金の調査をするだけでは費用は発生いたしませんので、安心してお任せください。

3-6.親切・丁寧、迅速な対応

みどり法務事務所では「親切・丁寧・迅速な対応」を常に心がけています。過払い金請求をご検討される多くの相談者様は初めての手続きとなりますので、わかりやすくかみ砕いてご説明することを意識して業務に取り組んでいる所存です。

実際に多くの相談者様から「初めて電話したときから、最後までひとつひとつ丁寧に説明してくれた」というご好評の声を多くいただいております。

3-7.デメリットも含め正しい情報をお伝えした上で最善のご提案をします

貸金業者に対して過払い金請求をすることで、利息を取り戻せる点は大きなメリットです。

しかし、依頼者様の状況によってはデメリットがまったくないとは限りません。

たとえば、返済中に過払い金請求して返還される過払い金が借入残額よりも少ない場合は、借金の減額ができます。 借金を減らすことができるのは大きなメリットですが、その代り、完済してから5年ほどは新規に融資を受けることができません。

悪徳事務所のなかには報酬を得るために、このようなデメリットを伝えずに契約を結ぼうとする事務所もあります。しかし、当事務所では常に相談者様のことを第一に考えて、メリットとデメリットの両方を伝え、その上でどちらがベストな選択か、ご納得いただいてから依頼していただくように心がけています。

3-8.徹底した秘密厳守

過去に借入をしていた事実をご家族や職場などの身近な人たちに知られたくないという相談者様はたくさんいらっしゃいます。

みどり法務事務所では、郵便物や電話連絡などを徹底管理し、相談者様の秘密を厳守することを重視しています。 過払い金請求している事実をバレたくないという方は、みどり法務事務所にご相談ください。

4.静岡県で過払い金請求するなら悪徳事務所とのトラブルに注意

静岡県内には過払い金請求の依頼を受け付ける司法書士法人や弁護士事務所がたくさんあります。しかし、なかには悪意を持った事務所もあるので注意しなければいけません。

悪徳事務所の特徴としては大きく分けて「戻ってくる過払い金が少ない」「事務所にとって都合のいい貸金業者しか手続きしない」の2点です。

4-1.戻ってくる過払い金が少ない

貸金業者と交渉をせずに和解してしまう

過払い請求では、本来専門家は依頼主の返還額を1円でも多く取り戻そうと頑張るものです。しかし、その反対に貸金業者はできるだけ少ない返還金で和解しようと考えていますので、貸金業者との交渉は粘り強くおこなわないと納得のいく回収率にならないことが多いです。

ところが、悪徳事務所のなかには交渉をほとんどしないで、貸金業者側の言いなりになったまま解決しようとする事務所もあります。なぜなら、粘り強く交渉して長期化するよりも、とりあえず数多くの案件を引き受けたほうが事務所の利益が多くなるケースがあるからです。 できるだけ多くの利息を取り戻したい場合には、依頼主の利益を重視する事務所、事務所と依頼主がお互いにWin-Winの関係を築けるかどうかを見極めましょう。

過払い金を着服されてしまう

過払い金請求の解決を専門家に依頼した場合、取り戻した過払い金は貸金業者から一度専門家の口座に振り込まれるのが一般的です。振り込まれた過払い金から報酬や実費などを差し引いた残金が依頼主の口座に振り込まれます。

しかし、なかにはこうした仕組みを利用して知識の乏しい消費者をだまそうとする事務所もあるのです。入金された金額に対して、当初の契約よりも多くの金額を差し引いた残りを依頼主の口座へ振り込むケースがあります。

依頼主の対応策としては、過払い金が返還された際の和解書や費用明細を確認するしかありません。その際も、悪徳事務所はいろいろな理由を付けて言い逃れをしてくることが想定されますので、事前に過払い金実績が豊富で信頼のできる事務所へ依頼するようにしましょう。

