東京都で過払い金請求の対応に強いみどり法務事務所

長期間、借金の返済を続けているケースでは「過払い金」が発生している可能性を考えましょう。

そして、過払い金を取り戻すには司法書士事務所や弁護士事務所などの専門家に依頼していただくのがおすすめです。

しかし、東京都内は司法書士事務所や法律事務所の数が多いため、どこに依頼すればいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。

依頼にあたっては、過払い金請求の実績が豊富な事務所を選ぶ必要があります。

この記事では、過払い金請求をおこないたい東京都の方に、過払い金請求を相談・依頼する事務所の選び方を解説します。

1.過払い金の返還実績が豊富なみどり法務事務所で無料相談

過払い金請求の実績が豊富な「みどり法務事務所」は過払い金請求をはじめとする借金問題に強い特徴があります。

しかも、明確な料金体系を設けているので安心して相談が可能です。

たとえば、みどり法務事務所では初回だけでなく何度でも無料相談できるのがメリットです。

また初期費用も無料、過払い金の調査も無料でおこなっているので気軽に相談できます。

完全成功報酬制を採用しているため、過払い金が戻ってきた中から報酬を支払うことが可能です。

過払い金の算出は専門知識が問われるうえ、計算も複雑で一般人が正確におこなうのは困難です。

しかし、事務所に頼むと費用がかかるので、ためらっている方は多いでしょう。

過払い金が気になるならとりあえず、みどり法務事務所にご相談ください。

過払い金がいくらあるのか、請求が可能な状況なのかを確かめてみましょう。

過払い金調査の結果、過払い金が取り戻せなかった場合、費用はいただきませんのでご安心ください。

2.東京都で過払い金請求を依頼する事務所選びのポイント

東京都は日本でもっとも経済活動が盛んな都道府県であり、借金問題も絶えません。

そのうえ人口も企業の拠点も多く、法律事務所もたくさん集まっています。

選択肢があるのは悪くないものの、どの事務所に過払い請求を相談するか決めかねる方も少なくありません。

以下、事務所選びのポイントを紹介していきます。

過払い金請求・債務整理などの借金問題を中心に扱っているか

司法書士や弁護士には得意分野と不得意分野があります。

ある分野については敏腕と呼ばれる司法書士・弁護士も、ほかの分野になるとあまり実績を残せていないケースは珍しくないのです。

当然、借金問題についても専門的に扱ってきた司法書士と、そうでない司法書士がいます。

まずはホームページで事務所の経歴を確認し、過払い金請求を中心におこなっているかどうかを調べましょう。

そして、事務所を訪問し、担当者と直接話をします。

ホームページだけではわからない人柄や経験値も顔を合わせることで見えてきます。

心から「過払い金請求を任せていい」と思えたなら、正式に契約を結びましょう。

過払い金請求の実績が具体的に示されているか

司法書士事務所や法律事務所のホームページを見ると「過払い金請求に強い」「我々にお任せ」といった文言が飛び交っている場合もあります。

しかし、こうした文言をすべて鵜呑みにしてすぐ依頼をしないようにしましょう。

司法書士事務所や法律事務所のホームページは営業の場でもあるので、原則として悪い記述は載りません。

それほど実績のない事務所でも、さも数多くの依頼人と仕事をしてきたかのように訴えかけてきます。

気になる事務所が見つかったなら、その実績をリサーチしてみましょう。

ホームページで自ら具体的な内容を示し、結果まで伝えている事務所は信用できます。

一方、言葉数こそ多いものの、具体例がまったく見つからない事務所は避けるのが得策です。

過払い金請求の手続きの流れをしっかり説明してくれるか

依頼人にとって、過払い金請求をおこなっている期間は不安になりがちです。

本当に過払い金が返ってくるかどうかが気になるのはもちろん、万が一手続きに間違いがないかなども考え込んでしまうでしょう。

