神奈川県で過払い金請求の対応に強いみどり法務事務所

神奈川県にお住まいの方でこれから過払い金の返還請求をしたい方は、どの事務所に相談するのがいいか迷うことはないでしょうか。

過払い金がどのくらい戻ってくるかどうかは、貸金業者によって異なりますが、実は依頼する事務所によっても大きく左右されるのです。

依頼する前に、過払い金請求の成功実績が多くて評判の良い事務所かどうか確認しましょう。

神奈川県で過払い金請求を成功させたい方は、ぜひみどり法務事務所へのご相談を検討してみてください。

1.過払い金の返還実績が豊富なみどり法務事務所で無料相談

数ある法律事務所の中には、相談をするだけでもお金がかかったり、着手金を請求されたりするところもあります。

過払い金請求にかかる費用はそれだけではなく、さらに、返還された過払い金の20%程度を成功報酬として事務所に支払う必要があります。

みどり法務事務所では成功報酬のみで、初期費用は1円もかかりません。

しかも、ご相談は相談者様が納得できるまで何度でも、無料でしていただけます。

正式に手続きを依頼するかどうかで迷ってしまう前に、過払い金の無料調査をするだけでも構いません。

まずは、過払い金の金額を確認してみましょう。

みどり法務事務所は過払い金返還請求の実績が豊富です。

お1人で悩まず、過払い金請求のプロフェッショナルであるみどり法務事務所へ、お気軽にご相談ください。

2.神奈川県で過払い金請求を依頼する事務所選びのポイント

過払い金請求の手続きを依頼する法律事務所を選ぶときに何を基準に判断すればいいのか、チェックすべきポイントをご存じでしょうか。

ここでは、7つの要素をくわしくご紹介します。

1.過払い金請求や債務整理など、借金問題の解決を専門としている事務所かどうか

法律の専門家が助力できるトラブルといってもさまざまなジャンルがあり、法律事務所も特定のジャンルを専門に選んで活動実績をあげているところが多いものです。

弁護士資格または認定司法書士の資格を持っていれば、相談者様の代理人として過払い金請求手続きをするのはだれでもできます。

とはいえ、どうせ依頼するなら数多くの過払い金請求を解決してきた法律事務所に依頼したほうが迅速に解決でき、また、より多くの過払い金返還を受けられるのです。

まずは、その法律事務所や司法書士事務所が過払い金請求を専門としているかどうかを確認してみましょう。

2.過払い金請求の実績が豊富かどうか

法律事務所のホームページなどを見ると、活動実績などが記載されていることが多いものです。

そこで、過払い金返還金額の累計や過払い金請求に関する相談件数、依頼件数などを見てみましょう。

事務所の設立年度と合わせて考えれば、過払い金請求実績が多く人気のある事務所かどうかがわかります。

3.過払い金を請求する手続きの流れや所要期間、トータルコストなどをしっかり説明してくれるか

過払い金請求手続きは複雑なため、相談者様がイメージするよりも解決まで時間がかかったり、予想外のコストが生じたりすることもあります。

そんなとき、あらかじめわかりやすい説明を司法書士や弁護士から聞いていれば、相談者様も不安に感じずにすむのではないでしょうか。

逆に、相談者様が理解できるようにわかりやすく説明することを怠るような法律事務所の場合は、トラブルが起きた都度、事態を説明することがあります。

説明内容が間違っているわけではありませんが、後出しで説明されると「それは聞いていなかった」と不満に感じる場合もあるかもしれません。

相談者様に余計な不安を与えないよう心を配って親切に対応する法律事務所を選んだほうが、担当者とのコミュニケーションもしやすく、相談や依頼も順調に進みます。

4.相談者様の立場に立って過払い金請求のメリット・デメリットを正しく説明してくれる法律事務所かどうか

後でくわしく解説しますが、過払い金請求にはメリットとデメリットの両方が存在します。

それを事前に把握しないままで過払い請求手続きを始めてしまうと、中には後悔するケースも出てくるかもしれません。

