千葉県で過払い金請求の対応に強いみどり法務事務所

千葉県にお住まいでこれから過払い金の請求をしたいとお考えの方は、たくさんいらっしゃることでしょう。

しかし、どの法律事務所に相談すれば良いのか、迷ってしまうのではないでしょうか。

過払い金を請求する手続きは司法書士事務所や弁護士事務所に依頼できます。

しかし、事務所によってさまざまな特徴があるため、依頼をする前に過払い金請求を解決した実績がある信頼性の高い事務所かどうか、見きわめる必要があるのです。

過払い金請求はどこの事務所に依頼しても同じではありません。

戻ってくる過払い金の額は貸金業者によっても異なりますが、依頼する事務所によっても差が出ます。

千葉県で過払い金請求を成功させてできるだけ多くの金額を取り戻したいとお考えの方は、過払い金請求手続きの実績が豊富にあるみどり法務事務所に、ぜひ一度ご相談ください。

1.過払い金の返還実績が豊富なみどり法務事務所で無料相談

みどり法務事務所は相談料や着手金が無料で、成功報酬のみをいただく方式を採用しています。

相談者様が納得できるまで、何度でも無料で相談をしていただくことが可能です。

初期費用はまったくかかりませんし、過払い金がいくら発生しているかの調査だけでも無料でお引き受けしています。

お悩みの方は、まず、過払い金請求の解決実績が豊富なみどり法務事務所にお気軽にお問い合わせください。

2.千葉県で過払い金請求を依頼する事務所選びのポイント

請求手続きがスムーズに進み、できるだけ多くの過払い金が払い戻されるかどうかは、貸金業者の対応によっても異なりますが、依頼した法律事務所の交渉力やスキルによるところがかなり大きいです。

過払い金請求の手続きを依頼する事務所を探すときは、次のような点に注意して選ぶのがいいでしょう。

1.過払い金請求や債務整理など、借金問題を専門に活動している事務所なのか

司法書士事務所や弁護士事務所ではさまざまな事案を扱いますが、それぞれの得意分野を持っているケースが一般的です。

たとえば、相続問題などを得意とする事務所もあれば交通事故などの示談交渉を得意とする法律事務所、離婚の慰謝料に関する交渉を多く扱う法律事務所もあります。

依頼してみたい事務所を見つけたら、そこがどんなジャンルの案件を得意分野としているのかもチェックしましょう。

もちろん、過払い金請求や債務整理などの借金問題を専門に依頼を引き受けている事務所を選んだほうが良い結果を得やすいといえます。

2.過払い金請求を解決した実績が豊富にあるかどうか

過払い金請求など借金問題を専門に扱う法律事務所が見つかったとしても、その中には活動実績が乏しくて頼りにならない事務所が含まれている場合もあるため、注意が必要です。

その事務所が過払い金請求を解決した実績は何年・何件くらいあるのかなどをチェックして、過払い金請求手続きの実績が豊富にある法律事務所や司法書士事務所を選ぶようにしましょう。

