北海道で過払い金請求の対応に強いみどり法務事務所

北海道に住んでいて過払い金請求をしたいと思っているけれど、どの事務所に頼めばいいのか悩んでいるという人は多いと思います。司法書士事務所や弁護士事務所を選ぶ際には、過払い金請求実績の有無や、信頼できる事務所かどうかを見極めることが大切です。

北海道で過払い金請求を成功させたい人は、この記事で事務所選びのポイントを確認してください。また同時に、過払い金請求のメリットやデメリットなど、過払い金請求に関する基本的な知識も解説します。

1.過払い金の返還実績が豊富なみどり法務事務所で無料相談

みどり法務事務所は、成功報酬を採用しています。何度相談をしても無料です。また、過払い金があるかどうかの調査も無料です。さらに、初期費用もかかりません。まずは、豊富な過払い金請求の実績をもつみどり法務事務所で、過払い金が発生しているかどうかをチェックしてみましょう。

2.北海道で過払い金請求を依頼する事務所選びのポイント

2-1.過払い金請求の専門事務所

司法書士や弁護士事務所と聞くと、どこも同じように見えるかもしれませんが、それぞれの事務所ごとに専門としている分野があります。弁護士だと民事事件や刑事事件、司法書士だと不動産登記や相続など、扱う分野はさまざまです。そのため、過払い金請求を得意分野外としている事務所に依頼してしまうと、普段とは違う業務内容となるため、思ったような結果が得られない可能性があります。事務所を探す際には、過払い金請求や債務整理をおこなっているかを確認することが重要といえるでしょう。

同時に、過払い金請求の実績にも着目する必要があります。事務所のホームページを見たり、直接電話をして過払い金の返還実績などについて問い合わせたりしておくと安心です。

2-2.手続きや費用の説明がわかりやすく明確

過払い金請求をプロに依頼すると、さまざまな費用や手数料が必要となります。司法書士費用は自由に設定することができるため、事務所によって必要な費用は異なります。思った以上に支払い金額が高くなる可能性もあるため、費用は必ず事前に確認しておくことが大切です。

過払い金請求でかかる費用は、着手金と解決報酬金、過払い金報酬の3つがベースとなります。着手金は、依頼した段階で必要となる費用で、1件あたり2~3万円が相場です。解決報酬金は、過払い金が返還されたときに支払うもので、同じく1件あたり2~3万円が相場になります。過払い金報酬は、返還された金額の20~25%を支払うのが一般的です。これらの費用に加え、事務所によってはオプション手数料などが発生する場合があります。

着手金が無料でも、成功報酬が相場より高く設定されているケースもあるため、注意が必要です。費用に関する説明の際に、すべてが明確でわかりやすいかどうかという点は、良心的な事務所かどうかを判断するうえで重要な材料となります。中には、すべての手続きが終わった後に突然追加費用を請求してくる事務所もあるため、費用の内訳や総額は無料相談の段階でしっかり確認しておきましょう。

2-3.相談者の立場に立って説明してくれる事務所

相談者の立場に寄り添ってくれる司法書士がいる事務所かどうかも、確認しておく必要があります。実績が豊富な大手の事務所でも、事務的な対応で相談者の話をあまり聞いてくれないというケースも珍しくありません。

過払い金請求の契約後、進捗状況の確認連絡がなかったり、希望とは異なる条件で和解させられたりすることもあります。そのため、無料相談を受けてみて、相手の接し方を見ておくと安心です。難しい場合は、無料で相談できる電話窓口を利用し、対応を確認してみましょう。書類と電話のみで、手続きのすべてをすませるような事務所は、避けたほうが無難です。

また、司法書士を含め事務所スタッフの対応が丁寧で迅速であるかという点も併せて確認しておきましょう。ネット上の評判や口コミを調べるという手もありますが、すべて鵜吞みにするのではなくて参考程度にとどめておくのが無難です。

2-4.過払い金請求訴訟(裁判)を提案してくれる

過払い金をなるべく多く返還してもらうためには、裁判が不可欠といえます。しかし、話し合いによる和解と比べると手間も時間もかかるため、裁判を避けたがる事務所が存在するのも事実です。せっかくならば、少しでも多くの過払い金を返還すべく、働いてくれる事務所を選ぶほうがいいですよね。

過払い金請求の方法として、裁判に持ち込んだ場合は結果がどう変わるのかを説明してくれる事務所を選ぶべきです。さらに、裁判をする場合としない場合の費用の違いなども説明してくれる事務所であれば、より安心です。