そこで、優良な司法書士事務所や法律事務所ほど初期段階で依頼人の不安を解消するべく、過払い金請求にまつわる流れを細かく説明してくれます。

必要な手続きを挙げたうえで、依頼人におこなっていただきたい項目を漏れなく示します。

また、過払い金が戻ってくるまでの期間についても予測を立ててくれるでしょう。

依頼人はいつ戻ってくるかわからない過払い金を待ち望むのではなく、可視化された期限に向かって手続きを進めていけるはずです。

そのほか、発生する費用についても優良事務所は事前に伝えてくれます。

依頼人にメリット・デメリットを伝えてくれるか

司法書士事務所や法律事務所の中には、「絶対に過払い金請求を行ったほうがいい」などとメリットしか説明してこないところもあります。

しかし、過払い金請求ではデメリットも無視できません。

過払い金が少ない場合、司法書士・弁護士への成功報酬を差し引けば手元に少額しか残らないこともありえます。

また、過払い金が返還させる確率が低い案件もゼロとはいえません。

こうしたデメリットを無視してメリットだけを強調されると、依頼人は過払い金請求をおこなうべきかどうか正確な判断がつかなくなるでしょう。

一方、優良事務所は過払い金請求について、依頼人の立場を最優先で考えてくれます。

そのため、メリットだけでなくデメリットも正直に伝えてくれるので、依頼人に悔いは残らないでしょう。

過払い金請求訴訟まで付き合ってくれるかどうか

確実に過払い金が発生しているにもかかわらず、貸金業者が返還を渋ってくるケースもあります。

また、通常の請求方法では過払い金の返還率が少ないときもありえます。

それらの場合、優良事務所であれば「過払い金請求訴訟」、即ち裁判を提案してくれるでしょう。

裁判になれば法廷で請求の正当性を実証できるだけでなく、勝訴した暁には返還率も高くなるからです。

ただし、中には裁判をしたがらない事務所もあります。

理由として、「司法書士・弁護士に請求訴訟の経験が少ない」「裁判まで長引かせたくない」などの点が挙げられます。

いずれにせよ、依頼人の気持ちを思いやってくれているとは言いがたいので、こうした事務所は避けるようにしましょう。

依頼人に誠実で対応が素早いか

法律事務所の中には、あからまさに利益優先な姿勢を打ち出しているところもあります。

たとえば、依頼人の希望を無視して手続きを進めようとする事務所です。

過払い金請求が成功報酬になっている場合、手続きに失敗すれば事務所の取り分は大幅に減ります。

そこで、妥協した条件で貸金業者との取引を進め、確実に成功報酬をものにしようとする事務所も少なくないのです。

また、忙しい事務所は依頼人に優先順位をつけていることもあります。

依頼人の希望にすぐ対応してくれないときは、事務所からの優先順位が低いといえるでしょう。

後悔しない事務所選びとして、対応が誠実で迅速に動いてくれるところに依頼します。

口コミもチェックしておく

事務所選びでは「口コミ」も馬鹿にできません。

風評被害の類もあるのですべての口コミを信用する必要はないものの、肯定的な意見がまったく見つからない事務所に依頼をするのは慎重になるべきでしょう。

また、実際に過払い請求を行ったことのある方の意見も参考にするべきです。

実体験に基づいて評価されている事務所なら、信用しやすいといえます。

3.東京都で過払い金請求するならみどり法務事務所

東京都の過払い金請求はみどり法務事務所東京事務所が対応します。

過払い金の調査だけでも無料なので、まずは、過払い金がいくら発生しているか実績豊富なみどり法務事務所でチェックしてみましょう。

遠方の方、事情があって外出がむずかしい方は出張相談も承っておりますのでお問い合わせください。

東京都で過払い金請求するならみどり法務事務所がおすすめの根拠8つ

以下、みどり法務事務所が選ばれている理由を紹介していきます。

1.相談料・着手金無料の成功報酬システム!