事務所の売上や実績よりも相談者様の利益を優先する事務所であれば、正式に依頼を受ける前の段階で必ず、メリットとデメリットの両方をしっかりと説明します。

そこが、信頼できる法律事務所や司法書士事務所かどうかを見分けるポイントなのです。

5.過払い金請求訴訟を提案してくれるかどうか

過払い金は金融業者が違法に多く徴収した利息であり、本来なら全額が返金されるべきものといえます。

しかし、それは金融業者にとっては不利益となるため、さまざまな理由を付けて返還金額を下げようとしてくるケースが多いのです。

そこで、法律専門家が金融業者と安易に妥協して少ない返金金額でまとめようとする場合もありますが、相談者様としては納得できない場合もあるのではないでしょうか。

できるだけ多くの過払い金を取り戻せるように裁判することを提案してくれる法律専門家なら、相談者様の利益を最優先して闘ってくれると信頼することができます。

6.相談や依頼への対応が丁寧で迅速かどうか

過払い金請求の実績がどれほどあるとしても、相談者様への対応がいいかげんで感じが悪ければ、なかなか信頼してまかせる気になれないかもしれません。

また、どれほど親切な対応をしてくれるとしても、手続きを進めるうえで時間がかかりすぎるようでは困ります。

というのは、過払い金を請求できる期間には時効があり、解決まで手間取っているうちに時効を迎えてしまうようでは本末転倒であるからです。

過払い金請求を請け負う弁護士事務所や司法書士事務所は、丁寧かつスピーディーな対応ができることが重要といえます。

7.良い評判や良い口コミが多い事務所かどうか

過払い金請求手続きの成功とは、迅速に多額の過払い金を取り戻すことができ、かつ、手続きを依頼するためのコストもできるだけ低く抑えられることです。

また、手続きを進めていくプロセスで事務所から親切な対応をされたかどうかは相談者様に強い印象を残し、評判や口コミの内容に影響を及ぼします。

身近に借金問題で法律事務所を利用した経験のある方がいれば、どの事務所でどのような対応をされ、どのような結果になったか、話を聞いてみるといいでしょう。

ただ、借金というデリケートなテーマであるだけに、知人とは話題にしにくい場合もあるかもしれません。

そんなときは、インターネットで「過払い金請求 神奈川県」などのキーワードで検索してみましょう。

法律事務所に関する口コミ・レビューを掲載しているサイトが複数ヒットします。

あるいは「〇〇事務所 評判」「〇〇事務所 口コミ」など、特定の法律事務所名をキーワードとして検索するのもよいひとつの方法です。

3.神奈川県で過払い金請求するならみどり法務事務所

神奈川県の過払い金請求はみどり法務事務所東京事務所が対応します。

過払い金の調査だけでも無料なので、まずは、過払い金がいくら発生しているか実績豊富なみどり法務事務所でチェックしてみましょう。

遠方の方、事情があって外出がむずかしい方は出張相談も承っておりますのでお問い合わせください。

1.神奈川県の過払い金請求でみどり法務事務所が選ばれている8つの理由

1.相談料・着手金は無料で成功報酬のみ

お金を取り戻すことが目的の過払い金請求で、法律事務所に支払う金額が大きくて手元に残る金額が少ないようでは、あまり意味がないかもしれません。

その点、みどり法務事務所では相談料・着手金を請求していませんので、初期費用は0円です。

おまけに、過払い金の調査も無料で行っています。

基本報酬は金融業者1社につき49,800円で、それ以外の費用としては過払い金返還が成功した場合のみ、返金額の20%を成功報酬として申し受ける明朗会計です。

成果を出せなかった場合は一切報酬をいただきません。

ご依頼の前にトータルコストを計算できるため、安心してご利用いただくことができます。

2.過払い金の累計返還額が90億円超の実績

みどり法務事務所は2013年5月の設立以来2019年2月現在まで、累計90億円を超える過払い金の返還に成功してきた実績を持ちます。

また、月間の相談件数も500件以上です。

また、みどり法務事務所から過払い金返還交渉が可能な金融業者は107社あり、多重債務の過払い金がある相談者様にとって利用しやすい点もメリットとなっています。