3.過払い金請求の流れや必要な費用・期間を丁寧に説明してくれるか

わざわざ法律の専門家に依頼して過払い金請求をするのですから、その結果に納得できたほうがすっきりとして、前向きな気持ちになれるのではないでしょうか。

逆に、過払い金請求手続きの内容がよくわからないまま事務所にまかせたままにしていると、解決後に不満が残ってしまうケースもあります。

法的な手続きというものは一般の方には複雑でむずかしく感じられる場合もあるかもしれません。

それだけに、専門家は相談者様に対して、できる限りわかりやすい説明を心がけることが大切なのです。

4.信頼して依頼をできる事務所かどうか

一般の方は法律の専門的な知識がないのが普通で、過払い金請求におけるメリットやデメリットについても、よく知らないケースがほとんどではないでしょうか。

ですから、専門家は相談者様の身になってメリットとデメリットを正しく説明する必要があります。

しかし、必ずしもすべての事務所が相談者様に十分な説明をしているとは限りません。

ですから、後から「それは聞いていなかった」ということが起こらないように、一歩踏み込んだところまで説明してくれる法律事務所を選ぶほうが良いのです。

依頼者に不安や不満を残さないように、十分な情報提供をする事務所こそ信頼できるといえます。

5.過払い金を請求する裁判を提案してくれるかどうか

金融業者は払い戻す過払い金を少しでも減らそうとするケースが多く、依頼した法律事務所が全額に満たない金額で和解をしてしまう場合も中にはあります。

貸金業者に不当に徴収された過払い金の金額を知れば、そのうちで返還されない分があることに納得するのはむずかしいのではないでしょうか。

そこで、過払い金請求のスキルが高い事務所なら、訴訟(裁判)を起こして全額を返還するように請求する方法を提案してくれます。

そこが相談者様の利益を最優先する法律事務所かどうかを見分けるポイントの1つなのです。

6.丁寧で迅速な対応をしてくれるかどうか

司法書士事務所や弁護士事務所は多くの案件を同時に抱えているケースも多く、中には相談者様1人1人への対応がいいかげんだったり、時間がかかったりする場合もあります。

しかし、相談者様にとっては1日も早く過払い金を取り戻すことが重要ですから、事務所の対応が良くないと不安や不満などのストレスを感じてしまうかもしれません。

相談者様に対するサービスの質とスピードも、事務所の価値を見きわめるチェック項目といえます。

7.実際に依頼をした人からの評判や口コミが良いかどうか

相談者様にとって利用しやすい事務所かどうかは、実際に依頼した経験のある人の感想からもわかります。

事務所のホームページに記載されているお客様の声や、事務所の口コミなどもチェックして、良い評判や口コミが多いかどうかを確認すると安心できるでしょう。

3.千葉県で過払い金請求するならみどり法務事務所

千葉県の過払い金請求はみどり法務事務所の東京事務所が対応します。

過払い金の調査だけでも無料なので、まずは、過払い金がいくら発生しているか実績豊富なみどり法務事務所でチェックしてみましょう。

遠方の方、事情があって外出がむずかしい方は出張相談も承っておりますのでお問い合わせください。

1.千葉県の過払い金請求でみどり法務事務所が選ばれる理由

1.相談料・着手金は無料、いただくのは成功報酬のみです

みどり法務事務所では相談者様は何度でも無料で相談ができます。

着手金もいただかないため、初期費用は1円もかかりません。

過払い金請求の成功報酬のみを頂戴しています。

2.過払い金返還額は累計90億円超です

みどり法務事務所は過払い金請求手続きによって返還された金額が累計90億5000万円を超えており、1カ月あたりの相談数も500件にのぼります。

このように、みどり法務事務所は過払い金請求に高い実績を持つベテランです。

3.全国に8事務所を展開、出張相談にも対応できます

みどり法務事務所は北海道・関東・中部・中国・九州地方に合計8つの事務所を構えていますので、最寄りの事務所にご相談ください。

お近くに事務所がなくて事務所にお越しいただくのがむずかしい相談者様にも、随時開催している出張相談会にて対応することができます。

4.面談は1度だけでOKです

過払い金請求では相談者様の個人情報を取り扱うため、1度は事務所に来ていただき、面談をする必要があります。

しかし、聞き取りや手続きのために何度も事務所に足を運んで面談しなければならないとしたら、相談者様にとって時間と労力の負担です。

そこで、みどり法務事務所では相談者様の負担を減らすために、原則として1度の面談のみで必要なやりとりをすべて完了させるようにしています。

5.資料などの準備は必要ありませんす

過払い金請求のために過去の借入や返済の履歴などの資料を探して提出するのは、相談者様にとって煩わしい作業です。

みどり法務事務所は、相談者様の情報と借入先さえわかれば、借金や返済の明細がない場合でも過払い金について調査をすることができます。

6.親切・丁寧、迅速な対応をモットーとしています

一般の方にとって、金融にまつわる法的手続きは複雑で理解しにくいものでしょう。

みどり法務事務所は相談者様の立場になって親切・丁寧に説明を行います。

また、スピーディな対応をすることが可能です。

7.デメリットも含め、正しい情報を説明しベストな提案を行います