4-2.悪徳事務所にとって都合のいい貸金業者しか手続きしない

報酬がでない貸金業者は放置されてしまう

悪徳事務所のなかには、成功報酬の高くなりそうな案件のみを選ぶ場合があります。その場合、実際に取り戻せそうな金額が少ない依頼は放置されるケースもあるので注意が必要です。

また、貸金業者のなかでも過払い金の返還率の高い業者と低い業者は、過去の交渉結果からある程度事前にわかります。返還率の高い業者との交渉は積極的におこなうのに対して、返還率の低そうな業者の交渉は放置する悪徳な事務所もあるので、気をつけましょう。

過払い金が少額の貸金業者は放置されてしまう

実際にどれぐらいの過払い金請求できるかは、引き直し計算をすればわかります。しかし、引き直し計算をした結果、返還額が少なければ依頼された事務所にとって多くの報酬は望めません。

悪徳事務所のなかには得られる報酬が少ないという理由で、少額の過払い金請求の案件を進めない場合があります。交渉を進めないと業者側の言い分が通りやすくなり、返還される金額が少なくなってしまうでしょう。

また、最悪の場合、「完済してから10年」という過払い金請求の時効を迎えてしまうかもしれません。時効が成立すると一切の過払い金の請求ができなくなります。

和解成立前であれば交渉途中でも別の事務所へ相談することは可能です。 おかしいと思ったら早めに他の事務所に相談するか、弁護士事務所であれば弁護士連合会、司法書士事務所であれば司法書士連合会に相談しましょう。

5.静岡県で多い過払い金請求について

5-1.過払い金請求できる人の条件とは

過払い金請求とは、簡単にいうと「過去の借入金で払い過ぎていた利息を取り戻すための方法」です。

ただし、過去に借入していた人のすべてが対象になるわけではありません。過払い金請求できる人の条件は主に2つあります。過払い金請求できる条件の1つ目は「グレーゾーン金利で借入していた人」です。

そもそも、過払い金が発生した原因としては、2006年におこなわれた貸金業法改正が影響しています。2006年に貸金業法が改正されるまでは、貸金業者が守らなくてはいけない法律は利息制限法と出資法の2つでした。

利息制限法の上限金利が最高で20%であるのに対して、出資法は最高で29.2%となっていたのです。貸金業者としては利益を生むために、できるだけ高い金利で貸付をおこないたいと考えるので、出資法に従って貸付をおこなっていました。利息制限法と出資法の上限金利の差は「グレーゾーン金利」と呼ばれ、社会問題となります。

そして、2006年になって最高裁判所で「グレーゾーン金利は認めない」という判決が下ったことをきっかけとして、2010年の貸金業法改正では利息制限法に統一されました。

貸金業者の多くは、最高裁判所の判決がでた2007年ごろから自主的に利息制限法の金利で貸し付けるようになっていましたが、すべての契約というわけではありません。

まずは、過去の借入における契約の金利を確かめてみましょう。

過払い金請求できる条件の2つ目は、「完済してから10年未満である」ということです。民事訴訟となる多くの問題には時効が設定されており、それは過払い金請求においても例外ではありません。

過払い金請求の消滅時効は「完済してから10年が経過すること」となっています。つまり、グレーゾーン金利で借入していたとしても、完済してから10年以上が経過している場合は、残念ながら過払い金請求できる権利はありません。過払い金請求は時間との闘いともいえるので、早めにアクションを起こしましょう。

5-2.過払い金請求を完済後におこなう場合と返済中におこなう場合のメリット・デメリット

返済中の過払い金請求のメリット・デメリット

現在進行形で返済途中の借入金でも、過払い金が発生しているのであれば過払い金請求はできます。ただし、返済中の過払い金請求はいわゆる「ブラックリスト」にのります。ブラックリストにのってしまうと、最低でも5年間は新規の借入ができなくなり、クレジットカードの新規作成もむずかしくなります。

ただし、返済中の過払い金請求は、借金が減額できることが大きなメリットです。 しばらく新たな借入れができなくなりますが、これ以上借金を増やせないと思えばメリットとも考えられます。