3.全国各地に8事務所があり、出張相談にも対応

みどり法務事務所はもともと高知県を本拠地に、中国・四国地方を対象として活動してきた司法書士事務所です。

過払い金回収率の高さとスピードに加えて、親切で丁寧な対応を実践している点も高く評価していただき、全国8カ所に事務所を展開するに至りました。

みどり法務事務所は、発祥の地である四国地方では松山事務所と高知駅前事務所の2カ所を構えています。

その他には、東京事務所や札幌駅前事務所、名古屋事務所、広島事務所や岡山駅前事務所、熊本事務所があり、合計8カ所です。

いずれの事務所も主要駅からアクセスの良い場所にあり、相談者様が来所しやすくなっています。

神奈川県からの相談者様に対応する東京事務所は東京メトロ半蔵門線・東西線・都営新宿線の「九段下」駅で下車後、徒歩5分で、靖国神社や日本武道館へもすぐ近くです。

東京事務所周辺には駐車場も複数ありますので、お車でお越しの方にとってもアクセスしやすいロケーションとなっています。

とはいえ、来所がむずかしい相談者様も中にはいらっしゃるでしょう。

そのため、出張相談会や個別の出張相談にも対応しています。

4.お会いするのは1度だけで大丈夫

都心まで遠いエリアにお住まいの相談者様にとって、何度も来所しなければならないのはご負担でしょう。

みどり法務事務所に来所していただく回数は原則として1度だけ。

実際にお会いするのは1度だけでも、説明は相談者様が納得されるまで丁寧におこないますのでご安心ください。

面談のときだけでなく、電話やメールでお問い合わせやご要望をいただいた際にも丁寧に対応いたします。

また、相談者様が希望なさる場合は複数回の面談も可能です。

5.資料などの準備は一切、必要なし

過去の借金の資料を手元に残していない相談者様も少なくありません。

特に、数年も前に借金を完済してしまった方などは、それですべて手続きが終わったと思ってしまって、資料を処分してしまうケースもあります。

しかし、過払い金の調査は相談者様のお名前と借金をした金融会社の名前さえわかれば可能です。

ですから、「資料を探して集めるのが大変そう」「書類を捨ててしまったから過払い金請求はできない」とお考えの方も、ご安心ください。

煩わしい準備をする負担を相談者様に与えることなく、過払い金を専門に実績を積んできた担当者が調査と手続きを進めることができます。

6.親切・丁寧で迅速な対応

法律の専門家になるためには長年の努力を重ねて狭き門を通過しなければなりませんが、それゆえに思いあがってしまった人も、弁護士や司法書士の中には存在します。

また、相談者様は多額の借金に苦しんだ結果、少しでも過払い金を取り戻せたらと願って、ワラにもすがる思いで法律事務所を訪れることが多いのです。

初めて相談の電話をかける際に、何度もためらったあげく勇気を出してやっと電話できたという方も少なくありません。

そんな心境のときに法律専門家から批判的なことを言われたり、高飛車な態度をとられたりしたら、とてもつらい思いをなさるのではないでしょうか。

みどり法務事務所は、そのような相談者様のお気持ちに寄り添ってお力になれるように、親切で丁寧な対応を心がけています。

相談者様に書いていただいたご感想には「担当者が優しく親切に接してくれて安心した」という内容も多くあり、所属司法書士やスタッフの励みとなっているのです。

また、優しいだけで解決まで時間が長くかかるようでも、相談者様にとって有益とはいえません。

みどり法務事務所は短期間で過払い金を回収した実績も高く、その点も相談者様に喜んでいただいています。

7.デメリットも含め正しい情報をお伝えした上で最善のご提案をします

過払い金を請求すれば多く払い過ぎた利息が戻ってくるため、メリットは大きいといえます。

しかし、場合によってはデメリットやリスクが発生する可能性があることは事実です。

みどり法務事務所は、デメリットもしっかりと把握していただいた上で過払い金請求をするメリットのほうが大きいことを相談者様に理解していただくことが重要と考えています。