過払い金請求をすれば払い過ぎた利息を取り戻せるというメリットが大きいものの、中にはデメリットが生じるケースもあります。

みどり法務事務所はデメリットの可能性も含めて正しい情報を説明し、ケースバイケースで最善の提案をおこなう方針です。

8.秘密厳守を徹底しています

法律を扱う専門家には相談者様の秘密を守る義務があります。

みどり法務事務所は守秘義務を徹底しており、相談者様のご家族に対しても秘密を漏らすことはありません。

また、過払い金請求の手続きをしていることをご家族やお勤め先に知られないように配慮しています。

たとえば、ご連絡をする時間帯や郵送物などの対応に関して、相談者様のご要望に応じて対応させていただくことが可能です。

3.千葉県で過払い金請求するなら悪徳事務所とのトラブルに注意

過払い金請求手続きの依頼を受託する法律事務所は多数ありますが、中にはあまり良心的ではないところも存在します。

そういった悪徳事務所に依頼して後悔する結果にならないように、どんなトラブルが起こりやすいかをあらかじめ知っておくことも大切です。

1.悪徳事務所のせいで戻ってくる過払い金が減る場合があります

1.貸金業者と十分な交渉をおこなうことなく和解してしまうケース

貸金業者は当然のことながら、一度回収した過払い金をできるだけ払い戻したくないと考えます。

相談者様に代わって貸金業者と交渉をおこなう法務専門家は全額返金を目標にしっかりと渡り合う責任がありますが、中には貸金業者と癒着しているような悪徳事務所も存在します。

2.過払い金を着服されてしまうケース

法務に従事する立場としてあってはならないことですが、相談者様に専門的な法律知識がなく法務専門家を信頼しているのをいいことに、過払い金を着服するケースもあります。

もしも着服されてしまっても、相談者様自身でそれを追及するのは非常に困難です。

2.悪徳事務所にとって都合のいい貸金業者の案件しか手続きをしないケース

1.報酬が出ない貸金業者の案件を放置されてしまう

法律事務所にとって利益を出せるのは過払い金請求の成功報酬です。

そこで、過払い金の金額が高額になる貸金業者の案件ほど報酬も高くなるため、そちらばかり優先されるケースもあります。

2.過払い金が少額の貸金業者の案件は後回しにされてしまう場合がある

過払い金が少額であっても、相談者様にとってはできるだけ早く、全額を取り戻したいものでしょう。

しかし、そういったケースは成功報酬も少額となってしまうため、良心的でない事務所に依頼すると後回しにされ、なかなか解決しない場合があります。

そういった事態になっても、相談者様としては「早く手続きをしてほしい」とリクエストすることしかできません。

3.悪徳事務所ではないことを確認してから依頼するようにしましょう

日常生活の中では、法律事務所の評判を見聞きする機会はそれほど多くないでしょう。

ですから、過払い金請求手続きを依頼する前に、良心的な法律事務所なのかどうかをよく見きわめる必要があります。

事務所ホームページのお客様の声をみる、事務所に依頼した人の口コミを見るなど、インターネット上でもある程度の情報を得ることができます。

最終的には相談者様自身で正式依頼の前に無料相談を試し、納得のいくまで説明や提案をしてくれるかどうか、そのときの対応で判断してください。

4.千葉県で多い過払い金請求について

過払い金請求について知ったばかりで、くわしいことはよくわからないという相談者様も少なくありません。

この項目では相談者様によくある質問を取り上げて解説します。

1.過払い金請求について教えてください

1.2010年以前に借金をして返済した人は過払い金が生じている可能性があります

過払い金とは、キャッシングやカードローンなどを利用した人が貸金業者に過剰に支払っていた利息のことです。

貸金業者が不当に多い利息を利用者に請求できないよう、2006年12月13日に貸金業法の改正が決定し、2007年12月19日から施行が始まりました。

そして、2010年6月18日からは完全施行が実現したのです。

しかし、2010年以前に借金をした人の中には、改正貸し金業法で規制されている範囲を超えた利息が請求されているおそれがあります。

2.グレーゾーン金利が適用された利息を払っていないか確認しましょう

グレーゾーン金利とは、利息制限法で定める利息上限と出資法で刑事罰対象と定める利息上限の間に相当する金利です。

ちなみに、利息制限法によれば利息上限は15~20%ですが、出資法においては29.2%となっていました。

つまり、貸金業法が完全施行される前には、29.2%の利息を貸金業者が利用者に請求した場合、違法であるにもかかわらず刑事罰を科せられることはなかったのです。

過払い金とは、このグレーゾーン金利によって計算されて請求され、借金をした人が貸金業者に支払ったお金を意味します。

3.過払い金の請求は正当な行動でしょうか

貸金業者に刑事罰が科せられないとはいえ、利息制限法で定める上限を超えた利息を利用者から取ることは違法です。

ですから、過払い金の請求は法的に正当な行動として認められています。

個人で過払い金の返還請求をすることも可能ですが、法律手続きに関する専門的な知識と経験を持ち、貸金業者との交渉に慣れている司法書士や弁護士に依頼したほうがスムーズに解決できるでしょう。