みどり法務事務所では相談料が何回でも無料です。

しかも着手金も無料なので、借金苦で貯蓄に余裕がなくなっている状態からでも気軽に依頼していただけます。

そして、みどり法務事務所では成功報酬制度を採用しています。

つまり万が一、過払い金が取り返せなかった場合には費用が発生しません。

ちなみに、みどり法務事務所の基本報酬は1社ごとに49,800円です。

そして、取り返した過払い金の20%を成功報酬としてお支払いいただきます。

それ以外の額はすべて、依頼人の手元にお返しします。

2.総額90億円超!過払い金請求の実績には自信あり

過払い金請求においては、実績が何よりも物をいいます。

実績がある事務所は能力が高い証であり、安心して依頼できます。

また、実績がある事務所が出てきた時点で、貸金業者に対してのプレッシャーを与えられるのもメリットです。

余計な抵抗をしないようになるので、すんなり過払い金が返ってくることも珍しくありません。

そして、みどり法務事務所には総額90億円超の実績があります。

過払い金請求専門の事務所の中でも、トップクラスの能力が数字によって証明されています。

2.全国8カ所に展開!出張相談も実施中

どんなに優秀な法律事務所でも、相談したいときに相談できなければ意味がありません。

みどり法務事務所は東京都はもちろん、北海道から九州まで全国8カ所に拠点を置いています。

また、拠点のない愛媛県内などでも出張相談を受け付けているなど、依頼人の立場を考えた営業を続けています。

4.1度会えば手続きはすべて引き受けてくれる

過払い金請求では面倒な手続きも少なくありません。

必要な書類を作成したり貸金業者と交渉したり、かなりの時間が取られてしまいます。

法律事務所に代行してもらったとしても、打ち合わせが繰り返されるのがストレスになる方もいらっしゃるでしょう。

そんな状況が続けば、やがて家事や仕事にも支障をきたしてしまいます。

しかし、みどり法務事務所は契約後、1度の面会で過払い請求の手続きをお引き受けいたします。

依頼人が日常生活を営んでいる間に、貸金業者とのやりとりを担い過払い金返還を目指します。

5.資料を準備する必要がない

過払い金請求では、完済してしばらく経った案件などでは利用明細やカードなどの資料が残っていないことも多いですよね。

みどり法務事務所は資料がない場合でも過払い金を算出いたします。

資料が手元になくてもご安心ください。

6.依頼人に配慮した丁寧な対応

法律事務所の中には、依頼人の気持ちを逆撫でするようなところもあります。

アドバイスの域を超えて説教をしてくるような司法書士・弁護士もいて、依頼人にとっての大きなストレスとなります。

また、依頼人の希望通りに動いてくれない事務所とも信頼関係は築きにくいでしょう。

みどり法務事務所の司法書士は教育が徹底しているので、依頼人への敬意を欠かしません。

対応は常に丁寧なので、気持ちよく過払い金請求を代行してもらえます。

7.メリットだけでなくデメリットも説明

みどり法務事務所は依頼人との信頼関係を重視しています。

そのため、打ち合わせではメリット以外にも必ずデメリットを提示しています。

そして、依頼人がデメリットの起こる可能性も納得していただいたうえで、過払い金請求へと進んでいく仕組みです。

8.依頼人のプライバシーを厳守

過払い金請求は微妙な問題であり、「できるだけ口外したくない」と考えている依頼人もいます。

また、借金を周囲に隠している依頼人なら、過払い金請求をして家庭や職場に影響がないかも気になるところでしょう。

みどり法務事務所は依頼人のプライバシーを厳守しており、指定された手段でしか連絡をおこないません。

また、必要な書類が家族や同僚に見られないよう、最大の注意を払っています。

4.東京都で過払い金請求するなら悪徳事務所とのトラブルに注意

法律事務所はみどり法務事務所のように優良なところばかりではありません。

悪徳事務所の罠に引っかからないよう、その特徴を把握しておきましょう。

以下、悪徳事務所によく見られる傾向です。

過払い金の返還率が低い

悪徳事務所に依頼すると、本来よりも少ない過払い金が返ってくることがあります。

主な理由は2つです。

1.貸金業者と早く和解をしたがる

優良事務所であれば依頼人の意向に沿ってとことん貸金業者と交渉を重ねるところを、悪徳事務所はすぐに和解をしたがります。

なぜなら、和解をすれば早く決着するうえ、確実に成功報酬が手に入るからです。

そのかわり返還率は低くなるので、依頼人への配慮はないといえます。

依頼人が徹底的に交渉してもらいたがっているにもかかわらず、和解にこだわるような事務所は危険です。

2.過払い金に手をつけている

絶対にあってはならないことではあるものの、返還された過払い金を正しく伝えてこない事務所もあります。

そして、差額を懐に入れてしまうのです。