3.北海道の過払い金請求で選ばれているみどり法務事務所

北海道の過払い金請求は、みどり法務事務所 札幌駅前事務所が対応します。過払い金の調査だけでも無料なので、まずは、過払い金がいくら発生しているか実績豊富なみどり法務事務所でチェックしてみましょう。

遠方の方、事情があって外出がむずかしい方は出張相談も承っておりますのでお問い合わせください。北海道の過払い金請求で、みどり法務事務所が選ばれる理由をみていきましょう。

3-1.みどり法務事務所の魅力

みどり法務事務所は、過払い金請求をはじめ、任意整理や個人再生、自己破産と借金関連の業務に特化した事務所です。過払い金返還額は、90億円以上と高い実績を誇ります。成功報酬のため、相談料や着手金は無料で、調査の結果、過払い金が返還されなかった場合も費用はかかりません。

返還できた場合は、1社あたり49,800円が基本成功報酬となります。さらに、返還された過払い金の20%が歩合成功報酬として必要です。訴訟によって過払い金が返還された場合は、歩合成功報酬が25%となります。

事務所は、札幌をはじめ東京や高知、松山、岡山など全国8カ所にあり、出張相談にも対応しています。北海道の場合、旭川や北見、網走、函館で出張相談会を実施しているため、事務所から遠方に住んでいても気軽に相談可能です。

カードや明細などの資料は、一切準備する必要がありません。借入先とお客様情報が分かれば、調査することができます。親切で丁寧かつ迅速な対応を掲げており、デメリットを含む正しい情報を伝えたうえで、最善の提案をするため、信頼でき安心です。

連絡する時間帯や、郵送物の送付場所など、希望に応じて対応するため、家族や勤務先に過払い金請求の手続きをしていることを知られる心配がありません。徹底した秘密厳守も、みどり法務事務所が選ばれる理由の1つです。

3-2.みどり法務事務所で過払い金請求をする際の流れ

まずは、電話かメールで問い合わせてください。電話の場合は、その場で状況を簡単におうかがいします。メールの場合は、メールか電話でご連絡しますので、そのときに状況を伝えてください。

次に、事務所に足をお運びいただいて、具体的なご相談や、手続きの流れに関する説明をさせていただきます。ご相談は何度でも無料です。気になることや不安なことがあれば、徹底的に確認してください。相談者に寄り添い、丁寧かつ迅速に対応します。説明を受け、費用や期間、手続き内容などに納得できれば、正式に依頼となります。

契約後は、貸金業者に取引履歴の開示請求を送り、過払い金の有無について調査します。業者名がはっきりしない場合や、合併した場合も調査可能なのでひとまずご相談ください。

過払い金の交渉や訴訟は、相談者の希望を聞きながらおこないます。そのため、希望とはまったく違う結果になるという心配がありません。過払い金が返還されても、借入が残ってしまう場合は、相談者の生活状況に応じた長期分割や将来利息カットなどの交渉をおこないます。交渉が成立したら、過払い金の額や返金期日の説明です。借入を完済していない場合は、月々の返済額や返済開始日など、今後の支払いについても説明をします。

4.北海道で過払い金請求するなら悪徳事務所とのトラブルに注意

4-1.返ってくる過払い金が少ない

悪徳事務所の手口として多いのが、過払い金を少なくみせるというケースです。例えば、100万円の過払い金が返還されたにもかかわらず、依頼者には70万円だったと伝え、残りの30万円を着服してしまうのです。悪質な場合は、過払い金が返還されなかったと伝え、全額を着服する場合もあります。

また、完済している借金の過払い金請求をし、返済が残っていたと嘘をついて過払い金を着服するケースもあります。例えば、100万円が返還されたけれど、ショッピング枠で40万円の借入があったため、60万円が手元に戻ると伝え、事務所が40万円を着服するのです。

さらに、過払い金請求をした時点で、借入の返済が終わっていない場合には、過払い金が借入額以上だったにもかかわらず、依頼者には過払い金によって借金がなくなったことだけを伝えます。そして、過払い金から借入額を差し引いたお金を着服するというケースがあるのです。和解書や判決書の提示を要求して確認することで、これらのトラブルを防ぐことができます。