2.過払い金請求をすると信用情報でブラックリストに記載されるのでしょうか

信用機関のブラックリストに載ってしまうのではないかと心配して、過払い金請求をためらっている方も少なくありません。

確かに、過払い金請求手続きの内容が「任意整理」に該当する場合はブラックリスト記載条件となるため、信用機関のブラックリストに一定の期間、記載されるケースもあります。

しかし、すべての過払い金請求がブラックリストに掲載されるというわけではありません。

相談者様の状況によって異なります。

加えて、ブラックリストに載ってしまうと制限を受ける内容は限定されているにもかかわらず、漠然と社会生活全般が制限されると思い込んでいる方もいらっしゃいます。

ブラックリストに載るデメリットと過払い金を取り戻すメリットを冷静に比較検討してみましょう。

みどり法務事務所の無料相談をご利用していただければ、相談者様の過払い金請求と気になるブラックリストの関係や、具体的なメリット・デメリットをご説明した上で的確なアドバイスができます。

1.ブラックリストとは何でしょうか

ブラックリストとは、信用情報機関のデータベースに「事故情報」として一定期間、記載されることです。

貸金業者は利用者の事故情報を3つの信用情報機関のデータベースを通じて共有しており、ブラックリストに記載された方にはお金を貸さなくなります。

その3つの信用情報機関とは「JICC(株式会社日本信用情報機構)」、「CIC(株式会社シー・アイ・シー)」、「KSC(全国銀行個人信用情報センター)」です。

また、「事故情報」には「延滞」「債務整理」「代位弁済」「強制解約」があり、上で述べた「任意整理」は「債務整理」に含まれます。

それから、ブラックリストに記載される期間は事故情報の内容と信用情報機関会社によって1~10年間位と幅がありますが、任意整理の場合は5年以内が一般的です。

2.ブラックリストに載ると何が制限されるのでしょうか

上で述べた3つの信用情報機関のデータベースに事故情報が記載された場合、制限されることは3つあります。

1つ目は他の貸金業者の審査が通らず、新たな借金ができなくなることです。

2つ目としては、新しいクレジットカードを作ろうとしても審査が通らなくなります。

3つ目は、住宅ローンや自動車ローンなどが通らなくなることです。

ブラックリスト記載前に契約したクレジットカードやローンに影響が出ることはありません。

また、ブラックリストとは金融機関と個人の取引情報でしかないため、たとえば戸籍などに記載されることはなく、就職や商取引の際に相手方に知られる心配も原則としてありません。