こうした事務所は依頼人に事実を悟られないよう、報告が滞りがちです。

事務所選びの際には、返還交渉の状況をこまめに伝えてくれるところに決めましょう。

悪徳事務所は自分たちの都合で動く

依頼人を無視して動く性質が悪徳事務所には顕著です。

以下、具体例です。

1.報酬を得られそうかどうかで交渉先を選ぶ

過払い金請求において、貸金業者によっては交渉が難航します。

業者が対抗策を練っていたり、依頼した法律事務所との相性が悪かったりなど、理由はさまざまです。

しかし、悪徳事務所は失敗例が増えるのを嫌い、過払い金を取り戻しにくい業者とは最初から交渉をしてくれません。

このとき、悪徳事務所から「あそこに請求するのは不可能です」といわれても真に受けず、別の事務所の意見をお求めになられるのが安全です。

2.過払い金が少ない貸金業者は放置

たとえ請求が通っても、過払い金の返還率が低いと事務所の利益も少なくなります。

悪徳事務所は安い報酬のために時間を割かれたくないので、過払い金が少ない案件を避けようとします。

逆に、優良事務所は依頼人に少しでもお金を返還させようと、小さな案件でも精一杯力になってくれるはずです。

案件の大きさで引き受けるかどうかを決める事務所とは関わらないようにしましょう。

5.東京都で多い過払い金請求について

そもそも過払い金請求とは何か

貸金業者から借金をする場合、利息制限法によって金利の上限は定められています。

しかし、かつて多くの貸金業者が利息制限法を無視して金利を設定していた時期がありました。

当時の金利を「グレーゾーン金利」と呼びます。

その後、2010年になってからグレーゾーン金利は禁止されたため、法定内の金利でしか貸金業者は融資ができなくなりました。

そして、グレーゾーン金利の時代に支払いすぎた返済額は「過払い金」として請求可能となりました。

ただし、過払い金が発生している場合でも債務者が気づかないと、請求を行えません。

過払い金には時効があり、最後の返済から10年が経つと請求ができなくなります。

そのため、過払い金が発生している可能性が少しでもあるなら、債務者は返済履歴を調べ直し、請求するのが得策です。

そして、調査を確実におこなうのであれば、司法書士や弁護士にご相談ください。

過払い金請求をするとブラックリストの載るのか

任意整理や個人再生、自己破産などの債務整理をおこなうと必ずブラックリストに名前が載ります。

「ブラックリストに載る」とは、信用情報機関が管理しているデータベースにネガティブな履歴が残る状態です。

一度ブラックリストに載ると、新たに借入ができなくなったりローン審査に通らなくなったりします。

そして、債務整理の程度によっては10年以上もブラックリストから名前が消えなくなってしまいます。

ただし、過払い金請求は「払いすぎた金額を取り戻す」という正当な行為なので、基本的にはブラックリストとは関係がありません。

請求先の貸金業者とは取引ができなくなることはあるものの、他社から借入をしたりローンを組んだりすることは可能です。

一方で、過払い金請求で金額を間違えるなどの誤った手続きをすると信用が損なわれ、ブラックリストに載る恐れが出てきます。

過払い金請求は専門家のサポートを受けて、慎重に進めていきましょう。

過払い金はどんなときに発生する?確かめるにはどうするか

まず、2010年以前から返済している借金に関しては過払い金が発生している可能性が高くなります。

なぜなら、グレーゾーン金利が廃止される以前には取引条件の上限が曖昧だったからです。

利息制限法が改正された後の取引に関しては過払い金が稀になっているものの、ヤミ金などの悪徳業者との契約では発生していることもありえます。

過払い金を確かめるには貸金業者へ取引履歴を請求して引き直し計算をおこないます。

引き直し計算とはグレーゾーン金利での返済額を現行の金利にあてはめて計算し、差額を出す方法です。

ただし、引き直し計算は難易度が高いのが障害となりえます。

計算ソフトなどを使おうとしても、そもそもの入力条件がわからなければ結果は狂います。

司法書士・弁護士などの専門家に頼んでいただくのが無難でしょう。

過払い金請求にはどんなメリットがあるか

最大のメリットとしては「返済が楽になる」ことでしょう。

返還額を借金の残債に充当すれば、完済へと大きく近づきます。

また、「借金を返すために新たな借金をする」といった悪循環に陥っていた方も、生活を立て直すきっかけとなります。

なお、完済している借金についても過払い金請求は可能です。

過払い金請求にはデメリットも

デメリットとしては、「ブラックリスト入りするリスク」でしょう。

過払い金請求の結果、返還金が少ないと借金を完済できません。

返済状況が変わらないのであれば、借金苦から逃れるためには債務整理しかなくなります。