事務所によっては、貸金業者と交渉をしないまま和解してしまうケースもあります。話し合いですぐ和解してしまうほうが、時間も手間もかからないため、事務所にとってはメリットが大きいからです。しかし、回収額を満額に近づけるために、裁判は欠かせない手段なのです。そのため、すぐに和解してしまう事務所には注意が必要です。

4-2.悪徳事務所にとって都合のいい貸金業者しか手続きしない

過払い金請求の依頼を事務所にしたのに、その後手続きを進めず放置されてしまうというトラブルもあります。特に、報酬が出ない貸金業者や、過払い金が少額の貸金業者の手続きを放置する悪徳事務所があります。過払い金には、最後に取引した日から10年という時効が定められています。放置されている間に時効を迎え、過払い金請求ができなくなるということにもなりかねません。

また、放置されている間に貸金業者が倒産してしまう心配もあるのです。経営が悪化し、依頼したときよりも返還される過払い金が少額になることも考えられます。依頼をした後も、定期的に進捗状況を確認しておくと安心です。

5.北海道で多い過払い金請求について

5-1.過払い金請求とは

過払い金は、クレジットカード会社や消費者金融へ、利息制限法の上限である15~20%をオーバーして支払った利息のことです。

利息制限法によって、利息について以下の制限がなされています(利息制限法第1条)。

  • 元本額が10万円未満の借金 → 年20%まで
  • 元本額が100万円未満の借金 → 年18%まで
  • 元本額が100万円以上の借金 → 年15%まで

しかし、かつてはこの法定利率を守らず運用していた貸金業者が横行していたのです。 現在、払い過ぎた利息を返還してもらうことができ、これを過払い金請求といいます。過払い金の対象者は、平成22年以前に消費者金融やクレジットカード、銀行カードローンでキャッシングをおこなった人です。対象者は500万人ほどといわれており、金額にすると約10兆円にもなります。

5-2.過払い金請求の対象となる人

過払い金請求の対象となる人には、いくつかの条件があります。

2010年6月までにお金を借りた

2010年6月に、グレーゾーン金利が廃止されました。そのため、2010年6月以前に借入を始めたことが、過払い金請求対象の条件となります。ただし、法律の改定以前に、金利を引き下げた貸金業者がほとんどです。自分の借入先がいつ金利を下げたのかを調べることで、過払い金の対象になっているかどうかがわかります。

消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用していた

アコム、プロミス、レイクなどの大手消費者金融から、地方のみで営業している貸金業者まで、消費者金融を利用したことがある場合は過払い金が発生している可能性があります。

また、クレジットカードのキャッシング機能を使っていた方にも過払い金が発生している可能性があります。

当てはまる場合、まずはみどりの無料相談で対象になっているか確認してください。

5-3.過払い金請求のメリット

過払い金請求をすると、払い過ぎた利息が戻ってくるのが何よりのメリットです。 では、完済している場合と返済中の場合に分けてみていきましょう。

完済してから過払い金請求するメリット

借金を完済してから過払い金を請求するメリットは、過払い金が現金としてそのまま手元に戻ってくることです。ブラックリストに登録される心配もありません。

さらに返還された過払い金をほかの借金の返済に充てることも可能です。そのため、生活収支の改善にも役立つでしょう。

返済中に過払い金請求するメリット

借金を返済中に過払い金を請求することもできます。返済中に過払い金請求するメリットは、借金を減額できることです。

また、過払い金のほうが残りの借金よりも多かった場合、完済扱いとなり、残りの過払い金は手元に戻ってきます。

5-4.過払い金請求のデメリット

過払い金請求のデメリットは状況によって異なります。 後悔しないためにも、自分にとってのメリット・デメリットを知ったうえで過払い金請求をおこなうことが大切です。

完済してから過払い金請求するデメリット

過払い金請求は、1社に対し1度しかできません。もし貸金業者にとって有利な条件で交渉がすすめられると、返還額があまりに少なかったり、返還してもらえなかったりという事態にもなりかねません。しかし、不当な結果だったからといってもう一度請求することはできないのです。司法書士などのプロに依頼することで、希望に沿った結果へ導くことができます。

また、過払い金を請求すると、その請求相手である貸金業者から再びお金を借りることはできない可能性が高まります。できるかどうかは、貸金業者によって異なりますが、できないと考えていたほうが無難です。

ただし、過払い金請求した貸金業者以外であれば利用することができるのでそれほど大きなデメリットではないはずです。

過払い請求には、最後の取引から10年という時効があり、この期間を過ぎると過払い金を請求することができなくなります。完済し、その後借入をしなければ取引がないため、気づいたときには時効が過ぎていたということもあるのです。