手続きの途中や解決後に相談者様が不安や迷いを感じないようにすることも、専門家として大切なサービスであるためです。

デメリットをきちんと説明することなく正式なご依頼を急がせるようなことは、みどり法務事務所ではありえません。

8.徹底した秘密厳守

法律の専門知識を武器に相談者様のために闘う法律専門家は、相談者様の大切な個人情報を入手できる立場です。

それだけに決して悪用したり、過失によって秘密を流出させたりすることがないように、法律の専門家には厳しい守秘義務が課せられています。

しかし、相談者様の秘密を守るために、どれくらいきめ細やかな対応をしているかどうかは、法律事務所によって差があるのです。

赤の他人やライバルに情報を漏らすようなことは、さすがにどこの事務所でも決してしないでしょう。

しかし、相談者様のご家族やお勤め先など「身内」と考えられる相手に対してはガードが甘くなるケースも、中にはあるのです。

その点、みどり法務事務所では秘密厳守を徹底しており、秘密を知られないようにきめ細やかな対応を実践しています。

たとえば、電話連絡するときの時間帯や名乗り方、郵送物の体裁などを過払い金請求の相談をしていることを悟られないように配慮するなどです。

具体的なルールは相談者様のご希望に応じて決めるなど、ケースバイケースに対応しています。

4.神奈川県で過払い金請求するなら悪徳事務所とのトラブルに注意

過払い金請求を請け負う法律事務所の需要は高いため、中には相談者様の利益よりも事務所の利益を優先するような悪徳事務所も、残念ながら存在します。

どんなトラブルがよく起こっているのかを、あらかじめ把握しておきましょう。

そして、悪徳事務所を見抜く目を持っていただければと思います。

1.戻ってくる過払い金が思ったよりも少ない

1.貸し金業者と交渉をせずに和解してしまう

過払い金はもともと、貸し金業者が違法に多く取っていた利息なので、すべて返金してほしいと考える方が多いでしょう。

しかし、実際には貸し金業者がさまざまな争点を持ち出してきて、返金額を下げるような交渉をしてきます。

そこで、相談者様の身になって仕事をする法律専門家であれば簡単に引き下がらず、満額に近い返金を要求するはずです。

しかし、依頼件数を増やすことを最優先にする法律事務所の場合、1件1件の解決にあまり時間をかけられないため、貸し金業者と安易に和解してしまうこともあります。

2.過払い金を着服されてしまう

いやしくも法律の専門知識と特別な肩書きで仕事をしている立場の弁護士や司法書士が着服とは、おだやかではありません。

しかし、表立って「着服した」という弁護士や司法書士がいるはずはないのです。

その代わり、「通信費」「事務手数料」「日当交通費」などといった名目で過払い金からオプション費用が引かれ、結果的に相談者様の手元に戻る金額が少なくなるケースがあります。

その場合、相談者様から異議を申し立てようと思っても、かなりむずかしいのが現実でしょう。

2.悪徳事務所にとって利益の高い貸し金業者の依頼しか手続きしない

1.報酬が出ない貸し金業者へ手続き依頼は放置されてしまう

貸し金業者によって過払い金を回収できる難易度に差があります。

そして、法律事務所にとって最も重要な利益となるのが、回収できた金額に応じて計算される成功報酬です。

回収できる金額が少ないと予想される貸し金業者の案件よりも、多額の回収を見込める貸し金業者の案件を優先する結果、成功報酬が少ない案件が後回しにされる場合があります。