返済中に過払い金請求して、返還される過払い金が残りの借金よりも多ければ、完済できます。過払い金で完済できた場合、ブラックリストにのることはありません。

返済中の過払い金請求については、引き直し計算をした結果、完済できるかどうかを判断基準の1つにするとよいでしょう。引き直し計算は複雑なケースもあるので、専門家に依頼したほうが確実です。

完済後の過払い金請求のメリット・デメリット

すでに完済している契約に対して過払い金請求する場合は、ブラックリストに登録されることはありません。

過払い金請求の消滅時効は「完済してから10年」であり、カウントが始まるのは完済した日からです。 完済後の過払い金請求は時効に注意しましょう。 いつ完済したかうろ覚えの方も、まずはみどり法務事務所にご相談ください。

5-3.過払い金請求の手続きの流れ

(1) 専門家へ依頼する

専門家に依頼する場合は、まず司法書士や弁護士といった法律家の事務所へ電話やメールなどで相談します。

みどり法務事務所は過払い金請求について何度でも無料で相談を受け付けていますので、お気軽にご連絡ください。

相談の際には貸金業者名や借入れ金額、借入の時期、完済しているか返済中なのかどうかといった情報をヒアリングさせていただきます。

みどり法務事務所では相談者様のお名前と貸金業者名だけでも調査できますので、借入時の利用明細やカードなどの資料がない場合でもお気軽にご相談ください。

借入れ金額や借入時期、借入利息がわかっている場合は、相談したその場で概算の過払い金額をお伝えすることができます。

過払い金請求についての情報やわからないことを質問していただいてご納得いただけたら、支払い報酬などの説明をします。

支払う費用や報酬には着手金や基本報酬、成功報酬などさまざまなものがありますが、必ず納得いくまでご質問ください。

その際には後で追加の費用が発生する可能性があるかどうかも確認しておくことが大切です。すべての説明を聞いて委任契約を交わすと専門家が正式に代理人となり、過払い金請求の調査が始まります。

(2) 取引履歴の開示請求と引き直し計算

貸金業者へ過払い金請求する手続きは、過去の取引履歴を取り寄せることから始まります。取引履歴を取り寄せることで、実際に過払い金が発生していたことを確認するためです。

取引履歴の取り寄せ方法は電話やインターネット、郵送などがありますが、各貸金業者によって異なります。また、取り寄せにかかる期間も貸金業者によって異なりますが、一般的には2週間~1カ月程度です。みどり法務事務所にご依頼いただいた場合は、取引履歴の取り寄せからがみどり法務事務所がおこないます。

取引履歴を入手したら、次に過払い金がいくら発生しているかを計算しなければいけません。利息制限法に基づく正しい利息を計算して、過払い金を算出する計算方法は引き直し計算と呼ばれます。

引き直し計算は利息制限法に基づく上限金利で計算するのですが、返済があるたびに元本を減らしながら再計算しなくてはいけません。そのため、1つ1つの計算自体はそれほど難しくありませんが、かなり煩雑になるケースが多いです。

万が一引き直し計算が間違っていた場合、返還される金額が少なくなるばかりか、貸金業者に過払い金請求自体を拒否される可能性もあります。インターネット上では無料で利用できるソフトもありますが、専門家に依頼したほうが無難です。

(3) 過払い金返還請求書を送付して話し合いがスタート

引き直し計算をおこなった結果、過払い金が発生している事実が判明したら、過払い金請求書を作成して、貸金業者へ送付します。

貸金業者が過払い金請求書を受け取った時点で、本格的に過払い金請求が始まります。過払い金請求書を送付してから、1~2週間後に貸金業者側から連絡があるのが一般的です。