さらに、過払い金請求をしようと思ったときには貸金業者が倒産していたというケースも考えられます。完済している場合は、なるべく早く過払い金を請求する必要があります。

返済中に過払い金請求するデメリット

返済中に過払い金請求をし、過払い金が借入残高を下回ると債務整理と同じ扱いとなります。そのため、信用情報起案に事故情報として登録されてしまうのです。事故情報が登録されてしまうと、新規でクレジットカードを作成したり、新しく借り入れたりするのが難しくなります。約5年間は事故情報の登録が消えません。

住宅ローンや教育ローンなどの各種ローンも、審査時に信用情報機関の情報を参考にします。返済中に過払い金請求をするのであれば、戻ってくる過払い金が借入額を下回る場合、約5年間はローンを組むのを諦めましょう。

5-5.過払い金請求手続きの流れ

過払い金請求の手続きは次のような流れでおこないます。

個人で請求する場合

まずは、貸金業者に取引履歴を取り寄せるところから始まります。 取引履歴が届いたら、それをもとに支払い済みの金利と、利息制限法の上限金利を比べ、差額を計算します。これを引き直し計算と呼びます。インターネットで出回っている引き直し計算ソフトを使うと便利です。

計算が間違っていても、その数値で請求することになるため、間違っていると本来請求できる金額より少なくなる場合があります。念入りに確認したうえで、提出しましょう。

引き直し計算が終わったら「過払い金返還請求書」を貸金業者に送ります。貸金業者に過払い金を支払うよう命じる書類です。テンプレートをネットでダウンロードできるため、自分で作成することができます。

書類がそろったら、貸金業者に書類を提出しましょう。提出書類は、自分用にコピーしておくと安心です。貸金業者には、配達記録郵便で原本を提出します。 配達記録郵便の証拠書類は、裁判で使用するため、保管しておきましょう。

過払い金返還請求書を送ったら実際に貸金業者と電話などで交渉します。 請求から返還までは、3~6カ月ほどかかるといわれています。裁判になると、約1年です。

司法書士に依頼して請求する場合

司法書士にご依頼いただければ、必要な手続きをすべて代行します。

まずは、無料相談に足を運んだり、電話窓口で相談したりし、依頼先を決定します。依頼先が決まれば、契約後、過払い金請求の代行開始です。司法書士は、貸金業者に開示してもらった取引履歴を参考に、過払い金の額を算出します。

取引履歴の開示には、1~3週間必要です。返還額が出た後は、過払い金返還請求書を作成し、貸金業者へ提出し、交渉を開始します。これらはすべて司法書士がおこないます。貸金業者との交渉も、書面や電話で司法書士がするため、依頼者は何もする必要がありません。和解もしくは裁判後に、過払い金が振り込まれます。

5-6.過払い金請求は司法書士に頼むべきか

過払い金請求を個人でおこなうメリットとデメリット

個人で過払い金請求をする場合のメリットは、費用を節約できることです。必要なのは、書類の郵送代くらいです。

デメリットとしては、手間と時間がかかることが挙げられます。書類を揃えたり、返還額を計算したり、過払い金請求通知書を作ったりとやるべきことがたくさんあります。時間をかけて準備している間に、時効になってしまう可能性もあるのです。また、書類の不備があると、過払い金請求ができない場合もあります。さらに、裁判にする場合は訴訟提起の準備も必要です。普段の仕事に加え、これらの準備をするとなると、かなりの労力が必要です。

さらに、個人で過払い金請求するデメリットは、取り戻せる過払い金の金額が減ってしまうことです。貸金業者は、過払い金請求のやり取りに慣れています。そのため、個人で請求していると知れば、不利な条件で和解を提示してくる可能性もあるのです。

過払い金請求を司法書士がおこなうメリットとデメリット

司法書士に依頼するデメリットは、費用がかかるという点です。しかし、難しく不慣れな手続きを一任でき、有利な和解交渉が成立しやすいことを考えると、メリットのほうが大きいといえるでしょう。

裁判に発展した場合も、司法書士がすべて手続きをおこなうため、安心です。もし、貸金業者側が提示した過払い金の額が少なくても、個人で対応するより確実です。さらに、個人で請求するよりも迅速に手続きから返還まで行えるといえます。