2.過払い金が少額の貸し金業者への手続き依頼は放置されてしまう

法律事務所が主な利益とする成功報酬は、取り戻すことができた過払い金の金額によって上下します。

そのため、あまり高額の成功報酬が見込めない貸し金業者の案件は法律事務所にとってあまり利益が出ないことを理由に、放置されてしまうケースがあります。

5.神奈川県で多い過払い金請求について

過払い金請求を始める前に、過払い金請求について正しい知識を持っておきましょう。

1.過払い金が発生する条件とは

1.2010年以前にキャッシングやローンを組んだことがあるかどうか

過払い金とは、利息制限法で規定された上限である15~20%を超える利息を支払った結果、生じるものです。

2010年6月18日に改正貸し金業法が完全施行されてからは、新規契約の借金やローンに違法な利息が請求されることはなくなりました。

しかし、2010年以前に借金やローンの契約をした方の中には、違法レートの利息がそのまま適用された請求額を支払い続けてきたというケースがあります。

2.2010年以前の借金・ローンの利息修正をしたかどうか

改正貸し金業法が施行されたからといって継続中の契約の利息が自動的に修正されたわけではありません。

相談者様が貸し金業者に対して自発的に申請して手続きをしていない限りは、改正前と同じように高すぎる利率のまま請求されていたケースが多いのです。

3.2010年以前に完済した借金

2010年以前に借金をして返済が完了している場合にも、過払い金が発生しているケースがあります。

2010年以降に過払い金の認知度が上がったため、それ以降に過去の借金について過払い金請求をおこなうケースもあるのです。

ただし、過払い金は借金を完済してから10年間で時効となってしまいます。

2.過払い金を請求する手続きの流れ

まず、貸し金業者に取引履歴を請求します。

相談者様がご自身で請求することも可能ですが、法律事務所に手続きを依頼する場合は、受任通知(過払い金の調査をしたい旨の通知)を発送して取引履歴を開示させるのです。

取引履歴から過払い金の金額を計算し、返還交渉に入ります。

この交渉スキルが高いかどうかが法律事務所の実力差であり、相談者様の手元に戻る過払い金の金額を決める要素なのです。

貸し金業者側はできるだけ返金額を減らそうとしてきますが、強制力のある裁判に持ち込むことで満額に近い過払い金の返還が可能になります。

6.過払い金請求が多い神奈川県について

最後に、神奈川県の弁護士・司法書士や法律事務所の数、神奈川県民の借金事情、神奈川県の特徴などについて紹介します。

また、神奈川県にお住いの相談者様が東京の法律事務所に過払い金請求の手続きを依頼すると、どんなメリットがあるのかについても見ていきましょう。

1.神奈川県の弁護士や司法書士の人数・法律事務所の数

神奈川県において、弁護士や司法書士、または法律事務所などの数が十分に足りているのかどうか、ご存じでしょうか。

ちなみに、神奈川県弁護士会に登録している会員数は個人会員と法人会員を合わせて1638名で、そのうち弁護士法人数(事務所数)は68法人です(2018年3月31日)。

一方、神奈川県司法書士会に登録している司法書士の人数は1145名、司法書士事務所数(司法書士法人数)は64法人となっています(2017年6月1日)。

神奈川県は弁護士の人数については全国の都道府県の上位5以内です。

人数だけを見れば弁護士が多くいるように見えますが、弁護士1人あたりの人口を見ると、7000人前後となっています。

全国平均では弁護士1人あたりの人口が3792人で、神奈川県はそれをはるかに下回り、全国の47都道府県中では21~30位くらいです。

弁護士と司法書士を合計しても、法律の専門家1人につき3000人以上の住民がいる計算になるのです。

さらに、借金問題や過払い金請求を専門にする弁護士・司法書士の人数はもっと少なくなりますので、お住まいに近い場所にある法律事務所に依頼したいと思っても、実際にはむずかしいケースがあります。

2.神奈川県民の借金事情や過払い金請求事情

総務省統計局の「社会生活統計指標-都道府県の指標」2019年版によると、2014年時点における神奈川県民の負債現在高平均金額は、2人以上の1世帯あたりで717万2000円です。

また、そのうち92%が土地・建物を取得するための負債となっています。

法律事務所が過払い金返還の請求手続きをする場合、金融会社の本社に弁護士や司法書士が足を運んで交渉しなければならないケースもあります。

また、神奈川県にお住まいの相談者様が金融会社から借金をしたりローンを組んだりする場合、その金融会社の本社は都内にあるケースが多いのです。

神奈川県にある法律事務所に手続きを依頼した場合は、神奈川県から東京都内まで出向かなければならないため、交通費や手数料などの経費がかさむ場合があります。

それに対し、都内の法律事務所に依頼すれば、法律事務所から金融会社の本社に出向く場合のコストが割安になったり、法律事務所によっては無料になったりするのがメリットです。

3.神奈川県の概要と魅力を紹介

神奈川県は東京都の西から南、関東地方の南西端に位置しており、2416平方キロメートルの県域に19の市と6つの郡(郡下に13の町)、1つの村を持つ県です。

ちなみに、神奈川県の面積は日本全国の47都道府県中、43番目となっています。

神奈川県の市としては神奈川県庁の所在地である横浜市の他、米軍基地のある横須賀市や厚木市に海老名市、東京と隣接している川崎市や相模原市に大和市が有名です。

さらに、観光地や高級住宅地として名高い鎌倉市や逗子市なども神奈川県にあります。

また、郡・町としては三浦郡葉山町や足柄下郡箱根町、湯河原町なども保養地・観光地として有名です。

そして、唯一の村である清川村は愛甲郡にあり、巨大なクリスマスツリーとイルミネーションイベントで知られる宮ケ瀬湖など、豊かな自然に親しめるエリアとなっています。

都会の便利さや刺激と田舎の静かさや自然の両方を持つ魅力的な県といえるでしょう。

横浜周辺ではバラエティに富んだグルメやイベント、ショッピングや散策を楽しめます。

また、県南部の海沿いではマリンレジャー、県北部の山や湖ではキャンプなど、アウトドアを楽しめるスポットも多い県です。

神奈川県の各エリアが古くから東海道の宿場町として繁栄した歴史を持つ他、横浜は明治時代の開国においては東京に先駆けて西洋文化の洗礼を受けました。

また、第二次世界大戦後は米軍基地が複数置かれて米軍関係の住民も増えるなど、歴史や伝統と新しいものが常に出会い、そこからさらに新しい文化が生まれるエリアです。

神奈川県というとおしゃれで文化的なイメージを抱いている人も多いでしょう。

page top