しかし、債務整理をおこなうとブラックリスト入りは避けられず、債務者の消費活動は制限されます。

また、秘密が周囲に伝わる恐れも考慮しなければいけません。

過払い金請求では取引履歴など、必要な書類が多くなります。

もしも訴訟をおこなうならさらに数は増えるでしょう。

うっかり対策を忘れていると家族の目に入ってしまい、借金の事実が知れ渡ります。

過払い金請求を内密におこないたいケースでは、司法書士に相談して適切な連絡方法をご指示ください。

なお、取引履歴などの書類は司法書士事務所に届くよう手配することも可能です。

過払い金請求から返還までの主な流れとは

最初は「取引履歴の請求」から始めます。

取引履歴はこれまでの返済額、返済時期、金利などがすべて載っている書類であり、過払い金算出の鍵です。

しかし、貸金業者によってはすんなりと取引履歴を開示してくれません。

ときには、時間を稼いで時効がくるのを待とうとする業者もあります。

こうした業者に対抗するためにも、司法書士に依頼していただくのが賢明でしょう。

過払い金発生を確認したら、請求の手続きへと移ります。

まず司法書士は貸金業者に対して「委任」された旨を通達いたします。

この通達をもって貸金業者から依頼人への催促は止まる決まりです。

その後、引き直し計算に基づいた過払い金の返還を求める請求書を貸金業者に送付いたします。

そして、返還額や期限についての細かい交渉が行われます。

交渉内容は依頼人にお伝えし、もしも納得いただけない場合は裁判にすることも可能です。

交渉内容が合意にいたった際には書面を作成し、過払い金の返還が確実に行われるよう約束をとりつけます。

その後、合意書通りに過払い金が返還されるかを見届けさせていただくまでが司法書士の仕事です。

6.過払い金請求が多い東京都について

東京都の特徴

日本の首都でもある東京都は、産業においても国内の中心を担っています。

人口は全都道府県の中で1位であり、ITや通信の分野でも全国トップクラスの発展を遂げてきました。

大企業の本社も東京都内には集中しており、丸の内や大手町などがオフィス街として栄えています。

そのほか、ファッションや若者文化の発信源としても有名であり、渋谷、原宿、新宿などには10代や20代が好むカルチャースポットが並んでいます。

これらの街は世界からの注目度も高く、いわゆる「クールジャパン」の代名詞ともいえるでしょう。

一方、東京都は物価も日本最高級です。

特に、不動産地価の平均値は日本トップを記録しています。

都心に近づくほど物件の値段は上昇する傾向が顕著で、一般人は比較的家賃の安い郊外に住居を求めるようになりました。

そのほか、在日外国人の数も多く、アジア系を中心にイギリスやフランスなどのヨーロッパ系も住んでいます。

外資系企業が多く、転勤してきた海外のビジネスパーソンが生活しているのも特徴です。

東京都の借金問題とは

ほかの都道府県と比べても、借金問題が多く起こっているのが東京都です。

原因として、絶対的な人口の多さは挙げられるでしょう。

ただし、それ以外にも「歓楽街の多さ」は見逃せません。

新宿歌舞伎町をはじめとして東京都には大人の遊び場が乱立しており、人々の消費を煽っています。

また、家賃などの物価が全国水準よりも高いため、生活苦に陥りやすいという背景もあります。

そのほか、購買意欲をあおる仕掛けの多さも借金を誘発しているといえるでしょう。

流行の最先端が集う東京都では、人気の新商品がめまぐるしくリリースされています。

世界的に注目されているブランドショップなども少なくありません。

都心に足を踏み入れると広告を見過ごせない状態となるため、「衝動買い」が起こりやすくなり無計画な消費行動へとつながっていきます。

東京都における過払い請求の傾向

借金問題の数が多いため、東京都では自然と過払い金が発生している数も多くなります。

そして、その多くが依頼人に納得していただける形で解決可能です。

なぜなら、東京都には大手司法書士・弁護士事務所も集中しているからです。

選択肢が多く、過払い金の発生状況によって相談先を決められるのは東京都の特性です。

東京都の司法書士と弁護士の数

2019年2月時点で日本司法書士会連合会が発表した「全国司法書士会一覧」によれば、東京都内の司法書士は4262人でした。

これは全都道府県中の1位です。

また、2018年に日本弁護士連合会が発表した「弁護士会別会員数」によれば、東京都内の弁護士は18万8854人でした。

これも全都道府県で1位の数字です。

東京都にはたくさんの優秀な司法書士・弁護士がいて、依頼人の悩みに応えてくれています。

そして、過払い金請求についてもみどり法務事務所のような経験とスキルのともなった事務所が対応しています。

過払い金請求で不安を抱えている方は、とりあえず無料相談から専門家に話をしてみましょう。

page top