貸金業者とのやりとりは、すべて司法書士がおこなうため、自宅や職場に郵送物が届いたり電話がかかったりする心配もありません。周囲に知られることなく過払い金請求をしたい人は、司法書士にご依頼ください。

5-7.過払い金の引き直し計算

出資法では、借入額に関係なく上限金利が29.2%に設定されています。一方、利息制限法では、借入額が10万円未満だと20%、10~100万円未満だと18%、100万円以上だと15%となっています。現在は、利息制限法の上限利息での貸付けがされていますが、かつては出資法の上限金利で貸付けをおこなわれていました。

そのため、引き直し計算をすることで、金利の差額である過払い金が算出できるのです。

過払い金の引き直し計算を自分でするためには、エクセルが使えるパソコンと、過払い金計算ソフト、取引履歴の3つは必要となります。

取引履歴は、借り入れたときの金利や借入額、返済した金額などが記載されている書類です。過払い金計算ソフトは、インターネット上で無料公開されているものがあるので、ダウンロードして使いましょう。

まずは、「年月日」の欄に借入れた日を入力し、「借入金額」の欄に借金の額を入力します。「弁済額」の欄には、返済した金額を入力しましょう。これを、マイナスになるまで繰り返せば、マイナスになった数字が過払い金ということになります。

中には、返済年数と借入額を入力するだけという、無料の過払い金計算サイトがあります。一見便利に見えますが、無料の過払い金計算サイトではじき出した金額は、あくまでも目安です。

なぜなら、正しい利息に直した日や、利率は、貸金業者によってそれぞれ異なるからです。そのため、返済年数と借入金額のみで正確な過払い金を算出することはできません。正確な過払い金を計算するには、引き直し計算が必須なのです。

ただし、自分で引き直し計算をすると、計算間違いをする可能性があります。間違った金額で過払い金請求をしても、貸金業者側からの指摘はありません。そのため、本来より少額で請求してしまうリスクがあるのです。

また、反対に本来より高い金額を請求してしまうと、それを理由に過払い金請求を貸金業者が断る可能性があります。過払い金の計算はプロに依頼するのが得策です。

特に、借入と完済を繰り返している人や、貸金業者の手元に取引履歴が残っていない場合、返済に遅延や延滞があった場合は計算が難しくなります。そのため、みどり法務事務所にご依頼ください。

6.過払い金請求が多い北海道について

日本最北端にある北海道は、日本海と太平洋、オホーツク海の3つに囲まれた島です。全国で7位の人口を誇り、面積は日本全体の約22.1%にもなります。179の市町村で構成されており、県庁所在地である札幌には道内の33.4%の人口が集まっているのです。道内の人口は、約551万人で札幌市、旭川市、函館市の順に多くなっています。石狩・上川地方では稲作、函館や釧路などでは漁業、道東では酪農業が盛んです。また、苫小牧から札幌にかけては工業地帯になっており、紙パルプ製造や食品加工を主におこなっています。観光地としても人気が高い地域といえるでしょう。

北海道は広いため、それぞれのエリアによって特徴が異なります。札幌や小樽、日高地方を含む道央エリアは、観光や産業を幅広く展開している地域です。札幌市の近くには、新千歳空港があります。国際便も就航しており、周辺には臨空工業地帯が広がっています。また、ニセコや洞爺湖などの観光地も国内外で高い人気です。海の玄関口として栄えた道南エリアは、函館市をはじめ観光地として人気があります。農業と水産業も盛んで、男爵イモやメークイン発祥の地としても知られています。

旭川から富良野までが、道北エリアです。日本海とオホーツク海に挟まれており、北海道ならではの自然に恵まれています。オホーツクエリアは、北東部にあり、北見市や網走市などが含まれるエリアです。比較的穏やかな気候で、畑作と酪農が大規模に展開されています。帯広市などがある十勝エリアでも、大規模な農業が行われています。日本でも有数の食糧基地としての役割を担っているエリアです。釧路・根室エリアは、阿寒湖などスケールの大きな自然が楽しめるエリアです。また、浜中町では約2万頭もの牛を飼育しており、高品質な牛乳の産地としても知られています。

北海道には、司法書士会が4つあり、トータルで司法書士が700名以上います。一方、弁護士は約900名で、法律事務所は500件です。北海度の所得平均は約309万円となっており、300万円未満が全体の約4割を占めています。全国平均では、300万円未満の割合が35%であるため、全国的にみると収入が少ない傾向にあることがわかります。そのため、キャッシングをしている人も多いと考えられるでしょう。

page top