その際に、返還金額や返還日も同時に通知してくるケースが多いですが、最初の交渉から満額近くを提示してくれる可能性はほとんどありません。

貸金業者は少しでも支払いを抑えたいと思っているので、満額近くの返還金を取り戻すためには、ねばり強く交渉する忍耐が必要です。和解が成立するまでは専門家に依頼することができるので、個人でおこなっていてむずかしい場合は専門家に依頼することを検討してください。

(4) 話し合いで結論がでないときは裁判

話し合いで和解が成立しないときは、裁判をおこすことになります。 裁判をおこすと話し合いよりも多くの過払い金が戻ってくるケースが多いです。ただし、裁判をおこなうためにはさまざまな書類を準備しなければいけません。

また、書類を提出してから実際に裁判が開かれるまで1カ月程度の時間がかかるため、話し合いでの解決と比べて時間がかかります。

個人で訴えることも不可能ではありませんが、準備する手間がかかるうえ、裁判は平日におこなわれるので仕事を休まなければなりません。

実際に仕事をこなしながら裁判をおこなうというのは、ハードルが高いといえます。弁護士や司法書士などへ依頼すれば、書類の作成から代理人として裁判所への出廷までおこなってくれるので安心です。

話し合いの結果で和解したり、裁判で勝訴したり裁判外で和解した場合は過払い金が返還されます。

6.過払い金請求が多い静岡県について

6-1.静岡県の特徴

静岡県内には弥生時代の人々の暮らしを知るための貴重な資料である登呂遺跡や戦国時代の面影を残す山中城跡などの国の特別史跡に指定されている歴史遺産が数多くあります。

江戸時代になってからも江戸幕府の創始者である徳川家康の居城として知られる、浜松城や駿府城が存在することで、日本全国に大きな影響を与えてきました。東海道の中心地として栄える一方で、静岡県は豊かな駿河湾と太平洋沿岸部の穏やかな気候をいかした漁業および農業も盛んな地域です。

県内には全国でも屈指の漁港のひとつである沼津港や焼津港があり、お茶やみかん、温室イチゴなどの農産物は特産品となっています。

観光スポットとしては、世界遺産に登録された富士山を始め、明治日本の産業革命遺産である韮山反射炉、日本平動物園などバラエティーに富んだ場所が多いのが特徴です。また、静岡県は昔からブラジル人の出稼ぎ労働者が多かった関係で、サッカー王国としての地位を築いてきました。2019年時点で県内にはJ1リーグのチームが2チームもあり、ダービーマッチのときは非常に盛り上がっています。

6-2.静岡県内の貸金業者について

静岡県の県民性は温暖な地域だけあって比較的温和だといわれており、全国的にみても貸金業者の数は多いというわけではありません。しかし、静岡県内の繁華街にはアイフルやレイク、プロミスといった貸金業者の看板をそれなりに見かけます。

また、大手貸金業者以外にも、地元に根差した中小の貸金業者が活動しているのも事実です。「ニコニコクレジット」で有名な丸和商事株式会社という消費者金融の本社が掛川市にあります。そのほかにも、清水銀行系の清水リース&カード株式会社(静岡市清水区)や株式会社フジヤマエンタープライズ(富士宮市)も県内に本社を構えています。そのため、静岡県内に住んでいる人も、決して過払い金請求と無関係というわけではありません。

6-3.静岡県の司法書士について

静岡県内にいる司法書士の人数は496人(2017年時点)で、東海地方としては2番目の数字です。しかし、過払い金請求を専門に扱っており、過去の実績を積み上げている司法書士事務所はそれほど多くありません。静岡県では消費者金融の数がそれほど多いわけではないので、グレーゾーン金利の会社であっても借入をしなければならず、生活が苦しくなってしまったという人もいるでしょう。

しかし、過去に完済していた借金だとしても、10年未満であれば時効は成立しないため、過払い金請求で払い過ぎた利息を取り戻せる可能性があります。みどり法務事務所では皆様に1円でも多く過払い金を取り戻せるよう、全力で業務に取り組んでいます。過払い金請求についてお悩みの方はぜひご連絡ください。

page top