ただし、例外のケースがあり、就職先や取引先が金融機関である場合です。

3.ブラックリストに載っていても影響が出ない契約とは何でしょうか

信用情報機関と関係していない契約については、ブラックリストに記載されていることを理由に支障をきたすことはありません。

たとえば、不動産貸借契約や生命保険への加入、銀行口座開設などはブラックリストに記載がある期間でも可能です。

4.社内ブラックリストとは何でしょうか

信用情報機関のブラックリストの他に、「社内ブラックリスト」と呼ばれる非公式のブラックリストがあるといわれています。

「社内ブラックリスト」とは、借金をした貸金業者社内の顧客情報に「信用がない顧客」として情報が記載されることです。

過払い金請求は貸金業者にとっては不都合なアクションなので、過払い金請求をするとその貸金業者において「社内ブラックリスト」になることは少なくありません。

よって、その貸金業者からは新規の借入がむずかしくなったり、新しいクレジットカードの審査が通りにくくなったりすることはあります。

また、信用情報機関のブラックリストが一定期間を過ぎれば消えるのに対し、「社内ブラックリスト」は半永久的に残るものです。

ただし、「社内ブラックリスト」は社内機密情報として扱われ、他の貸金業者に「社内ブラックリスト」が知られることはありません。

ですから、新たな借金やクレジットカード入会が完全に不可能になるわけではなく、別の金融業者を利用すれば借金やクレジットカード入会が可能です。

5.過払い金請求手続きをしてもブラックリストに載らないケースもあるのでしょうか

まず、ブラックリスト記載条件の1つである「任意整理」とは「債務整理」のなかのひとつです。

「債務整理」には「自己破産」「個人再生」「特定調停」「任意整理」の4種類があります。

そして、「任意整理」とは返済が完了していない借金を減額する交渉を意味します。

つまり、返済が終わっている借金の過払い金を請求しても、信用情報機関のブラックリストに載る心配はありません。

それから、過払い金を充当すれば借金を完済できる場合も、ブラックリスト記載の対象外です。

ただし、過払い金請求先の貸金業者の「社内ブラックリスト」に載ることはあります。

過去には過払い金請求を行っただけでブラックリストに記載されたケースもありました。

しかし、2010年4月19日から「契約見直し」に関してはブラックリスト登録対象から外されたのです。

過払い金請求も「契約見直し」に含まれます。

このルール改訂により、過去に過払い金請求を行っただけでブラックリストに登録されていた情報は削除されることになりました。

ただし、完全に削除されていないケースもゼロではないため、気になる方は信用情報機関に情報開示を請求することができます。

6.自分がブラックリストに載っているかどうか確認する方法を教えてください

貸金業者がデータベースを利用している信用情報機関には3社があり、貸金業者によってどの会社を利用しているかが異なります。

ご自分の信用情報を確認したい場合は3社すべてに情報開示を申し込み、相談者様の信用情報に事故情報が記載されているかどうかをチェックしましょう。

ただし、手数料が500~1000円程度かかります。

請求方法は信用情報機関によって異なり、「JICC」と「CIC」はインターネット・電話・窓口から請求が可能ですが、「KSC」は郵送のみです。

3.過払い金請求ができる貸金業者

過払い金が発生している貸金業者とは消費者金融に限りません。

クレジットカード会社や信販会社の他、鉄道会社に対して過払い金が発生していたケースもあります。

みどり法務事務所で過払い金請求手続きが可能な貸金業者は全国に107社もあり、中には大手の有名企業も少なくありません。

2010年以前に借金やローン、長期にわたる分割払いなどをしたことがある方は、一度みどり法務事務所のホームページに掲載している「貸金業者一覧」でチェックしてみることをおすすめします。

5.過払い金請求が多い千葉県について

1.千葉県の概要

千葉県は南関東の房総半島から関東平野の南部に位置する県です。

全体的に起伏が少なく、全国の都道府県のうちで最高地点が最も低い地形は住宅地や農業・工業用地に適しています。

また、北部を除く三方を海に囲まれた地形です。

北西部から西部にかけては江戸川や東京湾を挟んで東京都に隣接しており、都内で働く人のベッドタウンとして発展してきた歴史があります。

首都圏を構成する1都6県の1つで、県庁所在地は千葉県西部の千葉市です。

人口・人口密度・昼間人口は全国6位、面積は全国で28位となっています。

都道府県人口・都道府県人口密度・都道府県昼間人口はいずれも全国6位、面積は全国28位(南関東1都3県では最大)です。

ちなみに、「千葉県」ホームページに記載されたデータによると、2018年1月1日の千葉県の人口は627万118人、世帯数は273万901世帯となっています。

最も人口が多いのは県庁所在地である千葉市の97万7752人・43万5412世帯で、2位は船橋市の63万6322人・28万6890世帯、3位は市川市の49万2983人・24万431世帯です。

このように、千葉県内でも東京や近隣県にアクセスの便利なエリアに人口が集中しています。

2.千葉県にある法律事務所や法律専門家の数

千葉県内にある法律事務所の数は、「日本司法書士連合会」や「日本弁護士連合会」のホームページ内で会員検索をすることによって把握できます。

「日本司法書士会連合会」のホームページによると、「千葉県司法書士会」に登録されている個人会員数は743人、法人会員数は31法人です(2019年2月)。

また、「日本弁護士連合会ホームページ」によると、「千葉県弁護士会」には個人会員として815人、法人会員として37法人が登録されています(2019年2月)。

3.千葉県民の借金事情

全国の借金ランキングによると、千葉県は47都道府県中43~44位、平均借金額は49万円(2013年度)というデータが出ています。

ちなみに、住民1人当たりの借金額で最も多いのは千葉市の75万3000円、最も少ないのは浦安市の10万7000円(2013年)です。

また、ちばぎん総研研究員が産経新聞に寄稿した記事によれば、千葉県民が借金をする理由の90%位は住宅や土地を取得するためのローンだそうです。

4.千葉県の多重債務に対する取り組みについて

また、千葉県環境生活部くらし安全推進課では多重債務対策本部を設置して多重債務に苦しむ県民の救済を目指しており、10月1日から12月31日までを「多重債務問題対策強化月間」に定めています。

その時期には「借金およびヤミ金融に関する無料相談会」が開催され、借金に関する相談に対応するのは弁護士あるいは司法書士です。

多重債務を背負う人の中には過払い金について知らず、返済に困って複数の貸金業者から借金をしてしまった人も含まれます。

page top